妊娠中の妊婦さんの、腰やお尻の痛み緩和の症例

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)妊娠中の妊婦の、腰やお尻の痛み

導入文

妊娠してお腹が大きくなってくると、腰の痛みや重ダルサだけでなく、お尻の下あたりにも、始めは違和感程度だったものが、次第にジンジンとしたシビレ感が合わさった痛みに変わって、強まってくる事があります。

例えば、椅子から立ち上がったり、ずうっと座っていたり、歩いていたり、あるいは、寝返りをしたりすると、お尻にチョットした痛みを感じ、そして、日がたつうちに痛みがハッキリしてきて、しかも、太ももの後ろ側に拡がるようになります。

このような妊娠してからの腰やお尻の痛みは、疲労や緊張などが慢性化した筋肉由来の痛みなので、温めたリ、ストレッチしたりするよりも、昔から利用されている妊婦さん用のマッサージを利用すると、安全で安心に、痛みが改善されます。

【 腰やお尻の痛み 】(図)腰やお尻の痛み

妊娠初期は、まだお腹も目立たず、体重もそれほど増えていない時期ですが、「どうして腰に痛みが?」と思うような、腰の重ダルサや痛みを感じる事が増えてきます。
これは、出産に向けて骨盤の関節を弛めるホルモンが分泌されるようになると、緩んだ骨盤を支える為に、骨盤を囲んでいる筋肉が、今まで以上に筋肉の力が必要とされてくるので、筋肉疲労が大きくなると、腰がズーンと重く感じたり、生理痛に近い痛みが起きたりする為、と言われています。
この為、ホルモンの分泌の影響なので、早い人であれば妊娠にまだ気づかない妊娠3週目くらい頃から腰痛が現われる事があり、そして妊娠中期や後期になってくると、大きくなったお腹を支える為に腰に、直接、負担がかかってくるので、筋肉痛や血行悪化から、腰に痛みが起きてきます。

 

また腰の“筋肉痛”がおきてくるのは、体重の増加だけでなく、妊娠してお腹が大きくなると、背骨を反らせるような動作や姿勢が多くなるので、腰で身体を支えるような大きな負荷がかかる事と、腰に今迄無かった大きな負荷がかかるようになっても、腰の筋力は、妊娠前と変わらないので、耐えられなくなる為です。
また、妊娠すると、運動不足になりがちになったり、不自然な姿勢が多くなったりするので、これによって“血行悪化による痛み”が起きて、腰の重ダルサに悩まされるようになります。
しかも、これらによって、腰の神経が、いつも刺激されるので敏感に反応するようになるので、絶えず腰に重ダルサを感じたり、チョットした動作でも神経が反応して痛みが起き易くなったりします。

 

更に腰だけでなく、お尻の筋肉も、身体を支える為に緊張が続いて、お尻内部の筋肉がコワバッテくると、お尻の奥から太ももに伸びる坐骨神経を直接圧迫したり、坐骨神経の血流を阻害したりするので、お尻の下あたりに、ジンジンとしたシビレ感のある痛みを感じるようになります。
この結果、「腰に疲れが増し、ダルサも感じていたら、お尻や太ももの付け根あたりが、ピリピリと痛み出した…」とか、「座っていると、お尻や太ももにかけて、ズキズキと疼くような痛みがする」、「立ち上がったり、座ったりする時に、鋭い痛みやピリッとした痺れがする」、「お尻の下あたりに、張りや熱感がする」、などの症状が出ます。
しかも、坐骨神経が絶えず圧迫されたり、血行を阻害されたりすると、坐骨神経が敏感になって、チョッとした動作でもズキっと激しく痛みが起きたり、お尻の下から坐骨神経に沿って、太ももの後ろ側に、シビレ感のある痛みが拡がるようになります。

【 改善できるものは改善して 】(図)改善

このような、腰の痛みや、お尻のシビレを伴った痛みを、妊婦さんの50%~80%が経験しています。
ところが、痛みの悩みを相談しても、多くの妊婦さんが腰やお尻の痛みを経験するので、「妊娠したら、多少の痛みは仕方がない」と言われてしまい、腰やお尻の痛みに悩まされていても、我慢したり、辛抱したりせざるをえなくなります。
しかし、不快な痛みが気になってくると、余計に些細な事にイライラしたり、不機嫌になったりするので、ますます安眠ができなくなったり、気分が不安定になったりします。

 

また今は、“働く妊婦さん”が多くなっているので、仕事による身体の負担が多くなってくると、どうしても、身体の『様々な症状』に悩まされるようになります。
例えば、ずっと座り仕事をしていると、妊娠中は筋肉痛や血行悪化を起こし易くなる事から、肩こり、頭痛、背中の痛み、などが強まったり、あるいは、立ち仕事をしていると、脚の血行が悪くなり易いので、脚のむくみや腰の痛みが強まったりします。
ところが、このような症状に悩まされても、「仕事の為!」と思って、無理してしまうので、疲労や緊張が増してしまい、妊娠中の辛さが増すようになります。

