本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

 

導入文

看護や介護は、受ける側の健康管理はもちろんですが、介護者の心身の状態も、注意しなければいけない仕事です。

中腰や前かがみの姿勢になって、腕や手を使った動作が多いので、腰だけでなく、首・肩・背中などにも大きな負荷がかかり、身体に疲労やストレスが溜まると、不快な痛みに絶えず悩まされるようになるからです。

更に、疲労を回復する働きも弱まると、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」、といった慢性疲労の症状も現れるので、“筋肉疲労”や“血行悪化”の改善を得意としているマッサージ治療が、体調管理に効果的です。

【 痛みが起き易く 】(図)いろいろな箇所の痛み

介護をしている方にとって、腰痛は、大きな悩みの一つです。
オムツ交換、身体の向きを変える、車いすやベッドへの移動、トイレ・入浴の介助などで、前かがみや中腰の姿勢が必要になってくるので、腰に大きな負荷がかかり、腰を痛めてしまうからです。
また、この事が気になって、腰をかばうような不自然な姿勢になると、かえって、腰の変なところに負荷がかかってしまい、腰の横から痛みが出てくる事もあります。

 

更に、上半身の首・肩・背中も、絶えずズキズキとする凝りや痛みで、悩まされる事が多くなります。
人を抱きかかえる、歩行を支える、着替えや食事を介助する、入浴を介助する、などの時に、肩や背中の筋肉が、それらの動作を支える役割をしているので、疲労が溜まってくると、凝りや痛みとなって出てくるからです。
調査によると、介護者の52.4%から75.0%は、首・肩・背中に凝りと痛みを抱え、特に、家で女性が介護している場合は8割強にもなっており、そのうち4割は絶えず凝りと痛みに悩まされていると、報告されています。

 

これらは、介護する人の身体に、負荷がかかる事から痛み起きてきますが、前かがみ姿勢が繰り返される事も、身体に痛みの起きる原因になります。
知らず知らずのうちに前かがみ姿勢になったり、片側に体重がかかったりしていると、次第に上半身の緊張が抜けなくなって、血流やリンパの流れが悪くなったり、背中を通る神経が圧迫されて自律神経が乱れたりするので、痛みが起き易くなるからです。
しかも、前かがみ姿勢が繰り返されると、肺や腹部を圧迫した状態になるので、呼吸が浅くなって疲れ易い状態になるので、これも身体の痛みを感じ易くさせます。

【 痛む箇所が、分からない 】(図)広範囲に痛む箇所が

身体に痛みが起き易くなってくると、痛む箇所が広範囲に感じられ、「痛む箇所が、どこだかよく分からない?!」、という状態にもなります。
疲労や緊張が続いて、疲労が蓄積されてくると、本人が痛みを感じる箇所以外にも、身体のいろいろな所に、気付かないうちに、血流の悪化と筋肉のコワバリができて、ニブイ痛みを発するようになるからです
しかし、身体を動かすと、関節部分がコワバッタ状態になっているので、痛みと共に、動かしにくくなっている事に気付かされます。

 

更に、筋肉のコワバリから、筋肉内に不快な痛みを発する“シコリ”ができると、絶えずジンジンとした痛みに悩まされるだけでなく、チョッとした疲労や緊張にも敏感に反応し、その不快感が周りに拡がるようになります。
この為、“シコリ”付近の広い範囲が、絶えず痛みを感じたり、重く感じられたり、動きに制限ができたり、不快感から気がふさぐようになったり、してきます。
しかも、“シコリ”は、筋肉が凝り固まった状態になっているので、湿布薬を貼ったり、お風呂に入ったり、自分でストレッチをしたりしても、“シコリ”が解消できずに、痛みや不快感がいつまでも続きます。

 

そして更に、痛みの感覚が敏感になると、肉体的・精神的なストレスや天候の変化からも、「重くのしかかるような鈍い痛み」、「ズキズキと響く痛み」、「刺すような痛み」、「ヒリヒリするような痛み」、などを感じます。
身体の安定を保つ働きが弱まると、身体をリラックス出来なくなり、血管が縮み血流も悪くなって、神経を興奮させて痛みを感じ易くしてしまうからです。
切り傷の痛みと違って、不快な痛みを感じ、痛む箇所が「どこだか、よく分からない」けれども、身体から痛みを感じるという状態になります。

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

痛みは最も不快な感覚の1つと言われ、身体の危機を知らせるアラームの役割をしています。
この為、身体の疲労や緊張から、痛みを感じるという事は、「これ以上活動を続けると、心や身体の異常が起きたり、病気になったりするので、休むように!」、という警告です
始めは、「何だか体調が悪いなぁ」とか、「動くと、痛みが出るようになった」と感じる程度ですが、この状態が続くと、身体の痛みや疲労状態が、なかなか解消ができなくなってしまいます。

 

このような状態になると、身体の疲労だけでなく、内臓の働きや代謝、体温など、心身をコントロールしている自律神経の働きも弱まります。
この結果、疲労を回復する働きも弱まってくるので、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」といった、慢性疲労の症状が現れます。
また、自律神経の働きが弱まる事から、動悸、めまい、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、筋肉痛、息切れ、食欲不振、なども起きるので、日常生活に支障をきたすようにもなります。

 

しかも、介護をしていると、「思い通りにいかない」、「人に頼る事ができない」、「自分の時間を持つ事ができない」などがあると、精神的な緊張が強いられます。
これによって、「イライラする」、「あまり動いていなくても疲れる」、「考えがまとまらない」、「なかなか寝られない」、などが起きると、ますます、精神的な疲労が大きくしてしまいます。
身体の疲労に加えて、精神的なストレスが強まってくると、「身体が重い、ダルイ」などの全身症状、「肩や腰のこり」、「眼がショボショボして見えにくい」、「頭痛」といった肉体的な症状のほか、「やる気が起きない」、「悲観的になる」、「集中力がない」というように、精神面の症状も起きます。

【 当院の、15分からのマッサージ治療 】(写真)当院の治療

介護で疲労を感じていても、周囲への配慮をし過ぎたり…、自分の疲労を過小評価したり…、病院へ行く手間を考えたり…、などをしていると、疲労やストレス感が慢性化し、解消が難しくなります。
『疲労や痛みは、身体からの警告サイン』と考えて、早めに解消させる事が大切です
当院は、身体の疲労や、ダルサ・コワバリなどの解消、体調不調の改善に、マッサージ治療を15分から行っています。

 

これは、一般的に、マッサージが、時間が長いほうが効果も高いと思われがちですが、1週間に1回でも、15分か30分の施術を受けたほうが効果的だからです。
例えば、朝起きた時や、身体を動かした時などに、重ダルサや痛みを感じたり、身体に動きづらさを感じたりしたら、たとえ15分でもマッサージを受けると、身体や精神的の疲労の解消に役立ちます。
また、短時間でも、早めにマッサージを受けると、疲労や緊張の直後に、血行やリンパの流れが促進されるので、疲労物質を排出し、ダルサや、つらい筋肉痛を、効果的に解消させる効果があります。

 

当院では、更に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療も行っているので、即効性だけでなく、体調の維持にも効果があります。
これは、反応点を利用して、ツボ刺激によって、直接、身体に働きかけるので、身体を休める神経のスイッチが入って、自律神経の働きが回復し易くなる効果があるからです。
この効果によって、筋肉の中を通っている血行が活発化し、それによって栄養や酸素の供給が進み、老廃物を押し流すので、身体の疲労解消の効果だけでなく、気分的にもスッキリします。

 

介護をしていると、肩、背中・腰などに、過度な負荷がかかるだけでなく、負荷が繰り返されるので、それらの疲労や緊張を解消させて、体調を保つ事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、慢性的な疲労や緊張による身体を軽減させ、体調を整え、健康状態に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

妊娠中の妊婦さんの、腰やお尻の痛みの緩和の症例

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)妊娠中の妊婦さんの、腰やお尻の痛みの緩和の症例

 

導入文

妊娠して、お腹が大きくなってくると、腰やお尻が、「立っていると痛い」、「横になっても痛む」、「痛くて寝返りが打てない」など、腰やお尻に痛みを訴える妊婦さんが多くなります。

始めは、チョッと身体を動かした時に、腰やお尻に違和感が起きた程度ですが、だんだんとジンジンとしたシビレ感が合わさった痛みになり、座っていても、お尻に不快感が起きるようになっていきます。

このような状態になると、温めたリ、ストレッチしたりしても、なかなか解消できなくなって、毎日の生活に支障も出てくるので、昔から利用されている、妊娠中の妊婦さんのマッサージが、痛みの解消に、安心安全で、しかも効果的です。

【 筋肉痛 血行悪化による痛み お尻の坐骨神経痛 】(図)筋肉痛、血行悪化による痛み、お尻の坐骨神経痛、

この痛みの原因として、妊婦さんの『体重増加』や『姿勢の変化』から、腰やお尻に負荷が大きくなって、それにより、①筋肉痛、②血行悪化による痛み、③坐骨神経痛、の3つが起きている事が大部分です。
筋肉痛”が起きるのは、妊娠して、お腹が大きくなると、体重が増すだけでなく、腰や骨盤で身体を支えるような動作や姿勢が多くなるので、腰やお尻に大きな負荷がかかりますが、腰やお尻の筋力は妊娠前と変わらないので、今迄無かった負荷に耐えられなくなり、筋肉からアラーム(痛み)が生じた為です。
しかも、出産に向けて骨盤の関節を弛めるホルモンが分泌されるので、緩んだ骨盤の関節を支える為に、今まで以上に、余計に筋肉の力が必要とされて、大きな負荷となり、痛みが起き易くなります。

 

また、“血行悪化による痛み”が起きるのは、腰やお尻の負荷が増し続けるので、腰やお尻の筋肉が緊張し続けて、筋肉内の血流が悪くなるからです。
これによって、筋肉の中に老廃物や疲労物質が溜まり、また、筋肉が必要とする酸素や栄養が不足してくるので、周囲の神経を過敏状態になるので、動作時に刺激が強まって痛みが起きます。
しかも、妊娠すると、どうしても運動不足になりがちになったり、不自然な姿勢が多くなったりするので、それらからも、腰やお尻血流が悪くなり、痛みが起き易くなります。

 

更に、お尻に“坐骨神経痛”が起きるのは、お尻の筋肉の緊張が続いて、お尻内部の筋肉がコワバッテくると、コワバッタ筋肉が、お尻の奥から太ももに伸びる坐骨神経を直接圧迫したり、坐骨神経の血流を阻害したりして、刺激するからです。
この為、坐骨神経の神経を刺激するので、「腰に疲れが増し、ダルサも感じていたら、お尻や太ももの付け根あたりが、ピリピリと痛み出した…」とか、「座っていると、お尻や太ももにかけて、ズキズキと疼くような痛みがする」、「立ち上がったり、座ったりする時に、鋭い痛みやピリッとした痺れがする」、「お尻の下あたりに、張りや熱感がする」、などの症状が出ます。
しかも、坐骨神経が、絶えず圧迫されたり血行を阻害されたりすると、坐骨神経の過敏さが高まるので、チョッとした動作で痛みが起きたり、ズキっと激しく痛みが起きたりします。

【 改善できるものは改善して 】(図)改善できるものは改善

このような、シビレを伴った腰やお尻の痛みは、妊婦さんの50%~80%が経験しています。
ところが、多くの妊婦さんが経験するので、悩みを相談しても、「多少の腰痛は、妊娠したら仕方がない」と判断されるので、腰やお尻の痛みに悩まされても、我慢したり、辛抱したりせざるをえません。
この為、不快な痛みが気になってくると、些細な事にイライラしたり、不機嫌になったりして、余計に、安眠ができなくなったり、気分が不安定になったりします。

 

また今は、“働く妊婦さん”が多くなっているので、仕事による身体の負担から、“働く妊婦さん”は、余計に、身体全体の『様々な症状』に悩まされます。
例えば、立ち仕事で、脚のむくみや腰の痛みが増したり、ずっと座り仕事をしているので、肩こり、頭痛、背中の痛みなども、強まったりします。
ところが、このような症状に悩まされても、「仕事の為!」と思って無理してしまうので、疲労や緊張が増し、妊娠中の辛さが増してしまいます。

 

この為、妊娠中は、改善できるものは改善し、不快な緊張や痛みを最小限にして、『健康状態を保つ事』が、一番大事です。
妊娠・出産時にかかわる、不快な症状のほとんどが、血液循環やリンパの流れの悪化から生じるので、循環状態を良くして、維持する事が大切です
しかも、妊婦さんは、妊娠中だけでなく、出産後の赤ちゃんの世話が続くので、「そのうち治るはず」と放っておくと、産後まで症状を引きずってしまうので、妊娠中から早めに対策しておく事が大切です。

【 当院の、妊婦さんのマッサージ治療 】(図)当院の、妊娠中の妊婦さんのマッサージ

お腹が大きくなると、身体全体にコワバリが強まるので、腰やお尻の不快な痛みだけでなく、肩こりや背部痛、脚のダルサやこむら返りなど、身体全体に不快な症状が起きます。
ストレッチをしたり、暖かいお風呂に入ったり、腰痛ベルトを着けたりしても、セルフケアに限界を感じたら、時にはプロの手を借りて、マタニティマッサージを受けてリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
このような症状を改善させ、快適にマタニティライフを送る為に、副作用の無い、妊婦さん用のマッサージ治療が、昔から利用されています。

 

当院の妊婦さん用のマッサージは、筋肉をほぐしたり、リンパ液や血液の流れを促進したりして、身体の不調や不快感を解消させる事を、目的にしています
妊婦さんの筋肉の柔軟性を回復させて、血行を良くする事で、身体の疲労物質を減少させ、栄養や酸素を、身体に行き渡らせるようにしています。
これによって、腰やお尻の痛みを緩和させるだけでなく、むくみや肩こり、冷え、背中の痛み、ダルサなど、妊婦さんに起きやすい症状を、緩和させています。

 

また、当院は、リラックスして施術が受けられるように、カーテンで仕切った個室で、妊婦さん向けの体調管理のマッサージ治療を行っています。
そして、当院の妊婦さん用のマッサージ治療は、妊婦さんが安心してマッサージを受けられるように、一般のマッサージと違い、“うつ伏せ”の姿勢はとらず、“横向き”と“上向き”で行っています。
この姿勢は、お腹が圧迫されずに、安定した姿勢が保たれるので、身体的に楽だけでなく、気分的にリラックスできるので、妊婦さんにとって最適な姿勢でマッサージ治療が受けられます。

【 当院の、症例 】

〇 患者 
 ・30代、妊娠7カ月目

〇 主訴
 ・妊娠5ヶ月目あたりから、腰に重ダルサと痛み
 ・立ち上がりや、キッチンの仕事が辛くなる
 ・歩いたり仰向けに寝たりすると、お尻がズキンと痛む

〇 過去の治療
 ・ストレッチは、お腹が出ているので、前屈が難しい

 ・産婦人科では、湿布薬の処方のみ
 ・接骨院では、治療を断られる
 (接骨院や整骨院は、外傷を応急処置する資格はあっても、
  マッサージの資格ではないので、断られる事がある為です)

〇 当院での検査
 ・腰や脚の動作には、異常なし
 ・右側の腰とお尻に、筋肉の緊張
 ・仰向けに寝た状態で右脚を挙げると、お尻の下部に不快な痛みが起きる

〇 当院の所見
 ・赤ちゃんの成長や体重の増加に伴う、腰とお尻の過緊張
 ・お尻から太もも後ろ側に、坐骨神経痛の症状あり
 ・筋肉の過緊張が原因なので、妊婦さん用のマッサージ治療を勧める

〇 当院での治療
 ・お腹を圧迫しないように、ベッド上で“横向き”と“上向き”で施術
 ・緊張している筋肉に、ストレッチを併用し、緊張を弛める
 ・初回の治療で、ほぼ痛み解消
 ・その後、2回/月ほど来院して体調を保つ

 

妊婦さん用のマッサージを、安全・安心に受けて頂く為に、『あん摩・マッサージ・指圧師免許』の国家資格の取得者のいる治療院で、受けられる事をお勧めします
当院は、国家資格を取得し、治療として行っているので、妊婦さん用のマッサージの費用は『医療費控除』の対象になります。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策

 

導入文

季節の変わり目になると身体がダルクなったり、雨が降りそうになると肩こりや腰痛が酷くなったり、また、よく言われるように、梅雨時に古傷が痛んだり、する事があります。

体調を保つ自律神経の働きが不安定になって敏感になると、脳が、天候や気温・気圧・湿度などの変化をストレスと受け止めて、痛みや不快症状を引き起こすからです。

自律神経の働きが影響しているので、天気による自分の体調変化をよく理解しておく事と、天気の変化が大きい日や季節の変わり目には、マッサージ治療で体調を整えておくと、天候や暑さ寒さからくる身体の不調を予防するのに、効果的です。

【 気象病、天気痛 】(図)気象病、天気痛

昔から、季節や天気の変わり目になると、体調に不調が起き易い事を、いろいろな格言で伝えられています。
例えば、「雨になると、神経痛や関節が痛む」、「冬になると、気が重くなる」、「天気が悪いと、古傷がうずく」、「雨が降ると頭痛が起きる」、「秋の入り日と年寄りは、落ち目がはやくなる」、などです。
このように、季節や天気の変わり目に体調の不調が起きる事を、『気象病』とか『天気痛』と言い、多くの人に健康への注意を、格言で戒めています。

 

『気象病』と言う場合は、めまい、肩こり、イライラ、倦怠感、うつ気分などのように、主に不定愁訴の症状を言います。
また、『天気痛』と言う場合は、頭痛や関節痛、神経痛、ムチウチの後遺症などのように、主に痛みを伴う症状が中心になっています。
これらの『気象病』や『天気痛』は、身体を一定の範囲に保っている自律神経の働きが、低下したり、乱れたりして、天候や暑さ寒さからくる変化に、対応できなくなった事が原因になっています

 

この為、下記のような、自律神経に絡んだ病気や症状があると、天候の変化によって、『気象病』や『天気痛』の症状が起き易くなります。
 ・片頭痛
 ・緊張性頭痛
 ・首や肩の痛みや、強い凝り
 ・めまい
 ・耳鳴り、耳閉感
 ・喉の気道が過敏
 ・古傷・神経痛などの慢性痛
 ・更年期症状
 ・うつ、不安感など、心の不調
中でも片頭痛は、『頭の血管の、自律神経失調症』と言われ、それにより、天気痛の中で代表的な疾患になっています。

【 エアコンや、姿勢の悪化からも 】(図)クーラー病

『気象病』や『天気痛』の症状は、自律神経の働きが低下したり、乱れたりして、気温・気圧・湿度などの変化に順応できず、身体が、不調を起こし始めた“サイン”です。
しかも、エアコンの効いた部屋に長くいる事が多くなると、夏は涼しく、冬は温かく過ごす事ができますが、その分、気温・気圧・湿度などの変化に順応する自律神経系の働きを、ますます乱すようになります
『クーラー病』として知られているように、自律神経の働きが低下したり乱れたりすると、『気象病』の、足腰の冷え、だるさ、食欲不振、下痢、不眠などが起き、自律神経の交感神経が活発化して、血流障害や筋肉の過緊張が起きると、『天気痛』の、肩こり、頭痛、神経痛、などが起きるようになります。

