本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

腰痛の前兆(だるい、重い、疲れ、張る、こわばり、動かしにくい)

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)腰痛の前兆

腰の筋肉に、疲労や緊張が溜まってくると、腰が、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、「こわばり」、「動かしにくい」などの、違和感に気付かされます。

このような時に、立ち上がったり、身体をひねったりするような動作をすると、腰のあたりに痛みを誘発させてしまいそうな感じになり、腰痛の前兆(まえぶれ)を感じます。

腰に負荷が蓄積して、腰の筋肉に余裕がなくなっている状態なので、強烈な痛みに襲われるギックリ腰や、絶えず悩まされる慢性腰痛になる前に、腰の血行を促して、筋肉の柔軟性を回復させておく事が大切です。

【 分厚い筋肉の天然のコルセット 】(図)天然のコルセット

腰に、このような違和感が起きるのは、腰の構造が、大きく影響しています。
腰を後ろ側で支えている骨は、骨盤から5つの骨が積み重なって、一列に続いている、“積み木”状の骨だけだからです。
この“積み木”状の骨で、身体を曲げる、反る、ねじるといった動きをしながら、上半身を支えると同時に、下半身から伝わる衝撃を受け止めています。

 

この為、腰の周囲をシッカリと安定させる役割として、分厚い筋肉が何層にも重なって、“天然のコルセット”をつくりあげています
しかし、この“天然のコルセット”は、筋肉なので、運動不足や加齢などで筋力が弱ると、支える力が弱ります。
特に、腰の土台になっている骨盤近くの筋肉や、支柱になっている腰の骨(腰椎)付近の筋肉に、上半身を支える負荷が多くかかるようになります。

 

この結果、腰の骨から1~2㎝離れた横や、骨盤の少し上側に、腰痛の前兆となる違和感を、多く感じるようになります。
腰の筋肉の疲労や緊張が原因になっているので、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、痛みを誘発させてしまいそうなこわばり」、「動かしにくい」、などを感じます。
また、身体の姿勢によって、腰の筋肉に負荷が増したり、減ったりするので、それによって違和感が、増したり、和らいだりします。

【 ギックリ腰 】(図)ギックリ腰

そして更に、腰に大きな負荷がかかったり、急激な動きをしたりすると、耐えきれなくなって、強烈な痛みとなる事があります。
いわゆる『ギックリ腰』です。
『こむら返り』と同じ現象で、筋肉が突然コントロールを失って過剰に縮むので、激痛と共に動けなくなり、腰の筋肉と共に、お腹の中の横隔膜も急激に縮むと、声も出せなくなります

 

『ギックリ腰』は、言葉から想像すると、突然、痛みがやってくるイメージです。
しかし、ギックリ腰も、痛みを起こす前には、やはり、腰のあたりにニブイ痛みや、懲り、ダルサなど、「痛みが起きそう…」と思わせる前兆があります。
但し、少し痛みがあっても、慣れて感じなくなってくると、意識する事なく、やり過ごしてしまうので、「突然に痛みがやって来た!」ように思われます。

 

この為、腰の違和感に気付いたら、腰痛の前兆として、早目に、筋肉の疲労や緊張を解消させる事が必要です。
腰には、腰には絶えず、上半身の体重や動作の負荷がかかるので、腰痛を起こしてしまうと、安静を保つ状態が何日も必要になったり、治りきるのに時間がかかったり、してしまうからです。
しかも、腰痛を起こしてしまうと、何気ない動作でも、身体を動かすと痛みが増すので、その痛みを耐えながら、しかも、人に分かってもらえない事へのツラサがあります。

【 ストレスによる慢性腰痛 】(図)慢性腰痛

また、ストレスも、気が付きにくいですが、腰痛の大きな原因になります。
ストレスが長引くと、身体を支えている腰の筋肉の柔軟性が失われ、血流が滞って、筋力を低下させる為です
ストレスが影響しているので、痛み方の特徴として、①ストレスが強まると痛みが大きくなる、②ストレスを感じているといつまでも長引く、③痛む場所や強さが一定しない、④姿勢や動作に関連なく痛い、などがあります。

 

しかも、ストレスによる腰痛を、ずうっと抱えていると、ますますストレスに弱くなります。
この結果、以前なら耐えられたストレス状況でも、すぐに腰痛になってはね返って、腰に痛みを感じるようになります。
この為、腰が張っていたり、重かったり、などの違和感が強まり、この状態に毎日悩まされるようになります。

 

このように、ストレスによる慢性腰痛も、腰の筋肉の“天然のコルセット”の力が、弱まった事が影響しています。
ストレスによって、筋肉の“疲労”や“緊張”から、筋肉の働きが低下し、血行が悪くなり、必要な酸素や栄養が不足し、老廃物が溜まってくるので、腰の神経が、異常に刺激されるからです。
しかも、腰の筋肉からの違和感を、そのままにしていると悪循環となって、ツライ腰痛がいつまでも続いてしまいます。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の腰痛治療

当院は、このような、筋肉の緊張、循環障害、関節の動きの悪さから来る痛みに、マッサージによって解消治療を行っています。
これは、筋肉の疲労や緊張を解消させるには、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、④関節の可動域を広める、⑤筋肉の疲労回復、⑥痛みの程度を減少させる、などが必要になるからです
マッサージ治療で、萎縮した筋肉をほぐし、患部の血行を回復させ、疲労物質の排出を高めると、筋肉の疲労や緊張が解消し易くなるので、腰の違和感や痛みが減少し、動き易くなります。

 

また、腰の違和感に気付いた段階で、マッサージ治療を受けると、“ギックリ腰”“慢性腰痛”などの予防治療にもなります。
疲労や緊張が腰に溜まって、腰にダメージが蓄積されている可能性があるからです。
当院では、腰痛予防の為に、腰だけでなく、お尻や背中の筋肉の状態も含めて確認し、筋肉の疲労と緊張を解消させ、体調管理を行っています。

 

腰痛を起こす原因として、『腰椎椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄』などが有名ですが、全体の中では、あまり多くないのが実態です。
反対に、ギックリ腰やストレスによるによる慢性腰痛のように、原因がハッキリ特定しきれない腰痛は、『その他の腰痛』に分類され、腰痛全体の85%にもなっています。
しかし、『その他の腰痛』は、原因が無いのではなく、病院で検査を受けても、画像検査で映らないだけで、筋肉の活力を取り戻す為には、身体がリラックスした状態で、腰の血行を促し、筋肉の柔軟性を回復させる事が大切です。

 

特に原因が思い当たらないのに、腰に違和感が起きて、腰痛の前兆が感じられる場合には、筋肉のチェックをしてもらう為にも、当院の東洋医療系のマッサージ治療院を、お勧めします。
当院は、痛みや不調の予防に、身体の緊張解消や循環改善など、体調管理の為の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

変形性膝関節症の運動療法と、下半身の柔軟性回復の重要性

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)変形性膝関節

変形性膝関節症の治療として、膝関節内へのヒアルロン酸の注射がよく行われますが、発症の原因として、膝関節の筋力低下や、膝への負担などが影響しているので、運動療法が、やはり重要になります。

しかし、運動療法を続けても、思ったように回復していかないと、運動療法への苛立ちや焦りから、意欲が低下してしまいます。

この為、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、腰から下の下半身の筋肉の柔軟性を回復させ、関節周囲の血行を改善させると、運動療法が行い易くなり、回復スピードを早められます。

【 ヒアルロン酸注射の効果 】(図)ヒアルロン酸注入

変形性膝関節症の初期や進行期に、薬物治療として、ヒアルロン酸の注射が、よく行われます。
ヒアルロン酸によって、炎症を抑え、すり減った膝の軟骨表面を覆うので、膝の痛みが自然と無くなる効果がある上に、安全性が高いので、副作用の心配がほとんどありません
しかも注射なので、比較的簡単に、短時間に、治療を済ませられるメリットがあります。

 

しかし、ヒアルロン酸注射の効果は、関節液の粘り気や弾力性を、一時的に回復させる事です。
すり減った軟骨を再生させたり、増やしたりする効果はありませんし、また、時間の経過とともに、ヒアルロン酸が体内に吸収されてしまうので、長く効果が持続しません。
この為、再び、膝の痛みや動きが悪い状態が起きた場合は、繰り返し、ヒアルロン酸注射を受け続ける事が必要になります。

 

更に、注意しなければいけない事は、ヒアルロン酸注射に頼って、繰り返していると、膝の関節を痛めてしまう悪いサイクルに陥ってしまう事です。
ヒアルロン酸注射によって、一時的に痛みが消えて、膝を動かせるようになるので、余計に関節面に傷が付いて、ますます状態が悪化するという悪いサイクルに陥ってしまうからです。
しかも、重症になってくると効きにくくなるので、症状が進行すると、ヒアルロン酸注射では、痛みが解消できなくなります。

【 改善効果ある運動療法 (図)運動療法

この為、膝周囲の筋肉の筋力を高める運動療法が、膝関節の働きを保護する為に重要になります。
これは、膝周囲の筋肉が、もともと、関節への負荷や衝撃を和らげる働きがあるからです。
コワバッテ、筋肉が硬くなっている膝周囲の筋肉の柔軟性を回復させると、痛みを軽減させ、症状の進行を抑制する効果があります

 

また、これによって、関節内の軟骨細胞へ栄養が供給されるようになると、関節内の新陳代謝(生まれ変わり)が進むので、補修効果になります。
関節内には血管が無いので、関節を動かす事ができるようになると、関節内の軟骨細胞へ、栄養が少しずつ注入されるようになるからです。
症状の初期や中程度の場合、有効性が高く、消炎鎮痛剤以上の、痛みを和らげる効果があるとされています。

 

このような効果から、「起床時の第一歩に違和感がある」、「動く時だけ痛む」などの初期には、運動療法だけでも痛みが改善します。
また、早い段階から適切な運動療法を行う事によって、進行を遅らせる事が期待できます。
しかし反対に、膝に痛みがあっても「年のせい」と諦めたり、動くと膝が痛むので「できるだけ運動したくない」と思っていたりすると、膝周りの筋肉が衰えて、症状を悪化させてしまいます。

【 運動療法の難点 】図)運動療法の難点

しかし、膝周囲の筋肉の筋力を高める運動療法の難点として、根気よく続ける事が必要になる事です
運動療法をしても、筋肉の筋力や機能は、すぐに回復したり、付いたりしないからです。
この為、毎日、気長にトレーニングを続けていくような、気持のゆとりが必要になります。

 

しかも、肥満や加齢で脚の筋力が弱っていたり、膝の痛みで歩く事が少なくなっていたりすると、余計に関節の機能を維持する訓練と、期間が必要になります。
更に、仕事をしていたり、家事による都合があったりすると、時間の制約も出てきます。
これらがあると、つい、「トレーニングをしても、なかなか効果が出ない」とか、「年寄病だから、仕方が無い」と、途中で諦めてしまいがちです。

 

もう一つの大きな難点として、運動療法は、運動療法の重要性を理解して行う事が必要になる事です。
この事が理解できていないと、形だけの動作になってしまい、効果が出なかったり、面倒になってしまい、長続きできなかったりします。
動かしながら治していく事を理解して、自分ができる範囲での簡単な運動を、単調に感じられても、「じっくり」、「ゆっくり」、「根気よく」、毎日コツコツと続ける事が大切です。

【 当院の、筋肉の緊張解消と疼痛緩和治療 】(写真)当院の治療

変形性膝関節症の運動療法を効果的に行うには、腰から下の、下半身の筋肉の柔軟性を回復させて、膝を動かす時の痛みを緩和させ、動きを良くしておく事が大切です
また、膝以外にも、肥満や、O脚、膝の使い過ぎなどから、身体の動きが制限されたり、身体を動かすのが難しくなったりしているので、身体の柔軟性を回復させておく事も大切です。
当院は、このような身体のケアに、ツボ刺激を利用したマッサージで、筋肉の緊張を取り、疼痛を緩和させる治療を行っています。

 

特に、変形性膝関節症の治療で重要な働きをする太ももの筋肉は、膝下まで伸び、運動時の負荷や衝撃を吸収して、膝関節をコントロールする働きをしているので、この『筋肉の働き』を高めておく事が必要です。
この為、当院では、太ももの筋肉のコワバリや、低下している血行を改善し、脚の筋肉の柔軟性と筋力を回復させる治療を行っています。
これにより、今まで感じていた違和感が減少し、膝の動きが改善すると、痛みが和らぎ、動かし易くなります。

 

また、腰の柔軟性も、回復させておく事も必要です。
膝に痛みを強く感じると、どうしても、歩行時や、立ち上がりや座る動作、階段の上り下りなどで、バランスを崩した姿勢や、変則的な動きが多くなって、腰にも影響が及ぶからです。
このような場合に、マッサージ治療で、コワバッテいる腰の柔軟性を戻すと、腰の動きが良くなるので、脚が動かし易くなり、膝への負担が少なくなる効果があります。

 

運動療法の大切さが分かっていても、痛みの不安や抵抗感などで、なかなか踏み込めない場合には、ツボ刺激を利用したマッサージを利用すると、筋肉の緊張を取り、疼痛を緩和させる働きがあるので、運動療法が行い易くなります。
当院は、マッサージ治療にツボ治療を加える事で、筋肉のこわばりの解消や、血液循環を促進させ、膝関節の可動域の改善や、鎮痛効果を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

猫背の改善には、タイプの種類と症状の確認を!

【(症例)身体の不調や、不快感 】

 

(写真)猫背

「猫背にならないように…」と思っていても、「気付いたら、猫背に!」となりがちで、背中をストレッチして伸ばしてみても、いつのまにか、「気付いたら、猫背に!」となってしまいます。

この為、始めは専門家やトレーナーに、猫背のタイプと症状を確認してもらい、問題箇所の改善を図ってもらったほうが、猫背の問題点が絞られ、症状の改善の効果が高まります。

これは、「上半身の丸まっている部分が、どこか?」によって、猫背が大きく3つのタイプに分けられ、それによって、引き起こされる症状も違いがあるからです。

【 丸まった背中を伸ばしにくい原因 】(図)首猫背

背筋を伸ばした姿勢をしているよりも、背中の力を抜いて、猫背にしている方が楽です。
これは、もともと胎内にいた時に、上半身が“C”字のように、丸まっていた事や、その後、身体を支えられるように、背中が真っすぐ状態になっても、胎内にいた時の影響から、背骨が後ろ側に緩やかに湾曲しているので、背中をピンと伸ばしているのが、苦痛になるからです
この結果、毎日の生活で、楽に感じる前かがみの姿勢が多かったり、身体の筋肉が弱まったりしてくると、背中をピンと伸ばしているのが苦しくなって“自然と”背中が丸まってきます。

 

しかも、背中が丸まってくると、猫背が気になっても、背中を伸ばしにくくなります。
猫背になると、背中を曲げている筋肉が、背中を曲げたまま、固まった状態になる事と、背骨も、湾曲したまま、動きづらい状態になるからです。
この結果、背中を伸ばそうとしても、背中を曲げている筋肉や背骨による“防衛反応”から、伸ばしづらくなるだけでなく、何とか背中を伸ばす事ができても、猫背を保っていた“防衛反応”が反撃して、再び猫背に戻ってしまうからです。

 

これを解決するには、最初から『正しい姿勢』に取り掛かるのではなく、まずは、自分の『猫背のタイプ』と『気になっている症状』を確認して、背中をピンと伸ばすのが苦しくさせる問題箇所を探す事です。
猫背は、「丸まっている部分が、主にどこか?」によって、いろいろなタイプがあるので、その事を理解しないで、背中全体を伸ばしても、問題箇所が十分に伸ばされないからです。
しかも、猫背のタイプによって、現れる症状に特徴があるので、まずは、身体に引き起こされている症状を、意識して改善していくと、『正しい姿勢』にも、自然と取り組み易くなる効果もあります。

【 猫背の3つのタイプと症状 】(図)背中猫背

猫背は、「丸まっている部分が、主にどこか?」によって、おおよそ3つのタイプに分けられ、このタイプによって、肩こり、頭痛、腰痛、背中の痛みなど、気になる症状の現れ方が違います。
気になる症状は、身体からのアラームサインです。
この為、大まかでも、自分の猫背タイプと関係する症状を理解しておくと、猫背改善のスタートになります

 

《 首猫背タイプ 》
特徴:横から見ると、首が前に出て(ストレートネック状態)、それに伴い両肩が丸くなる。
症状:首や肩、そして肩甲骨まわりの筋肉が過緊張し、周辺の血流や神経系にも影響するので、首凝り、肩こり、肩甲骨周辺の痛み、そして、顔のむくみ、手や腕のしびれなどの神経障害が現れる。

《 背中猫背タイプ 》
特徴:背中の中央あたりが、猫背の頂点になって、誰が見ても猫背だと分かる。
症状:背中の凝りによる、慢性的な痛みとむくみ感、そして、胃や腸を圧迫するようになるので、胸焼けやむかつき、胃腸のもたれが起き易い。

《 腰猫背タイプ 》
特徴:上半身の重心が骨盤にかかってくるように、椅子に浅く腰掛ける人や、腰かけドライバーのように、長く座っている職業の人に多い。
症状:下半身の血行障害による冷え、胃腸の不活発による便秘、腰がダルイ、慢性腰痛、お尻や太もものシビレ感など。

【 始めは専門家やトレーナーに 】(図)腰猫背

猫背は、日常生活の姿勢が原因になっているので、仕事や家事に追われていると、自分で自分の姿勢を見て、チェックするような事がありません。
更に、自分の背中の筋肉のコワバリや、背骨の並(なら)びなどを、チェックしたくても、直接、自分の背中を見る事はできませんし、触る事も不可能です。
この為、始めは専門家やトレーナーに、猫背のタイプと症状を確認してもらい、問題箇所の改善を図ってもらったほうが、猫背の問題点が絞られ、症状の改善方法がハッキリします

 

例えば、《首猫背タイプ》には、首は後ろ側だけでなく横や前側の筋肉、背中は腰あたりまでの筋肉、肩は腕に続く部分までの筋肉の柔軟性回復が必要です。
また、《背中猫背タイプ》には、肩甲骨が自由に動けるようにする事と、猫背による背中のむくみを解消させる事が不可欠です。
そして、《腰猫背タイプ》には、腰だけでなく、腰を下から支えている、お尻や太ももの筋肉の緊張を解消させ、血行を改善させる事が必要です。

