本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

浅い呼吸(息苦しい)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)浅い呼吸

 

導入文

ジッとデスクワークをしていると、頭や身体の疲労から、「頭がボーッとする」、「思考力が低下する」、「妙に気持ちが苛立つ」などが起きてくるので、思わず、身体を伸ばして深呼吸をしたくなったり、身体を動かしてリフレッシュしたくなったりします。

しかし、胸や背中などに、コワバリが強まっていたり、痛みや不快感があったりするので、頭や身体の疲労が解消されず、頭や身体がドンヨリとした状態が続くようになります。

この状態が続くと、体調を更に悪化させてしまうので、首の筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉、お腹の筋肉、などの疲労やコワバリをチェックして、浅い呼吸(息苦しい)の原因になっている筋肉を回復させ、体調を戻す事が大切です。

【 浅い呼吸 】(図)浅い呼吸

デスクワークや家事などをしているうちに、息苦しい感じになったり、「ダルイ」、「疲れを感じる」などの身体の不調を感じたりする事があります。
これは、姿勢が悪化したり、ストレスや緊張が続いたりすると、背中や胸の呼吸筋の動きが制限されて、呼吸が浅くなるからです
通常の呼吸回数は、だいたい1分間に12〜18回程度ですが、これらの原因で小さな呼吸となると、その分、呼吸の回数が増えるので、知らず知らずのうちに、1分間に20回以上の、弱く浅い呼吸に変わってきます。

 

姿勢の悪化で、呼吸を浅くさせてしまう例で、よくあるのが、デスクワークや家事などで、背中を丸めた姿勢を長時間にわたって行っている場合で、この状態になると、肺が圧迫され続けて、内蔵も下がるので、呼吸活動の7割近くを担っている横隔膜の動きを、制限してしまい、呼吸を浅くさせてしまうからです。
また、ストレスや緊張が原因になって、呼吸を浅くさせてしまう例で、よくあるのが、何かに没頭していたり、緊張していたりする場合で、この状態になると、『緊張で、息を呑(の)む』と言われるように、無意識のうちに身体に力が入るので、呼吸筋の働きにもブレーキがかかって、呼吸を浅くさせてしまうからです。
昔のように、田畑を耕したり、肩に担いだりしていた時代には、腹式呼吸をしなければいけませんでしたが、現代は肉体労働が少なくなり、胸の上部だけの呼吸(胸式呼吸)で済むようになったので、姿勢が悪化したりストレスや緊張が続いたりすると、上半身が影響を受けて、呼吸が浅くなってしまいます。

 

呼吸が浅くなると、吸う力が弱くなるので、外気を吸っても、少ししか吸えなくなり、身体に必要な酸素を取り込みにくくなります。
また、吐く息も弱いので、肺からの炭酸ガスを多く含んだ息を充分に吐ききれず、再び肺に戻してしまうので、息苦しさが余計に増すようになります。
特に、脳の神経細胞は、普通の筋肉細胞に比べて、約20倍の酸素を摂取しなければならないので、脳が酸素不足の状態になると、頭の判断力・持続力・集中力などが、ひどく低下するので、それまでのデスクワークや家事などが、続けられなくなってしまいます。

【 体調悪化や、イライラ感に 】(図)体調悪化

浅い呼吸の状態が続くと、身体に酸素を十分に取り込めなくなって、老廃物が溜まるので、身体に悪影響を与えて、顔色が悪くなる、肩こり、腰痛、脚のむくみ、などが起きます。
また、身体が“息切れモード”の状態になると、身体をコントロールしている自律神経にも影響を与えて、緊張を高める交感神経が高まって、体調悪化やイライラ感が起きます。
この結果、「最近、ダルク疲れる」とか、「休んでも、疲れがとれない」、「寝ていて、途中で目が覚める」、「冷えを感じ易くなる」、などが起きます。

 

これらが起きるのは、脳が活動するには、たくさんの酸素を必要とするので、呼吸が浅くなって、脳に酸素が不足してくると、体調を保つ働きが不安定になるからです。
また、自律神経の働きは、呼吸と深く関係しあっているので、浅い呼吸になってしまうと、脳や自律神経に影響を及ぼし、ストレスをますます増幅させてしまいます
この為、特徴的な事として、「思考力が低下してボンヤリする」とか、「何となく頭が重い」などや、反対に、ストレスの元であるイライラした感情が、起き易くなります。

 

このような体調の不調から、“息をする力”が弱って、呼吸が浅くなっている事に気付いても、呼吸困難のように呼吸が乱れる事がないので、「息を吸えば、肺は自然に拡がり」、「息を吐くと、肺が自然に縮まる」と、思いがちです。
しかし、肺に取り込める酸素の量が減ってしまっているので、「息がつまる感じ」、「胸が圧迫される」、「空気が欲しい」、「呼吸が重い」、「努力しないと呼吸ができない」、「十分に息を吐けない」、などを感じます。
そんな時に、無意識に、“ため息”や“アクビ”が出ますが、しかし、それだけでは、脳や身体に、新鮮な酸素が行き渡りません。

【 呼吸筋のコワバリ 】(図)呼吸筋

デスクワークや家事などで、浅い呼吸となってくるのは、首の筋肉、背中の筋肉、胸の筋肉、お腹の筋肉、などが疲労や緊張して、“息をする力”が弱ってくる事が大きく影響しています。
また、ノド周辺の筋肉(胸鎖乳突筋)は、昔から格言で『借金で、首が回らない』と言われているように、精神的に緊張すると、ノド周辺の筋肉のコワバリが強まる特徴があります。
この為、デスクワークをしていて、緊張が続いたり、ストレスを感じていたりすると、気付かないうちにノド周辺の筋肉が硬くなって、肩コリや首コリを起こし、呼吸が弱く、浅くなります。

 

しかも、肩コリや背中のコリが、慢性化していたり、肩甲骨を動かすとゴリゴリと音がする状態になっていたりすると、それによって、絶えず呼吸が浅い状態になってしまいます。
普段、何気なく行われている呼吸は、肺が自らの力で膨らんだり縮んだりするのではなく、周りにある筋肉の活動よって行われているからです。
ところが、肋骨周りの筋肉に、慢性的なコリができてしまうと、気付かないうちに、呼吸筋が動きづらくなる上に、肺やお腹の横隔膜が自然に拡がらなくなって、呼吸を浅くさせてしまいます。

 

浅くなった呼吸を改善するには、“息をする力”が、疲労や緊張で弱っているので、肺を取り巻く、呼吸筋の肩甲骨周辺や前胸部の柔軟性を回復させて、十分に息を吸ったり吐いたりする事が、できるようにする事です
しかし、首・肩・背中の筋肉は、自分ではほぐしにくい上に、呼吸の浅い状態が続くと、これらの筋肉がすっかり硬くなっているのが、一般的です。
この結果、ストレッチをしてもあまり効果が現れなかったり、あるいは、ストレッチで筋肉が緩んできても、筋肉内部のシコリが解消しきれない為に、元のコワバリ状態に再び戻ったり、してしまいます。

【 当院の、呼吸筋の回復治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような背中の肋骨のまわりや胸元の筋肉に対して、ツボを使用したマッサージ治療で、浅い呼吸(息苦しい)の原因になっている筋肉を回復させ、体調改善を行っています。
もともと、マッサージ治療が、筋肉のコリやコワバリを解消させる事を得意としているので、“呼吸筋”の回復にも、十分活用できるからです
“呼吸筋”の柔軟性が回復してくると、息苦しい感じが無くなるだけでなく、深い呼吸もできるようになって、脳に酸素が十分の届くようになるので、頭がスッキリしてくるのが実感できます。

 

また、当院ではマッサージ治療に、身体に現れるツボ(反応点)を利用し、呼吸筋のコワバリやこりの解消を行っています。
これは、ツボが「反応点」として身体の異常を知らせる箇所であり、「治療点」として症状を改善する箇所でもあるので、呼吸筋のコワバリやこりの解消に、有効な治療法になるからです。
ツボ反応を利用する事で、神経の興奮を抑制し、呼吸筋の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを促進させる効果があります。

 

更に、呼吸筋が硬くなっていると、「首や肩がよく凝る」、「手や足が冷たい」、「姿勢が悪い」、「息苦しい」、「イライラしてしまう」、などの体調不調も現れるので、ツボを使用したマッサージ治療により、体調の改善にも効果があります。
東洋医療は、病気になる前に身体を整えて健康状態に戻す事に特徴があるので、呼吸が浅くなる事で、「病気にはまだなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった症状の改善に、適しているからです。
“息をする力”が弱って、呼吸が浅くなっている場合には、呼吸筋の働きを回復させて、①自然と酸素が身体に入ってくるようにする事と、②体調を改善させる事が、大切です。

 

自分でなかなか回復しづらい呼吸筋に対して、活動を活発にさせ、身体の血行を改善させるには、昔から筋肉や血行の改善を行っているマッサージ治療が効果的です。
当院は、コリの解消をはじめ、心身がリラックスできるように、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉の柔軟性を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

リンパの、循環改善(東洋医療による、むくみ解消)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)リンパの、循環改善

 

導入文

運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、リンパ液の流れも弱まるので、顔がむくんでまぶたが腫れぼったくなったり、二の腕や手がむくんで指輪がきつくなったり、下半身がむくんで靴がきつくなったりします。

むくみは、通常なら一過性ですが、仕事や家事に追われて、筋肉の働きが弱まった状態にしていると、むくみによる余分な水分が溜まって、血管やリンパ管を圧迫し続けたり、老廃物が蓄積したりするので、身体に冷えや不快な症状を起こし、慢性化させてしまいます。

このような場合には、血液やリンパ液の流れを促進させるだけでなく、体調を回復させる事も必要になってくるので、これらを昔から専門に行っている東洋医療系のマッサージ治療で、身体全体の循環を改善させ、健康状態を戻す事が大切です。

【 リンパマッサージ、リンパドレナージュ 】(図)リンパマッサージ

疲労やストレスが続くと、朝起きて鏡で顔を見ると「顔がむくんでいる」とか、夕方になると「脚がパンパンになって、靴が窮屈になる」など、『むくみ』に悩まされる事があります。
このような、むくみを解消させる為に、リンパ液の流れを改善し、健康な身体づくりを目的とした、『リンパマッサージ』の案内を、よく見かけます。
気になるむくみを解消させる事で、冷え性の改善、セルライトの除去、更に、美肌やダイエット効果など、多岐にわたる健康や美容の効果も、あると言われています。

 

また、リンパマッサージとは別に、『リンパドレナージュ』の案内もよく見かけます。
これは、フランス語で言ったもので、日本語に訳すと「リンパ排出法」となり、内容はリンパマッサージと変わりません。
リンパマッサージと同じように、リンパ液の循環と老廃物の排泄を促し、全身の機能のバランスを整え、免疫力、自己治癒力を高める事を目的としています。

 

このように、名称は違っても、どちらも、身体の中に溜まったゴミを“外へ出す”為に、リンパ液の流れを促進させる事を、目的にしています
これは、リンパ液の流れは、血液を押し出す心臓のように、自前のポンプの力を持たないので、流れる力が非常に弱いからです。
この結果、運動不足や加齢などで筋肉の働きが弱まると、日中は、水分が重力に従って下のほうに溜まるので、脚がむくみ、寝ている間は、余分な水分が顔に溜まり、朝になると顔がむくんだようになります。

【 むくみの原因 】(図)脚の、むくみ

もともと、人の活動によって発生した老廃物や炭酸ガスは、約8~9割は静脈の血液で流され、そして残りの1割程度がリンパ管で吸収されて、心臓に戻ります。
ところが、デスクワークなどで長時間同じ姿勢だったり、販売や営業で立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりすると、血行が悪くなります
この結果、静脈血の流れが悪くなると、体内の水分(組織液)が増え、細胞の間に、リンパ液となって、むくむようになります。

 

よくある例が、筋肉が比較的少ない女性や高齢者に起きる、“夕方に起きる、脚のむくみ”です。
運動不足や加齢などで、筋肉の働きが低下し弱まると、脚に溜まったリンパ液を、重力に逆らって、心臓まで戻す事が、十分できなくなる為です。
この状態になると、脚がパンパン状態になるだけでなく、脚の静脈の血液が停滞し、血管内の圧力が上昇するので、脚がダルク感じ、歩くのがしんどくなります。

 

むくみが気になると、予防や現状を維持する為に、日中の仕事をしている間、水分を摂らないようにする人がいますが、これは、かえって逆効果になります。
身体の水分不足から、身体が水分を溜め込んでしまうので、かえって、むくみを引き起こしてしまうからです。
また、あまりに水分を摂らないでいると、尿や便などが排出しにくくなって、体内に老廃物や毒素が溜まり易くなり、肌荒れや疲労感を引き起こす原因にもなります。

【 むくみの悪循環 】(図)むくみの悪循環

それでも、日常生活で起きるむくみの場合、ほとんどが、身体の一部だけの、一過性のむくみです。
しかし、デスクワークなどで長時間同じ姿勢だったり、販売や営業などで立ち仕事をしていたり、精神的なストレスが続いたりしていると、むくみがなかなか解消できなくなって、むくみがいつまでも続いたり、状態が悪化したりします。
これは、筋肉の内側や周囲が、硬くコワバッテ、凝り固まった状態になり、血液を心臓に戻す『筋ポンプ作用』が弱まってしまい、静脈血の流れが悪くなり、それに伴って、体内の水分(組織液)が増えてしまう為です

 

しかも、このような状態になると、今度は、この状態が原因になって、余計に身体に水分を溜めてしまい、悪循環になる事があります。
これは、余分な水分が身体に溜まると、循環や排出が正常でも、血管やリンパ管を圧迫するので、筋肉や皮膚の水分の入れ替え(水分代謝)が出来なくなって、水分が溜まってしまうからです。
更に、体内の水分が増えて、身体に『冷え』が起きると、脂肪も冷えてゲル状となって、やはり、リンパの流れを止めるようになるので、水分が溜まって、「いつまでも、むくみがとれない!」という事になります。

 

また、血液やリンパ液の循環が妨げられ、老廃物や疲労物質など、余分な組織液が貯まって、脚のむくみが慢性化するのに伴い、腰から下に、だるさや不快感が増してきます
しかも、下半身の循環が悪くなると、上半身の血液やリンパ液の循環にも、影響が及びます。
この為、「身体が疲れ易くなる」、「身体がダルクなる」、「肩や背中の凝りが悪化する」、「腰の鈍痛が強まる」、「イライラする」、「鬱(うつ)気分になる」、などが起きてきます。

【 当院の、リンパ液の循環改善治療 】(写真)当院の治療

当院では、リンパ液の循環改善に、東洋医療の治療法を取り入れた、マッサージ治療を行っています。
これは、リンパ液の循環が悪くなると、むくみの問題だけでなく、疲れ易くなったり、肩こり、頭痛、腰痛、ダルサなど、体調不調が起き易くなったりするからです
触診にウエイトを置いて、むくみが起きる、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出し、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを良くする為の治療を行っています。

 

例えば、デスクワークによる脚のむくみの場合、筋肉の働きが弱って、ふくらはぎの筋肉のポンプ作用の低下が考えられるので、ふくらはぎの筋肉を触診し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させる事が必要です。
また、座り仕事をしていると、お尻や太ももの血管が絶えず圧迫されて、血行がさえぎられた状態になるので、股関節やお尻のコワバリやシコリを確認して、血液やリンパ液の流れを改善する事も必要です。
更に、下半身の関節を曲げて座っているので、鼠蹊(そけい)部、膝裏、足首などの、関節付近の筋肉を十分に伸ばして、通過しにくくなっている血行を回復させる事も必要です。

 

中でも当院は、リンパ液の循環改善の為に、鼠蹊部や膝裏のリンパ節付近のチェックと、筋肉の柔軟性回復にウエイトを置いて、治療を行っています。
リンパ管は、リンパ節に向かって集まる構造になっているので、デスクワークで鼠蹊部や膝の関節を曲げていると、リンパ節が圧迫されてリンパ液の流れが滞る原因になるからです。
この為、身体に現れる、東洋医療の反応点(ツボ)を利用して、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、リンパ液の循環改善治療を行っています。
これらの後に、脚に溜まったリンパ液を押し上げるようなマッサージ治療で、むくみの改善を行っています。

 

血行や筋肉の状態の確認や回復には、昔からの蓄積された経験と最近の手技療法を取り入れた、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
当院は、マッサージの手法を利用して、身体の柔軟性を回復させ、血流の停滞による循環を改善し、身体や心の不調を和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

身体がだるくて、だるい…

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)身体がだるくて、だるい…

 

導入文

「身体が疲れ易い」、「睡眠を取っても疲れが取れない」、「身体が重い」、「体調がすぐれない」、「動くのが億劫」、「やる気が起きない」などの、「身体が、だるい…」といった症状は、疲労やストレスなどが続いたり、我慢できる範囲を超えたりすると、起きてきます。

疲労やストレスなどで、体調を一定に保つ働きがオーバーワークになると、身体の調節機能が崩れて、「病気にはまだなっていないけれども、身体の調子が良くない」、となってしまう為です。

なかなか体調が回復しない場合には、身体の不調箇所を確認し、体調を保つ働きを回復させる事が必要なので、このような状態を『未病と』呼んで、崩れかかった身体のバランスを整える事を専門にしてきた東洋医療が、現代でも効果的な治療法になっています。

【 PCやモバイルなどの、脳疲労 】(図)PCやモバイルなどによる、脳疲労

現在は、以前と違って、「身体が、だるい…」という症状が起き易くなっています。
これは、仕事の効率を上げる為に、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日になっているので、身体を動かす事が極端に少なくなって、ジッとしたままになるので、身体の循環が低下するからです。
しかも、“仕事の効率”や“時間の管理”を強く求められるので、精神的に緊張した状態が続いて、気付かないうちに疲労感が蓄積されてきます。

 

しかも、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日が続くので、脳にとって、今迄経験した事が無いような、異常な疲労が起き易くなります。
一日中、PCやモバイルなどを使用しているので、いつも同じ脳細胞の部分に繰り返し、疲労の限界まで途切れずに、負荷がかかり続けるからです
これにより、脳全体を使って、ぼんやりと考えたり、深く考えたりする事が無くなり、いつも同じ脳細胞の部分だけで、瞬間的に情報を選択し、判断し続けるので、その部分の脳がヘトヘトに疲れるようになります。

 