 

また、PCを使った日々のデスクワークで、ストレートネックや、骨格のゆがみなどが起きてくると、これも自律神経の働きを乱し、『気象病』や『天気痛』を引き起こします
姿勢が悪化し、身体のバランスが悪くなっていると、身体の軸がしっかりと定まらないので、背中から出ている神経を圧迫したり、呼吸器や心臓に負担がかかったりするので、自律神経の働きを妨げるからです。
この結果、曇りや雨のスッキリしない日が続くと、①低気圧の長期化+気圧の変動、②雨と晴れ間との寒暖差、③長雨による多湿、などの気象リスクが加わって、自律神経の働きが混乱し、普段よりも強く肩こりやダルサを感じたり、普段は自覚がないのに『気象病』や『天気痛』の症状を感じ易くなったり、するようになります。

 

それでも、一定の範囲で体調が維持されていれば、身体の不調は、一時的で、チョッとした不調の範囲で済みます。
『気象病』が起きても、“何となく”疲れやダルサを感じる程度で、更に疲れが溜まった感じになっても、睡眠や休息をとれば解消できます。
また、『天気痛』の場合でも、身体を動かした時に痛みを感じても、しばらくすると痛みが消えたり、また痛みの程度も、すぐに忘れるぐらいの軽い痛みだったりします。

【 慢性痛や不定愁訴があると 】(図)慢性痛や不定愁訴

しかし、身体に持病として、もともと慢性痛があったり、不定愁訴を抱えていたりしていると、季節や天気の変わり目に、頭痛が酷くなったり、身体のダルサで悩まされたり、肩こりや腰痛が悪化したりします。
持病の為、身体の痛みや不調を繰り返していると、一般の人が感じないような少しの気圧の変化でも、過剰に自律神経が活性化してしまうので、痛みや不快さを強く感じてしまうからです
この結果、季節や天気の変わり目の、天候や暑さ寒さからくる身体の不調で、更に持病を悪化させてしまいます。

 

しかも、体調を保つ自律神経の働きが不安定になって、敏感になっているので、「また明日も、身体が辛くなったり、痛んだりするのではないか……」と、不安や心配も増します。
ところが、身内の家族や、親しい友人に、このような不安や心配を言っても、大げさに思われて、分かってもらえません。
この為、ますます、イライラや不快感、めまい、片頭痛、関節痛、古傷が痛む、などの症状が増したり、消化器官の異常(便秘や下痢)とか、眠れなくて睡眠不足、なども起きたりします。

 

病院で相談する場合、『気象病』や『天気痛』を診てくれる所が極めて少ないので、診療は、自律神経を診てくれる内科や神経内科になります。
『気象病』や『天気痛』の症状は、頭痛やめまい、肩こりなどの症状が多いので、自律神経失調症とよく似ているからです。
特効薬はありませんが、身体が天候の変化に対応できるように、体調管理の指導を含めて、自律神経の適応力が、回復できるようにします。

【 当院の、気象病や天気痛治療 】(写真)当院の治療

当院も、季節や天気の変わり目や、天気が悪化してくると、「首や肩が痛む」、「頭痛がしてくる」、「背中がガチガチに硬い」、「関節が痛む」、「身体の疲れがとれない」などに悩まされて、来院される方が多くなっています。
その多くが、PCやスマホで想像以上に“首を酷使”していたり、空調が完備された中でずうっといたり、忙しさで生活リズムが安定していなかったり、あるいは、以前からの持病に悩まされていたり、しています。
人によって症状や出るタイミングが異なりますが、雨が降りそうになったり、曇り空が続いたりすると、身体の不調が大きくなっています。

 

この為、身体の疲労や緊張だけでなく、自律神経の不調も影響しているので、当院では『筋肉を緩める』『血流を改善させる』『自律神経のバランスを整える』などにウェイトを置いて、体調の回復を行っています
更に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、神経の興奮を回復させて、肩こりや腰痛などの痛みを改善させるようにしています。
これらによって、身体に感じる違和感を減少させ、それと共に、身体全体にリラックス感がハッキリ出てくるようにして、不快な症状を改善するようにしています。

 

首や肩に関しては、当院は、特に注意して治療を行っています。
耳の奥にあるリンパ液の微妙な流れの変化で、気圧の変化を感知しているので、首や肩の血液の循環をスムーズにさせると、首や肩の違和感が少なくなって、自律神経の働きが改善が期待できるからです。
自律神経の働きは、自分の意思で、直接コントロールできませんが、マッサージ治療で、首や肩の疲労や緊張を解消させて、身体がリラックスした状態になると、自律神経の切り替えがスムーズになり、痛みや不調を解消させる効果があります。

 

自律神経の働きの乱れに関係する『気象病』や『天気痛』には、慢性痛や不定愁訴を放置しない事が大切です。
当院は、体調管理を目的としたマッサージ治療により、自律神経の不調による疲労や全身の疲労を除き、心身のリラックスを図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

片頭痛の予防(前ぶれの利用と、薬に頼らない体調管理)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)片頭痛の予防(前ぶれの利用と、薬に頼らない体調管理)

 

導入文

頭痛の中でも、片頭痛の痛みは、仕事や日常生活に支障をきたすほど、頭の中が「ズキンズキン」、「ガンガン」するような、強い拍動性の痛みに襲われ、しかも、繰り返します。

予防薬を飲んでも、頭痛が無くなりませんし、薬を飲むタイミングや、薬を飲む量や回数の制限もあるので、頭痛を起こさないように、体調を保つ事が大切になります。

この為、「何となく頭痛が起こりそう」という体調変化に気付いたら、片頭痛が起きるまでに、しばらく時間があるので、この時間を利用して、マッサージ治療で体調の改善をしておくと、頭痛予防に効果的です。

【 脳の血管の急激な拡張から 】(図)脳の血管拡張から

片頭痛は、脳の太い血管が、何かのキッカケで急激に拡張し、それによって血管周りの神経が引っ張られたり、刺激されたりして、『強い痛み』が頭に起きる疾患です
片頭痛のキッカケで、よく言われるのが、緊張した仕事が一段落して、ストレスから解放され、急にリラックスした時です。
しかし実際には、ストレスの解放以外にも、人込みや騒音、女性ホルモンの変動、気温・気圧の変化、姿勢の悪さ、ストレートネックなど、いろいろな要因が重なって、許容を超えてしまったり、1種類だけでも、ピークに達したりして、起きています。

 

片頭痛は、頭の血管が脈打つたびに、血管を取り巻いている脳の“中枢神経を刺激”するので、「ズキンズキン」と脈打つような『強い痛み』に襲われます。
しかも、脳の神経が過敏状態になっているので、身体を動かしたり、頭の位置を変えたりしただけでも、頭の神経を強く刺激して、痛みが増すようになります。
この為、片頭痛は、いろいろな頭痛の中でも、生活支障度の高い疾患になります。

 

また、片頭痛が起きると、脈打つような強い痛みだけでなく、感覚が異常に過敏になるので、通常ならば気にならない、光や、音、臭いに『生理的な強い不快さ』を感じる事があります。
例えば、「顔に風が当たると辛い痛みを感じる」、「メガネやイヤリングが不快」、「髪を結んでいるのが辛い」、「曇り空になると、体調が悪化する」、「強い光を感じると頭痛がひどくなる」、などです。
この結果、『生理的な強い不快さ』から、吐き気、嘔吐、顔面蒼白、腹痛、などを、引き起こす事もあります。

【 片頭痛の対策 】(図)自律神経の不調

しかも、片頭痛による、日常生活に支障を起こす、とてもツライ痛みは、4~72時間も続き、しかも、繰り返されます。
この為、病院では、片頭痛が何度も起きる場合や、薬を飲んでも解消しづらい場合には、予防薬を勧めています。
しかし、予防薬は、頭痛の回数を減らしたり、痛みの程度を軽くしたりするもので、片頭痛が無くなるわけではなく、片頭痛発作があってもなくても、毎日決まった時間に服用する事が必要になります。

 

この為、片頭痛を防ぐ方法として、日頃から、不快な疲労やストレスを溜めないようにして、自律神経の不調を起こさないようにする事が大切です
これは、血管を広げたり縮めたりしているのは、自律神経の働きなので、不快な疲労やストレスが多くなると、自律神経の働きを乱して、片頭痛が起き易くなってしまうからです。
できるだけ決まった時間に寝起きして、食事もきちんと取るなど、規則正しい生活を送る事や、休息をとって心身をリラックスさせる、などが勧められています。

 

また、片頭痛は『天気痛』の一種なので、気圧の変化によって自律神経が刺激されると、収縮していた血管が急激に拡張して、頭痛や頭重感が起き易くなります。
この為、春や秋など季節の変わり目や、梅雨や台風が多い時期は、意識的に気分転換を図ったり、計画的に頭を休めたりする事が必要です。
特に雨の日は、「雨が降ると頭が痛くなる方が多い」と言われるように、気圧だけでなく、湿度が高くなって不快感が増し、頭痛を誘発するので、気持ちを上手にコントロールする事が必要になります。

【 片頭痛の前ぶれ症状と、肩こり 】(図)片頭痛の前ぶれ

しかし、疲労やストレスは、個人差が大きく、また、自覚されない疲労やストレスもあります。
この為、今迄の片頭痛を振り返って、どのような心身の不調のシグナルが出たら、片頭痛に結び付くのかを、知っておく事が重要です。
これによって、自分の頭痛パターンから、「何となく頭痛が起こりそう」という『前ぶれ』が分かっていると、頭痛を起こさないように予防するのに、効果的です

 

例えば、片頭痛患者の40〜60%が、片頭痛の『前ぶれ』として、次のような症状を実感しています。
 ・めまいや耳鳴り、立ちくらみが起きる。
 ・あくびが多くなる。
 ・胸が締め付けられる。
 ・胸がザワザワする感じがする。
 ・息苦しく感じる。
 ・冷えを感じる。
 ・食欲不振や胸やけなどで、 胃の調子が悪くなる。
 ・便秘や下痢を繰り返す。
 ・肩こりや腰痛が強まる。
 ・身体がダルイ。
 ・顔に汗をかく。
 ・朝、起きた時から、疲労を感じる。
 ・気圧が低くなると体調が悪化する。
 ・周りがやけにまぶしく感じる。
これらは、疲労やストレスが続く事によって、自律神経が不調になるサインなので、片頭痛の『前ぶれ』にもなっているからです。

 

中でも、「頭痛の前に、肩こりが急に悪化する」、「首から後頭部にかけて、肩がグーっと上がり、凝りがひどくなってくるような感じ」、「頭の後ろに、凝りが拡がってくる」など、独特な『肩こり感』が現れたら、要注意です。
片頭痛を起こす神経(三叉神経)が、首や肩の筋肉に伸びているので、片頭痛が起きる前に、首や肩のストレス状態を示す信号を、『肩こり感』を、片頭痛の『前ぶれ』として発するからです
実際、片頭痛患者の75%に、この独特な『肩こり感』が見られると言われています。

【 当院の、片頭痛の予防治療 】(写真)当院の治療

当院は、片頭痛を起こりにくくしたり、あるいは、起きても軽くて済むようにしたりする為に、片頭痛の『前ぶれ』時に、マッサージ治療を行っています。
片頭痛が起きる前に、マッサージ治療で、不快な疲労やストレスを減少させて、心身がリラックスした状態にすると、それによって痛み(片頭痛)を引き起こす信号を、弱めたり、無くしたりする効果があるからです
片頭痛が起きるまでに、しばらく時間があるので、この時間を利用して、片頭痛を起こす精神的なストレス感を減少させ、片頭痛を起こさないようにします。

 

頭痛を防ぐ為に勧められている『頭痛体操』も、この効果を狙ったものです。
凝り固まった首や肩の筋肉を、ストレッチしたり、動かしたりする『頭痛体操』によって、首や肩の緊張や疲労を解消して、自律神経の働きを安定化させるのに効果があるので、頭痛を起こしにくくします。
マッサージ治療の場合は、血行やリンパの流れを良くする、筋肉の弾力性や柔軟性を高める、神経の興奮を抑制する、などの特徴があるので、緊張や疲労を効果的に減少させ、更に、心身がリラックスしたり、気分が安定したりするので、より効果的な予防法になります。

 

また、片頭痛の独特な『肩こり感』を感じている場合は、不快な痛みを発生させるシコリができている事が多いので、当院では、ツボ治療を加えて、首や肩のシコリを解消させ、悪化した血行の回復を行っています。
これによって、脳に酸素がしっかりと送り届けられるようになると、片頭痛の独特な『肩こり感』が解消されるだけでなく、頭がスッキリした感じになり、片頭痛が起きにくくなる効果があります。
片頭痛の前ぶれ症状を利用したマッサージ治療なので、鎮痛薬の飲み過ぎの防止や、また、予防薬のように毎日の服用がないので、試しやすい治療法です。

 

片頭痛は、生活支障度の高い症状になるので、頭痛を起こりにくくし、また、頭痛発作が起こっても軽く済むように、日頃から体調の維持を心がけておく事が大切です。
当院は、片頭痛の予防に、マッサージにより、疲労やストレスを解消させ、体調を整え、心身をリラックスさせる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

肩こり頭痛 (首・肩・背中の、疲労や緊張による頭痛)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)肩こり頭痛

 

導入文

『肩こり頭痛』は、長時間のパソコン、携帯メール、ゲーム機の使用や車の運転などで、不自然な姿勢を長時間続けて、首や肩の筋肉などが緊張し、血流が悪くなった事が、大きな原因になっています。

特に、首や肩の筋肉に、ズキズキと絶えず不快な痛みを感じさせるシコリができると、局所的な疲労が急に強まったり、後頭部の神経が過敏になったりして、『肩こり頭痛』が起き易くなります。

解消には、シコリの箇所を確認し、ツボ治療を利用して、血流の回復や凝り固まっている筋肉を和らげ、過敏になっている神経を元の状態に回復させると、効果的です。

【 緊張型頭痛 】(図)緊張型頭痛

頭痛の中でも『肩こり頭痛』と呼ばれる、肩や首の、筋肉の過緊張が原因になっている頭痛があります。
正式の診断名は『緊張型頭痛』と言い、痛みがいつまでも続き、「頭をギューッと締めつけられるような痛み」、あるいは、「頭がずっしりと重苦しくなる痛み」、がします。
頭痛の約7割を、このタイプの頭痛が占めているので、ありふれた頭痛のようですが、それだけ多くの人が悩まされています。

 

特に、首や肩の筋肉のコワバリが強まってシコリ(硬結)ができると、そこから、いつもズキズキとした痛みを感じるだけでなく、それにより『肩こり頭痛』が起き易くなります。
これは、硬いシコリで血流が遮断されるので、シコリ内部が酸欠と老廃物の溜まった状態となり、絶えず、極度な疲労状態と神経過敏状態となるからです
この為、少しの疲労や、チョッと緊張しただけでも、過度の疲労や緊張を知らせる神経回路が活発化し、“頭が締めつけられるような”『肩こり頭痛』が起きます。

 

また『肩こり頭痛』は、頭痛だけでなく、疲労や緊張から、身体にいろいろな不快症状が起きているので、これらによっても痛みや不快感を強めます。
特に、首や肩の筋肉のコワバリが強まっているので、「肩が重だるい」、「突っ張り感と不快感がする」、「肩の上に鎧を載せられている感じ」、「首から肩がセメントで固められている感じ」、などの重苦しさに悩まされます。
更に、首や背中の血行不良から、「何もしていないのに疲労感に悩まされる」、「肩や背中が重だるい」、「肩に、ズンとした頭の重さを感じる」、などの身体の不調も感じるようになります。

【 精神的ストレスからも 】(図)精神的ストレスからも

『肩こり頭痛』の原因は、身体の疲労や緊張だけでなく、精神的なストレスも、かなり大きく関係しています。
精神的緊張(交感神経系)が高い状態になると、首から頭にかけての筋肉が緊張して、神経が過敏となり、頭に痛みが伝わる回路が活性化し、更に、脳そのものが痛みを感じ易くなるからです
この為、精神的なストレスに弱いと、『肩こり頭痛』が起きてなくても、漠然とした頭の鈍重感に、絶えず悩まされるようになります。

 

精神的なストレスによって『肩こり頭痛』が起き易くなるので、中高年になると、『肩こり頭痛』で悩まされる方が多くなります。
若い時と比べて、職場や家庭で責任が重くなったり、人間関係が複雑化してきたり、将来に対する漠然とした不安が増したりして、精神的ストレスが強まるからです。
しかも、身体の筋肉の柔軟性が無くなり、運動不足になってくるので、血行が悪化してくるので、精神的なストレスの影響が高まります。

 

更に、中高年になって、体調を保つ自律神経の調子を崩してしまうと、『肩こり頭痛』が、なかなか解消されなくなります。
元々あった筋肉のこりや血流の悪さが、ますます酷くなるので、いつまでも首や肩の筋肉のコワバリが解消されず、頭の痛みを長引かせてしまうからです。
また、自律神経の調子を崩して、イライラ感、抑うつ、倦怠感、不安、不眠、などの『精神・神経症状』が起きると、首や肩の筋肉を緊張させるので、ますます『肩こり頭痛』が起き易くなってしまいます。

【 シコリ解消の重要性 】(図)シコリ解消の重要性

『肩こり頭痛』の大きな原因は、肉体的疲労や精神的ストレスなどによって、首や肩の筋肉などが緊張し、血流が悪くなった事です。
しかし、凝りを感じる箇所や、痛みの具合、程度などは、人それぞれ違って、「首や肩のキワが、ガチガチに凝り固まっている」、「首や肩よりも、背中の上側の筋肉が張るように痛む」、あるいは、「背中全体が鉄板のように固く、重たい」と、人それぞれ“バラバラ”です。
しかも、首や肩の筋肉内部に、不快な痛みを発するシコリができると、それによって頭痛を誘発するだけでなく、頭痛の解消が難しくなります

 

この為、『肩こり頭痛』の症状が軽度で、最初の頃ならば、市販の鎮痛剤でも、『肩こり頭痛』を緩和できますが、筋肉がガチガチに凝り固まったり、シコリができたりすると、鎮痛剤では頭痛を抑えられなくなります。
また、頭痛解消に、ストレッチを行ったり、マッサージを受けたりしても、“首・肩用”としてパターン化されたものでは、症状に合わせたものではないので、頭痛解消の効果が得られません。
しかも、首や肩のシコリに悩まされている場合には、筋肉が異常に収縮して固まった状態になっているので、一般的な筋肉の緩め方では、周りの筋肉が緩むだけで、肝心のシコリ部分は、緩まずに、そのまま残ってしまいます。