 

また、猫背になっていると、背中や腰の筋肉が、ガチガチに固まっている事が多いので、そのガチガチ部分を、自分でストレッチして伸ばしたり、屈伸や廻旋などで動かしたりする事が、難しくなっています。
この為、自分で動かしづらい筋肉や、関節の“ロック状態”を、一度は、専門家やトレーナーに動かしてもらう『他動運動』が必要です。
『他動運動』によって、関節の可動域(動かせる範囲)が回復すると、「自分はこういう型の猫背だから、こういう改善法を試してみよう」と、自分で行う運動やストレッチが行い易くなります。

【 当院の、マッサージ治療+他動運動 】(写真)当院の治療

当院では、筋肉や血行の改善を目的としたマッサージ治療に、『他動運動』を加え、猫背とそれに伴う症状の改善を行っています
これらの治療法を組み合わせる事によって、普段使わない筋肉を伸ばす事ができ、また、自分でなかなか伸ばせない、背中のインナーマッスルや深層筋を、しっかりと伸ばせます。
この為、猫背が慢性化して、自分で背中の筋肉トレーニングやストレッチをしても効果があがらなかったり、背中の不快感に悩まされていたりする場合などに、効果が期待できます。

 

例えば、当院では、気になる筋肉のコワバリやシコリを解消する為に、最初に、マッサージ治療で、「イタ気持ちのいい」範囲で、背中の柔軟性を回復させています。
この後、『他動運動』によって、動きが悪くなっている、背骨や肩・肩甲骨の関節の可動域を動かして、関節の動きを改善し、付近のコワバリを解消させています。
これにより、自分で行う、セルフストレッチや運動も、行い易くなります。

 

また、当院は、東洋医療のツボ治療を利用して、背中の痛みや不快感などの症状改善も、併せて行っています。
例えば、猫背の為に、背中に張り付いた肩甲骨を、ツボ治療で刺激して、筋肉の柔軟性を回復させると、背中の緊張が無くなり、肩こりや背中の痛みも解消してきます。
更にマッサージ治療を加えて、筋肉の柔軟性や血行を改善させると、血液やリンパの流れの滞りによる、背中の不快な“むくみ状態”が解消され、スッキリします。

 

猫背の改善には、自分で自分の背中を伸ばすより、自分の猫背のタイプと症状を確認してから、症状の改善を行うと、猫背の改善にもなっていきます。
当院は、肩凝りや疲労回復などの治療を含め、猫背や身体の歪みなどの、姿勢改善の治療も行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)脚の疲労

調査によると、女性の約80%が、脚のダルサに悩まされ、時間帯では、夕方が71.1%、夜が68.4%と多くなっていて、大きな気温の変化がある季節の変わり目になると、更に割合が増えます。

「たいしたこと、無いだろう…」と思っていると、脚に痛みや痺れのような不調を感じ始めたり、こむら返りや不快なむずむず感が生じたり、する事があります。

皮膚や血管の病気を起こす前に、脚がダルサは、脚からの「無理がかかっている、これ以上は無理だ!」という警告なので、筋肉や血行の状態をチェックして、不調を解消させておく事が大切です。

【 脚のダルサの原因 】(図)脚の血行悪化

ずっと立ち仕事をしていたり、長時間歩き回ったりなどで、脚に負担がかかり続けると、脚が重たくなって、ダルサや疲れが増してきます。
これらは、脚が酷使される事で、起きてきますが、反対に、脚が疲れるような事を何もしていないのに、脚が重たく感じ、ダルサや疲れを感じてくる事があります。
例えば、仕事で椅子に座っていただけなのに、脚が「ダルク、重い」と感じたり、いつも夕方頃になると、脚が「グッタリする疲れ」を感じたり、慣れている立ち仕事なのに、脚が「ひどく疲れる」と感じたり、などです。

 

このように、特に、脚が疲れるような事を何もしていないのに、脚に「ダルサ」や「疲労感」が起きる場合は、脚の血行悪化から、脚の筋肉の柔軟性が失われて、脚に老廃物や疲労物質が溜まった事が考えられます
脚の筋肉の働きが低下した状態になると、脚に溜まった血液を心臓へ押し上げる『筋ポンプ』も十分に働かなくなるので、脚に溜まった老廃物や疲労物質によって、「ダルサ」や「疲労感」を生じさせるからです。
特に、長い静止状態に加えて、職場のプレッシャーや、人間関係の心配事などがあると、精神的な緊張が増すので、余計に血行が悪化して、脚にグッタリした疲れを感じるようになります。

 

脚の「ダルサ」や「疲労感」は、下半身の“運動能力の低下”から引き起こされるので、階段を上がると「重くてツライ…」と感じたり、少し歩くと「疲れる…」と感じたりします。
これ以外にも、チョットした運動をしただけでも、太ももやふくらはぎが、引き伸ばされた感じが強まったり、座っていても、ふくらはぎや太ももの筋肉が、突っ張った感じになったりします。
そして更に、足首や膝の動きがニブクなってくるので、いつのまにか、足先が十分に上がらなくなったり、足を引きずったような歩き方になったり、してきます。

【 むくみ、こむら返り、むずむず脚症候群 】(図)こむら返り

脚のダルサを、「たいした事はないだろう…」と思っていても、身体にいろいろな影響を与えて、不快症状を引き起こします
最初に、多くの人が経験するのが、脚の『むくみ』です。
脚にダルサを感じるのは、脚の血行が悪くなって、血液が血管内に滞る事が影響しているので、これによって更に血管内の圧力が高くなってくると、血液から水分(組織間液)が血管外に外へ押し出されて、脚の『むくみ』となるからです。

 

また、『こむら返り』にも、悩まされるようになります。
脚の血行悪化によって、下半身の老廃物が排出されづらくなると、溜まった老廃物によって神経が刺激され易くなるので、筋肉の伸び縮みのバランスを保っていた状態が崩れて、寝ている間に、筋肉が急に収縮してしまうからです。
この為、中年以降になって、『長時間の同じ姿勢』『運動不足』『睡眠不足』『ストレス』『冷え』などが多くなると、脚の血行悪化によって、『こむら返り』が起き易くなっています。

 

同じ理由から、『むずむず脚症候群』に似た症状が、現れ易くなります。
『むずむず脚症候群』は、神経伝達物質の異常で、「脚がむずむずする」、「虫が這っているような感覚がある」、「脚がほてる」、「痛みを感じる」、といった症状が現れる症状です。
静脈の流れの低下による老廃物の滞留から、神経を刺激して、筋肉の小刻みな痙攣(けいれん)を起こし、脚が「むずむず」とする、不快な感じがする為です。

【 治療ポイントの足三里 】(図)松尾芭蕉

昔は、脚の血行や柔軟性の回復に、向こうずねの筋肉(前脛骨筋)にある、足三里のツボが、“治療ポイント”として、よく利用されていました。
疲れた脚の筋肉の、伸縮運動を促し、血行を回復させるので、足三里のツボを、別名“健脚のツボ”と言われています。
俳人の『松尾芭蕉』も、奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2,400キロを踏破する道中で、足三里に灸をして、旅の疲れを癒したと言われています。

 

足三里のツボを刺激すると、『脚の動脈は拡がらないが、刺激すると、血液の循環が良くなり、痛みが少なくなる』と、確かめられています。
足三里が、筋肉の伸縮運動の、中心的役割(モーターポイント)を果たすので、血行の回復や促進の働きをする為です
この効果から、血液が、「ジワーッ」と流れ出す感じがします。 

 

しかも、足三里のツボを刺激すると、身体に感じる疲れやダルサの解消にもなります。
下半身の血行が改善されると、筋肉の働きが活発になり、いろいろな毛細血管から集められた、静脈血やリンパ液が、心臓方向に、活発に押し上げられる為です。
立っていたり座っていたりすると、重力の影響により、全血液量の70%が下半身に集まるので、下半身の血行が改善される事で、全身の血行も促進され、リフレッシュ効果を果たします。

【 当院の、治療 】(写真)当院の治療

当院は、マッサージ治療に、東洋医療で利用されるツボ治療を併用して、脚のダルサや疲れの解消を行っています。
反応のあるツボを探し、圧迫刺激していくので、短時間に、筋肉の柔軟性や血行を改善し、脚の不快症状を改善できる効果があります
脚の不快感を解消させるだけでなく、下半身の血行の改善により、身体に流れる血行も良くなるので、身体がスッキリします。

 

また当院では、脚の柔軟性の回復や血行の改善に、腰とお尻の筋肉を含めて、診断と治療を行っています。
昔から、下半身を「足腰」と言うように、脚の筋肉や血管が、股関節を通して、腰に接続していて、「足腰」が一体となって働いているからです。
この為、腰の筋肉の柔軟性が無くなっていると、重心のバランスが悪くなって、脚に負担が強まるので、それぞれの筋肉がシッカリと働けるように、腰の筋肉や血流状態も確認して、マッサージ治療を行っています。

 

特に、腰からの神経が通っている股関節周辺と、お尻の筋肉は、日常生活の中で酷使される部分なので、チェックと柔軟性の回復を重視しています。
股関節や、お尻の奥の筋肉が硬くなっていると、血流が悪くなったり、神経が圧迫されたりして、脚の疲労が回復しづらくなるからです。
過緊張になっている、脚・腰の筋肉をほぐして、神経や血管の圧迫を解消すると、「脚がダルイ」、「重い」、「こむら返りがする」、「むずむず感がする」、などの症状の改善が早められます。

 

脚のダルサや疲れには、昔から利用され、現代のスポーツでも利用されている、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療が、解消に効果的です。
当院は、脚の疲労や緊張解消に、圧痛・硬結部位にツボ刺激の利用や、血流改善により、治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

立ったり、座ったりなどをした時に、お尻から太ももにかけて、鋭い痛みを伴ったシビレを発症する事があります。

多くが、身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などで、お尻の奥の筋肉も、気付かないうちに、疲労や緊張でコワバリ、それが何かのキッカケで、内側の坐骨神経を圧迫して刺激した為です。

解消には、お尻の奥の筋肉のコワバリの解消と、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させる事が必要になるので、筋肉治療や身体のバランスを整える事を得意としている東洋医療を利用すると効果があります。

【 お尻の緊張による痛み 】(図)梨状筋症候群

椅子から立ち上がろうとした時や、階段で昇り降りをした時に、突然、お尻の“ほっぺ”中央や、お尻と太もものつなぎ目の“くぼみ”あたりに、痛みとシビレが起きる事があります。
普段でも、お尻から太ももにかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合は、『坐骨神経痛』の可能性があります。
『坐骨神経痛』は、昔からよく知られている症状ですが、治療を積極的に行っている病院はごくわずかです。

 

これは、坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、ほとんど90%以上が、お尻の筋肉の緊張によって引き起こされるからです。
このタイプの坐骨神経痛は、お尻の深部にある『梨状筋(りじょうきん)』と呼ばれる筋肉が、疲労や緊張で硬くなり、これによって、内側の坐骨神経が圧迫されて刺激され、痛みやシビレが起きます。
この為、『梨状筋症候群』と呼ばれ、特徴は、お尻に痛みが出ても、腰にはハッキリとした痛みが無い事と、お尻の筋肉を休めると症状がやわらぐ事です。

 

『梨状筋症候群』の症例で、良くあるのが、休日に、ランニングやハイキングなどで、頑張り過ぎて、お尻が痛くなるケースです。
これと反対に、長時間のデスクワークのように、ジッと同じ姿勢をとり続けた場合も、お尻の緊張から梨状筋がコワバッテ、坐骨神経を圧迫するので、痛みやシビレを引き起こします。
他にも、お腹が大きくなった妊婦さんが、お尻に負荷がかかったり、加齢や疲労などで身体を支える筋力が弱まったりする場合も、この症状が起き易くなっています。

【 梨状筋症候群の確認方法 】(図)脚上げテスト

『梨状筋症候群』を簡単に確認する方法として、脚挙げテストがあります。
確認する脚を、伸ばした状態にして、そのまま、脚をゆっくりと挙げていきます。
途中でお尻や脚に、シビレや痛みを感じたり、脚が30度迄挙がらなかったりした場合は、『梨状筋症候群』が疑われます。

 

また、『梨状筋症候群』の自覚症状として、お尻の痛みやシビレ以外にも、『こむら返り』が起き易くなるので、これも判断材料になります。
坐骨神神経に、誤作動が起き易くなる為と、考えられています。
坐骨神神経の誤作動が起き易くなっていると、確認する側の脚をピンと伸ばしたまま、足を反らせたり、伸ばしたりしても、足裏やふくらはぎに違和感が起きて、「キューン」とつりそうになります。

【 お尻の筋肉が弱ってくると 】(図)お尻の筋肉が弱る

『梨状筋症候群』が起きても、最初は、「歩けないような、たいした痛みではない」とか、」そんなにひどい痛みでもない」と思うのが、一般的です。
これは、原因が、お尻の筋肉の緊張や疲労なので、「チョットした違和感」のように感じられ、ギックリ腰のように、「いきなり、お尻に激痛が走った!」、という事が無いからです。
また、お尻の緊張や疲労が原因なので、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じられるからです。

 

しかし、お尻の筋肉は、身体を支える為に働き続けるので、そのままにしていると、お尻の緊張や疲労が慢性化して、梨状筋がいつも坐骨神経を圧迫するような状態になります
この為、特定の動作や姿勢をすると、坐骨神経を梨状筋が圧迫して、お尻の奥が」ピリッ!」と感じたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだりします。
また、毎日の生活や仕事でストレス、身体の冷えなども、下半身の血行を悪化させ、お尻の筋肉を硬化させるので、痛みやシビレが起き易くなります。

 

特に、中高年以降になると、筋肉量が20代をピークに減少してくるので、『梨状筋症候群』が起き易くなります。
お尻の筋力の衰えだけでなく、お尻の筋力が弱ってくると、お尻の筋肉の、栄養を供給する血管を守る、冷えから守って血流を維持するなどの、血流を維持する役割が果たせなくなって、お尻の冷えから、梨状筋の緊張に結び付くからです。
この結果、チョッと歩き廻っても、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたり、ジッとしていても、お尻から太ももの裏にかけてツッパリを感じたり、するようになります。

【 困難なお尻の緊張解消 】(図)ストレッチ、苦しい

この為、『梨状筋症候群』によって、お尻に痛みやシビレを感じている場合には、お尻の疲労や緊張を解消する事です。
また、お尻だけでなく、お尻の筋肉に影響を及ぼす、腰や太ももの筋肉も、柔軟性を回復させる事が必要です。
更に、下半身に血行不良を起こしていると、お尻のシビレや違和感の原因になるので、腰から下の下半身の血行改善も必要です。

 

ところが、症状解消に、自分でストレッチして、硬くなっているお尻や太ももの筋肉の柔軟性を回復させる事は、なかなか困難です
痛みを起こしている『梨状筋』は、お尻の、奥深くにある筋肉なので、予備知識がないと梨状筋をイメージする事が困難な事と、直接触って、確認する事ができないからです。
また、他のお尻の筋肉と一緒にストレッチするしかないので、目的の『梨状筋』の緊張解消を充分にできなかったり、別の筋肉のコワバリと“勘違い”したりする事もあります。

 

更に、身体に溜まった疲労や緊張の解消や、あるいは、身体の血行改善も必要です。
身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などがあると、お尻の筋肉を緊張させたり、内部の血管を圧迫したり、血行を悪化させたり、するからです。
しかし、体調の不調を感じていても、自分でその箇所を確認し、解消させる事は困難です。

【 当院の、痛み解消治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような『梨状筋症候群』の改善に、東洋医療をベースにしたツボ刺激を併用し、マッサージ治療を行っています。
これは、東洋医療が、患部だけでなく周辺の筋肉や血行を確認し、身体のバランスを整える治療法なので、『梨状筋症候群』の治療に、効果的な治療法になっているからです
お尻だけでなく、お尻の疲労や緊張に関係する、腰・骨盤・股関節・脚などの筋肉や血行を確認して、それらの疲労や緊張を解消させ、坐骨神経への圧迫を解消しています。

 

当院のツボ刺激を併用したマッサージ治療は、身体に現れたツボを、着衣の上から刺激していくので、抵抗感が無く、解消度合が高い治療法になっています。
『梨状筋症候群』の原因が、身体に溜まった疲労や緊張だったり、血行の悪化だったりするので、痛みやしびれを起こしている箇所が、東洋医療で使われるツボとほぼ一致しているからです。
ツボ刺激で、筋肉の過緊張を解消させて、神経圧迫を減少させ、その後にマッサージ治療を加えると、改善効果が高められます。

 

更に、骨盤を構成している関節や股関節の可動域の改善も必要なので、運動療法を行い、身体のバランスを整えています。
これにより、お尻の深部の、梨状筋などのお尻の筋肉を緩め、梨状筋と坐骨神経の交差部位の筋緊張を改善して、血行を促進させる効果があります。
お尻の奥の筋肉のコワバリの解消と、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させる事によって、痛みやシビレの解消だけでなく、姿勢の改善や身体の体調回復も期待できます。

 

『梨状筋症候群』のように、神経からの、痛みやシビレが発症している場合には、治療が必要です。
当院は、マッサージ治療で、筋肉の緊張緩和や循環改善を行い、神経症状の疼痛解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

膝の内側の痛み(関節症の初期症状)

【(症例)痛み・しびれ 】

 

(写真)膝の内側の痛み(関節症の初期症状)

中高年以降の女性に多く、膝に腫れや痛みが生じる代表的な病気として『変形性膝関節症』があります。

膝関節の軟骨がすり減る事によって、炎症や変形が生じ、膝が腫れたり痛んだりする病気ですが、もともとの原因は、膝周辺の筋力の低下やアンバランスな負荷によって、膝関節の安定性が失われた為です。

症状が進行すると完治が難しくなる病気なので、「膝の違和感」」や「コワバリ」などに気付いたら、脚のコワバリや、膝にかかるアンバランスな負荷を確認して、膝の負荷を解消させる事が、何よりも大切です。

