妊娠中の妊婦さんの、腰やお尻の痛み緩和の症例

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)妊娠中の妊婦のマッサージ

導入文

妊娠してお腹が大きくなってくると、腰の痛みや重ダルサだけでなく、立ち上がったり、寝返りをしたり、歩いていたりした時に、お尻の下あたりから、ジンジンとしたシビレ感を伴った痛みがしてくる事があります。

始めは、お尻にチョットした痛みを感じる程度ですが、日がたつうちに、シビレ感を伴った痛みが大きくなって、太ももの後ろにも拡がるようになり、しかも、座っている時も、不快な痛みを感じるようになります。

これは、お腹が大きくなって体重が増すと、腰やお尻の疲労や緊張が強まって、お尻の奥の坐骨神経が圧迫された痛みなので、痛みの解消には、温めたリ、ストレッチしたりするよりも、昔から利用されている妊婦さん用のマッサージを利用すると、妊婦さんの体調に合わせて、安全・安心に、痛みの解消ができます。

【 腰やお尻の痛み 】(図)妊婦の腰やお尻の痛み

妊娠初期は、まだお腹も目立たず、体重もそれほど増えませんが、ところが、「どうして腰に痛みが?」と思うような、予想もしない重ダルサや痛みが腰に起きます。
これは、妊娠して、出産に向けて骨盤の関節を弛めるホルモンが分泌されると、緩んだ骨盤を支える為に、骨盤を囲んでいる筋肉の筋力が、今まで以上に必要となるので、これによって骨盤を支える筋肉疲労が大きくなる為です。
骨盤の関節を弛めるホルモン分泌の影響なので、早い人であれば、妊娠にまだ気づかない妊娠3週目くらい頃から、「腰がズーンと重く感じる」、「生理痛に近い痛みが起きる」、などが起きるようになります。

 

そして妊娠初期が過ぎると、お腹が大きくなって体重が増えたり、あるいは、大きいお腹を支える為に、背骨を反らせて腰で身体を支える姿勢や動作が多くなったりしてくるので、更に腰の負担が強まって、筋肉疲労や血行悪化を起こし、痛みが増すようになります。
また、お腹が大きくなると、身体が動かしづらくなって運動不足になったり、不自然な姿勢が多くなったりするので、これらによっても、腰の筋肉の負担が大きくなって、腰の重ダルサや痛みに悩まされるようになります。
しかも、腰の負担が増してくると、腰の神経が刺激される事が多くなり、敏感に反応するようになってくるので、絶えず腰に重ダルサや疼(うず)くような痛みに悩まされたり、チョットした動作でも痛みが起き易くなったりします。

 

更に、お尻の筋肉も、腰と同じように、身体を支える役割をしているので、身体を支える疲労や緊張が続いて、お尻の内部の筋肉がコワバッテくると、お尻の下あたりから、ジンジンとしたシビレ感を伴った痛みが起きます
これは、お尻の内部の筋肉がコワバッテくると、お尻の奥から太ももに伸びる坐骨神経が圧迫されたり、坐骨神経への血流が悪化したりするので、「お尻や太ももの付け根あたりが、ピリピリと痛み出した」とか、「お尻や太ももにかけて、ズキズキと疼くような痛みがする」、「鋭い痛みやピリッとした痺れがする」、「張りや熱感がする」などの、“神経症状”が現れるからです。
しかも、坐骨神経が絶えず圧迫されたり、血行を阻害されたりすると、坐骨神経が敏感になって、チョッとした動作でもズキっと激しく痛みが起きたり、お尻の下から太ももの後ろ側の坐骨神経沿いに、シビレ感のある痛みが拡がったりします。

【 改善できるものは改善して 】(図)妊婦の症状改善

このような、腰の痛みや、お尻のシビレを伴う痛みを、妊婦さんの50%~80%が経験しているので、腰やお尻の痛みを相談しても、「妊娠したら、多少の痛みは仕方がない」と、言われがちです。
しかし、腰やお尻は、身体の“カナメ”になっているので、腰やお尻の痛みを我慢したり辛抱したりしていると、身体全体に筋肉のコワバリが強まって、肩こりや背部痛、脚のダルサやこむら返りなどが、起きるようになります。
更に、身体の不快な痛みが気になってくると、気持ちが不安定になったり、気分が高ぶったりするので、些細な事にイライラしたり、不機嫌になったり、安眠ができなくなったりします。

 

また、最近は、“働く妊婦さん”が多くなっているので、仕事で身体の負担が多くなると、『様々な症状』に悩まされるようになります。
例えば、ずっと座り仕事をしていると、妊娠中は筋肉痛や血行悪化を起こし易くなるので、肩こり、頭痛、背中の痛み、などが強まったり、あるいは、立ち仕事をしていると、脚の血行が悪化して、脚のむくみや腰の痛みが強まったりします。
しかし、このような症状に悩まされても、仕事の責任から仕事を続けるので、疲労や緊張が増して、妊娠中の辛さが大きくなってしまいます。

