首や肩の神経過敏タイプの、緊張型頭痛

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)首や肩の神経過敏タイプの、緊張型頭痛

緊張型頭痛は、肩凝りから起きる事が多いので、“肩こり頭痛”と言われますが、最近の傾向として、ストレスや疲労などで肩周辺の神経が過敏状態となり、頭痛を誘発するケースが多くなっています。

神経過敏によって『痛みのコントロール』がきちんと働かなくなるので、ますます肩周辺の筋肉が緊張して、血の巡りが悪くなり、頭がギューッと締めつけられるような、痛み引き起こすからです。

このような緊張型頭痛の解消には、「反応点」として身体の異常を知らせ、「治療点」として症状を改善させるツボを活用すると、神経過敏となって頭の痛みを引き起こす患部の特定や、症状の改善に効果的です。

【 筋肉緊張説から、神経過敏説に 】(図)神経過敏

緊張型頭痛は、日本人に一番多い頭痛で、頭痛のうち60~70%がこのタイプで、痛みの原因は、肩こりが代表されるように、肩周辺の筋肉の緊張が長い時間続く事と考えられています。
例えば、上半身を前かがみにしたパソコン操作や、うつむいた姿勢を長時間続けていると、頭を支えている首や肩の筋肉に、大きな負担がかかるようになります。
これによって、肩周辺の血流の悪化が生じ、老廃物が排出されづらくなると、溜まった老廃物が神経を刺激して、緊張型頭痛を引き起こすという考え方です。

 

しかし、痛みの原因が筋肉の緊張ならば、肩や背筋をストレッチして伸ばしたり、温めたり、気分転換を図ったりして、硬くなった筋肉をほぐせば、かなり頭痛が解消されるはずです。
ところが実際には、そのようなストレッチや運動をしても、頭痛解消にあまり効果が無かったり、再び頭痛を引き起こすような痛みが残ったりして、なかなか効き目がありません。
また、筋肉の緊張を和らげる為の市販薬を飲んだり、医師が処方する鎮痛薬を服用したりしても、一時的に痛みは減少しても、肩周辺に凝り感が残り、頭痛再発の不安が残ります。

 

このような事から、最近では、痛みの原因として、従来言われてきた“筋肉緊張”説以外に、別の説が考えられています。
“神経過敏”説と言い、長い期間、首や肩周辺の疲労や緊張が続いてしまうと、筋肉のある部分に疲弊が起き、内部の神経が敏感になって、これが頭痛を誘発するという説です
肩周辺の筋肉の神経が“痛みに対して敏感”になって、『痛みのコントロール』がきちんと働かなくなり、それによって頭痛を誘発し、緊張型頭痛を引き越すという考え方です。

【 神経過敏が、頭痛の引き金に 】(図)緊張型頭痛

この“神経過敏”説は、疲労やストレスで肩から首にかけての筋肉が緊張すると、血行が悪化し、老廃物が神経を刺激する事から、特定の部分に痛みや炎症が起き、それによって頭痛を誘発するという説です
普通なら痛みを感じない程度の圧迫でも、首や肩のある部分だけがとても敏感になっているので、“痛みに対しても敏感”になって、本人も頭痛の引き金になっている事を自覚しています。
例えば、後頭部のでっぱり、頭の付け根、首の付け根、腕の重みのかかる肩周辺、肩甲骨の内側など、筋肉が緊張すると、血の巡りが悪くなり易い箇所です。

 

また、動作による筋肉の過緊張だけでなく、“姿勢の問題”や、指先から肩までの“小さな筋肉を酷使”している事も、密接に関係します。
前かがみになって、同じ姿勢を長時間保ち、手先の作業を行っていると、背中の深部の筋肉を、ずうっと硬化させてしまうからです。
また、指先から肩までの小さい筋肉に、疲労や凝りが蓄積すると、肩の付け根になっている深部の筋肉の負荷が増して、肩の付け根に血行不良が起き易くなる事も影響しています。