【 膝へのアンバランスな負荷 】(図)膝周りの筋肉への不自然な負荷

膝は、関節の曲げ伸ばしをしながら、体重を支え、姿勢を保持する働きをしているので、膝の関節面に、体重の数倍もの負荷が歩くたびにかかります。
この為、関節面の軟骨が、負荷を和らげるクッションの役割をしていますが、膝の関節が不安定な状態になっていると、それによって軟骨に傷をつけ、軟骨が次第にすり減るようになります。
すり減った軟骨は、再生されないので、歩く、座る、立ち上がるといった日常動作のたびに、膝の骨どうしが直接ぶつかり合う事になり、その結果、膝が腫れて痛んだり、悪化すると、膝を動かす事ができなったりしてしまいます。

 

このように『変形性膝関節症』は、膝の軟骨に傷がつき、すり減った事が原因ですが、これを引き起こしているのが、ほとんど100%近く、膝へのアンバランスな負荷や、足腰の筋力低下です。
例えば、加齢や運動不足で腰や股関節の筋肉が弱って膝に負荷が増したり、肥満などで増加した体重が膝にかかったり、仕事で歩く事が多くなって膝の負荷が増したり、などです。
この為、いきなり『変形性膝関節症』になって膝が痛くなる事は無く、その前に、膝周りの筋肉に不自然な負荷がかかって、「違和感」や「コワバリ」を膝周辺に感じているのが一般的です

 

この膝の「違和感」や「コワバリ」で、よくあるのが、“立ち上がり”や“階段の上り下り”した時に、膝の内側の“スジ”に感じる、「違和感」や「コワバリ」です。
これは、腰・骨盤・股関節・足首などを支えている筋肉が、しっかりと使えなくなっていると、これによって、膝周りの筋肉に、不自然な負荷がかかってしまう為です。
特に、膝の曲げ伸ばしをした時や、立ったり歩いたりした時などに、膝の筋肉に負荷が増すので、膝の内側の“スジ”あたりに、「関節がコワバル」、「突っ張る」、「何となく動かしにくい」といった、違和感が起きるようになります。

【 膝のチェック 】(図)膝のチェック

それでも、若い頃は、足腰に筋力があるので、多少の疲労や緊張が続いても、股関節・膝・足関節などの脚の並びは保たれていますが、中高年以降になったり、運動不足が続いたり、体重が増えたりすると、その負荷に耐えようとして、だんだんと“脚のゆがみ”が起きてしまいます。
日本人女性の場合、もともと8~9割がO脚気味なので、この“脚のゆがみ”が起きてくると、膝の内側に負荷がかかり易くなり、膝の内側に「違和感」」や「コワバリ」を感じるようになります。
この段階では、まだ『変形性膝関節症』には至っていないので、早めに足腰のコワバリや筋肉の不均衡をチェックして、回復させ、『変形性膝関節症』を予防する事が大切です

 

膝裏のコワバリの簡単なチェック法として、次のようなものがあります。
例えば、脚を延ばして、膝を床に付けようとしても、「膝の後ろが伸び切らない」状態になっていると、膝裏にコワバリが強まっている証拠です。
同じ姿勢で、膝裏にテレビのリモコンを差し込んで、スーッと入ってしまう場合は、膝のコワバリが強まって、膝裏が2cm以上床から浮いている状態になります。

 

また、膝裏にコワバリが生じると、特徴的な違和感が起きます。
例えば、「膝の後ろに突っ張りを感じる」、「正座すると膝の後ろに何かが挟まったように感じる」、「3分以上正座すると辛くなる」、などです。
これは、膝裏の筋肉のコワバリが、強まったり、厚みを増したり、神経を刺激するようになったり、するからです。

【 そのままにしていると 】(図)階段昇降時の痛み

症状が初期ならば、腰から下の下半身の筋力のバランスを回復させれば、それ程時間がかからずに、「膝の違和感」」や「コワバリ」が解消されます
しかし、筋肉のコワバリが慢性化したり、血行悪化が続いたりして、神経を刺激するようになると、チョットした動きでも、痛みを感じ易くなります。
この状態になると、初期の「膝の違和感」」や「コワバリ」と違って、「膝の内側が疼(うず)くように痛む」、「階段の昇り降りで膝の内側が痛い」、「シップを貼ると楽になるけど、しばらくすると膝の内側が痛くなる」、「膝の内側の少し下を押すと痛い」、などが起きてきます。

 

更に、気にはなっても、その状態を続けてしまうと、次第に、膝の違和感や痛みが増します。
膝の血管の弾力性が失われて、血液が流れづらくなるので、老廃物が溜まって神経を刺激したり、炎症によって痛みを発生させて、安静にしていても、膝裏に、熱っぽい腫れ感やツッパリを感じるようになるからです。
また、膝の関節が動かしづらいので、腰や股関節の負荷が多くなって痛みが生じたり、下半身の血行が悪化するので、身体全体の疲労感やダルサなど、身体の不調につながったりするからです。

 

それでも、症状の初期ならば、痛みは動作時のみで、痛みは長続きせず、しばらく休むと痛みがなくなるのがほとんどです。
しかし、“階段昇降時の痛み”が繰り返されるようになったら、膝の軟骨に異常が出始めているサインです。
“階段昇降時の痛み”は、初期の『変形性膝関節症』を特定する『特異的な痛み』になっていて、レントゲン検査より有力な判断材料になっているからです。

【 当院の、膝の治療 】(写真)当院の、膝の治療

膝を動かした時に、「膝の違和感」」や「コワバリ」などに気付いたら、『変形性膝関節症』を防ぐ為に、①筋肉の緊張の緩和、②膝関節の可動域の維持、③痛みの緩和、を図る事が大切です
当院は、マッサージ治療に、東洋医療をベースにしたツボ治療を加え、『変形性膝関節症』の予防や、症状の緩和を行っています。
これは、もともと東洋医療が、筋肉・血行・関節などの機能促進回復や、そして、身体のバランスを整える事を得意としているので、『変形性膝関節症』』の予防や症状の緩和に、有効な治療法になっているからです。

 

特に膝は、足と股関節の間の関節なので、下半身全体のバランスの崩れを回復させる事が必要です。
例えば、膝周りの筋肉の不自然な負荷を解消させる為に、腰を含めた下半身のツボ反応を確認して、治療点として利用すると、筋肉のコワバリやシコリが解消され易くなり、下半身のバランスが整い易くなります。
更に、マッサージ治療で、下半身全体の柔軟性を回復させる治療を行い、膝の負荷を減らすと、痛みを減らして、膝関節の動ける範囲(可動域)を拡げる効果があります。

 

また、当院は『変形性膝関節症』の症状改善に、血液やリンパ液の流れを促進させて、腫れを減少させる治療も行っています。
血液やリンパ液の流れが悪くなっていると、腫れの原因になるだけでなく、老廃物が溜まり易い状態になり、神経を刺激して、違和感や痛みが起き易くなるからです。
これらの流れを促進して、老廃物が流れるようにすると、過敏になっている神経を回復させて、痛みを減少させるだけでなく、必要な酸素や栄養が流入してくるので、筋肉の回復効果になります。

 

膝に力をかけた時に“膝の違和感”が気になったら、変形性膝関節症を防ぐ為にも、マッサージ治療をお試しください。
当院は、マッサージ治療で、脚の筋肉のこわばりの除去や、関節可動域の改善、血液循環の促進を行い、膝の痛みの解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

四十肩・五十肩の治療で、痛みが落ち着いてくると、徐々に関節可動域を広げる運動やストレッチ、筋力トレーニングに、治療が移っていきます。

しかし、痛みが落ち着いてきても、肩の動きが不自由なので、肩や背中に血流の悪化が起き、ズキズキとする痛みやダルサで悩まされたり、フトした動作で鋭い痛みがぶり返したりします。

このような体調の不調改善に、筋肉の柔軟性や血行の回復を得意としている東洋医療を利用すると、体調の改善だけでなく、リハビリが行い易くなり、治療の回復効果を高めます。

【 慢性期になっても 】(図)肩の痛み

四十肩・五十肩で、激しい痛みが続いた『急性期』が過ぎ、痛みが軽減してくる『慢性期』になると、痛みを抑える治療から、硬くなった肩関節をほぐすリハビリ治療に移行します。
しかし、リハビリ治療は、何とか日常生活が行えるようになるまでに、半年から一年近くかかる事があるので、それ迄、根気強くリハビリを続ける事が必要になります。
この為、リハビリを続ける間に、リハビリ効果が感じられないと、「本当に良くなっていくのだろうか?」と、不安にかられたり、疑問を感じたりしてしまいます。

 

これは、肩の痛みが多少減少してくる『慢性期』になっても、腕を動かす角度によっては、強い痛みが出るからです
また、無意識のうちに、背中の筋肉が緊張し続けるので、肩から背中のコワバリ感に悩まされたり、凝り・痛みなどで不快感が続いたり、時にはそれらが強まるので、苦痛になったりする事もあります。
しかも、肩周囲の硬化した筋肉が、腕に伸びる神経を圧迫してくると、腕や肘にシビレや痛みを感じるので、「常に腕をさすっていないと我慢できない」と、訴える人もいます。

 

肩や腕の動作の制限は、身体の不調も引き起こします。
血行が悪化するので、静脈やリンパ液がスムーズに流れずに、皮下や筋肉内に溜まってしまい、「背中が重ダルク」なったり、「背中がズキズキ」と痛んだり、するからです。
また、首や肩の筋肉が硬くなって、圧迫される感じが強まると、「胸苦しさ」や「身体の重苦しさ」に悩まされたり、あるいは、首や肩周辺の筋肉が凝り固まり、頭への血流が低下してくると、頭重感が増して、頭痛の原因にもなったりします。

【 自律神経の不調も 】(図)自律神経の不調

また、治りかけてはぶり返す四十肩・五十肩は、仕事や家事に支障を与え続けます。
日常のチョットした動作にも、用心して腕を動かさざるをえない事が続いて、荷物をチョッと持ったり、カバンを肩に掛けたりする時にも、痛む肩に負担をかけないように、気を付ける毎日が続くからです。
また、首から背骨近くに血管や神経が多く通っているので、四十肩・五十肩で、首すじから背中にかけての柔軟性が無くなると、循環障害やシビレなどの感覚障害も起き易くなって、仕事や家事に支障をきたす事も出てくるからです。

 

しかも、腕の動きが自由にならないと、腰に不安を抱える原因になります。
肩の痛みをかばう為に、目線の高さで作業をする為に、かがめる姿勢が多くなり、腰の負担が多くなるからです。
特に、普段、デスクワークが多かったり、運動不足になっていたりすると、普段の筋肉にとって負荷が大きくなるので、「いつも腰にダルイ感じがする」とか、動作をする時に「ギックリ腰を起こすかも?」と、不安になります。

 

このような痛みや不快感が、長く続くと、自律神経系(特に副交感神経)の働きを乱して、身体に不調が起きてきます
例えば、「肩が常に重だるく、首や耳の後ろのほうまで重い感じがする」とか、「物を握るのがつらい」、「手がむくむ感じ」、「血圧が上昇ぎみ」などが、最初の頃に多くなってきます。
そして、これらが昼も夜も続くと、首の痛みや頭重感、頭痛、めまい、食欲不振などの胃腸障害なども現れ、精神的に、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつ、疎外感、なども起きてきます。

【 肩や肩甲骨の血行回復の重要性 】(図)巻き肩

病院のリハビリ治療では、肩周囲の筋肉の柔軟性を回復させて、悪化している血行を改善して痛みを和らげる事と、肩関節の拘縮を改善させる事によって、可動域(動かせる範囲)を回復させる事を、目的にして行われています。
四十肩・五十肩の代表的な治療法と言われる『振子(ふりこ)体操』『アイロン体操』は、この目的から勧められています。
これは、肩関節の動きを補っている肩甲骨が、“筋肉によって支えられている割合が大きい”ので、この運動で肩甲骨周囲の筋肉をほぐして血行を回復させると、硬くなった筋肉がほぐれて、肩の動く範囲が拡がる効果があるからです

 

しかし、これらの体操で、硬くなっている筋肉をほぐし、自分の肩や背中の血行を回復させる事は、なかなか困難です。
これらの運動は、ストレッチング運動としては弱いので、肩甲骨が動く感触を確認しながら、肩甲骨を動かしていかないと、肝心の肩甲骨が動かずに、腕だけの動作になってしまうからです。
しかも、背中の筋肉にコワバリが拡がっていたり、痛みを発するシコリができていたりすると、自分で解消させる事が困難です。

 

また、四十肩・五十肩の場合、肩関節の位置がいわゆる『巻き肩』になっている事が多い事も、効果が上がらない原因になっています。
『巻き肩』になっていると、肩が、両わきに、前方に突き出たようになり、それに合わせて、肩甲骨が、ピタッと背中にくっついているので、体操で肩関節を動かしても、正常な肩関節の動きが出来なくなっているからです。
この為、リハビリ治療として肩甲骨を動かそうとしても、動かす事ができなかったり、骨がゴリゴリと擦れ合うような音がして、不自然な動きになったりします。

【 当院の治療 (他動運動) 】(写真)当院の治療

当院は、マッサージ治療に、東洋医療をベースにしたツボ刺激を加えて、四十肩・五十肩の回復治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、四十肩・五十肩の治療のように、筋肉の柔軟性の回復や血行の改善が必要になる治療に適しているからです。
これにより、肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を回復させていくと、肩の動く範囲が拡がってきます

 

また当院は、肩甲骨周辺のコワバリ解消に、『他動運動』も行っています。
『他動運動』は、本人は力を抜いた状態で、理学療法士などの施術者が、関節をコントロールして動かす訓練法です。
マッサージ治療で肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を回復させた後に、背中に張り付いている肩甲骨を、徐々に上下左右に動かす事により、肩甲骨周辺のコワバリが解消されて、肩を動かす可動範囲が拡がります。

 

更に、体調回復のマッサージ治療も行っています。
肩周囲に血行の悪い状態が続くと、症状を改善させる血液が行き渡らず、老廃物が溜まり易くなるので、四十肩・五十肩の回復を遅らせてしまうからです。
マッサージ治療で、血液の循環が改善されるので、老廃物の排出が促進されて、血液中に酸素が十分に行き渡るようになると、体調回復効果や筋肉のコワバリ解消で、リハビリ治療が行い易くなります。

 

東洋医療は、もともと、身体のバランスを整える事が得意としているので、体調の回復だけでなく、身体の運動機能の向上に適しています。
当院は、東洋医療をベースにしたツボ刺激を併用したマッサージ治療により、循環改善による不快感の解消や、肩関節や肩甲骨の可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )が、現れたら

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)頭(脳)の疲労

身体の不調感も現れた脳の疲労は、何もしないで休んだり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか解消されません。

脳の疲労と、首周辺の状態は、密接な関係があるので、首周囲や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りを感じたら、脳の疲労サインとして、これらの疲労を解消させると、脳の疲労解消に効果的です。

首を中心に肩や背中などに現れたシコリやコワバリにあるツボを、脳疲労のサインとして解消していくと、脳の疲労解消だけでなく、身体のリラックス効果にもなります。

【 脳の疲労サイン 】(図)眠くなる

頭が疲れてくると、考えがまとまらなくなったり、頭の中がモヤモヤしてきたり、ぼんやりしたり、話についていけなくなったり、します。
これは、疲労で脳の働きがニブッテくると、処理能力が低下してしまい、脳内の情報処理や伝達が十分にできなくなり、理解や判断ができなくなった為です。
しかし、脳に疲労が蓄積してくると、いきなり、脳の活動が最小限になるのではなく、事前に、脳から『疲労サイン』を出し、「休みたい」事を知らせてきます

 

脳の疲労サインで、最初に現れるのが『飽きる』という感覚で、「もう、これ以上続けたくない!」とか、「面倒くさい」、「うんざりする」と感じさせ、脳が「休みたい」事を知らせます。
しかし、それでも続けていると、次に『眠くなる』のサインが現れて、「頭がボーっとする」、「ウツラウツラとしてしまう」、「あくびが出る」などが起きます。
そんなサインを何とかやり過ごして、脳の疲れを回復させないでいると、今度は心身の不快感や痛みを伴った『疲れる』のサインが現れ、「頭がズンと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」、などが起きてきます。

 

また、脳が疲れてくると、脳が「休みたい」事を知らせるだけでなく、身体の不調感からも、脳の疲労を気付かせるサインが現れます。
例えば、「病気じゃないけど身体がダルイ」、「ちゃんと眠ったのに朝起きられない」、「気分が落ち込む」、「ヤル気がでない」などや、「集中力が保てない」、「能率が悪くなった」、「物事の判断がつきにくくなった」などです。
脳の疲れで、身体を正常に保つ自律神経も疲れてくるので、「これ以上、身体を酷使しないでくれ」と、疲労サインが現れるからです。

【 首や後頭部にも 】(図)肩こり

脳の疲労は、精神的なダルサや疲労感だけでなく、身体にも、筋肉のツッパリ感や凝りとなって現れます。
よくあるのが、後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨、などの凝りや痛みです
そして、この凝りや痛みから、「後頭部が詰まった感じ」や「頭痛」、「頭重感」、「吐き気」、なども引き起こします。

 

これは、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、首と脳が密接な関係があるので、片方が疲労すると、残りの片方に影響を与えるからです。
例えば、脳が疲労して、脳の働きが低下してくると、体調を保っている自律神経の働きを乱すので、これによって首の筋肉を異常に緊張させます。
そして、首の筋肉を異常に緊張させてしまうと、それによって、血行を悪化させて、脳の活動を低下させ、脳が疲労し易くなります。

 

このように、首と脳が密接な関係がある事から、悪循環になるだけでなく、それによって、後頭部や首・肩・背中などの痛みを、更に強める事があります。
後頭部や首・肩・背中などの痛みが続くと、周辺の神経が痛みに対して敏感になるので、余計に筋肉や血管が収縮して、血流が悪くなり、発痛物質が増えるからです。
しかも、このような状態になると、「痛みが気になる」、「気持ちがすっきりしない」、「イライラする」、なども現れるので、ますます痛みへの不快感が増します。

