(症例)こり・しこり

肩こり

姿勢の悪化などで、筋肉に負担がかかり、血行不良などが起きて、筋肉がこわばってしまうのが、『凝り(こり)』です。
凝りは、揉んだり、温めたりすると治ります。
更に、触ると“コリコリ”と感じられ、内部からジーンとしたり、ズキズキしたりする、『こり』もあります。
これは、内部で、神経が異常に興奮した状態になっている為で、揉んでも、温めても、なかなか治らなくなります。
この為、凝りを、2種類に分けて分類しました。

 

≪ 身体のそれぞれの、こり ≫

◆ “疲れ顔”や“老け顔”と、肩こりの関連
  ⇨ クリック
 喉(のど)の、こり (息苦しさ、つまり感、首の前のコワバリなど)
  ⇨ クリック
 首の後や横が、疲労や緊張で、疲れる、痛い、だるい、こわばる、張る
  ⇨ クリック
 その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?
  ⇨ クリック
 肩甲骨の、位置ズレの、こり
  ⇨ クリック
 背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音
  ⇨ クリック
 

≪ その他(奥のこり、ズキズキする凝り、血圧上昇)≫

 筋肉の、奥の深い所にある、こり
  ⇨ クリック
ズキズキと、疼(うず)くような、慢性的な、凝りや痛み
  ⇨ クリック
 更年期の肩こりと、血圧上昇(高血圧)
  ⇨ クリック

 

 

イラスト