更に、PCやモバイルなどを使用していると、PCやモバイルでの作業に集中するあまり、テンションが高まって、疲労を感じづらくなります。
インターネットの世界に没頭し過ぎる事で、「疲れた」という感覚がハッキリと自覚しづらくなって、身体や脳の疲労が、自覚できなくなってくるからです。
この結果、脳の緊張が緩まずに、緊張したままになるので、体調を保っている自律神経がオーバーワークになって、限界近くになり、「身体が、だるい…」と気付いた時には、身体の調節機能が崩れて、様々な体調不調が起き始めた状態になっています。

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

また、身体の新陳代謝が盛んな若い頃と違って、中高年以降になると、身体の回復力が低下してくる上に、精神的にも、仕事や家庭の責任や期待が高まるので、これによって、身体の疲労がいつまでも残ったり、ストレス感が強まったりします。
しかも、以前のように、「疲れは、いつの間にか、自然に消えていくもの…」と思って、日々の疲れをそのままにしていると、ますます、「いつも、身体がだるい…」という状態になってしまいます。
この結果、仕事をしている時や、家事をしている時にも、「少し動いただけでも疲れを感じる」、「身体が重く感じる」、「物事を思い出しにくい」、「ヤル気が起きない」など、いろいろ支障が出てくるようになります。

 

これに伴って、「朝の寝起きが悪い」、「気分がシャキッとしない」、「どことなく身体に違和感がある」、「胃がもたれる」、「食欲がわかない」、なども起きてきます。
これは、疲労に対する回復力が低下し、疲れが身体に蓄積されてくると、体調を保っている自律神経の働きが限度を超えて、体調を保つ事ができなくなるからです。
身体が元気で健康的ならば、多少の疲労やストレスがあっても、身体がそれらを克服して、身体の調子を保てますが、身体の回復力が追い付かなくなり、倦怠感が強くなった症状です。

 

このように、「身体が、だるい…」と感じるのは、病気にはなっていなくても、身体のバランスが崩れかかった為に、身体に不調を感じている状態です
あるいは、心身が疲れていたにもかかわらず、それを『我慢したり』『無視したり』した結果、現れた症状です。
言ってみれば、無意識のうちに身体から発した、「身体のバランスが崩れかかっている」という“警告信号”です。

【 強いストレスを受け続けると 】(図)眠れない

疲労の解消には、充分な睡眠(休養)、バランスの良い食事、軽めの運動などが、一般的に勧められています。
しかし、あまりに、疲労による緊張感が続いたり、気持ちがリフレッシュできなくなったりすると、解消が困難になります。
強いストレスを受け続けると、脳の処理が増大してしまい、反対に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われてしまうからです。

 

例えば、疲労や緊張の続いた仕事を続くと、仕事を終えた後になっても、夜になってもリラックスできずに、眠れなくなってしまうのも、疲労や緊張が続いた為に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなった為です。
しかも、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなっているので、休養や睡眠を取ったり、栄養を補給したりしても、身体の疲労や緊張が残ります。
この結果、「充分に休養しても疲れが取れない」、「元の元気な状態に回復しない」、あるいは、「たいした運動もしてないのにすぐ疲れる」、「疲れやすい」など、慢性的に疲れを感じるようになります。

 

このような時に、「運動でリフレッシュしよう!」とすると、かえって、逆効果になってしまいます。
心身をリラックスさせる自律神経の働きが弱っている時に、運動をすると、更に、脳や身体に大きな負担をかけてしまい、ますます不快感が強まったり、「身体が、だるい…」という症状を強めたりするからです。
更に、何とか体調を保っている自律神経に、更に負荷をかけるので、頭痛、肩こり、慢性的な腰の痛み、冷え、眠れない、下痢・便秘など、様々な体調の不調が起き易くなります。

【 当院の、ツボ刺激による体調回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、ツボ反応を利用した触診により、身体に違和感が生じる箇所を確認し、そのツボを『治療点』として、体調回復の治療を行っています。
これは、「身体が、だるい…」といった症状が、傷の痛みと違って、患部がハッキリしないで、漠然とした不快感になっているからです。
このような患部がハッキリしない「身体が、だるい…」といった症状や、本人が自覚されない『隠れ疲労』の場合には、体調の変化が起きた時にツボ反応が現れるので、治療箇所の確認や、回復の促進に、ツボを利用した治療法が極めて効果的です

 

この為、当院は、問診と触診によって、それぞれの症状に合わせて、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
そして、この後に、症状の改善に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われている場合には、ツボ治療で、脳にしっかりと、「緊張感」から「解放感」への変化を、意図的に仕掛けて、その後に、マッサージ治療で、緊張モードからリラックスモードへと、切り替えるような方法が必要になるからです。

 

例えば、ツボに心地よい刺激を身体に受けると、その感覚が脳へ伝わり、脳⇒自律神経⇒内臓・器官へと、身体の調整機能が働いて、緊張している脳を回復させ、体調を回復させる効果があります。
また、手指によるマッサージ治療は、危険性が無く、安心して受けられ、副作用がほとんどありません。
特に、「身体が、だるい…」といった症状が強い場合には、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身をリラックスさせる自律神経の働きを回復させる事も重要になるので、このような治療の納得感が重要な“改善刺激”になります。

 

東洋医療は、『未病』と言われる、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という症状の改善を専門に行ってきたので、身体に疲労感があっても、原因となっている箇所が自覚しにくかったり、疲れを溜め込んで漠然としていたりする場合には、体調の回復に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果があります、
当院は、身体の状況にあわせて、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、刺激量を調節し、身体のバランスを整え、疲労や緊張の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

頭が重い・・・、

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)頭が重い

 

導入文

「頭が重い…」といった状態は、風邪を引いて熱が上がった時などに、よく経験しますが、これといった病気でもないのに、「頭が重い…」といった症状に悩まされる事があります。

例えば、体調はそれ程変わりないのに、「頭がボーッとした状態になって、何も考えられない」とか、「頭が痛いわけじゃないけれど、スッキリしない」、「頭の奥がジーンとして、働かない」、「頭がぼんやりする」、などです。

しかし、このような「頭が重い…」という症状は、病気や身体の異常が無くても、身体の血行悪化から、ダルイ、肩がこる、疲れ易い、食欲がない、眠れない、イライラする、などを伴っている事が多いので、ツボ治療による血行改善や、マッサージ治療による体調調整などが、症状の改善に効果があります。

【 頭痛の一種 】(図)頭痛

仕事をこなすビジネスマンやビジネスウーマンにとって、頭がスッキリと働く事が、仕事をこなす必須条件ですし、“仕事運”を運んでくれる重要なカナメです。
頭がスッキリとしていれば、必要な事と不要な事をキチンと分けられ、「何から、手をつけるべきか!」も、頭の中でクリアーに整理されるので、仕事にムダがなく、ミスや見落としもなく短時間で仕上げられるからです。
ところが反対に、「頭が重い…」といった状態になってしまうと、仕事の内容や進め方のイメージがなかなか湧かなかったり、頭がモヤモヤしたまま堂々巡りとなったりして、仕事の効率が悪くなり、しかも、何とか仕事を仕上げる事ができても、内容がイマイチという結果になりかねません。

 

この「頭が重い…」という症状は、“頭痛の一種”と考えられています
心身が疲労して、背中のコワバリや、首スジから肩にかけての疲労感に悩まされてくると、脳への血行が悪くなり、脳の働きが低下するので、脳神経が過度に疲労して、「頭が重い…」という症状が現れるからです。
この為、「頭が重い…」という時は、脳への血行が悪くなって脳の働きが弱まっているので、深く考えて取り組まなければ行けない仕事があると、「頭が重い…」だけでなく、集中力がなくなったり、頭が一杯になって物忘れが多くなったり、仕事がキツク感じられるようになったりします。

 

しかも、脳の血行悪化から、体調を保っている自律神経に影響が及ぶので、いろいろな不快な症状も起きてきます。
例えば、目が疲れる、めまい、目がしょぼつく、頭がふわふわする、耳鳴り、そして、頭痛などです。
このような“うっとうしい”感じが強まってくると、思考力の低下、集中力の低下、記憶力の低下、判断力の低下などで、友人や家庭にも、いつもの自分らしい行動ができなくなってしまいます。

【 日常生活の原因として 】(図)ストレスによる頭痛

この「頭が重い…」という症状の、肉体的な原因として、『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』が多くあります。
『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』の状態になると、身体に疲労感が生じ、首筋や肩の筋肉が緊張して、凝りや痛みと共に首の血流が低下し、「頭が重い…」という症状が起き易くなるからです。
更に、首の血流の低下から、脳の疲労も回復しづらくなるので、ますます「頭が重い…」とか、「すっきりしない」といった、不快な感覚が強まります。

 

また、「頭が重い…」という症状の、精神的な原因として多いのが、『ストレス』や『疲労感』です。
例えば、「ハードな仕事が続いて、朝起きるのがつらい」、「職場の人間関係に悩まされている」、「興味の持てない仕事の為に、やる気が起きない」、などの場合です。
このような『ストレス』や『疲労感』によって、頭部の血管が収縮して解消しづらくなると、脳の血流が低下して、思考力が落ちるので、ぼんやりして冴えないような状態になるだけでなく、心配や不安感が強まるので、『憂鬱感』や『無気力感』から、「頭が重い…」と感じてきます。

 

更に、これらによって、頭がズキズキしてくる『緊張型頭痛』や、「頭痛もちの頭痛」と言われている『慢性頭痛』などになると、ますますズーンと頭が重たい感じが増して、「頭が重い…」が悪化してきます。
肉体的または精神的なストレスによって、頭や首すじの周囲の筋肉が強く収縮するので、頭が締め付けられるようなジワーッとした痛みや、圧迫感を引き起こすからです。
これらの頭痛は一日中続き、しかも慢性化して、何日も続く事も多いので、それに伴って「頭が重い…」という不快症状が、ずうっと続くようになります。

【 どんな対策が…? 】(図)薬物乱用頭痛

このような「頭が重い…」といった状態が起きても、気分転換や、しばらく休む事で回復できれば、一時的な症状として済ませられます。
しかし、「休んでも疲れがとれない」、「いつまでも続く」という場合には、解消させる為の対策が必要です。
「頭が重い…」状態に悩まされ続くのは、頭部の血管の収縮したまま、休んでも、解消しづらくなっている可能性が高いからです

 

ところが、「頭が重い…」という症状には、なかなか治療薬が見当たりません。
頭が“痛い”ならば、頭痛のタイプや症状を確認する事で、痛みに合った鎮痛薬を選べますが、この「頭が重い…」場合は、どのような薬を選べば、重く感じる頭を軽くする事ができるのか、判断がつかないからです。
また、「頭が重い…」という症状が、“頭痛の一種”という事から、「頭が重い…」という症状が起きるたびに薬を服用すると、『薬物乱用頭痛』となって、症状を更に悪化させてしまう危険性があります。

 

この為、「頭が重い…」という症状以外に、特に疾患が無い場合には、首や肩の筋肉の疲労や緊張を解消させて、頭への血行を改善させる方法が、安全で効果的です。
この症状を引き起こす大きな原因は、首の土台になっている肩や背中の疲労から、首筋や後頭部の筋肉が異常に緊張すると、脳へ送られる血行が滞り、必要とされる脳の酸素が不足して、脳神経が過度に疲労して、「頭が重い…」という症状を引き起こすからです。
運動によって、「身体中の血を駆け巡らしたら・・・?」と思いますが、運動をすると、緊張している神経を余計に高めてしまい、その上、血行の悪い部分に疲労物質や痛みを起こす物質が停滞するので、ますます悪化させてしまうので、逆効果となります。

【 当院の治療法 】(写真)当院の治療

当院は、「頭が重い…」という症状の改善に、首や肩の血行不良を改善させるだけでなく、触診にウエイトを置いて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出し、体調改善を含めた治療を行っています
これは、肉体的に、「ダルサを感じる」、「凝っている」などがあったり、あるいは精神的に、「疲労感」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、などが起きていたりすると、体調を保つ神経がオーバーワーク状態になり、脳の血行不良が続いて、「頭が重い…」という状態になってしまうからです。
このような、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という状態には、崩れかかった身体のバランスを整える、東洋医療をベースにした治療法が効果を発揮します。

 

当院では、特に、『ぼんのくぼ』と、肩や背中に現れるツボ(反応点)を利用して、ツボ治療とマッサージ治療を組み合わせ、体調の改善を行っています。
これは、昔から『ぼんのくぼ』と言われる、首の後ろの上部は、筋肉疲労や神経過敏が現れ易い箇所になっているので、「頭が重い…」という症状の“震源地”になっている事が、多くなっているからです。
この為、『ぼんのくぼ』あたりの凝りや、肩や背中に現れるツボ(反応点)を確認して、ツボ治療でほぐすと、血流量が増え、緊張感や重圧感が減少し、「頭が重い…」と感じていたのが軽くなるだけでなく、症状を解消させる即効性も期待できます。

 

しかし、中には、「頭が重い…」という症状に悩まされていても、首や肩・背中の筋肉に、「凝った感じや不快感が、無い」、と言う人もいます。
このような場合、「頭が重い…」という症状が強まっていると、首や肩・背中の凝りの感覚が薄れたり、不快感に慣れてしまったりして、気付きにくくなっている事がよくあります。
「頭が重い…」という症状は、大きな原因として、首や頭の血行やリンパの流れが悪化したり、筋肉の弾力性や柔軟性が失われたりしている事が関係しているので、当院の身体の解剖学と東洋医療をベースとした検査を受けて、身体の状態を確認して下さい。

 

首や肩や背中が、ひどく凝っている場合は、薬物治療やセルフストレッチより、疲労や緊張の解消を得意としている、ツボ治療とマッサージ治療が効果的です。
当院は、首や肩の筋の緊張をゆるめ、血管やリンパなどの循環改善、神経機能の回復により、頭重感の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感症状などの、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

脚(足)の疲れが、全身に(血行の悪化から、体調不調に)

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脚(足)の疲れが、全身に

 

導入文

歩いて疲れるのは普通の事ですが、「ちょっと歩いただけで、脚が疲れる」とか、「後で、脚がダルクなる」、「疲労感やダルサだけでなく、痛みやシビレ感も出る」などがあると、日常の動作や行動に支障が出てしまいます。

しかも、脚の血行が悪くなっていると、下半身には全身の血液の約70%が集まるので、全身の血行も悪くなり、疲労感や倦怠感が全身に生じ、気力や意欲が低下してしまいます。

解消するには、脚を含めて身体の血行を回復させる事が必要ですが、その前に、腰、脚、膝、足首などをチェックして、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善が必要になるので、これらを専門に手がけている東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。

【 老化は、脚(足)から 】(図)老化は、脚(足)から

昔から、『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態が、身体全体に影響します
これは、脚が丈夫で、思うように歩いたり、走れたりする人は、活動的に身体を動かせるので、全身の血行も促進されて、身体の健康をキープできるからです。
しかも、それによって、脳の活動も活発になるので、脳から筋肉への神経の働きも活発になって、身体の動きを調整する柔軟性や敏捷性も高まり、身体が若々しく保たれるようになります。

 

ところが、年齢の影響で脚の筋力が弱ってきたり、運動量が少なくなったりすると、筋肉や血行の状態が低下するだけでなく、運動神経の働きも鈍(にぶ)くなってくるので、日常動作や行動に影響が出てきます。
例えば、「一緒に歩いていても、遅れ気味になる」、「たいして歩いていないのに、脚がダルクなってくる」、「階段の下りが不安になり、慎重になる」、「チョッとした段差で足が引っかかる」、などが起きてくるからです。
この傾向は、50~60代の中高年以降になると、急激に現れ、脚の衰えを実感するようになります。

 

しかも、運動や動作が鈍くなってくると、血行が悪くなってくるので、脚や腰に不快感が生じ、それがやがて、精神的にも影響が出てくるようになります。
例えば、始めは、立ったり座ったりする事に“面倒臭さ”を感じる程度ですが、次第に、「身体に、疲れを感じ易くなる」とか、「体力的に続かない」といった、疲労感やけん怠感などが現れるようになります。
そして、疲労感やけん怠感などから、体調を保つ自律神経や脳の働きに支障がでてくると、「集中力が続かない」、「気力がわかない」、更に「イライラ感が増えた」など、身体に不調を感じるようになります。

【 下半身には、全身の血液の約70%が 】(図)下半身に、全身の血液の約70%

このような身体の不調を招く血行悪化の原因として、重力の影響によって、全身の血液の約70%が、下半身に集まってしまう事があります
身体が健康状態ならば、下半身に集まった血液を、脚の筋肉が強力なポンプとなって、重力に逆らって、血液を足元から心臓に押し上げる働きをします。
しかし、一日中座り続けていたり、運動不足になったり、身体が弱ったりすると、脚の筋肉の働きが低下し、血液を心臓に押し戻す働きが弱まって、身体の血行を悪化させる原因になります。

 

しかも、人の身体の血管の9割以上は、太さが、髪の毛の10分の1ぐらいの毛細血管で構成されているので、赤血球1つがようやく通れるほどの細い管です。
更に、毛細血管が正常な状態でも、細い血管が長く続いたり、蛇行していたりしているので、血液が順調に流れる為には、筋肉のポンプ作用が安定的に働く事が重要になります。
ところが、座っている時間が長いと、脚や腰の筋肉が疲労したり、コワバッタリ、あるいは、膝や腰を曲げているので関節部分の血管を圧迫したりするので、筋肉のポンプ作用に支障が出たり、細い毛細血管を圧迫したりして、血液の流れを低下させてしまいます。

 

この結果、よく起きるのが、「夕方になると、脚はむくむし、肩は凝るし、疲れが溜まって、気分までどんよりする」、といった状態です。
脚の血流が滞ってくるので、脚のむくみや冷えの原因になるだけでなく、全身の血流が悪くなって、全身の筋肉も凝り固まってくるからです。
このような状態になると、「疲れがとれない」、「肩こりや腰痛」、「イライラする」などが起き、それらが繰り返されると、「血圧が高くなる」、「代謝が落ちるので食べる量は少ないのに体重が増える」など、スッキリしない状態が続くようになります。

【 脚の血行促進 】(図)足湯

昔は、農作業を終えた時や、長く作業をした後などに、脚(足)の疲れをとって、疲労感やダルサが身体に残らないようにする為に、“足湯”が、手軽な回復法として利用されていました。
脚の汚れを洗い落としてサッパリさせるだけでなく、暖かい湯による温熱効果で、脚に溜まった血行を温めて回復させて、疲労を解消し、リラックスした気分になる効果があります
この効果から、現代でも、『フットバス』と呼ばれる道具を使って、オフィスでジッと座り続けて身体に疲れを感じた時に、家に帰ってから、“足湯”で足の血行を回復させて、リフレッシュ気分を味わう人がいます。

 