 

この為、『肩こり頭痛』は、人それぞれ、程度や範囲、痛む箇所などが違うので、原因となっている凝りの原因や箇所を、きっちりと把握する事と、首や肩のコリは背中まで波及するので、少なくても上半身への、適切な治療が必要です。
特に、筋肉内にシコリができていると、血流遮断によって、酸素供給不足や老廃物の排出が困難になって、『肩こり頭痛』の誘因となるので、シコリの緊張を緩め、血液やリンパ液の循環を促進する方法が必要です。
触診で、シコリの状態を確認しながら、徐々に圧をかけて、様々な方向に引き延ばし、シコリの深層部まで、段階的にしっかりと伸ばしていく事が必要です。

【 当院の、頭痛治療 】(写真)当院の治療

当院は、コワバリやシコリを伴っている『肩こり頭痛』には、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法で、症状の改善を図っています。
身体にシコリができる場所と、東洋医療のツボ(経穴)の位置が、ほぼ一致する事と、ツボ治療によって、神経の興奮を抑制する効果があるからです。
しかも、痛みを誘発させているシコリを確認して、ダイレクトにツボ刺激を行うので、『肩こり頭痛』の解消に、高い効果が期待できます

 

例えば、『肩こり頭痛』を起こす不快なシコリは、頭と首の付け根や、肩沿いに、多く発生しますが、これらの部分には、東洋医療のツボ(風池、天柱、肩井など)が、多く点在しています。
当院では、問診とツボ反応で患部を確認し、その後、確認したツボに刺激を加えていく事で、凝り固まっているシコリを和らげ、血流を回復させ、シコリを解消させるように、治療を進めています。
これによって、『肩こり頭痛』を誘発し、神経を過敏にさせている老廃物を排出させ、神経の働きの回復を図り、痛みの解消を行っています。

 

更に、首や肩の凝りは背中まで波及し、上半身の筋緊張が慢性化するので、当院ではマッサージ治療により、肩甲骨の動きの回復を含めて、上半身全体の過緊張と血行を回復させています。
マッサージ治療によって、血行やリンパの流れを良くする、①筋肉の弾力性や柔軟性を高める、②神経の興奮を抑制する、③筋肉の疲労回復、④痛みを改善させる、などの効果があるからです。
上半身全体の筋肉を和らげ、血流を回復させる事で、体調の回復を行い、『肩こり頭痛』の解消に、効果を発揮しています。

 

シコリによって、身体にズキズキとする不快さを感じていても、自分で自分の筋肉の状態をチェックしたり、シコリを回復させたりするのは、困難です。
当院は、触診をベースに、マッサージ治療にツボ治療を加えて、筋緊張の解消や、神経や血管への圧迫の除去によって、頭痛症状の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

姿勢を保つ筋肉の、慢性的な痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)姿勢を保つ筋肉の、慢性的な痛み

 

 

導入文

痛みは、身体に異常が起きた事を知らせるシグナルですが、コレといった思い当たる原因が無いのに、首、背中、腰、脚などに、鈍痛や疼(うづ)く様な痛みで、悩まされる事があります。

例えば、「肩こりが酷くなると、頭痛がしてくる」、「肩や背中が疲れ易くなって、ズキズキと傷む」、「腰あたりが、重く鈍い痛みがする」、「脚がダルクテ、膝に痛みを感じる事がある」、などです。

毎日の生活、ストレス、気候などから、姿勢を保つ筋肉は日常的に負担がかかって、不快感や痛みを起こし易いので、筋肉の柔軟性回復や血行の促進を得意としている、東洋医療系のマッサージ治療が、不調の解消に効果があります。

【 姿勢を保つ筋肉 】(図)疲労し易く、収縮したままになり易い筋肉

“姿勢を保つ筋肉”は、何気なく立っているだけ、座っているだけでも、滑らかな身体の動きをサポートする為に、絶えず働き続けているので、最も疲労し易く、収縮したままになり易い筋肉です
この為、身体の内側にある“姿勢を保つ筋肉”が、知らず知らずのうちに負荷が多くなって、疲労したり、弱まったりするので、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きてきます。
また、痛み出す事がなくても、「身体を保っていられない」とか、「何だか、身体が重い」、「ダルイ」、「身体が固まっている」、などを感じてきます。

 

この代表例が、腰の痛みで、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目に、訴えの多い症状になっています。
腰やお尻の筋肉は、重要な“姿勢を保つ”役割があるので、分厚い筋肉で構成されていますが、腰に負荷のかかる姿勢が続いたり、筋力が弱まったりすると、この分厚い筋肉が必要とする血液が不足してくるので、「鈍い痛み」、「ズキズキとする痛み」、「安静にしていれば痛まないが、動くと痛む」、などを引き起こします。
更に、痛みが長く続いたり、ストレス感が強まったりすると、痛みを抑える力が弱くなって、痛みが前より大きくなったり、いつまでも続いたりします。

 

頭痛、肩こり、背部痛なども、これに当てはまります。
首や肩、背中の筋肉は、姿勢を維持する為に、常に筋肉が緊張し続ける事が多いので、血行悪化が解消しづらくなると、痛みが起きてくるからです。
しかも、痛みをそのままにしていると、血管が収縮したまま、血行悪化が続いてしまうので、これによって痛みが出るという“痛みの悪循環”を引き起こし、『慢性の痛み』に変わってしまう事があります。

【 痛みの特徴 】(図)姿勢を保つ筋肉の痛み

肩や腰、膝などの“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、切り傷の痛みと違って、“場所が捉えどころなく”“重苦しい痛み”のように感じられます
これは、“姿勢を保つ筋肉”が、身体を動かす時に働く筋肉ではなく、いろいろな動作や姿勢ごとに、複数の筋肉が、無意識のうちに連携して働いているので、「こうすると、痛みを感じる!?」といったように、痛みが起きても“場所が捉えどころなく”なる為です。
また、筋肉の疲労や緊張などによって、血行が悪化し、疲労物質の蓄積や酸素欠乏から神経を刺激した痛みなので、切り傷と違って、神経特有のズキズキとした“重苦しい痛み”となります。

 

しかも、“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、いつも同じではなく、痛みが強まったり、繰り返したり、拍動性の痛みや疼くような痛みが起きたりして、痛みが解消されるのに時間がかかるようになります。
“姿勢を保つ筋肉”が、毎日の姿勢や動作を保持する役割があるので、痛みを感じていても、体重による負荷を受け止め続けたり、動かしたりするので、症状改善のコントロールが難しくなる為です。
更に、痛みや不快感から、自律神経のバランスを崩すと、痛みの感受性が高まって、「今日は天気が悪いので、いつもより痛みが辛く感じる」、「イライラしてくると、痛みが強まる」、「体調も良くないと、疼く痛みも増す」、などが起きてきます。

 

また、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、関連する他の筋肉にも影響を与え、コワバリや痛みが拡がるようになります。
“姿勢を保つ筋肉”の痛みが、最初は一部であっても、痛むと姿勢のバランスをとる筋力が弱るので、関連する筋肉の負荷を増やしてしまうからです。
この結果、「脚が痛むと、次第に腰が痛くなる」とか、「一方の脚をかばっていたら、反対側の脚も痛くなる」、「肩こりが、背中や腰にまで及んだ」、という状態になっていきます。

【 身体の歪み 】(図)身体の歪み

また、“姿勢を保つ筋肉”に大きな負担がかかり続けて、“身体の歪み”が起き、これによって、鈍痛や疼(うづ)く様な痛みを引き起こす事があります
“姿勢を保つ筋肉”への負荷はわずかでも、座り仕事や立ち仕事などで、同じ姿勢や動作を続けてくうちに、首や肩、背中、腰などの筋肉に、絶えず負荷がかかりつづけるので、知らず知らずのうちに“身体の歪み”が生じるからです。
“身体の歪み”が生じると、血行が悪化するので、ジッとしていても、慢性的に痛みを感じるようになり、動くと、コワバッタ筋肉を引き延ばされるので、筋肉の痛みと共に、過敏になっている神経が刺激されて、ズキズキとした痛みも感じます。

 

この“身体の歪み”による痛みも、 痛みが強まったり、繰り返したりして、いつまでも続きます。
血行悪化や不快な痛みから、痛みを抑える神経の力が弱くなるので、痛みを普通より強く感じたり、チョッとした動作が神経を刺激して、痛みをぶり返したりして、治りづらくなるからです。
例えば、いつも肩や背中・腰などを曲げた猫背姿勢でいると、筋肉がコワバって、血行が悪くなっているので、神経が敏感になって刺激され易いので、肩や背中・腰などに痛みが強まったり、痛みを繰り返したりするだけでなく、筋肉のコワバリや血行悪化から、回復しづらくなります。

 

更に、“身体の歪み”によって、肩こり・腰痛・頭痛・猫背・冷え・むくみなどの、不定愁訴も引き起こします。
首や背中を通っている自律神経の働きに支障を与えたり、呼吸が浅くなって、身体への酸素の供給量が低下したりするからです。
この結果、“身体の歪み”が、見た目の問題だけでなく、「何となく体の調子が悪い」といった、身体のさまざまな不調が起きてきます。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、切り傷や火傷と違って、自己診断によって痛みの箇所を特定する事や、効果的な改善をセルフケアによって行う事が困難です。
これは、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛みは、湿布や張り薬、あるいは、温めても、解消させるのが困難ですし、骨格を維持している筋肉の痛みなので、痛みの“場所が捉えどころなく”、ポイントが絞れないので、大雑把になってしまう為です。
しかも、ストレッチや運動両方の場合、筋肉の一部を引っ張って、緩める事はできますが、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが起きていると、強いコワバリや硬いシコリができている事が多いので、それを、ストレッチや運動療法で、狙って緩めたり、解消させたりする事はできないからです。

 

この為、当院は、肩や背中、腰などの、“姿勢を保つ筋肉”の痛み解消に、ツボ治療を加えたマッサージ治療で行っています。
これは、ツボが、身体の不調時に、「反応点」として身体の異常を知らせる、「治療点」として症状を改善する箇所であるからです。
しかもツボが、神経が集まっている箇所に多くあるので、ツボ刺激を加えると、神経の興奮を鎮めて、硬くなっていた筋肉を緩める効果があるので、“姿勢を保つ筋肉”の痛み解消に、効果があります

 

また、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが出ると、同じような働きをしている他の筋肉に影響を与えるので、問診や触診を利用し、身体全体のチェックが必要です。
この為、当院では、痛む箇所だけでなく、身体全体の患者が気になっている箇所を確認し、それらのコワバリやシコリの解消、停滞した血行やリンパの流れの改善、なども行っています。
これによって、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛み解消に、患者が納得でき、そして、安心して受けられるような治療を目指しています。

 

“姿勢を保つ筋肉”は、最も疲労し易く、収縮したままになり易いので、痛みが起き易い筋肉なので、それだけ、筋肉の柔軟性回復や血行の促進を得意としている治療法が、安全、安心で、解消効果があります。
当院は、マッサージ治療に、ツボの「反応点」や「治療点」を利用した治療を加え、血行悪化の改善や、筋肉の働きの回復、筋肉の痛み解消に、効果的な治療が受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

首から肩への、痛みを伴う“しびれ”

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)首から肩への、痛みを伴う“しびれ”

 

導入文

何気なく、頭を後ろに反らしたり、横に傾けたりした時に、いきなり、首から肩にかけて痛みやしびれが走り、そのまま首や肩が、金縛りにあったように固まってしまう事があります。

首周辺の筋肉がコワバッテいたり、骨の変形が進んで神経の通路が狭くなっていたりすると、フトした動作で周辺の神経を圧迫して、首から肩や腕に、突然の痛みやしびれを発し、筋肉を引きつらせた為です。

このような神経圧迫を防ぐには、首周辺だけでなく、上半身の筋肉のコワバリや、コワバリから生じたシコリなどの解消が必要となるので、ツボ刺激を併用するマッサージ治療が効果的です。

【 首の筋肉のコワバリから 】(図)首の筋肉のコワバリ

普段はそれほど気にならなかったのに、上を見上げた時や、物を取ろうとして片手を後ろに反らした時などに、首から肩にかけて、強い痛みやしびれが現れる事があります。
これは、首から肩へ伸びる神経の通路の中で、首の骨から出る通路の隙間が、極めて狭くなっているので、この付近の筋肉がコワバルと、神経を圧迫して、神経を刺激してしまう為です
この為、首から肩への痛みを伴う“しびれ”原因の、9割近くが、「首の“筋肉疲労”などの、原因のはっきりしない痛みやしびれ」と、言われています。

 

しかも、首の筋肉は薄く、持ちこたえる力が弱いので、姿勢の悪化や筋肉疲労などで首の筋肉がコワバルと、頭をチョッと動かした時に、狭い隙間か出る神経を強く押し付けてしまう事が、起き易くなります。
この為、「以前から、首こりがひどい」とか、「普段から首が回らないし、動かない」と言う場合には、首のコワバリ感と共に、首から肩への、痛みを伴うしびれが起き易くなります。
例えば、デスクワークで、毎日、うつむいた姿勢で前かがみになっていたり、PCの画面を覗き込むような『ストレートネック』になっていたり、した場合です。

 

また、昔から『借金で首が回らない』と言われるように、首の筋肉は、精神的なストレスが高まると、首の筋肉の緊張が強まり、凝り固まったような状態になります。
ストレスによって、自律神経のバランスが崩れて、血液循環が滞ったり、関節の動きの滑らかさを失わせたりするので、筋肉の緊張を引き起こすからです。
この為、精神的なストレスが高まると、自分が思っている以上に、首や肩の筋肉の緊張と疲労が強まって、思いもかけずに首付近の神経を圧迫して、首から肩への、痛みを伴う“しびれ”を起こす事があります。

【 首の骨の変形によって 】(図)首の骨の変形

更に、首の筋肉のコワバリが長く続くと、首の骨の一部が引っ張られて、首の骨の並びが歪んだリ、関節面がズレたり、更にそれらによって、小さな骨の棘(とげ)ができたりします
これらによって、首の神経を刺激する事があるので、このような、首の骨の変形による痛みやシビレなどの発症を、総称して『頚椎症(けいついしょう)』と言います。
特に中高年以降になると、骨の老化が進み、関節の骨と骨との間が狭くなったり、クッション役をしている椎間板の厚みが失われたりするので、頚椎症に悩まされる方が多くなっています。

 

頚椎症の始めの頃は、首から肩の一部に、一時的に痛みやしびれが起きる程度ですが、筋肉の柔軟性が失われるにつれて、骨の変形が進むので、痛みやしびれが、たびたび起きるようになり、しかも、範囲が拡がります。
例えば、最初は、首の痛みやしびれ、肩こり程度だったものが、次第に、手足のしびれ、脱力などが現れます。
また、首の骨の変形によって、関節面の滑らかさが失われるので、頭を右や左に廻してみると、骨どうしがゴリゴリと擦れるような音がしたり、動きがゴツゴツとして制限された感じになったりします。

 

しかし、加齢によって首の骨の変形が認められても、しびれや痛みが出ない事も、多くあります。
これは、首から肩にかけての筋肉が、コワバッタ状態にならずに、緩んだ状態で、関節にゆとりがあると、神経を圧迫したり、刺激したりする事が無いからです。
また、筋肉の柔軟性が残っている事で、進行せずに軽症のまま、ほとんど無症状の場合も、かなりあります。

【 病院治療と、首のストレッチ 】(図)首のストレッチ

整形外科の治療では、通常、手術を行なわずに、自然治癒を待つ治療となり、一般的な治療法として、牽引療法、温熱やレーザー、低周波などで、痛みや痺れを和らげ、それに、頭を後方へそらせないように生活指導などを行っています。
これは、首の骨の変形で神経の通路が狭くなっていても、首の筋肉のコワバリを緩める事によって、かなり症状を改善できるので、まずは、保存療法を行うのが原則になっているからです。
しかし、自然治癒を待つ治療法になるので、頸椎カラーの長期着用や、通院の繰り返しが、数か月以上かかるようになります。

 

この為、首の症状を早く解消させる為に、自分で行う首のストレッチが勧められますが、効果を現す為には、症状への理解や、繰り返し行う根気などが必要です
これは、大雑把でも、首や肩の筋肉の構成と、自分の患部の筋肉の位置が分かっていないと、一生懸命ストレッチをしても、ポイントがずれてしまうからです。
また、首周辺の緊張が、ひどく慢性化した状態になっていると、なかなか改善効果が現れないという、難点があるからです。

 

更に、背中の状態も確認し、関係する肩や背中の筋肉も併せて行わないと、効果が乏しく、再発し易くなります。
背骨全体の筋肉のバランスが崩れていると、首の疲労や緊張に影響するからです。
特に、首から肩への痛みを伴うしびれは、上背部の一部分が、過剰に丸くなっている事が多いので、上背部の、肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性と、肩関節の動きをチェックして改善する事が必要です。

【 当院の、コワバリやシコリの解消治療 】(写真)当院の治療

首から肩への痛みを伴う“しびれ”の、大きな原因は、首周りの筋肉のコワバリだけでなく、コワバリの中でジンジンと痛みを発する、硬い“シコリ”も影響しています
この為、当院では、コワバリやシコリを解消させる為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
筋肉が凝り固まったコワバリやシコリに、ツボ刺激を利用して、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させる事で、血行やリンパの流れを改善し、神経の興奮を鎮めるようにしています。

 

更に、当院では、ツボ刺激の後に、マッサージ治療を活用し、上半身の血行の促進を行いながら、筋肉の緊張箇所を確認しながら解消させて、柔軟性を回復させています。
マッサージ治療で、患部やその周辺の緊張を、直接解消させていくので、内部に溜まった血管内の廃棄物を効果的に押し流し、首回りの筋肉の柔軟性回復を早める効果があります。
また、疲れ易さや凝りで、「何となく身体の調子が悪い」といった状態も、筋肉のコワバリを解消させる事で、解消効果にもなります。

 

これらの、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、身体の回復を早め、電気治療や温熱療法を受ける通院日数や、頸椎カラーの着用期間を短縮させています。
患者は、安静の状態で、首を動かす必要も無いので、リラックスして、安心して治療を受けられます。
しかも、身体の気になる違和感や不快感の解消も行っているので、体調回復の効果も期待できます。

 

40代以降になると、首はとてもデリケートな部位なので、首の筋肉のコワバリや、骨の変形から、肩こり、首の痛み、しびれ、などが多くなっています。
当院は、このような症状の解消に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、頸肩部の筋緊張を除去し、神経や血管の圧迫や、骨の並びの歪みを解消し、症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

疲労や緊張が慢性化し、長引く頭痛、肩こり、腰痛

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)疲労や緊張が慢性化し、長引く頭痛、肩こり、腰痛

 

導入文

毎日の仕事や家事などに追われているうちに、疲労や緊張から、筋肉内に硬いシコリができ、そこから慢性的にズキズキとする痛みが生じ、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になる事があります。

