膝の内側の痛み(関節症の初期症状)

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)膝の内側の痛み

 

導入文

中高年以降の女性に多く、膝に腫れや痛みが生じる代表的な病気として『変形性膝関節症』があります。

膝関節の軟骨がすり減る事によって、炎症や変形が生じ、膝が腫れたり痛んだりする病気ですが、もともとの原因は、膝周辺の筋力の低下やアンバランスな負荷によって、膝関節の安定性が失われた事が大きく影響しています。

膝裏の「膝の違和感」」や「コワバリ」をそのままにしていると、痛みが強まって、『変形性膝関節症』に進行していく可能性が高くなるので、腰から下の下半身の筋力バランスを回復させて、早めに膝の負荷を解消させる事が、何より大切です。

【 膝に不自然な負荷がかかって 】(図)膝周りの筋肉への不自然な負荷

膝は、関節の曲げ伸ばしをしながら、体重を支え、姿勢を保持する働きをしているので、歩くたびに膝の関節面に、体重の数倍もの負荷がかかります。
この為に、関節面の軟骨が、負荷を和らげるクッションの役割をしていますが、膝の状態が不安定になっていると、歩く、座る、立ち上がるといった日常動作のたびに関節のかみ合わせが悪くなり、軟骨に傷をつけて、軟骨がすり減り、様々な違和感が現れます
例えば、立ち仕事や歩く事が多くなったり、体重が増えたり、加齢や運動不足で腰や股関節の筋肉が弱ったり、ランニングやウォーキングで膝に負担がかかり過ぎた、などが大きく影響しています。

 

このように『変形性膝関節症』は、膝の軟骨に傷がつき、すり減った事が原因にですが、これを引き起こしている、ほとんどの原因が、膝周辺の筋力の低下やアンバランスな負荷によって、膝の関節のかみ合わせが悪くなって、膝関節の安定性が失われた事による為です。
この為、いきなり『変形性膝関節症』になって膝が痛くなる事は無く、その前に、膝周りの筋肉に不自然な負荷がかかった事が影響しているので、膝周辺に「違和感」や「コワバリ」を感じているのが一般的です。
『変形性膝関節症』は、長い期間をかけてゆっくりと進行していくので、膝裏に「膝の違和感」」や「コワバリ」を感じていても、湿布薬や痛み止めの薬を付けるだけで、そのままにしていると、痛みが強まり、『変形性膝関節症』に進行してしまいます。

 

この膝の「違和感」や「コワバリ」で、『変形性膝関節症』になる前によく言われるのが、“立ち上がり”や“階段の上り下り”した時に、膝の内側の“スジ”に感じる、「違和感」や「コワバリ」です。
これは、腰・骨盤・股関節・足首などを支えている筋肉が、しっかりと使えなくなっていると、これによって、膝周りの筋肉に、不自然な負荷がかかってしまう為です。
特に、膝の曲げ伸ばしをした時や、立ったり歩いたりした時などに、膝の筋肉に負荷が増すので、膝の内側の“スジ”あたりに、「関節がコワバル」、「突っ張る」、「何となく動かしにくい」といった、違和感が起きるようになります。

【 膝のチェック法 】(図)膝のチェック

膝裏のコワバリ状態を調べる簡単なチェック法として、次のようなものがあります。
例えば、脚を延ばして、膝を床に付けようとしても、「膝の後ろが伸び切らない」状態になっていると、膝裏にコワバリが強まっている証拠です。
同じ姿勢で、膝裏にテレビのリモコンを差し込んで、スーッと入ってしまう場合は、膝のコワバリが強まって、膝裏が2cm以上床から浮いている状態になります。

 

また、膝裏にコワバリが生じると、特徴的な違和感が起きます。
例えば、「膝の後ろに突っ張りを感じる」、「正座すると膝の後ろに何かが挟まったように感じる」、「3分以上正座すると辛くなる」、などです。
これは、膝裏の筋肉のコワバリが、強まったり、厚みを増したり、神経を刺激するようになったり、するからです。

 

このような、膝裏のコワバリや違和感があっても、若い頃ならば、足腰に筋力があるので、多少の疲労や緊張が続いても、股関節・膝・足関節などの脚の並びは保たれます。
しかし、中高年以降になって、運動不足が続いたり、体重が増えたりしていると、その負荷に耐えようとして、だんだんと“脚のゆがみ”が起きてしまいます。
しかも、日本人女性の場合、もともと8~9割がO脚気味なので、この“脚のゆがみ”が起きてくると、膝の内側に負荷がかかり易くなって、膝の内側に「違和感」」や「コワバリ」を感じるようになるのが一般的です。

