その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

【(症例)こり・しこり 】
(写真)肩こり・首コリ

導入文

『肩こり』と『首こり』は、患部の場所が少し違っているだけで、同じようなものだと思われがちですが、首と肩は、それぞれ特徴的な構造や、まったく違う神経に支配されているので、こり症状が、かなり違ってきます

この為、こりを解消するには、『肩こり』には『肩こり』の症状に合わせた対策を、『首こり』には『首こり』の症状に合わせた対策を、意識して行う事が必要です。

特に『 首こり 』の場合には、自律神経の働きを乱して、こりとは無関係とも思えるような不調を引き起こすので、首周辺の解剖学的な知識や、東洋医療のツボ刺激などを活用して、こり症状を改善させる事が大切です。

【 肩こり 】(図)肩こり

『肩こり』の場合、肩のこりを起こす筋肉はいろいろありますが、主な原因になっているのが、首の後ろから肩や背中にかけて拡がっている『僧帽筋(右図)』です。
これは、『僧帽筋』が、①腕を動かしたり静止したりする時や、②頭の角度を固定する時などに使われるので、活動量が極めて高いからです。
『僧帽筋』は、肩甲骨を土台のようにして、動作を行っているので、肩甲骨を覆いながら、上部、中部、下部、の3つに分けられます。

 

上部の筋肉は、多くの人が『肩こり』として、悩まされる代表的な部分で、筋肉が薄く、筋力が弱いので、頭を突き出すような姿勢をしていたり、精神的に緊張していたりすると、こりを引き起こします。
中部の筋肉は、肩甲骨を覆うように位置していて、腕の動作を支える働きをしているので、腕を使った動作で疲労や緊張が増して、血行が悪くなってくると、背骨と肩甲骨の間あたりが、ズキズキと痛み出してきます。
下部の筋肉は、肩甲骨の動きを下から支え、姿勢を維持する働きもしているので、『僧帽筋』の中で最も使われる部分になり、この下部の筋肉と中部の筋肉が疲れてコワバッテくると、「背中に鉄板が埋め込まれた」感じになります。

 

この為、『僧帽筋』が疲労してくると、①『肩こり』と言われる首の付け根の肩の痛み(張り)、②肩甲骨内側の痛み(張り)、③背骨沿いの痛み(張り)、の3つが起きてきます。
これらの張り(こり)を解消させるには、僧帽筋の筋肉が、肩甲骨を囲むように付着しているので、肩甲骨にくっついている筋肉を、いっぺんに動かすと、肩甲骨周囲の血行が促進されるので、『僧帽筋』の筋肉全体が緩むようになるので、効果的です。
最近、整体で良く聞かれる『肩甲骨はがし』も、この効果を狙ったもので、肩甲骨周りのたくさんの筋肉を動かす事で、血行と筋肉の柔軟性を回復させる方法です。

【 首こり 】(図)首こり

『首こり』の場合、影響を直接与えているのが、僧帽筋より奥深くにある筋肉で、首の骨と頭蓋骨をつないでいる『後頭下筋群(右図)』です。
首は、頭と胴体をつなぐ、太い血管や神経が通っているので、それらを圧迫して支障を起こすので、『首こり』が強まると、『肩こり』のように、筋肉の凝りだけでは済まなくなります
不快感や痛みが、体調を保つ自律神経の働きに影響を与えるので、身体に、ダルイ、眠れない、疲れが取れないなどの、様々な症状を起こします。

 

例えば、デスクワークなどで、首に疲労や緊張などが長く続いたり、酷くなったりすると、それにより、頭に流れる血管や、首の中を通っている神経を圧迫し、走行に支障を与えます。
最初のうちは、首の筋肉のコワバリから、後頭部がギューッと締めつけられているような感じや、首の血行障害から、首から頭に重ダルサが強まるような症状が現れます。
そして、首のコワバリや血行障害が更に強まったり、長引いたりすると、後頭部の異常を知らせる神経が敏感になって、痛みの信号が絶えず出るようになり、頭重感や、“肩こり頭痛”とも呼ばれる『緊張型頭痛』が出現します。

 

