マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)介護や看護の疲労

導入文

看護や介護は、中腰や前かがみの姿勢になって、腕や手を使って支える事が多いので、腰だけでなく、腕・肩・背中などにも大きな負荷がかかって、身体のいろいろな所に痛みや不快感が起き、悩まされるようになります。

しかも、1日のうち介護にかける時間が長くなると、身体に疲労やストレスが溜まって、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなってくるので、身体の回復力が弱まり、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」、といった状態になります。

このような、看護や介護による疲労や緊張などで、慢性化した筋肉由来の痛みは、昔から“筋肉疲労”や“血行悪化”の改善を得意としている、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用すると、体調を回復に効果的です。

【 痛みが起き易く 】(図)痛みが起き易く

腰痛は、介護職員の職業病と言っても過言ではないので、介護をしている方にとって、いつも腰痛を起こす不安にかられます。
例えば、オムツ交換、身体の向きを変える、車いすやベッドへの移動、トイレ・入浴の介助などで、前かがみや中腰の姿勢が必要になってくるので、腰に大きな負荷がかかって、腰を痛めてしまう危険があるからです。
また、この事が気になって、腰をかばうような不自然な姿勢をとると、かえって、腰の横などに負荷がかかってしまい、腰の横が痛む事があります。

 

更に、腕や手を使って支えるので、上半身の腕・肩・背中の筋肉が、疲労や緊張の連続でコワバリ、そこから絶えずズキズキとする凝りや痛みが起きるようになります。
介護を受ける人を、抱きかかえる、歩行を支える、着替えや食事を介助する、入浴を介助する、などをする時に、シッカリと肩や背中の筋肉が支える役割をするので、疲労や緊張が増すと、凝りや痛みとなって出てくるからです。
この為、介護者の52.4%から75.0%は、首・肩・背中に凝りや痛みで悩まされ、中でも、家で女性が介護している場合には8割強にもなっていて、そのうち4割は、凝りと痛みに、絶えず悩まされていると報告されています

 

これは、介護する人の身体に、介護の負荷が“直接”かかる事だけでなく、中腰や前かがみの姿勢が“繰り返される”事も、原因になっています
介護をする為に、前かがみ姿勢になったり、支える事が多くなって片側に体重がかかったりしていると、次第に身体の緊張が抜けなくなって、血流やリンパの流れが悪くなったり、神経が刺激されて敏感になったりして、痛みが起き易くなるからです。
しかも、前かがみ姿勢が繰り返されると、肺や腹部が圧迫された状態が続くので、「何だか胸がざわざわする」、「胸からみぞおちあたりに違和感がする」、「胸に重たくののしかかる感じがする」などが起き、違和感や痛みが起き易くなります。

【 痛む箇所が、分からない 】(図)いろいろな箇所の痛み

また、疲労が溜まると、慢性的な痛みを感じるようになるだけでなく、痛む箇所が広範囲に感じられて、「痛む箇所が、どこだかよく分からない?!」、という状態にもなります。
疲労が蓄積されてくると、本人が痛みを感じる箇所以外にも、気付かないうちに、周辺や関連する箇所に、血流の悪化と筋肉のコワバリができて、そこからニブイ痛みを発するようになるからです
しかも、この状態が続くと、筋肉の疲労が溜まった箇所全体に痛みを抑える機能が低下してくるので、通常では痛みを感じない程度の弱い刺激でも、痛みを感じるようになって、いつも痛みや違和感が生じるようになります。

 

このような状態になると、筋肉内部に硬い“シコリ”ができてしまう事が多く、そこから、絶えずジンジンとした不快な痛みが生じ、しかも、チョッとした疲労や緊張にも敏感に反応するので、絶えず痛みや不快感に悩まされます。
そして、硬い“シコリ”によって、毛細血管の血行が遮断されるので、周りの筋肉も血行が悪化して、重く圧迫されたように感じたり、痛みを感じ易くなったりするので、「うっとうしい」感じになってきます。
この為、不快な痛みを発する“シコリ”が首や肩にできると、頭痛が起き易くなったり、腰に“シコリ”ができると、慢性腰痛の原因になったり、腰の筋肉の柔軟性が無くなって、ギックリ腰を起こし易くなったりします。

 

そして、絶えずジンジンとした不快な痛みを発する“シコリ”によって、周りの神経が興奮した状態になるので、身体の安定を保つ自律神経の働きがオーバーワークになって、不調をきたすようになります。
例えば、肉体的・精神的なストレスを感じ易くなるだけでなく、天候が悪くなるだけでも敏感に反応して、身体のリラックス感が失われ、「重くのしかかるような鈍い痛み」、「ズキズキと響く痛み」、「刺すような痛み」、「ヒリヒリするような痛み」、などを感じ易くなります。
しかし、“シコリ”は、筋肉が凝り固まった状態になっているので、“シコリ”解消の為に、湿布薬を貼ったり、お風呂に入ったり、自分でストレッチをしたりしても、痛みや不快感がいつまでも続くようになります。