【 自覚しづらい脳の疲労 】(図)過労

この為、首周囲や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りを感じたら、身体だけでなく、脳からの疲労サインと判断して、脳への血行促進もする事が必要です。
脳の疲労と首周辺の状態が、密接な関係があるからです。
そのままにしていると、脳の働きの低下から、「イライラする」、「怒りっぽくなる」、「眠れない」など、精神的に不安定な状態を引き起こしたり、身体の不調感が強まったりします。

 

また、脳の疲労の判断に、首や後頭部の痛みや凝りを手掛かりとする理由として、『脳の疲労がハッキリと自覚しづらい』事があります
脳の疲労に気付く手がかりが、通常、「判断力の低下」とか、「ダルイ、疲れた感じ」など、漠然とした身体の不調感なので、その程度や、身体に及ぼす影響が、自覚しづらいからです。
しかも、責任感に追われていたり、やりがいや使命感などを感じていたりすると、脳が疲労について自覚しにくくなったり、判断を混乱してしまったりします。

 

更に、現在は、デスクワークやパソコン・スマホなどで、画面を見入る行為が多いので、この事からも、脳の疲労の判断に、首や後頭部の痛みや凝りを手掛かりとする事が勧められます。
うつむき姿勢によって、首周辺の筋肉が疲労して硬くなり、脳への血行障害や、自律神経への圧迫が、起き易くなるからです。
特に、圧迫感、頭重感を伴う頭痛は、首や肩コリからくる筋肉性の頭痛なので、首周辺の疲労や緊張を解消させる事が大切です。

【 当院の、頭(脳)疲労解消 】(写真)当院の治療

脳の疲労を解消させるには、首と脳が密接な関係があるので、それらの筋肉の疲労を解消させ、脳に積極的に血流を回復させる事が必要です。
この為、当院は、東洋医療をベースとしたツボ刺激とマッサージ治療によって、首を中心に肩や背中などの柔軟性を回復させ、脳への血行を促す事を行っています
ツボ刺激を併用しているマッサージ治療は、血行の回復と共に、体調を整える神経が働くようになるので、リラックス硬化から、ストレスなどの心の不調(プチうつ症状)にも、効果があります。

 

脳を活性化させる為に、当院は、首の後ろ側にある「天柱」と「風池」と呼ばれる2つのツボを、治療点として積極的に利用しています。
これらのツボの奥には、脳に酸素や栄養を供給している「椎骨動脈(ついこつどうみゃく)」が走行しているので、血行促進が図れるからです。
ツボ刺激を利用すると、疲労した脳に、スムースに脳血流が増加し、脳血流がバランスよく保たれるようになります。

 

更に、脳に血液が活発に供給されるように、ツボ刺激とマッサージによって、肩や背中のシコリやコワバリを解消させ、血行回復を行っています。
肩や背中に現れたシコリやコワバリにあるツボを、脳の疲労サインとして解消させていくと、脳の疲労解消に効果があるだけでなく、身体のリラックス効果にもなります。
脳の疲労箇所は目に見えないので、「たかが肩凝り」と思って、そのまま放置せずに、意識的に、首周囲や後頭部の緊張を解消させて、脳を休ませる事が必要です。

 

脳が疲労すると、身体に痛みや凝りが現れるので、身体に脳の疲労のサインが現れたら、対策を用意しておく事が大切です。
当院は、身体の凝りや疲労の解消だけでなく、心身がリラックスできるように、ツボを利用したマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

喉(のど)の、こり(首の前のコワバリ、つまり感、息苦しさ)

【(症例)こり・しこり 】

 

(写真)喉の、こり


喉の凝りによって、首の前のコワバリ感や、つまり感、息苦しさ、などを感じる事があります。

これは、喉を横切って、伸びている筋肉で、『胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)』と呼ばれる、硬く厚みのある筋肉の凝りが、大きく影響しています。

胸鎖乳突筋は硬く厚みのある筋肉ですが、首の筋肉は薄く浅く、内側には太い動静脈や、重要な神経が通っているので、無理をしないように、丁寧に、凝りを解消していく事が大切です。

【 喉のこりの正体 】(図)胸鎖乳突筋

「喉の奥が狭まった感じがする」、「喉元が詰まったような感じ」、「喉のコワバリで呼吸しづらい」などで、気になっている方がいます。
他にも、顎(あご)の筋肉が圧迫されて、顎の骨に張り付いたようになるので、深く息を吸ったり、上を見上げたりすると、顎の部分が引っかかって、動きが制限されるように感じる事もあります。
このような、不快感や違和感は、本人にしか分かりませんが、原因として、“首の前の筋肉の凝り”が、影響している事がよくあります。

 

中でも『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉が、この喉の凝りに大きく関係しています。
胸鎖乳突筋は、左右の耳の下から、喉の近くを横切って、鎖骨の内側に伸びている筋肉で、顔を横に向けると、首の横に現れる筋肉です
この筋肉は、頭を左や右に廻したり、前や横に倒したり、する時に使われますが、大きく息を吸ったり、吐いたりする時も、この筋肉が使われています。

 

ところが、この『胸鎖乳突筋』が、オーバーワーク状態になると、他の筋肉と同じように硬くなるるので、「喉元がツッパッタ」ように感じたり、「喉の内側に“閉塞感”や“コワバリ”」を感じたりします
しかも、この筋肉は、精神的なストレスからも、硬く緊張して凝り固まった状態になるので、「忙しいので、首が回らない」とか、「借金で、首が回らない」と言われるような、頭を左や右に廻せない状態になる事があります。
更に、胸鎖乳突筋が凝ると、筋肉から痛みを誘発する物質を発生させたり、首の中にある神経や血管を圧迫したりするので、頭重感や頭痛も引き起こします。

【 よくある例 】(図)デスクワーク

よくある例が、デスクワークなどで、前かがみの姿勢を続けているうちに、首の後ろ側の筋肉が疲労し、頭を支える力が弱ってきた場合です。
この状態になると、前方にある頭を、“あごで支える”為に、『胸鎖乳突筋』が動員されるようになるので、胸鎖乳突筋が疲労して、硬くなり、喉のこりが起き易くなります。
首のカーブがなくなってしまうストレートネックも、この筋肉の過緊張が続く事で起きてきます。

 

また、呼吸を、強く繰り返す事も、胸鎖乳突筋の疲労から、硬くなって、喉のこりが起き易くなります。
例えば、息を吸ったり吐いたりする吹奏楽器の演奏、喉から声を出すような発声の繰り返し、風邪や花粉症によって咳が続いた場合、などです。
この他、歯ぎしりや、強い噛み締めなどの場合にも、喉元の筋肉の強い収縮が繰り返されるので、喉の違和感が起きます。

【 体調の不調も 】(図)自律神経失調症

胸鎖乳突筋が凝ってくると、喉の違和感だけでなく、肩こりと違い、体調の不調も引き起こします
これは、首の中を、脳から全身に指令を出す重要な神経や、脳に栄養を送る太い血管が通っているので、胸鎖乳突筋の緊張が強まると、これらを圧迫するからです。
この結果、「頭が重くて、どんよりする」、「頭痛がしてくる」、「不自然に汗をかく」、「腕がだるい」、などを感じてきます。

 

しかも胸鎖乳突筋は、自律神経と密接にかかわっているので、喉元が圧迫された状態が続くと、体調を保っている自律神経の働きに影響を与えます。
例えば、喉元が圧迫された状態が続くので、消化器官をコントロールしている自律神経の働きが乱れて、「胃腸も悪くなった感じがする」、「胃もたれがする」、「食欲が低下する」、「便秘気味」、などが起きてきます。
あるいは、体調を保つ働きが低下してくると、不快感が増したり、続いたりして、「体調がスッキリしない」、「疲れが残る」、「イライラする」、「集中力が続かない」、「気分が落ち込む」、「眠れない」、などが起きてきます。

【 注意が必要な、喉の凝りの解消 】(図)喉への注意

喉の凝りを調べる為に、胸鎖乳突筋のコワバリを調べる方法は、いくつかあります。
一番簡単なのが、椅子に座って、顔を、交互に左右に振り向ける方法で、胸鎖乳突筋が緊張していると、「首が回らない」という慣用句があるように、振り向きづらくなります。
また、別の方法として、顎の下側や喉の筋肉を圧迫してみると、筋肉に痛く感じる箇所や、コリコリしている箇所が感じられても、食事は違和感が無く、支障無く食べられる場合は、喉の筋肉の凝りが原因になっている事が考えられます。

 

但し、喉の筋肉は、肩や背中、あるいは、胸の筋肉などに直接つながっているので、これらの筋肉のチェックも行い、喉の凝り状態を、全体的に確認する事が必要です。
姿勢が悪かったり、仕事の時間が長かったり、声を出したり、息を吐いたりする事が多かったりすると、首の筋肉の負荷だけでなく、首の土台となっている筋肉に、それだけ負荷が多くなるからです。
更に、胸鎖乳突筋が付着している鎖骨の周りには、多くの神経や血管、リンパが密集しているので、これらが胸鎖乳突筋のコワバリで圧迫を受けると、血流が悪くなって老廃物が溜まり易くなるので、胸の鎖骨周りの筋肉の確認も重要です。

 

更に、喉の凝りを解消する時には、デリケートな注意が必要です。
首の筋肉は、他の筋肉と違って、浅く、薄いので、強く刺激し過ぎない事が大切ですが、首を傾ける程度のストレッチでは、不十分で効果が出ないからです。
しかも、喉元は、太い動静脈や、重要な神経が通っているので、無理をしないように、丁寧に、行っていく事が重要です

【 当院の、喉凝りの治療 】(写真)当院の治療

当院では、解剖学をベースに、伝統的な東洋医療の治療法であるツボ治療を加え、安心感のあるマッサージ治療を行っています。
首周辺の治療も、解剖学をベースに、首や肩背部の“骨”の位置や、“筋肉”の形や拡がりなどから、患部の確認や、施術を行っているので、無理が無く、安全な治療になっています
また、身体に現れたツボを治療に利用しているので、「痛気持ちいい!」範囲で、効果的で、治療効果を高めています。

 

当院が、マッサージ治療にツボ治療を加えているのは、ツボが『体調の変化に、ツボ反応が顕在化する』と言われるように、身体の異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるからです。
ツボを利用して、適度に刺激を加えると、筋肉のコワバリの解消や血行回復が促進されて、症状を緩和する効果があります。
この為、当院では、凝りの解消だけでなく、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気が出ない」、などの身体の不調解消に、ツボ治療を活用しています。

 

また、マッサージ治療により、身体全体の柔軟性や血行の回復を行い、体調の回復を図るようにしています。
首周辺の治療も、これによって、背中や胸のコワバリが解消されて、身体に感じる「不快さ」や「ダルサ」などが改善されてくると、呼吸が楽になるのを感じられ、身体がリラックスした状態になり、気分がスッキリしてきます。
喉の凝りは、喉の不快感だけでなく、次第に、身体にいろいろな悪影響を及ぼしてくるので、早めに解消させる事が大切です。

 

喉の凝りは、硬く厚みのある胸鎖乳突筋の疲労や緊張が関係しているので、仕事の合間のセルフマッサージや、首を傾けるストレッチ程度では、なかなかほぐれません。
当院は、肩こりだけでなく、首周辺や喉の緊張やコワバリ解消に、ツボ刺激を利用したマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

土踏まずや踵などの、足の裏の痛み(足底腱膜炎)

【(症例)痛み・しびれ 】

 

(写真)足の裏の痛み

足底腱膜炎は、足の裏が痛くなる疾患で、一般的な初期症状は、「歩き始めの1歩目に、足裏に激痛が走る」、あるいは、「歩くと、土踏まずあたりが痛い」などですが、「歩いているうちに、痛みが無くなる」、に変わります。

原因の多くが、足裏への繰り返しの負荷なので、痛みの解消には、足底腱膜とふくらはぎの筋肉の柔軟性を回復させる事と、下半身の緊張や疲労を解消させて、足裏への負荷を減らす事が必要になります。

このような治療に、もともと筋肉の不調解消を得意としてきたマッサージ治療を利用すると、足底腱膜炎の治療に適応でき、改善の効果だけでなく、治療の期間を短縮できます。

【 土踏まず周辺の、鋭い痛み 】(図)足底腱膜

『足底腱膜炎(または足底筋膜炎)』は、足の土踏まず付近や、踵(かかと)に起きる痛みで、比較的ポピュラーな疾患です。
足底腱膜は、踵(かかと)の骨から足の指へ扇状に広がる、膜状の強靭な腱です。
この膜状の強靭な腱によって、足の土踏まず(アーチ)の“くぼみ”を維持し、これによって、地面からの衝撃を吸収したり、体重をしっかりと安定的に支えたり、しています。

 

ところが、土踏まずに、強い負荷がかかり過ぎると、足のアーチが過度にギュッと圧がかかって、下支えしている腱膜が引き延ばされ、いくつもの微細な断裂が起きてしまい、炎症が生じます
この為、立ったり、座ったりなどで、足裏に体重がかかると、断裂した傷口が、更に引き延ばされるので、強い痛みが起きます。
これが、足底腱膜炎の一般的な症状です。

 

この為、足底腱膜炎の特長になっているのが、歩き始めや、立ち上がりなどで、床に一歩目を踏み出した時に、足裏の土踏まずあたりに、「ズキン!」と鋭い痛みを感じる事です。
痛みの原因が、断裂した傷口に、再び負荷がかかって、引き延ばされた事なので、一般的な傷の炎症のように、足裏に、腫れや赤みといった、見た目でわかる症状がありません。
しかし、微細な断裂でも、傷口が修復されるまで、足の裏や指の付け根が、いつまでもジンジンと痛んだり、足裏に熱を持っているように感じたりするなど、不快な疼痛が続きます。

【 歩き過ぎても、あまり歩かなくても 】(図)歩き過ぎ

足底腱膜炎の原因として、多くが、足裏に負荷が繰り返された事で、起きています。
代表例が、スポーツや登山・旅行による足の負荷オーバー、仕事で長時間立ちっぱなし、くたびれるほど歩き続ける、などです。
また、足裏の負荷を更に強めるものとして、硬い革靴を履いて歩き続ける、仕事で重いカバンを持ち続ける、あるいは、長引く腰の痛みや疲れなどによる足底への負荷、などがあります。

 

しかし、あまり歩かなくても、足底腱膜炎が起きる場合があります。
足底腱膜の支える力が弱くなっていたり、柔軟性が無くなったりすると、多少でも足裏に負荷をかけ続けたり、不自然な負荷をかけたりすると、負荷に耐えられなくなるからです
例えば、「たまたま、歩き廻る事になった」、「つっかけサンダルで歩いた」、「加齢や運動不足で、筋力が弱い」、「仕事を終えて家に戻ってから更に立ち仕事をした」、「妊娠中の炊事や掃除」、などがあります。

 

このように、歩き過ぎはもちろん、あまり歩かなくても、足底腱膜炎が起きますが、初期は、足底腱膜の全体が伸びて断裂の負荷が弱まったり、断裂の修復が繰り返されて断裂が減少したりするので、痛みが落ち着いてきます。
しかし、そのままにしていると、足底腱膜が踵の骨に付着しているので、体重がかかる度に、何度も強く引っ張られて、踵も「ピリッ!」とするような、強い痛みが起きます。
引っ張られる強度が強かったり、骨が弱かったりすると、踵の骨の表面が引っ張られて、棘(とげ)のような小さな突起(骨棘)ができてしまい、歩いたり、立ったりするたびに、激痛が走り、ジッとしていても、痛みが続きます。

【 下半身の緊張や疲労による影響 】(図)足のストレッチ

病院での足底腱膜炎の治療は、よほどの事が無い限り、保存療法がほとんどです。
例えば、足裏に湿布を貼ったり、テーピングをしたり、痛む部分をくりぬいたインソールを使ったりして、足裏の痛みを和らげ、そしてストレッチで、ふくらはぎの筋肉と足底腱膜の柔軟性を回復させます。
痛みが、特に強い場合は、鎮痛薬を使って、痛みを軽減する方法がありますが、痛みの原因を、直接、無くす事はできないので、やはり、柔軟性を回復させる治療法が必要になります。

 

しかし、足裏の柔軟性を回復させるには、日数がかなり必要になります。
足裏に負荷をかけずに、かばうようにしていても、毎日の生活で、どうしても立ったり歩いたりするので、修復しかけている断裂に再び負荷をかけて、傷口が治りづらい為です。
この為、足裏を守りながら、地道に、無理をせずに、ストレッチを続けて、傷口の修復を待つ事が必要になります。

 

更に、治療を長引かせる原因として、腰を含めて下半身に緊張や疲労が、強まったり長引いたりすると、姿勢の悪化も加わって、足のアーチに大きな負担となるので、これも解消させる事が必要になるからです
例えば、体重の片足にかかる荷重が、ゆっくり歩く時でも体重の1.2倍、走っている時は約3倍にもなるので、「歩く事が多い」、「硬い床の上に長時間立って仕事をする」、「運動不足」、「睡眠不足」、などで姿勢が悪化していると、足裏に、それ以上の大きな負担になるからです。
判断材料として、「足裏に痛みを感じる」だけでなく、「ふくらはぎを押すとコワバリを感じる」、「脚のダルサ」、「腰の鈍痛」、などがありますが、慢性化していると、自覚症状が無い事がよくあります。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

足底腱膜の痛み解消には、足底腱膜自体の柔軟性と毛細血管の回復を図る事と、足底の一部分にかかる負荷を改善する為に、下半身の緊張や疲労を解消させる事が必要です。
この事から、当院は、東洋医療をベースにした、ツボ治療とマッサージ治療で、足底腱膜の痛みの解消を行っています。
東洋医療系のマッサージ治療が、筋肉の不調解消を得意としてきたので、足底腱膜炎の解消にも、この治療法が十分活用できる為です

 

特に下半身は、いくつもの有効なツボがあるので、身体に現れたツボを、重要な『治療点』として治療を行うと、傷口の修復を高めるだけでなく、治療期間を短縮できます。
この為、当院は、最初に『治療点』であるツボを確認し、刺激を加え、筋肉内のコワバリやシコリの解消を行っています。
そしてこのマッサージ治療で、足底腱膜にかかる筋肉のストレスを緩和させる為に、足裏と踵に通じるふくらはぎの筋肉の柔軟性を高めています。

 