しかも、首周囲の、鈍い痛み、圧迫感、違和感、不快感などで、体調を保つ自律神経の働きを乱すようになるので、「イライラする」、「だるい」、「憂鬱になる」、「集中力や意欲が無くなる」、「眠れない」、などが起きてきます。
また、不快感や痛みが長く続くと、気圧の変化で自律神経が不安定になるので、体調の悪化を、ひどく感じるようになります。
例えば、『気象病』と呼ばれる、天気の変化で起こる身体不調や、『天気痛』と呼ばれる、片頭痛や関節痛などのように痛みが、雨の日や雨が降る前日や、低気圧が近づくと、起きてきます。

【 神経を過敏にさせるシコリ 】(図)シコリ

『 首こり 』や『 肩こり 』のように、筋肉にこりができて、筋肉の疲労や緊張が続き、血行が更に悪くなってくると、筋肉内部に『シコリ 』ができてくる事が、よくあります。
これは、こりが長引いたり酷くなったりして、血液やリンパ液の流れが極度に悪化すると、筋肉を包んでいる“膜”が縮みあがって硬くなり、それによって、中の筋肉も縮んだ状態になるからです
この為、シコリ ができると、上から触ると“コリコリ”するのが感じられ、上から押してみると、“ジーン”とした痛みを感じます。

 

シコリの内部は、血液とリンパ液の流れが遮断されているので、“神経が異常な興奮”を起こし、湿布したり、温めたりしても回復せず、市販の鎮痛薬でも解消できなくなります。
この為、首にシコリ ができると、神経の異常興奮によって、体調がスッキリしないだけでなく、神経特有の不快感が強まって、気分的にイライラしたり、緊張が抜けなくなったり、寝付きづらくなったりします。
また、首から上の、血行やリンパ液の流れが悪くなるので、顔が疲れたように見えたり、顔色が悪く見えたり、むくみ易くなったり、します。

 

他にも、気になる症状として、首の骨周りの筋肉がコワバッタ状態になるので、首が動かしづらかったり、首からゴリゴリ音が鳴ったりします。
首のゴリゴリ音は、首関節の筋肉が硬くなっているので、首を動かした時に骨に擦れて、摩擦音が出る為です。
このような状態になると、首や肩の筋肉だけでなく、上半身の筋肉が硬くなっているので、背スジ伸ばしたり、動かしたりする事が、思うようにできなくなります。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

『首こり』や『肩こり』の解消に、痛みや不快感が少なく、安心して受けられる治療法として、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が広く利用されています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、症状を改善させる『治療点』になっているので、凝り固まったシコリを解消するには、東洋医療のツボ刺激が効果的な治療法になっているからです。
当院は、このような治療効果から、特に問診と触診にウエイトを置いて、それぞれの症状や、一人ひとりに適したツボを探し出し、『首こり』や『肩こり』の改善を行っています。

 

例えば『肩こり』治療には、『僧帽筋』の上部、中部、下部の3つのゾーンごとに、こりや痛みを引き起こしている箇所を探し、その箇所ごとに、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、こりの解消を行っています。
問診から、患部一帯を触診し、押されると、ジ~ンと響いたり、「痛(イタ)気持ち良い」と表現されるような、疼痛を感じたりする箇所(ツボ)を確認し、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、こりの解消を図っています。
また、『首こり』治療の場合は、首を覆っている筋肉が、小さく、薄い事から、デリケートな対応が求められるので、首に現れたツボを利用して、低刺激でも効果的に、そして、安心して治療を受けられるようにしています。

 

特に『首こり』や『肩こり』が、慢性的で、しつこい症状になっている場合には、筋肉内にシコリができている可能性が高いので、当院が行っているツボ刺激を併用したマッサージ治療が、解消に適しています。
これは、シコリができる箇所が、東洋医療のツボの位置とほぼ一致している事が確認されているので、ツボを取穴し、適度に圧迫と柔軟化を繰り返していくと、血行が改善されてくるからです。
これによって、患部の柔軟性を回復させ、更に血行を改善させていくと、シコリが形を変えながら縮小し、それに合わせて神経の過敏も収まり、不快な痛みが減少してきます。

 

『 首こり 』や『 肩こり 』の場合、「凝り性だから仕方ない」、「デスクワークだから仕方ない」と諦めずに、それぞれの特性に合わせ、症状にあった治療を受ける事で、改善されます。
当院では、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管が圧迫されている筋緊張を解消し、痛みや不快感を解消さえる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。