【 体調を保つ働きの弱まり 】(図)体調を保つ働きの弱まり

本来ならば、痛みは、その不快な感覚を起こす事で、身体の危険を知らせるアラームの役割をしています。
しかし、介護の仕事をしていると、「目の前に助けてくださいというお年寄りがいるのに、身体が痛いから出来ませんというわけにはいかない」ので、身体の疲労や緊張によるアラームを、無視しがちです。
エネルギッシュな若い世代の介護士さんならば、何とか疲労回復ができても、ベテラン介護士さんは、この状態が続くと、身体の痛みや疲労状態が、なかなか解消ができなくなってしまいます。

 

しかも、介護をしていると、「思い通りにいかない」、「人に頼る事ができない」、「自分の時間を持つ事ができない」などがあると、精神的な緊張が強いられます。
これによって、「イライラする」、「あまり動いていなくても疲れる」、「考えがまとまらない」、「なかなか寝られない」、などが起きると、ますます、精神的な疲労が大きくなります。
このような、身体の疲労や精神的なストレスが強まってくると、「身体が重い、ダルイ」などの全身症状、「肩や腰のこり」、「眼がショボショボして見えにくい」、「頭痛」といった肉体的な症状のほか、「やる気が起きない」、「悲観的になる」、「集中力がない」というように、精神面の症状も起きます。

 

このような状態になると、心身をコントロールしている自律神経の働きが弱まって、疲労回復の働きも弱まるので、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」といった状態になります
また、内臓の働きや代謝、体温などの体調を保つ働きが弱まるので、動悸、めまい、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、筋肉痛、息切れ、食欲不振、などが起き、日常生活に支障をきたすようになります。
これらが起きるのは、介護で疲労を感じていても、周囲への配慮をし過ぎたり…、自分の疲労を過小評価したり…、病院へ行く手間を考えたり…、などで、疲労やストレス感が慢性化し、解消が難しくなった事が大きく影響しています。

【 当院の、15分からのマッサージ治療 】(写真)当院の治療

『疲労や痛みは、身体からの警告サイン』と考えて、早めに解消させる事が大切なので、当院は、身体の疲労や、ダルサ・コワバリなどの解消、体調不調の改善などのマッサージ治療を、15分から行っています。
これは、一般的に、マッサージが、時間が長いほうが効果も高いと思われがちですが、15分か30分の施術でも、1週間に1回でも定期的に受けたほうが効果的だからです。
例えば、朝起きた時や、身体を動かした時などに、重ダルサや痛みを感じたり、身体に動きづらさを感じたりした時に、たとえ15分でもマッサージを受けると、身体や精神的の疲労の解消に役立ちます。

 

また、短時間でも、疲労や緊張を感じた直後にマッサージを受けると、血行やリンパの流れが促進されるので、疲労物質が溜まらずに排出され、ダルサや、つらい筋肉痛を、効果的に解消する効果があります
この事は、スポーツで、運動の直後にクールダウンが行われるように、クールダウンをする事によって、翌日に疲れを残さないように疲労の回復を促し、温まった身体を運動モードから通常モードに切り替え、関節の柔軟性・可動域を取り戻して障害を予防するなど、コンディショニングにおいて非常に重要な役割を果たすからです。
介護による起きる痛みも、ほとんどが、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みなので、血行やリンパの流れを良くして、筋肉の弾力性や柔軟性を維持する事で、神経の興奮を抑制し、痛みを抑える効果が期待できます。

 

当院では、これらの効果を発揮する為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っているので、即効性だけでなく、介護を受けて方の体調の維持にも効果があります。
反応点を利用して、ツボ刺激によって、直接、身体に働きかけるので、身体を休める神経のスイッチが入って、自律神経の働きが回復し易くなる効果があるからです。
この効果によって、筋肉の中を通っている血行が活発化し、それによって栄養や酸素の供給が進み、老廃物を押し流すので、身体の疲労解消の効果だけでなく、気分的にもスッキリします。

 

介護をしていると、肩、背中・腰などに、過度な負荷がかかるだけでなく、負荷が繰り返されるので、『早期発見、早期治療』によって、体調を保つ事が大切です。
当院は、ツボ反応を利用したマッサージ治療によって、慢性的な疲労や緊張による身体を軽減させ、体調を整え、健康状態に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。