更に、足底腱膜の痛みの解消や予防の為、ツボを反応点と利用して、解消腰を含めた下半身の、緊張や疲労の解消を行っています。
当院に来院される患者も、仕事や家事、あるいは、加齢や運動不足などで、下半身に緊張や疲労が生じ、それが脚のコワバリやシコリとなって、アキレス腱沿いから足裏に、影響を与えているからです。
腰や太ももの緊張や疲労を解消させ、脚のコワバリやシコリを解消させていくと、元の自然な柔軟性を回復し、下半身がスッキリした感じになり、下半身が軽くなったような感じになります。
初期の段階ならば、下半身の筋肉の硬直を解消させるだけでも、足裏の腱膜の負荷が減り、1回の治療でも、痛みが減少するのが分かります。

 

普段の生活の中で、足の裏に痛みが発生した場合、足裏の障害よりも、腰や脚からの影響が考えられるので、解消には、ふくらはぎや足裏だけでなく、腰から下のチェックも重要です。
当院は、身体に現れたツボを利用して、疲労や緊張を解消させ、血流や柔軟性を回復し、痛み解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下

【(症例)身体の不調や、不快感 】

 

(写真)気候の寒さや冷房による、関節の痛み

「寒かったり、冷えたりすると、膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」、「雨の日は頭が痛くなる」、「梅雨時に古傷がシクシク痛む」など、天気が悪くなると痛みが起きる事があります。

これは、寒さへの感受性が大きいと、「冷たい」という刺激が、「痛い」という感覚に変わるからです。

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、寒くなると、これがキッカケになって起き易くなっていますが、筋肉の働きが低下し、血液循環が低下していると、更に起き易くなり、悪化させるので、普段から、筋肉の柔軟性や血行を保ち、体調を保つ自律神経の働きを維持しておく事が必要です。

【 寒冷痛 】(図)寒冷痛

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」、という方が多くなります。
身体に寒さを感じると、動作時に痛むようになるだけでなく、膝や腰のダルサや鈍痛に悩まされたり、関節がギクシャクした感じになったりします。
このように、寒さで身体が冷えると、関節に、違和感や痛みの出る症状を、『寒冷痛(かんれいつう)』と言います

 

これは、度を超して、冷たいという刺激を受けると、「冷たい」から、「痛い」という感覚に変わるからです。
例えば、氷水に手を入れ続けると、手にしびれに似た“痛み”を感じたり、とても冷たい風を顔に受けていると、頬や耳が“痛く”感じたりするのと、同じ現象と言われています。
この『寒冷痛』は、寒さの感受性が強まる季節の変わり目や、急に冷房の風に直接さらされた時などに、多くなります。

 

また、寒さだけでなく、気圧が低下して空気が湿ってくると、身体に痛みが起きてくる人もいます。
代表的なのが片頭痛で、台風や低気圧が近づくと不快な痛みが起き易くなる事があり、他にも、 肩こり、膝の痛み、めまいなどが強く出てきたり、「昔負った古傷がシクシクと痛んだり」という人もいます。
これは、気圧や湿度が増してきた時に、身体の自律神経が順応しづらくなると、「調整がうまくいかない」と、身体の異変や異常を知らせる警告として、不快さを伴った痛みが起きるからです。

【 筋肉・血行・関節の影響 】(図)血行の悪化

この寒冷痛を起こす原因として、「冷たい」という刺激が大きくなると、「痛い」という感覚に変わるだけでなく、寒さによる、筋肉の緊張、血行の低下、関節の身体を支える負荷、などの影響もあります
例えば、筋肉の場合、神経の周囲を保護している筋肉が、寒さによって緊張すると、神経を圧迫して刺激するので、敏感になって、より強く感じさせるからです。
これにより、寒さの感覚と共に、筋肉によって神経が圧迫されて、ジンジンする感じや、シビレ感なども現れるようになります。

 

また、寒さで、体表の血液の流れが少なくなり、血行が低下すると、痛みが起き易くなります。
寒くなると、体温が奪われないように、身体の外側の血管が縮むので、外側にある筋肉の血流量が少なくなるからです。
このような血管が縮んでいる時に、身体を動かすと、血行が低下しているので、血液から取り込む酸素が不足し、関節部分の筋肉の、瞬発力や持久力がうまく働かず、痛みが起きます。

 

更に、絶えず身体の負荷がかかる関節は、柔軟性が無くなると、寒さで痛みが起きます。
膝や腰などのように、絶えず身体を支えながら、曲げたり伸ばしたりする箇所は、それによって、関節周囲の筋肉に、疲労が溜まったり、コワバッタリします。
このような状態の時に、寒さや冷えを感じると、ますます、筋肉の柔軟性が無くなるので、ちょっとした動作でも、痛みが起き易くなるからです。

【 身体を動かす事が少なくなると 】(図)運動不足

更に、運動不足や加齢などで、身体を動かす事が少なくなって、筋肉の働きが低下してくると、寒冷痛が起き易くなります
筋肉の働きが低下すると、運動機能の低下だけでなく、血行の低下から、寒さに敏感に反応するようになり、痛みの感覚が強く刺激されるからです。
この為、寒さや冷えを感じている時に、椅子から立ち上がったり、急に身体を動かしたりすると、思わず「アイタタッ!」と、痛みが起きます。

 

また、血行の低下も起きるので、老廃物が排出されづらくなり、ジッとしていても、神経が刺激されて、疼くような痛みを感じます。
この為、冬近くになって、寒さを感じ始めると、デスクワークやお年寄りの人が、「なんだか腰がジクジクと痛い…」と、悩まされるようになります。
しかも、老廃物が溜まった状態なので、慢性化し、「しびれる」、「つっぱる」、「だるくなる」、などが長期化します。

 

しかも、日本の気候は、季節によって気候が大きく変化しているので、身体を動かす事が少なくなっていると、寒冷痛が起き易くなります。
運動機能が弱ると、体調を保つ自律神経の働きも低下し、季節の温度や気圧の変化に順応しづらくなるからです。
例えば、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気が出ない」、などの体調の不調を感じていると、心身のストレスが増して、寒冷痛が起き易くなっています。

【 当院の、寒冷痛の治療 】(写真)当院の治療

寒冷痛の解消には、痛む所を温めて、血行を良くするだけでなく、身体の不調を解消させて、自律神経の働きを回復させる事が必要です。
この為、当院では、気候の寒さや冷房による、関節の痛みや動きの低下の改善に、身体に現れたツボを利用し、身体の不調解消を含めた、マッサージ治療を行っています
ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるので、局所の治療効果だけでなく、体調の回復にも効果があるからです。

 

しかも東洋医療は、もともと身体のバランスを整える事を得意としているので、当院の東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、不快な不定愁訴の改善も期待できます。
筋肉の柔軟性や血行が回復して、それによって不快感が無くなってくると、心身へのリラックス効果から、自律神経の働きが回復してくるからです。
この効果から、昔から、「何となく身体の調子が悪い」と感じた時を、『未病(未だ病気になっていない)』と捉えて、健康状態に戻す治療を行ってきました。

 

例えば、膝や腰は、体重の負荷が絶えずかかる場所なので、寒冷痛が起き易い箇所です。
この為、関節付近の筋肉硬直による痛みの解消や、神経の痛みが減少させる為に、関節付近のコワバリやシコリを確認して、ツボ治療とマッサージ治療を組み合わせて、柔軟性を回復させる治療を行っています。
更に、関節付近だけでなく、下半身全体の身体の異常を知らせる『反応点』を探し、ツボ刺激を活用したマッサージ治療を行うと、下半身全体の筋肉の瞬発力や持久力も回復するので、関節の動きがスムーズになり、動作の不安も少なくなって、立ち上がりや座る時などが楽になる効果があります。

 

季節の変わり目に、身体と心のバランスが崩れて、関節の痛みや動きの低下が、起き易くなります。
当院は、マッサージ治療で、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

脚のむくみ や 冷え と、ブーツ

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)脚のむくみ や 冷え

脚のコーディネートに、ブーツが欠かせませんが、ブーツで脚の筋肉の動きが制限されると、血液やリンパ液が停滞し、思いもしなかった、脚の冷えや、むくみを、引き起こす事があります。

しかも、脚の筋肉の内部がコワバッテ、血液を心臓に戻している『筋ポンプ』の働きが低下してしまうと、脚を、なでたり、さすったりするだけでは、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。

このような解消しづらい症状に、身体に現れたツボ(反応点)を利用して、血管周囲のコワバリを解消させたり、筋肉の働きを回復させたりすると、身体の弱った回復力を高め、症状を改善させる効果があります。

【 脚に、冷えが… 】(図)脚の冷え

日本では 1960年代に入ってから、ミニスカートの流行に合わせてロングブーツが脚光を浴び、その後も、ファッション性と足元を温かく保つ最適なグッズとして、ブーツの人気が続いています。
最近は、寒い季節だけでなく、暑い夏でも、足元が、クーラーの効き過ぎで冷気を受けてしまうのを防ぐ為に、サマーブーツが利用されています。
ところが、「見た目が良く」、「暖かいはず!」と思ってブーツを履いていたら、だんだん足先が冷たくなって、感覚がジーンと鈍ってしまい、思わず「ブーツを脱ぎたい!」と、なってしまう事があります。

 

この原因として、足元がスッポリと覆われるようなブーツを履いていると、足首がギュッと固定されてしまって、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが制限されるので、血行が悪くなる事が、指摘されています。
足首をギュッと固定されてしまうので、筋肉の自然な伸び縮みができなくなって、血液を心臓へ送り戻しをしている『筋ポンプ』の効率が悪くなるからです。
この結果、暖かそうだと思ってブーツを履いていたら、「足先がヒンヤリしてしまい、冷たい!」という、予想外な事が起きてしまいます。

 

更に、もう一つ原因として、気が付かない、足の汗の冷えがあります。
足裏には、「汗腺が、背中や胸の5~10倍もあり、1日にコップ約1杯分もの汗をかく」と言われるので、踵(かかと)から履き口まで長いブーツを履いていると、これらの汗が外に排出されずに、そのまま冷えてしまうからです。
また、足の汗は自律神経と深い関わりがあるので、「緊張していたり」、「興奮していたり」、「ストレスが続いていたり」すると、余計に汗をかいて、足がしっとりと湿ったようになり、これが冷えると足を冷やします。

【 脚に、むくみが… 】(図)脚のむくみ

また、ブーツを履いていると、「脚がだるい」、「重い」といった、不快さに悩まされる事があります。
これも、足首が固定されて、足裏やふくらはぎの筋肉の動きが制限されるので、血液やリンパ液を流す『筋ポンプ』作用が弱まり、脚の皮膚の下に、余分な水分や老廃物が溜まる為です
特に、靴下を重ね履きして、膝上まであるロングブーツを履いていたり、固い素材で、足首を締め付けるようなタイトなブーツを履いていたりすると、脚の『筋ポンプ』作用がかなり低下し、このような不快感が、起き易くなります。

 

このタイプの脚のむくみは、脚の冷えに、悩まされている人ほど起き易くなっています。
「脚の冷え → 血の巡りが悪くなる → むくむ → むくみで余計に血の巡りが悪くなる → 脚の冷えが強まる→ 更に血の巡りが悪くなる」という、悪循環に陥るからです。
実際、女性の70%以上は、脚の冷えと共に、「脚がだるくてムズムズする」、「夕方になると、毎日、靴がきつくなる」、「すねを指で押すとへこむ」など、脚のむくみを感じています。

 

そして『冷えむくみ』となって、冷えとむくみが同時に起きていると、ますます症状が、長引くようになります。
例えば、足首からむくみで太くなって、慢性状態となり、その上、「足の芯まで痛む」、「脚の冷えやダルサで眠れない」、「足にしもやけができる」、「夏でも足が冷たい」、などが起きてきます。
更に、脚の冷えやむくみと共に、腰のダルサや痛み、そして高血圧にも、悩まされる事が多くなります。

【 脚の柔軟性と血行の回復 】(図)ストレッチとマッサージ

「おしゃれとして、ブーツを履きたい!」というのは、多くの女性の気持ですが、ブーツを履いていて、脚に、むくみや冷えなどの違和感が現れたら、チェックして、脚の状態を確認する事が必要です。
例えば、『脚のむくみチェック』として、①靴下の跡がいつまでも残る、②膝から下を指で10秒ほど押した後、指を離しても跡が残る、『足の冷えチェック』として、①手は温かいが足は冷たい、②寒くなるとふくらはぎや足先が冷える、③足先が冷えてなかなか寝つけない、などがあります。
『筋肉内部のコワバリやシコリのチェック』として、ふくらはぎを押して、①硬い張りを感じる、②痛みを感じる、があります。

 

このような場合、血行を悪化させている、筋肉内部のコワバリやシコリの解消と、足関節や膝関節の柔軟性の回復が、必要です
更に、お尻の筋肉も、シッカリとほぐす事も必要です。
お尻の筋肉は、上半身の重さをジッと受け止め続けているので、疲労すると、分厚い筋肉が上半身と下半身の間の、血行の関所となって血液の流れを悪化させるからです。

 

この為、脚やお尻の筋肉に、疲れが溜まって、筋肉がコワバッテくると、脚を、なでたり、さすったりするだけでは、脚のむくみや冷えが、なかなか解消できなくなります。
筋肉のコワバリによって『筋ポンプ』の働きが低下するだけでなく、溜まった水分や老廃物が、血管やリンパ管を圧迫して、血液やリンパ液の流れを更に悪くするからです。
しかも、足やお尻の血行が悪くなっていても、自覚症状があまり無いので、その箇所が分からなかったり、あるいは、自分の手で触る事はできても、シッカリと力を入れてほぐす事が難しかったりするからです。

【 当院の、脚のむくみや冷え治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような解消しづらい症状に、マッサージ治療に、局所にツボ刺激を加えた治療で、回復を図っています
脚には、冷えやむくみなどの症状を改善させるツボが、いくつもあるからです。
脚や腰に現れたツボを確認し、治療に利用すると、筋肉のコワバリやシコリの解消効果があるだけでなく、血行の改善効果も高める効果があります。

 

更に、当院では、腰やお尻の筋肉を、「イタ気持ちイイ!」と感じるところまで、しっかりと伸ばすストレッチや、しっかりと力を入れて、筋肉の柔軟性を図るマッサージ治療を行っています。
これは、血液を心臓に戻すには、筋肉のポンプ活動が重要なので、筋肉の伸び縮み運動を回復させる事と、活発化が必要になるからです。
特に、座っている事が多かったり、歩く事や立っているのが長かったりすると、股関節やお尻の筋肉が硬くなり、血行が悪化するので、腰から股関節にかけてチェックしながら、筋肉の柔軟性を図るマッサージ治療が重要になります。

 

当院のこれらの治療により、血行の悪化によって引き起こされる、「肩がこる」、「疲れやすい」、「だるい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」などの症状も、解消されてきます。
下半身には、全身の70%もの血液が集まるので、下半身の血行が改善されると、それによって、全身の循環も改善されるからです。
脚のむくみや冷えで、「身体の調子が悪い」という状態には、身体のバランスを整える事で、身体の弱った回復力を高め、症状を改善させる効果があります。

 

脚のむくみや冷えで、身体のバランスが崩れかかっている時には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、体調を整える事をお勧めします。
当院は、下半身の血流改善、疲労の解消などに、腰やお尻を含めて、むくみや冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

肩甲骨の、位置ズレの、こり

【(症例)こり・しこり 】

(写真)肩甲骨の、位置ズレの、こり

デスクワークで疲労が溜まり易い原因として、「長時間の同じ姿勢」や、「脳を長時間働かし続ける」、などが指摘されていますが、「肩甲骨の位置ズレのこり」も、背中の疲労に、かなり大きな影響を与えています。

「肩甲骨の位置ズレのこり」によって、背中のいろいろな筋肉が不自然に引っ張られてしまい、その上、血液やリンパ液の流れが悪くなるので、背中の疲労感やダルサが強まるからです。

この為、背中の疲労による不調の解消には、①肩甲骨の位置ズレ解消、②ツボ刺激の活用、③マッサージ治療による“むくみ”解消、などをセットにして行う事が必要です。

【 肩甲骨の位置ズレ 】(図)肩甲骨の位置ズレ

一日中パソコンの前で仕事をしていて疲れてくると、肩の凝りだけでなく、次第に、肩甲骨の内側に、ズキズキとした鈍痛や、チクチクと刺すような痛み、も起きてきます。
特に、猫背姿勢のまま、肩甲骨が肩の方向に引っ張られて、上がりっぱなしの状態(巻き肩)で、凝り固まると、肩甲骨の内側に痛みが起き易くなります。
肩甲骨には、いろいろな背中の筋肉が接続しているので、肩甲骨がズレタまま凝り固まると、背中の筋肉が不自然な方向に引っ張られた状態になり、その上、血液やリンパ液の流れが悪くなるので、神経を刺激し続けるからです

 

更に、背中が腫れぼったく感じたり、熱っぽく感じたり、する事があります。
同じ姿勢を続けるので、血液やリンパ液の流れが停滞して、背中に“むくみ”が生じ、内部に蓄積した老廃物や酸素不足状態から、不快感や疲労感が強まるからです。
しかも、背骨沿いに自律神経が通過しているので、背中の筋肉がコワバリから、自律神経が圧迫されると、「胸苦しさや圧迫感」、「胃もたれや食欲不振」、「疲れ易くなる」、などの体調不調が起きてきます。

 

このような状態になると、肩甲骨を動かすような動作をすると、背中の骨がこすれるような、ゴリゴリと音が出る事があります。
これは、肩甲骨の下にある筋肉が、凝り固まってくる時に、接触している肋骨や肩甲骨の形状に合わせて、“洗濯板”のように、デコボコ状になった為です。
この為、肩を大きく動かし、肩甲骨を動かすような動作をすると、デコボコ状に凝り固まった筋肉が、擦れあって、ゴリゴリと音が出るようになります。

【 見返り美人図 】(図)見返り美人

本来、肩甲骨は、肋骨(あばら骨)の上に、乗っかったような構造になっていて、上下左右、かなり広い範囲に、自由な動きができます。
これによって、背骨や腕を、肩甲骨によって制限されずに、自由に、柔らかく、そして、しなやかに、動く事ができます。
この動作を上手く現したのが、江戸時代に描かれた『見返り美人図』で、身体は前を向いたまま、背部の肩甲骨を後ろに引き、首だけ傾いて振り向き、優雅な雰囲気と、女性らしさを表現しています

