お腹の冷えによる、下痢や便秘

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)お腹の冷え

導入文

“お腹の冷え”で、胃や腸の働きが低下すると、腸内の食物を動かしていく力が落ちて便秘になったり、水分を吸収する機能が弱まって下痢になったりします。

身体が冷えている感覚があれば、“お腹の冷え”を起こさないように予防する事ができますが、ストレスや疲労の蓄積、血液の循環調整機能の低下、運動不足などは、気づかないうちに内臓の血流を低下させるので、それによってお腹が冷えてしまい、下痢や便秘に苦しめられる事が多くなっています。

このような本人が自覚しづらい“お腹の冷え”には、身体の不調時に現れるツボを利用して血流を活発化させ、更に、体調改善にマッサージ治療でを行うと、症状が和らぎ、身体のコンディションの回復に効果的です。

【 内臓型冷え性(隠れ冷え性)(図)内臓の冷え

一般的に、冷え症と言うと、手足や肌表面に「冷たさ」や「温まりにくい」などを感じますが、気付かないうちに内臓の血流が低下して、身体の深部体温が保たれなくなり、内臓を冷やしてしまう冷えがあります。
このように、身体の血流が低下して、お腹が冷えた状態になるのを『内臓型冷え性』と言い、自覚の無いままにお腹が冷えた状態になる事が多いので『隠れ冷え性』とも言われます
これは、『内臓型冷え性』が起きる原因が、知らず知らずのうちに疲労やストレスを溜め込んだり、身体を動かす機会が少なくなって運動量が減ったり、冷たい飲食が多かったり、エアコンが効き過ぎたりなどで、自律神経が不調をきたしてしまった事が影響しているからです。

 

『内臓型冷え性』が生じると、下痢や便秘だけでなく、我慢できないような腹痛が、繰り返して起きるようになります。
これは、お腹の冷えた状態になっているので、これを回復させようと、身体が無意識に働き、身体に熱を産み出す為に、“腸が急性の強い収縮(=痙攣(けいれん))”を起こしてしまう為と、考えられています。
この状態が起きてしまった時には、お腹に余計な力が入って腸の筋肉や神経を刺激しないように、膝と腰を曲げて、前かがみ姿勢になる事や、内臓への負担が少なくなるように、右側を下にして寝ている姿勢が、良いとされています。

 

また、『内臓型冷え性』は、身体全体の血行が悪化して体調を低下させるので、身体のダルサ、寝つきが悪い、朝起きるのがつらい、頭痛や肩こり、腰痛などにも、悩まされます。
更に、身体の温度低下によって、有害物質を身体から排除する防衛反応(免疫力)が弱まるので、風邪を引き易く、病気も起き易くなります。
これらによって、見た目も、顔色が悪い、手足がむくみ易い、肌トラブルが多い(肌荒れ・シミ・そばかす・くすみ等)、などが起きてきます。

【 冷えは、漢方医学の概念 】(図)漢方

『内臓型冷え性』に悩まされると、自覚症状として、お腹あたりが「冷えている気がする」とか、お尻を触ってみると「お尻が冷たい!」と、感じる事が多くなります。
腰やお尻は、人間の身体を支える重要な部分になので、内部に多くのの毛細血管が集まっていますが、ストレスや疲労の蓄積、血液の循環調整機能の低下、運動不足などで、毛細血管の血行が低下すると、血流が少なくなり、お腹・お尻・腰などを冷やしてしまうからです。
特に、普段から、腰に疲労や痛み・ダルサなどを感じていたり、運動不足でお腹に脂肪が多くなっていたりすると、それによって臓器が詰まっている内臓の血行を、余計に悪化させるので、お腹やお尻の冷えた感じが強まります。

 

しかし、病院に行って、「お腹やお尻が冷たくなって、下痢や便秘に悩まされている」と言っても、期待したような『冷え性』の治療が受けられません。
『冷え性』と言われる概念は、もともと漢方医学の概念で、いろいろな個人の体質(タイプ)がいる中で、漢方医学の物差しから判断して『身体が冷えやすい体質(タイプ)』の事を言っているからです
体温を測って36℃未満の人を、西洋医学で『低体温』と呼びますが、この『低体温』と、漢方の『冷え性』と言う体質(タイプ)の概念とは、内容が全く違います。

 

このような「身体が冷える」と言う状態を、病院で治療を受けると、多くの場合、自律神経失調症による一種の不定愁訴と診断します。
この結果、治療法は、自律神経失調症なので、精神的なストレスや緊張を減らすように生活指導をする事と、お腹を冷やさないように保温を勧める事、そして、血流効果のあるビタミン剤の処方が、一般的な処方になります。
これらの治療で効果がある事もありますが、お腹の冷えによる体調の悪化に悩んでいる人にとって、「思っていた事とは、今ひとつ・・・?」、という感じになります。

