首や肩の“神経過敏タイプ”の、緊張型頭痛

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)首や肩の神経過敏タイプの、緊張型頭痛

 

導入文

緊張型頭痛は、肩凝りから起きる事が多いので、“肩こり頭痛”と言われますが、最近の傾向として、ストレスや疲労などで肩周辺の神経が過敏状態となって、頭痛を誘発するケースが多くなっています。

しかも、神経が過敏状態になる事によって、『痛みのコントロール』がきちんと働かなくなるので、筋肉の緊張や血行の悪化が続いてしまい、疼くような不快な痛みが続き、頭がギューッと締めつけられるような頭の痛みが起き易くなります。

このような神経過敏タイプの緊張型頭痛の解消には、この状態になると、首や肩にツボ反応が強く現れるので、ツボ刺激とマッサージ治療で緊張を和らげると、筋肉のコワバリや血行が回復し、緊張型頭痛が改善される効果があります。

【 筋肉緊張説から、神経過敏説に 】(図)神経過敏

緊張型頭痛は、日本人が悩まされる頭痛のうち、60~70%がこのタイプと言われるほど、日本人に一番多い頭痛で、原因のほとんどが、猫背や頭を前に突き出す姿勢などによって、頭を支えている首や肩の筋肉に、大きな負担がかかった為とされています。
これは、欧米人に比べて日本人が、頭が大きい割に体格が小さくて、首や肩の筋肉量が少ないので、背中を丸めた前傾姿勢や、頭を突き出した姿勢を続けていると、首や肩の筋肉に大きな負担となってしまう為です。
特に、なで肩で首が長い女性の場合、肩が腕の重みに負けて下がった状態で、しかも、首や肩の筋力が弱いので、パソコンやスマホ操作などをしていると、首や肩の筋肉に大きな負担となり、緊張型頭痛に悩まされ易くなります。

 

この為、緊張型頭痛を解消する方法として、コワバッテ血行が悪くなった肩や首を、ストレッチして伸ばしたり、温かいタオルやドライヤーで温めたり、気分転換を行ったりして、筋肉や血行を回復させる事が勧められています。
ところが、ストレッチをしたり、温める事をしたりしても、多少痛みが和らいでも、思ったほど頭痛の解消効果が無かったり、相変わらず頭痛を引き起こすようなニブイ痛みが残ったりして、スッキリしません。
また、頭痛解消の薬を飲んだり、医師が処方する鎮痛薬を服用したりしても、痛みが一時的に減少した感じになっても、やはり、肩周辺に“凝り感”が残ったり、頭重感が続いたりする上に、ストレスや緊張が高まると、再び頭痛に襲われてしまいます。

 

このような事から、最近では、痛みの原因として、従来言われてきた“筋肉緊張”説に、痛みの原因を付け加えた説が、注目されるようになりました。
“神経過敏”説と言い、疲労やストレスで肩から首にかけての筋肉の緊張が続くと、血行が悪化して炎症や痛みが起き易くなるだけでなく、老廃物が神経を刺激して、神経が過敏状態になるので、これによって頭痛を誘発するという考え方です
当初は“筋肉緊張”が原因であっても、それによって、肩周辺の筋肉の神経が“痛みに対して敏感”になると、『痛みのコントロール』がきちんと働かなくなってしまい、この結果、頭痛を誘発してしまうという考え方です。

【 神経過敏によって、頭痛持ちに 】(図)精神的な影響

この“神経過敏”説は、老廃物が溜まったり、酸素不足が続いたりすると、神経が敏感になって頭痛を引き起こすだけでなく、神経が敏感になって、頭痛を誘発する神経回路が出来上がってしまう事も、意味しています
この結果、チョッとした疲労や緊張でも、すぐに神経回路が活性化するので、絶えず不快な違和感に悩まされるだけでなく、頭痛が起き易くなるので、緊張型頭痛が慢性化して、頭痛持ちの原因にもなります
この状態になると、本人も自覚している事が多く、例えば、後頭部のでっぱり、頭の付け根、首の付け根、腕の重みのかかる肩周辺、肩甲骨の内側などに、いつも疼くような、不快な痛みを感じています。

 

このような、神経過敏から頭痛を誘発させる原因として、首や肩の筋肉に大きな負担をかける“姿勢の問題”がありますが、これ以外にも、指先から肩までの“小さな筋肉を酷使”している事や、精神的な影響も、かなり影響を及ぼしています。
例えば、手先の作業を行っていると、手先の作業をする為に、手先から腕を通って背中の深部の筋肉を、ずうっと使い続けるので、これによって、首や肩の神経を酷使する事になったり、指先の操作を繰り返したりするうちに、過度に神経の働きが繰り返されるからです。
更に、指先から肩までの筋肉の疲労が続くと、腕を支える肩の付け根や肩甲骨あたりの筋肉の負荷が増して、血行の悪化が起き、これにより、首や肩の神経を刺激してしまいます。