 

ところが、年齢的に25歳を過ぎると、肩甲骨付近の筋肉の老化が始まって、肩甲骨付近の筋肉の柔軟性が無くなり始めます。
しかも、日常生活で、背中の筋肉を積極的に動かす事が無くなる事や、仕事や家庭で、身体に疲れを溜め込む事が多くなる事から、余計に、肩甲骨の動きが悪くなっていきます。
この為、『見返り美人図』のような恰好をすると、肩甲骨付近の柔らかさが無くなって、「身体が硬い」と言われるような、無理に、身体をひねったような姿になってしまいます。

 

それでも、日常生活では、肩甲骨を積極的に動かす動作が無いので、動きが悪くなっていても、あまり気になる機会がありません。
しかし、背中が疲れて、肩甲骨の動きガチガチに硬くなってくると、それだけ血液の流れが悪くなって、疲労や身体の不調が出てきます。
後ろを振り向くポーズをして、肩甲骨の周りが引っかかるようなら、「身体が硬い」だけでなく、「頭がスッキリしない」、「頭痛が続く」、「小さな事でイライラする」、「疲れを感じ易い」、「身体がダルイ」、などに悩まされる事になります。

【 肩甲骨はがし 】(図)肩甲骨はがし

この為、背中の凝りや、不快感を解消させる為は、肩甲骨の可動域を回復させて、血液やリンパ液の流れを改善する事が必要です。
しかし、背中は、様々な筋肉が、密接に重なり合っているので、凝りや痛みを起こしている個所を、ピンポイントに特定し解消させる事が、難しい部位です。
しかも、自分で自分の肩甲骨を動かそうとしても、やりつけていないと困難で、肩を廻すだけになってしまいます。

 

この為、専門家に、広範囲に、肩甲骨を動かしてもらう方法(他動運動)が、実際的で、即効性があります。
最近、よく聞にする、『肩甲骨はがし』が、それです。
“肩甲骨はがし”と聞くと、言葉は強烈ですが、要は、肩甲骨まわりの筋肉を、ほぐす事を言っています。

 

この『肩甲骨はがし』による、最大の効果は、肩甲骨周辺の凝り固まった筋肉が、ほぐれ易くなるので、肩こり解消に効果がある事です。
2つ目の硬化は、背中の“むくみ”の症状が解消されるので、すっきりとした感じに戻る事です。
そして3つ目の効果は、丸まった背中が伸びてくるので、腰の筋肉も伸び易くなり、腰痛の予防や改善にもなります。

【 当院の、背中の回復治療 】(写真)当院の治療

当院では、背中の疲労や緊張解消の為に、肩甲骨の位置ズレを回復させる場合、背中の筋肉のコワバリを、ある程度解消させてから行っています。
肩甲骨の本来の位置がズレて、動きの悪くなっている肩甲骨を動かすには、何より、肩甲骨周辺の筋肉がほぐれている事が、前提になるからです
この処置を行った後に、肩甲骨を前後左右に広範囲に動かす運動療法( ≒ 肩甲骨はがし)を行うと、無理無く、吊りあがっていた肩甲骨が本来の場所に戻るようになります。

 

また、当院では、背中の筋肉をほぐす時に、背中の筋肉に現れた、いくつかのツボを利用して、血行やリンパの流れを回復させ、促進させています。
身体に現れたツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点であるからです。
ツボを刺激すると、筋肉のコワバリが緩み、滞っていた肩甲骨周辺の血行やリンパの流れが回復してくるので、奥からジンワリとほぐれる感触がして、重ダルサや疲労感が消え、スッキリしてきます。

 

これらの後に、腫れぼったく感じさせている、老廃物が溜まった“むくみ”を、マッサージ治療で解消させます。
これにより、“むくみ”によって引き起こされた、「だるい」、「肩がこる」、「疲れやすい」、「元気が出ない」、「食欲がない」、「イライラする」などの、症状解消になります。
当院では、このように、①肩甲骨の位置ズレ解消、②ツボ刺激の活用、③マッサージ治療、などをセットにして、背中の疲労や緊張の解消効果のアップを図っています。

 

パソコンやスマートフォンの長時間の使用、日々のストレスなどで、心や身体が緊張してコワバルと、背中の筋肉はガチガチに固まってしまいます。
当院は、背中の凝りや痛みなどの不快感を解消させる為に、コワバッタ背中の過緊張の解消や、肩甲骨の可動性を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

立ち仕事と、腰痛対策

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)立ち仕事と、腰痛対策

長時間の立ち仕事は、腰痛を起こす原因と思われがちですが、実は立ち仕事そのものが原因ではなく、同じ姿勢を続ける事で筋肉が緊張し、血行が悪くなる事が、大きな原因になっています。

この為、立ち仕事の腰痛解消には、血液循環を回復させる事を意識して、下半身の筋肉の疲労や緊張のチェックや、関節の動きも回復させる事が必要です。

腰や脚には、昔から利用されてきた“健脚のツボ”がいくつもあるので、回復治療に、ツボを治療を加えると、脚の筋肉緊張や血行悪化の解消に、効果が高められます。

【 立ち仕事から腰痛に 】(図)立ち仕事から腰痛に

立ち仕事を、毎日続けていると、「夕方頃になると、腰がウズウズ痛む」、「物を持とうとしたら、急に激しい痛みで動けなくなった」、「慢性腰痛になり、最近では脚にシビレが出る」、「冷えると腰が重くなる」など、腰に様々な症状が出てきます。
これは、立ちっぱなしで、歩く事がほとんど無いと、脚や腰の筋肉の働きが低下し、血行不良が起き、新鮮な栄養や酸素の取入れや、老廃物の排出が、進まなくなるからです
この為、同じ立ち仕事でも、歩く事が多い立ち仕事より、ずっと立ちっぱなしの仕事のほうが、脚や腰の疲労や緊張が強まって、腰痛が起き易くなり、疲労感も強まっています。

 

また、立ち仕事は、腰の疲労や緊張が続くので、腰まわりの筋肉が張り詰めた状態になり、この結果、腰周囲の筋肉や神経を刺激し、腰の不快感を強めます。
例えば、チョット立ったり、座ったりするだけでも、骨盤や背骨を、アンバランスに強く引っ張る事になるので、「ピキッ!」とした痛みや、「ズキズキ」とした痛みを、感じるようになります。
しかも、アンバランスに引っ張られた状態が続くので、ジッとしていても、腰の筋肉や骨盤に、凝り固まったような「イヤーな感じ」や、「腰の凝った感じが、背中にまで響く感じ」が、するようになります。

 

更に、立ち仕事は、脚の血行不良を起こす事が多いので、これによって脚に冷えが生じると、腰痛を悪化させます。
脚の冷えで、下半身の筋肉が硬くなるので、柔軟性が無くなって、痛みが起き易くなる上に、冷えで神経が敏感になるので、痛みの感覚が起き易くなるからです。
しかも、下半身には全血液量の約7割が集まっているので、下半身の血行悪化から、脚に冷え症状が現れると、全身の循環悪化を起こし、慢性的な疲労感や、不眠、肩こりなど、二次的な体調不良を引き起こします。

【 セルフケアも難しく 】(図)セルフケア

立ち仕事で、腰の疲れや緊張が残ったままにしていると、腰の不快感や痛みが続くだけでなく、症状の解消が難しくなります。
筋肉が、元の柔らかい状態に戻る機会が無くなるので、必要な酸素や栄養が送り込まれにくくなり、老廃物が排出されづらくなって、筋肉の働きが低下する為です。
この結果、筋肉の回復力が失われて、「腰が、いつも重い、だるい、疲れる、痛い、張る」、などの症状に悩まされます。

 

また、腰の疲れや緊張が残ったままにしていると、お尻・太もも・ふくらはぎなどの下半身全体の筋肉も、同じような状態になります。
身体を安定させる腰の働きが、十分に果たされない状態なので、身体を支えている、お尻・太もも・ふくらはぎなどの筋肉に、過度の負荷がかかるからです。
この為、腰の疲れやダルサの解消には、腰だけでなく、これらの下半身の筋肉も、状態をよく確認して、疲労箇所や緊張箇所を回復させる事が必要になります。

 

ところが、このような状態になると、勧められる運動やストレッチが、かなり困難に感じ、実行が難しくなります。
脚や腰の、ダルサ・不快感・痛みなどから、軽い運動やストレッチでも、痛みを敏感に感じるからです
また、腰の痛みを防ぐような姿勢を、無意識に続けるので、それによって、筋肉が硬化したり、関節の動きが悪くなったりするので、運動やストレッチを難しくさせます。

【 慢性化させてしまうと 】(図)疲労の慢性化

このような事から、腰に気になる症状があっても、立ち仕事をしていると、「仕事だから仕方がない」と思いがちです。
しかし、脚や腰の血行やリンパ液の流れが悪くなっているので、身体が疲れ易くなったり、ダルサを感じ易くなったりするので、毎日の仕事や家事の妨げになります
立ち仕事の時に、「腰の状態は、大丈夫かな?」と、いつも不安にかられたり、脚の踏ん張りを効かせたりする時に、「ギックリ腰を起こすのでは?」と、毎回心配になったりするからです。

 

また、腰に気になる症状があると、精神的に、持続的なストレスとなって、腰の不快感や痛みが増します。
ストレスで緊張感が強まると、血管を圧迫して、血行が悪化する事と、ストレスを感じていると、身体のバランス(姿勢)にも影響を及ぼし、腰の負担が増すからです。
しかも、精神的なストレスは、休息をとっても解消されないので、気になるキッカケが生じると、腰の不快感や痛みがぶり返します。

 

このような時、「休め」のポーズのように片足に重心をかけていたり、ダランとした猫背気味で立っていたりすると、体幹を支える筋肉を使わなくても、姿勢をキープできるので、その分楽だと感じます。
しかし実際は、このような姿勢が多くなると、かえって腰の負荷が増します。
骨盤が左右アンバランスの状態になるので、ずっと続けていると、負荷のかかる特定の箇所の筋肉に、疲労物質が溜まるので、後になって、不快感や痛みが起きるようになるからです。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の治療

立ち仕事の症状改善には、腰だけでなく、硬くなった下半身全体の筋肉の疲労や緊張をチェックし、それらを解消し、関節の可動性を回復させ、それと共に、血液の循環を正常にする事が必要です
特に腰は、完全に休ませる事が難しい部位なので、痛みを感じる場合は、しっかりと筋肉の機能を回復させる事が大切です。
この為、当院では、立ち仕事の症状改善に、マッサージ治療に加え、昔から広く利用されているツボ刺激を加えた治療を行っています。

 

もともとツボは、身体の異常を知らせるセンサーであり、また、病状を改善する箇所なので、昔から、体調の変化が起こった時に、疾病の治療点として使われてきました。
特に腰や脚には、血行を良くするツボや、疲労を回復させる為に、昔から利用されているツボが、いくつもあるので、立ち仕事で硬直している筋肉の回復に、効果を発揮します。
この為、当院では、疲労や緊張で崩れかけた身体を、バランスを整え、体調を回復させる為に、ツボを使った腰痛治療を取入れています。

 

例えば、マッサージ治療とツボ刺激を併用して、股関節の柔軟性を回復させると、腰から下に太い動脈や神経が通っているので、下半身の血行が促進される効果や、筋肉の柔軟性回復に、効果があります。
有効なツボを確認して、刺激すると、1回の施術でも、身体がほぐれて、柔らかくなってくるので、身体が回復してくる変化が、実感できます。
しかも、下半身の状態が改善されると、身体全体の循環も促進されるので、スッキリ感が違ってきます。

 

立ち仕事のように、長時間同じ姿勢を取り続けている状態は、筋肉疲労が増して、血流が悪くなり、ダルサや痛みを感じ易くなります。
当院は、マッサージ治療により、疲労や過緊張を回復させ、身体のバランスを整え、痛みを解消させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)妊婦さんの妊娠中の、お尻の痛み

妊婦さんが経験する不快な痛みに、お尻から太ももの裏側にかけて、ズーンとした痛みや、シビレ感が起きる『坐骨神経痛』があります。

妊娠して、体重が増えたり、姿勢を保つバランスが変わったり、骨盤を固定する靭帯が緩んだりしてくると、お尻の筋肉が過緊張状態となり、奥にある坐骨神経を圧迫して、痛みやシビレを引き起こす為です。

お尻の筋肉は、身体の安定を保ち、歩行などの動作に関わる重要な筋肉なので、妊婦さん用のマッサージ治療を利用すると、緊張が緩んで痛みが緩和されるだけでなく、体調を整え、身体全体がリラックスできます。

【 坐骨神経痛 】(図)坐骨神経

妊娠して5ヶ月目ぐらいから、あるいは早いと、妊娠一か月目あたりから、お尻の奥に痛みを感じ、次第に強まり、時にはピリッ!と刺されるような痛みを感じる事があります。
よくあるケースとして、「立ち上がろうとすると、ピリピリっとお尻が痛む」、「ソファに座っていると、尾底骨に疼くような痛みを感じる」、「寝起きに身体を起こすと、お尻の奥が痛み出す」、などがあります。
妊娠していると、身体的にも、心理的にも、変化が大きいので、このような今迄無かったような痛みが起きると、思わず不安にかられます。

 

この痛みは、お尻の奥の坐骨神経が、周囲の筋肉に圧迫されて、刺激された事で起きた、痛みやシビレです
病気というよりも、お尻の筋肉に負担がかかり過ぎると起きる痛みなので、妊娠以外にも、例えば、長時間座る事を強いられるデスクワークや運転、ランニングのやり過ぎなどで、同じ症状が起きます。
一般的に『坐骨神経痛』と呼ばれますが、病院の診断名では、お尻の筋肉(梨状筋)の負荷によって、坐骨神経に痛みが起きるので、『梨状筋(りじょうきん)症候群』と言います。

 

この為、お尻の筋肉の負荷が多くなったり、続いたりすると、神経が刺激され、お尻の内側で、ジンジンと圧迫されるような痛みが続きます。
妊婦さんの場合、お腹が大きくなってくるので、お尻の痛みだけでなく、お腹が張るような感覚が強まったり、お腹に痛みを感じたりする事もあります。
また、骨盤を支えるバランスが悪くなって、鼠蹊部や恥骨が引っ張られるようになり、太ももの付け根が痛む妊婦さんもいます。

【 お尻の奥の筋肉がコワバッテ 】(図)お尻のコワバリ

本来、お尻の筋肉は、身体を支える“縁の下の力持ち”としての特徴があるので、多少の負荷がかかっても、痛みを発する事は滅多にありません。
しかし、妊娠すると、体重が増えて、身体のバランス状態も変わってくるので、立っていても、座っている状態でも、今迄無かったような大きな負荷が、ずうっと、お尻の筋肉にかかるようにます。
更に、妊娠してお腹が大きくなる事から、自然とお腹を前に出して、反った姿勢になるので、お尻の上に、上半身のウエイトが乗っかったようになり、ますます、お尻の筋肉に負荷が増すようになります。

 

この為、お尻に痛みが起きる前に、「下半身が何となく、むくんだような、ボテッとした感じ」や、「骨盤周りの重ダルサ」、などに気づく事が多くなっています
これらは、お尻や腰の筋肉に負荷が続くと、筋肉内に、疲労物質が溜まったり、必要な酸素が不足したりするので、それによって、疲労感やダルサが出てくる為です。
そして、お尻の奥の筋肉も影響を受けて、コワバッテくると、内側の坐骨神経が圧迫されて、チクチクとした痛みが起き始め、更に圧迫が続くと、お尻や太ももに、鋭い痛みを伴ったシビレを感じるようになります。

 

また、妊婦さんのお尻の痛みは、体重や姿勢の変化だけでなく、骨盤をシッカリと固定している靭帯が、出産の為に、ホルモンが増加して緩んでくる事も影響しています。
分娩時に、赤ちゃんが産道を通り易いようにする為に、リラキシンという女性ホルモンが増えるからです。
この結果、靭帯に代わって骨盤を支える事が必要になり、お尻の骨盤回りの筋肉の負荷が増し、坐骨神経が痛み出す原因になります。

【 痛み止めや、骨盤ベルト 】(図)骨盤ベルト

お尻に痛みを感じるようになると、「歩いている時に脚に体重をかけられない」、「長い間座っていられない」、「寝ていてもお尻に体重をかけられない」などで、毎日の生活に、支障をきたしてしまいます。
また、以前、ギックリ腰の経験がある場合には、お尻の痛みから、腰の神経が反応して、ギックリ腰を再発しかねません。
このような状態になると、痛み止めの薬を使いたくなりますが、胎児や母体への影響を考えると使えないので、我慢せざるを得なくなります。

 

この為、塗薬を使ってみたり、湿布薬を貼ったりします。
しかし、お尻の深部の、筋肉の疲労や緊張が原因になっているので、効き目があまりありません。
また、運動やストレッチで、筋肉の柔軟性を回復させようとしても、妊娠中は、お腹が大きくなり、腰や脚を動かせる範囲が少なくなるので、運動で解消させるのは困難です。

 

また、痛みを軽減する物として、お尻の筋肉への負荷を減らす骨盤ベルトがあります。
骨盤ベルトで骨盤を支えると、腰まわりの筋肉への負荷が軽くなり、腰痛の予防改善効果が期待できるからです。
しかし、毎日の家事や仕事の為に、腰やお尻に負荷がかかり続ける妊婦さんや、お尻の奥の筋肉のコワバリが解消できなくなっていたり、お尻の坐骨神経が過敏になっていたりすると、効果が期待できなくなります

【 当院の、妊婦さん用のマッサージ治療 】(写真)当院の治療

このような、妊娠中のお尻の痛み解消に、昔から、妊婦さん向けのマッサージ治療が利用されてきました。
お尻や腰の“筋肉の柔軟性と血行”を、回復させると、痛みの軽減効果だけでなく、「腰の重だるさが軽減された」と言う人がいるくらい、身体のコンディション調整に、効果があるからです。
当院も、妊婦さんのお尻の痛み解消に、腰やお尻の筋肉をほぐし、柔軟性を回復させて、お尻の奥の筋肉のコワバリ回復を行っています。