更に、一部の介護関係の施設では、“足湯”効果を更に高めて、入所者の人達の頭の働きの維持や活性を図る為に、足裏マッサージをする所もあります。
これは、脚の血行改善によって、身体の老廃物の排出をスムーズにさせるだけでなく、『足の指の動きが硬くなってくると、脳が疲れる』と言われるので、脚の筋肉の弾力性や柔軟性を高める為です。
しかも、足裏マッサージで、身体の血行が良くなると、脳に血液をしっかりと届け、“脳の働きを活発にさせる”事にもなります。

 

このように、足裏マッサージは、いろいろな効果がありますが、自分で、自分の脚をマッサージしようとすると、腰から脚にかけての裏側は、見えない事もあって、案外、やりづらいものです。
しかも、脚の疲労や緊張を強く感じている場合には、炎症や鬱血(うっけつ)で硬化している箇所を確認して、解消させないと効果がありません。
このような状態で運動をすると、一時的に血行が良くなっても、その後、再び元の状態に戻ったり、やり過ぎると、筋肉の硬化が増して血行が悪化し、不快感が強まったりします。

【 当院の、疲れた脚の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「脚が疲れる」、「脚がむくむ」、「脚が痛い」、「脚がだるい」などの症状回復に、マッサージ治療とツボ治療を行っています。
脚の筋肉は、絶えず下から身体を支えながら、立つ、歩く、座るなど、いろいろな運動を行っているので、加齢や運動不足などで、脚の筋肉の働きが低下すると、血行も悪くなり、老廃物が排出しづらくなったり、足の爪先まで廻った血流を心臓まで充分に押し戻す事ができなくなったりするからです。
このような時に、マッサージ治療を利用すると、マッサージ治療の特徴として、筋肉のコワバリ解消や血行促進に効果があるので、脚の神経の興奮を鎮めて不快感や痛みを減少させ、脚に溜まった血液を心臓まで押し戻す筋肉のポンプ作用を回復させ、活発化させます

 

更に、当院では、脚の疲れの改善効果を高める為に、触診にウエイトをおき、一人ひとりの症状に合わせたツボ治療を行っています。
体調の変化が起こった時に、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
『反応点』であるツボを刺激する事で、脚に滞っている血液やリンパ液が押し出されるので、脚のむくみや疲労を解消させるだけでなく、身体全体の疲労の回復を早める効果があります。

 

また、脚の血液の循環が促進されるので、全身の疲れも緩和され、心身のリフレッシュ効果が得られます。
この為、PCの前に1日中座ってデスクワークをしていたり、長時間の立ち仕事をしていたり、加齢や運動不足で脚の働きが弱っていたり、などで、脚に重ダルサを感じている人には、最適です。
脚は、心臓から最も遠く、血管も細いので、老廃物が溜まり易く、それによって全身の疲労や、ダルサを生じさせる原因にもなるので、マッサージ治療とツボ治療によって、脚の血行が良くなると、全身の体調改善になります。

 

脚の疲れを長引かせると、全身にも影響して、日常生活に支障が出てしまうので、血行悪化を起こしている箇所を確認して、解消させる治療が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、下半身の、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善を行い、身体の疲れや緊張の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

マッサージ の、相談・質問・問い合わせ

(図)マッサージの相談

(写真)マッサージ の、相談・質問・問い合わせ

 

(図)注意マーク こんな事ありませんか?

疲れた時、体調が悪い時に、「マッサージを、受けたいなぁ」と、思いませんか?
でも、「どんなマッサージを、受けたらいいのか・・・?」と、迷ってしまいます。
例えば、次のような、疑問や不安です。

【 初めてのマッサージに 】

(図)初めてのマッサージ

「どんな症状の人が、マッサージを受けるんだろう? 」
「自分の症状に、どんなマッサージが合うかなぁ?」
「試しに受けたいけれど、 どうしたら・・・?」
「予約をしないと駄目かな? 」
「着替えが必要かな?」
「初めてなので、どのくらいの強さがいいのか分からない?」
「何分コースにしたら、よいのだろう・・・?」
「施術が、痛くないかな?」

【 施術に関して 】(図)施術

「整骨院と、マッサージ治療院とは、どこが違うの?」
「身体が硬いけど、施術で、改善できるのかな?」
「頭や身体が、重い感じなので、施術してくれるかなぁ?」
「病院の治療では、なかなか良くならないので、試しに・・・」
「妊婦中でも、受けられるかしら?」

 

【 健康に関して 】

(図)健康管理

「健康の為に運動しているけど、身体の調子が悪いので、診てほしい・・・」
「腰痛持ちが、気を付ける事って、どんな事・・・?」
「夜眠れないけど、どうしたらいいのだろう・・・?」
「健康維持に、マッサージも必要なのだろうか?」


(図)解決法 そんな時 !!!

マッサージが気になった、この機会に、心のモヤモヤをスッキリさせませんか
東洋医療では、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」など症状を、病気になる前の状態の『未病』と呼び、体調を整える事で改善させてきました。
今のうちに、崩れかかった身体のバランスを、整える事が大切です。

【 お問い合わせ方法 】(図)メール

来院されなくても、大丈夫です。
右側のメールや、電話で、お気軽にお問い合わせください。
もちろん“無料”です。
受付時間は 午前10時から午後7時迄です。
今迄のマッサージの症例から、お答え致します
尚、
右欄上の『当院9つの“特長”』も、参考にしてください。

 

 

(図)本八幡( 市川市 )ファミリー治療院
本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

“疲れ顔”や“老け顔”と、肩こりの関連

【(症例)こり・しこり 】
(写真)“疲れ顔”や“老け顔”

 

導入文

“疲れ顔”や“老け顔”対策に、いろいろなメイク術や髪型が紹介されていますが、原因は化粧崩れだけでなく、肩こりも大きく影響しているので、肩に疲れを感じている時には、肩や首の疲労解消が必要です。

これは、肩・首・後頭部の筋肉が、顔の筋肉につながっているので、肩こりが起きると、血行やリンパ液の流れが滞って、顔がくすんできたり、皮膚や筋肉のコワバリから、顔の表情が失われて重苦しい感じになったりするからです。

“疲れ顔”や“老け顔”から、表情豊かで自然な笑顔に回復させるには、首や肩の血行やリンパの流れを良くして、筋肉の弾力性や柔軟性を高める事が重要になるので、対策には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が効果的です。

【 化粧崩れと、顔の表情筋の疲れ 】(図)表情筋の疲れ

オフィスで1日中働いた後、自分の顔を鏡で見た時に、思わず、「朝と、顔付きが違う!」と、驚く事があります。
顔にドッと疲れが現れ、「顔が、何だか不健康そう…」で、「顔つきが、老けこんで、コワバッテいる!」、からです。
自分の顔が、“疲れ顔”や“老け顔”になっている事に気付かされると、見た目が気になるだけではなく、気持ちまで落ち込んで、暗くなってしまいます。

 

この“疲れ顔”や“老け顔”になる原因として、『化粧崩れ』の場合と『顔の表情筋の疲れ』の場合の、大きく分けて2つの理由があります
『化粧崩れ』の場合は、朝、メイクをきちんとしても、夕方頃になると、顔から分泌された余分な皮脂とファンデーションが混じり合って、シワに入り込み、シワが目立つようになるからです。
また、最近では空調がしっかりときいている場所が多いので、それによって肌表面が乾燥しすぎると、肌が硬くなり、目尻や目の下のシワが寄りやすくなったり、乾燥でほうれい線も浮き出たりします。

 

また、『顔の表情筋の疲れ』から、“疲れ顔”や“老け顔”になってしまう事があります。
顔の複雑な表情を作り出す『表情筋』が疲れてしまうと、リンパ液の流れが滞って、老廃物を溜め込んでしまうので、顔全体が暗いトーンになるからです。
特に、PC操作を続けて、眼精疲労の状態になっていると、目の周りの筋肉疲労から、目元にクマやくすみができ易くなって、目元の印象を変えてしまい、一気に“疲れ顔”や“老け顔”が現れ易くなります。

 

【 首や肩の凝りの影響 】(図)肩こりの影響

“疲れ顔”や“老け顔”になる原因が、『化粧崩れ』だけならば、手間がかかってもメイク直しをすれば、メイクしたての顔に復活できますが、『顔の表情筋の疲れ』も生じていると、いくら頑張って、メイク直しをしても、元通りにはなりません。
これは、朝から仕事や家事などで忙しく働いていると、顔にも疲れが出てくるので、夕方近くになると、肌のハリや弾力が無くなったり、皮下組織の圧が弱まって、余分な水分や老廃物が溜まったりするからです。
また、パソコンの画面を長時間見続ける事が多くなっていると、しゃべらなくなったり、ストレスも加わったりするので、顔の筋肉がコワバッタ状態のままになり、緊張が続いて、その状態がずうっと続いてしまうからです。

 

この『顔の表情筋の疲れ』に、大きな影響を及ぼすのが、首や肩の凝りです。
顔の筋肉は、首や肩の筋肉とつながっているので、首や肩が凝ると、顔の血行やリンパ液の流れが停滞して、老廃物が溜まったり、不要な水分が排出されにくくなったりするからです
これによって、顔が腫れぼったくなったり、顔の血色が悪くなったり、顔全体がドンヨリとした感じになったり、顔がむくんだり、します。

 

更に、首や肩の凝りによって、不快感に悩まされ続けたり、疲労や緊張が強まったりしていると、いつのまにか表情筋の動きが失われて、顔の表情の変化が乏しくなり、笑顔が減り、顔の活気が失われてしまいます。
また、不快感から、イライラや倦怠感が起きてくるので、ますます顔の血行やリンパ液の流れを悪化させて、顔全体が重い印象になったり、不健康な感じになったりします。
この結果、顔つきだけでなく、顔全体の雰囲気からも、「何だか、顔が疲れている?」、「実際より、老けて見える!」、となります。

 

【 鎖骨付近のリンパ節 】(図)リンパ節

実際、肩こりを訴える人の中には、経験的に、肩こりが、顔に影響を及ぼして、“疲れ顔”や“老け顔”になる事を、何度も自覚しています。
これは、顔のリンパ液は一方向に流れ、その出口が、首の付け根の、鎖骨付近になっているので、首から肩周りの筋肉が固まって、血行やリンパの流れが悪くなってくると、顔に老廃物が溜まり、顔のコンディション状態が悪くなってくるからです
この結果、肩こりから、「首回りにむくみを感じ、太くなった!」と気になってくると、“疲れ顔”や“老け顔”の一歩手前の状態になっている事を、皮膚感覚でとらえるようになります。

 

中でも、体型的に、なで肩、脂肪太り、やせ型の場合、首や肩の筋肉の負担が大きくなるので、肩こりが慢性化し、“疲れ顔”や“老け顔”が起き易くなっています。
肩こりによって、鎖骨付近の筋肉が圧迫されると、リンパ節がつまって、顔に、むくみ、肌荒れ、くすみを引き起こし易くなるからです。
この為、肩こりを繰り返す人は、首や肩の凝りを感じ始めると、顔から身体の“SOS”のサインとして、“疲れ顔”や“老け顔”が現れてくる事を、経験上分かっています。

 

そして更に、首や肩の凝りが強まると、「自分の顔がコワバッテきたり、顔にむくみを感じたりして、顔のサイズが大きくなった」と、感じます。
首周りのリンパの流れが滞って、老廃物が溜まった状態になってくると、顔の皮下に、水分や老廃物が溜まり、リンパ液の処理能力を超えてしまうからです。
この為、鎖骨付近のリンパ節を含めた肩こり改善によって、顔のコンディションを保つ事が大切です。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

肩こりはそのまま放っておくと、肩の不快感や痛さだけではなく、“疲れ顔”や“老け顔”の原因になるので、顔のメイクやマッサージだけでは、解消できなくなります。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、肩や首周辺の筋肉の柔軟性を回復させ、血液やリンパ液の流れを良くする治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、病状を改善する治療点でもあるので、疲労や過緊張のように、体調の不調が起きた時に、効果的な症状の改善法になるからです

 

また、ツボ治療を行う事で、首周辺は、薄くて、弱い筋肉で囲まれているので、痛みや不快感などの負担がかからずに、血液やリンパ液の循環改善が可能になります。
このような効果を得る為に、当院では、それぞれの症状に合ったツボや、一人ひとりに適したツボを確認する為に、問診や触診にウエイトを置いた治療を行っています。
更に、仕事の都合で猫背姿勢が多い場合や、肩が盛り上がるほど凝るタイプの場合、肩甲骨周辺の筋肉も固くなっている事が多いので、この筋肉を緩め、血行やリンパ液の流れを改善させる治療も行っています。

 

当院のツボ刺激とマッサージ治療で、肩こりが改善されて、肩から首の血液やリンパの流れがスムーズになると、肌の色がワントーン明るくなります。
肌を健康な状態に戻すので、メイクで直すよりも、何倍もの効果があります。
しかも、上半身の疲れがスッキリ取れる効果があります。
肩こりや姿勢の悪化と共に、“疲れ顔”や“老け顔”に悩んでいる方は、是非、お試し下さい。

 

首がスッとしていて、首スジに弾力とハリがあると、顔も、血行やリンパの流れを良くなり、筋肉の弾力性や柔軟性が保たれて、血色が良好に見え、若々しい印象になります。
当院は、首や肩の凝りや痛みなどの不調から、原因や関連を調べ、マッサージ治療によって血行や筋肉状態を改善させ、体調の回復と向上を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

デスクワークの疲労感やイライラと、回復法

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)デスクワークの疲労感やイライラと、回復法

 

導入文

毎日、同じ仕事場の中で、デスクワーク中心の仕事をしていると、考えたり話したりする事が仕事関係に限られ、そして、大きく身体を動かす事も無いので、「身体に疲れが溜まる」、「わけもなく緊張してくる」、「気持ちがイライラする」などを、強く感じるようになります。

これは、デスクワーク中心の仕事をしていると、座りっぱなしで、うつむいたまま同じ姿勢を取り続けるので、首・肩・背中・腰などの、姿勢を維持する筋肉疲労が増し、そして更に、細かい字を長時間見続けるので、脳や視神経がオーバーワークとなって、感情を高ぶらせ、苛立たせてしまうからです。

デスクワークの疲労感やイライラは、自律神経のバランスを乱し、身体に様々な支障を引き起こすので、「何となく身体の調子が悪い」、「とにかくイライラを解消したい」と思った時には、崩れた体調を回復させる為に、東洋医療系のマッサージ治療を試してみる事が勧められます。

【 疲労感と、イライラ 】(図)疲労感とイライラ

イライラは、物事が思う通りにならなかったり、不快な事があったりして、神経が高ぶって、いら立ち、コントロールできなくなった状態と言われています
そして、このような時に、意識的にイライラした態度を見せるのは、自分が追い詰められ、逃げ場のない苦しい状態になっているので、イライラした態度を見せる事で、相手を威嚇し、自分を守ろうとする、自己防衛本能による行動だとも、言われています。
しかし、意識的にイライラした態度をしていると、緊張させる神経が一方的に働き続けるので、調整能力を失って、エスカレートしてしまうので、不注意やトラブルが起き易くなります。

 

イライラ状態は、3パターンに分けられていて、『精神的イライラ』『自律神経やホルモンの影響によるイライラ』『両者の合わさったイライラ』があります。
最初の『精神的イライラ』は、誰でも経験する、「自分の、思い通りにならない」で、「気が焦った」時の、イライラです。
例えば、「上司や同僚と人間関係がうまくいかない」、「仕事が予定通り進まない」、「職場の環境に慣れない」、「同期が先に出世した」、「歩いている目の前でケータイをいじっている」、などで生じるイライラです。

 

また、『自律神経やホルモンの影響によるイライラ』は、過労やストレスなどによって、自律神経が乱れた時のイライラです。
例えば、「なかなか疲れがとれない」、「頭がスッキリしない(頭が重い)」、「仕事をする気が起こらない」、「寝られない」、「背中や腰がいつもダルイ」、などによるイライラです。
女性ならば、生理前になるとホルモンバランスが変わって、自分で自分をコントロールできない事で起きるイライラがあります。

【 意外に疲れるデスクワーク 】(図)デスクワークの疲れ

このように、イライラは3パターンに分けられていますが、どのパターンでも、疲れてくると、心身を緊張させる神経が強く働くので、イライラが起き易くなります。
そして、イライラを感じている時に、その所から離れる事ができなかったり、頭を休憩させる事が難しかったりすると、心身をリラックスさせる神経が働かないので、ますますイライラ感が高まります。
この為、“会社勤め”のように、体調より仕事を優先するような所で、毎日、集団の中で一日の大半を過ごしていると、わけもなくイライラした気持ちが起き易くなります。

 

特に、PC操作が中心のデスクワークをしていると、ずっと座りっぱなしで、うつむいたまま、同じ姿勢を取り続けるので、血行が悪化し、“筋肉疲労”が強まって体調を保てなくなり、イライラが起き易くなります
しかも、PCを使って仕事をしているので、眼の神経の過緊張や、脳の一部だけの酷使が続くので、“神経の疲労”から感情を高ぶらせ、苛立たせてしまいます。
そして“神経的な疲労”が続いて、集中力が欠けたり、根気が続かなくなったりすると、余計に“神経的な疲労”が強まるので、ますます感情の高ぶりや苛立ちが増し、イライラ感も増します。

 

更に、仕事の緊張やプレッシャーなどを感じると、ストレスとなって、“精神的な疲労”が起き、これもイライラ感の原因になります。
例えば、仕事の失敗の不安、現在の仕事への悩み、将来性への疑問、人間関係のストレス、仕事の量や進め方の悩みなどから、“精神的な疲労”が起きてくると、不安定な精神状態になって、イライラ感が起きてきます。
しかも、これらの不安や悩みは長引く事が多いので、精神的な緊張がいつまでも続くので、絶えずイライラを感じるようになります。

【 疲労の患部確認の必要性 】(図)積極的休養法

イライラは、疲労すると起き易くなるので、原因となる疲労を、効率的に回復させ方法として、疲れている時に、あえて身体を軽く動かして、血液循環を促し、疲労回復を早める『積極的休養法』という方法があります。
家でゴロゴロしていたり、ずっと寝ていたりしているだけでは、デスクワークのように、無意識に姿勢を維持する筋肉を酷使している場合には、筋肉の硬化が改善されず、血の循環も良くならないからです。
この為、運動後に身体のケアをするように、全身の血行を良くする事によって、身体の疲労回復を早め、精神的な疲労も取り除く事にも役立つ、と考えられています。

 

