寝違い(寝違え)を、早く治したい

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)寝違いで首が痛い

導入文

『寝違い』を起こしてしまうと、首すじの筋肉が固まって、抑え付けられたような状態になり、しかも、チョッと頭を動かしただけでも、首から背中にかけてビリッ!とした痛みが走るので、正面を見たまま、頭を動かせなくなってしまいます。

この為、早く『寝違い』を治したくなりますが、首の筋肉のコワバリと痛みを効率的に治すには、炎症を起こしている箇所を確認し、状態に合わせながら、①血流をシッカリと回復させる事と、②痛みを伝える神経に「良い刺激」を与えて痛みの感覚を和らげる事、が必要です。

このような対処法として、首周囲の顕在化したツボを確認して、“適切”な刺激を与えると、ツボには神経や血管が集まっているので、刺激による反応から回復作用が活性化し、筋肉内の血流が改善したり、神経の興奮を抑制して痛みや違和感が減少したりして、早期の『寝違い』症状の緩和効果があります。

【 頭を不自然に傾けて 】(図)頭を不自然に傾けて

眠っていて目が覚めた時に、首や背中の上部に痛みが出たり、首が廻せなくなったりするのは、寝ているうちに、不自然に頭を傾けてしまい、首の筋肉に大きな負荷がかかって過緊張状態になった為です。
寝ているうちに、頭を不自然に傾けてしまうのは、寝ている間、頭を枕や布団で支えているので、首の筋肉が頭を支える必要が無くなり、すっかり緩んだ状態になるからです
頭を不自然に傾けてしまう事により、首の筋肉に微細な傷ができると、血管の収縮や筋肉の凝固を起こすので、目が覚めて頭を動かそうとすると、微細にできた傷を守る防御反応から、痛みが一挙に強まって『寝違い症状』に襲われます。

 

しかし通常ならば、寝ていても、首が、おかしな方向に曲がったままにはなりません。
おかしな方向に首が曲がろうとすると、痛みや違和感が生じるので、無意識のうちに、首の傾きを変えたり、眼が覚めたりするからです。
また胴体も、首に痛みや違和感が生じると、寝返りをうったり、無意志に身体を動かしたりして、首が不自然な角度になるのを防ぐようになるので、首が、おかしな方向に曲がったままにはなりません。

 

ところが、通常と違って、強い疲労や睡眠不足の状態や、あるいは酔って寝てしまうと、痛みや違和感などを察知するセンサーが働かなくなるので、首を不自然に曲げた状態になっても、身体を守る防御反応がとれなくなります。
また、ソファーや椅子・床などで、うたた寝や居眠りをしているうちに、窮屈な格好になって、かなり首を曲げた状態になっても、“意識を失った”ように眠り込んだ状態になると、痛みや違和感などを察知するセンサーが働かなくなってしまい、首の異常が分からなくなります。
このような首を不自然に曲げた状態が続くと、首の筋肉の負荷が強まって、首の筋肉が過緊張状態になって硬直するだけでなく、首の筋肉の組織に微細な傷ができて、炎症が起き、腫れた状態になり、強い痛みやダルサが起きる状態になります。

【 ストレスや、姿勢の悪化からも 】(図)ストレスや姿勢悪化

寝違いを起こす原因は『寝相の悪さ』が、一番多くなっていますが、これ以外にも、『肉体的・精神的ストレス』や『普段の姿勢の悪さ』も、寝違いを起こさせる要因になります。
これは、首の特徴として、「借金で、首が回らない」という言い方があるように、首の筋肉が心理的不調や精神的ストレスに反応する特徴があるので、これによって緊張状態になり易いからです
この為、『肉体的・精神的ストレス』が強まって、睡眠中も心身がリラックスできずにいると、首周囲の筋肉の緊張が解消されないので、血行が悪化し、首の筋肉が極度にコワバリ、寝違いが起きてきます。

 

また、首は、頭を支える役割をしているので、姿勢が悪くなると、首の負荷が大きくなり、血行が悪化して、気付かないうちに、寝違いが起き易くなります。
寝ている間にコリが酷くなるのを『寝コリ』と言いますが、『普段の姿勢の悪さ』が慢性化すると、首周囲の筋肉の緊張から血行が悪化し、寝ている間は血行が更に低下するので、首の筋肉の緊張が強まって、『寝コリ』や寝違いが起き易くなります。
このように寝違いは、『肉体的・精神的ストレス』や『普段の姿勢の悪さ』などで、首や肩などの筋肉が強く凝って、筋肉の緊張が強まった事が原因になっているので、X線検査を受けても、首の骨に異常がみつかる事はほとんどありません。

