膝の内側の痛み(関節症の初期症状)

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

膝の内側の痛み

膝が痛む疾患として、五十代以降の女性に多い『変形性膝関節症』が、良く知られています。

膝関節の軟骨がすり減る事によって、炎症や変形が生じ、膝に痛みが現れる疾患ですが、もともとの原因は、膝周辺の筋力の低下によって、膝関節が不安定になった為です。

最初は、膝の筋肉痛であっても、骨の状態が問題になる『変形性膝関節症』につながってしまうので、膝関節の柔軟性を回復させる事が大切です。

【 膝の筋力低下から、変形性膝関節症に 】筋肉痛

膝は、関節の曲げ伸ばしをしながら、体重を支え、姿勢を保持する働きをしているので、関節面に、体重の数倍もの負荷がかかります。
この為、関節面の軟骨が、クッションの役割をしていますが、膝関節が不安定になっていると、軟骨を傷つけ、極度にすり減らすことになります。
ところが、一度すり減ってしまった軟骨は、二度と再生する事は無いので、歩く、座る、立ち上がるといった、日常の基本動作に支障が出始め、進行すると生活に制限がかかり、介護が必要となる事態にもなってしまいます。

 

『変形性膝関節症』は、骨の障害が原因になっていますが、ほとんど100%近くが、膝周りの筋肉の働きが低下した事によって起きます
例えば、運動不足や加齢で骨盤や股関節に着く筋肉がしっかりと使えなかったり、肥満による体重の増加で鵞足への負担が増えたり、仕事で歩く事が多くなって膝に負荷が多くかかったり、などです。
この為、いきなり『変形性膝関節症』になる事は無く、始めは、膝周辺の『筋肉痛』を感じます。

 

よくあるのが、立ち上がりや階段の上り下りした時に、膝の内側の“スジ”に、痛みやコワバリを感じる事です。
これは、膝を曲げたり、膝の動きを滑らかにする為に回転させたりしている筋肉の束が、骨盤や脚のすねの両方向に付着しているので、骨盤・股関節・足首などがしっかりと使えていないと、この筋肉に負荷が増す為です。
この為、腰から下の筋肉が弱っていると、膝の内側の“スジ”に、痛みやコワバリを感じるようになります。

【 膝のチェック 】膝のコワバリ  チェック

膝裏のコワバリのチェックする方法として、次のような方法があります。
例えば、脚を延ばして、膝を床に付けようとしても、「膝の後ろが伸び切らない」状態になっていると、膝裏にコワバリが強まっている証拠です。
同じ姿勢で、膝裏にテレビのリモコンを差し込んで、スーッと入ってしまう場合は、膝のコワバリが強まって、膝裏が2cm以上床から浮いている状態になります。

 

また、膝裏にコワバリが生じると、違和感も起きます。
例えば、「膝の後ろに突っ張りを感じる」、「正座すると膝の後ろに何かが挟まったように感じる」、「3分以上正座すると辛くなる」、などです。
これは、膝裏の筋肉のコワバリが、強まったり、厚みを増したり、神経を刺激するようになったり、するからです。

【 日常生活や体調への影響 】

膝の違和感や痛み

この膝の違和感や痛みに、もともとの原因である下半身の筋力低下や、左右の脚のアンバランスが加わると、チョットした動きでも、日常生活に支障をきたします。
しかも、筋肉が硬くなるので、膝の動作時に、神経を圧迫して刺激するようになります。
この結果、「歩いていると膝の内側が痛む」、「階段の昇り降りで膝の内側が痛い」、「シップを貼ると良くなる事があるけど、しばらくすると膝の内側が痛くなる」、「膝の内側の少し下を押すと痛い」、などが起き易くなります。

 

更に、膝の違和感や痛みが次第に増します。
膝の内側に痛みが繰り返されるので、血管の弾力性が失われて、血行が悪化し、老廃物が流れにくくなり、安静にしていても、膝裏に、熱っぽい腫れ感やツッパリを感じるようになるからです
また、膝の内側に痛みを起こす筋肉が、骨盤につながっているので、腰の痛みを感じ易くなったり、下半身の血行悪化から、身体全体の疲労感やダルサなど、身体の不調につながったりします。

 

そして更に、今迄無かった“階段昇降時の痛み”が繰り返されるようになったら、病院で膝関節を診てもらう事が必要です。
“階段昇降時の痛み”は、初期の『変形性膝関節症』を特定する『特異的な痛み』になっているからです。
初期の『変形性膝関節症』は、関節の構造的な変化が少ないので、レントゲン検査より有力な判断材料になっています。

【 膝の柔軟性回復 】膝 裏 柔軟性 回復

腰から下の筋力低下を起こす加齢や運動不足は、膝の内側の痛みの、大きな原因になっています。
これ以外にも、肥満による膝への圧力、O脚による膝の内側への負荷、重い荷物を扱う事が多い、などが続いています。
これらに共通するのは、腰から下の筋肉の働きの低下です。

 

この為、膝の内側の、筋肉の痛みを解消させるには、膝付近だけでなく、腰を含めて、下半身の柔軟性を回復させる事が必要です
腰の筋肉が、伸びにくくなっていると、それによって、膝の筋肉を必要以上に緊張させたり、神経を刺激したりするからです。
腰を含めて、下半身全体の筋肉の柔軟性を回復させる事によって、膝の負荷を減らして、動ける範囲(可動域)を拡げる事ができます。

 

また、脚に“むくみ”の症状がある場合には、リンパ液の流れを促進させる事も必要です。
溜まった老廃物が神経を刺激して、痛みが起き易くなる為です。
血行やリンパの流れを促進して、老廃物を流すようにすると、過敏になっている神経を回復させ、痛みが減少してきます。

 

膝に力をかけた時に“膝の違和感”が気になったら、変形性膝関節症を防ぐ為にも、マッサージ治療をお試しください。
当院は、マッサージ治療で、脚の筋肉のこわばりの除去や、関節可動域の改善、血液循環の促進を行い、膝の痛みの解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。