しかも、そのシコリから発する不快な痛みで、「身体の調子が、何となく悪い」という状態も引き起こし、身体がダルク感じられたり、疲労が抜けきらなくなったりしてきます。

このような、疲労や緊張から生じる筋肉のシコリは、その多くが、東洋医学のツボの位置と一致しているので、症状改善には、ツボを「反応点」や「治療点」として活用している東洋医療系のマッサージ治療が、効果的です。

【 血行悪化から、神経過敏に 】(図)血行悪化

仕事や家事でストレスや疲労が溜まり、不快な痛みが起きるようになっても、身体からのアラームと気付かず、「この程度なら…」と思って、そのままにしがちです。
ところが、この状態が続いて、不快な痛みを長引かせると、いつのまにか、筋肉内に硬いシコリができて、ますます不快感が強まったり、一日中ウットウシサに悩まされたりします。
これは、血行不良になると、身体に痛みや不快感となって現れ、更に血管を収縮させるので、これによって“痛みの悪循環”となって、ますます痛みを強めたり、慢性化させたりするからです

 

また、シコリによって血行が悪化すると、滞った老廃物が神経を刺激するので、“神経特有のズキズキとした痛み”を起こします。
血行悪化で、酸素を供給する機能が低下し、疲労が溜まり易くなるので、痛みを抑える力を弱め、反対に、神経を過敏にさせて、痛みや不快さを絶えず強く感じさせるからです。
この結果、何もしていなくても、ズキズキと、疼(うず)くような痛みが起きたり、ちょっと力が入っただけでも敏感に反応し、ジクジクとしたダルサや鈍痛が強まったりします。

 

特に、頭を支える首や肩、腕の動きを支える肩や肩甲骨、身体の軸となる腰などは、どうしても、姿勢を維持しながら動作をするので、疲労や緊張が溜まり易くなります。
更に、これらの箇所に、負荷が大きくなってシコリができてしまうと、なかなか痛みを取り去る事ができなくなり、痛みが痛みを招くといった『悪循環』を起こし、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になってしまいます。
この結果、「頭が、いつも重い」とか、「肩甲骨の内側が、いつもズキズキと痛む」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、「腰の鈍痛に悩まされる」、「ギックリ腰を起こし易い」、などが起きてきます。

【 シコリによる、骨への影響 】(図)骨の歪み

また、関節付近にシコリができると、痛みや不快感だけでなく、筋肉の強いコワバリから、関節の柔軟な動きを無くします
この例として、よくあるのが、「首が回りづらい」、「腕大きく廻すと、肩甲骨あたりにゴリゴリとこすれる音がする」、「膝や腰を動かすと、ギクシャクした感じがする」、などです。
あるいは、チョッとした動作でも、「ギックリ腰」、「寝違い」、「肩甲骨周辺の痛み」などが、起き易くなります。

 

更に、シコリができた事で、“骨の並びを歪ませる”事があります。
シコリ付近の筋肉がコワバッテ、強く縮まった状態になるので、付着している骨を強く引っ張って、上下に一列に並んでいる骨格を崩してしまう為です。
特に、背骨や骨盤付近は、身体の軸となって、体重や姿勢の負荷が大きいので、それらの疲労や緊張でシコリができると、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』の原因になります。

 

そして『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』の状態になると、姿勢が伸びづらくなり、無理に身体を伸ばすと、ジーンとした違和感や痛みが起きます。
伸びづらくなるのは、シコリができると、周辺の筋肉もコワバリが強まるので、背骨や骨盤の、全体の筋肉の柔軟性が失われる為です。
また、身体を伸ばすと、シコリによって神経が圧迫されて、刺激されるので、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』が続くようになります。

【 精神的にも 】(図)ストレス

更に、シコリからの不快な痛みは、精神的に、「仕事に専念できない」、「気が滅入る」、「イライラする」、なども引き起こします
これは、絶えず、痛みの信号を送り続けるので、痛みを抑える力が弱くなって、痛みを普通より強く感じるからです。
この結果、支障をきたすほどではなくても、仕事や家事で、集中力や意欲を中断させたり、疲労感やダルサに悩まされたり、精神的に安定が保ちづらくなったりします。

 

また、不快な痛みが、自律神経の働きに影響を与えてしまうと、身体に支障が起き、「内臓の調子が悪い」、「頭がボーっとする」、「手足が冷える」、「微熱がある」、「全身がだるい」、などを引き起こします。
これは、首や背骨の間から、自律神経が出ているので、絶え間ない不快な痛みが続くと、自律神経の正常な働きに、支障を与えてしまうからです。
特に、首や肩にシコリができて、絶え間ない不快感に悩まされていると、首の中を自律神経が通っているので、頭痛、頭重感 気分障害などが、起き易くなります。

 

他にも、天気が崩れてくると、「疲れ易く、ヤル気が起きない」、「興味がわかない」、「鬱(うつ)な気分になる」、などが起き易くなります。
これは、痛みと不快感で、自律神経が不安定気味になっているので、気象(気温、気圧、湿度)の変化によって、自律神経に、更に負荷がかかってしまい、痛みと不快感が強まってしまうからです。
この為、片頭痛や関節痛、肩こりなど、持病が悪化するパターンもあります。

【 当院の、長引く頭痛、肩こり、腰痛の治療 】(写真)当院の治療

長引く頭痛、肩こり、腰痛などは、医院で画像診断や血液検査をしても、確認ができませんし、また、不快な痛みを和らげる為に、皮膚の表面に張る湿布薬や、痛み止めの薬では、効果がありません。
疲労や緊張の慢性化が影響しているので、「血行の悪化」、「筋肉内部のシコリの発生」、「関節の動きの悪化」、「骨の並びの歪み」など、身体全体の状態を確認して、身体のバランスを整える事が必要です
この為、当院では、身体の各箇所に拡がっている不調を確認し、体調の調整を行う為に、マッサージ治療に、ツボ治療を加えて、症状の改善を図っています。

これは、慢性のズキズキとする痛みを発生させているシコリの箇所が、東洋医学のツボと、ほぼ一致しているからです。
しかも、ツボの特徴として、身体に不調が起きた時に、「反応点」として身体の異常を知らせ、更に、「治療点」として症状を改善させる効果があるので、症状改善に適しています。
また、ツボ反応を利用する事により、リハビリ運動やストレッチと違って、患者にとって、無理が無く、負担の少ない治療ができます。

 

このような理由から、当院では、最初に、問診や触診と共にツボ反応を利用し、圧迫するとジーンとした痛みが強まったり、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった“神経特有の感覚”を発していたりする箇所を確認しています。
その後、硬化している筋肉を、ツボ刺激で表層の筋肉から深部の筋肉へと回復させて、血流を回復し、シコリを軟化させて、痛みや不快感などの解消を行っています。
ツボを治療に活用しているので、他の治療法と比べて即効性があり、しかも、刺激の仕方や刺激量を患者と確認しながら行っているので、安心して、痛みが少ない治療法になっています。

 

長引く頭痛、肩こり、腰痛のように、筋肉内の硬縮(シコリ)や、神経が過敏になっている症状には、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法が適しています。
当院は、ツボ治療を加えた東洋医療系のマッサージ治療により、血流やリンパの流れの回復、筋肉のコワバリの解消、神経過敏の正常化など、身体全体の調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

安い・早い・効果的、治療院のクイックマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】 
(写真)安い・早い・効果的、治療院のクイックマッサージ

 時間のゆとりが無いので、

①『だけを、集中的にやってほしい』

②『だけを、集中的にやってほしい』

 

導入文

毎日、パソコンとにらめっこ、長時間のデクスワーク。(図)肩こり

首・肩や腰の疲れは、限界です。

そんなリクエストにお応えするのが、

マッサージ専門の治療院が行う

『クイックマッサージ』

わずか 15分 で、手軽に、本格的なボディケア!

費用は、お手頃価格の、税込み1500円

短時間・低料金・本格的施術と、三拍子揃ったマッサージです。

詳しいご案内は、コチラ  をクリック。

(図)治療院のクイックマッサージ

本八幡( 市川市 )ファミリー治療院本八幡( 市川市 )ファミリー治療院

 

治療院の、クイックマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)治療院の、クイックマッサージ 

 

導入文

街を歩くと、10分、15分、20分など、“短時間”でマッサージを行う、クイックマッサージをよく見かけます。

どうしても、時間の制約から、肩だけとか、背中の一部など、限られた部位のマッサージになるので、「効果はどうかナ…?」と、疑問に思う方が、いらっしゃるかもしれません。

しかし、症状の改善を目的にしている治療院では、その技術や経験を利用して、的を絞って“短時間”マッサージを行っているので、症状の改善を期待している方にとって、オススメです。

【 的を絞った、短時間マッサージ 】(図)あん摩

もともと、マッサージは、痛い部分や気になる部分を、撫でたり擦ったりされると、不快感が和らぐ事から生まれました。
現在、日本で行われているマッサージは、昔から日本で行われてきた『あん摩術』(写真)と、西洋から伝わった筋肉の緊張解消法や血流促進法が加わり、世界的に見ても、新しいタイプの手技療法と言えます。
クイックマッサージは、この日本独自に発展した手技療法を、10分や15分などの“短時間”に、集中させて行っています

 

この為、“短時間”でも、「辛いと感じている箇所」を、的を絞って施術を行うので、時間が限られている方には、即効性や納得度が高いマッサージと言えます。
例えば、「今疲れている箇所だけを、すぐにほぐしたい」とか、「時間が限られているので、気になっている箇所だけ、何とかしたい」と思っている時に、ピッタリです。
しかも、衣服を着替える必要が無いので、チョッとした時間に、手軽に利用できます。

 

また“短時間”型のマッサージなので、身体の癒しだけでなく、初めて行った店の、“お試し”としても利用できます。
クイックマッサージで試してみる事で、お店の雰囲気や、マッサージが合うかどうか、費用など、その後の参考になるからです。
「マッサージに興味はあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」とか、「効果があるか試してみたい」、「施術者の雰囲気が知りたい」などの場合に、分かり易い確認体験になります。

【 短時間型マッサージの由来 】(図)スポーツマッサージ

“短時間”型マッサージが、注目され始めたのは、昭和39年の東京オリンピックからでした。
出場選手の、パフォーマンスの向上を狙って、試合の合間を利用して行われたのが、キッカケでした
外傷の予防や、競技力の向上などの効果が、一般の選手にも広まり、多くのスポーツで活用されるようになりました。

 

現在では、スポーツだけでなく、日々の仕事や家事などでも、疲労や緊張感の解消や、リフレッシュ効果を狙って、“短時間”型マッサージが、広く利用されています。
背景としては、身体の疲労だけでなく、身体を動かす事が少なくても長時間に及ぶ仕事や、凝視を必要とするなどで、精神的な疲労が多くなったからです。
仕事の合間の“短時間”でも、マッサージで、身体の過緊張や疲労を解消する事で、気分転換になり、精神的にリラックスする効果が得られ、仕事を更に進める事ができます。

 

このようなニーズから、東洋医療系のマッサージをしている所は、施術効果をあげる為に、ツボ刺激を併用したマッサージも行っています。
ツボは、神経が集まっている箇所に集中しているので、ツボを刺激する事で、短時間に、効率的に、神経に働きかけて、身体の働きを正常化させるのに、効果があるからです。
例えば、自律神経の不調がからんだ、肩こり、背中の痛み、腰痛、頭痛、耳鳴り、めまいなどに、応急の対処法になります。

【 知識と臨床経験の重要性 】(図)あん摩マッサージ指圧師

しかし、クイックマッサージは、時間に制約があるので、マッサージを手順通りに行ったのでは、効果が期待できません。
症状から判断して、触診と解剖学を基に『素早く、原因と患部の範囲を確認して、患部のポイントを絞る』事が必要になるからです
この為、クイックマッサージでも、通常のマッサージと同じように、患部を軽く押圧して、患者に「どのように感じるか?」を、確かめる事をしています。

 

そして『手際よくアプローチ』して、患部の負荷が和らぎ、不快感の減少が、実感できるようにする事が必要になります。
患部の重点箇所や、強さの加減、どのような手順で行うかを、素早く判断しながら、マッサージを行います。
この為、クイックマッサージは、何よりも、施術者側の『確かな知識』と、『多くの臨床経験』が、重要です。

 

この為、急いで、身体の疲れを解消したい時には、症状の改善を目的にしている『治療院』で行っているクイックマッサージが、オススメです。
『治療院』と聞くと、ちょっと敷居が高そうに感じるかもしれませんが、『治療院』と名乗れるのは、正規の国家資格を持っているマッサージ師がやっている所だけなので、治療院選びに迷っている方に最適です。
単に“マッサージ店”で選んでしまうと、資格を持たないまま施術をしている店が多いので、レベルの保証が無いので注意が必要です。

【 当院のクイックマッサージ 】(写真)当院のクイックマッサージ

当院は、『マッサージ専門の治療院』で、『あん摩・マッサージ・指圧師』の国家資格を持った、正規の資格者によって施術を行っているので、マッサージが、安全に、安心して受けられます。
「身体がひどく辛(つら)いので、しっかり相談して、症状の改善をしたい」という方にも、マッサージ治療に『ツボ治療』を加えて、症状の改善を行っています。
来院される方の多くが、「身体がダルイ」、「肩がこる」、「腰が痛む」、「冷える」、「疲れやすい」、「眠れない」、「イライラする」など、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」といった事が原因になって、来院されています。

 

また、当院は、通常行っている、マッサージの技術を利用して、15分の『クイックマッサージ』を行っています。
これによって、時間に追われている方に、“短時間”であっても、症状に合わせたオーダーメイドのマッサージを受けてみたい方にも、お立ち寄りできるようにしています。
調子の悪い箇所を、“短時間”に、ピンポイントに集中的にケアをするので、即効性や身体や気持のリフレッシュ感から、仕事の効率アップ(↑)や、集中力のアップ(↑)が、期待できます

 

『クイックマッサージ』の場合でも、リラックスできる雰囲気の効果も考えて、当院では、個室のブースで行っています。
個室のブースで、プライベートな空間が用意されていると、気分が変わり、リラックスできるので、心身がリフレッシュできます。
“短時間”のマッサージであっても、リラックスできる雰囲気の中で、気になっている箇所や、辛いと感じている箇所を、的を絞って施術を行ってもらいたいと思っている方に、オススメです。

 

クイックマッサージの効果が発揮されるには、『確かな知識』『多くの臨床経験』『プライベートな空間』などが重要です。
当院は、“短時間”マッサージに、即効性や納得度を高められるように、個室のブースを使用し、国家資格の知識と技術をベースに、整体の理論や技術を取り入れています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

脚の“ふくらはぎ”の、むくみ、腰痛、高血圧

【(症例)身体の不調や、不快感 】 
(写真)脚の“ふくらはぎ”の、むくみ、腰痛、高血圧

 

導入文

“ふくらはぎ”のむくみは、そのままにしていると、「脚が疲れる」、「ダルイ」、「重い」、「冷え」、「痛み」、などの不快感が次第に強まり、更に、腰痛、疲労感、高血圧などを引き起こす原因にもなります。

これは、運動不足や加齢などで、ふくらはぎの筋肉が弱まると、脚のむくみだけの問題でなく、身体の安定を保つ働きが失われ、下半身の血液を心臓に戻す力を低下させるので、体調の維持に悪影響を与えるからです。

下半身の疲労や血行低下が影響しているので、状態や程度を確認しながら、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などのケアをする事が必要です。

【 脚のむくみと、不快感 】(図)脚の不快感

ふくらはぎのむくみで、発症原因として多いのが、立ち仕事やデスクワークなどで、ずっと同じ姿勢を続けたいた為に、ふくらはぎの筋肉を動かす事が少なくなって、脚の血液の流れが停滞して起きるケースです
女性の場合、男性に比べて筋肉量が少ない事から、血液を心臓に向かって押し戻す力が弱いので、むくみが起き易くなったり、回復に時間がかかったりします。
多くは一時的ですが、しかし、過労や、睡眠不足、冷え、水分不足、塩分摂り過ぎ、運動不足、などが続くと、筋肉の働きが弱って、むくみが解消しづらくなります。

 

また、加齢も大きく影響します。
年をとると、筋力が低下したり、筋肉量が減ったりするので、脚の血液を心臓に押し戻す力が弱くなるからです。
しかも、若い時と違って、ジッと座っている事が多くなったり、運動をする事が少なくなったり、身体に冷え症状が起き易くなったりするので、余計に脚の血流が悪くなり、むくみを起こし易くなります。

 

そして、むくみが起きると、「脚がダルイ」、「疲れ易い」、「ムズムズ感」、「かゆみ」、「ほてり」などの、不快感に悩まされます。
血流の悪化から、栄養や酸素が行き渡らなくなって神経を刺激したり、溜まった老廃物が神経を刺激したりする為です。
また、老廃物を多く含んだ血液が脚にとどまり続けるので、かゆみや湿疹などの炎症が起きるので、これによっても、不快感を引き起こしたり、増したりします。

【 そして、腰痛、疲労感、高血圧にも 】(図)腰痛、疲労感、高血圧にも

脚のむくみや不快症状は、それだけでなく、腰痛や、腰のダルサも引き起こします。
ふくらはぎと腰は、位置は離れていても、姿勢を保つ為に互いに影響し合うので、脚を前方に上げたり、直立したり、後ろや横に動かしたりする時に、ふくらはぎの筋肉が弱っていると、腰部や骨盤の関節への負荷が強まるからです。
また、腰に大きな負担がかかるだけでなく、ふくらはぎの筋肉の働きの低下から、腰にアンバランスが生じるので、それによっても、身体の重心のズレが起き、腰のダルサや痛みが起きてきます。

 

更に、下半身だけでなく、身体全体がダルクなったり、疲れた感じになったりします。
重力の影響で、下半身に、身体全体の7割もの血液が集まるので、下半身の血行が悪化すると、全身の血行も悪化するので、身体全体の筋肉の働きを弱めて、疲れ易くさせる為です。
昔の人が、一日の農作業が終わった後や、長旅をした後などに、『足湯』で脚の血行を促進させていたのは、脚の疲れが全身に及ぶ事を、経験的に分かっていたからです。

 

更に、運動不足や加齢で、ふくらはぎの筋肉が弱ると、血圧が高くなるリスクが指摘されています。
下半身から心臓への、血液の戻りが悪くなるので、心臓が“より強い力”で、絶えず血液を送り出す事が必要になるからです。
しかも、下半身の冷えや、運動不足でふくらはぎの筋肉が弱っていると、ますます血液循環を悪化させて、血圧を高めてしまいます。

