ズキズキと、疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ などの、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

慢性的な、凝りや痛み

それ程ひどくない凝りならば、お風呂に入って温めたり、ストレッチをしたり、冷やさないようにしたり、しているうちに自然と治っていきます。

ところが、筋肉が本来の弾力を失って、硬く縮んだままコワバッテしまうと、内部にゴリゴリとした硬い硬結(しこり)ができて、なかなか治らなくなります。

しかも、そこから、いつも疼くようなズキズキとしたような痛みを発し、ダルサや疲労感が強まるので、体調も維持できなくなってきます。

【 硬結(しこり)による、凝りの慢性化 】硬結(しこり)による、凝りの慢性化

これは、筋肉の内部に硬結ができた事で、血流が阻害され、それによって内部の神経が刺激されるからです。
本来、血流によって、身体の各部分に、絶えず、必要な栄養や酸素が運ばれ、不要となった二酸化炭素や老廃物などが排出されます。
ところが、血流が阻害されるので、栄養や酸素が欠乏する上に、二酸化炭素や老廃物が溜まるので、神経が刺激されて、ズキズキとした神経特有の疼きを感じるようになります

 

このように、筋肉が異常に固まって、しこり化し、内部の神経が異常に興奮している箇所を、トリガーポイントと呼びます。
トリガーポイントは、『痛みの引き金点』という意味で、筋肉の疲労や緊張で、硬く凝り固まった箇所を言います。
筋肉の内部で、血液の巡りが悪くなった事が原因になっているので、医院でMRI・CTなどの検査を受けても、異常が確認できません。

 

しかも、このトリガーポイントができると、凝りが解消しづらくなり、慢性化します。
絶えず神経を刺激する状態になるので、筋肉を絶えず緊張させるからです。
これによって、筋緊張・血流悪化・神経刺激などが、負のスパイラルに陥り、長引くようになります。

【 自律神経への影響 】自律神経への影響

代表例が、ジッと緊張した状態が続くデスクワークをしていると、首、肩、肩甲骨周辺、腰、お尻などに、筋硬結ができ、トリガーポイントが形成される場合です。
トリガーポイントが形成された事で、筋肉の内部にできたゴリゴリとした硬い塊が、凝りや痛みを発しているのが感じられます。
これ以外にも、トリガーポイントが形成される場合として、長時間の不安定な動作や歩行、重い物を肩にかけたり運んだりする、ケガや手術によって古傷となったコワバリ、などがあります。

 

しかも、トリガーポイントができると、自律神経の障害を、引き起こす事があります。
例えば、自律神経が、背骨の周りを通っているので、筋肉の硬直から圧迫障害を受けると、首から肩、背中にかけて、「こわばった感じ」、「不快感」、「重苦しさや痛み」、などが生じたり、凝りを感じる部分を動かすと、すぐに疲れ易くなったりします。
また、自律神経の不安定から、寒くなったり、気圧が低くなったりすると、寒冷痛や天気痛を起こす人もいます。

 

これらは、不快な痛みを受け続けると、痛みの発信源はあまり関係なくなり、痛みそのものが病気となってしまうからです
痛みに過剰に反応してしまい、弱い痛みを強く感じたり、精神的なストレスや不安が生じたりします。
この結果、例えば、ジンジンとした絶え間ない痛みが長引くようになったり、気分的にイライラさせられたり、集中力が続かなくなったりしてしまいます。

【 ストレッチでは解消しづらい理由 】ストレッチでは解消しづらい

トリガーポイントができた場合、自分でその箇所を確認する事はできますが、ストレッチして解消しようとしても、解消が困難です。
確認するには、凝りや痛みを発している部分を、指先で押してみて、深部にゴリゴリとした硬い塊(硬結)に当たったら、そこがトリガーポイントです。
また、その硬くなっている箇所を押してみると、神経特有の“ジ~ン”と響くような痛みを感じます。

 

しかし、硬くなった筋肉を、ストレッチで解消するには、困難です。
ストレッチで、筋肉を伸ばす事はできますが、一方向しか伸ばせないからです。
筋肉が凝り固まると、横や斜めなどのいろいろな方向に、筋肉のネジレや萎縮ができるので、あらゆる方向に圧をかけて、伸ばす事が必要になります。

 

しかも、凝り固まったトリガーポイントは、内部でゴリゴリとした硬い塊になっています。
この為、ストレッチで筋肉を伸ばしても、内部の硬い塊は、なかなか緩まないのが現実です。
硬結が消えずに残るので、スッキリしない感じが続くだけでなく、しばらくすると、痛みが再発という事になります。

【 ツボ刺激の活用 】ツボ刺激の活用

トリガーポイントからの痛みは、筋肉の硬結ができた事により、神経が過敏になったからです。
この為、解消させるには、「痛みがある→血行が悪くなる→筋肉がこわばる→痛み」という悪循環を、断ち切る事です。
例えば、硬い硬結を周囲からほぐしながら、新しい血液を硬結内に少しずつ流入させて、それにより、神経を刺激している老廃物を押し出すような、手段が必要です。

 

このような、硬結部の柔軟性の回復や、血行の促進に、東洋医療に基づいたマッサージ治療が、昔から成果を上げています。
しかも、最近の調査で、トリガーポイントは、東洋医学のツボの位置と、ほぼ一致している事が分かっています
この為、身体の凝りや痛みの解消を得意としていた東洋医療が、トリガーポイントの解消にも、積極的に活用できます。

 

例えば、慢性的な、頭痛、肩こり、腰痛などを解消させるのに、トリガーポイントの箇所を確認や、ツボ刺激を利用しています。
トリガーポイントも、ツボと同じように、「押されると体の芯まで響いてくる」とか、「痛いけど気持ちいい」、「ツボをしっかり押されている」と感じられます。
確認されたトリガーポイントに、マッサージとツボ刺激を併用し、硬結によるコワバリやヒキツリを減少させて、詰まっていた血液を押し出し、神経の過敏状態を和らげていきます。

 

ズキズキと、疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛みに、トリガーポイントの確認とツボ刺激による治療法が、有効な治療法になっています。
当院は、トリガーポイントの治療に、東洋医療の経絡・経穴の手法を取り入れ、慢性的な凝りや痛みの治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。