ズキズキと疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)慢性的な凝りや痛み

導入文

頭痛、肩こり、腰痛などで、慢性的な痛みに悩まされていると、凝りや痛みを発している筋肉の内側に、筋肉が凝り固まったような、ゴリゴリとした硬いシコリ(硬結)ができている事に気付かされる事があります。

この硬いシコリができると、血行が遮断されて、老廃物の排出や酸素の供給が極度に悪化し、これによって神経に異常興奮が起きてくるので、ズキズキと疼くような痛みや、ダルサ感、疲労感などが強まり、シコリが無くならない限り、いつまでも続くようになります。

この為、不快な痛みを解消するには、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりする事よりも、不快な痛みを発しているシコリの箇所を確認して、周囲の筋肉のコワバリを回復させながら血液やリンパ液の流れを回復させ、シコリを解消させる事が大切です。

【 シコリ(硬結)による、神経刺激 】(図)シコリの神経刺激

頭痛、肩こり、腰痛などが起きても、「そのうち、治るだろう」と思って、そのままにしていたり、我慢していたりすると、次第に、内部からズキズキと疼くような痛みが起き、だんだんと、不快な痛みが強まってくる事があります。
これは、最初、一時的な疲労や過緊張による痛みであっても、毎日の疲れや運動不足などで体力が弱まると、筋肉の柔軟性や回復力が低下し、血行が悪化するので、身体に有害な二酸化炭素や老廃物が増え、身体に必要な血液からの栄養や酸素が欠乏し、凝りや痛みが強まる為です
しかも、凝りや痛みが強まって、筋肉が凝り固まって筋肉の内部に硬いシコリができると、それによって毛細血管の血流が遮断されてしまうので、シコリ周辺の神経が異常興奮を起こし、“ズキズキ”とした神経特有の痛みに絶えず悩まされるようになります。

 

また、シコリによって神経が異常興奮を起こすと、神経が過敏になるので、チョッとした動作やストレスでも、すぐに反応して、強く疲れを感じたり、ダルサを感じたりします。
そして、痛みの感覚が敏感になってくると、神経の興奮を抑える働きが弱くなってくるので、ズキズキと疼くような凝りや痛みが解消されづらくなり、休んでいる時にも不快感が続くようになります。
更に、この慢性的な不快感から、筋緊張 ➡ 血流悪化 ➡ 神経刺激 ➡ 筋緊張と、悪循環が起きると、神経が休まらない状態になってくるので、ますます疲れやダルサを感じ易くなり、頭痛、肩こり、腰痛などが起き易くなり、更に症状が悪化してきます。

 

このズキズキと疼くような慢性的な凝りや痛みが起きるのは、痛みを長引かせた場合だけでなく、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけた場合や、あるいは軽度でも、ずうっと筋肉疲労が続いた場合にも、しばしば起きます。
よくあるのが、歩き続けて腰や脚が過度に疲労した場合や、長時間の不安定な動作を繰り返した場合、重い物を肩にかけて運び続けた場合などで、これらは、同じ筋肉に繰り返し負荷をかけ続けるので、筋肉内にシコリができて、神経が過敏な状態になった為です。
また、ジッと緊張した状態が続くデスクワークをして、首、肩、肩甲骨周辺、腰などに、軽度でも、ずうっと筋疲労が続くと、やはり、血行の悪化からシコリができ、神経を過敏な状態にさせてしまいます。

(図)自律神経の不調【 自律神経の不調にも 】

しかも、シコリから発する痛みや不快感が続いたり、強まったりすると、体調を保っている自律神経に大きな負荷になってくるので、自律神経がオーバーワーク状態になると、不快さや痛みが強まるだけでなく、身体に不調を起こしてしまいます
特に、このような状態が起き易いのは、自律神経が首から背骨沿いに通っているので、疲労や緊張などで首の後ろ側や肩甲骨の内側にシコリができた場合です。
例えば、首の後ろ側にシコリができて痛みや不快感が強まると、体調の悪化と共に頭痛を起こしたり、あるいは、肩甲骨の内側にシコリができて疲労感やコワバリ感が強まると、「身体が、何となく身体の調子が悪い」と感じられてきたり、「背中のコワバリから呼吸が浅くなった」、などを感じたりします。

 

また、首、肩、背中などにできたシコリの不快さや痛みが強まって、自律神経が不安定になると、気候や天気の変化に敏感になり、「寒くなったり気圧が低くなったりすると、身体に痛みが出る(『寒冷痛』)」とか、「天気が悪くなると、膝や腰の関節の痛みが悪化する(『天気痛』)」を、起こす人もいます。
他にも、ケガや手術によって古傷となった傷あとやコワバリもシコリの一種なので、寒さを感じたり、体調が悪化したりすると、そのシコリ箇所が敏感になって、ジンジンとした絶え間ない痛みを感じる事があります。
しかし、シコリ(硬結)は血液の流れが悪化した事が原因になっているので、ズキズキと疼く凝りや痛みの解消に、医院でMRI・CTなどの画像検査を受けても、筋肉内部の異常が確認できません。