 

また、慢性的な肩こりに悩まされて血行が悪くなっていると、仕事で時間に追い込まれたり、プレッシャーがかかったりすると、それがキッカケとなって、日中でも、首から背中の上部に『寝違い症状』が起きる事があります。
例えば、疲労や緊張が続いて、首や背中の筋肉の張りが強まると、無意識のうちに首の筋肉がコワバッテ、振り向いた拍子に、ギックリ腰が首に起きたように、首から背中の上部に痛みが生じる事があります。
特に、両肩が水平ラインより下がっている“なで肩”や、背中が丸まった“猫背”の人は、首や肩にかかる負担が大きいので、首や背中の血行が悪化していると、日中でも『寝違い症状』が起き易くなります。

【 首周囲の鈍痛が10日以上も 】(図)長期の首周囲の鈍痛

寝違いを起こすと、なかなか首周囲の抑え付けられたようなコワバリ症状が解消されず、鈍痛が10日以上も続く事があります。
これは、首の筋肉に、微細な傷が、広範囲に、そして、無数にできてしまうと、自然修復されるのに、日数がかかるからです
また、首は、日常生活で、頭を支え、どうしても動かさざるを得ないので、傷の自然修復を妨げられたり、悪化させたりして、回復に時間がかかってしまうからです。

 

更に、首だけでなく、背中の筋肉も、微細な傷によるダメージを受けていると、回復までの時間が、更にかかります。
背中の筋肉が、このような状態になっていると、首から背中につながっている筋肉が多いので、首の毛細血管の静脈やリンパ液の流れが悪くなって、首の筋肉の修復を遅らせてしまう為です。
しかも、毎日のパソコン操作による、腕の疲れや、肩甲骨周囲の疲れによるシコリの痛み、首や肩のコリの悪化などがあると、余計に回復を遅らせてしまいます。

 

このような状態になると、医院で処方される湿布薬を貼ったり、痛み止めの薬を服用したりしても、首のコワバリと痛みがなかなか解消されなくなります。
また、病院で、首のコワバリを伸ばす牽引治療を受けても、硬くなっているコワバリ部分はそのままで、コワバリ以外が引っ張られるだけになるので、柔軟性回復が困難になります。
しかも、首の筋肉の硬いコワバリの為に、寝違いによって生じた首の骨の並びのズレも、そのままの状態が続くので、首の内側から響く痛みが軽減されません。

【 当院の、寝違い治療 】(写真)当院の寝違い治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、『寝違い』『ギックリ腰』『こむら返り』のように、急に筋肉が異常収縮し、痛みを発している状態に対し、症状の回復治療を行っています。
『寝違い』『ギックリ腰』『こむら返り』などの症状は、筋肉の防御反応から、筋緊張を起こして硬くなっているので、症状改善には、ツボ反応を利用しながら、ピンポイントに筋肉をほぐし、血行を改善させる、マッサージ治療が適しているからです
この為、触診によって、筋肉のコワバリや、痛みを発しているシコリ箇所を確認し、顕在化したツボを直接刺激して、回復作用を活性化させ、筋肉の緊張状態を解消させたり、血液やリンパ液の循環を促したりして、早く痛みを解消させるようにしています。

 

『寝違い』の回復の為、当院では、首に続く肩や背中も、やはりツボ反応を利用して、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりして、痛みを減少させるようにしています。
寝違いを起こしていると、肩や背中も、『肉体的・精神的ストレス』や『普段の姿勢の悪さ』などから、不自然な負荷が加わって、解消しづらくなっているからです。
特に、肩甲骨まわりにある筋肉は、首と頭を支えている筋肉と協調して働いているので、肩甲骨まわりにある筋肉の緊張解消や循環の促進をする事によって、回復をかなり早められます。

 

また、当院では、施術前に、マッサージの国家資格が、首や身体の状態などを説明し、そして、安心・安全に、マッサージの施術を行っています。
首には、重要な血管や神経がたくさん通っている上に、筋肉が、一つ一つが薄く、そして小さいので、寝違い治療には、あらかじめ、患者に説明を行って、無理のない、デリケートな対応が必要になるからです。
特に首は、強く押し過ぎると、痛みや不快感を強めるので、患部を触診して、反応を確かめながら圧迫を加え、筋肉の柔軟性を回復させるようにしています。

 

寝違いは、首や肩の柔軟性を上げる事で改善できるので、首や肩が凝ってきたり、疲れを感じたりしたら、眠る前に解消させておくと、寝違いを防ぐ事ができます。
当院は、国家資格者による、東洋医療系のマッサージ治療で、早期の寝違いによる痛み解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。