ところが、仕事や日常生活の疲れの場合には、運動の疲れと違って、自分で気付かない疲労箇所が多くあるので、一般的な運動やストレッチをしても、身体の柔軟性が回復しにくい欠点があります
例えば、PCを使ってデスクワークをしていると、一番多いのが、「身体全体が、何となくダルイ」、「身体がこわばって石のように重い」、などの心身の疲労の場合には、自分で疲労箇所がわかりません。
本来ならば、身体の疲労やダルサの解消には、身体の疲労箇所をチェックして、コワバリを回復させ、更に、血行を促進させる事で、身体に溜まった老廃物を取り除いて、脳や身体に酸素や栄養が行き渡らせる事が必要ですが、自分で気付かない疲労箇所が多くあるので、運動をしても、一時的に血行が良くなっただけで、身体のコワバリ感が残ってスッキリしなかったり、疲労感や緊張感がすぐにぶり返したりします。

 

更に、身体をリラックスさせるだけでなく、脳の疲労を解消させる為には、積極的に、脳への血流を回復させる事も必要です
特に、長時間のデスクワークで、小さな字を読んだり、細かい作業をしていたりすると、眼の神経や脳が緊張した状態が続いて、脳が疲労した状態になっています。
この為、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、首の状態と脳が密接な関係があるので、首周囲の疲労や緊張を確認して、解消させていく事が重要です。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

デスクワークの疲労感やイライラには、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労、の疲労3つの要素が互いに絡みあっています。
疲労解消には、デスクワークで硬くなった筋肉や、それに伴う疲労感・緊張感などを確認して、解消させ、心身をリラックスさせる事が必要です。
この為、当院は、このような、体調が崩れかかって生じた不調に、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、解消を行っています

 

これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所である『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
例えば、「何となく、ダルサや疲れがある」とか、「身体が動かしづらい」などのように、身体の疲労は分かっていても、患部がハッキリと分かりづらい場合には、体調の変化時にツボ反応が現れるからです。
この為、当院では、問診や触診にウエイトを置いた治療でツボを使い、神経の緊張や興奮を鎮めるようにしています。

 

しかも、ツボ刺激による治療は、自分では解消しづらい筋肉の硬直をほぐしたり、疲労からの回復力を高めたりするのに、即効性があります。
神経の緊張や興奮を鎮めるので、このリラックス効果から、慢性的な疲労感や、身体に溜まったストレスの軽減が期待できるからです。
そしてマッサージ治療によって、筋肉の疲労回復や痛みを改善させる為に、血行やリンパの流れを良くする、筋肉の弾力性や柔軟性を高める、神経の興奮を抑制する、などを行っています。

 

イライラを引き起こす疲れには、体調の回復の為に、身体に溜まっている疲労物質を早く除去して、身体の分泌を促し、心身をリラックスさせる事が大切です。
当院は、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、筋肉や靭帯などのストレスや過緊張を解き、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

【(症例)こり・しこり 】
(写真)肩こり・首コリ

 

導入文

『肩こり』と『首こり』は、患部の場所が少し違っているだけで、同じようなものだと思われがちですが、首と肩は、それぞれ特徴的な構造や、まったく違う神経に支配されているので、こり症状が、かなり違ってきます

この為、こりを解消するには、『肩こり』には『肩こり』の症状に合わせた対策を、『首こり』には『首こり』の症状に合わせた対策を、意識して行う事が必要です。

特に『 首こり 』の場合には、自律神経の働きを乱して、こりとは無関係とも思えるような不調を引き起こすので、首周辺の解剖学的な知識や、東洋医療のツボ刺激などを活用して、こり症状を改善させる事が大切です。

【 肩こり 】(図)肩こり

『肩こり』の場合、肩のこりを起こす筋肉はいろいろありますが、主な原因になっているのが、首の後ろから肩や背中にかけて拡がっている『僧帽筋(右図)』です。
これは、『僧帽筋』が、①腕を動かしたり静止したりする時や、②頭の角度を固定する時などに使われるので、活動量が極めて高いからです。
『僧帽筋』は、肩甲骨を土台のようにして、動作を行っているので、肩甲骨を覆いながら、上部、中部、下部、の3つに分けられます。

 

上部の筋肉は、多くの人が『肩こり』として、悩まされる代表的な部分で、筋肉が薄く、筋力が弱いので、頭を突き出すような姿勢をしていたり、精神的に緊張していたりすると、こりを引き起こします。
中部の筋肉は、肩甲骨を覆うように位置していて、腕の動作を支える働きをしているので、腕を使った動作で疲労や緊張が増して、血行が悪くなってくると、背骨と肩甲骨の間あたりが、ズキズキと痛み出してきます。
下部の筋肉は、肩甲骨の動きを下から支え、姿勢を維持する働きもしているので、『僧帽筋』の中で最も使われる部分になり、この下部の筋肉と中部の筋肉が疲れてコワバッテくると、「背中に鉄板が埋め込まれた」感じになります。

 

この為、『僧帽筋』が疲労してくると、①『肩こり』と言われる首の付け根の肩の痛み(張り)、②肩甲骨内側の痛み(張り)、③背骨沿いの痛み(張り)、の3つが起きてきます。
これらの張り(こり)を解消させるには、僧帽筋の筋肉が、肩甲骨を囲むように付着しているので、肩甲骨にくっついている筋肉を、いっぺんに動かすと、肩甲骨周囲の血行が促進されるので、『僧帽筋』の筋肉全体が緩むようになるので、効果的です。
最近、整体で良く聞かれる『肩甲骨はがし』も、この効果を狙ったもので、肩甲骨周りのたくさんの筋肉を動かす事で、血行と筋肉の柔軟性を回復させる方法です。

【 首こり 】(図)首こり

『首こり』の場合、影響を直接与えているのが、僧帽筋より奥深くにある筋肉で、首の骨と頭蓋骨をつないでいる『後頭下筋群(右図)』です。
首は、頭と胴体をつなぐ、太い血管や神経が通っているので、それらを圧迫して支障を起こすので、『首こり』が強まると、『肩こり』のように、筋肉の凝りだけでは済まなくなります
不快感や痛みが、体調を保つ自律神経の働きに影響を与えるので、身体に、ダルイ、眠れない、疲れが取れないなどの、様々な症状を起こします。

 

例えば、デスクワークなどで、首に疲労や緊張などが長く続いたり、酷くなったりすると、それにより、頭に流れる血管や、首の中を通っている神経を圧迫し、走行に支障を与えます。
最初のうちは、首の筋肉のコワバリから、後頭部がギューッと締めつけられているような感じや、首の血行障害から、首から頭に重ダルサが強まるような症状が現れます。
そして、首のコワバリや血行障害が更に強まったり、長引いたりすると、後頭部の異常を知らせる神経が敏感になって、痛みの信号が絶えず出るようになり、頭重感や、“肩こり頭痛”とも呼ばれる『緊張型頭痛』が出現します。

 

しかも、首周囲の、鈍い痛み、圧迫感、違和感、不快感などで、体調を保つ自律神経の働きを乱すようになるので、「イライラする」、「だるい」、「憂鬱になる」、「集中力や意欲が無くなる」、「眠れない」、などが起きてきます。
また、不快感や痛みが長く続くと、気圧の変化で自律神経が不安定になるので、体調の悪化を、ひどく感じるようになります。
例えば、『気象病』と呼ばれる、天気の変化で起こる身体不調や、『天気痛』と呼ばれる、片頭痛や関節痛などのように痛みが、雨の日や雨が降る前日や、低気圧が近づくと、起きてきます。

【 神経を過敏にさせるシコリ 】(図)シコリ

『 首こり 』や『 肩こり 』のように、筋肉にこりができて、筋肉の疲労や緊張が続き、血行が更に悪くなってくると、筋肉内部に『シコリ 』ができてくる事が、よくあります。
これは、こりが長引いたり酷くなったりして、血液やリンパ液の流れが極度に悪化すると、筋肉を包んでいる“膜”が縮みあがって硬くなり、それによって、中の筋肉も縮んだ状態になるからです
この為、シコリ ができると、上から触ると“コリコリ”するのが感じられ、上から押してみると、“ジーン”とした痛みを感じます。

 

シコリの内部は、血液とリンパ液の流れが遮断されているので、“神経が異常な興奮”を起こし、湿布したり、温めたりしても回復せず、市販の鎮痛薬でも解消できなくなります。
この為、首にシコリ ができると、神経の異常興奮によって、体調がスッキリしないだけでなく、神経特有の不快感が強まって、気分的にイライラしたり、緊張が抜けなくなったり、寝付きづらくなったりします。
また、首から上の、血行やリンパ液の流れが悪くなるので、顔が疲れたように見えたり、顔色が悪く見えたり、むくみ易くなったり、します。

 

他にも、気になる症状として、首の骨周りの筋肉がコワバッタ状態になるので、首が動かしづらかったり、首からゴリゴリ音が鳴ったりします。
首のゴリゴリ音は、首関節の筋肉が硬くなっているので、首を動かした時に骨に擦れて、摩擦音が出る為です。
このような状態になると、首や肩の筋肉だけでなく、上半身の筋肉が硬くなっているので、背スジ伸ばしたり、動かしたりする事が、思うようにできなくなります。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

『首こり』や『肩こり』の解消に、痛みや不快感が少なく、安心して受けられる治療法として、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が広く利用されています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、症状を改善させる『治療点』になっているので、凝り固まったシコリを解消するには、東洋医療のツボ刺激が効果的な治療法になっているからです。
当院は、このような治療効果から、特に問診と触診にウエイトを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、『首こり』や『肩こり』の改善を行っています。

 

例えば『肩こり』治療には、『僧帽筋』の上部、中部、下部の3つのゾーンごとに、こりや痛みを引き起こしている箇所を探し、その箇所ごとに、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、こりの解消を行っています。
問診から、患部一帯を触診し、押されると、ジ~ンと響いたり、「痛(イタ)気持ち良い」と表現されるような、疼痛を感じたりする箇所(ツボ)を確認し、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、こりの解消を図っています。
また、『首こり』治療の場合は、首を覆っている筋肉が、小さく、薄い事から、デリケートな対応が求められるので、首に現れたツボを利用して、低刺激でも効果的に、そして、安心して治療を受けられるようにしています。

 

特に『首こり』や『肩こり』が、慢性的で、しつこい症状になっている場合には、筋肉内にシコリができている可能性が高いので、当院が行っているツボ刺激を併用したマッサージ治療が、解消に適しています。
これは、シコリができる箇所が、東洋医療のツボの位置とほぼ一致している事が確認されているので、ツボを取穴し、適度に圧迫と柔軟化を繰り返していくと、血行が改善されてくるからです。
これによって、患部の柔軟性を回復させ、更に血行を改善させていくと、シコリが形を変えながら縮小し、それに合わせて神経の過敏も収まり、不快な痛みが減少してきます。

 

『 首こり 』や『 肩こり 』の場合、「凝り性だから仕方ない」、「デスクワークだから仕方ない」と諦めずに、それぞれの特性に合わせ、症状にあった治療を受ける事で、改善されます。
当院では、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管が圧迫されている筋緊張を解消し、痛みや不快感を解消さえる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

中高年の運動と、スポーツマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)中高年の運動と、スポーツマッサージ

 

導入文

中高年になって、運動不足解消や健康管理の為に運動を始めたら、「身体のあちこちが痛くなった」、「余計に疲労が溜まって仕事の効率が悪くなった」などを、引き起こす事があります。

原因として、運動による身体のオーバーワークもありますが、普段、ストレスが続いていたり疲労が溜まっていたりすると、運動によって、オーバーワーク気味になっている自律神経に急激に負担が強まり、体調を保てなくなった事があります。

このような場合、身体の疲労や過緊張などを回復させるだけでなく、本人が意識していない疲労個所を確認し、解消する事が必要になるので、スポーツに合わせたマッサージよりも、治療タイプのマッサージが勧められます。

【 運動を、やり過ぎて 】(図)運動やり過ぎ

中高年になると、身体の硬さや肥満の解消や、あるいは、血圧や血糖値の改善の為に、運動を始める方が多くなっています。
適度に運動をする事で、筋肉を鍛え脂肪を落とすだけでなく、血行が促進されるので、酸素や栄養を取り込んだ血液が身体のすみずみまで行き渡り、身体に溜まった老廃物の排出にもつながるからです。
ところが、運動をした日の夜にゆっくり寝たはずなのに、翌朝になって、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、前よりもダルイ」という思いをしたり、仕事に向かっても、「身体がスッキリしない」、「頭がボーッとして、集中力が出ない」と感じたり、する事があります。

 

このように、運動をした後になって、ダルサや疲労感が起きるのは、『身体の疲労』と『脳の疲労』の、2つの原因あると言われています。
最初の『身体の疲労』は、運動をしていて、ついつい熱中したり、頑張ってやり過ぎたりすると、回復できないほどの疲労が身体に溜まって、起きてきます
よくあるのが、休みの日にまとめて運動をしたり、運動量が適度でなく多かったり、運動目標を意識し過ぎたり、スポーツ施設などで周りの雰囲気から競争意識が刺激されたり、などです。

 

これ以外にも、スポーツ施設などの場合、マシンを利用して運動をしていると、気付かないうち、『身体の疲労』を起こす事があります。
スポーツ施設のマシンは、初心者でも扱い易く、安全性が考慮されていますが、一つ一つのマシンが、狙った筋肉を効果的にトレーニングする事をコンセプトにしているので、この事を理解しないと、特定の筋肉に強い負荷をかけてしまうからです。
この為、“見よう、見まね”で、マシンを利用して運動をした後に、『身体の疲労』を起こし、筋肉の柔軟性が失われてコワバリが生じたり、痛みが起きたりする事があります。

【 体調を保つ自律神経の疲れ 】(図)体調を保つ自律神経の疲れ

2つ目の『脳の疲労』は、仕事や家事などで疲労やストレスなどが溜まっていると、いつもと違って運動をした事で、体調を保つ自律神経がオーバーワークとなり、体調を保てなくなったケースです
例えば、精神的に疲れて血行も悪化している時に、あえて「ストレス解消に!」と、運動をすると、疲れている自律神経に更に負担をかける事になるので、後から、疲労感やダルサに襲われる事になります。
また、中高年になると、若い時と違って新陳代謝が低下している上に、仕事や家事の都合で運動やスポーツから遠ざかっているので、標準的な運動メニューであっても、普段やらない運動をすると、自律神経にとって大きな負担になって、クタビレ感が強まったり、ずっと続いたりします。

 

この事が起きるのは、自律神経が疲れた状態になっていると、最初は、「たいした事は、ない」と思っていた運動でも、「もうこれ以上、体調の維持ができない、休むように!」と、限界を知らせるからです。
特に、スポーツ施設では、日常生活では無いような動作が続けたり、偏った動作を繰り返したりするので、知らず知らずのうちに、自律神経の負担が増し、後になってダルサや疲労感が起きてきます。
体調を保つ自律神経の疲れなので、筋肉疲労よりも、精神的なダルサや疲労感などに悩まされ、「なぜか疲労感が抜けない…」とか、「身体が、スッキリしない」などを強く感じたり、「休んでも、疲れが残る」、「やる気がしない」、「ダルイ」、「朝、起きられない」などが、強く現れたりします。

 

また、このような状態になるのは、体調を保つ自律神経のオーバーワークによる事と、それによって血管が縮んで、血行が悪化し、身体に疲労物質が多く溜まった事が影響しています。
この為、運動中は血行が促進されていても、自律神経の疲れが解消されていないと、運動前より、血行の悪化を感じるようになります。
例えば、血行悪化が、脳に影響すると「頭が重い」、「頭痛頭がする」などが起き、身体に影響すると「首や肩が凝る」、「関節が痛む」などが起き、更に、運動で身体が疲れているはずなのに、「なかなか眠れない」なども起きます。

【 血流の低下による、コリ 】

また、筋肉のコリも、運動をした後に、ジンジンとした不快な痛みを起こしたり、コリ周辺に「ダルイ」、「疲れを強く感じる」、といった事を起こしたりします
これは、もともとコリが、疲労やストレスなどで血流が悪化し、筋肉の働きが低下して、できたものなんで、そこに負荷がかかると、余計に筋肉を収縮する結果になってしまうからです。
この結果、運動をする事で、肩凝りや腰痛を和らげるつもりが、かえって、筋肉がますます硬くなったり、不快な痛みが拡大したりします。

 

特に、コリが慢性化し、そこからジンジンとする不快な痛みを発している場合には、運動後に、コリの痛みや違和感が強まったり、身体の不調が大きくなったりする事が、よくあります。
これは、コリがシコリ化していると、付近の神経が過敏になっているので、運動をする事で、神経を刺激する交感神経が過剰に働きすぎてしまい、心身を休める副交感神経が働きにくくなってしまうからです。
この為、それまで、何とか我慢していた、肩こりや腰痛、持病、疲れ易さ、体調の低下などが、ぶり返したり、強まったりします。

 

コリは、東洋医療的に言うと、身体の異常を知らせる箇所です。
運動は、筋肉に強い負荷をかける事になるので、通常の筋肉ならば適当な運動量であっても、コリができている場合には、その箇所の筋肉を収縮させて、状態を更に悪化させます。
特に、いつも、肩コリや、背中の筋肉の痛み、腰痛などに悩まされている場合は、運動をする前に、これを解消しておく注意が必要です。

【 当院の、中高年向けのマッサージ 】(写真)当院の治療

このような事から、「体調管理の為に『スポーツマッサージ』を受けようか?」と、考える方もいます。
しかし、実際には、スポーツマッサージでも、治療院が行っているマッサージ治療でも、体調を診る観点や活用する手法において、大きな違いが無くなってきています。
これは、スポーツマッサージも、コンディショニングという観点から、筋肉だけではなく、リンパ液や血液・神経や骨にも、効果的な影響を与えるような様々な手法が、必要となるからです。

 

当院では、中高年以降になって、運動を始めている方に、体調管理を含めたマッサージ治療を行っています。
特に、関節付近の筋肉や腱などを、手や指を使ってしっかりと引き伸ばし、柔軟性を高める事を、重視しています。
これは、関節付近の筋肉が硬くなっていると、動かせる範囲が少なくなって、動作痛や怪我が起き易くなるだけでなく、血行を悪化させるので、疲労が蓄積し易くなるからです。

 

更に、当院では、「運動で余計に疲れた」とか、「身体に痛みを感じる」という方に、一人ひとりに適したツボを探し出し、それぞれの症状の解消を図っています。
中高年の場合、筋力や体力が低下したり、バランス感覚が鈍ったりするので、本人が意識していない疲労個所や、メンテナンスが必要な箇所を見つけて、ケァする事が必要になるからです。
特に、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などの場合には、本人が意識していない疲労個所を確認し、解消する事が必要なので、身体のバランスを整えるツボ治療が、体調改善に有効です。

体調管理に、マッサージを選ぶ場合には、『あん摩マッサージ指圧師』の国家資格を取得し、いろいろな身体の支障を理解し、治療経験のある治療家の施術を受ける事を、お勧めします。
当院は、国家資格を取得し、日常生活の疲れやストレスの改善だけでなく、運動による身体の痛みや疲労を取り除き、体調管理を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

本八幡 お買い物ついでにマッサージ ♪

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)本八幡 マッサージ

 

導入文

家族の方に、 (図)肩こり  
肩たたきなどをやってもらっても、
どうにも 『コリコリ』 の時、
マッサージを、試してみませんか!

