マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

 

導入文

看護や介護は、受ける側の健康管理はもちろんですが、介護者の心身の状態も、注意しなければいけない仕事です。

中腰や前かがみの姿勢になって、腕や手を使った動作が多いので、腰だけでなく、首・肩・背中などにも大きな負荷がかかり、身体に疲労やストレスが溜まると、不快な痛みに絶えず悩まされるようになるからです。

更に、疲労を回復する働きも弱まると、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」、といった慢性疲労の症状も現れるので、“筋肉疲労”や“血行悪化”の改善を得意としているマッサージ治療が、体調管理に効果的です。

【 痛みが起き易く 】(図)いろいろな箇所の痛み

介護をしている方にとって、腰痛は、大きな悩みの一つです。
オムツ交換、身体の向きを変える、車いすやベッドへの移動、トイレ・入浴の介助などで、前かがみや中腰の姿勢が必要になってくるので、腰に大きな負荷がかかり、腰を痛めてしまうからです。
また、この事が気になって、腰をかばうような不自然な姿勢になると、かえって、腰の変なところに負荷がかかってしまい、腰の横から痛みが出てくる事もあります。

 

更に、上半身の首・肩・背中も、絶えずズキズキとする凝りや痛みで、悩まされる事が多くなります。
人を抱きかかえる、歩行を支える、着替えや食事を介助する、入浴を介助する、などの時に、肩や背中の筋肉が、それらの動作を支える役割をしているので、疲労が溜まってくると、凝りや痛みとなって出てくるからです。
調査によると、介護者の52.4%から75.0%は、首・肩・背中に凝りと痛みを抱え、特に、家で女性が介護している場合は8割強にもなっており、そのうち4割は絶えず凝りと痛みに悩まされていると、報告されています。

 

これらは、介護する人の身体に、負荷がかかる事から痛み起きてきますが、前かがみ姿勢が繰り返される事も、身体に痛みの起きる原因になります。
知らず知らずのうちに前かがみ姿勢になったり、片側に体重がかかったりしていると、次第に上半身の緊張が抜けなくなって、血流やリンパの流れが悪くなったり、背中を通る神経が圧迫されて自律神経が乱れたりするので、痛みが起き易くなるからです。
しかも、前かがみ姿勢が繰り返されると、肺や腹部を圧迫した状態になるので、呼吸が浅くなって疲れ易い状態になるので、これも身体の痛みを感じ易くさせます。

【 痛む箇所が、分からない 】(図)広範囲に痛む箇所が

身体に痛みが起き易くなってくると、痛む箇所が広範囲に感じられ、「痛む箇所が、どこだかよく分からない?!」、という状態にもなります。
疲労や緊張が続いて、疲労が蓄積されてくると、本人が痛みを感じる箇所以外にも、身体のいろいろな所に、気付かないうちに、血流の悪化と筋肉のコワバリができて、ニブイ痛みを発するようになるからです
しかし、身体を動かすと、関節部分がコワバッタ状態になっているので、痛みと共に、動かしにくくなっている事に気付かされます。

 

更に、筋肉のコワバリから、筋肉内に不快な痛みを発する“シコリ”ができると、絶えずジンジンとした痛みに悩まされるだけでなく、チョッとした疲労や緊張にも敏感に反応し、その不快感が周りに拡がるようになります。
この為、“シコリ”付近の広い範囲が、絶えず痛みを感じたり、重く感じられたり、動きに制限ができたり、不快感から気がふさぐようになったり、してきます。
しかも、“シコリ”は、筋肉が凝り固まった状態になっているので、湿布薬を貼ったり、お風呂に入ったり、自分でストレッチをしたりしても、“シコリ”が解消できずに、痛みや不快感がいつまでも続きます。

 

