男の 冷え(ストレス性の冷え)

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)男の 冷え

 

導入文

冷えは女性特有のものと思われがちですが、最近は男性も、冷暖房の効きすぎた室内での長時間の仕事や、ストレスや運動不足が続いたりする事で、身体の冷えに気付かされる事が多くなっています。

例えば、肩こりや腰痛、身体のダルサ、下痢、頻尿、などの身体の不調が頻繁に起き、それと同時に、以前には無かった、「身体の寒気」、「お腹の冷え」、「下腹部の痛み」、「太ももの冷たさ」、などを感じるからです。

これらの症状は、手足は温かくても、身体の血行が悪化して、身体の中心部分(内臓)が冷えた状態になっているので、改善するには、筋肉と血行の改善を得意分野にしている東洋医療系のマッサージ治療が有効です。

【 ストレスによる冷え 】

《 男性の冷え症状 》(図)下痢や便秘

最近、男性に、お腹の冷えから、下痢、便秘、頻尿、身体のダルサ、腰痛、肩こりなどが、何度も起き、悩まされている人が多くなっています。
これは、オフィスでの必要以上のクーラーや、仕事のストレスなどで、体温の調節をしている自律神経が、その働きを保てなくなり、血行が悪くなって、身体の中心部分(内臓)が冷えた為です
特に、腹部には消化器官を始め多くの臓器があるので、血行の悪化によって、それらが冷えると、「胃が重苦しい」、「腹痛」、「みぞおちが痛い」、「お腹が張って苦しい」、「お腹がゴロゴロする」などが起き、下痢気味や頻尿気味になって、通勤途中に、トイレに駆け込む事も起きます。

 

また、血行の悪化によって身体が冷えると、毛細血管が収縮した状態になるので、酸素の供給が低下し、以前と同じように仕事をしていても、疲労し易くなったり、集中力が続かなくなったりします。
更に、血行の悪化から体調が悪化して、肩こりや腰痛、身体のダルサ、などが起きなり易くなったり、身体の抵抗力が低下して、風邪をひき易くなったりします。
しかし、血行の悪化が原因になっているので、身体が温まるようにすると、血行が回復して、コリや痛みが緩和し、体調が戻ってきます。

 

このような、男性の冷えは、40~50代になると、やむを得ないと思われています。
老化現象や男性ホルモンの分泌減少などで、筋肉量が減ってくるので、体熱が作られにくくなる事と、血行の低下や皮下脂肪の増加などで、血流やリンパ液の流れが悪くなるからです。
更に、この時期は、仕事が忙しくなるので、運動や体操などを習慣的にする事が少なくなったり、ストレスが増えたりするので、ますます血行不良となって、冷えが起き易くなるからです。

《 若い男性にも 》(図)若い男性にも

最近は、デスクワークをしている若い男性にも、かなり、身体の冷えで悩まされている人が増えています。
仕事のほとんどが、パソコンやスマホの操作なので、身体を動かさずに、ジッとした姿勢のままになる事と、インターネットにのめり込むようになるので、ずっと心身の緊張が続く為です
これにより、『緊張で交感神経が高ぶる→血管が収縮する→血流が適正に行き届かなくなる…』という状態になり、冷えが起き易くなります。

 

また、最近は、若手のうちから即戦力として期待されているので、上司や先輩たちからのプレッシャーを負担に感じて、冷えを起こしてしまう事もあります。
しかも、若い世代に特徴的な、インターネットによる人のつながりが多くても、仕事の内容や上司との関係、仕事の量、将来への不安などは、インターネット上のやり取りでは、ストレスや寂しさを紛らわす事ができません。
この為、身体の冷えから体調を保つ自律神経の働きが乱れると、イライラやダルサを感じ易くなり、それによって、頭痛、腹痛といった、さまざまな不調が起きるので、ますます身体の冷えが解消しづらくなります。

 

この結果、男性全体の、約3人に1人が冷えに悩まされていると言われています。
この影響で、夏でも、保温効果で、冷えやすい腰やお腹をカバーしてくれる男性用下着が、売れています。
しかし、それでも、身体の芯の冷えの改善にはならないので、疲れ易い、体力が落ちた、肩こり、腰痛、イライラ感といった、冷えの症状改善にはなりません。

【 隠れ冷え性 】(図)隠れ冷え性

ところが、体幹(内臓)が冷えていても、身体の冷えに、気付かないタイプがあります。
いわゆる“隠れ冷え性”と呼ばれる冷え性です。
これは、本人が、「手足に冷えを感じていない」とか、「寒さにも強い」と思っているので、「冷えとは無縁」と思っているからです。

 