 

当院の近くには、
  MEGAドン・キホーテ本八幡店
  シャポー本八幡
  ニッケコルトンプラザ
  オーケーストア 本八幡店
  ヤマダ電機 / テックランドNew市川本八幡店
  カスミ フードスクエア 本八幡店
などの、ディスカウントストアーや、大手のスーパー、量販店などがあります。
お買い物の帰りに、マッサージを利用してみませんか?  
「コリコリ」解消に最適です。
駐輪設備がありますので、自転車での来院も、大丈夫です。

 

また、他にも(図)水泳
  ジェイホテル本八幡( Jホテル )
  アーデル フィットネス リゾート( ADEL )
     
セントラルフィットネスクラブ本八幡
などの、宿泊施設やスポーツクラブもあります。
身体の疲労や緊張の解消に、マッサージの御利用を、お待ちしています。

 

事前に電話予約されたほうが確実ですが、予約が無くても、予約が入っていなければ大丈夫です。
オススメは、“低料金”で、“シッカリ”と、ほぐしてくれる、15分のクイックマッサージです。
詳しくは、こちらを〔クリック〕してください。
関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

更年期の疲労感・倦怠感への、コンディショニング

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)更年期の疲労感・倦怠感

 

導入文

更年期に現れる症状対策の為に、通院や薬の服用といった対症療法ではなく、身体の調子を整えるコンディショニングが注目されています。

これは、症状の原因が、ホルモンバランスの崩れや自律神経の乱れだけでなく、加齢による影響、身体の変化、家庭や仕事からのストレス、などの影響が大きいので、身体の疲労や緊張を解消して、体調を回復させる事が重要になるからです。

特に、頭痛、めまい、ホットフラッシュ、肩こり、腰痛、疲労感、などで悩まされている場合は、身体の血行に問題が生じているので、身体の調子を整えるには、血行改善を得意とする東洋医療系のマッサージ治療が最適です。

【 加齢や身体変化、精神的ストレスから 】

更年期に現れる不調の原因としてよく言われるのが、女性ホルモンの分泌の急激な減少と、その影響によって、体調を保つ自律神経の働きに乱れが生じるようになった事です。
しかし、実際には、それだけでなく、加齢による影響や、体力自体が低下も大きく影響しているので、若い頃と違って、負荷を強く感じたり、疲れ易くなったりします
加齢や体力低下が進むと、気力はあっても、ちょっとした動作や、いつもの行動や作業であっても、無理が効かなくなったり、疲労を感じ易くなったりするからです。

 

また、この時期は、親の病気や介護で手助けをする事になったり、子どもが就職や結婚で離れていったり、夫が定年近くなったりするので、これらの家庭や仕事のストレスも、身体に不調を起こす原因になります。
心労や悩み事が増えて、精神的に不安定になると、気持ちのコントロールが利かなくなり、ストレス感が増えて、余計に、自律神経の働きを低下させるからです。
気持がふさぎ込む事が多くなったり、それらの感情が精神面に蓄積されたりすると、集中力や意欲の低下だけでなく、イライラ感や憂鬱感などが増すようになり、身体の不調感を強めてしまうからです。

 

しかも、更年期の身体の疲労感は、若い時と違って、疲れが、四六時中抜けないような状態になります。
これは、体調を保つ自律神経の働きがオーバーワーク状態になると、疲労や緊張に敏感になるので、睡眠や休養をとって、疲労やストレスを感じるセンサーの目もりを、いったん正常値に戻しても、少しでも疲労や緊張を感じると、センサーの目もりをすぐに異常値に戻してしまうからです。
この為、休息をとればすっきりと回復する一般的な疲労とは違って、「寝たはずなのに、朝から身体が重だるくて、やる気が出ない」とか、「身体的な疲労感だけでなく、気力がわいてこない」、「憂鬱な気分が抜けない」、などを感じるようになります。

【 更年期と上手く付き合うために 】(図)更年期の運動

更年期に起きてくる疲労感や倦怠感は、解消するのが難しいので、諦めてしまい、「とりあえず、我慢するしかない」と、考えがちです。
しかし、一人で悩み、一人で抱え込んでいると、ますます身体や精神的な症状を悪化させます。
ストレスが蓄積して血行が悪化してくると、体調を保つ自律神経の負担が大きくなり、身体の機能低下を引き起こして、更に体調を悪化させてしまうからです。

 

この不快な更年期障害を上手に乗り切る為には、やはり、解消できるものは解消して、身体に負担が少ない生活を送る事が大切です。
このような事から、“身体のコンディション作り”に、関心が寄せられています。
更年期は、身体の血行に問題が生じている事が多いので、血行と自律神経を安定化させる“身体のコンディション作り”で身体の機能を向上させ、症状を軽減する事ができるからです

 

中でも、軽いジョギングやウォーキング、水泳などの有酸素運動は、自律神経のバランスを安定させるのに効果的と言われています。
これらの運動は、血行が促進される効果や、ストレスの発散やリラックス効果を得られ、また、睡眠リズムを整えて安眠効果もあるので、様々な更年期症状の緩和が期待できるからです。
更に、気持ちをリフレッシュする為にも、適度に身体を動かす事が勧められています。

【 コンディション作りの難しさ 】(図)コンディション作りの難しさ

健康づくりの運動の、基本的な原則は、「やらないより、やった方が良い。そして、やるなら多い方が良い」です。
これは、運動の負荷が、弱かったり、中途半端であったりすると、効果が現れず、運動への期待を低下させてしまうからです。
但し、運動をガンバリ過ぎると、身体を活性させる交感神経が優位になり過ぎて、運動を終えた後になって、血管が収縮し血流が悪くなって、「痛みや凝りが起きた」、「いつまでも疲労が残る」、「血圧の変動が大きくなる」、「動悸がする」、「体調がかえって良くない」、といった不調を起こすので、注意が必要です。

 

このように、運動の負担が少ないと、運動をしても運動効果が見られず、かといって、運動の負担が多くなると逆効果となるので、運動の目安が難しいのが実情です。
特に、年齢的にも、肉体的にも、体力が低下していたり、更に、これまで、全くと言っていい程、運動する習慣がなかったりすると、尚更、運動の目安が難しくなります。
この為、運動による“身体のコンディション作り”を、『あまり抵抗感なく』、『どのような方法』で『どのようにしたら良いか』、迷ってしまいます

 

また、頭痛、めまい、不眠、不安感、気分のうつ、イライラ感などで悩まされていると、“身体のコンディション作り”のイメージが、ハッキリと思いつきません。
これらは、血液やリンパ液の循環悪化や、それによる神経過敏が影響しているので、改善方法が分かりづらくなるからです。
他にも、自分で、気になる症状の原因がハッキリしていなかったり、様々な症状が現れていたりすると、対処を難しくさせます。

【 当院の、更年期の体調調整 】(写真)当院の体調調整

当院では、このような更年期の体調改善に、まずは、身体が本来持っている基礎的な運動能力を、戻す事を目標にして、治療を行っています
これは、更年期になると、動作や身体の使い方が、その人なりにフォームができ、使われる筋肉は疲労が溜まって硬くなり、使われない筋肉は萎縮して硬くなっているからです。
この為、①身体が硬い、②関節の動きが悪い、③身体に左右差がある、④正座したり直立したりすると、身体を支える力が弱い、などが起き、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い」という、体調の不調を感じるようになります。

 

このような目的から、当院では、東洋医療のツボ(反応点)を利用したマッサージ治療で、更年期の、症状軽減の為のコンディショニングを行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、ツボ刺激によって、筋肉の張りをほぐしていくと、内部から血行が改善され、酸素や栄養が身体に行き渡り、老廃物が排出される効果があるからです。
この為、更年期症状の、だるい、肩がこる、冷える、のぼせる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、元気がないなどにも、昔から利用され、現在も広く利用されています。

 

また、ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、筋肉の緊張をほぐし、血行を改善するだけでなく、精神の緊張も解消してくるので、リラックス効果も期待できます。
しかも、運動療法と違って、当院で、問診や触診にウエイトを置いて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出し、手当(コンディショニング)を行うので、患者が、「自分で何かをしなければいけない」、という事がありません。
この為、更年期の加齢や精神的なストレスによる、疲労感や倦怠感の症状にも、悩まされる事が無く、効果的な治療が受けられます。

 

東洋医学の一つであるマッサージ治療は、身体のバランスを整える事を得意としているので、更年期症状のような自律神経の乱れによる症状に適しています。
当院は、ツボ刺激を利用したマッサージ治療で、神経の働きを活性化して、血流の改善やホルモン分泌を促し、体調を整え、気持を落ち着かせ、ストレスを和らげています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

更年期の肩こりと、血圧上昇(高血圧)

【(症例)こり・しこり 】
(写真)更年期の肩こりと、血圧上昇(高血圧)

 

導入文

女性の場合、40歳代前半まで、血圧が低くても、更年期を迎える頃になって、急に血圧が上がる事があり、これを『更年期高血圧』と言います。

更年期になって女性ホルモンが減少してくると、不安やストレスなどがキッカケとなって、血圧をコントロールしている自律神経が変動し易くなるので、それによって、血圧が不安定になる為です。

この為、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などに気付いたら、軽度でも血圧上昇のサインと捉え、マッサージ治療を利用して体調を整えると、自律神経の働きを安定させるのに効果的です。

【 血圧が不安定で、変動し易く 】(図)血圧が不安定で、変動し易く

『更年期高血圧』には特徴があります。
それは、常に血圧が高いのではなく、不安やストレスを感じると、それがキッカケとなって、急に血圧が高くなったり、低下したりするなど、血圧が不安定で変動し易くなる事です
例えば、普段の血圧は、それ程高くないのに、頭痛やめまいなどが起きると血圧が高くなったり、イライラや睡眠不足を感じると血圧が上がったり、病院で血圧測定をすると緊張して血圧が高くなるなど、チョッとした事が引き金となって、血圧が変動し、高くなってしまいます。

 

これは、更年期になると、1⃣筋肉の老化で血管が硬くなる、2⃣女性ホルモンが減少して血管のしなやかさが失われる、3⃣自律神経が不安定になる、などが起きるからです。
特に、3⃣番目の自律神経の不安定に加えて、生活の変化や、ストレスを感じる事が多くなってくると、『更年期高血圧』が起き易くなります。
例えば、更年期の時期になると、子供の独立や就職、夫の定年などで生活に変化が起きたり、親の介護、仕事・職場などで責任や役割が増えたりするので、それによってイライラや不安が増すと、自律神経の負担がオーバーワークとなって、自律神経の働きが乱れ、急に心拍数が高くなったり、血管を収縮させたりするので、突然、血圧が上がってしまうからです。

 

しかも、何も対策を何もとっていないと、血圧の不安定な状態が続いて、血圧が上がったり下がったりしていると、55歳ぐらいから血圧が高止まり状態となって、本格的な高血圧へと進む事があります。
始めは、血圧が不安定で変動する状態であっても、血圧が上がると、更に不安やストレスが増し、それが血圧を上げるというように、悪循環となって、高血圧状態が慢性化するからです。
また、血圧が上がり易くなるので、朝方に血圧が急上昇する『早朝高血圧』となって、心血管疾患のリスクを高める危険性も出てきます。

【 自覚症状 】(図)自覚症状

高血圧症は、一般的に、血圧上昇の自覚症状がほとんどないので、気付かないうちに、進行してしまいます。
しかし、『更年期高血圧』は、不安やストレスなどによる、自律神経の働きの乱れから起きる事が多いので、血圧が急上昇する前に、様々な気になる“兆候(自覚症状)”が現れる事が多くあります。
代表的な“兆候(自覚症状)”として、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などがあります。

 

これは、『更年期高血圧』が、自律神経のオーバーワークと深く関係しているので、不快な症状が起きると、血圧が上がり易くなるからです。
また、更年期になると、年齢や社会的な責任から、身体に疲れが溜まったり、体調が保てなかったりするので、血圧の変動を大きくさせるからです。
更に、血管の血液を送り出す力が、家事や仕事に追われて運動不足になったり、加齢で筋肉の働きが低下したりして、弱まるので、心臓の負担が大きくなって血圧を上げてしまいます。

 

この為、頭痛、頭がボーっとする、めまい、肩こり、むくみ、動悸、などの「何となく体調が悪い」という自覚症状があったら、軽視しない事が大切です
自覚症状に気付いていても、「頭痛がしても、そのうち消える」、「肩こりはあって当膳」、「疲れているだけで病気ではない」と思っていると、更年期以降の、本格的な高血圧へと進んでしまいます。
このような事から、「定期的な健診だけでなく、頭痛や肩こりなどの自覚症状があった場合には、しっかり手帳に記録し、主治医と相談してください」と、注意する医師もいます。

【 運動効果 】(図)運動効果

医院の治療では、『更年期高血圧』の対策として、薬の処方と共に、食生活や運動習慣などの『生活指導』を行います。
薬による治療法だけでは、一時的に血圧を下げる事はできても、服用を中止すると、再び血圧が上昇してしまうからです。
薬の服用は、簡単で、即効性がありますが、『更年期高血圧』を根本的に治す事ができないので、『生活指導』を行っています。

 

『生活指導』として、①ストレスの解消を心がけて、心と身体の両方に負担のかからない生活に改善する事、②バランスのとれた食生活、③適度な運動、が勧められます。
特に、強度は中等度(ややきつい)の有酸素運動を、定期的(できれば毎日)に、30分以上行うと、筋肉にたくさんの酸素や栄養を運ぶので、血管が広がり、血圧を上げようとする神経の緊張を緩和させるので、更年期の血圧を安定化させる効果があります。
この効果で、血圧の上が140~159、下が90~99mmHgの範囲であれば、運動と食事だけでも、薬を使わずに、血圧を下げられる事もあります。

 

しかし、更年期になると、運動不足や姿勢の悪さ、加齢などで、身体が硬くなって動かしづらくなっていたり、痛みが起き易くなったりしています
この為、運動をする気になれなかったり、運動を始めても、運動がしづらかったり、体調が優れなかったりすると、それがキッカケになって、運動を止めてしまったりします。
しかも、運動による血圧安定化の効果は、運動を数か月継続した後でないと、効果が現れないので、体重測定、血圧測定、運動を日課として、気長に続ける気持ちが無いと効果が現れません。

【 当院の、更年期高血圧の治療 】(写真)当院の高血圧治療

更年期の女性の、血圧上昇の大きな原因は、「ストレスで血圧が上がる」と言われるように、体調に不調があったり、不安やストレスなどで自律神経の働きが安定していなかったり、している為です。
このような症状には、昔から、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって『血行やリンパの流れを良くする』『筋肉の弾力性や柔軟性を高める』『神経の興奮を抑制する』などをする事で、身体のバランスを整え、症状の改善に効果を発揮してきました
このような効果から、更年期の血圧の対策として、ストレスが大きく影響しているので、当院は、気になる症状から身体の不調箇所を調べ、マッサージとツボによって体調を回復させる治療を行っています。

 

例えば、更年期になって『頭痛』や『肩こり症状』に悩まされていると、「頭が重い」とか「気分がふさぐ」といった不快感にも悩まされて、『更年期高血圧』を引き起こす原因になってしまいます。
この為、当院では、血圧を上昇させる首筋や肩の筋肉の硬直を無くす為に、ツボ刺激を併用したマッサージで柔軟性を回復させ、体調の回復を図っています。
更に、腰に痛みやダルサなどを感じている場合には、腰の不快感の回復だけでなく、ふくらはぎの血液を送り出すポンプ作用の活性化も行い、血圧上昇の原因を防ぐようにしています。

 

これは、身体の柔軟性回復や血液循環の促進によって、神経の興奮が抑制されて、不快感が減少してくると、それによりオーバーワークになっていた自律神経の働きが回復し、血圧が安定してくるからです。
この為、当院では、特に、問診と触診にウエイトを置いて、身体に現れた症状を確認し、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
体調の変化が起こった時に、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。

 

高血圧症は目立った症状がなく、健康診断の数値として現れるまで気づかない事もありますが、軽度でも、血圧上昇のサインとして、体調の不調を感じる事があります。
当院は、更年期の血圧上昇に対して、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で体調を回復させ、心身の緊張状態を和らげ、健康な状態に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

女性の更年期の腰痛 と、お尻の冷え

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)女性の更年期の腰痛

 

導入文

腰痛は、女性にとって、肩こりに次いで2番目に多い症状ですが、とりわけ更年期を迎えると、腰痛で悩む女性が増え、更年期の女性の中の約3割が腰痛で悩まされています。

更年期の腰痛は、加齢や、蓄積した疲労、筋力低下、姿勢の変化などによって、痛みが繰り返されたり、慢性化したりするので、痛みが体調の悪化を招いたり、生活に支障を与えたりしてしまいます。

更年期の腰痛の改善には、腰の部分的な痛みの解消だけでなく、慢性的な疲労の回復や、身体を支えている筋肉のアンバランスを解消させる事も必要になるので、体調の回復に力点を置く、東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。

【 更年期の女性の、痛みの特徴 】(図)更年期の女性

更年期になると、腰痛を訴える女性が多くなりますが、腰痛の時に“独特な痛み”を感じる事が多くなっています
例えば、「激しい痛みではないけれど、何だか腰が重たい」とか、「朝から身体が重い感じがして、腰に疲れを感じる」など、腰の痛みだけでなく、ダルサ感や疲労感などを伴っています。
あるいは、「腰の内側から“がんこな”こりや痛みを感じる」、という事もあります。

 

この“独特な痛み”を感じる原因として、更年期になると、体調を保つ自律神経の働きが不安定になり、身体の血液やリンパ液の循環が悪化している事があります。
循環が悪化すると、筋肉内で必要な酸素が不足したり、老廃物が排出されづらくなったりするので、痛みにダルサ感や疲労感も加わり、“独特な痛み”として感じるからです
また、循環の悪化で神経を刺激するようになるので、痛みに敏感になり、これまでなら痛みを感じていなかった程度でも、痛みを感じ、チクチク、ジンジンしてきたり、あるいは、痛みを強く感じて、ズキズキとした痛みを感じたりするので、これも“独特な痛み”を感じる原因になります。

