ズキズキと、疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)ズキズキと、疼うずくような、慢性的な凝りや痛み

導入文

頭痛、肩こり、腰痛などの慢性的な痛みに悩まされていると、痛みを感じる筋肉の内側に、ゴリゴリとした硬い硬結(シコリ)のようなものができている事に、気付かされます。

この硬結(シコリ)の中から、ズキズキと疼くような痛みや、ダルサ、疲労感などが、発生して広まっていくので、いつまでも筋肉の緊張が続いて血流が悪化し、神経を刺激して、不快な凝りや痛みに悩まされ続ける事になります。

このような、慢性的な凝りや痛みを解消するには、不快な痛みを発している神経の興奮を鎮める事が必要になるので、筋肉のコワバリを解消させ、血液やリンパ液の流れを回復させるだけでなく、不快な痛みを和らげるツボ治療を加えたマッサージ治療が、効果があります。

【 硬結(しこり)による、神経刺激 】(図)硬結しこりによる、神経刺激

頭痛、肩こり、腰痛などが起きても、「そのうち、治るだろう」と思い、そのままにしていたり、痛みを我慢していたりすると、次第に、内部からズキズキと疼くような痛みが起き、だんだんと、不快な痛みが強まってくる事があります。
これは、一時的な疲労や過緊張による痛みであっても、日頃の運動不足や疲労で、身体の回復力が低下していると、不快な痛みが、筋肉や血管を収縮させて、血流を阻害し続けるので、血液からの栄養や酸素が欠乏し、二酸化炭素や老廃物が溜まって、凝りや痛みが慢性的してしまうからです。
しかも、慢性的な凝りや痛みから、筋肉の内部に、筋肉が固まった硬結(シコリ)ができてしまうと、それによって毛細血管の血流がブロックされてしまうので、ますます状態が悪化して、神経を刺激するようになり、“ズキズキ”とした、神経特有の疼きが起きてしまいます

 

このように、筋肉が異常に固まって硬結(シコリ)ができると、その箇所が、極端に栄養や酸素の欠乏や老廃物の溜まった状態になるので、神経が刺激されて過敏になり、痛みの反応が起き易い『圧痛点』ができます。
『圧痛点』は、神経が異常に敏感なり、正常な組織の4倍も、敏感に感じると言われているので、軽く押しただけでもすぐ分かります。
しかし、『圧痛点』は、医院でMRI・CTなどの画像検査を受けても、血液の流れが悪化した事が原因になっているので、筋肉内部の異常が確認できません。

 

『圧痛点』ができるのは、体調の悪化による、頭痛、肩こり、腰痛のような場合だけでなく、同じ筋肉を繰り返し負荷をかけた場合や、あるいは、軽度でもずうっと筋疲労が持続した場合にも生じます。
同じ筋肉を繰り返し負荷をかけて『圧痛点』ができるケースとして、長時間の不安定な動作、歩き続けた事による腰や脚の疲労、重い物を肩にかけたり運んだりする、などがあります。
また、軽度でもずうっと筋疲労が持続して『圧痛点』ができるケースとして、代表的なのが、ジッと緊張した状態が続くデスクワークをして、首、肩、肩甲骨周辺、腰、お尻などに、凝りができた場合です。

【 自律神経への圧迫と障害 】(図)自律神経への圧迫障害

このように、硬結(シコリによって、筋緊張 ➡ 血流悪化 ➡ 神経刺激と、悪循環になると、内部の神経が異常に興奮した状態になって、筋肉を絶えず緊張させるだけでなく、痛みを抑える働きも弱くなって、不快な凝りや痛みを長引かせます。
そして、痛みの感覚が敏感になるので、チョッとした動作やストレスでも、痛みを強く感じるようになります。
更に、神経が休まらない状態になるので、疲れやダルサを感じ易くなって、身体をチョッと動かしたり、ジッとしていたりしても、硬直(シコリ)付近の筋肉から、強く疲れを感じたり、ダルサを感じたりします。

 

更に、硬直(シコリ)から発する不快感や痛みによって、自律神経が絶えず刺激されると、過剰に反応してしまう状態になり、不快さや痛みを強く感じたり、精神的なストレスや不安が強まったりします
不快な痛みを受け続けていると、自律神経の中で、血管を拡張させ、血流を促す『副交感神経』の作用が弱まるので、体調を保っている自律神経の働きを乱すようになるからです。
また、ケガや手術によって古傷となった、瘢痕(傷あと)やコワバリなども硬結(シコリ)の一種なので、その箇所の神経が硬結(シコリ)によって敏感になっていると、ジンジンとした絶え間ない痛みを感じて、ストレスとなって気分的にイライラさせられたり、精神的に安定しなくなり集中力が続かなくなったりします。

 

