高齢者のための、短時間マッサージ

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)高齢者マッサージ

導入文

高齢になると、「身体がスッキリせず、何となく身体の調子が悪い」という状態から、「首や肩の凝り」、「腰痛」、「関節の痛み」、「身体の冷え」、「神経痛」、といった身体の不調につながる事が多くなっています。

これらは年齢が原因だと考えるよりも、元々悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかなくなって、「身体が重い」、「思い通りに動けない」、「疲れが残る」となり、そして、それが積み重なって、本格的な身体の不調に悩まされるようになっています。

この為、高齢者の体調悪化の改善や予防に、運動で体力を向上させる事が勧められていますが、高齢になると身体に不調を伴っている事が多いので、身体の状態をチェックして、短時間でも、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させ、血行を促進する事が大切です。

【 血管が老化してくると 】(図)血管の老化

血管が若さと健康の大きなカギになっている事から、医療の世界で、『人は血管とともに老いる』と、昔からよく言われています。
これは、血管が老化してくると、血管が劣化して弾力性が無くなって、血流の低下が起きるだけでなく、血管の老化によって、血管のしなやかさが失われて、いびつに歪んで蛇行が起きたり、血流の悪化で、血管の内部が詰まったりして、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなるからです
人により、食事や運動などの違いから遅い早いはありますが、これにより、身体の機能を低下させたり、不要な老廃物によって身体に害を与えたりするので、高齢者の身体の老化を加速させてしまいます。

 

特に、血管にトラブルが起きて血流が悪くなると、その血管とつながっている、先々の臓器や器官の働きを低下させ、悪化させます。
この結果、肌の乾燥、ごわつき、クスミ、クマといった『肌トラブル』、肩こり、腰痛、冷え、むくみなどの『血行障害』、そして、「若い頃のようにすばやく動けない」とか、「体力が落ちた」といった『体調不調』に、悩まされるようになります。
更に、血流が悪くなる事で、身体の中の古いものがだんだんと新しいものに入れ替わる新陳代謝が遅くなるので、身体の機能が不活発になって免疫力も低下し、身体の抵抗力が弱くなって、風邪を引いたり、病気が起き易くなったりします。

 

また、脳は大量の酸素を必要とする臓器なので、高齢になって血行が悪くなると、脳の働きに支障が出てきます。
これは、昔から、頭の働きがニブクなる事を『血の巡りが悪い』と言うように、脳が血行の悪化の影響を受けると、一番先に、脳の記憶し処理する能力が低下してくるからです。
この為、加齢によって血行が悪くなってくると、例えば、記憶力や気力が低下して、「人や物の名前が思い出せない」とか、「新しい事をするのが億劫」が起きたり、判断力や注意力などの低下が起きたり、「頭が疲れ易くなる」、「ダルク感じる」、「頭痛気味」、「眠れない」、などが起きてきます。

【 体調管理と、施術助成券の利用 】(図)市川市の施術助成券

この為、高齢者の“体調管理”には、『全身の血管の99%を占めているのは毛細血管』なので、身体の弾力性や柔軟性を高めて、血行を改善し、促進させる事が重要になります。
また、筋肉が硬くなっている箇所の血行を改善する為に、コワバッタ筋肉を伸ばしたり、普段あまり動かさない関節を動かすようにしたりする事が勧められています。
しかし、高齢になると若い頃と違って、身体の柔軟性が無くなっていたり、体力が弱ったりしている事や、「身体が重い」、「思い通りに動けない」、「疲れが残る」といった身体の不調がある為に、“体調管理”の狙い通りに、運動やストレッチをする事が難しくなっています

 

このような高齢者の問題の解決手段として、短時間でも治療院で行っているマッサージ治療を受けると、筋肉の弾力性や柔軟性を高め、血行やリンパの流れを良くする事ができるので、身体の血液循環の改善に大きな効果が期待できます。
これは、治療院で調子の悪い箇所を確認して、短時間でもマッサージ治療を受けると、滞っていた血液が送り出されるので、そこへ新しい血液が急激に流れ込み、今迄少なかった血流量が増えるからです。
これによって、血行が良くなると、身体の栄養素や酸素などの供給が回復し、溜まった老廃物が減少してくるので、痛みや凝りが緩和していき、体調回復の効果もあります。