 

しかも、身体の血液やリンパ液の循環が悪化し、痛みや不快感に敏感になってくると、腰だけでなく、身体の様々な所に痛みが起き、肩コリや背中のコワバリ、膝の痛みなどが起きてきます。
更に、不快な痛みが続くと、それがストレスとなり、「座って仕事をしていると、夕方になると腰に鈍い痛みがする」、「いつの間にか腰をかばって、日常の動作が不便になった」など、体調を崩す原因にもなります。
他にも、「頭が重い日や、頭痛が続く」、「首から肩にかけての筋肉が、張り詰めたように凝る」、「背中に鉄板が入っているように、硬くて重たい」、「立ち上がった時や歩き始めに、膝に痛みを感じる」なども、よく起きるようになります。

【 お尻の筋肉が弱ると 】(図)お尻の筋肉が弱る

更年期になると、体力の低下や、体重増加、姿勢の悪化などによって、腰に違和感が起きたり、腰に痛みが起き易くなったりするので、解消させる為に、思い浮かぶのが、腰のマッサージやストレッチです。
しかし、対策には、気になる腰だけでなく、腰の筋肉と密接に関連しているお尻の筋肉も、注意してチェックして、手当する事が必要です。
これは、腰とお尻の筋肉が連続して、つながっているので、お尻の筋肉が疲労したり弱ったりすると、直接、腰に影響を与えるからです

 

例えば、お尻の大きな役割として、『身体を安定した状態で、立たせる事』があるので、更年期に入ってお尻の筋肉が衰えると、腰の筋肉がオーバーワーク状態に陥って、腰痛が起き易くなります。
また、お尻の筋肉は、歩いたり走ったりする時に『衝撃吸収』や『ふらつき防止』の役割もしているので、お尻の筋肉が衰えると、「長時間、立っていられない」、「足が上がりにくくなる」、「歩行速度の低下」、「歩幅の低下」、などが起きるだけでなく、やはり、腰の負担が無意識のうちに増すので、腰痛が起き易くなります。
このように、お尻は、立ったり、座ったり、歩いたりする時に、下側から腰の働きを助けて、腰への衝撃を吸収し、障害を防いでくれますが、お尻まわりの筋肉の働きが低下してくると、腰の筋肉の負担が増して、腰痛を起こす原因になります。

 

お尻の筋肉の働きが低下する原因として、更年期に自律神経の働きが不安定になって、血行が悪くなる事もありますが、それ以上に、座っている事が多くなったり、運動不足が続いたりする事の影響が大きくなっています。
座っている事が多くなったり、運動不足が続いたりしていると、お尻の血行やリンパの流れが低下した状態がつづくので、それによって、腰の血行やリンパの流れも低下するからです。
この結果、腰に慢性的な重だるいような症状が起きて、腰が「重い」、「だるい」、「動きづらい」などで悩まされたり、歩く事や立っている事が辛くなって、座りたくなったりします。

【 お尻の血行の重要性 】(図)お尻の血行

お尻は、分厚い筋肉が、何層も重なっているので、本来ならば、その分、血行の良い状態が保たれている事が必要です。
しかし、お尻は、手足と違って動かす事があまりない事や、毛細血管が多く集まっているので、座り仕事でジッとしていると、血行が悪くなりがちです
その上、女性のお尻は、狭い骨盤内に子宮や卵巣などもあるので、更年期の血行不良が起きると、ますます、お尻の血行が悪くなります。

 

しかも、女性のお尻は、脂肪が多いので、腰に痛みが起き易くなる原因になります。
分厚い脂肪で、骨盤内の子宮を守ってくれますが、血行やリンパの流れが悪化して、脂肪が一度冷えると、温まりにくいので、冷湿布(シップ)となって、腰も冷やして、痛みを起こすからです。
この為、骨盤内の内臓を冷やして便秘や生理不順、更に、婦人科系の病気を引き起こす事もあります。

 

この為、「お尻の奥に、何となく痛みを感じる」、「下腹部やお尻のほうへ抜けるような鈍痛がある」、「お尻を触ってみると、冷たい」などがある場合は、お尻の血行悪化から、腰の痛みや不快感の原因になっている可能性があります。
しかも、「腰からお尻にかけて重だるく、スースーと冷えるようになり辛い」とか、「お風呂に入り体が温かくなると、腰の痛みが楽になる」などがある場合は、これを裏付けるものです。
気付かないうちに、お尻の血行の悪化で、お尻が硬くなると、腰まわりの筋肉も硬くなって腰痛につながったり、あるいは、お尻の奥の神経を刺激して、お尻から太ももの後ろにかけて、痛みやシビレ(坐骨神経痛)を起こしたりします。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の腰痛治療

当院に来院される、更年期の女性の腰痛の箇所を分けると、大きく3つに分けられます。
① 腰のベルトのラインの上下あたりが痛む、重苦しい、ダルイ
② 骨盤や仙骨(骨盤の真ん中の骨)のまわりが痛む
③ 股関節付近が、痛む、ダルイ、重く感じる
このように、腰痛の箇所は大きく3つに分けられますが、痛み方の特徴として、腰とお尻の血行悪化が原因となっているので、ギックリ腰のように、痛む箇所がハッキリせず、“漠然”とした状態になっています。

 

この為、当院では、①患部の範囲や、②痛みを引き起こしている箇所を確認する為に、触診を重視し、更に、痛みに関連するツボを探し出すようにしています
ツボは、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる『反応点』であると共に、症状を改善する『治療点』でもあるからです。
確認後、マッサージ治療にツボ刺激を加えて、骨盤周囲の靭帯や筋肉の柔軟性を回復させ、血液やリンパ液の循環の改善を図っています。

 

更に、当院では、腰痛改善の為に、お尻と腰の筋肉に関係する、骨盤内の関節や、太ももとと骨盤の関節、背骨と骨盤の関節、などの関節のチェックも行っています
お尻は、『縁の下の力持ち』として、腰の下側で体重を支えながら、柔軟な動きが必要になるので、お尻と腰の関節が、異常なく可動域のある動きが、できる事が必要になるからです。
これらの関節の滑らかさが回復すると、「腰の重だるさも軽減された」、と言う人がいるくらい、骨盤内の血行も促進され、腰の痛みを減少させる効果があります。

 

腰とつながっているお尻は、毛細血管が多く集まっているので、更年期になって自律神経の働きが不安定になると、血行が悪くなって冷え易くなり、腰痛になり易くなります。
当院は、腰やお尻の血流の改善や、筋緊張やそれに伴う硬結の解消によって、不快感や疲労感などを回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

イライラ、疲労、だるい、頭痛、眠れない、女性の不定愁訴と東洋医療

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)イライラ、疲労、だるい、頭痛、眠れない、女性の不定愁訴と東洋医療

 

導入文

 

「何となく身体がだるい」、「肩こりがつらい」、「食欲がない……」、「イライラする」、「頭痛」、という不快でつらい不定愁訴を、女性の二人に一人が経験しています。

東洋医療では、このような「病気ではないが、健康とも言えない」症状に、昔から、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)を利用して、体調を回復させる治療を行ってきました。

現在でも、ツボ刺激やマッサージ治療で、患者の体調や体質に合わせて身体の調子(治る力)を上げていく治療法が、不定愁訴からの回復法として、広く受け入れられており、当院は、特に身体に現れる反応点(ツボ)を重視して、ツボ治療とマッサージ治療による改善を行っています。

【 何となく体調が悪い 】(写真)何となく体調が悪い

本人は、「何となく体調が悪い」という症状を強く訴えていても、その理由や原因がはっきりした分からない症状を、不定愁訴と言います
ハッキリとした原因は、分かっていませんが、生活上のストレス、睡眠不足、自律神経の乱れ、ホルモンバランスなどが、様々に絡み合って、影響していると言われています。
女性の場合、女性ホルモンの微妙な加減によって、自律神経の働きが大きく影響されるので、40代以降、女性ホルモンが減少してくると、不定愁訴が起き易くなると言われています。

 

特に、更年期を迎えた女性の60~70%は、程度の個人差はありますが、こういった症状を経験していると言われています。
症状は多種多様で、頭痛、食欲不振、慢性疲労感、不眠、微熱など、様々です。
しかも、症状が一定せず、「疲れ易い」などの全身症状だったり、「頭痛と腹痛」というように、いくつもの症状が出たり、あるいは、1日の中でも、次々と症状が変わったります。

 

ところが、女性の多くが、このような症状が現れても、家事や育児、介護などに追われてしまうと、身体に異常を感じていても、ツイ後回しにしてしまいがちです。
これは、身体に異常を感じても、多くの場合、原因がハッキリしない事と、これといった解決法が無いので、「年齢的に、仕方がない!」とか、「いつもの事だから」と、諦めてしまうからです。
しかも、「我慢していれば、この程度なら、そのうち解消するだろう」と、自分で勝手に都合良く期待してしまう傾向があります。

【 我慢していると 】(写真)我慢

しかし、不定愁訴は、我慢しているうちに、繰り返す回数が増えてきたり、じわじわと悪くなってきたりします
これは、毎日の生活の中で、神経が絶えず緊張していなければならない状況にあると、自律神経のバランスが不安定になって、崩れ易くなる為です。
また、我慢を続けているので、不快感が続いてしまい、症状を余計にツラクさせてしまいます。

 

こうなると、天気が変化した時に、身体がなじめなくなり、体調に不調を感じる事も出てきます。
自律神経が過敏になるので、天気が悪くなってくると、興奮・緊張を司る交感神経と、リラックスを司る副交感神経のバランスが、崩れてしまうからです。
例えば、雨が降りそうになったり、低気圧が近づいたりすると、頭痛や神経痛が出たり、関節が痛くなったりします。

 

また、このような不定愁訴の違和感や不快感は、あくまで本人だけが感じる、強い“自覚症状”なので、人に誤解されてしまうような、別のツラサも出てきます。
症状で辛くなっていても、それを、「やる気がない」とか、「怠惰な人」と思われて、周りの人に理解されない事があるからです。
あるいは、「適当にわがままを言っているだけ」と、自分勝手な自己主張と思われてしまうこともあります。

【 体調改善で、回復力を 】(図)体調改善

この為、身体の血の滞りや疲れ易さなどを解消して、症状を軽減する事(コンディショニング)ができれば、本人にとって、大きな助けになります
体調を保つ働きが低下しているので、体調を保つ働きの負担を少なくする事で、余力が生まれ、身体が改善しようとする状況が、自然にできるからです
しかも、身体が改善しようとする状況ができれば、身体の回復力を高められる、不快でつらかった生活が改善されます。

 

例えば、肩や背中の緊張が強まっていると、体調を保つ働きの負担が大きくなっているので、頭痛、頭重感、めまい感、胸の圧迫感、息苦しさ、倦怠感、微熱などが、起きてきます。
そして、これによって精神的な不快感が増すので、ハッキリとした病的な状態でなくても、「身体がどうもスッキリしない」、といった状態になります。
このような時に、肩や背中などの、痛みが強く感じられる部分の緊張を取り除く事をすると、身体が軽くなったように感じられ、気分的に楽になってくるので、体調改善のキッカケになります。

 

また、疲労や緊張で、腰やお尻が硬くなって、血行が悪くなると、腰の痛みだけでなく、ダルク重い感じになり、何とも言えない倦怠感を生じる事がよくあります。
これは、腰やお尻の筋肉の働きが低下し、血液循環が障害されるので、疲労物質が蓄積する為です。
このような場合に、腰やお尻の、不快な痛みを感じる部分の柔軟性を回復させて、血行を改善すると、体調が改善されてくるので、身体全体がスッキリしてきて、体調を改善させるキッカケになります。

【 当院の、不定愁訴の治療 】

当院は、身体に現れた反応点を利用して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、不定愁訴の症状の改善を行っています。
東洋医療では、「病気ではないが、健康でもない」といった状態や、「病気にはまだなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった症状を『未病』と呼び、マッサージ治療やツボ治療で、体調改善を行ってきた実績があるからです
この為、現在でも、病院に行っても、不定愁訴の症状は診断や改善が難しいので、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療が、とても有効な対処法になっています。

 

例えば、身体にダルサやコワバリを感じたり、頭が重くなってきたり、凝り感が強まったりしてくると、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)が現れるので、東洋医療では、そこを治療点として活用し、症状を改善させています。
反応点(ツボ)に、適度な刺激を与える事で、滞っていたリンパ液や血液の流れが良くなって、身体の回復力を高める効果があるので、当院は、特に触診にウエートを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、治療を行っています。
また、マッサージ治療を行う事によって、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの作用から、身体全体の調子(治る力)を上げて、健康を取り戻す効果があります。

 

これらの治療によって、身体の不快感が減少してくると、自律神経のバランスが回復し、イライラ、疲労、だるい、眠れない、頭痛などの、不定愁訴の改善につながり、心身がリラックスしてきます。
また、当院では、身体に現れた症状を重視して、その人の体質などを考慮した治療を行っているので、施術中に、軽い痛みと共に気持ち良さ(イタキモ)が感じられ、身体全体の調子(治る力)が上がってくるのが感じられます。
検査をしても特に原因が見つからず、どことなく体調が不良な不定愁訴には、身体の異常を知らせるツボを捉えて、患者の状態に合わせて治療する当院の治療を、お勧めします。

 

現代は、ストレスからくる倦怠感や、高齢化にともない、加齢による不調に悩む人が増えてきているので、身体全体を改善し、健康を維持させるような治療が求められています。
当院は、保健所の認可を受け、個室型の施術室で、女性の患者が安心して、マッサージ治療が、受けられるように行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

慢性的に不快な痛みを発する、筋肉の“しこり”

【(症例)こり・しこり 】
(写真)慢性的に不快な痛みを発する、筋肉の“しこり”

 

導入文

こりの中でも、絶えずコワバリ感がある上に、ジンジンとか、ズキズキとした痛みも感じ、その上、そのあたりが、チョッと疲れたり緊張したりすると、敏感に反応して、重苦しいダルサが強く増すこりがあります。

このタイプのこりは、筋肉のコワバリの中に、硬い“しこり”ができている事が多く、その状態になると、内部の血行が極度に悪化し、自己回復ができなくなって、周りの神経を刺激して、痛みを発し続けるからです。

“しこり”を解消させるには、“しこり”を触診して、状態を確認しながら、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などが必要なので、このような処置には、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が適しています。

【 過剰な負荷から、しこりに 】(図)しこり

こりは、通常、長時間の同一姿勢や、筋肉への過度の負荷、あるいは、不良姿勢などで、筋肉の緊張が続いて、血流が阻害された状態になると、生じます。
この状態になると、筋肉内で酸素が不足し、疲労物質や老廃物が溜っているので、筋肉の柔軟性が失われて硬くコワバリ、そして回復力を失うので、疲労感やダルサに悩まされるようになります。
しかし、早いうちに、筋肉の柔軟性を回復させ、血行を改善させると、内部の酸素不足が解消し、疲労物質や老廃物が排出されるので、こりの症状は消えていきます。

 

ところが、筋肉への負荷が、更に続くと、筋肉内部に、筋肉が凝り固まったような“しこり”ができてしまいます。
“しこり”ができると、違和感が生じるので、皮膚の上から軽く圧迫しながら触ってみると、内部にコリコリしたものが感じられ、大きさが数ミリ~数センチぐらいの、筋肉のスジのようなものが、できている事が分かります。
“しこり”は、血行の悪い状態が続いて、自己回復ができなくなっているので、違和感や痛みの発生源となって、ジンジンとかズキズキと痺れるような痛みを、絶えず発するようになります。

 

“しこり”は、筋肉に過剰な負荷がかかり続けるとできるので、身体のどこにでもできます。
比較的多いのが、首の付け根や、肩甲骨の内側、そして、骨盤の上側や、お尻の内側など、姿勢を維持する筋肉のあたりです
これらの箇所は、身体の上からの重みを支えたり、長時間同じ状態を維持する為に緊張し続けたり、あるいは、動作のたびに同じ筋肉に負荷がかかり続けたりするので、筋肉の負担が大きくなり過ぎてしまう事があるからです。

【 筋肉をギュッと締めつける筋膜 】(図)筋膜

この“しこり”は、筋肉が、疲労や緊張でコワバリ、固まったように思われますが、正確には、筋肉を包んでいる膜(筋膜)が、疲労や緊張などで血行が悪くなり、筋膜に含まれている水分量が少なくなって、筋肉にピッタリとくっついてしまい、更に筋膜が縮んで、筋肉をギュッと締めつけ、筋肉を圧縮したカタマリを作った為です
筋膜の85%は水分とされているように、通常ならば、筋膜は、非常にたくさんの水分が含まれているので、水分のクッション性から、筋肉を柔らかに包んで、筋肉を保護し、筋肉が滑らかに動けるようにしていますが、疲労や緊張などで、筋膜の水分が少なくなってしまうと、水分量が少なくなって、内部の筋肉をギュっと圧迫して、縮めてしまうからです。
「運動で汗をかいた後に、十分な水分補給をしないと、筋肉がコワバッテ、脚がつったり、筋肉痛になったりする」と言われるのも、この作用があるからです。

 

しかも、筋膜が、筋肉の表面にピッタリとくっついて、きつく癒着してしまうと、内部の筋肉を圧迫するだけでなく、筋肉内への血液やリンパ液などの出入りが、できなくなってしまいます。
言ってみれば、筋肉が、「“兵糧攻め”を受けて、食料を絶たれた」ような、状況になります。
この結果、酸素や栄養が不足し、有害な老廃物が溜まるので、それによって周りの神経が刺激されて、ジンジン、あるいはズキズキと疼(うず)くような、異常な感覚が起きるようになります。

 

しかも、この疼くような痛みは、筋膜が筋肉にきつく癒着して、凝り固まったような状態になっているので、症状を慢性化し、不快な痛みを強めます。
血行の悪化によって、筋肉の新陳代謝が極度に低下した状態になっているので、身体の負荷に対する耐性が弱まって、痛みを感じるセンサーが敏感になるからです。
この為、身体の疲労や精神的な疲労が、少しでも強まると、敏感になっているセンサーが刺激されて、一挙に不快感やダルサが強まるようになります。

【 身体の不調 】(図)身体の不調

このような、疼くような痛みを我慢して放置していると、精神的にも、悪影響を及ぼします
身体の慢性的な痛みや不快感によって、体調を保っている自律神経の働きがオーバーワークとなり、本来の働きができなくなったり、アンバランスな働きになったりして、身体の不調が起きるからです。
この結果、「朝、起きた瞬間から“しこり”付近が疲れている」、「身体が重ダルク感じる」、「何をしても肩凝りや腰痛が良くならない」、などが起きてきす。