【 そのままにしていると 】(図)階段昇降時の痛み

この“予兆”としての『変形性膝関節症』の「違和感」」や「コワバリ」を、そのままにしていると、足腰の筋肉のコワバリが慢性化して、血行悪化が続くので、チョットした動きでも神経を刺激して、痛みを感じ易くなります。
この状態になると、初期の「膝の違和感」」や「コワバリ」に加えて、「起床後、からだを動かし始めたときに膝のコワバリを感じる」、「起き上がったり、歩き出そうとしたりすると、なんとなく膝がコワバル」、「重くて動かしにくい、はっきりわからないような鈍い痛みを感じる」、などの自覚症状が現れます。
他にも、「膝の内側が疼(うず)くように痛む」、「階段の昇り降りで膝の内側が痛い」、「シップを貼ると楽になるけど、しばらくすると膝の内側が痛くなる」、「膝の内側の少し下を押すと痛い」、などが起きます。

 

それでも、“予兆”としての『変形性膝関節症』の「違和感」」や「コワバリ」は、動作時のみで、痛みは長続きせず、しばらく身体を動かすと、これらの痛みが自然と治まるので、「一時的な痛みだろう」と思って、あまり気にする事が無いケースが多くなっています。
しかし、“階段昇降時の痛み”が繰り返されるようになったら、膝の軟骨に異常が出始めているサインです。
“階段昇降時の痛み”は、初期の『変形性膝関節症』を特定する『特異的な痛み』になっていて、レントゲン検査より有力な判断材料になっているからです。

 

この為、膝の「違和感」」や「コワバリ」が気になっていても、この状態を続けてしまうと、膝の違和感や痛みが、更に強まるようになります。
膝の血管の弾力性が失われて、血液が流れづらくなると、神経を刺激する老廃物が溜まって、痛みが起きるので、安静にしていても、膝裏に、熱っぽい腫れ感やツッパリを感じるようになるからです
また、膝の関節が動かしづらいので、腰や股関節の負荷が多くなって痛みが生じたり、下半身の血行が悪化するので、身体全体の疲労感やダルサなど、身体の不調につながったりするからです。

【 当院の、膝の治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療にツボ治療を加え、『変形性膝関節症』の予防や、症状の緩和を行っています。
これは、膝の軟骨に傷がついている状態でも、初期の『変形性膝関節症』ならば、腰から下の下半身の筋力のバランスを回復させると、膝の負荷が減少し、「膝の違和感」」や「コワバリ」が解消されてくるからです
しかも、東洋医療が、もともと、筋肉・血行・関節などの機能促進回復や、そして、身体のバランスを整える事を得意としているので、『変形性膝関節症』』の予防や症状の緩和に、有効な対策になるからです。

 

当院では、『変形性膝関節症』』の予防や症状の緩和に、膝の痛みの緩和だけでなく、膝が“足と股関節の間の関節”なので、下半身全体のバランスの崩れを回復させる治療を行っています。
例えば、腰を含めた下半身のツボ反応を確認して、治療に利用すると、下半身の筋肉のコワバリやシコリが解消され易くなって、下半身の筋肉バランスが整ってくるので、これにより、膝周りの筋肉の不自然な負荷も、解消し易くなります。
更に、マッサージ治療で、下半身全体の柔軟性の回復を行い、膝の負荷を減らすようにすると、膝関節の動ける範囲(可動域)が拡がり、膝の痛みを減らす効果があります。

 

また、血液やリンパ液の流れが悪くなっていると、腫れの原因になるだけでなく、老廃物が溜まり易い状態になり、神経を刺激して、違和感や痛みが起き易くなります。
この為、当院は『変形性膝関節症』の症状改善に、血液やリンパ液の流れを促進させて、腫れを減少させる治療を行っています。
これらの流れを促進して、老廃物が流れるようにすると、過敏になっている神経を回復させて、痛みを減少させるだけでなく、必要な酸素や栄養が流入してくるので、筋肉の回復効果になります。

 

中高年になって、膝に力をかけた時に、膝の違和感が気になったら、足腰のコワバリや筋肉の不均衡をチェックして、①筋肉の緊張の緩和、②膝関節の可動域の維持、③痛みの緩和などを行い、『変形性膝関節症』の進行を防ぐ事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、脚の筋肉のこわばりの除去や、関節可動域の改善、血液循環の促進を行い、膝の痛みの解消と『変形性膝関節症』の進行抑制を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛みやしびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。