 

当院の、妊婦さん向けのマッサージ治療は、お腹に圧がかからないように、横向きに寝てもらい、更に、上側の脚の膝下にクッションを置いて行っています
この横向きの姿勢によって、お腹が圧迫されず、呼吸も楽にできるので、リラックスした状態で、マッサージ治療が受けられるようになります。
また、横向きの姿勢は、お腹が無防備な仰向けの姿勢と違って、お腹を守っているような姿勢になるので、妊婦さんにとって安心感が得られます。

 

更に、当院では、痛みを軽減させる治療だけでなく、身体の疲労箇所や緊張過少を確認して、解消させ、血行の良い状態にして、体調を整える治療も行っています。
妊娠中は、体重が増えたり、姿勢を保つバランスが変わったりして、動作が不自由になるので、「横座りするように座ったり」、「背中を丸めたり」、「同じ方向ばかり向いて寝ていたり」など、不自然な姿勢が多くなるからです。
マッサージ治療で、身体の筋肉の緊張が緩むと、バランス良く吸収されるようになるので、身体の負荷も、早く解消できるようになります。
更に、体調がよくなるので、身体全体がリラックスできる効果もあります。

 

妊娠中にマッサージを受ける場合は、信頼できる施術者を選んだ上で、身体の状態や施術内容について、事前によく相談してから行う事が大切です。
当院の妊婦さん向けのマッサージ治療は、マッサージの国家資格者が、昔から利用されている安全に配慮した治療法を行っているので、妊娠時期に合わせて、出産の直前まで受けられます。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)背中の痛みとむくみ

背中の痛みの原因として、疲労や緊張による筋肉痛がありますが、更に、筋肉のコワバリから“むくみ”が生じると、それによっても鈍い痛みが続くようになります。

血液やリンパ液の循環悪化で“むくみ”が生じると、筋肉内に老廃物が溜まって、必要な酸素や栄養が不足してくるので、疲れや凝りがどんどん溜まってしまうからです。

運動やストレッチでは、背中のむくみ解消が難しいので、患部をチェックしてもらい、筋肉の柔軟性回復や、血液やリンパ液の循環を改善させる事が必要です。

【 肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛み 】(図)筋肉痛

肩こりや腰痛は、国民病と言われるほど、代表的な筋肉疲労の症状ですが、背中に起きる痛みも、とても身近な辛(つら)い症状の一つです。
例えば、長時間のデスクワークを続けたり、ずっと立ちっぱなしの仕事をしていたりすると、疲労や緊張で、次第に背中の筋肉が凝り固まり、背中の重ダルサが強まる上に、疼(うづ)くようなズキズキとした鈍い痛みや、内側からチクチクとした不快な痛みにも、悩まされてきます。
しかも、このような状態になると、胸の筋肉も張り詰めたようになって、圧迫感から胸苦しくなったり、頭も疲労感が増したりして、持続力や集中力が無くなってきます。

 

この背中の痛みの中で、多くの人が辛い痛みと感じるのが、肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛みです。
これは、肩甲骨が、背中のいろいろな筋肉の“接合点”となっているので、そのどこか一か所の筋肉でも、疲労や緊張が起きると、“接合点”の肩甲骨を安定させる為に、背骨と肩甲骨の間の筋肉が、過度に緊張し、固定させようとするからです
この為、姿勢が悪かったり、同じ動作を続けたり、仕事や運動で不自然な動きを続けていたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉を過度に緊張させてしまい、血流を悪化させ、痛みが出るようになります。

 

更に、肩甲骨が、背中の筋肉の“接合点”になっているので、筋肉どうしの“バランスをとる”為に、どうしても、背骨と肩甲骨の間の筋肉の緊張が強まります。
中でも、腕を上下や前後左右に大きく動かしたり、腕の動作を安定させたりする為には、肩甲骨と腕との密接な協調運動が必要となるので、その負荷が大きくなると、背骨と肩甲骨の間に痛みが起き易くなります。
この為、パソコン操作や、細かい手仕事などを続けていると、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けるので、肩甲骨の内側に痛みが起きます。

【 背中のむくみから、痛みに 】(図)背中のむくみ

背中に痛みを起こす原因として、背中の筋肉疲労と共に、それによる、むくみの影響があります。
背中は上半身の血流の重要ポイントですが、疲労や緊張で背中の血行やリンパ液の流れが停滞すると、疲労物質や老廃物を多く含んだむくみが生じて、神経を刺激するからです
この為、“神経特有”の不快感が生じ、ダルイ、ジッとしていても疼く、疲れ易い、重苦しい、ズキズキ感、凝り感、などが現れます。

 

もともと、背中の筋肉は、日常生活で、あまり動かさない部位なので、普段から身体を動かす機会が少ないと、血液やリンパ液の循環も、それに合わせた状態になっています。
この為、長時間デスクワークをしていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、循環が悪化してしまい、疲れや凝りがどんどん溜まり、筋肉内に酸素の不足や老廃物の蓄積が起きてきます。
この結果、始めの頃は、「運動不足による、背中の張りやダルサ」と思っていたのが、次第に「痛みも加わった」となり、そして「背中の痛みと不快感で、仕事が続けられない」と、症状が悪化します。

 

特に、肩甲骨の回りは、血液やリンパ液の循環悪化が起き易くなっているので、不快な鈍い痛みが起き易くなっています。
肩甲骨が、背中の筋肉の“接合点”になっているので、肩甲骨周囲の筋肉が硬くなると、それだけ、血液やリンパ液の循環が制限されて、むくみが起きて、痛みを引き起こすからです。
また、ストレスや精神的な緊張も、首と肩を支えている筋肉や、肩甲骨周りの筋肉を緊張させるので、これも痛みを引き起こす原因になっています。

【 体調不調や、見た目の悪化にも 】(図)体調悪化

背中にむくみが起きると、老廃物を含んだ余分な水分が体内に溜まるので、背中に腫れぼったさを感じ、背中全体に重ダルサが拡がった感じになります。
更に、背中の痛みや不快感によって、自律神経の働きを乱すので、思考力や集中力を低下させたり、気分を滅入らせたりして、意欲の減退や、イライラなどを、引き起こします。
むくみと言うと、脚や顔のむくみを思い浮かべますが、実際は、疲労や緊張などから背中もむくみ易く、その上、自律神経の働きを乱すので、体調不調を起こす原因にもなります。

 

そして、見た目にも影響します。
背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中の肩甲骨あたりがむくんでくると、背中が太った感じになり、猫背に見えるからです
印象が、疲れ気味に見え、シャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします。

 

しかも、デスクワークが長く、パソコン作業で前かがみの姿勢になる事が多いと、背中の上部が丸まった典型的な猫背になりがちです。
しかし、鏡に映る、前から見た自分の姿は、変化にすぐ気づきますが、後姿はなかなかチェックが行き届きません。
そのままケアを怠ってしまうと、背中に老廃物が溜まり、腰痛・肩こり・ダルサなどの体調不調が慢性化し、更に見た目の印象を悪化させてしまいます。

【 当院の、むくみの解消治療 】(写真)当院の治療

背中の腫れぼったさや痛みに悩まされて、「何とかしよう!」と思っても、自分で解消させるのは困難です。
自分で、背中が直接見えないので、はっきりと「ココ!」と、患部を確かめる事が難しいからです。
また、背中の筋肉は、大きな筋肉で構成されていて、それらの筋肉が周辺の筋肉とつながっているので、背中の不快さに悩まされた時には、既に、背中の広範囲にむくみが生じた状態になっているからです。

 

当院は、マッサージ治療とツボ治療を併用して、疲労や緊張による、背中のむくみを解消させ、体調の改善を行っています。
背中のむくみの解消には、①上半身の筋肉の柔軟性を回復させ、②血液やリンパ液の循環を促す事が必要なので、もともと、筋肉治療が得意なマッサージ治療が、効果的で、即効性があるからです
特に、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっていると、循環を悪化させ、背中がむくむ原因になるので、肩甲骨周辺、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るように、マッサージ治療を行っています。

 

当院では、この為、ツボを利用した治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、背中のむくみ改善にも効果があるからです。
しかも、背中のむくみによって、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの体調不調を伴うので、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、体調不調の解消も期待できます。

 

背中のむくみ解消に、上半身のストレッチやトレーニングなどで負荷をかけると、背中の筋肉は日常生活であまり動かさないので、一時的に循環が良くなっても、後になって、負荷の為に血液やリンパ液の流れを悪くさせ、症状を悪化させる事があります。
当院は、生活環境や加齢などの影響によるコワバリや、深部の凝りや痛みを取り除き、体調を整え、身体の疲労や過緊張を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

浅い呼吸(息苦しい)

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)浅い呼吸

 

デスクワークをしていると、「思考力が低下してボンヤリする」、「何となく頭が重い」、「気持ちがイライラしてくる」などが起きるので、そんな時、思わず、身体を伸ばして深呼吸をしたり、身体を動かしたくなったります。

しかし、呼吸をサポートしている、胸や背中などの筋肉のコワバリが慢性化し、肩や背中・腰などにも、痛みや不快感が続いていると、自分でストレッチや運動をしてみても、一時的な効果に終わります。

呼吸筋と呼ばれる、首の筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉、お腹の筋肉などの、コワバリや疲労をチェックし、これを解消させて、更に、身体の不調を伴っている事が多いので、体調を回復させる事が大切です。

【 浅い呼吸 】(図)浅い呼吸

運動をしていて、息苦しさを感じる事はよくありますが、普段の生活の中でも、息苦しさに気付く事があります。
例えば、「チョッと急ぎ足で歩いたら…」とか、「駅の階段を昇ったら…」や、あるいは、「カラオケで歌っていたら、息が続かなかった」、「息を吸い込んでいるうちに、曲に遅れた」、などです。
そんな時、原因を、「普段、椅子に座っている事が多いから、運動不足のせいかな?」と思ったり、「歳をとって、体力が落ちたかな?」と気になったりします。

 

息苦しさは、運動不足や体力が低下している時に、いつも以上の活動をすると、必要な酸素量が身体に取り込めなくなって起きますが、普段から浅い呼吸になっている場合も、息苦しさを、じわじわと感じてくる事があります。
これは、呼吸が浅くなっていると、呼吸量がわずかなので、呼吸筋の力がほとんど要(い)らずに済みますが、その分、吸う力が弱いので、外気を吸っても、少ししか吸えず、身体に必要な酸素を取り込みにくくなるからです
また、吐く息も弱いので、充分に吐ききれず、肺からの炭酸ガスを多く含んだ息を、再び肺に戻してしまい、余計に息苦しさを増すようになります。

 

例えば、デスクワークや家事で、長時間にわたって背中を丸めた姿勢でいると、肺が圧迫され続け、内蔵も下がるので、呼吸活動の7割近くを担っている横隔膜の動きを制限して、呼吸が浅くなります。
また、仕事や家事で、緊張している時間が多くなると、『緊張で、息を呑(の)む』と言われるように、無意識のうちに身体に力が入り、呼吸が弱まります。
この為、通常の呼吸回数は、1分間に12〜18回程度ですが、呼吸が浅くなると、一回に吸う呼吸量が少ないので、呼吸回数が増えて、20回以上の浅い呼吸になります。

【 体調悪化や、イライラ感に 】(図)体調悪化

ところが、呼吸が浅くなっても、普段、呼吸が乱れる事があまりないので、「息を吸えば、肺は自然に拡がり」、「息を吐くと、自然に肺が縮まる」と、思っています。
しかし、肺に取り込める酸素の量が減ってしまっているので、“息苦しさ”や“酸素不足”を、感じ、何となく呼吸が浅くなっている事を感じます。
そんな時に、脳に新鮮な酸素が届け、脳を活性化させて、リラックスできるように“ため息”が出ますが、しかし、自然に「フ~ッ」と、数回ため息をするだけでは、全身に、新鮮な酸素が行き渡りません。

 

このような状態が続くと、身体が“息切れモード”の状態になり、体調悪化やイライラ感が起きます
この結果、身体に酸素を十分に取り込めなくなるだけでなく、老廃物が溜まるので、顔色が悪くなる、肩こり、腰痛、脚のむくみ、などの体調悪化が起きてきます。
また、身体をコントロールしている自律神経にも影響を与えて、「最近、ダルク疲れる」とか、「休んでも、疲れがとれない」、なども起きてきます。

 

そして、頭痛、イライラ感、気分がスッキリしない、鬱の気分、なども現れます。
これは、たくさんの酸素を必要とする脳が、脳の酸素不足から、その影響を受ける為です。
この為、「思考力が低下してボンヤリする」とか、「何となく頭が重い」などや、反対に、ストレスの元であるイライラした感情が、起き易くなります。

【 呼吸筋が固まって 】(図)呼吸筋

“息苦しさ”や“呼吸がしにくい”などがきになってくると、息を吸い込む時に、困難さを感じるようにもなります。
ノド周辺や、背骨のキワ近くの筋肉が、固まっているように感じるからです。
これは、自律神経の働きが緊張状態になると、身体内部の“呼吸筋”が緊張するだけでなく、身体外部のノド周辺の筋肉(胸鎖乳突筋)の緊張から、ノドにコワバリを感じるからです

 

また、肩こりや背中のこりが慢性化していたり、肩甲骨を動かすとゴリゴリと音がしたりする場合も、この状態が起き易くなります。
肩や背中の凝り感だけでなく、コリによって肺を圧迫して、肺が自然に拡がらなくなるからです。
特に、仕事や対人関係などのストレスが高まると、呼吸の苦しい感じや、胸苦しさが、増すようになります。

 

この為、デスクワークや家事で、長時間にわたって背中を丸めた姿勢でいる事が多く、更に、緊張している時間が多いと、呼吸筋が固まり易くなります。
きちんと深く呼吸する複式呼吸が少なくなり、代わりに、胸呼吸・口呼吸などの浅い呼吸が多くなるからです。
この結果「歌を歌うときに、息を深く吸い込めず、声が出ない」とか、「言われてみれば、呼吸が早く浅くなって、肩こりもひどいし、身体にずっと力が入っていて、疲れが抜けない」、といった状態になります。

【 当院の、呼吸筋の柔軟性回復治療 】(写真)当院の治療

浅くなっている呼吸を改善するには、肺を取り巻く、呼吸筋の肩甲骨周辺や前胸部の柔軟性を回復させ、十分に息を吸ったり、吐いたり、できる事が必要です。
しかし、呼吸の浅い状態が続くと、これらの筋肉がすっかり硬くなって、いろいろな背中の筋肉の伸び縮みを調節している肩甲骨の動きを封じ込めて、ストレッチできる状態でなくなっているのが一般的です
この結果、ストレッチをしてもあまり効果が現れなかったり、また、筋肉の硬さが緩んできても、筋肉内にシコリが残っていると、再び元の状態に戻ってしまったりします。

 

このような、自分でなかなか回復しづらい、背中の肋骨のまわりや胸元の筋肉に対して、当院は、ツボを使用したマッサージで、柔軟性を回復させる治療を行っています。
もともと、マッサージ治療は、筋肉のコリやコワバリを解消させる事を得意としているので、“呼吸筋”の回復にも、十分活用できます。
“呼吸筋”の柔軟性を回復させると、深い呼吸もできるようになるので、息切れ感が無くなるだけでなく、脳に酸素が十分の届くようになるので、頭がスッキリしてくるのが実感できます。

 

特に当院では、身体に現れるツボ(反応点)を利用し、症状の改善を行っています。
これは、呼吸が浅い人の場合、「ヤル気が出ない」、「寝起きが悪い」、「首や肩がよく凝る」、「手や足が冷たい」、「姿勢が悪い」、「息苦しい」、「イライラしてしまう」、などの体調不調も現れているからです。
「病気にはまだなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という状態なので、ツボ(反応点)を利用して、身体のバランスを整えています。

 

呼吸筋の活動を活発にさせ、身体の血行を改善させるには、呼吸筋のマッサージ治療が効果的です。
当院は、こりの解消をはじめ、心身がリラックスできるように、筋肉の柔軟性を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

リンパの、循環改善   

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)リンパの、循環改善

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、リンパ液の流れも弱まるので、むくみだけでなく、身体に老廃物が蓄積されて、いろいろな体調の不調が起きます。

通常なら、むくみは一過性ですが、筋肉の働きが弱まった状態にしていると、むくみによる余分な水分が、血管やリンパ管を圧迫したり、身体に冷えを起こしたりして、むくみや不快症状を悪化させ、“慢性化”してしまいます。

むくみが、なかなか解消されない場合には、リンパ液の流れを促進させるだけでなく、体調不調の改善も行って健康状態を戻し、身体全体の循環を保つ事が大切です。

【 リンパマッサージ、リンパドレナージュ 】(図)リンパドレナージュ

疲労やストレスが続くと、朝起きて鏡で顔を見ると「顔がむくんでいる」とか、夕方になると「脚がパンパンになって、靴が窮屈になる」など、『むくみ』に悩まされる事があります。
このような、むくみを解消させる為に、リンパ液の流れを改善し、健康な身体づくりを目的とした、『リンパマッサージ』の案内を、よく見かけます。
気になるむくみを解消させる事で、冷え性の改善、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康や美容の効果も、あると言われています。

 

また、リンパマッサージとは別に、『リンパドレナージュ』の案内もよく見かけます。
これは、フランス語で言ったもので、日本語に訳すと「リンパ排出法」となり、内容はリンパマッサージと変わりません。
リンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。

 

このように、名称は違っても、どちらも、身体の中に溜まったゴミを“外へ出す”為に、リンパ液の流れを促進させる事を、目的にしています。
これは、リンパ液の流れは、血液を押し出す心臓のように、自前のポンプの力を持たないので、流れる力が非常に弱いからです
この結果、運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、日中は、水分が重力に従って下のほうに溜まるので、脚がむくみ、寝ている間は、余分な水分が顔に溜まり、朝になると顔がむくんだようになります。

【 脚が、むくんでくると 】(図)脚がダルイ

もともと、人の活動によって発生した老廃物や炭酸ガスは、約8~9割は静脈の血液で流され、そして残りの1割程度がリンパ管で吸収されて、心臓に戻ります。
しかし、長時間同じ姿勢だったり、立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりすると、血行が悪くなります。
この結果、静脈血の流れが悪くなると、体内の水分(組織液)が増え、細胞の間に、リンパ液となって、むくむようになります。