しかし、“隠れ冷え性”は、身体の体幹(内臓)が冷えるので、内臓の調子が、次第に悪くなります
例えば、「腹痛になり易い」、「いつまでも胃腸が悪い」、「便秘や下痢が続く」、「引いた風邪が長引くなど、お腹の不快さが続いたり、増したりします。
また、これによって、内臓をコントロールしている自律神経が安定しなくなるので、「疲労し易くなる」、「だるい」、「慢性的な肩こりや頭痛がする」、「腰やお腹周りに脂肪が付く」、「下半身太りになる」、「脚がむくむ」、などが起きます。

 

また、見た目も、「顔色が良くない」、「肌がくすむ」、などの症状が現れます。
肌の状態をキープするには、血液循環によって栄養や水分が行き渡って、老廃物の回収が保たれている事が必要ですが、肌の毛細血管の血行が悪くなると、これらが保てなくなるからです。
更に、血行やリンパの流れが悪くなるので、顔にむくみや、疲れ顔も、現れてきます。

【 汗っかき、暑がり、高血圧、メタボ 】(図)汗っかき

この“隠れ冷え性”の中に、冷え性とは全く無縁と思われるような、「汗っかき」で、「暑がり」で、「高血圧」で、「メタボ」タイプの人が、かなりいます。
“隠れ冷え性”でありながら、「汗っかき」なのは、身体の中が冷えているので、身体を冷やす体内の余分な水分を捨てようとして、チョッと動いただけでも汗をかいたり、食事して熱さを感じると汗になったり、するからです。
また、「暑がり」なのも、暑さ寒さを感じる神経が、ほとんど身体の表面にあるので、外気や活動によって、体表が暑く感じると、冷えている身体に比べて、大きく暑さを感じてしまう為です。

 

そして、身体の冷えによって、血管がいつも収縮するので、「高血圧」や「メタボ」にも、なりがちです。
高血圧」になるのは、冷えにより、体調の良くない状態が続いたり、不快感から神経が敏感になったりするので、血管が収縮し、血圧を高めるからです。
また、「メタボ」になるのは、食事をして摂取した栄養が、効率よくエネルギーに変わらずに、蓄積されて脂肪になってしまうからです。

 

この為、“隠れ冷え性”を、自分でチェックする方法があります。
体幹(内臓)の血流が悪くなっていると、体温が低くなっているので、朝、布団の中で、脇の下、お腹、腰などを、触ってみて「冷たい!」と感じたら、“隠れ冷え性”の可能性があります。
また、身体の芯が冷えていると、汗をかき易くなるので、食事をしたり、階段の上り下りをしたり、軽く走ったりすると、ドッと汗をかいたりする場合は、これも“隠れ冷え性”の可能性があります。

【 当院の、冷え解消治療 】(写真)当院の治療

当院では、身体の冷えのチェックと、それによる不調のチェックを、問診とツボ反応によって確かめています。
これは、男性の冷えの場合、身体の血行不良が大きく関係していますが、「冷えとは無縁」と思っている事が多いので、自分で自分の、身体の血行不良をハッキリ自覚していないケースが多いからです。
ツボが身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、ツボ反応によって冷え症状を確認し、この後、ツボ治療とマッサージ治療によって、筋肉のコワバリ解消やと血行の改善を行っています

 

例えば、確認したツボを刺激する事で、コワバッタ筋肉が緩んでくるので、そこから暖かい血液が、ジワーと流れ出す感じがしてきます。
また、筋肉は、身体を支えたり、動かしたりするだけでなく、身体の隅々に届いた血液を、心臓に押し戻すポンプの働きをしているので、マッサージ治療で筋肉の柔軟性を回復させると、血行やリンパ液の流れが改善されます。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療なので、神経の興奮を抑制し、不快感や痛みを改善させ、体調を整える効果もあります。

 

更に、冷えの解消には、後頭部から首や、下半身の筋肉もチェックして、しっかりと緊張を緩める事が必要です。
首には、自律神経が通っているので、首周囲の筋肉の緊張が緩むようにすると、呼吸が楽に感じられるようになるだけでなく、体調の回復効果から、精神的に落ち着きを取り戻させる作用につながるからです。
また、下半身には、全身の血液量の70%が集まるので、下半身のコワバッタ筋肉をチェックし、柔軟性を回復させると、全身の血行を改善させる効果があります。

 

男性の冷えは、身体の中心部分(内臓)が冷えた状態になっているタイプが多いので、「お腹が冷える」とか「お腹が張る」だけでなく、体調の悪化や精神的な不調も起き易くなります。
当院は、マッサージ治療にツボ治療を加えて、こりや疲労の解消や、心身のリラックスを図り、細く硬くなった筋肉の柔軟性を回復させて、冷えの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。