中でも、首、肩、背中などの筋肉の内部に硬直(シコリ)ができると、自律神経が首や背骨沿いに通っているので、圧迫されて、「何となく身体の調子が悪い」と感じられ、「身体がコワバッタ感じ」、「不快感」、「重苦しさや痛み」、などを感じる事がよくあります。
例えば、デスクワークによって首や肩が凝ってくると、最初のうちは違和感や痛みといった程度でも、首や肩に硬結(シコリ)ができると、固まった筋肉が神経を圧迫して、頭痛やめまいといった神経系の症状を起こすようになります。
他にも、首、肩、背中などの硬直(シコリ)によって、自律神経が圧迫されると、気候や天気の変化に異様に敏感になって、「寒くなったり気圧が低くなったりすると痛みが出る(『寒冷痛』)」や、「天気が悪くなると痛みが悪化する(『天気痛』)」を、起こす人もいます。

【 ストレッチでは解消しづらい硬結 】(図)ストレッチ

筋肉の硬直(シコリ)によって生じた『圧痛点』は、神経が敏感になっているので、自分でも、その硬直(シコリ)や『圧痛点』の箇所を確かめられます。
凝りや痛みを発している部分を、指先で押してみて、深部にゴリゴリとした硬い塊(硬結)に当たったら、そこが、筋肉の硬直(シコリ)です。
また、その硬くなっている箇所を押してみると、“ジ~ン”と、神経特有の響くような痛みを感じたら、そこが、内部の神経が異常に興奮している『圧痛点』です。

 

しかし、硬くなった筋肉の硬直(シコリ)を、ストレッチや運動で解消させる事は、なかなか困難です。
筋肉の硬直(シコリ)箇所は筋肉が凝り固まっている上に、硬直(シコリ)のある細長い筋肉に、ネジレや萎縮も生じているので、これを解消するには、横や斜めなどのいろいろな方向に、あらゆる方向に圧をかけて、引き伸ばす事が必要になるからです
この為、ストレッチや運動をしても、“一方向”に筋肉を伸ばす事はできても、あらゆる方向に伸ばす事はできないので、筋肉の多方向のネジレや萎縮の解消ができないからです。

 

しかも、筋肉の硬直(シコリ)は、筋肉が凝り固まって、コリコリとした硬い“塊”になっています。
この為、ストレッチや運動で、『圧痛点』を伴った硬直(シコリ)の筋肉を伸ばしても、硬い“塊”は緩まずに、周辺の筋肉を伸ばすだけとなるので、“塊”は、そのままになります。
この結果、筋肉内部に、硬結(シコリ)が残ってしまうので、ストレッチや運動をしても、スッキリしない感じが残り、しばらくすると、痛みが再発するという結果になります。

【 当院の、ツボ刺激とマッサージ治療 】(写真)当院の治療

『圧痛点』から生じる、ズキズキと疼(うず)くような慢性的な凝り感や痛みは、筋肉に硬結(シコリ)ができ、その部分が、極端に栄養や酸素の欠乏や老廃物の溜まった状態になって、内部の神経が過敏状態になった為です。
解消させるには、硬結をほぐして、「血行が悪い→痛む→筋肉がこわばる→更に血行が悪くなる」という悪循環を、断ち切る事が必要です。
このような、硬結(シコリ)の柔軟性の回復と血行促進に、東洋医療に基づいたマッサージ治療が、昔から利用されており、当院も不快な凝りや痛み解消に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療に、現代の手技療法を加えて、回復治療を行っています。

 

東洋医療が、このような筋肉の硬結(シコリ)や『圧痛点』の解消に有効なのは、不快な『圧痛点』が起きる位置と、東洋医療で利用されるツボの位置が、ほぼ一致しているからです
しかも、身体の不調時に顕在化するツボは、身体の異常を知らせる“反応点”であり、病状を改善する“治療点”にもなっているので、体調改善に役立つからです。
この為、筋肉の硬直(シコリ)や圧痛点』の解消の場合にも、身体に現れたツボを確認する事によって、治療箇所を特定させる事ができ、そして、症状を解消させる“治療点”として、有効な手段になっています。

 

このような治療効果から、当院では、慢性的な頭痛、肩こり、腰痛などの場合にも、ツボ反応を積極的に活用し、症状の改善を図っています。
例えば、「押されると身体の芯まで響いてくる」とか、「痛いけど気持ちいい」、「ツボをしっかり押されている」と感じられる“反応点”が『圧痛点』なので、問診しながら、東洋医療の触診法で、この箇所を確認していきます。
確認した『圧痛点』とその周辺を、ツボ刺激とマッサージ治療を併用して、硬結をほぐし、更に、新しい血液を流入させ、老廃物を押し出し、神経の過敏状態を和らげるように、治療を行っています。

 

慢性的な凝りや痛みの軽減や解消に、ツボ刺激を利用すると、治りにくい硬直(シコリ)をほぐす効果があるので、有効な治療法になっています。
当院は、慢性的な凝りや痛みの治療に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、筋肉の硬直(シコリ)や『圧痛点』の解消を図り、痛みの軽減や症状の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。