【 鍛えるよりも、柔軟性の回復を 】(図)ふくらはぎを鍛え(使い)続けないと

ふくらはぎの太い筋肉は、犬や猫などの四つ足動物には無く、直立歩行をしたり、下半身に溜まった血液を心臓に送り返したりする為に、後からできあがった、人間だけの独特な器官です。
しかし、独特な器官であっても、ふくらはぎは筋肉なので、鍛え(使い)続けないと、運動不足や加齢などで筋肉が弱って、身体の安定を保つ働きが失われたり、身体の血行を悪化させたりします。
ふくらはぎの筋肉が弱ると、柔軟性が無くなるので、身体をしっかりと支えられなくなり、ますます、「歩くのが億劫」、「歩いたり立ったりするとつらい」、といた状態になります。

 

ふくらはぎの、むくみやダルサを改善したり、予防したりするには、何よりも、血行を促す筋ポンプ活動が活発化するように、『ふくらはぎの“柔軟性”を回復』させる事が必要です
この事が理解されていないと、よく歩いていると思っていても、いっこうに、むくみやダルサが解消されなかったり、かえって、ふくらはぎや腰を痛めたりします。
例えば、毎日歩いたり、ジョギングをしたりしても、「歩いている時に、姿勢を意識しない」、「膝を伸ばさずに歩いている」、「ノンビリと歩いている」などがあると、ふくらはぎの柔軟性の回復訓練にならなかったり、無理をしてふくらはぎの筋肉を鍛えようとすると、ふくらはぎの血行が悪くなっているので、かえって疲労感が増したり、筋肉痛の原因になったりしてしまいます。

 

この為、毎日の生活の中で、「靴下の跡が残る」、「ふくらはぎが硬い」、「内部にシコリがある」、「押すと痛い箇所がある」、などに気付いた場合は、注意が必要です。
脚の筋肉が正常に働かなくなって、血行やリンパ液の流れが、悪化している可能性があります。
特に、「歩くのが遅い」、「歩き方が変に感じる」、などがあったら、脚の筋肉の働きが低下しているサインかもしれません。

【 当院の、ふくらはぎ治療 】(写真)当院の治療

ふくらはぎなどに、むくみやダルサが気になったら、下半身の疲労や血行低下が影響しているので、それらを解消させる事が、何より先決です
当院は、効率的に、筋肉の脚の筋肉の働きの回復や、血行に関する症状の解消を改善させる為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
脚にはたくさんのツボがあるので、脚の筋肉の働きの回復や、血行の促進、そして疲労物質の排出に、適しているからです。

 

この効果から、俳人の『松尾芭蕉』も、脚の『足三里』のツボを刺激しながら、全国を旅したと言われています。
ツボ刺激で、脚の筋肉の働きが回復し、血液循環が進むので、疲労感や違和感を減少させる効果あるからです。
例えば、「腰が重い、痛む」、「脚がだるい、痛い」、「病院に行くほどではないけど、いつも腰や脚に不快感がある」、「膝や股関節にも痛みが出る事がある」などの場合には、脚や腰のツボ治療が解消に効果的です。

 

また、マッサージ治療は、腰や脚の筋肉のコワバリを解消させたり、血行を改善させたりするのに効果があります。
これよって、滞っていた血流が無くなってくると、脚のむくみを減少させ、それによって、神経の興奮を抑制するので、不快に感じていた、下半身のダルサや疲れが解消されてきます。
更に、ふくらはぎが、姿勢を支える為にとても大切な働きをしているので、ふくらはぎの不調が解消されてくると、体調改善や健康や美容にも、良い効果が得られます。

 

脚のむくみやダルサは、下半身の筋肉の働きの低下と、それによる血行の停滞が原因になっているので、何よりも、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などのケアをする事が必要です。
当院は、脚のむくみやダルサの解消などに、ツボ刺激を併用するマッサージ治療で、血流の改善や筋緊張の緩和などを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

高齢者の、加齢による、冷え

【(症例)身体の不調や、不快感 】 

(写真)高齢者の、加齢による冷え

 

導入文

“冷え”は、高齢になると、「冷えが、身体の内側や内部に入り込んでいる」ように感じるので、衣服を着込んでも、暖房で身体を温めていても、チョッとした寒さでも敏感になります。

しかも、冷えを感じると、「下痢と便秘を繰り返す」、「疲れ易い」、「眠れない」、「風邪を引き易い」などが起きるので、身体の冷えと体調不調の両方に、悩まされます。

このような、身体の冷えと体調不調を改善するには、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などが必要になので、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が、高齢者にとって、安全で効果的な治療法になっています。

【 高齢の冷えの原因 】

高齢者に冷えが生じる場合、大きな原因の一つとして、身体の筋肉量や働きが低下して、“身体の熱をうまく作れない”事があります。
筋肉は、体温の約6割を発熱しているので、中高年以降、加齢に伴って筋肉量が低下し、50代や60代にガクンと筋肉量が落ちると、これに伴い、身体の発熱量がかなり少なくなるからです。
また、高齢になると、筋肉の運動機能が低下する事や、運動する事が少なくなってくる事から、ますます筋肉からの発熱するエネルギーが低下してしまいます。

 

もう一つの、高齢者に冷えが生じる大きな原因として、“熱をうまく運べなくなる”事があります。
これは、加齢によって血管の柔軟性が低下し、硬くなってくると、血管のポンプ機能が低下するので、血液を送る力が弱まり、せっかく熱を作れても、身体の隅々に、温かい血液が届きづらくなる為です。
この血液循環が悪化して身体が冷えるのを、『血液循環悪化タイプの冷え』と言い、気温とは関係なく身体が温まらないので、真夏であっても身体に冷えを感じるようになります。

 

また、血管の柔軟性が低下すると、身体から“水分が排出されにくくなってしまう”ので、この余分な水分によって、更に身体の冷えが強まります。
東洋医学では、これを『水滞』と言い、「水分代謝が悪く、水の排出が停滞している状態」なので、冷え以外にも、軟便、下痢気味、むくみ、チョッと動いただけでも汗をかき易い、などを伴うと説明しています。
このように、高齢者の冷え場合、“身体の熱をうまく作れない”“熱をうまく運べなくなる”“水分が排出されにくくなってしまう”などが重なって、身体全体に冷えが強まるので、「冷えが、身体の内側や内部に入り込んでいる」ように感じます。

【 冷えによる、身体への影響 】(図)冷えによる、身体への影響

しかも、『冷えは万病のもと』と言われるように、冷えによって、身体に様々な不調を引き起こします
例えば、身体が冷えるので、「下痢をし易い」、「腰痛に悩まされる」、「肩がこる」、「しもやけができ易い」とか、血行の悪化により、「脚がむくみ易い」、「靴下のゴム跡がクッキリと残る」、「脚にしびれを感じる」、などが現れます。
また、精神的にも不調が起き、「身体がダルイ」、「疲れ易い」、「意欲が出ない」、「眠れない」、なども起きてきます。

 

更に、身体の冷えによって、体重がかかる関節に痛みが起き易くなって、朝起きた時や、動作を開始した時に、膝や腰などの痛みに悩まされるようになります。
血液の流れが悪くなってくると、関節周りの筋肉や関節軟骨に.栄養や酸素が不足するので、関節の安定性の低下から、クッション機能の低下、軟骨のはがれ、などが起きるからです。
また、冷えで、痛覚や触覚なども過敏になるので、痛みや痺れ(しびれ)感、ジンジンする感じなどが、一層増すようになります。

 

更に、冷えを感じる事で、血圧が上がり易くなります。
冷えを感じると、体温を逃がさないように、自律神経が、血管を収縮する(細くする)ように働くので、心臓は血圧を高めて血液を押し出そうとして、血圧が上がってしまうからです。
そして冷えが長く続くと、血圧が高くなったまま、血管の調整能力が乏しくなるので、慢性的な高血圧になりがちです。

【 冷えで、毛細血管が干上がって 】(図)ゴースト血管

また、高齢者の『血液循環悪化タイプの冷え』は、血行悪化が進行すると、毛細血管が干上がって、血管が幽霊のように消えてしまう、『ゴースト血管(写真参照)』の問題が出てきます
『ゴースト血管』と言うのは、加齢や血行障害などで、毛細血管の血液を運ぶ機能が低下し、その状態が続くと、毛細血管が干上がって、最終的に消失してしまう状態を言います。
20代の毛細血管を基準にすると、一般的に、60代では30%、70代では40%、減少するとさていますが、冷えで血流が悪くなると、更に血管のゴースト化が増大します。

 

この為、冷えで血管のゴースト化が増えてくると、酸素や栄養分を運ぶ血液が、行き渡らなくなって、見た目に老けたり、身体の働きが悪くなったりします。
例えば、肌の血行やうるおいが消えるので、肌色が悪くなったり、肌の表面もカサカサでシワやたるみが目立ったり、更に、シミやクスミもできたりして、実年齢以上に老けが目立って、枯れた印象になります。
また、身体の各器官に、酸素や栄養を充分に送り届けられなくなるので、肩こり、頭痛、目の疲れ、関節痛、疲れ易い、ダルイ、もの忘れなどが、起き易くなります。

 

この結果、冷えで『ゴースト血管』が増えると、老化を加速させてしまいます。
毛細血管は酸素や栄養を運んでいく重要なルートなので、衰えた血流を良くして、毛細血管のゴースト化を進行させない為には、働きを回復させる事が大切です。
身体を触ってみて、冷たく感じたり、硬かったり、むくんでいたりしたら、血行が悪くなって冷えているサインなので、ケアが必要です。

【 当院の、高齢者の冷え治療 】(写真)当院の治療

当院は、高齢者の冷え治療は、最初に身体の不調を確認して、回復させる事を含めて行っています
筋肉がコワバッテいたり、関節部分が硬くなっていると、身体を動かしづらくなり、血行を滞らせてしまうので、身体の冷えの原因になったり、体調の不調をきたしたりするからです。
また、身体の不調を回復させておかないと、高齢者は体力が弱っているので、体温維持機能が弱ったまま、体温がなかなか元に戻りにくくなるからです。

 

この為、当院では、身体にコワバリがある箇所や、血行が悪くなっている箇所を、触診やツボ反応で確認し、その後、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、その箇所の緊張を解消させ、血行の促進を行っています。
ツボが、身体の不調時に、異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、衰えている血流の改善や、毛細血管の働きの回復に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が、効果的な治療法になるからです。
血行の促進によって、血液の中で、神経を刺激していた老廃物が排出されてくると、今まで感じていた不快感が減少し、筋肉の緊張やコワバリも緩んできます。

 

そして更に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、筋肉のポンプ作用を刺激して、“血行を活発化する”と、次第に、血行が良くなってくる事と、身体が温まってくるのが、感じられます。
高齢者の冷えの原因の多くが、筋肉の働きが弱って、熱を作り出す力(代謝)が少ない事と、熱を運んでいる血行が低下し、体温が保てなくなっている事なので、筋肉の働きを取り戻す事で、全身に血液が巡るようになるからです。
血液がしっかりと、身体の隅々まで行き渡るようになるので、身体の新陳代謝も高まるので、「何となく体の調子が悪い」という状態から、身体を健康にしてくれる効果があります。

 

身体が冷えると、暖房や衣服など、外側から身体を温める事に気をとられがちですが、高齢者の場合には、熱を作る筋肉の働きや、熱を運ぶ血行を改善させないと、身体の冷えが進んで、ますます体調を悪化させてしまいます。
当院は、市川市の施術助成券を取り扱い、マッサージ治療によって、高齢者の冷え改善や体調改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型)

【(症例)身体の不調や、不快感 】(写真)こむら返り

導入文

ふくらはぎや足の裏などが、突然、強く痙攣(けいれん)して、痛みが出る症状を『こむら返り』と言い、時間帯で分類すると、“昼間に起きる”タイプと、“夜間に起きる”タイプ、に分けられます。

この2つのタイプの特徴を持ち合わせて、多いのが『腰周りの、違和感や痛みを原因とするこむら返り』で、「腰がダルイ」、「ぎっくり腰ほどじゃないけど、違和感がある」、「腰が固まっている」などを、こむら返りを起こす前に感じています。

これは、こむら返りが、腰の問題と関係している現れなので、改善するには、脚だけでなく、治療院で行っている触診やツボ反応で“腰周りの違和感や痛み”を確認し、回復させる事が大切です。

【 昼間に起きる、こむら返り 】(図)運動中のこむら返り

“昼間に起きる”こむら返りは、その多くが、運動中に脚の筋肉に『過剰な力が持続的』に加わった事で、筋肉と神経のバランスを保っていた働きが崩れて、起きています
例えば、サッカーやバスケ、ラグビーなどで、試合中に選手の脚がつってしまい、グラウンドにひっくり返っているところを、トレーナーに脚を伸ばしてもらっているのを、目にした事があると思います。
これは、激しく競い合っているうちに、下半身に、「力が入り過ぎた」、「緊張が強まった」、「いつもと違う動きを、急にした」などが起こると、これがキッカケとなって、脚の神経が異常興奮を起こし、筋肉の痙攣(けいれん)を引き起こした為です。

 

通常ならば、筋肉の伸び縮みは、筋肉や腱に備わったセンサーでコントロールされますが、『過剰な力が持続的』に加わった事で、センサーに誤作動が起き、本人の意思とは無関係に、筋肉が勝手に収縮した為です。
しかも、脚の筋肉の『緊張が長く』続いた為に、筋肉の収縮にブレーキをかける働きが弱くなると、ますます神経や筋肉が刺激を受け易い状態になるので、無条件に筋肉を収縮させてしまいます。
この為、下半身の筋力が弱っていると、あまり体力を必要としないジョギングやハイキングでも、運動中や運動後に、脚の筋力が無くなって、「脚に力が入らない」とか、「膝がガクガクする」という状態になると、突然、こむら返りを起こす事がよくあります。

 

また、こむら返りは、暑くて汗を大量にかいた場合や、排尿の量が多くなると、起き易くなります。
多量の発汗や排尿で、体内のミネラル分が一緒に排出されると、運動神経に信号を送るミネラルの働きに異常が起きてしまい、筋肉が異常に収縮し、痙攣を起こしてしまうからです。
この為、「お腹をこわして下痢が続いた」、「飲み会でたくさんお酒を飲んだ」、「心臓病や高血圧の治療薬などの薬の服用中」などの場合も、水分と同時ミネラルも体外に排出してしまうので、このような時に急に脚を伸ばすと、脚が、「痛!」という状態になってしまいます。

【 夜間に起きる、こむら返り 】(図)寝ている時のこむら返り

“夜間に起きる”こむら返りは、寝ている間に、脚がつって、痛くて目が覚めるタイプです。
就寝中は、神経のコントロール力が低下しますが、更に、「運動で疲労」、「血行が悪くなっていた」、「体調が良くなかった」などがあると、更に、神経のコントロール力が低下するからです
このような状態の時に、寝返りをしたり、普段と違う姿勢をとったりすると、それが引き金となって、急激に神経のセンサーの感度が高ぶって、筋肉を急激に縮めてしまうからです。

 

特に、「日中に身体を動かして腰から下が疲れを感じていた」、「デスクワークで血行が低下している」、「冷房のつけっぱなしで脚の筋肉が冷えていた」、「寝ている時に暑くて汗を多くかいた」、などの場合に起き易くなっています。
筋肉のセンサーに誤作動が起き易くなるので、寝ている間の無意識の動作で刺激が加わると、筋肉が必要以上に収縮してしまい、ブレーキのかからない状態となるからです。
特に年齢を重ねると、加齢による筋力の低下、持病、薬の服用、などが多くなるので、これによって神経のセンサーの誤作動が起き、こむら返りが増えるようになります。

 

中でも“夜間に起きる”こむら返りとして、よくあるのが、仰向けになって、“足の甲が伸びきった”状態になって、寝ているうちに、こむら返りが起きるケースです。
これは、仰向けになって、“足の甲が伸びきった”状態になると、ふくらはぎや足の裏側の筋肉が、縮んだ状態になるので、『こむら返りの一歩手前』になる為です。
更に、脚が冷える条件が加わると、筋肉が収縮し易く、血めぐりが悪くなるので、足の甲に布団の重みがかかった時に、一気に、筋肉の異常興奮が起き、いきなり、脚が、「痛!」という状態になります。

【 腰周りの違和感や痛み 】(図)腰周りの違和感や痛み

このように、こむら返りには“昼間に起きる”タイプと“夜間に起きる”タイプに分けられますが、この2つのタイプの特徴を持ち合わせて、しかも、多いのが『腰周りの、違和感や痛みを原因とするこむら返り』です。
例えば、運動や立ち仕事などで、腰が疲労していたり、あるいは、運動不足や同じ姿勢が続いて、血行が悪くなったり、腰がコワバッテいたり、している場合です。
これによって、「何となく腰がダルイ」とか、「腰が固まっている感じ」、「腰に鈍痛(どんつう)がする」、などを感じる状態になると、何かのキッカケで、お尻からふくらはぎに延びる坐骨神経を刺激して、こむら返りを起こしてしまいます

 

この理由から、妊婦さんや、デスクワークの人に、こむら返りが起き易くなっています。
体重の増加や運動不足などで、体重を支える負荷が増したり、ふくらはぎの筋肉が弱ったりするので、腰や脚に疲労が生じ易くなって、神経の誤作動を起こし易くなるからです。
しかも、妊婦さんの場合、身体のバランスを取ろうとして、腰を反らしている事が多い事や、デスクワークの場合には、前かがみ姿勢が続く事から、余計に腰から下の筋肉に過剰な負担がかかるようになります。

 

更に、姿勢の悪化・冷え・肥満などがあると、繰り返して何度も、こむら返りが起きるようになります。
腰やお尻の筋肉を、必要以上に緊張させたり、血行が悪くなっていたりするので、脚の動きをコントロールしている坐骨神経が過敏状態となって、誤作動が起こし易くなるからです。
「腰痛はあるけれど、坐骨神経痛は関係ない」と思っていても、ひんぱんに起こるこむら返りは、坐骨神経痛の典型的な症状と言えるので、腰の症状を解消させる事が大切です。

【 当院の、こむら返りの予防と回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、こむら返りの予防として、腰から下の、下半身の筋肉の柔軟性や血行を回復させる事を、重点的に行っています
仕事や家事などで、腰から下疲れた状態になっていると、これによって、本人は気づいていなくても、腰から下の血行が悪くなって、老廃物が溜まり、こむら返りが起き易くなるからです。
特に、ふくらはぎは、『第二の心臓』と言われるように、下半身に届いた血液を、心臓に戻すポンプの役目をしているので、その機能を活発化させる事で、こむら返りの予防に、効果があります。

 

当院では、こむら返りの予防対策に、お尻から足先に伸びる坐骨神経の反応点(ツボ)を確認し、ツボ治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点でもあるので、坐骨神経の反応点(ツボ)を解消させる事で、こむら返りの予防対策になるからです。
反応点(ツボ)に、しっかりと力が伝わるように、垂直にゆっくりと、そして痛気持ちいいくらいの強さで押して、坐骨神経に刺激を与え、働きを回復させていきます。

 

