姿勢を保つ筋肉の、慢性的な痛み

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)姿勢を保つ筋肉の、慢性的な痛み

導入文

「肩が張り詰めて痛む」、「肩や背中が疲れ易く、ズキズキ傷む」、「腰が重く、鈍い痛みがする」、「脚がダルク、膝や腰にも痛みを感じる」、などの疼(うづ)く様な痛みや鈍痛は、一度起きると、たびたび起きるようになります。

姿勢を保つ働きをする、首、背中、腰、脚などの筋肉は、持久力に優れていますが、オーバーワークになると回復に時間がかかるので、回復する前に、神経の過敏化や、体調の不調、身体の歪みなどが起きると、不快感や痛みが強まったり、長引いたり、繰り返したりするからです。

姿勢を保つ筋肉は、身体の中で無意識のうちに働く筋肉なので、これらの筋肉のオーバーワーク箇所の確認と回復は、昔からツボ反応を利用して、筋肉の柔軟性回復や血行の促進を行っている、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。

【 姿勢を保つ筋肉 】(図)姿勢を保つ筋肉の痛み

“姿勢を保つ筋肉”は、姿勢を維持し、滑らかな身体の動きをサポートする為に、何気なく立っている時や、座っている時でも、絶えず働き続けているので、気付かないうちに疲労し、血行が悪化しがちな筋肉です
この為、身体の中の“姿勢を保つ筋肉”が、知らず知らずのうちに負荷が多くなって、疲労が蓄積し、筋肉の働きが低下し、弱まってくるので、身体の内から、鈍(にぶ)く重苦しい鈍痛や、疼く様な痛みが起きてきます。
また、痛み出す事がなくても、筋肉の疲労や弱まりから、「身体を保っていられない」とか、「何だか、身体が重い」、「ダルイ」、「身体が固まっている」、などを感じるようになり、それと共に、姿勢を正しく保てなくなり、姿勢が悪くなります。

 

この姿勢を保つ筋肉の疲労や弱まりで、多くの人が経験するのが腰痛で、男性では1番目、女性でも肩こりに次いで2番目になっています。
腰やお尻の筋肉は、人が二本脚で活動できるように、“姿勢を保つ”重要な役割があるので、分厚い筋肉で構成されていますが、腰に負荷のかかる姿勢が続いたり、筋力が弱ったりすると、この分厚い筋肉が必要とする血液が不足した状態になって、「鈍い痛み」や、「ズキズキとする痛み」、「安静にしていれば痛まないが、動くと痛む」、などを引き起こします。
更に、痛みが長く続いたり、不快感が強まったりすると、毛細血管の血液の流れが悪化してくるので、痛みを抑える力が弱くなって、痛みが前より大きくなったり、いつまでも続いたりします。

 

頭痛、肩こり、背部痛などの痛みも、この症状に当てはまります。
首や肩、背中の筋肉は、姿勢を維持する為に、常に筋肉が緊張し続ける事が多いので、血行悪化が解消しづらくなると、痛みが起きてくるからです。
しかも、痛みをそのままにしていると、血管が収縮したまま、血行悪化が続いてしまうので、これによって痛みが出るという“痛みの悪循環”を引き起こし、『慢性の痛み』に変わってしまう事があります。

【 姿勢筋の、痛みの特徴 】(図)不調をきたす痛み

肩や腰、膝などの“姿勢を保つ筋肉”の、疲労や緊張による痛みは、切り傷の痛みと違って、“場所が捉えどころなく”“重苦しい痛み”のように感じられます
“場所が捉えどころなく”なるは、“姿勢を保つ筋肉”が、身体を動かす時に働く筋肉ではなく、いろいろな動作や姿勢ごとに、複数の筋肉が、無意識のうちに連携して働いている為です。
また、“重苦しい痛み”となるのは、筋肉の疲労や緊張などによって、血行が悪化し、疲労物質の蓄積や酸素欠乏から神経を刺激した痛みなので、切り傷と違って、ズキズキとした神経特有の痛みになるからです。

 

しかも、“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、いつも同じではなく、痛みが強まったり、繰り返したり、拍動性の痛みや疼くような痛みが起きたりして、痛みが解消されるのに時間がかかるようになります。
“姿勢を保つ筋肉”は、日々の姿勢や動作に不可欠な筋肉なので、痛みがあっても、体重を受け止めたり、身体を動かしたりするので、症状の悪化を避けるコントロールが難しくなり、痛みの神経を刺激し続ける事になるからです。
更に、それによって、身体の安定を保っている自律神経がオーバーワーク状態になるので、痛みを抑える神経の力が弱くなって、神経が過敏になり、「イライラしてくると、痛みが強まる」、「体調も良くないと、疼く痛みも増す」、「今日は天気が悪いので、いつもより痛みが辛く感じる」、などが起きてきます。

 