 

このような効果から、“体調管理”として、多くの市町村で、マッサージの施術に要する費用の一部を補助する『施術助成券』を交付しています。
これにより、高齢者が『施術助成券』を利用する事で、経済的負担が少なくなるので、体調悪化の予防や、体調の維持・管理が、行い易くなります。
しかも、都合の良い時に、最寄りの治療院で、高齢者の身体の気になる所を回復させたり、あるいは、不快な気分を解消させたりする事ができます。

【 東洋医療系のマッサージ治療院 】(図)あん摩マッサージ

もともと日本では、古くから、筋肉の柔軟性や血行を回復させる為に、「身体の緊張や疲労を解消させ、循環を促進させる専門医療」が、発達してきた歴史があります
その代表として、奈良時代に中国から伝来し、その後、日本人に合うように改良され、江戸時代に隆盛を極めた『あん摩術』があります。
『あん摩術』は、施術者の手を使って、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりして、循環器系や神経筋系に刺激を与え、体調を整え、疾病の治癒や健康の維持や増進を行ってきました。

 

現在は、伝統技術の『あん摩術』に、西洋で発祥したマッサージと、現代医学を取入れ、改善を加え、新しいタイプのマッサージに変わってきました。
例えば、東洋医療の発想に解剖学の知識を取入れて、疲労や痛みの震源地になっている箇所を確認したり、静脈やリンパの流れが悪化している箇所を調べて、身体に不要な物の排出を高めたりします。
また、身体のバランスを整える為に、必要に応じて、関節などを動かす『運動療法』も取入れて、運動機能の回復を促進させる事も行っています。

 

このようなマッサージの治療の改善から、15分程度の短時間型のマッサージも、効果的に筋肉の柔軟性を回復させて、血液の循環が促進されるように、様々な工夫がされています。
中でも、東洋医療系のマッサージ治療院では、ツボ効果を生かして、全身にあるツボから、症状に合わせてツボを選んで刺激し、マッサージ治療の効果を、短時間に高められるようにしています。
これは、ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです。

【 当院の、短時間型マッサージ 】(写真)当院の高齢者マッサージ

当院も、高齢者の体調改善として、東洋医療をベースにして、ツボ治療を併用し、15分の短時間型のマッサージ治療を行っています。
高齢者が健康的に年をとる(アンチエイジング)には、全身の血管の99%を占めている毛細血管の機能維持や、血流の維持や回復が重要になるので、ツボ治療を併用したマッサージ治療が適しているからです
治療は、主に問診や触診によって、身体調子の悪い箇所を確認した上で、血液の循環改善を図り、集中的に、こりや痛みの緩和、症状の緩和、体調改善、などを行っています。

 

例えば、高齢者に多い、肩や首の緊張があって頭が重いとか、気分がすぐれないような場合に、気付かないうちに進んだ血行やリンパの流れの悪化を回復させて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めると、体調の改善に効果的です。
また、肩や首の緊張や疲労が解消されると、脳の血流が回復してくるので、頭がスッキリした感じになって、頭の働きのUPが、期待できます。
しかも、当院の治療院のマッサージは、伝統的な技術の『あん摩術』を基本にして、高齢者の体調や症例に合わせて施術を行っているので、ムリが無く、安心感が持てるマッサージ治療になっています。

 

また、当院は市川市から登録を受けた施術所なので、市役所から交付される『施術助成券』が利用できるので、短時間型マッサージの施術に要する費用が、少なくて済みます。
体調の不調が気になった時に、『施術助成券』を利用して、早めに施術を受けるようにしていると、体調悪化の予防に効果があります。
しかも、血行が良くなると、筋肉への栄養素や酸素などの供給が改善して、老廃物が減少してくるので、老廃物による神経への刺激が減って、痛みや凝りが緩和して、体調管理にも効果があります。

 

若い時の血管はしなやかですが、高齢になって血管が老化してくると、元々悪くなっていた部分の自然治癒が追いつかずに、「疲れやすさ」や「痛み」となって現れるようになります。
当院は、高齢者の健康サポートに、市川市の『施術助成券』を取り扱い、短時間でも、落ち着いた雰囲気で、“納得感”のあるマッサージ治療を受けられるようにしています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。