 

妊娠中は、今迄無かった大きな負担が身体にかかっているので、それらを必要以上に我慢したり辛抱したりしていると、不快な症状を強める原因になるので、身体の血液循環や筋肉の弾力性や柔軟性を保ち、体調を維持する事が大切です
しかも、妊娠中だけでなく、出産後も、赤ちゃんの世話がずっと続くので、気になる痛みや不快感を、我慢したり辛抱したりしていると、症状が慢性化し、出産後も症状を引きずってしまいます。
この為、なるべく快適にマタニティライフを送れるように、改善できるものは改善し、妊娠中の不快な緊張や痛みを最小限にするようにして、『健康を保つ』事が一番です。

【 当院の、妊婦さん用のマッサージ治療 】(図)妊婦のマッサージ治療

妊娠中は、いろいろな不快な症状が起きてくるので、これらを予防したり、解消したりする為に、ストレッチや、暖かいお風呂に入る、骨盤ベルトの着用、などがあります。
しかし、妊娠中は、身体に大きな負担がかかり続けている上に、身体が動かしづらくなっている為に、どうしても、妊娠中のセルフケアには限界があるので、時にはプロの手を借りて、リフレッシュする事が必要です。
妊婦さん用のマッサージは、このような時に、妊婦さんの体調に合わせて、安全・安心に症状の改善を行っているので、昔から、多くの妊婦さんが利用しています。

 

妊婦さん用のマッサージは、筋肉をほぐしたり、リンパ液や血液の流れを促進したりして、筋肉の疲労を回復させ、肩こり・腰痛などの痛みを改善し、身体の不調や不快感を解消させています。
当院では、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉をほぐしたり、リンパ液や血液の流れを促進したりして、老廃物の排出や酸素の取入れを促し、それによって神経の興奮を鎮め、筋肉の疲労や緊張を回復させています
また、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体の不調から痛みや硬さとなって現れているツボを確認して、治療を行うと、「だるい」、「冷える」、「疲れやすい、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの改善にも効果があります。

 

これらのマッサージ治療やツボ治療によって、妊婦さんに起き易い、肩こり、冷え、背中の痛み、ダルサ、むくみ、などの症状緩和や、妊婦さんの腰やお尻の痛みの解消を行っています。
また、当院では、妊婦さんが、周りが気にならないで施術を受けられるように、カーテンで仕切った個室で、着衣のまま、あるいは、当院のパジャマに着替えてもらって、マッサージ治療を行っています。
そして、妊婦さん用のマッサージ治療は、一般のマッサージと違って、“うつ伏せ”の姿勢はとらずに、“横向き”と“上向き”の姿勢でマッサージを行い、妊婦さんのお腹が圧迫されずに、安定した姿勢が保たれるようにしています。

【 当院の、妊婦さんのマッサージ治療の症例 】(写真)当院の、妊婦のマッサージ治療の症例

〇 患者 
 ・30代、妊娠2カ月目

〇 主訴
 ・妊娠1ヶ月目あたりから、腰に重ダルサと痛みを感じる
 ・立ち上がりや、キッチンをしていると、腰が辛くなる
 ・歩いたり寝る時に仰向けになったりすると、お尻がズキンと痛む

〇 過去の治療
 ・ストレッチは、お腹が出ているので難しい
 ・骨盤ベルトをしてみると、腰の痛みは和らぐが、お尻の痛みは同じ状態
 ・産婦人科では、湿布薬の処方のみ
 ・接骨院では、治療を断られる
 (接骨院や整骨院は、外傷を応急処置する資格はあっても、
  マッサージの資格では無いので、断られる事がある為)

〇 当院での検査
 ・腰や脚の動作には、異常なし
 ・右側の腰とお尻に、筋肉の緊張箇所がある
 ・仰向けに寝た状態で右脚を挙げると、お尻の下部に不快な痛みが起きる

〇 当院の所見
 ・赤ちゃんの成長や体重の増加に伴う、腰とお尻の過緊張
 ・お尻から太もも後ろ側に、坐骨神経痛の症状あり
 ・筋肉の過緊張が原因なので、腰とお尻のマッサージ治療を勧める

〇 当院での治療
 ・お腹を圧迫しないように、“横向き”と“上向き”で施術
 ・緊張している腰とお尻に、ツボ刺激とマッサージ治療で緊張を弛める
 ・初回の治療で、かなり痛みが和らぐ
 ・その後、2回/月ほど来院し、体調を保つ

 

妊婦さん用のマッサージは、安全・安心に受けて頂く為に、『あん摩・マッサージ・指圧師免許』の国家資格の取得者のいる治療院で、マッサージを受ける事をお勧めします。
当院は、マッサージの国家資格を取得し、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を行っているので、妊婦さんにとって無理が無く施術が受けられ、かかった費用は『医療費控除』の扱いになります。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや、健康管理などのご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。