 

よくある例が、筋肉が比較的少ない女性や高齢者に起きる、“夕方に起きる、脚のむくみ”です。
運動不足や加齢などで、筋肉の働きが低下し弱まると、脚に溜まったリンパ液を、重力に逆らって、心臓まで戻す事が、十分できなくなる為です。
この状態になると、脚がパンパン状態になるだけでなく、脚の静脈の血液が停滞し、血管内の圧力が上昇するので、脚がダルク感じ、歩くのがしんどくなります

 

また、血液やリンパ液の循環が妨げられ、老廃物や疲労物質など、余分な組織液が貯まってしまうので、腰から下に、だるさや不快感が増します。
更に、下半身の循環が悪くなると、上半身の血液やリンパ液の循環にも影響してきます。
この為、「身体が疲れ易くなる」、「身体がダルクなる」、「肩や背中の凝りが悪化する」、「腰の鈍痛が強まる」、「イライラする」、「鬱(うつ)気分になる」、などが起きてきます。

【 むくみの悪循環 】(図)脚太り

それでも、日常生活で起きるむくみは、ほとんどが、身体の一部だけの一過性のむくみです。
しかし、長時間同じ姿勢だったり、立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりすると、むくみがなかなか解消できなくなり、いつまでも続いたり、状態が悪化したりします。
これは、筋肉の内側や周囲が、硬くコワバッテ、凝り固まった状態になり、血液を心臓に戻す『筋ポンプ作用』が弱まってしまい、静脈血の流れが悪くなり、それに伴って、体内の水分(組織液)が増えてしまう為です。

 

しかも、このような状態になると、今度は、この状態が原因になって、余計に身体に水分を溜めてしまい、悪循環になる事があります
これは、余分な水分が身体に溜まると、循環や排出が正常でも、血管やリンパ管を圧迫するので、筋肉や皮膚の水分の入れ替え(水分代謝)が出来なくなって、水分が溜まってしまうからです。
更に、体内の水分が増えて、身体に『冷え』が起きると、脂肪も冷えてゲル状となって、やはり、リンパの流れを止めるようになるので、水分が溜まって、「いつまでも、むくみがとれない!」という事になります。

 

むくみが気になると、日中の仕事をしている間、水分を摂らないようにする人がいますが、かえって、逆効果になります。
身体の水分不足から、身体が水分を溜め込んでしまうので、かえって、むくみを引き起こしてしまうからです。
また、あまりに水分を摂らないでいると、尿や便などが排出しにくくなって、体内に老廃物や毒素が溜まり易くなり、肌荒れや疲労感を引き起こす原因にもなります。

【 当院の、リンパ液の循環改善治療 】(写真)当院の治療

当院では、リンパ液の循環改善に、東洋医療の治療法を取り入れた、マッサージ治療を行っています。
これは、リンパ液の循環が悪くなると、むくみの問題だけでなく、疲れ易くなったり、肩こり、頭痛、腰痛、ダルサなど、体調不調が起き易くなったりするからです。
この為、むくみが起きる、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出す為に、触診にウエイトを置いて、治療を行っています

 

例えば、デスクワークによる脚のむくみの場合、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用の低下が考えられるので、ふくらはぎの筋肉を触診し、コワバリやシコリがある箇所を確認し、解消させる事が必要になります。
また、デスクワークをしていると、お尻や太ももが常に押しつぶされて、血行がさえぎられる状態になるので、股関節やお尻のコワバリ部分を確認し、解消させて、血液やリンパ液の流れを改善しています。
更に、下半身の関節を曲げて座っているので、鼠蹊(そけい)部、膝裏、足首などの、関節付近の筋肉を十分に伸ばして、ストレッチも行っています。

 

中でも、鼠蹊部や膝裏のリンパ節付近の、チェックと、筋肉の柔軟性回復を、重要視しています。
リンパ管は、リンパ節に向かって集まる構造になっているので、デスクワークで鼠蹊部や膝の関節を曲げていると、リンパ節が圧迫されてリンパ液の流れが滞る原因になるからです。
この為、当院では、身体に現れる反応点(ツボ)を利用して、リンパ液の循環改善治療を行っています。
これらの後に、脚に溜まったリンパ液を押し上げるようなマッサージ治療で、むくみの改善を行っています。

 

血行や筋肉の状態の確認や回復には、昔からの蓄積された経験と最近の手技療法を取り入れた、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
当院は、マッサージの手法を利用して、身体の柔軟性を回復させ、血流の停滞による循環を改善し、身体や心の不調を和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

身体がだるくて、だるい…

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)身体がだるくて、だるい

「激しい運動をしたわけではないのに、身体がだるい…」とか、「休養しても、だるい…」と感じていると、気力の低下や倦怠感だけでなく、他にも様々な症状に悩まされます。

例えば、疲れ易い、睡眠を取っても疲れが取れない、身体が重い、身体に力が入らない、体調がすぐれない、動くのが億劫、何事にもやる気が起きない、などです。

この為、身体を休めて疲労や緊張を解消させるだけでなく、身体のバランスを整え、体調を保つ働きを回復させて、元の健康状態に戻す事が大事です。

【 身体からの警告 】(図)疲労

中高年以降になると、次第に身体の回復力が低下してくる上に、仕事や家庭の責任や期待が大きくなるので、ストレスや疲労が長期間に及んだり、あるいは、度を越す事が続いたりします。
このような状態の時に、若い時のように、「疲れは、いつの間にか、自然に消えていくもの…」と思って、日々の疲れをそのままにしていると、次第に「身体が、だるい…」という状態になります。
しかも、体調が、「朝の寝起きが悪い」、「気分がシャキッとしない」、「どことなく身体に違和感がある」、「胃がもたれる」、「食欲がわかない」、などが起きてきます。

 

更に、「仕事や生活の面でも、少し動いただけでも疲れを感じる」、「身体が重く感じる」、「物事を思い出しにくい」、「ヤル気が起きない」など、いろいろ支障が出るようになります。
これは、疲労に対する回復力が低下し、疲れが身体に蓄積されてくると、体調を保っている自律神経の働きが限度を超えて、体調を保つ事ができなくなるからです。
「身体が、だるい…」と感じるのは、病気にはなっていませんが、身体のバランスが崩れかかっている時と、言えます。

 

このように、身体が元気で健康的ならば、多少の疲労やストレスがあっても、身体がそれらを克服して、身体の調子を保ちますが、身体の回復力が追い付かなくなると、全身の倦怠感が強くなって、「身体が、だるい…」と、感じるようになります。
言ってみれば、「身体が、だるい…」と感じるのは、無意識のうちに、身体から発したシグナルです。
心身が疲れていたにもかかわらず、それを『我慢したり』『無視したり』した結果、現れた症状です。

【 いつも同じ部分の脳細胞が 】(図)脳の疲労

現在は、以前と違って、「身体が、だるい…」という症状が起き易くなっています。
仕事の効率を上げる為に、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日になっているので、ジッとしたまま、身体を動かす事が極端に少なくなり、身体の循環が悪化し易くなっているからです。
しかも、“仕事の効率”や“時間の管理”を強く求められるので、精神的に緊張した状態が続き、気付かないうちに疲労感が溜まるようになります。

 

また、この事は、脳にとっても、異常な疲労が起き易くなっています。
PCやモバイルなどを一日中使用しているので、いつも同じ脳細胞の部分に、疲労の限界まで、途切れずに、繰り返し、負荷がかかり続けるようになるからです
脳にとってみると、脳全体を使って、ぼんやりと考えたり、深く考えたりする事が無くなり、いつも同じ脳細胞の部分で、情報を瞬間的に選択する事だけになるので、その部分の脳がヘトヘトに疲れるようになります。

 

更に、PCやモバイルなどを使用していると、「疲れた」という感覚がハッキリと自覚しづらくなって、疲労を過少評価してしまいます。
いわゆる、テクノストレスと呼ばれる症状の一つで、PCやモバイルでの作業に集中するあまり、テンションが高まると、身体や脳の疲労が、自覚できなくなってくるからです。
脳の緊張が緩まずに、緊張したままになるので、体調を保っている自律神経にとって限界に近い状態が続くので、「身体が、だるい…」と感じるようになった時には、体調の様々な不調も起きています。

【 疲労感や倦怠感の解消には? 】(図)不眠

通常、疲労の解消には、充分な睡眠(休養)、バランスの良い食事、軽めの運動、などが勧められています。
しかし、あまりに、疲労による緊張感が続いたり、気持ちがリフレッシュできなくなったりすると、解消が困難になります。
強いストレスを受け続けると、脳の処理が増大してしまい、反対に、リラックスする脳(自律神経)の力が失われてしまうからです

 

例えば、緊張の続いた仕事を続いてしまうと、今度は、終わった後になっても、神経の疲れが続いてしまい、夜になってもリラックスできず、眠れなくなる事がよくあるのも、この為です。
しかも、休養や睡眠を取ったり、栄養を補給したりしても、簡単に回復する事が困難になり、日々の疲労が解消できなくなります。
この結果、「充分に休養しても疲れが取れない」、「元の元気な状態に回復しない」、あるいは、「たいした運動もしてないのにすぐ疲れる」、「疲れやすい」など、慢性的に疲れを感じる状態になります。

 

更に、リラックスする脳(自律神経)の力が失われた状態になっているので、様々な体調の不調も起き、それによっても、「身体が、だるい…」という症状を強めます。
頭痛、肩こり、慢性的な腰の痛み、冷え、眠れない、下痢・便秘、などの症状も伴なうからです。
こんな時に、「運動でリフレッシュしよう!」とすると、リラックスする脳(自律神経)の力が失われているにも関わらず、更に大きな負担をかけてしまう事になり、かえって、後で不快感が強まる原因になります。

【 当院の、ツボ刺激による体調回復治療 】(写真)当院の治療

当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、「身体が、だるい…」といったような症状に対する、回復治療を行っています。
これは、本人が、「実際に、身体のどこが疲れているのか?」が分かっていなかったり、リラックス感が意識できるような“メリハリ”を付けたリラックス法がとれていなかったり、しているからです。
この為、当院では、身体の異常を知らせる『反応点』としての、①ツボの確認と、その確認したツボを利用した、②体調回復治療に、ウエイトを置いた治療を行っています。

 

もともと、「身体が、だるい…」といった症状が起きるのは、本人が、疲れを自覚しにくい状況に置かれていたり、体質的に疲れを感じにくかったりして、疲れを溜め込んだ為です。
この為、当院は、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出す為に、問診と触診、それと患者の納得感を重視して、診察しています。
ツボ反応が現れるのは、体調の変化が起こった時なので、本人が自覚されない『隠れ疲労』や、疲労の程度を調べるのに、極めて有効です。

 

この後、病状の改善に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、リラックスする脳(自律神経)の力が失われている場合には、脳にしっかりと、「緊張感」から「解放感」への変化を、意図的に仕掛けて、緊張モードからリラックスモードへと、切り替えるような方法が必要になるからです。
ツボに心地よい刺激を身体に受けると、その感覚が脳へ伝わり、脳⇒自律神経⇒内臓・器官へと、身体の調整機能が働いて、緊張している脳を回復させ、体調を回復させる効果があります。
しかも、安心して受けられ、副作用もありません。

 

「身体が、だるい…」場合には、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、体調を回復させる事も重要です。
当院は、身体の状況にあわせて、刺激量を調節し、身体のバランスを整え、疲労や緊張の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

頭が重い・・・、

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)頭が重い

「頭が重い…」といった状態は、風邪を引いて熱が上がった時などに、よく経験しますが、これといった心当たりが無いのに、「頭が重い…」と感じる事があります。

例えば、体調はいつも通りなのに、「頭がボーッとした状態になって、何も考えられない」とか、「頭が痛いわけじゃないけれど、スッキリしない」、「頭の奥がジーンとして、働かない」、「頭がぼんやりする」、などです。

しかも、だるい、肩がこる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などの症状を伴う事が多いので、ツボ治療を併用した血行の改善や、身体の状態を確認して体調を回復させる事が大切です。

【 頭痛の一種 】(図)頭痛

仕事をこなすビジネスマンやビジネスウーマンにとって、頭がスッキリと働く事は、仕事をこなす必須条件ですし、“仕事運”を運んでくれる重要なカナメです。
例えば、頭がスッキリとしていれば、必要な事と不要な事をキチンと分けられ、「何から、手をつけるべきか!」も、頭の中でクリアーに整理されるので、仕事にムダがなく、ミスや見落としもなく短時間で仕上げられます。
ところが反対に、頭が重い状態だと、仕事の内容や進め方のイメージがなかなか湧かなかったり、頭がモヤモヤしたまま堂々巡りとなったりして、仕事の効率が悪くなり、しかも、何とか仕事を仕上げても、イマイチという結果になりかねません。

 

しかも、“うっとうしい”感じが強まるので、仕事のヤル気やモチベーションが下がるだけでなく、友人や家庭にも、自分らしい行動ができなくなったりしてしまいます。
これは、脳の働きが弱まるので、集中力がなくなったり、頭が一杯になって物忘れが多くなったり、するからです。
更に、脳の自律神経の働きに影響が及ぶと、めまいや耳鳴りも、してくる事もあります。

 

この「頭が重い…」という症状は、“頭痛の一種”と考えられています。
心身が疲労して、背中のコワバリや、首スジから肩にかけての疲労感に悩まされてくると、脳への血行が悪くなり、脳の働きが低下して、脳神経が過度に疲労するので、「頭が重い…」という症状が強まるからです
この為、「頭が重い…」という時には、脳の働きが弱まっているので、深く考えて取り組まなければ行けない仕事があると、「頭が重い…」だけでなく、仕事がキツク感じられます。

【 日常生活での原因として 】(図)憂鬱

「頭が重い…」という症状が、日常生活で起きる代表的な原因として、『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』があります。
この状態になると、身体に疲労感が生じ、首筋や肩の筋肉が緊張し、こりや痛みと共に、首の疲労感が強まり、「頭が重い…」という症状が起き易くなるからです
更に、頭の中の脳の疲労も、回復しきれない状態になるので、感覚的に「頭が重い…」とか、「すっきりしない」といった状態になります。

 

更に、『緊張型頭痛』や『慢性頭痛』の状態になると、尚更です。
肉体的または精神的なストレスによって、頭や首すじの周囲の筋肉が強く収縮するので、頭が締め付けられるようなジワーッとした痛みや、圧迫感を引き起こすからです。
これらの頭痛は一日中続き、しかも慢性化して、何日も続く事も多いので、それに伴って「頭が重い…」という不快症状が、ずうっと続くようになります。

 

また、ストレスや疲労感から『憂鬱感』も、「頭が重い…」という症状を引き起こします。
『憂鬱感』は、これといって特定できない不調として現れるので、頭部の血管も収縮したまま、解消しづらくなり、ぼんやりして頭が冴えないような状態になるからです。
例えば、「朝起きるのがつらい」、「仕事や勉強をやる気がおきない」などの、いわゆる無気力状態にあると、「頭が重い…」と感じてきます。

【 どんな対策が…? 】(図)薬物乱用頭痛

「頭が重い…」状態が起きても、休む事で回復できれば、一時的な症状として済ませられます。
しかし、「休んでも疲れがとれない」、「いつまでも続く」という場合には、対処が必要です。
頭部の血管の収縮したまま、休んでも、解消しづらくなっているからです。

 

しかも、「頭が重い…」という症状で困るのは、この状態を解消させる治療薬が、見当たらない事です。
頭が“痛い”状態ならば、頭痛の症状やタイプをチェックして、痛みに合った鎮痛薬を選べますが、この「頭が重い…」場合は、重く感じる頭を軽くさせるのに、どのような薬を選べばよいのか、判断がつきません。
また、「頭が重い…」という症状が、“頭痛の一種”という事から、頭痛薬を症状が起きるたびに服用すると、薬の副作用で、症状を更に悪化させてしまう危険性があります。

 

この為、特に疾患が無く、日常生活で「頭が重い…」状態が起きている場合には、首や肩の筋肉の疲労や緊張を解消させて、頭への血行を改善させる方法が、勧められています
症状を引き起こす大きな原因が、首の土台になっている肩や背中の疲労から、首筋や後頭部の筋肉が異常に緊張すると、脳へ送られる血行が滞り、必要とされる脳の酸素が不足して、脳神経が過度に疲労するからです。
運動によって、「身体中の血を駆け巡らしたら・・・?」と思いますが、運動をすると、緊張している神経を余計に高めてしまい、その上、血行の悪い部分に疲労物質や痛みを起こす物質が停滞するので、ますます悪化させてしまいます。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「頭が重い…」という症状改善に、脳への血行不良を改善させる治療だけでなく、触診にウエイトを置き、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出す治療を行っています
これは、「頭が重い…」と感じる時には、身体のどこかに、だるい、肩がこる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などを伴っているからです。
これらがあると、神経が過敏になってストレスに反応し易くなり、いつまでも脳の血行不良が続いてしまうので、身体に現れるツボ(反応点)を確認して、ツボ治療をする事が重要になります。

 

ツボ治療で、ポイントになる箇所は、首の後ろの上部で、昔から『ぼんのくぼ』と言われるあたりです。
「頭が重い…」という症状の“震源地”になっていて、筋肉疲労や神経過敏が現れ易い箇所です。
このあたりの凝りを、ツボ治療でほぐすと、血流量が増え、緊張感や重圧感が減少し、「頭が重い…」と感じていたのが軽くなるだけでなく、症状を解消させる即効性も期待できます。

 

しかし、中には、首や肩の筋肉に、不快感や凝った感覚が無い人もいます。
このような場合、「頭が重い…」という症状が強まって、凝りの感覚が薄れていたり、首や肩の不快感に慣れてしまったり、している事があります。
しかし、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)が現れるので、当院の、解剖学と経絡経穴学をベースとした検査を受けて、身体の状態を確認して下さい。

 

首や肩や背中が、ひどく凝っている場合は、薬物治療やセルフストレッチより、疲労や緊張の解消を得意としている、マッサージ治療がオススメです。
当院は、首や肩の筋の緊張をゆるめ、血管やリンパなどの循環改善、神経機能の回復により、頭重感の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】