首から肩・腕への、しびれや痛み( 神経根圧迫 )

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)首から肩・腕への、しびれや痛み( 神経根圧迫 )

導入文

高い所を見上げた時や、振り返ろうとして首を反らせた瞬間、いきなり、首から肩や腕にかけて電気が走ったような、急激に“ジーン”とした痛みやシビレに襲われる事があります。

パソコン作業や、デスクワーク、スマホ作業、家事などで、首や肩の筋肉が、過度に緊張し続けていたり、固まっていたりすると、見上げた時や首を反らせた時に、首の狭い神経の出口(神経根)を強く圧迫して、神経を刺激してしまった為です。

再発を防ぐには、“過緊張”や“凝り”で狭まった首の神経の出口のコワバリを和らげて、解消させる事が必要なので、ツボを利用したマッサージ治療を利用すると、リラックスした状態で、無理が無く、首の筋肉の柔軟性回復ができます。

【 首の、過緊張や凝りから 】(図)首の過緊張や凝り

デスクワークが続いて、首や肩が凝り固まったような時に、何気なく深呼吸をしようとして見上げようとした時や、背伸びをしようとして顔を上に向けた時に、首すじから肩にかけて、いきなり電気が走ったような、強いシビレと痛みが走り、その急激な痛みで、思わず身体が固まってしまう事があります。
これは、首の筋肉に、“過緊張”や“凝り”が長く続くと、首の筋肉が硬くコワバッテしまい、見上げた時や首を反らした時に、神経の出入口(神経根)を塞ぐように圧迫し、神経に刺激を与えてしまう為です
もともと、首の神経の出入り口は、背骨や腰などの神経の出入り口に比べて、“狭く”“すき間が無く”“きちきち”状態なので、首の“過緊張”や“凝り”で、筋肉のコワバリが強まると、このような、しびれや痛みが起き易くなります。

 

特に、PCやスマホなどを操作していると、画面を“覗き込む”事が多くなり、首の筋肉の緊張が強まる上に、仕事を続ける為に、頭を支える首の筋肉の緊張が、ずうっと解消されない状態が続きます。
最初のうちは、首や肩に疲れやコワバリを感じても、首を支えている“外側”の筋肉の凝りや張りなので、シビレや痛みといった神経症状は現れません。
しかし、“覗き込む”事がずうっと続いて、背中や腕などに疲労や緊張が拡がって、首の筋肉のコワバリが増してくると、首の神経の出入口の筋肉の柔軟性が無くなってしまうので、見上げた時や首を反らした時に、首の神経の出入口を塞いで、神経を刺激して、電気が走ったような鋭い痛みやシビレが起きるようになります。

 

首からのシビレや痛みを、そのままにしていると、症状が進行し、悪化する傾向があります。
首は、頭を上下左右に向けたり、回転させたりと、絶えずいろいろな方向にむける役割をしていますが、常に上から、重さ5~6キロの頭によって押しつけられているので、首の神経の出入口が“狭く”“すき間が無く”“きちきち”な状態なので、首の神経を圧迫しがちになる為です。
更に、仕事をしている間、ずうっとPCやスマホなどの操作の為に首を動かす事が無くなったり、画面を見つめ続ける事で首や肩を常に緊張させていたり、あるいは、加齢や運動不足で筋力が低下していたり、なで肩で首が細くて長かったりすると、首の負荷が大きくなり、しびれや痛みが起き易くなります。

【 首猫背とストレートネック 】(図)首猫背

中でも、仕事をしている最中、『首猫背』になって、アゴをつき出す『ストレートネック』の状態になっていると、ますます首の筋肉を緊張させて、首から、シビレや痛みが起き易くなります。
頭を前方に突き出す姿勢になるので、重さ5~6キロの頭を支える首の負荷が増し、首の筋肉のコワバリが強まって、首の血行も悪化させてしまう為です
血行が悪化すると、必要とする酸素や栄養が不足し、老廃物が溜まるので、ますます首の筋肉の“凝り”や“過緊張”が強まって、神経の出入り口を圧迫するようになり、首や肩から、「ズキズキと痛んでくる」神経症状が現れ易くなります。

 

このような状態になると、首や肩の疲労感や凝り以外にも、様々な不快な症状が自覚されるようになります。
例えば、首の筋肉が過緊張の状態になるので、喉(のど)近くの筋肉(胸鎖乳突筋)も凝り固まるので、休んでいても、「喉付近のコワバリ」や、「喉が詰まったような感じ」に気付かされるようになります。
また、首や肩の血液の流れが悪くなるので、顔の血行やリンパ液の流れが悪くなって、朝に顔のムクミが起きてきたり、午後になってくると顔にシワやタルミが生じたりして、『疲れ顔』や『老け顔』が起き易くなります。

