片頭痛(偏頭痛)の、肩こり症状や肩のダルサ感

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)片頭痛

導入文

“肩こり頭痛”と言うと、緊張型頭痛をイメージしますが、頭が「ズキンズキン」と脈を打つように痛む片頭痛も、肩こりの症状やダルサ感が、かなりハッキリと頭痛の前に現れます。

しかも、片頭痛の場合は、一般的な肩こりと違って、頭痛を起こす神経を刺激するような、「首や肩が、グッと張ってくる」、「急に肩こり感がしてくる」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」など、特徴的な現れ方をします。

この為、片頭痛の“前触れサイン”に気付いた時に、首や肩付近のコワバリかけた柔軟性を回復させて、血行を改善しておくと、頭痛を起こす不快な刺激を和らげるので、頭痛を起きにくく(予防)させたり、症状を軽減させたりする効果があります。

【 片頭痛を起こすキッカケ 】(図)片頭痛のキッカケ

片頭痛は、ズキズキとする拍動性の頭痛発作が繰り返されるうちに、痛みが頭の中でガンガンと響くように感じられるだけでなく、身体を動かすと、痛みが一層増すので、仕事や家事を続けられなくなってしまいます。
しかも、このような状態が、1ヶ月に1~2度、多い人では、1週間に1度と周期的に繰り返すようになり、片頭痛を繰り返すうちに、片頭痛を起こす神経が敏感になってくるので、頭がスッキリした日が極端に少なくなってしまいます。
この為、片頭痛は、日常生活の支障に直結する頭痛と言われています。

 

片頭痛が起きるのは、緊張型頭痛と違って、ストレスや緊張がかかっている最中よりも、むしろ、忙しさから解放された時や、ホッとした時に、頭痛発作が起き易くなると言われています。
よく言われるのが、例えば、ウイークデーに仕事を頑張り続けた後、休日になって気分が緩んだ時に、いきなり頭が、「ズキンズキンと脈打つように痛み出す」、というケースです。
しかし、緊張から解放された時以外にも、寝過ぎや寝不足、天気が崩れる前、気温の寒暖、ホルモンバランスの崩れ、なども片頭痛が起きる原因になっています

 

例えば、寝過ぎや寝不足の場合、体調を保っていた自律神経の働きを乱してしまうので、脳の血管の収縮や拡張のコントロールが失われて、脳の血管が拡張した時に、血管の周りの神経を刺激してしまい、頭痛を引き起こします。
また、天気が崩れて気圧が低下すると、身体が感じる神経が敏感なので、ストレスを感じた時と同じように、精神的に不安や緊張感が高まり、交感神経を刺激して、頭痛が起きると言われています。
気温が上昇して太陽が照りつけたり、室内の冷気が直接頭に当たったりした場合も、身体が感じる神経が敏感なので、過剰に反応してしまい、自律神経に影響して、自律神経の働きを乱してしまい、頭痛が起きてしまいます。

【 自律神経失調症による、片頭痛 】(図)自律神経失調症

このように片頭痛は、脳の血管が拡張する時に起きる痛みなので、血管の収縮や拡張をコントロールしている自律神経の働きが乱れて『自律神経失調症』になると、頭痛発作が起き易くなります。
これは、自律神経が、“五感”や“感情”といったセンサーにも自動的に反応して、身体のバランスを保っているので、ストレスや、睡眠不足や睡眠過多、急激な気圧や気温の変化などの不快な感じが強まると、自律神経の働きが乱れて、体調の維持ができなくなるからです。
この結果、『自律神経失調症』の状態になると、脳の血管を異常に拡張させてしまい、頭痛発作を引き起こしてしまいます。

 

片頭痛が、『自律神経失調症』と深く関係しているので、頭痛を起こす前に、『自律神経失調症』の“前触れサイン”が多くみられます
“前触れサイン”は、片頭痛を起こす人の33%~87%に自覚され、「何となく頭が重い」、「首や肩がこる」、「肩のダルサ」、「胃や腸が気持ち悪い」、「あくび(眠気)が出る」、「甘い物を食べたくなる」、「イライラする」、などが起きます。
多くの場合、頭痛の始まる数時間から1~2日前にみられ、その後に、それまで収縮していた脳の血管が、急激に拡張し、それに伴い、拍動性の強い痛みを引き起き起こしています。

 