 

特に、首の“しこり”は、その不快感から、身体のさまざまなところに不調を起こします。
これは、血流が悪化して脳に新鮮な血液が行き渡りにくい状態になったり、脳と身体をつなぐ全ての神経の通り道になっているので神経障害が起きたり、首周りのリンパの流れが停滞して老廃物が上手に排出できなくなったり、するからです。
これによって、様々な不定愁訴の原因になり、頭がズキズキしてくるとか、めまい、気分のイライラ、鬱っぽくなる、疲れが取れない、胃腸の調子が悪い、などのを引き起こします。

 

しかも、この状態になっていると、筋肉を包んでいる筋膜がきつく癒着し、凝り固まった状態になっているので、症状の解消が難しくなります。
例えば、温めたり、湿布薬を貼ったり、筋肉全体を伸ばすようなストレッチなどをしても、癒着が解消されないので、回復効果がありません。
また、“しこり”そのものを解消しようとして、筋肉のコワバリを引っ張ったり、力を加え過ぎたりすると、過敏になっている神経を刺激する事になり、不快な症状が更に増して、“しこり”部分のコワバリが進んでしまいます。

【 当院の、しこり解消 】

このタイプの“しこり”を解消させるには、“しこり”を触診して、伸縮性の残っている方向を確認し、ゆっくりと伸ばしながら、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの処置が必要です
この為、当院では、触診や問診から、筋肉内部の“しこり”を確認し、圧をかけながら、筋膜をさまざまな方向に解きほぐし、筋膜の柔軟性を回復させる治療を行っています。
この触診を基にした手技療法で、“しこり”を軟化させ、周辺のコワバリを回復させていくと、血液やリンパ液などの循環が回復し、神経を刺激している痛みの元を洗い流すので、不快な痛みが減少していきます。

 

更に、当院では、東洋医療で用いられるツボ刺激を活用して、鎮痛や“しこり”の解消に、効果を上げています。
“しこり”ができ易い場所とツボのある場所が、7~8割以上重なり合っているので、ツボを刺激する事で、改善効果が期待できるからです。
ツボ刺激を受ける事で、働きの鈍っていた筋肉の組織が活発化するので、それによって、内部の新陳代謝が促されて“しこり”が縮小していき、それと共に、不快な痛みを和らげる効果があります。

 

また、“しこり”の解消には、“しこり”のある部分だけではなく、動作や姿勢の維持などで関連する筋肉を含めて、筋肉の状態をチェックして回復させる事が必要です。
そして、この関連する筋肉を回復させる事によって、きつく癒着している筋膜の緊張を、外側から緩ませる作用にもなります。
東洋医療は、神経の流れ、血管の走行、筋肉の関連などに注目して治療を行っているので、“しこり”に関連する筋肉の治療のチェックに利用し、“しこり”周辺の柔軟性の回復を図っています。

 

首や肩を触ってみて、筋肉の中に、硬くてコリっとしたものを感じ、圧迫すると疼く感じがする場合には、“しこり”ができている可能性があります。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のストレスや過緊張を解き、神経の過敏状態を回復し、痛みやこりを取り除く治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

姿勢の悪化と、体の歪み(長時間の座り疲れから)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)姿勢の悪化と、体の歪み(長時間の座り疲れから)

 

導入文

姿勢が悪いと、最初に浮かぶのは、見た目の悪さですが、実際には、姿勢の悪化から、身体の歪みとなって、慢性的に「首や肩が凝る」とか「腰が痛い」といった症状が起き、絶えず悩まされるようになります。

特に、長時間の『座りすぎ』や『座りっぱなし』の場合には、姿勢を支える背中や腰の負担が大きいので、姿勢が崩れ易くなる上に、「座っている事が多いほど腰痛になり易い」と言われるように、身体に不調を起こす大きな原因になります。

この為、長時間の座り仕事で、疲労を感じ、身体の痛みや不快な症状に気付いたら、持病とさせない為にも、早めにマッサージ治療で、身体のチェックと手当をする事が大切です。

【 姿勢の悪さから、身体の不調や仕事への悪影響に 】(図)身体の不調

オフィスで働く人の7∼8割が、“座っている姿勢”に問題があると感じているだけでなく、それによって勤務中に、「首や肩が凝る」とか「腰が痛い」といった様々な不快な症状を自覚し、悩まされています
姿勢の悪化によって、多くの人が感じている代表的な症状は、次の通りです。
①猫背による姿勢の崩れから、肩こり、首こり、背部痛、腰痛。
②前かがみの姿勢による胃腸への負担から、食用不振、胃痛、胃もたれ、便秘、下痢。
③前傾姿勢になって肺が圧迫されて肺の機能が低下し、身体に酸素の供給が不足してくる事から、疲れ易く感じる、気分がスッキリしない、ダルイ、イライラ、鬱気分になる。

 

更に、これらの身体の不調から仕事に影響してくるので、集中力の低下、作業効率の低下、意欲の低下、集中力が途切れ易い、などが起きてくる事を、気付かされています。
姿勢が悪いと、心身の疲労が強まって、身体に不調が起きてくるだけでなく、首や肩、背骨や骨盤、股関節などに、痛みや不快感が起きてくるので、仕事に専念できなくなるからです。
この為に、座っている時の姿勢が悪いと自覚している人ほど、いろいろな身体の不調に悩まされ、それによって、仕事にも影響をきたすようになっています。

 

しかし、姿勢の悪さを、何となく気付いていても、「何もしていない」という人が、半数以上になっています。
これは、仕事をしていると、仕事に意識が集中するので、姿勢についての意識が薄れてしまう事や、仮に姿勢が気になっても、仕事中は、自分で自分の姿勢を見る事が無いので、姿勢を保つ事が出来ないからです。
また、座って仕事をしている時には、自分の左右のお尻で体重を支えているので、交互に体重をかけたり、楽に感じる側に体重をかけたりして、身体の軸がズレ易くなる事や、毎日の習慣や癖、仕事の都合などで、無意識に、偏った動作をして、身体の軸がズレテしまいます。

【 座りすぎや、座りっぱなし 】(図)座りすぎや、座りっぱなし

座り仕事による姿勢の悪化で、すぐに思いつくのが、『猫背』や『ストレートネック(別名、亀首)』、そして『巻き肩』です。
これらは、PCの画面や手前の文字を見ているうちに、覗き込むような姿勢になり、この結果、上半身が縮こまって、前かがみになり、首が前に出て、背中が丸まってくる為です。
『巻き肩』は、手で前方の操作をしているうちに、それに合わせて肩が前方に出て、肩のラインが内側に巻くような状態になり、胸の筋肉が縮こまるので、首や肩の凝りを強めて、胸を圧迫するようになります。

 

しかし、これらの『猫背』『ストレートネック(亀首)』『巻き肩』などの原因は、覗き込む姿勢による影響がありますが、それ以上に、『座りすぎ』や『座りっぱなし』による疲労の影響が、大きくなっています。
これは、長時間の『座りすぎ』や『座りっぱなし』でいると、ずっと同じ姿勢を続ける事になるので、同じ筋肉に過緊張が続き、肉体的疲労が強まるだけでなく、それによって血行が悪くなるので、身体に疲労が溜まり、必要とされる酸素が不足してくるので、筋肉の働きが低下し、姿勢が保てなくなり、姿勢を悪化させるからです。
また、デスクワーク中は、思考や計算で脳細胞がフル活動していたり、常に緊張や集中を強いられたりするので、脳が疲労してくるので、それによって、脳の身体を保つ働きも低下し、姿勢が悪くなっていると分かっていても、姿勢が保てなくなります。

 

しかも腰は、座っていると、腰に、上半身の体重や負荷が全てかかってくるので、上半身が疲れて姿勢を維持できなくなってくると、それを支える為に、ますます腰の筋肉がコワバッタリ、血行が悪くなったりして、疲労度合いが強まります。
この為、無意識に、腰の疲労を少なくしようとして、腰の筋肉をなるべく使わないように、椅子に浅く座って、骨盤を後ろに押し付けるようにして、そして、身体を背もたれにあずける様な座り方、をするようになります。
いわゆる猫背姿勢の始まりになりますが、この事に気付いて姿勢を正しても、腰の疲労で姿勢を維持できなくなっているので、すぐに猫背姿勢に戻ってしまうだけでまく、腰に負荷が大きくなっているので、次第に腰に鈍痛が起きてきたり、ギックリ腰痛が起き易くなったりします。

【 姿勢の悪化から、身体の歪みに 】(図)身体の歪み

そして、『座りすぎ』や『座りっぱなし』で、身体の疲労から、姿勢の悪化が続いてしまうと、それが固定化して、身体の歪みの原因になります
前かがみ姿勢が多くなってくると、背骨本来のS字カーブを崩してしまうので、背骨のクッションが失われて、腰や背中を伸ばしても、姿勢の悪化が解消できなくなるからです。
更に、背骨の周りの身体を支える筋肉や靭帯も、背骨のクッションが失われる事から、負荷がかかり続けるので、猫背のように後ろに湾曲させたまま、硬化し、固まった状態になり、身体の歪みとなります。

 

しかも、身体が歪んだ状態になると、背部の身体を伸ばす(反らす)筋力が、十分に使われなくなってくるので、筋力が弱まり、ますます身体の歪みが回復しづらくなります。
女性の場合には、もともと姿勢を支える筋肉量が少なく、関節付近の靭帯も柔らかいので、加齢によって筋力が衰えてくると、身体の歪みが起き易くなり、背を丸めた姿勢が多くなります。
また、男性の場合には、靭帯などの柔軟性が低くて硬くなり易いので、デスクワークなどが続いて、一度、身体の歪み生じると、元に戻りにくくなります。

 

この結果、「最近、姿勢が悪くなって、疲れ易く、疲れが取れにくい」、「慢性的な、痛み、違和感などがする」、「身体が歪んでいるのが気になるけれど、何処が歪んでいるか解らない」、という状態になります。
しかし、これらは、姿勢の悪化や体の歪みによって、骨格の周りで、姿勢を支えている筋肉や靭帯の疲労が原因になっているので、対策が取りづらくなります。
しかも、整形外科などで、受診しなければいけないような身体の異常ではないので、改善策が見つからず、この結果、「何もしていない」という人が多くなっています。

【 当院の、姿勢改善の治療 】(写真)当院の治療

『座りすぎ』や『座りっぱなし』による姿勢の悪化や、それによる痛みや不快な症状などが起きる、もともとの原因は、筋肉に大きな負荷がかかり、筋肉の緊張が高まり、収縮したまま固まってしまった事です。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、筋肉や血行の改善を得意としているので、このような『座りすぎ』や『座りっぱなし』による、筋肉の過緊張や、不均衡状態を解消させるには、適した治療法になっています
当院では、姿勢の悪化や身体の歪みの改善のツボ治療と、身体のバランスを整えるマッサージ治療を行っています。

 

これは、ツボが『反応点』として身体の異常を知らせる箇所であり、『治療点』として症状を改善する箇所でもあるので、ツボを身体からのアラームサインとして捉えて、解消させると、姿勢の改善に効果があるからです。
また、マッサージ治療には、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、④関節の可動域を広める、などの効果が認められているからです。
この為、当院では、身体の診断の後、筋肉のコワバリによって歪みを起こしている箇所を回復させるツボ治療と、慢性化している疲労や緊張を解消させるマッサージ治療の、2種類の治療によって改善を行っています。

 

例えば、ツボ治療によって、過敏になっている神経を回復させていくと、不快な痛みも改善されてくるので、慢性的になっている、肩こり・首こり・腰痛などに効果があります。
これによって、骨格を支えている筋肉や靭帯の柔軟性も回復してくるので、姿勢の悪化や身体の歪みも、特別な負担も無く、改善されてきます。
また、神経や血液の循環を回復させ、身体のコワバリを解消させる為にマッサージ治療を行うと、身体の疲労と緊張を解消させ、身体のバランスを整えるのに、効果的な作用になります。

 

姿勢の悪さは、そのままにしておくと痛みや歪みを更に悪化させてしまうので、気付いた痛みや不快症状を早めに解消させ、筋肉の柔軟性を回復させておく事が大切です。
当院は、姿勢改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の筋肉や靭帯の、疲労や緊張の解消、柔軟性の回復などの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、右上の[メールを送信]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

緊張型頭痛の薬の服用と、リラックス法

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)緊張型頭痛の薬の服用と、リラックス法

 

導入文

緊張型頭痛は、慢性頭痛の中で7~8割を占めているので、医師の診察を受けなくても、たやすく手に入る市販薬が販売されていますが、市販薬に頼り過ぎると、次第に痛みに敏感になったり、痛みが酷くなったりして、症状を悪化させる危険性があります。

緊張型頭痛は、姿勢の悪さやストレスなどが原因なので、原因となっている緊張を高めないように、リラックスしたり、生活習慣そのものを改善したりする事と、首すじや肩の筋肉がコワバッテきた場合には、ほぐす事が大切です。

しかし、仕事の都合でリラックスさせる事が難しかったり、神経が敏感になって痛みが出たり、自分でほぐすのが困難だったりするので、このような場合には、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を受けると効果的で、手軽です。

【 頭痛薬を使い続けるうちに 】(図)薬物乱用頭痛

緊張型頭痛は、肩や首の筋肉のコワバリによる血流悪化から、頭痛を起こすので、『肩こり頭痛』とも呼ばれ、頭に鈍い痛みがダラダラと続いて、重苦しくなり、思考力も働かなくなり、鈍ってきます。
この為、薬を服用して、痛みを少しでも早く解消したくなりますが、最初のうちは「薬が効く」と感じていても、薬の服用を続けているうちに、次第に「効果が持続しない」とか、「効果が感じられない」となって、鎮痛効果が無くなってきます。
更に、頭の痛み方も変わって、痛みの強さがゆっくりと時間をかけて強くなったり、痛みが変化しながら長引くようになったり、あるいは、頭重感や耳鳴りが慢性的になったりしてきます。

 

これは、薬で頭痛を抑え込んでいると、身体がもともと持っている、痛みへの調整機能や回復力が低下してくるからです
この結果、痛みへの調整機能が働かなくなってくると、少しの刺激でも痛みを感じ易くなるだけでなく、『薬物乱用頭痛』が起きて、前より頭痛が辛くなってきます。
更に、身体の回復力の低下で、症状を改善する事が難しくなるので、薬の量を増やしたり、頻繁に薬を服用したりして、余計に頭痛薬に頼るようになります。

 

病院では、このような『薬物乱用頭痛』を避ける為に、医師が薬を処方する場合でも、薬の使用が、月に15日を超えないようにしています。
急場をしのぐ場合には、薬を処方しますが、最終的にはリラックス法で、ストレスや疲労などによる血行悪化を防ぎ、薬に頼らずに、痛みを無くす事を目標にしています。
この為、心身がリラックスできなくなってくると頭痛が起きてくる事を、患者が自覚してもらう事や、頭痛の予防や対策に、長時間同じ姿勢をとり続けない、前向き姿勢の是正、体操、マッサージ、入浴、精神的リラックス、などを勧めています。

【 リラックス法と、その限界 】(図)ストレッチ

しかし、始めのうちは、セルフマッサージやストレッチをしても、筋肉や血行の回復効果が弱いので、仕事や家事をしていると、いつの間にか、首や肩の筋肉の緊張が強まってしまいます。
これは、セルフマッサージやストレッチが、すぐに効果があるものではなく、少しずつ覚えていくものなので、始めのうちは、筋肉の状態に合わせてやり方を改善し、毎日繰り返す事が必要になるからです
また、姿勢に注意して筋肉への負担を軽減させたり、適度な運動を、時間の合間に取り入れたりする工夫も必要です。

 

ところが、首すじの筋肉のコワバリが強くなっていたり、凝り感や痛みを絶えず感じたりすると、緊張型頭痛の初め(軽度)の段階を超えた状態になっています
この状態になると、筋肉内部で、多方向に伸びている毛細血管の“それぞれ”が、筋肉のコワバリで血管の柔軟性を失って、血行不良の状態になっているからです。
この為、頭を横に傾けたり、頭を廻したりして、首すじを一方向に伸ばすだけだったり、部分的に行うセルフマッサージやストレッチでは、効果が現れません。

 

これを改善するには、多方向に伸びている毛細血管に合わせて、いろいろな方向に筋肉を引き延ばし、毛細血管の柔軟性を回復させる事が必要になります。
この為、首や肩の筋肉のコワバリを確認して、コワバッタ筋肉の一つ一つを、多方向に伸びている毛細血管を意識して、多方向に、無理なく引き伸ばし、回復させる事が必要です。
更に、首すじだけでなく、周囲の筋肉もバランスよく回復させる事が必要なので、肩甲骨を含む背中の筋肉まで、コワバリの確認と、その解消が必要です。

【 シコリができると 】(図)首や肩のしこり

しかも、首や肩のコワバリだけでなく、首すじや肩の筋肉の内部に硬いシコリができると、内部からズキズキと痛みを感じる場合は、これを解消させる事が、頭痛解消に不可欠です。
これは、シコリができると、筋肉が異常に緊張したまま戻らなくなってしまっているので、血行が悪くなり、疲労物質や痛み物質を貯めているからです
しかも、シコリによって、頭痛の原因になるだけでなく、血圧の変動を大きくさせたり、胃腸の調子も悪化させたりして、精神的にイライラ感や情緒不安定にさせたりします。

 

例えば、次のような症状に悩まされている場合に、シコリが潜んでいる可能性があります。
・昔から、頭痛もち
・季節の変わり目や、梅雨時がつらい
・薬を飲んでも、いつも同じ箇所に痛みを感じる
・長時間のデスクワークなどの後に、頭痛が起きる
・枕が合っていない感じがする
・チョッと画面を見ているだけで、痛くなる
・最近眠れない  
・生理のはじまる前や、生理中に起こる頭痛がツライ

 

シコリができていると、皮膚の上から触ると、コリコリとしたものが、内部に潜んでいるのが感じられます。
しかし、筋肉が硬く固まったシコリとなっているので、市販の頭痛薬はもちろん、医師が処方する鎮痛薬でも、シコリを軟化させて解消するのは困難です。
また、セルフマッサージやストレッチで筋肉を伸ばしても、内部の硬く固まったシコリは、そのままで、解消できません。

