座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

 

導入文

脚のだるさに、女性の約80%が悩まされていますが、「たいしたこと、無いだろう…」と思っていると、立ったり座ったりする事が億劫になり、そして、痺れを感じ始めたり、こむら返りやむずむず感が起きたりして、次第に、身体に倦怠感も起きてきます。

脚のだるさや疲労感は、脚からの「無理がかかって、これ以上は無理!」という生体アラームなので、血管や皮膚に支障を起こしてしまう前に、脚の筋肉や血行の状態をチェックして、ダルサや疲労感を解消させる事が大切です。

東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療は、崩れかけた身体のバランスを整える事で、健康状態を戻す治療法として今日まで広く利用され、改善効果も認められているので、このような脚のダルサや疲労感の解消にも、適した治療法になっています。

【 脚のダルサの原因 】(図)脚のダルサの原因

椅子に座ってずうっと仕事をしていると、慣れているはずでも、「脚がダルク、重い」と感じたり、中には、「脚がグッタリする程の疲れ」を感じたりする事があります。
しかも、脚の不快感が解消されづらくなってくると「ひどく脚が疲れる」と悩まされたり、それが夜になっても続くと「脚がダルクテ、眠れない」と寝付けなくなったり、脚(足)の疲れが全身に影響して体調が悪くなったり、してきます。
脚にだるさや疲労感が起きてくるのは、脚の筋肉や血管などが十分に働く事ができなくなったサインなので、そのまま脚のだるさや疲労感を繰り返していると、脚を動かす事が億劫になるだけでなく、脚にさまざまな不調を起こし、更に、身体全体に影響を及ぼすからです

 

このように、脚を動かす事を何もしていないのに、脚に「ダルサ」や「疲労感」が起きるのは、脚の血行悪化から、脚の筋肉の柔軟性が失われて、脚に老廃物や疲労物質が溜まった事が考えられます。
脚の筋肉の働きが、低下した状態になるので、脚に溜まった血液を心臓へ押し上げる『筋ポンプ』も十分に働かなくなり、それにより、血中に溜まった老廃物や疲労物質が神経を刺激して、「ダルサ」や「疲労感」を生じさせるからです。
更に、職場のプレッシャーや人間関係の心配事などがあると、精神的な緊張が強まるので、血行が余計に悪化して、腰から下の脚のダルサが増し、腰から下のグッタリ感が増すようになります。

 

脚の「ダルサ」や「疲労感」は、下半身の運動能力の低下が影響しているので、階段を上がると「重くてツライ…」と感じたり、少し歩いただけでも「疲れる…」と感じたりします。
これ以外にも、下半身の運動能力の低下から、チョットした運動をしただけでも、太ももやふくらはぎが、引き伸ばされた感じが強まったり、座っていても、ふくらはぎや太ももの筋肉が、突っ張った感じになったりします。
そして更に、下半身の運動能力の低下によって、足首や膝の動きがニブクなってくるので、いつのまにか、足先が十分に上がらなくなったり、足を引きずったような歩き方になったり、してきます。

【 むくみ、こむら返り、むずむず脚症候群 】(図)こむら返り

脚のダルサを、「たいした事はないだろう…」と思っていても、筋肉の働きや血行にいろいろな影響を与えて、脚の不快症状を引き起こします。
最初に、多くの人が経験するのが、脚の『むくみ』です。
脚の筋肉の働きの低下で、脚の血行が悪くなると、血管内の血液の圧力が高くなってくるので、血液から水分(組織間液)が血管外に外へ押し出されて、皮膚ないし皮膚の下に水分が溜まって『むくみ』になるからです。

 

また、『こむら返り』にも、悩まされるようになります。
脚の血行悪化によって、下半身の老廃物が排出されづらくなると、溜まった老廃物が神経を刺激するようになるので、寝ている間に、筋肉の伸び縮みのバランスを保っていた神経を刺激すると、筋肉が急に収縮してしまうからです。
この為、中年以降になって、『長時間の同じ姿勢』『運動不足』『睡眠不足』『ストレス』『冷え』などで、筋肉の収縮が強まった状態になり、毛細血管が圧迫されていると、脚の血行悪化によって、『こむら返り』が起き易くなります。

 

