片頭痛(偏頭痛)と、肩こり症状や肩のダルサ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

片頭痛(偏頭痛)と、肩こり症状や肩のダルサ

“肩こり頭痛”と言うと、緊張型頭痛をイメージしますが、片頭痛にも、肩こりの症状やダルサが、かなりハッキリと出現します。

しかも、一般的な、筋肉の疲労や緊張による肩こりと違って、特徴的な現れ方になっています。

例えば、「首や肩が、グッと張ってくる」、「頭痛の前に、急に肩こりが悪化する」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」など、何となく体調の悪化を感じさせるような、独特な現れ方をします。

【 片頭痛の症例 】片頭痛の症例

いろいろな頭痛の中でも、片頭痛は、ストレスや緊張などから解放された時に、それまで収縮していた脳の血管が、急激に拡張し、それに伴って、拍動性の強い痛みを引き起き起こす頭痛です
ストレスや緊張がかかっている最中よりも、むしろそれから解放された時に、頭痛発作が起き易くなっています。
例えば、ウイークデーに仕事を頑張り続けた後、休日になって気分が緩んだ時に、いきなり頭が、脈打つようにズキンズキンと痛み出す、というケースです。

 

また、睡眠不足や睡眠過多も、片頭痛を起こす原因です。
睡眠不足の場合は、自律神経の働きを乱してしまうので、脳の血管の収縮や拡張のリズムが乱れ、それによって、頭痛を引き起こすからです。
睡眠過多の場合は、副交感神経の働きが活発になり、脳内の血管が拡張し過ぎる事によって、頭痛を引き起こし易くなります。

 

他にも、片頭痛が、天気が崩れる前に、起きる事がよく知られています。
これは、気圧の低下が、交感神経を刺激して、ストレスを感じたときど同じような状態となる為と、言われています。
片頭痛持ちの人は、自律神経が不安定になっている事が多いので、低気圧の接近以外にも、気温が上昇して太陽が照りつけたり、室内の冷気が直接頭に当たったりすると、脳の機能の混乱から、頭痛が起き易くなります。

【 自律神経失調症から 】自律神経失調症

これは、片頭痛が、『自律神経失調症』から起きる頭痛の為です
『自律神経失調症』は、『自律神経緊張異常症』とも言われ、身体の内外からの刺激に対して、自動的に反応している交感神経と副交感神経のバランスが乱れて、様々な不調や症状が現れた症状を言います。
片頭痛も、疲労、ストレス、睡眠不足、睡眠過多、天候などがキッカケとなって、『自律神経失調症』を引き起こし、頭痛が生じさせた病気です。

 

『自律神経失調症』から起きる頭痛なので、頭痛を起こす前に、『自律神経失調症』を感じる事が多くあります。
例えば、「何となく頭が重い」、「首や肩がこる」、「肩のダルサ」、「胃や腸が気持ち悪い」、「あくび(眠気)が出る」、「甘い物を食べたくなる」、「イライラする」、などです。
この為、片頭痛の対処法も、『自律神経失調症』の対処が基本になるので、「規則正しい生活をする」、「自分の痛みを誘う誘因を避ける」、「気分転換をする」、「刺激の無い所で安静にしている」などと、なっています。

 

この事は、片頭痛予防対策の、大きなヒントになっています。
それは、片頭痛が、『自律神経失調症』による体調の変化と密接に関係しているので、その『サインに気づく事と、それを解消させる事』が大切という事です。
例えば、肩・腰・首・頭などをチェックして、不快感やダルサ・痛みを感じる場合は、それらを解消させる事で、『自律神経失調症』を軽減させる事になり、血管が急激に膨張するリスクが減って、片頭痛の予防につながります。

【 予兆サインの肩こり 】神経三叉

特に、片頭痛患者の75%が、肩こり症状や肩のダルサを自覚しています。
この為、肩が凝るような事をしていないのに、肩こりや肩のダルサが気になった時には、片頭痛が起きる“予兆サイン”として、活用する事が大切です。
片頭痛の前に、これらのサインが現れるのは、痛みを起こす“三叉(さんさ)神経”が、肩にある“首の付け根”から出ている為です

 

“予兆サイン”が出現するのは、片頭痛が起こる2日前あたりから数時間前ぐらいです。
収縮していた脳の血管が拡張し始めると、“首の付け根”の血管も拡張し始めるので、血管の周りを囲っていた三叉神経を含む周りの神経が引き延ばされて、刺激されるようになります。
この結果、肩から首スジの筋肉を緊張させたり、肩から首スジの筋肉が盛り上がったように感じたりして、肩こり症状や肩のダルサが現れます。

 

もともと、首の筋肉は、頭を支えているので、筋肉が硬直し易く、血行が悪くなりがちです。
あまり気にしていなくても、疲労や緊張が蓄積されていくうちに、肩こり症状になっている事があります。
そして、首や肩がこると、頭痛を引き起こす事になります。

【 片頭痛の予防対策 】

片頭痛の予防対策

三叉神経は、脳内で一番大きな神経なので、刺激を受けると、ズキズキ、ガンガンと、頭の中を激しく響くような痛みとなり、思考力も無くなります。
また、自律神経の働きも支障を与えて、イライラして怒りっぽくなる、気分がすぐれない、情緒が不安定になる、なども起きます。
身体からのサインに気づかずに、対策をしないと、心臓からの血流増加が、脳内の血管に及び、血管拡張だけでなく、血管周りの炎症も起き、三叉神経の異常興奮が高まり、強い頭痛が引き起こされます。

 

この為、“首の付け根”の肩こり症状や肩のダルサに気づいた段階で、首や肩の柔軟性を回復させると、頭痛を防ぐ対策になります。
これは、頭と首を支えている筋肉の、柔軟性を回復させると、不快感や痛みが消滅し、その情報が神経を逆行して、脳に送り返され、脳から痛みを起こす信号が発信されなくなるからです
しかも、安心感を得たり、癒されたりかんじるので、余計に、疲労を回復させ、ストレス感を減らす事もできます。

 

例えば、片頭痛の前触れのような、肩こりに気付いたら、自分で肩をマッサージしてみて下さい。
「気持ちが良い!」と感じた場合は、片頭痛を予防する“有効な証”です。
「何となく頭痛が起きるのでは?」と思った段階で、“首の付け根”に起きた肩こり症状や肩のダルサを解消させておくと、『自律神経失調症』の対策となり、頭痛の予防につながります。

 

片頭痛の対策には、頭痛を和らげる方法より、頭痛を起こさないように、心身の疲労や緊張を解消させ、全身の血流を良くして、自律神経を整える事が重要です。
当院は、頭痛の予防や治療に、身体の疲労や緊張を解消し、血流や神経機能の回復を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。