また、“姿勢を保つ筋肉”の痛みが長引くと、関連する他の筋肉にも影響を与えて、コワバリや痛みが拡がるようになります。
“姿勢を保つ筋肉”の痛みが、最初は一部であっても、痛むと姿勢のバランスをとる筋力が弱るので、関連する筋肉の負荷や緊張を増やして、血行が悪くなってくるからです。
この結果、「脚が痛むと、次第に腰が痛くなる」とか、「一方の脚をかばっていたら、反対側の脚も痛くなる」、「肩こりが、背中や腰にまで及んだ」という状態になり、コワバリや痛みが拡がっていきます。

【 身体の歪みの原因に 】(図)身体の歪み

また、“姿勢を保つ筋肉”に大きな負担がかかり続けると、“身体の歪み”を起こして、これにより、鈍痛や疼(うづ)く様な痛みを引き起こす事があります。
“姿勢を保つ筋肉”への負荷はわずかでも、座り仕事や立ち仕事などで、同じ姿勢や動作を続けてくうちに、首や肩、背中、腰などの筋肉に、絶えず負荷がかかりつづけるので、知らず知らずのうちに“身体の歪み”が生じるからです
この結果、 左右の肩の高さが違ってきたり、猫背になってきたり、腰の内側への湾曲が無なくなって沿ってきたり、骨盤は傾いてきたり、 背骨が左右どちらかに倒れたり捻じれたり、してきます。

 

そして“身体の歪み”によって、血行が悪化してくるので、ジッとしていても、慢性的に痛みを感じるようになり、動くと、コワバッタ筋肉を引き延ばされるので、筋肉の痛みと共に、過敏になっている神経が刺激されて、ズキズキとした痛みも感じます。
例えば、いつも肩や背中・腰などを曲げた猫背姿勢でいると、筋肉がコワバって、血行が悪くなっているので、神経が敏感になって刺激され易いので、肩や背中・腰などに痛みが強まったり、痛みを繰り返したりするだけでなく、筋肉のコワバリや血行悪化から、回復しづらくなり、痛みの慢性化の原因になっていきます。
しかも、血行悪化や不快な痛みから、痛みを抑える神経の力が弱くなるので、痛みを普通より強く感じたり、チョッとした動作でも神経を刺激して、痛みをぶり返したり、不快感が強まったりします。

 

更に、“身体の歪み”によって、姿勢が悪化するだけでなく、「何となく体の調子が悪い」といった、身体のさまざまな不調が起きてきます。
背骨や骨盤の位置がズレル事で、内臓が圧迫されたり、血流が悪くなったりするので、内臓機能の低下につながったり、神経などの神経伝達に影響を及ぼして家回向が悪くなったり、首や背中を通っている自律神経の働きに支障を与えたり、するからです。
この結果、肩こり・腰痛・頭痛・猫背・冷え・むくみなどの、不定愁訴を引き起こします。

【 当院の、ツボ治療を加えたマッサージ治療 】(写真)当院の治療

“姿勢を保つ筋肉”の痛みは、切り傷や火傷と違って、身体の内部で無意識のうちに働く筋肉の痛みなので、自己診断によって痛みの箇所を特定する事や、効果的な改善をセルフケアによって行う事が困難です。
これは、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛みは、骨格を維持している筋肉の痛みなので、痛みの“場所が捉えどころなく”、ポイントが絞れないので、大雑把になってしまう事と、湿布や張り薬、あるいは、温めても、解消させるのが難しいためです為です
しかも、ストレッチや運動両方の場合、筋肉の一部を引っ張って、緩める事はできますが、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが起きていると、強いコワバリや硬いシコリができている事が多いので、それを、ストレッチや運動療法で、狙って緩めたり、解消させたりする事はできません。

 

この為、当院は、肩や背中、腰などの、“姿勢を保つ筋肉”の痛み解消に、ツボ治療を加えたマッサージ治療を行っています。
これは、ツボが、身体の不調時に、「反応点」として身体の異常を知らせる、「治療点」として症状を改善する箇所であるからです。
しかもツボが、神経が集まっている箇所に多くあるので、ツボ刺激を加えると、神経の興奮を鎮めて、硬くなっていた筋肉を緩める効果があるので、“姿勢を保つ筋肉”の痛み解消に、効果があります。

 

また、“姿勢を保つ筋肉”に痛みが出ると、同じような働きをしている他の筋肉に影響を与えるので、問診や触診を利用し、身体全体のチェックが必要です。
この為、当院では、痛む箇所だけでなく、身体全体の患者が気になっている箇所を確認し、それらのコワバリやシコリの解消、停滞した血行やリンパの流れの改善、なども行っています。
これによって、姿勢を保つ筋肉の慢性的な痛み解消に、患者が納得でき、そして、安心して受けられるような治療を目指しています。

 

“姿勢を保つ筋肉”は、加齢や運動不足などで働きが低下し易く、一度、コワバリができると回復させるのに時間がかかるので、筋肉の柔軟性回復や血行の促進を得意としている治療法が、解消に効果があります。
当院は、マッサージ治療に、ツボの「反応点」や「治療点」を利用した治療を加え、血行悪化の改善や、筋肉の働きの回復、筋肉の痛み解消に、効果的な治療が受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。