 

更に、精神的に落ち込んでいたり、辛いと感じたりしていたり、する事が長引くと、これも、無意識のうちに、首・肩・背中の筋肉を緊張させ続けてしまうので、緊張型頭痛を起こす原因になります。
例えば、いつも、「肩身が狭い」と感じていたり、元気を無くして、長期間、「肩を落とす」、「肩を丸める」、「肩をすぼめる」といった状態になったりした場合です。
始めは、頭重感や鈍痛を頭の奥に感じ始める程度であっても、その事が続いて、頭痛を誘発する神経回路が出来上がると、精神的に落ち込んだり辛いと思ったりする感情が強まると、頭を締め付けられるような痛みとなったり、慢性頭痛になったりします。

【 シコリの解消 】(図)シコリの解消

病院での緊張型頭痛の解消は、通常、痛みを和らげる「鎮痛」、炎症等の「消炎」、そして「筋肉の緊張の緩和」する薬などを処方します。
しかし、凝りやストレスを感じると、どうしても、首や肩の神経が敏感に反応して、肩や頭に痛みを感じ易くなったり、頭痛の引き金になったり、してしまいます。
これは、薬によって一時的に痛みを、ニブクさせたり、軽減させたりしても、頭痛を誘発する神経回路が残ったままになっているので、キッカケがあると活性化し易くなるからです。

 

この頭痛を誘発する神経回路は、毛細血管の流れが阻害されて、神経が敏感になっているので、ジッと座っていたり、デスクワークで手作業をしていたりするだけでも、疲労や緊張を敏感に感じ取って、疼くようなジクジクとした痛みを発します。
また、この箇所は、血行の悪化から、筋肉内にシコリ(硬結)ができて、上から触ると、コリコリとした筋肉の塊が感じられる事が多くなっています。
この為、神経過敏タイプの緊張型頭痛の解消には、問診と触診で筋肉内のシコリを確認し、その後、シコリのコワバリをほぐしていく事で、毛細血管の流れを回復させ、神経の過敏状態を解消させる事が必要です

 

更に、緊張型頭痛の解消には、首や肩周辺だけでなく、背中の血行も悪くなっている事が多いので、上半身全体の血液がスムーズに流れるようにする事が必要です。
この為、肩甲骨周辺を含めて、上半身のコワバリやシコリを確認して、筋肉の柔軟性の回復をする事や、首や肩の関節の動きの改善などをすると、内部から血行を促進させるので、改善効果が高くなります。
また、心理的なリラックス効果もあるので、自分に合った運動やリラックス法を見つけて、習慣化する事が勧められています。

【 当院の神経過敏タイプの治療 】(写真)当院の治療

当院は、“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛の解消の為に、マッサージ治療にツボ治療を加え、患部の筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを回復させ、神経の興奮の抑制を行っています。
これは、ツボが、「反応点」として身体の異常を知らせ、「治療点」として症状を改善させる効果があるので、ツボ反応を利用する事で、頭の痛みを引き起こす患部の特定や症状改善に、効果的な方法になるからです
しかも、ツボに適切な刺激を与えると、首や肩の痛みが和らぐだけでなく、そのツボに関連する周辺の筋肉や血行に作用するので、体調の改善にも役立ちます。

 

特に首は、重要な神経や血管が通っている上に、薄くて小さな筋肉が多い事から、非常にデリケートな処置を必要とする場所になっているので、ツボ治療によって、患者の抵抗感が少ない状態で、患部の確認や改善が行えます。
しかも、筋肉が硬いシコリ状になっていても、ツボ刺激を利用する事で、無理をせずに、効果的な柔軟性や血行の回復が可能になります。
この為、当院は、東洋医療のツボの配置や手法をベースにして、首や肩だけでなく背中全体の状態を確認し、神経過敏により頭痛を引き起こす箇所の、回復を行っています。

 

これらの治療によって、シコリのコワバリを解消させて、シコリ内の血流を回復させていくと、老廃物や疲労物質の排出が進み、神経の過敏状態が解消されていきます。
また、ツボ反応を利用して、ピンポイントに行うので、即効性があるだけでなく、受ける患者も抵抗感が無く、安心して受けられるので、身体がリラックスした状態で治療が受けられます。
首や肩の“神経過敏タイプ”の緊張型頭痛は、神経の異常興奮が生じているので、神経の交差点に、反応点として現れるツボを利用したマッサージ治療が、改善に効果的です。

 

緊張型頭痛が繰り返される場合は、筋肉内にある硬いシコリを解消させて、神経過敏状態を回復させる事が必要です。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療により、神経や血管を圧迫している緊張を解消し、長引く痛みの回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。