その『 首こり 』・『 肩こり 』、気になりませんか?

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内。~

 首こり , 肩こり

『首こり』と『肩こり』は、患部の場所が少し違うだけで、同じような症状と、思われがちです。

どちらも、長時間、同じ姿勢でいる事で、血行の悪化を起こし、そして、筋肉の柔軟性が無くなったり、老廃物が蓄積したりして、筋肉に、「凝り」、「突っ張り」、「痛み」などを、感じるからです。

この為、対処法も同じで、とりあえず湿布薬や塗り薬を貼ってみるとか、ストレッチをしてみる、そして、痛みが気になると、近所の整体で筋肉の緊張を解消してもらうなど、相違がありません。

【 首こりと肩こりの、違い 】首こりと肩こりの、違い

しかし、『首こり』の場合には、悪化すると、筋肉の凝りだけでは済まなくなります。
首には、頭と胴体をつなぐ,太い血管や神経が通っているので、首の凝りが強まると、それらを圧迫し、障害するからです
しかも、その不快感や痛みから、自律神経にも影響を及ぼし、身体に様々の症状を引き起こします。

 

この為、重症化するにつれて、自覚症状が変化します。
始めは、『肩こり』の延長のように感じられ、首だけに、疲労感や痛みなどを感じる事はあまりありません。
しかし、そのままにしていると、緊張型頭痛やめまいを引き起こすようになり、更に放置すると、肩から腕にしびれが出てくるような、神経症状が現れます。

 

例えば、『首こり』が長く続いて、酷くなってくると、筋肉のコワバリが強まり、後頭部がギューッと締めつけられているような感じや、首から頭に重ダルサが、強まります。
また、頭に流れる血行が悪化してくると、脳の活動に影響を及ぼし、イライラする、だるさ、憂鬱になる、集中力や意欲の喪失、眠れない、などが起きます。
そして、首の神経が圧迫されるようになると、「頭を傾けると、腕のほうにズーンと痛みやしびれが起きる」、「首や肩にダルサをいつも感じる」、「疲れ易くなる」など、身体に気になる症状が現れます。

【 首こりの、神経症状 】首こりの、神経症状

この状態が続くと、『肩こり』にはない、『首こり』特有の、神経症状が現れます。
例えば、肩や腕に、シビレや痛みの症状が出たり、血液循環の悪化から、頭痛、耳鳴りなどが酷くなったり、繰り返したりします。
これは、首の神経が障害されて、神経が敏感になり、痛みの信号が絶えず出るようになるからです

 

これらは、“神経が異常な興奮”を起こしているので、湿布や温めても解消しませんし、市販の鎮痛薬でも、ほとんど解消できません。
また、神経の異常興奮によって、血流悪化も引き起こすので、悪循環となり、余計に、神経特有の不快感が強まって、長引くようになります。
しかも、このような不快感や痛みが長く続くと、体調がスッキリしないだけでなく、気分的にイライラしたり、緊張が抜けなくなったり、寝付きづらくなったりします。

 

また、雨の日や雨が降る前日、低気圧が近づくと、それに伴って、体調の悪化を、ひどく感じるようになる事もあります。
『気象病』と呼ばれる、天気の変化で起こる身体不調や、『天気痛』と呼ばれる、片頭痛や関節痛などのように痛みです。
これは、不快感や痛みが長く続いていると、気圧の変化で、自律神経の働きが混乱してしまう為です。

【 神経を過敏にさせるシコリ 】神経を過敏にさせるシコリ

この為、首や肩に凝りを感じ、頭痛やしびれなどが起き易い場合には、まずは『首こり』を疑ってみるべきです。
例えば、身体が疲れてくると、特に首あたりが重く感じられ、そして、頭のほうに、ジーンとしてきたり、ズキズキしてきたりする場合は、『首こり』による影響が考えられます。
『首こり』を起こしている筋肉の中で、首の神経を過敏にさせている箇所(シコリ)を突き止めて、解消させる事が必要です。

 

この不快な痛みの震源地となっている、首のシコリの確認には、問診と触診が重要になります。
筋肉が硬結した状態なので、画像検査では確認できない為です。
この為、押されると、ジ~ンと響いたり、「痛(イタ)気持ち良い」と表現されるような、疼痛を感じたりする箇所を、問診と触診から確認します。

 

首にシコリができると、背筋を伸ばして、首を廻すと、動かしづらかったり、首からゴリゴリ音が鳴ったりします。
凝りが強まるので、首関節の筋肉が硬くなったり、筋肉のコワバリが骨に擦れたりするので、摩擦音が出る為です。
また、首から上の、顔の血行やリンパ液の流れが悪くなって、顔がたるんだり、むくみ易くなって、老けて見えたりする事もあります。

【 首こりの解消 】首こりの解消

首は、重要な神経や血管が通っていますが、それを覆っている筋肉は、小さく、薄いので、デリケートな対処が求められます
この為、首の骨近くにできているシコリを逃がさないようにしながら、炎症を起こさないように、適度に圧迫と柔軟化を、繰り返す事が必要です。
これによって、患部の柔軟性を回復させ、血行を改善させます。

 

更に、シコリ周辺の、停滞している血流とリンパ液の流れも解消し、神経の働きを正常化する事も必要です。
循環の悪化を解消しておかないと、血液不足→酸素不足→痛み信号発生→血液不足という、悪循環のサイクルが形成される為です。
この為、首から続く背部全体のチェックと、前胸部のチェックも必要になります。

 

これらによって、患部の柔軟性を回復させ、血行を改善させていくと、シコリが形を変えながら縮小し、神経の過敏も収まってきます。
また、首の付け根のコリコリとした感触や、首の動かしにくさ、首のゴリゴリ音なども、無くなります。
「デスクワークだから仕方ない」、「凝り性だから仕方ない」と諦めず、首のこりの改善と治療に取り組むと、身体の不快症の改善になります。

 

首こり治療には、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が、痛みや不快感が少ないので、安心して受けられます。
当院では、神経や血管が圧迫されている筋緊張を解消し、痛みや不快感を解消さえる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。