頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )が、現れたら

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )

 

導入文

頭が疲労してくると、「飽きる」、「眠くなる」、「疲れる」、などの疲労サインが現れますが、それによって、体調を保つ自律神経がオーバーワーク状態になると、体調を保てなくなって、体調の不調も起きてきます。

このような状態になると、休んでみたり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか心身の疲労を解消する事ができなくなるので、脳の疲労解消の為に、脳と密接な関係にある首や首周囲のコワバリや凝りを解消し、脳への血流を回復させる事が大切です。

東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用すると、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「血行やリンパの流れを良くする」、「神経の興奮を抑制する」などの作用によって、脳の疲労回復だけでなく、リラックス効果から、体調の不調解消も期待できます。

【 脳の疲労サイン 】(図)脳の疲労サイン

頭が疲れてくると、「頭がボンヤリしてくる」、「考えがまとまらない」、「頭の中がモヤモヤする」、「人の話についていけなくなる」、などが起きてきます。
これは、脳が疲労してくると、脳内の情報処理や伝達が十分にできなくなって、脳の処理能力が低下してしまい、理解や判断ができなくなってしまう為です。
しかし、いきなり、脳の働きがニブッテしまい、脳の活動が低下するのではなく、脳が疲労してくると、脳から、「そろそろ、休みたい…」という、疲労サインが現れます

 

脳の疲労サインで、最初に現れるのが『飽きる』という感情で、「もう、これ以上続けたくない!」とか、「面倒くさい」、「いやになる」、「うんざりする」と感じさせ、途中で休みたくさせます。
しかし、それでも、何とかガンバって続けると、次第に『眠くなる』のサインが現れて、「頭がボーっとする」、「ウツラウツラとしてしまう」、「あくびが出る」などが起き、半ば強制的に、脳が脳の活動を休ませようとします。
それでもなお、ガンバリ続けると、今度は心身の不快感や痛みを伴った『疲れる』のサインが現れて、「頭がズンと重くなる」、「目がショボショボする」、「何もする気が起きない」、などが起き、脳から「疲れて、もうムリ」と、脳の活動低下が起きます。

 

また、脳が疲れてくると、脳の疲労サインだけでなく、身体に不調感も起きてくるので、これによっても、休みをとる事の必要性を感じさせます。
これは、脳の疲れが大きくなってくると、体調を保つ自律神経もオーバーワークの状態になって、身体に不調が起きるので、これによって、「これ以上、身体を酷使しないでくれ」と、疲労を訴えるサインになるからです。
このサインとして、例えば、「病気じゃないけど身体がダルイ」、「ちゃんと眠ったのに朝起きられない」、「気分が落ち込む」、「イライラして、能率が悪くなった」、「頭がボーッとして、物事の判断がつきにくくなった」、などです。

【 脳と首の関係 】(図首と脳の関係

脳が疲れてくると、よく現れてくるのが、後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨、などの凝りや痛みです。
これは、首や首周辺が、重たい頭を支えている事による影響もありますが、更に、脳の疲労によって体調を保つ自律神経の働きがオーバーワーク状態になると、自律神経の働きが乱れて、自律神経の通り道になっている首や首周囲の筋肉を緊張させたり、血流を悪くさせたりするからです。
しかも、頭部の筋肉も緊張させたり、血流を悪くさせたりするので、「後頭部が詰まった感じ」や「頭痛」、「頭重感」、「吐き気」、なども引き起こすので、頭の疲労による凝り感や痛みを強めます。

 

このように、首が、自律神経の通り道であったり、脳への血流の重要ルートであったりするので、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、脳と首が、互いに影響しあう関係にもなっています
この為、頭が疲れてくると、首や首周辺に凝りや痛みが生じるようになり、反対に、首の筋肉が異常に緊張したり、首の血行が悪化したりすると、それによって脳の活動を低下させて、脳を疲労させるようになります。
言ってみれば、どちらか片方が疲労すると、残りの片方に疲労の影響を与えるようになるので、それが繰り返されると、疲労の悪循環になります。

 

しかも、首と脳の疲労の悪循環は、それにより、周辺の“神経を刺激する”ので、痛みや不快感を強めます。
周辺の“神経を刺激する”ので、神経が過敏になって、チョッとした疲労や緊張でも、筋肉や血管を収縮させて血流が悪くなり、これによって発痛物質が増えて、痛みが増したり、痛みが続いたりするからです。
更に、それらによって自律神経の働きを乱すので、「不快な痛みが気になる」、「気持ちがすっきりしない」、「イライラする」、などの不快感にも悩まされるようにもなります。