そして更に、痛みの感覚が敏感になると、肉体的・精神的なストレスや天候の変化からも、「重くのしかかるような鈍い痛み」、「ズキズキと響く痛み」、「刺すような痛み」、「ヒリヒリするような痛み」、などを感じます。
身体の安定を保つ働きが弱まると、身体をリラックス出来なくなり、血管が縮み血流も悪くなって、神経を興奮させて痛みを感じ易くしてしまうからです。
切り傷の痛みと違って、不快な痛みを感じ、痛む箇所が「どこだか、よく分からない」けれども、身体から痛みを感じるという状態になります。

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

痛みは最も不快な感覚の1つと言われ、身体の危機を知らせるアラームの役割をしています。
この為、身体の疲労や緊張から、痛みを感じるという事は、「これ以上活動を続けると、心や身体の異常が起きたり、病気になったりするので、休むように!」、という警告です
始めは、「何だか体調が悪いなぁ」とか、「動くと、痛みが出るようになった」と感じる程度ですが、この状態が続くと、身体の痛みや疲労状態が、なかなか解消ができなくなってしまいます。

 

このような状態になると、身体の疲労だけでなく、内臓の働きや代謝、体温など、心身をコントロールしている自律神経の働きも弱まります。
この結果、疲労を回復する働きも弱まってくるので、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」といった、慢性疲労の症状が現れます。
また、自律神経の働きが弱まる事から、動悸、めまい、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、筋肉痛、息切れ、食欲不振、なども起きるので、日常生活に支障をきたすようにもなります。

 

しかも、介護をしていると、「思い通りにいかない」、「人に頼る事ができない」、「自分の時間を持つ事ができない」などがあると、精神的な緊張が強いられます。
これによって、「イライラする」、「あまり動いていなくても疲れる」、「考えがまとまらない」、「なかなか寝られない」、などが起きると、ますます、精神的な疲労が大きくしてしまいます。
身体の疲労に加えて、精神的なストレスが強まってくると、「身体が重い、ダルイ」などの全身症状、「肩や腰のこり」、「眼がショボショボして見えにくい」、「頭痛」といった肉体的な症状のほか、「やる気が起きない」、「悲観的になる」、「集中力がない」というように、精神面の症状も起きます。

【 当院の、15分からのマッサージ治療 】(写真)当院の治療

介護で疲労を感じていても、周囲への配慮をし過ぎたり…、自分の疲労を過小評価したり…、病院へ行く手間を考えたり…、などをしていると、疲労やストレス感が慢性化し、解消が難しくなります。
『疲労や痛みは、身体からの警告サイン』と考えて、早めに解消させる事が大切です
当院は、身体の疲労や、ダルサ・コワバリなどの解消、体調不調の改善に、マッサージ治療を15分から行っています。

 

これは、一般的に、マッサージが、時間が長いほうが効果も高いと思われがちですが、1週間に1回でも、15分か30分の施術を受けたほうが効果的だからです。
例えば、朝起きた時や、身体を動かした時などに、重ダルサや痛みを感じたり、身体に動きづらさを感じたりしたら、たとえ15分でもマッサージを受けると、身体や精神的の疲労の解消に役立ちます。
また、短時間でも、早めにマッサージを受けると、疲労や緊張の直後に、血行やリンパの流れが促進されるので、疲労物質を排出し、ダルサや、つらい筋肉痛を、効果的に解消させる効果があります。

 

当院では、更に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療も行っているので、即効性だけでなく、体調の維持にも効果があります。
これは、反応点を利用して、ツボ刺激によって、直接、身体に働きかけるので、身体を休める神経のスイッチが入って、自律神経の働きが回復し易くなる効果があるからです。
この効果によって、筋肉の中を通っている血行が活発化し、それによって栄養や酸素の供給が進み、老廃物を押し流すので、身体の疲労解消の効果だけでなく、気分的にもスッキリします。

 

介護をしていると、肩、背中・腰などに、過度な負荷がかかるだけでなく、負荷が繰り返されるので、それらの疲労や緊張を解消させて、体調を保つ事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、慢性的な疲労や緊張による身体を軽減させ、体調を整え、健康状態に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。