 

この為、妊娠中は、改善できるものは改善し、不快な緊張や痛みを最小限にして、『健康状態を保つ』事が、一番大事です
妊娠・出産時にかかわる、不快な症状のほとんどが、妊娠による疲労や緊張などで、血液循環やリンパの流れの悪化から生じたり、筋肉のコワバリが影響したりするので、身体の循環を良くして、体調を維持する事が大切です。
また、妊婦さんは、妊娠中だけでなく、出産後の赤ちゃんの世話が続くので、「そのうち治るはず」と放っておくと、産後まで症状を引きずってしまうので、妊娠中から早めに対策しておく事が大切です。

【 妊婦さん用のマッサージ治療 】(図)妊婦さん用のマッサージ治療

このように、お腹が大きくなると、腰やお尻の痛みだけでなく、身体全体に筋肉のコワバリが強まるので、肩こりや背部痛、脚のダルサやこむら返りなど、身体全体に、不快な症状が起きます。
これらを解消する為に、ストレッチをしたり、暖かいお風呂に入ったり、腰痛ベルトを着けたりする方法がありますが、セルフケアには限界があるので、時にはプロの手を借りて、リフレッシュする事が勧められます。
妊婦さん用のマッサージは、快適にマタニティライフを送る為に、妊婦さんの体調に合わせて、このような症状を改善させ、しかも、副作用が無く、安全で安心に痛みが改善されるので、昔から多くの妊婦さんが利用されています。

 

妊婦さん用のマッサージの目的は、筋肉をほぐしたり、リンパ液や血液の流れを促進したりして、筋肉の疲労を回復させ、肩こり・腰痛などの痛みを改善し、身体の不調や不快感を解消させる事です。
妊婦さんの筋肉の柔軟性を回復させて、血液の流れを良くする事で、身体の疲労物質を減少させて、栄養や酸素を、身体に行き渡らせるようにしています。
これらの効果によって、腰やお尻の痛みを緩和させるだけでなく、妊婦さんに起きやすい、肩こり、冷え、背中の痛み、ダルサ、むくみ、などの症状を緩和させています。

 

妊婦さん用のマッサージを受ける場合には、リラックスして施術が受けられるように、カーテンで仕切った個室があって、そこで、妊婦さんとお腹の赤ちゃんに負担のかからない姿勢で、マッサージ治療を行っている治療院を選ぶ事が、大切です
一般のマッサージと違って、“うつ伏せ”の姿勢はとらずに、妊婦さんが安心してマッサージを受けられるように、“横向き”と“上向き”の姿勢で、マッサージを行うようにしているからです。
“横向き”と“上向き”の姿勢は、お腹が圧迫されずに、安定した姿勢が保たれるので、身体的に楽だけでなく、気分的にリラックスできるので、妊婦さんにとって最適な姿勢でマッサージ治療が受けられます。

【 当院の、妊婦さんのマッサージ治療の症例 】(写真)当院の症例

〇 患者 
 ・30代、妊娠2カ月目

〇 主訴
 ・妊娠1ヶ月目あたりから、腰に重ダルサと痛みを感じる
 ・立ち上がりや、キッチンをしていると、腰が辛くなる
 ・歩いたり寝る時に仰向けになったりすると、お尻がズキンと痛む

〇 過去の治療
 ・ストレッチは、お腹が出ているので、前屈が難しい
 ・産婦人科では、湿布薬の処方のみ
 ・接骨院では、治療を断られる
 (接骨院や整骨院は、外傷を応急処置する資格はあっても、
  マッサージの資格では無いので、断られる事がある為)

〇 当院での検査
 ・腰や脚の動作には、異常なし
 ・右側の腰とお尻に、筋肉の緊張
 ・仰向けに寝た状態で右脚を挙げると、お尻の下部に不快な痛みが起きる

〇 当院の所見
 ・赤ちゃんの成長や体重の増加に伴う、腰とお尻の過緊張
 ・お尻から太もも後ろ側に、坐骨神経痛の症状あり
 ・筋肉の過緊張が原因なので、妊婦さん用のマッサージ治療を勧める

〇 当院での治療
 ・お腹を圧迫しないように、ベッド上で“横向き”と“上向き”で施術
 ・緊張している筋肉に、ストレッチを併用し、緊張を弛める
 ・初回の治療で、ほぼ痛み解消
 ・その後、2回/月ほど来院して体調を保つ

 

妊婦さん用のマッサージを、安全・安心に受けて頂く為に、『あん摩・マッサージ・指圧師免許』の国家資格の取得者のいる治療院で、受けられる事をお勧めします。
当院は、マッサージの国家資格を取得し、妊婦さんの不調解消に安全で安心なマッサージによる治療を行っているので、かかった費用は『医療費控除』扱いになります。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などの、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。