【 自覚しづらい脳の疲労 】(図)自覚しづらい脳の疲労

この為、首周囲や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りを感じたら、脳と首が互いに影響しあう関係なので、脳の血行促進も合わせて行う事が必要です。
特に、一日中、PCとにらめっこしながら頭を使った作業をしていると、前かがみ姿勢による首の疲労だけでなく、思考作業を続ける結果、脳の特定の箇所に、ずうっと負荷をかけ続ける事になって、思っている以上に脳の血行が悪化して、脳が疲労した状態になるので、首や首周辺の血行やリンパの流れを改善して、促進を図る事が大切です。
そのままにしていると、首の筋肉の緊張や血行の悪化によって、脳の活動を不安定にさせて、精神的に不安定な状態を引き起こしたり、身体の不調感が強まったりして、「イライラする」、「怒りっぽくなる」、「眠れない」、などが起きます。

 

ところが、脳の疲労は、ハッキリと自覚しづらいケースがあります。
責任感に追われていたり、やりがいや使命感などを感じていたりすると、「たいした事はないだろう」と、脳が疲れていても分からなくなっていたり、「疲れているのは、脳ではなく身体」と、疲労についての判断を混乱してしまったりするからです
これは、脳が疲れに気付かされるのが、「判断力の低下」とか、「ダルイ、疲れた感じ」など、漠然とした身体の不調感なので、実際の疲労箇所や、その程度が、曖昧(あいまい)になってしまうからです。

 

この為、脳の疲労の判断に、後頭部や首、背中などの、痛みや凝りを手掛かりとする事が勧められます。
デスクワークやパソコン・スマホなどを使用していると、画面を見入る姿勢が多いので、首や首周辺に凝りや痛みを感じる状態になると、脳への血行障害や自律神経への圧迫が、起きている可能性が高いからです。
特に、後頭部の圧迫感や、頭重感を伴う頭痛は、首コリや肩コリによる影響が大きいので、首周辺に溜まった、疲労や緊張を解消させて、血流を改善させる事が必要です。

【 当院の、頭(脳)疲労解消 】(写真)当院の治療

頭が疲労して、身体に不調感も現れたら、休んだり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか解消されません。
脳の疲労を解消させるには、首と脳が密接な関係があるので、後頭部や首周辺の筋肉の疲労を解消させ、脳に積極的に血流を回復させる事が必要です
この為、当院は、東洋医療をベースとしたツボ刺激とマッサージ治療によって、首を中心に肩や背中などの柔軟性を回復させ、脳への血行を促す事を行っています。

 

例えば、脳の働きを回復させる為に、当院は、昔から利用されている、首の後ろ側にある「天柱」と「風池」と呼ばれる2つのツボを、治療点として積極的に利用しています。
これらのツボの奥には、脳に酸素や栄養を供給している「椎骨動脈(ついこつどうみゃく)」が走行しているので、血行促進が図れるからです。
これによって、疲労した脳に、スムースに脳血流が増加し、脳血流がバランスよく保たれるようになり、脳の血行の回復と共に、体調を整える神経が働くようになるので、リラックス硬化から、ストレスなどの心の不調(プチうつ症状)にも、効果があります。

 

更に、脳に血液が活発に供給されるように、ツボ治療を併用したマッサージ治療によって、肩や背中のシコリやコワバリを解消させ、血行回復を行っています。
肩や背中に現れたシコリやコワバリにあるツボを解消させていくと、脳の疲労解消に効果があるだけでなく、それによって身体のリラックス効果にもなります。
脳の疲労は、自分で対処しづらいので、そのまま自然回復を待つ事が多くなっていますが、自然回復が進まないと、身体の不調の原因になるので、意識的に、首周囲や後頭部の緊張を解消させて、脳を休ませる事が必要です。

 

首には、筋肉と神経が複雑に入り込み、そこに、脳に栄養を送る太い血管が通っているので、脳の疲労のサインが現れたら、首や首周辺の対策も必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の凝りや疲労の解消だけでなく、心身がリラックスできるように、ツボを利用したマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。