 

“神経過敏”の箇所ができると、しばらくジッと座っていたり、デスクワークで手作業をしていたりするだけでも、その箇所が、疲労や緊張を敏感に感じ取って、神経がジクジクと刺激されるようになります。
例えば、「肩身が狭い」、「肩を落とす」、「肩を丸める」、「肩をすぼめる」、「肩たたきに遭う」と言った状態になると、無意識のうちに首・肩・背中の筋肉が緊張して縮みあがるので、ますます“痛みに対して敏感”になっている箇所を刺激するようになります。
始めは、頭重感や鈍痛を頭の奥に感じ始める程度でも、疲労やストレスで神経の過敏状態が強まると、頭を締め付けられるような痛みとなってきたり、慢性頭痛になったりします。

【 シコリの解消 】(図)シコリの解消

緊張型頭痛を解消させる為に、病院では、通常、痛みを和らげる「鎮痛」、炎症等の「消炎」、そして「筋肉の緊張の緩和」する薬などを処方します。
しかし、凝りやストレスを感じると、首や肩の神経が敏感に反応してしまい、頭痛の引き金になったり、痛みが慢性化し易くなったりします。
薬によって一時的に痛みを軽減できても、神経の過敏状態が解消されないからです。

 

この為、神経過敏タイプの緊張型頭痛は、神経が敏感になっている筋肉を確認し、過敏状態を解消させる事が必要です。
この神経過敏になっている箇所は、毛細血管の流れも阻害されて、筋肉がシコリ化(硬結化)している事が多くなっているので、毛細血管の流れを回復させる為に、シコリを解消させる事が必要です
シコリになって所を上から触ってみると、コリコリとした筋肉の塊が感じられ、押してみると、「痛気持ちいい!」と感じます。

 

更に、緊張型頭痛の解消には、首や肩周辺だけでなく、やはり、体調を整えて、スムーズに血液が流れるようにする事が必要です。
しかも、薬を使った薬物療法よりも、身体を動かすなどの身体的な治療の方が、心理的なリラックス効果もあるので、改善効果が高いとされています。
この為、自分に合ったリラックス法を見つけて、習慣化する事が勧められています。

【 当院の神経過敏タイプの治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療のツボの位置を参考にして、神経過敏タイプの緊張型頭痛の患部の確認を行い、解消治療を行っています。
神経過敏タイプの緊張型頭痛の患部は、ほとんどが、痛みと炎症によってシコリ化していて、東洋医学のツボ(経穴)の位置と一致している事が分かっているからです
しかも、ツボは、「反応点」として身体の異常を知らせ、「治療点」として症状を改善させる効果があるので、ツボを利用する事で、頭の痛みを引き起こす患部の特定や、症状の改善に効果的です。

 

特に首は、重要な神経や血管が集中している非常にデリケートな場所なうえに、小さな筋肉が多いので、患部を確認するのに、ツボの位置が大切になります。
しかも、ツボ刺激を利用すると、筋肉が“しこり”状態になっていても、柔軟性や血行の回復に効果的です。
この為、当院は、ツボの位置を参考にしながら、首・肩だけでなく、背中全体の状態を触診し、頭痛を引き起こす箇所を治療しています。

 

これらの治療法によって、シコリ内の血流を回復させていくと、老廃物や疲労物質の排出が進み、神経の過敏状態が治まってきます。
ツボ治療を利用しているので、即効性があるだけでなく、受ける患者も抵抗感が無く、安心して受けられます
患者も、リラックスした状態で、筋肉が緩んで、痛みが軽減してくるのを実感できます。治療を利用すると、確認が早まり、治療も効果的です。

 

緊張型頭痛が繰り返される場合は、筋肉内にある硬いシコリを解消させて、神経過敏状態を回復させる事が必要です。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管を圧迫している緊張を解消し、長引く痛みの回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。