また当院は、こむら返り起こした後の、回復治療も行っています。
激痛は無くなってもの、こむら返りの“引きつり感”が残っていると、再発させる原因になるだけでなく、不安感から生活に支障が起きてしまいます。
この為、筋肉の違和感を解消させる為に、ふくらはぎの“筋ポンプ”を、活発化させると共に、下半身全体の筋肉の柔軟性や血行の回復や、ツボ治療を行って、坐骨神経の反応点を解消させる治療を行っています。

 

腰痛は、日本人が訴える痛みの中で最も多い症状なので、中高年以降になって、こむら返りを繰り返す場合は、「腰に原因があるのかも?」と、腰の状態を、疑ってみる事をお勧めします。
当院は、下半身全体の、血行の改善や疲労を回復させ、こむら返りの予防や、体調維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

睡眠不足が続いて、疲れがとれない、すっきり起きられない

【(症例)身体の不調や、不快感  】
(写真)睡眠不足

 

導入文

仕事や子育てなどで忙しく過ごしているうちに、睡眠時間を削って『睡眠不足が毎日』になってくると、ストレスを感じ易くなってイライラしてきたり、注意が散漫になって思わぬミスをしたり、仕事や勉強の効率が下がったり、してきます。

しかも、睡眠不足が続くと、心身が休まらない状態になるので、次第に「眠りたいのに眠れない」状態となって、ますます睡眠不足にさせてしまいます。

毎日規則正しい睡眠サイクルを保つことが理想的ですが、さまざまな原因で睡眠時間が短くなっているので、まずは体調の改善に、昔から、寝つきが悪い人や、眠りが浅い人に利用されているマッサージ治療を利用して、身体の疲労や緊張を解消させて、心身を和らげる事が必要です。

【 睡眠不足の、身体への影響 】(図)身体への影響

通常、睡眠が不足してくると、次のような事が起きてきます。
  電車で座っていたり、昼食後にボーっとしていたりすると、眠くなってくる。
  たばこやコーヒーがないと、頭や身体をシャキッと保つ事ができない。
  毎夜、布団に入るなり、あっという間に寝落ち(バタンキュー)してしまう。
  運転していて、信号待ちに、フッと眠気に襲われる。

 

しかも、睡眠不足が毎日続くと、脳に疲労が解消できなくなって、脳の働きが鈍ってきます。
例えば、判断ミスが多くなって、単純ミスを繰り返したり、物忘れが多くなったり、あるいは、注意散漫になって、集中できなくなってボーッとしたり、ヤル気が起きなくなったり、してきます。
そして、身体の新陳代謝も弱まってくるので、肌の修復機能が悪くなって、見た目に、不健康で、老け込んだ感じになったり、体重が増えて太ってきたりします。

 

更に、睡眠不足が続くと、体調を整える自律神経の働きが低下して、疲労感や倦怠感が高まったり、病気のリスクが高まったりします。
この状態になると、「不機嫌になる」、「イライラする」、「気分が落ち込む」などから、友人や同僚とのコミュニケーションが取りにくくなったり、「日中の眠気」、「アクビの多発」、「頭痛」、「倦怠感」、などで悩まされたりします。
睡眠不足が続くと、このように心身の不調が借金(負債)のように積み重なってくるので、『睡眠負債』と言われます。

【 毎日少しずつの睡眠不足 】(図)自覚しづらい睡眠不足

睡眠不足の中でも、徹夜の場合には、徹夜明けに、ヒドク頭や身体が疲れて、働きが鈍ってくるので、睡眠不足をハッキリ実感されます。
ところが、毎日少しずつ睡眠不足が続いて、短時間睡眠が習慣として定着してしまうと、「目覚めが悪く、寝足りない気がする」と思っても、本人は、「短時間睡眠に慣れた」と思うようになってきます
睡眠を節約する習慣が繰り返されるので、脳の中の、睡眠に切り替わる仕組みや、睡眠を維持する仕組みが、きちんと働かくなってしまうからです。

 

しかも、毎日を忙しく働いていたり、家で家事や育児でがんばっていたりすると、睡眠不足が続いていても、身体の活動を活発にさせる交感神経がフルに働くので、余計に、睡眠不足を自覚しづらくなります。
交感神経が活発化すると、身体が緊張状態になるので、夜になっても、眠気が生じづらく“眠りが来ない”状態になったり、朝早くから目が覚めて、“眠気を感じられなく”なったりするからです。
この為、本人は、「夜、遅くまで起きていられて、パッと寝て、シャキッと起きられる」、「毎日6時間眠れば、睡眠時間はそれで十分」、「電車ですぐに眠ってしまうけど、短時間で目覚めるから問題が無い」と、思ってしまいます。

 

しかし、実際は、「寝つきが良い」と思っていても、睡眠不足の為に、バタンキューの“寝落ち”となって、自律神経が交感神経優位から副交感神経優位に、十分に切り替わっていない可能性があります。
また、「短時間睡眠でパッと目覚める」と思っていても、本当は“眠りが浅い”状態になっているので、疲労した脳や身体を休息させたり、回復させたりする事が、不充分になっている可能性があります。
この為、気持ちよく眠りに入ったつもりでも、起きると、「ダルさが半端ない…」と思わせられたり、「寝ても疲れが取れず、身体がダルイ」と感じたりします。

【 寝だめ、寝具の取り換え、睡眠薬 】(図)睡眠薬

睡眠不足の解消に、「休みの日に“寝だめ”をすれば、睡眠不足を取り戻す事ができる」と、思います。
しかし、一時的な睡眠不足ならば、睡眠時間が不足しているだけなので、休日にゆっくりと眠る事で解消されますが、睡眠不足が、1年、5年、10年…と、長い年月をかけて習慣化していると、1日~2日ゆっくり休んでも、解消するのが難しくなります
また、睡眠不足が習慣化している中で、特定の日に“寝だめ”をすると、いつもの『体内時計』や『覚醒のリズム』を狂わせてしまうので、かえって、「夜になっても、寝つきが悪い」、「疲労しているのに、熟睡できない」、「眠ったと思うと目が覚めてしまう」、という事態が起きます。

 

このような睡眠不足が続くと、心身にさまざまな影響を及ぼし、「眠れない」という苦痛だけではなく、日中の眠気や、だるさ、うつ気分、集中力低下、なども起きてきます。
そして、喉や胸の筋肉も柔軟性が無くなるので、胸が圧迫されているように感じるので、寝ていると、呼吸の浅さから、寝苦しく感じます。
しかし、寝苦しく感じるのは、寝具の問題ではないので、枕や布団・マットレスなどを取り替えても、取り替えても解決しません。

 

このような症状には、病院に行って、薬を処方してもらう方法もありますが、まずは、薬を使用しないで、呼吸法や筋肉をほぐす方法などで、心身をリラックスさせて、体調を改善する事が第一です。
睡眠薬は、正しい知識の元に、正しく服用しないと、思わぬ副作用を経験する可能性があるからです。
安全で、安定した睡眠を回復するには、まずは、体調を改善して、身体に睡眠のリズムを定着させる事が、最も必要な事です。

【 当院の、睡眠不足の解消治療 】(写真)当院の治療

睡眠不足が続くと、心身が休まらない状態になっているので、眠れるようにするには、日中の身体の疲労や緊張を解消させて、身体や心がリラックスできるようにしておく事が肝心です。
しかし、「眠れるように、身体がリラックスした状態にしておこう!」と思っても、自分で、自分の身体の状態が、よく分かりません。
このような場合に、昔から、寝つきが悪い人や眠りが浅い人に、身体の疲労や緊張を解消させて、心身を和らげるリラックス効果を得る為に、マッサージ治療が利用されています

 

当院も、マッサージ治療にツボ治療を加えて、筋肉の緊張解消や、滞った血液やリンパ液の流れを回復させて、睡眠の改善を行っています。
ツボが、身体の不調時に、反応点として、身体の異常を知らせる箇所でもあり、症状を改善する箇所でもあるからです。
マッサージ治療にツボ治療を加えて、不調箇所を確認して、身体の疲労や緊張を解消させていくと、身体の緊張が緩み、それに合わせて脳の活動も穏やかになり、リラックス感となってくるので、自然な眠りにつき易くなります。

 

更に、マッサージ治療によって、血行を改善し、神経の興奮を低下させると、睡眠を安定させる効果があります。
また、身体のコワバリが解消されて、柔軟性が回復してくるので、寝ている時の、呼吸の息苦しさが無くなり、寝返りも、自然にできるので、途中で眼を覚ます事が少なくなります。
しかも、睡眠薬と違って、副作用や依存性が無いので、最初に行う睡眠の改善策として勧められています。

 

マッサージ治療は、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身を和らげるリラックス効果があるので、睡眠の質を高める働きにもなります。
当院は、質の良い睡眠ができるように、首、肩、腰、疲労などの不調を解消させ、心身の調子を整えるマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理  】 
(写真)妊娠中の妊婦さんへの、マタニティマッサージ

 

導入文

妊娠して、お腹の赤ちゃんが大きくなるにつれて、妊婦さんの心身に、「身体が重たい」、「疲れ易い」、「ダルイ」、「イライラする」、「眠気やめまい」、などの不調が起きてくるので、これらを軽減する為に、昔から、妊婦さん向けのマッサージが利用されてきました。

妊娠中の身体の不調のように、「病気ではないけれど、何となく身体の調子が悪い…?」といった場合には、緊張気味の身体を緩めて、血行やリンパの流れを良くする事や、神経の興奮を抑えるなどが、不快感を鎮め、体調の改善に効果があるからです。

一般的なマッサージと違って、妊婦さんへのマッサージは、妊婦さんとお腹の赤ちゃんへの安全性が必要とされるので、昔から受け継がれてきた経験と、専門的な知識と技術による『国家資格』者による施術が、効果的で、安全・安心なマッサージになっています。

【 妊娠中の、体調不調 】(図)妊娠中の体調不調

妊娠すると、妊婦さんの心身を保つ働きに、大きな負担がかかってくるので、対応できなくなってくると、身肩こりや腰痛に悩まされたり、身体がダルクなったり、脚がむくんだりして、体調が安定しなくなり、「どうしたら、良いのか?」と、悩まされるようになります。
これらが起きる原因として、妊娠中のホルモン分泌の変化や、お腹の赤ちゃんの体重増加などがありますが、それ以外にも、大きく影響しているのが、毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”などです。
毎日の“身体の疲労や“精神的な緊張”によって、血液やリンパ液の流れが悪くなっていると、妊婦さんの身体の血液が、赤ちゃんの成長に用いられるので、ますます血液不足となって、「吐き気や頭痛」、「微熱」、「身体のだるさ」、「眠気」、「イライラ」、などの症状が、起き易くなるからです

そんな妊婦さんの身体の不調を、薬を服用せずに、改善してくれるのが、妊婦さん用のマタニティマッサージです。
もともと、マッサージは、緊張気味の身体を緩めたり、血行やリンパの流れを良くしたりする事で、身体の疲労を回復させたり、神経の興奮を抑えて、痛み・不快感を鎮めたりする効果があるので、体調改善に、昔から利用されています。
このような効果から、妊娠の安定期はもちろん、妊娠初期や、出産の直前まで、それぞれの時期に合わせて、自分ではできない身体や心のケアに、マッサージが利用されています。

マタニティマッサージは、こわばっている筋肉をほぐしたり、滞っている血液やリンパ液の流れを回復させたりして、妊婦さんの心身の健康を保ち、お腹の赤ちゃんに良い影響を与える事を目的にしています。
特に、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担をかけずに、症状の緩和が期待できるように、工夫されています。
妊娠中に、マッサージを受けると、次のような効果があるので、身体がツライ場合は、活用してみるのも一つの方法です。
 ✔ 肩こり
 ✔ お尻や腰の痛み
 ✔  脚の付け根のツッパリ
   場所が特定しづらい痛み
   全身のだるさ・頭痛
   イライラ・不快感
   つわり・むくみ

【 症状の改善例 】(図)症状の改善例

例えば、妊娠中に多い症例として、体重の増加から、腰・お尻の筋肉がパンパンに張ったり、筋肉の力が弱まったりして起きる『腰痛や、お尻の痛み』の、マッサージ治療があります。
妊娠中の腰痛をやわらげる為に、骨盤ベルトの着用がありますが、これは、動く事を補助する物であって、それ自体には“治癒効果”がありません。
マッサージによって、筋肉の柔軟性を回復させ、溜まっている老廃物を押し流すようにすると、痛みや不快感がかなり軽減されて、解消させる事も期待できます。

また、多くの妊婦さんが経験する、身体の『ダルサ』や『倦怠感』の解消にも、効果があります。
これらは、首から背中にかけての筋肉が、「張り詰めたように凝っている」、「ガチガチにかたまっている」、「硬くて重たく感じる」、「眠れないほど痛む」、などの状態になっているからです。
この為、首から背中にかけての筋肉の緊張を解消させて、血行を改善させると、老廃物の排出が促進され、酸素や栄養の流入が進むので、疲労感や緊張感が弱まって、ダルサや倦怠感も無くなります。

これは、マッサージで、妊婦さんの身体の緊張を和らげ、身体がリラックスできるようにすると、体調回復の働きが高まるからです。
マッサージによって、適切な圧で筋肉を揉みほぐし、血行を改善させると、自分では気が付かない身体の緊張も解消されるので、心身がリラックスしてきて、症状が改善されるようになります。
このような効果から、肩や腰などの身体の一部の症状なら、早期に行えば、短時間(15分程度)のマッサージでも、かなりの効果があります。

【 あん摩術から、国家資格に 】(図)国家資格

妊婦さん向けに行うマッサージ(マタニティマッサージ)では、お腹を圧迫するような、うつ伏せの姿勢では行いません。
妊婦さんの顔とお腹が、ベッドに押し付けられる事を防ぐ為に、横向きの姿勢と、仰向けの姿勢を、組み合わせて行ないます。
これにより、お腹の赤ちゃんに安全に、妊婦さんに緊張が無い状態で、楽な姿勢で、マッサージが受けられるようにしています。

このような、患者の身体に負担が少ない姿勢をとったり、横向きでも患部にしっかりと、圧の方向や最適な刺激量を利かせたりする技術は、『あん摩術』の影響があります。
『あん摩術』は、もともと、奈良時代あたりに、中国から伝来した手技療法で、日本に入ってきてから独自に発展し、押したり、揉んだりしながら、血の巡りを良くし、身体の緊張をほぐす治療法になりました。
江戸時代に『あん摩術』が盛んになり、その後、明治時代に、西洋から入ってきたマッサージに包括されて、マッサージと呼ばれるようになり、現在では『国家資格』となり、日本独特の手技療法になっています。

この為、マタニティマッサージを受ける場合には、『国家資格』(あん摩・マッサージ・指圧師の免許)のある治療院を選ぶ事が、勧められます。
妊婦さんにとって身体の負担が少ない姿勢で、正式な知識と経験を持った国家資格者が行うので、安心してマッサージ治療が受けられます。
また、『国家資格』者による“治療”と認められるので、かかった費用も、『医療費控除』が適用されます。

【 当院の、マタニティマッサージ 】(写真)当院の治療

妊娠中は、お腹の赤ちゃんの為に、“居心地の良い身体を保つ事”が、最優先です。
しかも、出産後は、赤ちゃんの世話で精一杯になるので、妊娠中から、体調を整えておく事が必要です。
この為、少しでも、妊娠中の身体の不調を和らげて、上手く体調の変化と付き合えるようにする事が、大切です。

しかし、妊婦さん用のマッサージを実施している治療院は、それほど多くありません。
これは、妊婦さん用のマッサージが、力の使い加減や施術方法などに、専門的な知識と、技術を必要とする為です。
この為、マッサージ治療を受けられる場合は、インターネットや電話で、マッサージの資格(国家資格)の有無や、実績などを、確認する事が大切です。

当院は、マッサージの『国家資格』者が、昔からの『あん摩術』をベースにして、マタニティマッサージを行っています。
妊娠中の辛い症状を解消させて、快適に過ごせるように、指圧とマッサージの優れた部分を取り入れ、リラックスした状態で、マッサージを受けて頂けるようにしています。
これらの効果で、妊娠中の体調トラブルの緩和、胎児に良い影響を与える、筋肉をほぐす事で出産を楽にする、等を目的にしています。

マタニティマッサージを受ける場合は、他の患者さんを気にする事なく、普段着のまま、安心して施術を受けられる事も必要です。
当院は、ベッドをブースで仕切って、あん摩術をベースにして、指圧とマッサージの優れた部分を取り入れて、施術を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

ゴルフの疲れの、早期回復

【 (症例)疲労や だるさ 】 
(写真)ゴルフの疲れの、早期回復

 

導入文

ゴルフは、練習の打ちっぱなしでは、何十球打っても疲れないのに、コースに出ると、翌日の仕事に支障が出るほど、疲れてしまう事があります。

プレイ中は、ずうっと、普段使わない筋肉をフルに使う疲労、コースに出る緊張感、ショットのたびの集中力、スコアへの精神的なストレス、同伴者への気遣い、風や日差しなどで、かなり体力を消耗する事と、身体の中にコワバリや血流悪化が生じて、疲労の自然解消を妨げるからです。

この状態を解消させるには、身体の疲労状態に合わせたキチンとした診断と、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、血行やリンパの流れを良くする、治療院のマッサージ治療が効果的です。

【 ゴルフの疲労箇所 】(図)ゴルフの疲労箇所

ゴルフは、激しく動くスポーツではありませんが、日常には無い動作を、筋肉をフルに使って繰り返したり、ショットやパット時に精神的な緊張が極度に高まったりするので、どうしても、身体のいろいろな箇所の疲労度が大きくなります
ところが、疲労度が大きくなっても、コース場に立った緊張感や高揚感や、お互いに注目しながら競い合う事から、これらの疲労感や緊張感が“隅に押しやられ”てしまい、気付きにくくなります。
この結果、ゴルフの特徴的な痛みと言われる、手首の痛み、腰痛、膝の痛み、などが起きてきます。

 ≪ 首・肩・背中 ≫

スイング時に、ボールから眼を離さず、頭を残して振り切るので、首・肩・背中への筋肉に極度の緊張と、強い“捻り”が生じます。
しかも、「前傾した姿勢から、瞬間的に力を入れる」、「スイングの時に、身体の回転を素早くする」など、筋肉をフルに使う、瞬発力を必要とする動作が繰り返されます。
この結果、首の付け根から肩にかけて、そして肩甲骨の奥の筋肉に、強い負荷がかかり、普段使わないインナーマッスルの疲労が強まります。

 ≪ 腕 ≫

スイング時に、緊張して肩から腕に力が入り過ぎると、過緊張と血行不良が起き、後になって、腕がダルクなったり、痛みが出たり、します。
また、スイング時の衝撃を受けて、肘の内側に炎症が起きると、しばらくして、肘から手首の内側が腫れぼったく感じたり、ズキズキとした痛みが起きたりする、『ゴルフ肘』の状態になります。
更に、『ゴルフ肘』にはならなくても、腕の筋肉は肩や背中に続いているので、肩が凝る、首筋が凝る、背中が痛い、頭痛がする、などの症状が現れます。