この為、この“前触れサイン”は、片頭痛が『自律神経失調症』による体調の変化と密接に関係しているので、片頭痛の予防や対策に、大きなヒントになります。
片頭痛の“前触れサイン”が現れたら、“前触れサイン”の症状を解消させるように、体調を回復させると、片頭痛の予防や、症状の軽減になる事です。
例えば、身体に不快感やダルサ・痛みを感じる場合は、肩・腰・首・頭などをチェックして、症状を解消させると、『自律神経失調症』を軽減させる効果があるので、これによって、血管が急激に膨張するリスクが減り、片頭痛の予防や対策になります。

【 前触れサインの、肩こり 】(図)肩こり

特に、片頭痛が起きる前の肩こり症状や肩のダルサ感は、片頭痛患者の75%の人が、片頭痛の“前触れサイン”として自覚されています
これは、片頭痛を起こす『三叉(さんさ)神経』が、“首の付け根”から出ているからです。
そして、“首の付け根”の肩こり症状や肩のダルサ感が強まると、脳内に伸びる三叉神経を刺激して、脳の血管を拡張させたり、炎症を起こしたりして、片頭痛を引き起こします。

 

片頭痛の“前触れサイン”として、首や肩に、凝り症状やダルサ感が出現するのは、片頭痛が起きる2日前あたりから数時間前ぐらいが、多くなっています。
頭痛を起こす神経を刺激するような特徴的な現れ方をして、「首や肩が、グッと張ってくる」、「急に肩こり感がしてくる」、「後頭部に、凝りが拡がってくる」、などが起きます。
この結果、“首の付け根”の三叉神経を刺激して、三叉神経の興奮が起きると、『三叉神経は、脳内で一番大きな神経』なので、ズキズキ、ガンガンと、頭の中を激しく響くような痛みを引き起こしたり、ムカムカしたり、嘔吐したりします。

 

しかも、首の筋肉は、もともと、頭を動かしながら支えていたり、脳からの自律神経の通り道になっていたりするので、本人の気付かないうちに、首の血行が悪くなりがちです。
この為、それほど首や肩に疲れを感じていなくても、首の血行が、あまり良くないと、ストレス、睡眠不足、睡眠過多、天候などがキッカケとなって、片頭痛を起こしてしまいます。
このような事から、首や肩が凝るような事をしていないのに、首こりや肩こりが生じ、筋肉のコワバリ、ダルサ、重さ、疲労感、時には痛みも感じる場合には、片頭痛の“前触れサイン”として注意して、解消する事が必要です。

【 当院の、片頭痛の予防治療 】(写真)当院の治療

片頭痛の予防の為に、いろいろなセルフケアがありますが、その中でも『頭痛体操』は、首や肩のコワバリを緩めて、神経が過敏になっている、頭痛を引き起こす神経回路を無くす作用があるので、片頭痛の予防に効果があるとされています。
しかし、この効果を出す為には、『頭痛体操』の前に、首や肩の過敏になっている“圧痛点(凝り)”を確認する事と、その圧痛点をうまく和らげる事が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療によって、片頭痛の引き金となっている圧痛点(こり)の解消と、体調の回復を行い、頭痛を起きにくく(予防)させ、症状の軽減を図っています

 

これは、ツボ治療を伴ったマッサージ治療で、頭と首を支えている筋肉の柔軟性を回復させると、不快感や痛みを和らぎ、それによって、神経の痛みを起こす信号を減らす効果があるからです。
ツボの特徴として、体調の変化が起きた時に、反応点として身体の異常を知らせ、そして、治療点として症状を改善させる特殊性があるので、このツボの特殊性を利用して、当院は、頭痛予防の治療を行っています。
特に、片頭痛の“前触れサイン”として、「何となく頭痛が起きるのでは?」と思った段階で、“首の付け根”に起きた肩こり症状や肩のダルサを解消させておくと、三叉神経の興奮を抑え、片頭痛の予防につながります。

 

更に、マッサージ治療で、身体の不調を改善すると、体調が回復して、「何となく身体の調子が悪い」と感じていたのが減少し、リラックスしてくるのを感じられ、自律神経の回復につながります。
血行やリンパの流れを改善して、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、神経の興奮を抑制するだけでなく、それによって、自律神経の負荷が減少するからです。
片頭痛の予防対策には、頭痛を起こさないように、全身の血流を良くして、心身の疲労や緊張を解消させ、自律神経の負荷を減らす事が重要なので、東洋医療をベースにしたマッサージ治療による体調改善が勧められます。

 

マッサージは、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりして、神経の興奮を抑制する作用があるので、崩れかかった身体のバランスを整えるのに、最適で、安全です。
当院は、頭痛の予防や治療に、ツボ治療を伴ったマッサージ治療で、身体の疲労や緊張を解消し、血流や神経機能の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。