 

更に、『首猫背』や『ストレートネック』は、首や身体の状態を悪化させるだけでなく、見た目も悪くなります。
首だけ前に出すような姿勢になると、どうしても首を上げる姿勢が辛くなるので、背中が丸まった状態で、首を上げる姿勢が辛くなるので、肩がダランと前に落ちた姿勢になり、周りの人への印象が悪くなるからです。
しかも、前方を覗(のぞ)くような“首猫背”は、「不健康・・・」、「暗い」、「動きが鈍そう」、「気が小さそう」、という感じになり、仕事面でも、真剣さやヤル気も、伝わらなくなります。

【 首の筋肉の硬結(しこり) 】(図)首の硬結

首から肩・腕へのシビレや痛みを解消させるには、首と首周囲の緊張を解消させて、首の神経の出口付近の筋肉のコワバリを、元の状態に回復させる事が必要です。
整形外科を受診すると、日常生活の疲労や緊張が原因になっているので、ほとんど、首の状態を安定させる『保存治療』が中心になります。
薬物療法として、消炎鎮痛薬、筋弛緩薬、ビタミン剤などを処方し、そして、首を後方へ反らせないように指導し、設備がある所では、首の牽引や、筋肉をピクピクと振動させる電気刺激などを行います。

 

しかし、治療を続けても、改善効果がなかなか現れなかったり、治療にかなり日数を要したり、する事が多くなります。
直接、首の筋肉を緩和させる治療法ではない事と、仕事や家事をしていると、どうしても、首の負荷が続いてしまう為です。
また、首の筋肉は、精神的な緊張に影響され易いので、仕事やプライベートで、イライラしたり、ストレスが強まったりする事が多いと、首の筋肉に緊張が起き易くなります。

 

更に、首の筋肉の緊張が、なかなか解消されない大きな原因として、“過緊張”や“凝り”が続くと、首の筋肉の内側に、“硬結(しこり)”ができている事が多くなっています
“硬結(しこり)”ができると、それによって血行が遮断されるので、“硬結(しこり)”からズキズキと疼(うず)くような痛みが起き、その不快な痛みによって、筋肉の硬直が解消されなくなって、悪循環になります。
しかも、“硬結(しこり)”は、筋肉が硬く凝り固まった『塊(かたまり)』なので、ストレッチや運動をしても緩まずに、『塊』がそのまま残ってしまい、解消できなくなります。

【 当院の、シビレや痛みの治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような首のコワバリや凝りによる、首から肩・腕へのシビレや痛みの解消に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、改善を図っています。
これは、ツボが、神経が重なり合った箇所に反応点として現れるだけでなく、適度に刺激を与えると症状を改善する治療点としての効果があるので、血行を改善し、凝りをほぐし、神経の興奮を和らげる効果があるからです
更に、首の後ろには、自律神経の一つで、リラックスに関わる副交感神経(迷走神経)の働きを促すツボがあるので、これを利用する事で、首からシビレや痛みを発しているシコリを解消させる効果もあります。

 

また、マッサージ治療は、直接、患部の血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりするので、やはり、神経の興奮を抑制し、シビレや痛みを改善させる効果があります。
しかも、マッサージ治療は、患者にとって安全性や安心感がある治療法なので、重要な神経や血管が通って、デリケートな首の治療にも、抵抗感が少なく、リラックスして受けられます。
この為、当院は、ツボ刺激とマッサージ治療を、患者の症状や、患者の治療法の希望によって、使い分けながら治療を行っています。

 

更に、首や肩の患部の治療だけでなく、首への負荷が自然に分散されるように、上半身の状態を診断し、身体のバランスを回復させる治療も、併せて行っています。
身体の姿勢が悪くなっていたり、不快症状があったりすると、それにより、首にも負荷が大きくなって、首の痛みやシビレが起き易くなる事があるからです。
特に、『首猫背』や『ストレートネック』は、首の土台となっている肩や背中の筋肉や背骨と密接に関係してくるので、当院では、上半身全体のチェックから、筋肉内の硬結解消や関節の可動域の回復を行い、姿勢の改善を図っています。

 

ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)を利用した治療法なので、患者にとって無理が無く、しかも、効果的に首の筋肉の柔軟性回復ができます。
当院は、首の凝りや硬結(しこり)の解消や、それに伴う痛みやシビレの回復治療を、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、患者がリラックスした状態で受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。