 ≪ 腰 ≫

ゴルフのスイング時には、腰に急速な回転が生じるので、急激な負荷が、腰周囲の筋肉や靱帯にかかります。
この結果、腰の急激な痛み(ギックリ腰)や、重ダルサ、慢性的な腰痛、脚のこむら返り、などが起きます。
また、脇腹の筋肉に強い負荷がかかって、肋骨の一番下あたりの『脇腹痛』に悩まされる事があります。

 ≪ 膝 ≫

ゴルフコースは歩く距離が長く、アップダウンも多くあるので、気付かないうちに、膝に負担がかかります。
また、スウィング時には、膝に、体重が大きく“のしかかり”ます。
これらの負荷が膝にかかると、脚の疲労感に悩まされるだけでなく、膝が伸びにくくなったり、膝がガクガクしたり、脚のムクミやダルサ、などが起きてきます。

【 長引く、心身の疲れ 】(図)長引く疲労

しかも、思いのほか、ゴルフの疲れが、いつまでも長引く事があります。
一番大きな原因は、ゴルフ動作が、体幹の身体を支える筋肉を回転軸にして、瞬間的に何度も捻(ひね)って酷使する事と、粘(ねば)り強く、時間をかけて、たくさんの身体の筋肉を使うので、筋肉の“瞬発力”と“持久力”の両方が必要とされるからです。
言ってみれば、ゴルフは、筋肉の2大要素を、繰り返し使うスポーツなので、筋肉の疲労度が、気が付かないうちに大きくなるからです。

 

更に、ゴルフはプレイ中、考える時間が多く、自分の意思で行うスポーツなので、“精神的な緊張”が、何度も繰り返されます。
例えば、ショットごとに、「あそこまで、でボールを飛ばそう!」とか、パットごとに、「カップにボールを入れなきゃ!」と、自分で自分を緊張させるだけでなく、絶えずスコアが気になるので、心身が休まる事が無くなるからです。
この結果、強い緊張、不安、心配が繰り返されるので、プレイが終了しても、“精神的な緊張”がずっと残ってしまい、身体の“肉体的な緊張”もなかなか解消されなくなります。

 

しかも、疲労が自覚されない『疲労感無き、疲労』の影響もあります。
プレイ中に、身体に疲労が溜まってきても、ゴルフの楽しさや高揚感があると、脳が“疲労感”を隠してしまうので、『疲労感無き、疲労』となり、疲労の自然解消に時間がかかってしまうからです
しかし、実際には、ゴルフに出かけると、休日に朝早く起きてゴルフに出かけたり、スコアを競い合う感覚が強まって緊張が連続していたり、日焼けや風などで体力をかなり消耗していたり、スコアに悩んだりして、心身を酷使した状態になっているので、『疲労感無き、疲労』が蓄積した状態になっています。

【 疲労解消の必要性 】(図)疲労解消

ゴルフ疲れで、疲労が大きくなったり、急激に体力を消耗したりしても、人間の身体は、体内で循環している血液量は一定しているので、必要とされるフレッシュな血液量が、急には増えません
また、静脈の血行を促す血管のポンプ作用も、疲労で働きが低下するので、排除が進まなくなって、疲労物質が溜まったままになります。
しかも、“精神的な緊張”から脳が疲れてくると、自律神経のバランスを乱すので、不快感が続く状態になり、体調の回復を遅くさせてしまいます。

 

このように心身が疲れているにも関わらず、ゴルフから帰った後に、「ストレッチは面倒くさい、とりあえずひと休み」と、そのままダラダラと過ごしてしまうと、ますます筋肉の疲労や緊張がなかなか解消されず、ダルサや倦怠感などの不快感も続いてしまいます。
栄養ドリンクを飲んで、疲労感を薄めても、疲れ自体は無くなりませんし、血行を良くしようと、熱いお風呂に入ったりすると、汗をかいて身体のエネルギーを使うので、かえって、疲れを感じ易くなったりします。
また、スタミナ料理を食べる人もいますが、心身が疲労している時にスタミナ料理を食べると、脂肪分が多い事もあって、消化する胃腸に負担がかかって、内臓の疲労を増大させてしまいます。

 

しかも、ラウンド後の血流悪化によって、疲労が解消されづらい『蓄積疲労』の状態になっていると、翌日の仕事に支障が出るほど、疲れが取れなくなります。
身体が健康な状態であれば、栄養を充分に摂り、入浴などしてぐっすりと睡眠をとれば、翌日には元気な状態に回復しますが、『蓄積疲労』になると、ストレスと言われる緊張状態を作り出すからです。
この結果、お風呂に入ったり、横になったりして、充分に休んだつもりでも、身体の中から疲れが取れなくなって、元の元気な状態に戻りづらくなります。

【 当院の、マッサージ治療による体調回復 】(写真)当院の治療

このような事から、ゴルフをした後は、自分では気付かない『蓄積疲労』を解消させる為に、スポーツでよく言われる“クールダウン”が必要です
血液の循環を促進させて、必要な酸素や栄養を、筋肉の隅々まで行き渡らせる事と、老廃物を押し流して、身体の機能回復を図る事が大切です。
また、身体の興奮状態を鎮める為に、リラックスできるように、副交感神経の働きを回復させる事も大事です。

 

この為、当院は、ゴルフ後の疲労やダルサの解消や、体調の回復の為に、マッサージの施術時間や治療内容を、ゴルファーの希望や症状に合わせて、選べるようにしています。
例えば、施術時間では、ワンポイントの15分マッサージ、上半身あるいは下半身の30分マッサージ、全身を行う45分や60分マッサージ、などがあります。
これに、ゴルフの練習やラウンド後の疲労回復、あるいは、試合やコンペなどに向けてのボディコンディショニングなどの要望に合わせて、マッサージ治療を行っています。

 

当院は、一般の患者様と同じように、問診や触診によって身体の症状を確認し、身体のコワバリの解消や、滞っている血行の回復、神経の興奮状態の鎮静などを図り、心身がリラックスできる状態にしていきます。
身体の不調時に現れるツボ反応も利用して、活発に働いた身体を、スムーズに元の状態に回復させるので、身体に溜まった疲労回復や、精神的な疲労感の解消に、適しています。
これによって、翌日に向けて、気持ちをシャキッとさせる効果も期待できます。

 

心身の疲労は、血液の循環と密接に関係しているので、ゴルファーの疲労回復や体調の調整にも、キチンとした診断と治療が必要です。
当院は、問診や触診などに、ツボ刺激やマッサージ治療を加え、スポーツの疲労解消やボディコンディショニングを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

運動不足の解消の前に、身体の痛みや不快感の解消を

【 (症例)身体の硬さや、健康管理 】 
(写真)運動不足の解消の前に、身体の痛みや不快感の解消を

 

導入文

デスクワークや在宅勤務などで、身体を動かす機会が減り、運動不足になると、肥満や病気などの健康上のリスクが生じるだけでなく、仕事の効率や精神的にも、ダルサ、倦怠感、疲労感、思考力低下などが現れ、支障が出てきます。

しかし、身体に、不調や、不快感、痛みなどがある場合は、無理したり、我慢したりして運動すると、ますます体調を崩したり、健康に悪影響を及ぼしたりするので、運動をする前に、それらを解消させる事が大事です。

このような「病気ではないけれども、何となく身体の調子が悪い」という場合には、筋肉のコワバリの解消や、関節可動域の改善、血行の回復などで、『身体の機能の回復』を行っている東洋医療系のマッサージ治療が、体調管理に適しています。

【 運動不足でいると 】(図)運動不足でいると

運動不足であっても、「元気でいるし、それほど問題ないだろう…」と思って、自分で自分の運動不足状態を認めていると、次第に、身体全体に、倦怠感やダルサ、そして身体に痛みなどが、起きてきます
病気の状態ではないけれども、運動不足によって、血液やリンパ液を流している筋肉のポンプ活動が、次第に低下するので、体内から、身体の中で生成された不要な老廃物が、排出されづらくなるからです。
特に、脳は酸素不足に極めて弱い組織なので、運動不足によって、血行が低下して酸素の流入が不足してくると、それによって脳の働きに支障が起き、疲れや倦怠感、ダルサ、思考力低下、頭痛、などが起き易くなります。

 

また、運動不足が続くと、首・肩・腰・膝などの、関節部分にも痛みが起き易くなります。
関節を動かす、筋肉や靭帯の柔軟性が無くなるので、チョットした動きでも、伸縮範囲を超えてしまい、「アイタタッ!」と痛みが起き易くなるからです。
しかも、気付かないうちに筋力も弱ってくるので、とっさの時の『瞬発力』だけでなく、身体を長時間にわたり動かし続ける『持久力』も低下するので、それによって関節部分の安定性が失われ、痛みを誘発します。

 

更に、運動不足のままでいると、身体の姿勢を維持する筋力も弱ってくるので、姿勢が悪化してきます。
姿勢が悪化してくると、見た目の悪さだけでなく、身体全体の血行悪化を引き起こすので、身体に疲労物質が溜まり易くなり、「すぐに疲れる」、「疲れが取れない」といった、疲労感やダルサを引き起こします。
しかも、身体を動かすたびに、血行悪化によって敏感になっている神経を刺激するので、絶えず“ジクジクと痛みのある生活”となって、不快感や痛みなどに悩まされる毎日になります。

【 運動不足が、更に運動不足を 】(図)更に運動不足を

運動不足は体調の悪化を招くだけでなく、身体を動かさない日にちが経つうちに、ますます運動を避けるようになります。
身体が硬くなってくると、『運動機能の低下』が生じ、「身体が思うように動かない」といった状態になるので、この事から、身体を動かす事に抵抗感が起き、更に運動不足を招くようになるからです。
しかも、筋肉のコワバリや血行の悪化から、身体を動かすと、痛みや不快を感じる神経が刺激されるので、この事も、ますます運動を遠ざける原因になります。

 

更に、運動不足が続くと、運動する事への『気力の低下』も起こします。
運動をしようと思っても、「身体が重い」、「疲労が抜けない」、「凝りを感じて、だるい」、「運動が億劫」、「面倒」、という気持ちが先だって、避けてしまうからです。
しかも、心配事やストレス、忙しさなどで、不安が強まったり、体調が低下したり、身体が緊張気味となったりすると、ますます『運動する事に気力の低下』が強まってしまいます。

 

また、運動不足の人が、「運動をしよう!」と思い立っても、『適度な運動設定の難しさ』があるので、これも運動不足の解消を、難しくさせます。
運動不足の人が運動不足を解消していくには、「何でも運動をすれば良い」のではなく、まずは、『どのような運動が必要かを判断』する事と、しばらくは、その『運動を継続』する事が重要になるからです。
これができていないと、「目的や目標が定まっていない」とか、「日々やる事が決まっていない」となり、そして更に、「日々やる事にメリットを感じない」となって、三日坊主に終わってしまいます。

【 運動前の、体調管理の重要性 】(図)体調管理

特に中高年になると、既に、身体の硬化や老化が始まっているので、「身体がだるい」、「頭痛やめまいがする」、「過労気味で体調が悪い」、「眠れない」、「食欲がない」、「足腰が時々痛む」、「眠れない」、「下痢や便秘」、「少し動いただけで息切れや動悸がする」、などが起きてきます。
また、人間は丸くなろうとする力が強いので、丸くなった姿勢のほうが楽に感じる人も多いかもしれませんが、中高年になって丸まって姿勢が悪化すると、せっかく、「運動を、ヤルゾ!」と決めても、途中で、「ヤル気を無くしてしまう」、「良い習慣として続けたいと思っていたけど、やっぱり続けられない」、となってしまいます。
問題を解消させるには、まずは、身体に、不調や、不快感、痛みなどがある場合は、運動をする前に、それらを先だって解消させる事が必要です。

 

この為、固まっている身体をゆるめ、ほぐし、快適な身体で、気持ち良く運動できるようにする事が大切です。
しかも、運動は『身体に負荷をかける事』なので、毎日の生活の疲労や緊張などによる体調不調を、運動をする前に解消させておく事が、何より重要です
これよって、気になる体調不調を少なくしておくと、気持ちのゆとりができ、精神的なヤル気も安定してきます。

 

また、気になる体調不調を少なくしておく事は、本来の目的である、「凝りや痛みの解消」といった、『身体の機能の回復』になります。
ジッとしていても、重力や身体の重さなどの負荷がかかり続けるので、運動不足で姿勢の悪化や循環の低下が起きると、身体を支える一部に負荷が増し、身体の機能を低下させ、痛みや不快感の原因になるからです。
この為、『身体の機能の回復』には、何より、身体の“軸”になっている『姿勢保持筋肉』 のコワバリを解消させて、身体の柔軟性を回復させ、バランスを整える事が重要です。

【 当院の、体調調整 】(写真)当院の治療

運動不足や身体の不調を感じて、運動したいと思っても、やはり一度は、身体の不調を感じる箇所を、個々にチェックする事が必要です。
特に、身体の筋肉のコワバリや血行不良箇所があると、「足腰に痛みがある」、「身体がだるい」、「頭痛やめまいがする」、「疲れ易い」、「眠れない」、「下痢や便秘をして腹痛がする」、「少し動いただけで息切れや動悸がする」、などが起きるので、事前に解消しておく事が大切です。
当院は、人それぞれの、体力・性別・年齢・運動経験・健康状態などによって、身体の状態や調子が違うので、身体の状態を診断しながら、マッサージ治療とツボ刺激で体調の改善を行っています

 

例えば、運動不足で、体調不調に悩まされている人も、マッサージ治療で身体の運動機能を回復させておくと、運動の準備や運動後の回復だけでなく、毎日の生活も大きく役立ちます。
身体のダルサや疲労感の解消だけでなく、精神的なリフレッシュ効果も期待できるからです。
他にも、長時間のデスクワークで、筋肉の柔軟性を失っていたり、加齢で、身体の歪みや関節の硬直が起きていたりしている場合も、同じように体調調整を行っています。

 

また、当院は、姿勢や滑らかな身体の動きなどをサポートする姿勢維持筋(インナーマッスル)の、治療も行っています。
姿勢維持筋は、運動不足になっていると、知らず知らずのうちに硬くなりがちなので、運動で鍛えて更に『固める』よりも、『緩める事』が大事です。
姿勢維持筋にコワバリがあると、外から見ても分かりませんが、触診で確認し、押圧やツボ刺激を使って、コワバリの解消治療を行っています。

 

体調の不調を感じている時には、筋肉のコワバリの解消や、関節可動域の改善、血行の回復などをすると、不調解消に効果があります。
当院では、姿勢維持筋も、ツボ刺激を用いたマッサージ治療で、血流改善と神経機能の回復を促し、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労を除去する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

【 (症例)疲労や だるさ 】 
(写真)パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

 

導入文

パソコンやスマホの操作をしているうちに、「肩から腕にかけて、ずっしりと重い感じがとれない」、「腕を挙げると、痛みが起きる」、「腕にジンジンとする痛みが続く」など、腕の不快感が起きる事があります。

この症状は、『頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)』と呼ばれ、気付かないうちに、首から腕にかけて、継続的な疲労が蓄積し、それにより、痛みやシビレ・不快感などが生じた為です。

痛みや不快感が慢性化してしまう前に、肩から腕の疲れを解消させる為に、筋肉の疲労解消や血行改善を得意としている東洋医療系のマッサージ治療を利用すると、症状改善に効果的です。

【 肩から腕への、痛みやシビレ・不快感 】(図)頚肩腕症候群

『頚肩腕症候群』は、首~肩~腕にかけての、痛み・凝り・シビレ・循環障害・筋力低下などの症状を、総称した呼び名で、多くが、手をよく使うパソコンやスマホなどで発症しています。
これは、キーボードやマウス操作のように、小さな力の作業でも、長い時間、指先の動作を繰り返していると、疲労が大きくなり、“腕力”を使ってなくても、腕に疲労が蓄積されるからです。
人間の手の特徴として、手先で巧妙な動きができるように、指に続く非常にたくさんの小さな筋肉と、微細に判断する様々な神経が走行しているので、小さくても、毎日の疲労が積み重なると、発症し易くなります

 

また、キーボードやマウス操作をしていると、ずうっと脇を絞め、肘を固定させた姿勢になるので、この事も、首から肩の筋肉に、かなりの負担をかけます。
肩を固定した状態で、腕を狭い範囲で動かし続けるので、腕が絶えず“力んだ”状態になって、腕の疲労が、余計に大きくなるからです。
この結果、知らず知らずのうちに、腕の筋肉の疲労や緊張が増すだけでなく、肩から首の血行やリンパ液の流れが悪くなるので、肩から首に疲労が拡がって、凝りや筋肉痛が起きます。

 

この結果、腕の疲労と緊張で、『頚肩腕症候群』の初期症状の、「手の指が伸びにくく」なったり、「腕の内側の筋肉がコチコチ」になったり、「肘の外側や内側がジーンと痛む」などの症状が、現れます。
ところが、時間に追われながら、画面を見つめ続け、操作に集中力を求められているので、腕の疲労が気付きにくくなります。
しかも、腕がかなり疲労しても、最初の頃は、腕の疲労を感知する事がほとんど無いので、余計に見落としてしまいます。

【 スマホ肘、マウス腱鞘(けんしょう)炎 】(図)スマホ肘

『頚肩腕症候群』と言われる症状以外にも、パソコンやスマホなどの疲労で、腕・肘・手首などに、いろいろな症状が現れます。
例えば、『スマホ肘 』と呼ばれる症状は、肘の手首側(下側)の筋肉の過緊張によって、肘や手首に痛みが起きます
『スマホ肘 』の原因は、スマホを、親指でずうっと操作をしていると、親指の根本の筋肉だけでなく、そこから肘に伸びる“親指側”の筋肉に、絶えず緊張状態が続く為です。

 

この『スマホ肘 』が起きると、「物をつかんで持ち上げる」、「ドアノブを回す」、「タオルを絞る」などの動作時に、肘や手首に強い痛みが起きます。
また、最近のスマホは画面が大きいので、手にスマホを持つ時に、知らず知らずのうちに小指の筋肉に力が入ってしまい、これによって、肘の“小指側”の筋肉を緊張させて、痛みを起こす事があります。
いずれにしても、肘から手首側(下側)の筋肉が、小さな負担が長い時間、ずっと続く事によって起こります。

 

『マウス腱鞘炎 』の場合、マウスでクリックしたり、タイピングしたりすると、「手首が重く感じる」とか、「指の関節が痛む」、などが現れる症状です
マウスを長時間使い続けていると、手首の筋肉に、負担がかかり続ける為です。
放っておくと、痛みはどんどん酷くなるので、手首や親指の付け根の痛み、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下、などを起こし、仕事の能率が落ちたり、生活に支障が出たり、します。