 

このように、自律神経沿いにシコリできると、最初のうちは違和感や痛みといった程度でも、シコリが自律神経を圧迫してくると、頭痛や頭重感、体調の不調、といった神経系の症状を起こします。
そして、不快さや痛みが長引いたり、強まったり、身体に不調を感じてきたりすると、ますます自律神経の負荷が大きくなるので、仕事をしていても、集中力が続かなくなったり、気分的にイライラさせられたりします。
更に、精神的な安定が失われてくると、チョッとしたキッカケで不快感が強まって、疲労感や緊張感が強まったり、ずうっと仕事や家事をしているのが辛くなったりします。

【 解消しづらいシコリ 】(図)ストレッチや運動

シコリができると、“ジ~ン”と、神経特有の響くような痛みを感じるので、自分でその場所が分かりますが、自分でシコリを解消させるのは困難です
シコリは、筋肉が凝り固まったように、硬い“塊”になっているからです。
この為、シコリをストレッチや運動で伸ばそうとしても、シコリの硬い“塊”は緩まずに、周辺の筋肉を伸ばすだけで、シコリがそのままの状態で残ってしまいます。

 

また、シコリの筋肉が凝り固まっているのは、シコリやシコリの土台になっている筋肉に、強いネジレや萎縮が生じているからです。
これを解消するには、横や斜めなどのいろいろな方向に、引き伸ばす事が必要になります。
しかし、ストレッチや運動は、“一方向”に筋肉を伸ばす事はできても、いろいろな方向に伸ばす事はできないので、筋肉の多方向のネジレや萎縮を解する事ができません。

 

更に、一層、シコリの解消を困難にさせているのが、シコリができている箇所は、首の後ろ側や、背骨沿い、肩甲骨の内側が多いので、直接、眼で確認できないだけでなく、シコリに手がシッカリと届かない事です。
この為、直接、シコリを解消させる事ができないので、代わりに身体を伸ばすストレッチや運動をする事になり、シコリが筋肉内部に残ったままになって、スッキリしない感じが残ってしまいます。
しかも、ストレッチや運動で、シコリの土台になっている筋肉に負荷が多くなると、シコリを強めてしまうので、しばらくすると、痛みや不快感が増すという結果になります。

【 当院の、ツボ治療とマッサージ治療 】(写真)当院のシコリ治療

当院は、シコリから生じる不快な凝りや痛み解消に、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療を利用しています。
これは、シコリができる位置と、東洋医療で利用されているツボの位置が、ほぼ一致しているので、崩れかかった身体のバランスを整える東洋医療の治療法が生かせるからです
しかも、ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、反応が確認できるツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

 

この効果から、当院では、シコリの解消や症状の改善に、「押されると身体の芯まで響いてくる」とか、「痛いけど気持ちいい」、「ツボをしっかり押されている」と感じられる箇所に、ツボ刺激を加え、治療を行っています。
シコリによって血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなっているので、ツボに刺激を加えると、ツボが神経や血管が集まっているので、筋肉の弾力性や柔軟性が高まり、毛細血管が拡がる効果があるからです。
これによって、血行やリンパの流れが促進されると、「血行が悪い→痛む→筋肉がこわばる→更に血行が悪くなる」、という悪循環が弱まり、神経興奮の抑制につながります。

 

更に、当院では、マッサージ治療を行い、周辺のコワバリをほぐし、血行を回復させ、新しい血液を流入させて、老廃物を押し出し、神経の過敏状態を和らげるようにしています。
特に中高年以降になって、毎日の疲れや運動不足などで身体の回復力が低下していると、元々悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかず、疲れやすさや痛みとなって現れてくるので、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の症状改善が必要です。
身体の不調時に顕在化するシコリは、ツボと同じように、身体の異常を知らせる“反応点”であり、病状を改善する“治療点”になっているので、筋肉や血行の改善を得意としている東洋医療をベースにしたマッサージ治療が、改善に効果があります。

 

筋肉内にシコリができると、付近の神経が異常に興奮してくるので、湿布を貼ったり、温めたり、身体を休めたりするだけでは、痛みや不快感が解消されません。
当院は、神経の異常興奮による痛みや不快感の解消に、マッサージ治療に、昔から利用されているツボ刺激を併用し、筋肉内のシコリの解消を図り、神経の興奮を和らげて、痛みや症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。