同じ理由から、脚に、神経伝達物質の異常によって起きる『むずむず脚症候群』に似たような症状が、現れ易くなります。
脚の静脈の流れの低下によって、老廃物を多く含んだ血液が神経を刺激するので、脚が「むずむず」とする不快な感じがしてきて、それにより、脚を“もじもじ”と動かしたくなってくるからです。
「むずむず」する感じ以外にも、「脚がジンジンとしてくる」、「脚がほてる」、「痒(かゆ)いような痛みを感じる」、と感じる事もあります。

【 治療ポイントの足三里 】(図)松尾芭蕉

昔は、疲れた脚の血行や柔軟性の回復に、向こうずねの筋肉(前脛骨筋)にある、足三里のツボが、“治療ポイント”として、よく利用されていました。
これによって、脚の筋肉の伸縮運動を促し、血行を回復させるので、この作用から、足三里のツボを“健脚のツボ”とも言われます。
俳人の『松尾芭蕉』も、奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2,400キロを踏破する道中で、足三里に灸をして、旅の疲れを癒したと言われています。

 

これは、足三里が膝下の筋肉の伸縮運動の、中心的役割(モーターポイント)を果たしているので、足三里のツボを刺激すると、血行の回復や促進の働きをするからです
実際に、『脚の動脈は拡がらないが、刺激すると、血液の循環が良くなり、痛みが少なくなる』と、確認されています。
足三里に、この作用があるので、疲れている脚の足三里のツボを刺激すると、血液が、「ジワーッ」と流れ出す感じがします。 

 

しかも、足三里のツボを刺激すると、身体に感じる疲れやダルサの解消にもなります。
下半身の血行が改善されると、筋肉の働きが活発になって血管の伸縮運動が回復し、静脈血やリンパ液が、心臓方向に押し上げられる為です。
血液は、立っていたり座っていたりすると、重力の影響により、全血液量の70%が下半身に集まるので、下半身の血行が改善されると、全身の血行も促進されるので、リフレッシュ効果になります。

【 当院の、脚のダルサや疲れの解消治療 】(写真)当院の治療

当院は、脚のダルサや疲れの解消に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、①血行やリンパの流れの改善、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などを行い、体調改善を行っています。
これは、体調の悪化によって生じたツボを刺激すると、ツボがピンポイントな治療点としての効果があるので、時間的に早く、筋肉の柔軟性や血行を回復させ、脚の不快症状を改善できる効果があるからです。
また、もともと東洋医療が、昔から体調回復に利用された実績があり、そして、現代のスポーツや医療関係で幅広く活用されているように、症状の回復効果だけでなく、体調改善も期待できるからです。

 

また当院では、脚の柔軟性の回復や血行の改善に、腰とお尻の筋肉も含めて、診断と治療を行っています。
下半身を「足腰」と言うように、脚の筋肉や血管が、股関節を通して腰に接続し、それによって、「足腰」が一体となって働いているからです。
また、身体を支えている腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなると、重心のバランスが悪くなって、脚に負担が強まり、脚のダルサや疲れの原因になるので、それぞれの筋肉がシッカリと働けるように、関連する「足腰」の筋肉や血流状態も確認して、マッサージ治療を行っています。

 

中でも、股関節とお尻付近は、体重がかかって酷使されるだけでなく、腰から重要な血行や神経が通っているので、重点的にチェックをして、回復治療を行っています
股関節や、お尻の奥の筋肉がコワバッテいると、それによって、血流が悪くなり、神経が圧迫されるので、脚に影響が及んで、疲労が回復しづらくなるからです。
この為、疲労や緊張でコワバッテいる股関節とお尻付近をほぐして、神経や血管の圧迫を解消させると、脚の、「ダルイ」、「重い」、「こむら返りがする」、「むずむず感がする」、などの症状の改善が早められます。

 

疲労の心当たりが無いのに、「脚がダルク、重い」と感じる場合は、「立ったままや座ったままの姿勢が多い」、「脚の筋肉の働きの低下」、「脚の冷え」、などの影響が大きくなっています。
当院は、脚の疲労や緊張解消に、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療により、圧痛や硬結の解消や血流改善の治療を行い、痛みや不快感の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やダルサなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。