【 背中の疲労や、精神的な疲労にも 】(図)背中、精神的な疲労

更に、『頚肩腕症候群』は、毎日の疲労の積み重ねで発症するので、背中にも、痛みや疼(うず)きなどの、様々な症状が現れてきます
肩から腕に伸びる神経や血管が圧迫され続けたり、肩周辺の筋肉の働きが低下したりするので、背中の神経や血管も影響を受けて、筋肉の疲労や血行の障害を起こす為です。
この結果、背中の上半身を支える筋肉(インナーマッスル)に影響が及ぶと、慢性的な凝りやダルサとなって、自分では、なかなか解消できなくなります。

 

また、精神的な疲労も強まります
指や腕の筋肉は、肩や首につながっているので、指や腕の筋肉が疲労してくると、首の血行が悪化して、脳が疲れ易くなるからです。
これにより、「頭がずんと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」などの、脳の働きが鈍(にぶ)ったり、集中力が続かなくなったりする症状が現れます。

 

特に、指先の動作を長時間行う作業は、特定の指を細かく反復的に動かす事になるので、脳の機能が制限されて、特定の脳の一部を酷使する事につながります。
この結果、身体全体のバランスを維持する機能が低下して、精神的にリラックスする事ができなくなったり、疲労感を強めたりします。
この影響で、「イライラ」してきたり、「ちょっとしたことで腹立たしく」なったり、「食欲が無く」なったり、「周囲に無関心」になったり、するようになります。

【 当院の、腕・肘・手首の改善治療 】(写真)当院の治療

『頚肩腕症候群 』『スマホ肘 』『マウス腱鞘炎 』などの特徴は、肩から指に続く、非常にたくさんの細い筋肉と、微細に判断する様々な神経に、小さな負担が長時間、ずっと続いた為に起きた痛みです。
このような、“筋肉の疲れ”が原因になっている症状には、触診によっていたみや柔らかさを判断する技術と、患部の状態に合わせた東洋医療系のマッサージ治療が、改善に効果的です
当院は、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れに対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療と、ツボ反応を利用し、肩や腕の筋肉のコワバリの解消や、血行の回復を行い、症状改善を行っています。

 

例えば、痛みを感じている部分が、肩から腕の限られた範囲ならば、当院が行っているクイックマッサージ(15分ぐらいのマッサージ)でも、回復に役立ちます。
短時間でも、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、手首から肩にかけての緊張した筋肉を触診し、その部分を緩めると、血行障害が解消して、痛みがかなり緩和されるからです。
また、ツボを治療点として利用し、症状を改善させていくので、比較的短時間に、過敏になっている神経を和らげて、違和感や痛みを解消させていきます。

 

更に、首や肩の凝りが酷くなっている場合や、背中にも痛みが出ている場合には、当院が行っている、30分ほどの、腕を含めた上半身の治療で対応しています。
問診と、ツボを使った触診によって診断し、筋肉のコワバリやシコリを解消させていくので、背中の血行の回復も進んで、早ければ1~2回ぐらいの治療でも、痛みが解消できます。
更に、ツボ刺激を利用するので、「気持ちいい!」という快刺激から、気持を落ち着かせ、リラックス効果も得られます。

 

疲労や緊張で、「腕がパンパン、指が硬い」、「手首が痛い」、「腕がだるい、重い」、「腕に力が入ると、痛い」、などがあると、身体や脳にも影響してくるので、“腕”の疲労を解消させておく事が大切です。
当院は、マッサージ治療で、腕や肩の緊張緩和や、肘の可動域の改善などを含め、身体の痛みやダルサ解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

事故・転倒・つまずきなどによる、むち打ち症と治療法

【(症例)痛み・しびれ 】
事故、転倒・つまずきなどの、むち打ち症と治療

 

導入文

むち打ち症と聞くと、自動車に乗っていて、後ろから追突された事故を、思い浮かびますが、自動車事故以外にも、衝撃を受けて、首をガクンッと後ろに曲げて、むち打ち症を起こす事もあります。

例えば、階段での踏み外し、歩いていてつまずく、不意に後ろから押される、スポーツでの尻もち、自転車からの転倒、などによるむち打ち症です。

むち打ち症は、自覚されない傷害を負っている事があるので、首の痛みが長引いたり、不快な症状に悩まされたりする場合は、スポーツやリハビリで利用されている、ツボ治療を併用したマッサージ治療が勧められます。

【 背中の痛みやギックリ腰も 】(図)背中や腰の痛み

むち打ち症は、身体が外部からの衝撃を受けた時に、首が急激にむちのようにしなって、引き延ばされ、内部の神経や靱帯が損傷した事を言い、自動車事故だけでなく、転倒やつまずいた時も、むち打ち症を引き起こす事があります。
首の筋肉や靭帯が、許容範囲を超えて、無理に引き伸ばされた状態(捻挫)なので、病院では、多くが『頚椎捻挫』と診断されます。
症状は、手や足の捻挫と同じで、筋肉や靭帯が無理に引き延ばされて、支える力が弱まって首の動きが悪くなったり、それ以上に動かすと、炎症や傷が刺激されてビーンと傷んだりします。

 

背中も、むち打ちによる影響で、首のむち打ち症とおなじような症状が現れる事があります。
背中の筋肉が、事故直前に、反射的に身体を守ろうと、背中を固めた瞬間に、強い衝撃を受け、筋肉内部に無数の微細な断裂ができ、炎症が発生した為です。
背中に症状が現れると、「上半身を曲げたり反ったりすると、背中に瞬間的に痛みが走る」とか、「背中全体の慢性的なコワバリ」、「背中を真直ぐする姿勢が辛くて、できない」、などが起きてきます。

 

また『腰椎捻挫』を、外部からの衝撃を受けた時に、起こす事もよくあります。
いわゆる『ギックリ腰』に近い状態になり、「立ったり座ったりすると、痛みが起きる」、「安静にしていても、腰にニブイ痛みを感じる」、「太ももの後ろがしびれる」、「せきやくしゃみをすると、腰に痛みがひびく」、などが起きます。
特に、運動不足や加齢で、腰を支える筋力が低下していたり、血行不良で筋肉が硬くなっていたりすると、首のむち打ち症以上に『腰椎捻挫』が多く起きます。

【 予想もしていなかった症状も 】(図)自律神経失調症

首に、むち打ちを起こした場合、事故にあったその日はほとんど症状が現れず、後になって、予想もしていなかった症状が、現れる事があります
例えば、緊張性の頭痛や、神経が刺激されたようなピリピリした感覚の頻発、身体のダルサ、めまい、吐き気など、事故と関連のないように思われる症状です。
しかも、事故で受けたダメージとは直接関係のない、腕や膝などに、痛みやシビレなどの症状が出たり、これまで無かった身体の不調が起きたりします。

 

これは、むち打ちによる衝撃で、首の中を通っている自律神経に異常を起こさせてしまい、体調を一定に保つ事が出来なくなった為と考えられています。
多くが、事故直後の、首付近の『筋肉の異常な硬直』と、その影響による『毛細血管への強い締め付け』によって、自律神経の働きに障害を与えた為です。
自律神経は、全身の器官が正常に働くようにコントロールしているので、自律神経に障害が起きると、体調不良、精神的な不安定、身体の異変など、全身の機能に、様々な症状が現れるようになります。

 

しかし、むち打ちによる症状は、筋肉や靱帯などの損傷なので、画像による診断が難しく、更に自律神経の診断となると、はっきりした理由や原因がとらえられないので、事故との関連を調べる事が難しくなります。
この為、事故後、少し気になる程度でも、首や肩の痛み、気分が悪い、体調が悪いなどを、医師に伝える事が重要になります。
自覚症状を伝えておかないと、後になって、痛みや不調が出てきても、事故との因果関係をとらえるのが困難になるからです。

【 症状悪化や、長引かせる原因 】(図)長引く症状

病院で、むち打ちによる『頚椎捻挫』と判断されると、痛みを和らげる為に痛み止めの服用や、首の負担を少なくして、安定させる為に、頸椎カラーによる首の安定が行われます。
そして、痛みがある程度治まったら、症状を改善に、固まった首の筋肉をほぐし、機能を回復させるためのリハビリやストレッチが始まります。
むち打ち症の治療はウィルス性の病気の治療などとは違うので、基本的に、自然治癒を助ける治療になります。

 

ところが、病院で、むち打ちの治療を続けたにもかかわらず、首まわりの不快な痛みが、なかなか解消されなかったり、増したりする事があります。
これは、筋肉や靭帯など“炎症”による痛みが落ち着いてきても、筋肉の緊張がなかなか解消されないと、身体の調節機能がしっかりと働かずに、慢性的な疼痛に移行してしまう事が考えられています
筋肉が硬くギューッと縮んだ状態なので、筋肉が伸びたり縮んだりする能力が低下して、『極度の血行の悪化』が起き、筋肉の本来の力を発揮する事が出来なくなるからです。

 

この結果、『極度の血行の悪化』が起きると、筋肉内に酸素が供給されづらくなり、老廃物が溜まるので、神経を刺激し続けて、症状を悪化させたり、症状を長引かせたりします。
例えば、「寝ていても、起きていても、どんな姿勢をしても、首付近に、絶えず、鈍く、疼くような痛み」がしてきたり、「首の深部から、前には無かったズーンとする痛み」がしてきたり、などです。
この為、身体に感じる違和感を確認しながら、身体の調節機能がしっかりと働くように、身体のバランスを整える事が重要になります。

【 当院の、むち打ち症の改善治療 】 (写真)当院の治療

このような、『筋肉の異常な緊張』や『極度の血行の悪化』の改善には、東洋医療を利用したマッサージ治療が効果的です。
むち打ち症の治療には、筋肉の損傷や血行の極度の悪化が大きく影響しているので、炎症や痛みが強い急性期を過ぎた後には、患部の柔軟性や血行を回復させて、身体を整え、健康状態に戻す事が必要になるからです
当院は、むち打ち症の改善治療に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、筋肉の柔軟性の回復や、血行の改善、神経の過敏解消などで、身体の働きを回復させ、身体の体調を整える治療を行っています。

 

特に当院では、身体の不調時に現れるツボを利用し、むち打ち症の改善治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる反応点になっているので、その箇所に刺激を与える事により、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させ、神経の興奮を抑制し、痛みや不快症状を改善させる働きがあるからです。
これにより、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」などの不快症状にも、改善効果があります。

 

この効果によって、病院の整形外科の治療だけでは不安がある方や、通院の頻度が減ったものの、まだ痛みが残る方などが、広く利用されています。
しかも現在、車両事故の場合には、賠償保険によるマッサージ治療が適用されるようになり、マッサージ治療を後押ししています。
むち打ち症は、自覚されない傷害を負っている事があるので、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、身体の異常を知らせる反応点を利用し、身体のバランスを整える事が大切です。

 

現在、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法は、血液やリンパ液の循環の改善、神経障害の緩和、緊張の解消、痛みや運動制限の回復などで、スポーツやリハビリにも利用されています。
当院は、国家資格を取得し、安心・安全に、良質な治療を受けていただくように、心掛けています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音

【 (症例)こり・しこり 】
(写真)背中の疲労と凝りこりによる、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音

 

デスクワークで、毎日長時間、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、首や肩だけでなく、背中の筋肉も、次第に重たく感じるようになり、そして、ジクジクとした不快な痛みも出てきます。

肩甲骨の付近の筋肉のコワバリから、『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』が起きてくると、「慢性的な疲労感」、「しつこくて、強い凝り感」、「ズキズキとする痛み」などで、絶えず悩まされるようになります。

解消させるには、肩甲骨の周りの筋肉の“コワバリ”と、内部にできた“シコリ”をチェックして、回復させていく事が必要になるので、不調時に現れる反応点を活用する東洋医療系のマッサージ治療が、安全で、効果的です。

【 背中の疲労から 】(図)背中の疲労

デスクワークで、前かがみになって、ずっと同じ姿勢で作業を続けていると、背中にも、次第に、「重ダルイ」、「腫れぼったい」、などの、『不快感』が起きてきます。
これは、身体を動かす事が無く、ジッと固定した姿勢でいるので、背中の、血液やリンパ液を押し流す筋肉の働きが低下して、皮膚の下に、老廃物や疲労物質が含まれた、余分な水分が溜まってくるからです
この為、余分な水分が溜まって、背中に「ボテッ」と膨らんだような、「腫れぼったい“むくみ”」を感じたり、老廃物や疲労物質が排出されずに、溜まるので、「重ダルイ」感じや「疲労感」が生じたり、不快さがしつこく続いたります。

 

そして、この状態が何日も続くと、疲労や緊張が強まった筋肉の中に、『シコリ』ができます。
シコリは、筋肉に、極度の負荷がかかった事で、それに耐える為に、筋肉の繊維がピンと紐(ひも)状に強く凝り固まってしまい、元に戻れなくなっているので、上からシコリを触ると、硬く、コリコリと感じられます。
このようなシコリは、筋肉に負荷がかかり続けると、身体のどこでも生じるので、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛などのように、痛みや不調が続くと、その近くにシコリが現れます。

 

シコリができると、『疼痛(とうつう)』が生じ、何もしていなくても、「ジクジクとした疼き」や、「ズキズキとした痛み」、「チクチクと神経が刺激される感じ」、などがしてきます。
これは、本来ならば筋肉の内部を、血液やリンパ液が流れているはずですが、シコリによって血流が遮断されるので、酸素の供給が不足したり、老廃物が排出しづらくなったりして、神経が刺激されて、過敏になり、チョッとした事でも痛みの信号を出し続けるからです。
この結果、シコリが、絶えず痛みを発する“痛みの震源地”になったり、痛みの感覚を拡大させる“痛みの増幅器”になったり、痛みを慢性化させる“痛みの悪循環装置”にもなったりします。

【 肩甲骨周辺の、ズキズキとした痛み 】(図)肩甲骨周辺の、ズキズキとした痛み

このような状態になると、肩甲骨の周りに、特にズキズキとした痛みを感じるようになります。
これは、肩甲骨が、首や腕・胸などの、たくさんの筋肉とバランスを取る、“上半身の中心部分”になっているので、デスクワークによる負荷が大きくなって、耐えられなくなると、身体からのアラームサインとして、痛みが起きる為です
しかも、肩甲骨を支える筋肉は、30歳くらいをピークにして、少しずつ硬くなってくるので、中高年以降になって、日常の動作で肩甲骨まわりの筋肉をあまり使う事が無いと、それだけ血液の流れが悪くなって、痛みが起き易くなります。

 

また、デスクワークが、片手の操作が多くなっている事も、痛みを起こします。
両手をバランス良く使えないので、「利き腕だけを使っていたり」、「作業の都合で片側の手で操作を続けていたり」するので、どうしても片側の肩甲骨に負荷が多くなる為です。
しかし、痛みが起きるのは、負荷が多くなる側だけでなく、反対の肩甲骨側も、あまりにジッと固定した状態が続くと、肩こりと同じように、血流の悪化から、痛み出します。

 

しかも、肩甲骨特徴として、肩甲骨が筋肉に付着する部分、筋肉と筋肉が連結する部分、背骨に続く部分、また、動作をする為にストレスのかかりやすい部分などが、多くあります。
この為、痛みの刺激で、身体を緊張させる交感神経が強く働くと、肩甲骨の周りの血管が収縮して、痛む範囲が拡がったり、姿勢や作業によって、痛む箇所が別の箇所に変化したりします。
また、不快さを我慢していると、痛みを抑える働きが低下して、「張った」感じや「突っ張った」感じが強まったり、「ジンジン」とした強い不快感が増したりします。

【 さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 】(図)さびつき肩甲骨

デスクワークをしているうちに、肩甲骨付近の筋肉がコワバッテ、固まってくると、肩甲骨の位置が、本来の位置からズレタ状態になります。
前かがみ(猫背)になって、顔と腕を前方に突き出す恰好になるので、それによって肩が前方に突き出て、肩甲骨も肩方向に引っ張られる状態になり、ずっと固定化されるからです。
この結果、肩甲骨が肩方向で引っかかったようになり、あまり自覚される事はありませんが、肩甲骨が動きづらくなり、肩の後ろ側で、多少、ジンジンと軽い痛みを感じる事があります。

 

このような、肩甲骨の位置が本来の位置からズレテ、動きづらくなった状態を、『さびつき肩甲骨』と言います。
バンザイをしても、腕が挙がらなかったり、腕を背中に廻そうとしても、廻らなくなったりするので、「背中の上に鉄板が張り付いた」ように感じられます。
『さびつき肩甲骨』の状態になると、肩甲骨がズレタまま戻らなくなるので、周囲の多くの筋肉が、余計に血行が悪くなるので、凝りや痛みが続くようになります。

 

また、この状態になると、腕を大きく挙げたり、動かしたりすると、背中から“こすれる”ような『ゴリゴリ音』が出る事があります。
肩甲骨の裏側の筋肉が、肋骨に沿って、ガッチリと喰い込むので、それに合わせて、筋肉が洗濯板のようにデコボコ状になって、硬くなっているからです。
この為、腕を大きく動かすと、デコボコ状になった筋肉が、肋骨を乗り越える時に、ゴリゴリと摩擦音を発するようになります。

 

【 当院の、背中の凝り治療 】(写真)当院の治療

背中の疲労や凝りは、背部なので、自分で確認できませんし、自分で筋肉の伸び縮み運動をしても、解消するのが困難です。
しかも、『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』が出る状態になっていると、肩甲骨の周りの筋肉が、肩甲骨にガッチリと凝り固まっているので、そこから伸びる背部の筋肉も、凝りが酷くなっています。
この状態を回復させるには、何よりも、肩甲骨の周りの筋肉のコワバリをチェックして回復させる事と、筋肉内部にできている“シコリ”を解消させる事が重要です

 

当院は、このような『さびつき肩甲骨』や、『ゴリゴリ音』がする、背中の凝りや疲労に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、症状の解消を行っています。
触診やツボ反応で、患部を確認しながら治療を行うので、広範囲で、種類が多く、何層にもなっている、背中の筋肉でも、患部の特定が可能です。
また、圧迫や刺激を加える時も、触診で確認しながら行うので、患者の負荷が少なく、患者が納得できる“痛キモ”の範囲で済ませる事ができます。

 

また、当院は、東洋医療の特色であるツボ刺激を利用して、不快な痛みの原因になっている“シコリ”の解消を行っています。
ツボ刺激によって、神経の過敏状態を解消させて、筋肉のコワバリを無くし、シコリ周辺の血行を回復させていくので、“シコリ”を解消させるのに効果があります。
“シコリ”内部の、老廃物が排出され、減少してくると、背中の「張った」感じや、「突っ張った」感じが弱まり、「ジンジン」とした強い不快感も無くなっていくので、患者自身も、治療効果が実感できます。

 

東洋医療に基づいたマッサージ治療は、身体の疼痛の緩和や解消、可動域の改善に効果を上げ、スポーツやリハビリなどで、広く利用されています。
当院も、昔から利用されている東洋医療に、現代の手技療法を取入れ、安全に、効果的に、背中の凝りや痛みを取り除く治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】