【 当院の緊張型頭痛の治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、緊張型頭痛の改善を行っています。
これは、緊張型頭痛が、首や肩の筋肉の緊張による血行不良が原因になっているので、筋肉や血行の治療を得意とする東洋医療に基づくマッサージ治療が、適している為です
また、マッサージ治療が、身体の緊張を解消させる効果があるので、それによって身体が休まり、頭痛の解消につながる為です。

 

当院では、最初に、主に問診と触診法で、患部の首や肩だけでなく、首や肩に関係する上半身全体の、筋肉のコワバリとシコリの位置を確認しています。
特に、「筋肉が固く伸びにくくなっている箇所」、「筋肉内に押すと痛みを感じる固い小さなしこりがある箇所」、「筋肉が疲労し易くなっている箇所」、を確認していきます。
これらの箇所は、筋肉の伸び縮みができなくなって、毛細血管の血行を悪化させているので、その周辺の神経を刺激して、頭部の痛みや不快感を強めているからです。

 

この為、当院では、マッサージ治療により、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などにより、疲労物質を排出し、痛みを改善させています。
特に、痛みを発しているシコリには、ツボ刺激を併用して、神経の過敏を解消して不快な痛みを無くし、筋肉の働きを回復させています。
ツボは、「反応点」として身体の異常を知らせる箇所であり、「治療点」として症状を改善する箇所でもあるので、『肩こり頭痛』である緊張型頭痛の、効果的な治療法になっています。

 

緊張型頭痛のように、筋肉の強い疲労や緊張による痛みの解消には、触診による患部の確認と、東洋医療に基づくマッサージ治療が、患者にとって抵抗感が少なく、治療に最適です。
当院では、筋肉の緊張解消、血管やリンパの循環改善、神経圧迫の回復などによる、緊張型頭痛の治療を行っています。 
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

眠る事ができない、眠れない (寝つきが悪い入眠障害)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)眠る事ができない、眠れない (寝つきが悪い入眠障害)

 

導入文

暖かさを感じていると眠たくなるように、眠りにつくには、身体のリラックス感から、身体の表面の血管が拡がって、自然と血流が増すようになり、それによってポカポカとした体温が放熱されて、深部体温が下がり、脳や臓器、筋肉が“休息状態”になる事が必要です。

しかし、気付かないうちに、身体に疲労や緊張が溜まると、それらがストレスとなって無意識に身体の力が入ってしまい、リラックス感が得られず、「布団に入っても、なかなか眠る事ができない」、「疲れているのに、眠れない」、といった状態になります。

このような状態を解消するには、心身の疲労や緊張を解いて、身体の血行状態を良くしておく事が必要なので、仕事や家事などが終わった後に、マッサージ治療で、体調をチェックして回復させておくと、眠り易くなります。

【 脳の中の睡眠スイッチ 】(図)脳の中の睡眠スイッチ

「眠れない」という症状は、いろいろな症状が重なり合っていますが、大きく分けて、4つのタイプに分類されています。
寝つきが悪くなる『入眠障害』、熟眠できなくなる『熟眠障害』、途中で何度も目が覚める『中途覚醒』、朝早く目が覚める『早朝覚醒』です。
この不眠タイプの中で、一番多いのが『入眠障害』で、夜になってベッドに入っても、寝付くまでに時間がかかる症状で、全体の66.2%になっています。

 

しかし、『不眠症』と診断されるには、診断基準があるので、「眠れない」と悩まされていても、全て『不眠症』と診断されません。
『不眠症』の診断基準は、大まかに言うと、「眠ろうとしても、1~2時間以上寝付く事ができないのが、1週間に3回以上、3ヶ月以上続き、これが原因となって、日中に眠気を感じたり、生活に支障が出たりする」と、なっています。
この為、寝付くまでに時間がかかる状態であっても、症状がここまで酷くなければ、『不眠症』ではなく、「寝付きが悪い」状態とされます。

 

この「寝付きが悪い」状態は、寝ようとしても、何かによって、脳の中の“睡眠スイッチ”が入らない状態です
よくあるのが、「最近、何となく調子が悪い」、「わけもなくイライラする」、「以前より疲れが抜けにくくなった」、などの不快感や違和感を抱えていると、この“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。
しかも、「眠れなければ、明日が困る」とか、「とにかく、眠らなければいけない」、という焦りが生じると、ますます“睡眠スイッチ”が入りづらくなります。

【 血行の影響 】(図)血行の影響

しかし、反対に、暖かい布団に入って、包まれているうちに、身体がポカポカとしてきて、知らないうちに、スーッと眠りに落ちた経験もあると思います。
これは、暖かい布団に入って、ポカポカと気持ちよく感じられてくると、身体の表面の血管が拡がって血流が増し、体温の自然放熱が起きるので、それによって体内の温度(深部体温)が下がって、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出され、自然と無意識の内に眠くなると、言われています
簡単に言うと、体内の温度(深部体温)が下がるにつれて、生命を支えている体内の反応が不活発化してくるので、身体の機能が低下し、言ってみれば“寝落ち”のような状態になるからです。

 

この為、身体に無意識に力が入っていたり、身体の血行が悪くなっていたりすると、上手くスーッと眠りに落ちる作用が、生まれなくなります。
この状態では、血流が自然に増して、身体がポカポカ状態になるような、体温の自然放熱ができないので、脳を含んだ全身の“休息状態”が作り出されず、眠くならないからです。
この為、「仕事や家事をするだけでも疲れ易い」、「休んでもなかなか疲れがとれない…」と感じている人ほど、心身の緊張から、血行悪化を起こしているので、“睡眠スイッチ”が入りづらくなって、いつまでも寝られなくなります。

 

しかも、昼間の緊張感や不快感が続いていると、首から肩、背中、鎖骨の下あたりの筋肉が凝り固まってコワバリ、神経を刺激するので、穏やかに眠れなくなってしまいます。
中でも、背中が、強くコワバッテいると、それによって神経が過敏状態になるので、上半身の重さが背中にかかると、違和感が増したり、気がかりになったりして、眠れなくなるケースです。
「ベッドに入っても、肩こりが気になって寝つきが悪い」とか、「枕が合わないのか、どうも頭の位置が定まりにくい」と、寝苦しくなって、横になっているのが辛くなってしまいます。

【 血流改善の効果 】(図)血流改善

このような「眠れない」状態が繰り返されると、身体の疲労回復ができなくなります。
この結果、不要な老廃物や二酸化炭素を体外に排出する事が出来なくなると、身体の中に留まって、慢性的な疲労感やだるさ、肩こり、首こり、腰痛、冷え性、手足の冷えなどが、起きてきます。
しかも、これらが起きると、余計に筋肉や神経が休まらなくなるので、ますます寝られなくなります。

 

この為、眠りにつく為には、『最高の睡眠は、血流で決まる』と言われるように、心身の疲労や緊張を解いて、血流を良くしておく事が必要です。
身体がリラックスした状態にしておくと、身体の表面の血管が拡がって、自然と血流が増すようになるので、自然と寝付き易くなるからです。
昔から、眠る為に、寝る前のぬるめのお風呂の入浴、夕方の運動、湯たんぽの利用、暖かい牛乳を飲んでおく、などが勧められているのも、この効果を狙ったものです。

 

特に、夜に寝ている時間帯は、副交感神経が優位になるように、筋肉の柔軟性と、血行を良くしておく事が必要です
これらによって、身体の血液がスムーズに流れていると、自律神経の負担がそれだけ減少するので、それだけ心身がリラックスにできるからです。
しかも、副交感神経が優位になっていると、血管が緩んで血圧が低下し、心身もリラックスした穏やかな状態になり、睡眠が快適に保てます。

【 当院の、眠り易くする為の体調改善治療 】(写真)当院の治療

眠りにつくには、体内の温度を下げて、脳と身体を“休息状態”にする事が必要ですが、毎日の疲労や緊張で、気付かないうちに、血流やリンパ液の流れが悪くなって、筋肉が凝り固まっている事が多くなっています。
この為、当院は、「なかなか眠れない」、「寝ても疲れが取れない」など、睡眠で悩んでいる方に、身体の不調箇所の確認とマッサージ治療により、眠り易くなる為の体調の改善を行っています。
身体の不調箇所を確認して、マッサージ治療で解消させる事で、身体の不調感の解消になるだけでなく、身体の柔軟性や血行が回復するので、眠りにつく為の安眠モードへ、切り替わり易くなるからです

 

特に、当院では、体調改善の為に、ツボ刺激も併用して、身体の疲労や緊張を取り除いています。
ツボ刺激によって、体調を整えるだけでなく、身体を休める副交感神経の働きを高めて、質の良い睡眠をもたらす効果があるからです。
例えば、眠りづらくなっている事に加え、「最近、何となく調子が悪く、何となくイライラする」とか、「以前より疲れが抜けにくくなった」といった場合に、体調を保つ自律神経の不調が考えられるので、このような場合に、ツボ刺激を活用すると、崩れかけた身体のバランスを整え、症状を改善させる効果があります。

 

更に、当院では、眠り易くなる為に、血流を良くするだけでなく、呼吸に関係している首や肩の緊張を解消させ、柔軟性の回復を図るマッサージ治療を行っています。
心配事や緊張などで、過度のストレスを感じていると、筋肉が緊張状態になってコワバッタリ、交感神経(興奮を高める神経)の働きが高まったりして、呼吸が浅くなり、深い睡眠に入りづらくなるからです。
呼吸筋が緩むと、胸が自然に拡がるようになって、呼吸が楽になるだけでなく、血液やリンパがスムーズに全身を巡るようになり、身体自体をリラックスさせる効果もあります。

 

マッサージ治療は、体調の改善やリラックス効果があるので、それによって、安眠モードへの切り替えや、質の良い睡眠をとる効果もあります。
当院は、睡眠で悩んでいる方に、マッサージ治療で、凝りや疲労を解消させ、心身のリラックスを図って、眠りにつき易くする為の体調回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

夏バテ(冬バテ)? それとも熱中症(冬の熱中症)の前触れ?

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)夏バテ、熱中症

 

導入文

夏が近づくと、蒸し暑さとクーラーの冷えで、体温調節している自律神経が乱れて『夏バテ』が起きたり、だんだんと身体の水分が失われて『熱中症』が起きたりします。

しかし冬も、四季の中で最も寒暖差が大きいので、自律神経の乱れから『冬バテ』が起きたり、大気の乾燥や水分摂取が少ないので身体の水分が失われて、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きたりします。

これらは、発汗や体温を保つ自律神経の、酷使や疲労が原因になっているので、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」などに気付いたら、体調改善のマッサージ治療を受けると、『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』の予防に効果的です。

【 夏バテ、冬バテ 】(図)夏バテ、冬バテ

『夏バテ』と言う言葉は、エアコンが普及し始めた昭和30年代頃から使われ始めた、新しい言葉で、夏の蒸し暑さとクーラーの冷えで、身体の体温調節が乱れて、不調が現れた事から、広く使われるようになったと言われています。
「夏のバテタ」状態の『夏バテ』は正式な病名ではなく、「暑さ負け」とか「夏負け」とも呼ばれ、症状はいろいろで、「何となく体調が悪い」、「疲れ易い」、「朝からヤル気が起きない」、「眠れなくてイライラする」、「食欲が無い」など、様々です。
ちなみに、ハワイやアメリカ西海岸では、夏でもカラっとした気候で、湿度が低いので、汗が自然に蒸発し、体温調節がうまくいくので、『夏バテ』がほとんどありません。

 

『夏バテ』を起こした原因として、「暑さ・クーラーによる寒暖差・紫外線などで、自律神経に大きな負担をかけた」、「寝不足が続いて、疲労回復ができなくなった」、「暑くて食欲不振から、体力を消耗」が、多くなっています。
厳しい暑さが続いたり、熱帯夜が続いたりするので、体温を一定に保つ自律神経がずうっとフル稼働しているうちに、自律神経が酷使された状態になり、疲れ果ててしまい、体調管理の働きができなくなったという状態です
言ってみれば、夏の高温多湿によって引き起こされた、自律神経失調症です。

 

夏の自律神経失調症から『夏バテ』を起こすように、冬も、寒暖差のある場所を、何度も行き来していると、体温を一定に保つ自律神経の働きが崩れて、『冬バテ』を起こします。
しかも、夏より冬のほうが、気温差が大きくなるので、気が付かないうちに身体のエネルギーを必要以上に消費するので、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが大きく崩れてしまい、冬にバテ易くなります。
この為、体調が保てなくなって、「風邪をひき易く、治りが悪い」、「スムーズに眠りにつけない」、「疲れが抜けない」などが起きたり、血行が悪くなる事から、「冷えやむくみが起きる」、「肩凝り」、「腰痛」、「頭痛」などが起きたり、気力が低下して、「朝からヤル起がしない」、「気持ちが沈みがちになる」、そして反動から「イライラする」、などが起きたりします。

【 夏の熱中症、冬の熱中症(脱水症) 】(図)夏の熱中症、冬の熱中症

夏の暑さで、水分が不足したり、塩分バランスが崩れたりして、「熱に中る(アタル)」と言われる『熱中症』が起きると、『夏バテ』と違って、体調の急激な悪化や機能障害を起こします。
夏の炎天下やあまりに暑い場所に長くいると、体温調節機能が乱れて、体外への熱の放出ができなくなり、体内に熱がこもって体温が上昇し体調が保てなくなるだけでなく、脳もダメージを受ける為です。
この為、最初に、「急にダルクなる、「やたらと生あくびが出る」、「頭がガンガンと痛くなる」、「気持ちが悪くなる」などを感じ、体温調節が働かないので、次第に、暑い場所にいるにもかかわらず汗をかかなくなったり、皮膚が乾燥したり、身体に熱をもったりして、「熱疲労」、「熱けいれん」、「熱失神」、「熱射病(日射病)」、などを引き起こし、放置すれば死に至る事もあります。

 

『熱中症』の大きな原因は、暑さが原因で起こる『脱水症』です。
体内の水分量が少なくなり、身体全体の血液の循環量が減少すると、体温の調節機能や発汗が、うまく働かなくなって、体内に熱がこもってしまい、身体が体温の上昇に対応できなくなるからです
この為、予防には、こまめに水分と電解質の補給を行う事により、体内の血流や血液濃度をキープする事が、重要視されています。

 

また、冬も、空気の乾燥によって身体から水分が失われ易い事と、寒くなると水分の摂取が少なるので、夏と同じように身体の水分が不足して、冬の『熱中症』と言われる『脱水症』が起きます。
冬は湿度が低く、乾燥している上に、部屋でエアコンを使っていると、外より湿度が1~2割ほど低くなるので、体内の水分が失われ易い事と、冬は水分をとる機会が減りがちになる為です。
この結果、血行が悪化してくると、「手足の冷えやむくみ痛」、「肩こり」、「頭痛」、「入眠しづらい」などが現れ、そして脳や胃腸、筋肉にダメージを受けると、「めまい」、「立ちくらみ」、「眠気」、「疲労感」、「食欲不振」、「関節の痛み」、などが起きてきます。

【 バテ症状と熱中症の、前ぶれ 】(図)バテ症状と熱中症の、前ぶれ

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』は、症状名は違っても、症状を起こす原因は同じで、身体の発汗作用や体温調節をコントロールしている自律神経の働きが、うまくいかなくなって、暑さへの抵抗力が弱った事です。
体調を保つ自律神経の乱れが原因になっているので、これらの症状の前に、「身体が重ダルイ」、「食欲があまりない」、「胃のもたれ、下痢、便秘、腹痛」といった、「何となく、身体の調子が悪い」のを感じます
他にも、雨が降りそうになると、関節が痛くなったりする『天気痛』や、夏や冬の低気圧の接近時に、身体のダルサや、肩こり、持病の悪化が起きる『気象病』も、現れるようになります。

 

中でも、自律神経が不調になると、頭痛が起き易くなります。
これは、自律神経の働きが崩れて、交感神経が優位に働き過ぎると、肩や首の血流の悪化から老廃物が溜まって、周囲の神経を刺激して頭痛が起きるのと、逆に、副交感神経が優位になり過ぎても、脳内の血管が拡張して、頭痛を起きるからです。
また、血行の悪化から、身体の筋肉が硬くコワバッテ、重い感じがしてきたり、身体の不調から、「眠れない」、「身体がフラフラする」、「めまいがする」などがあったり、精神的な不調から、「ヤル気がしない」、「頭がボーっとする」、「憂うつになる」、などがあったりします。

 

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』は、自律神経の乱れが大きな原因なので、体調に異変を感じたら、早めに体調を改善して、長引かせない事が重要です。
この為、チョッとした身体の不調が、いつのまにか、慢性的になってしまわないように、しっかりと回復させる事が必要です。
身体を休ませて、熟睡できるように、心身をリラックスした状態にして、身体を落ち着かせるのが、一番の対策です。

【 当院の、バテ症状と熱中症の体調調整 】(写真)当院の治療

『夏・冬のバテ症状』や『熱中症』『脱水症』の予防には、「何となく疲れ易い」、「身体の不調が続く」といった段階で、体調改善のマッサージ治療を受けると効果的です。
これは、マッサージ治療によって、血行が促進されると、酸素や栄養素が身体中に届き、また老廃物の排出もスムーズになるので、不快感や痛みが解消されるからです。
この為、当院では、マッサージにより、柔軟性のある身体に回復させて、自律神経や血行の働きが活発化させる治療を行っています。

 

また、季節の変化による体調不良は、自律神経の乱れと血の巡りの悪さが影響しているので、体調を保つ事が大切です。
特に、身体に疲労やストレスが溜まっていると、自律神経を乱す原因になるので、疲労やストレスを減らし、リラックス作用のある副交感神経が働き易くする事が必要です
当院では、問診と触診をベースにして、身体に発生しているシコリ(硬結)を確認し、“ツボ刺激”を併用したマッサージ治療で、シコリを解消させ、血行を回復させています。

 

これは、“ツボ刺激”によって、血行を促進させると、老廃物の排出がスムーズになり、身体の疲労やストレスを減らすだけでなく、酸素や栄養が身体中に巡るようになるので、体調が改善されるからです。
更に、筋肉のコワバリや痛みも、過敏になっている神経を“ツボ刺激”とマッサージ治療によって解消させていくと、身体の緊張が解消されて、無くなってきます。
“ツボ刺激”とマッサージ治療で行っているので、薬を使わずに、体調管理で自律神経の不調を改善したいという人や、薬を飲み続けてもあまり効果を感じられないという人に、最適な治療法です。

 

季節の変化で体調に異変を感じたら、身体の異常を知らせるツボを利用して、しっかりと体調を整えて、原因となるストレスを受け続けないようにする事が大切です。
当院は、疲労の回復や緊張の解消によって、心身の不調を和らげ、健康維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】