【 ストレス解消と共に、体調の回復も 】(図)ストレス

『内臓型冷え性』は、ストレスや疲労、そして、エアコンによる空調の効き過ぎなどが、大きな原因になっています。
この為、最近では、若い男性でも、冷房の効いている室内で、仕事や人間関係などで悩まされていると、身体に血を行き渡らせる自律神経の乱れから、体温調節の働きがうまくいかなくなって、通勤途中に『内臓型冷え性』を引き起こして、トイレに駆け込んだり、仕事中に何度も、トイレに行きたくなったり、する事が多くなっています。
この為、『内臓型冷え性』を改善させるには、暖かい食べ物や飲み物をとって内臓を温めるだけでなく、崩れている体調を回復させ、自律神経の働きを元の健康状態に戻す事が必要です。

 

このような対策として、ストレスの解消や、リラックスできる時間をつくって、血行を回復させる事が必要ですが、それと共に、体調の回復の為に、身体の筋肉の緊張を解消させる事で柔軟性を取り戻し、身体の血行が悪化している状態を解消させる事も重要です
筋肉の柔軟性を回復させる事によって、血行やリンパの流れを良くして、原因となっている『ストレス → 緊張 → 血行不良』という流れを変え、そして、身体のコンディション改善につながるからです。
例えば、身体のダルサ、寝つきが悪い、朝起きるのがつらい、頭痛や肩こり、腰痛などの、体調不調の解消に効果があります。

 

特に、座ってジッとしている事が多いと、肩や腰、膝、足首などの血行悪化の原因になるので、これらの関節箇所と周辺の筋肉の弾力性や柔軟性を、回復させる事が必要です。
しかも、ストレスを受け続けていると、筋肉の収縮が強まるので、毛細血管がいびつに歪んで、毛細血管が蛇行したり、血流の悪化で血管の内部が詰まったりして、余計に血流が悪化します。
この為、肩や腰、膝、足首などの筋肉のコワバリ箇所や、シコリのある箇所を確認して、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを促す事が重要です。

【 ツボ反応を利用した、当院の冷え治療 】(写真)当院の冷え治療

当院は、患者の症状に合わせて、身体の不調時に現れるツボを利用し、『内臓型冷え性』の治療を行っています。
『内臓型冷え性』は、『隠れ冷え性』と言われるように、「身体が、何となく調子が悪い」と分かっていても、ストレスや疲労も原因になっているので、身体の異常について、本人が気づきにくくなっているからです。
自覚が少ない『内臓型冷え性』には、ツボが、体調の変化が起きると、反応点として身体の異常を知らせる性質や、治療点として、症状を改善する効果もあるので、治療に極めて有効な働きをするからです

 

例えば、お腹に続くお尻や太ももは、血行を促進させる“筋肉ポンプ”の働きもしているので、ツボ反応を確認して刺激すると、停滞している血流を促し、内臓への血行が活発化するので、“お腹の冷え”の解消に効果があります。
また、背面の背中から腰にかけて、体調を保っている自律神経が通っているので、ツボ反応を利用して、腰の筋肉の柔軟性と血行を回復させると、腰付近がジンワリと温かさが戻ってくるのを感じられるようになります。
そして更に、マッサージ治療で、お尻や太もも、そして腰周辺の筋肉の弾力性や柔軟性を高めたり、膝関節や股関節の可動域を広めたりすると、血流が活発化し、内臓に流入する血流が回復してきます。

 

また、これらのツボ刺激を利用したマッサージ治療によって、筋肉のコワバリや緊張から生じた腰の痛み(鈍痛)の、対策にもなります。
筋肉の働きの回復と共に、それにより、身体の中心である骨盤や背骨を支える筋力も回復してくるので、腰の不調や痛みも解消してくるからです。
特に、「ストレスを抱えている」、「運動不足」、「姿勢が悪い」などの人は、筋肉の機能が低下し、弱くなっている事が多いので、ツボ刺激を利用したマッサージ治療が、筋肉の機能回復や血行改善に効果があります。

 

ツボ刺激を加えたマッサージ治療は、弱っている機能を改善につなげて、身体をほぐし、血行を良くするので、冷えの改善に効果があります。
当院は、ツボ刺激を併用し、血行促進による冷えの治療だけでなく、疲労や緊張を取り除き、心身のリラックス化を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。