中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)中高年以降のこむら返り

導入文

 

若い頃、“こむら返り”が起きても、急激に走った時や運動で疲れた夜ぐらいだったのが、中高年以降になると、特に思い当たるような事をしていなくても、“こむら返り”が突然起きたり、繰り返したりします。

よくあるのが、「階段を上り下りした時や、ちょっと長めに歩くと、“こむら返り”が起きそうになる」、「疲れや冷えを感じてくると、“こむら返り”の違和感が起きる」、「“こむら返り”が終わっても、痛んだ違和感が残る」、などです。

中高年以降の“こむら返り”は、身体の疲労や緊張だけでなく、毎日の精神的なストレスや身体の不調も原因になっているので、繰り返される場合には、身体の柔軟性や血行を改善させて、身体をリラックスさせ、体調を整える事が大切です。

【 中高年以降の、こむら返り 】(図)脚の筋肉の働き低下

中高年以降になって、運動不足で筋肉の柔軟性が失われたり、血行が悪化したりすると、今迄ほとんど無かった、こむら返りが起き易くなり、悩まされる事が多くなります。
これは、筋肉の働きが低下してくると、下半身の血液を心臓に戻すポンプ機能も低下した状態になっているので、何気ない動作であっても、身体の疲労度が高まるからです。
この為、あまり体力を必要としないジョギングやハイキングでも、運動中や運動後に、突然、『筋肉の異常収縮』を起こして、こむら返りを起こす事がよくあります。

 

また、血液中に含まれているミネラルやビタミンは、“筋肉や神経の働きを調整”しているので、血液のポンプ機能が低下していると、軽い運動や動作でも、ミネラルやビタミンの補給が不足し、『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。
しかも、普段の運動量が少ないと、汗を多くかいたり、水分を多く飲んで排尿量が増したりするので、それによって、体内のミネラルやビタミンが一緒に排出されてしまい、運動神経に信号を送る働きに異常が起き易くなってしまいます。
この結果、『筋肉の異常収縮』が起き易い状態になっていると、力の量や入り方によって、チョッとした動作がキッカケとなって、一挙に筋肉が過剰に緊張してしまい、こむら返りが起きてしまいます。

 

更に、中高年以降になって、運動をしなくなったり、運動の機会が無くなったりしていると、下半身の、運動をコントロールする運動神経の調節力がニブッテしまい、スムーズに働かなくなる事も影響しています。
例えば、筋肉の状態に合わせて瞬間的に調整している下半身の神経がニブッテ、スムーズに働かなくなると、毎日の疲れが重なったり、いつもと違う作業をしたりすると、下半身の神経の負荷が増して、過剰に神経が反応し、突然、こむら返りを引き起こします。
あるいは、日中の疲れや緊張が、夜になっても残っていると、寝ている時に、寝返りをしたり普段と違う姿勢をとったりすると、身体に残った疲れや緊張が引き金となって、急激に神経のセンサーの感度が高ぶらせ、夜中に、急激に『筋肉の異常収縮』を起こしてしまう事も、よくあります。

【 腰の、疲れやダルサ 】(図)腰の疲れやダルサ

中でも、『こむら返りを起こす原因の7~8割は、腰の「疲れ」や「ダルサ」が絡んでいる』と言われるほど、腰の「疲れ」や「ダルサ」が、こむら返りに結び付いています。
これは、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じるのは、腰の神経に過度な負荷がかかっている状態なので、これによって坐骨神経に影響が及ぶと、坐骨神経が、お尻の下から太ももの後ろを通って、ふくらはぎに延びているので、こむら返りを起こしてしまうからです。
また、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じていると、お尻や脚の筋肉も柔軟性が無くなって、血行が悪くなるので、脚も「疲れ」や「ダルサ」を感じるようになり、チョッとした動きで、『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。

 

この、チョッとした動きで『筋肉の異常収縮』が起き易くなる事から、夜、仰向け姿勢で寝ていると、こむら返りが起き易くなります。
仰向け姿勢で寝ていると、足先が、上から加わる布団の重みで伸ばされる事と、それによって、ふくらはぎの筋肉も伸ばされるので、こむら返りを起こす直前の姿勢になるからです。
更に、就寝中は、脚の感覚が“無防備”状態になるので、足先に、布団の重みが上から加わって、足裏やふくらはぎの神経が引き延ばされると、それがきっかけとなって、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じている神経のセンサーの感度を、急激に高ぶらせて、こむら返りを起こしてしまいます。

 

この為、こむら返りを起こさないようにする為には、腰に「疲れ」や「ダルサ」を感じた状態になっているので、腰とふくらはぎの筋肉を引き伸ばして、血行を良くする事(ストレッチ)が必要です。
しかし、現在は昔と違って、毎日の生活の中で、“しゃがむ”という姿勢が無くなっているので、しゃがむ事で、ふくらはぎと腰を伸ばし、血行を良くする動作が無くなり、下半身の血行悪化を回復させる機会が少なくなっています。
この為、デスクワークのように、座って作業をする仕事は、楽な姿勢のように思われますが、お尻や腰の筋肉にとってみると、上半身をジッと支え続けるので、腰の「疲れ」や「ダルサ」が起き易くなり、気付かないうちに、こむら返りを起こすリスクが高まります。

【 体調の不調からも 】(図)体調不調

また、こむら返りが起きるのは、「何となく身体の調子が悪い」と言ったような、体調に不調を感じている場合に、起き易くなっています。
それほど身体が疲れていないと思っても、体調を保つ自律神経の働きが弱った状態になっているので、身体を支える腰や脚の筋力が弱まったり、脚から心臓に血液を送り出す力が低下したり、するからです
この為、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「血圧が高い」などがあると、「動きたくない」と思いますが、無理に身体を動かしていると、自律神経の負荷が大きくなるので、『筋肉の誤作動』が起き易くなります。

 

他にも、持病を持っていると、これも、こむら返りが起き易くなります。
体調が、天候の変化で、変化し易くなるので、神経がその負荷から過敏状態になり、『筋肉の誤作動』が起き易くなるからです。
更に、寝ている間や、部屋のクーラーなどで、脚が冷えると、脚の神経が刺激されるので、ますます神経の異常反応が起き易くなります。

 

この事から、中高年以降になって、こむら返りが起き易くなるのは、身体からの、体調不調による警告と言えます。
例えば、運動不足で、身体の血行が低下してくると、それによって、血管がいびつに歪んで蛇行が起きたり、血流の悪化で血管の内部が詰まったりするので、余計に、不要な老廃物が身体に溜まり易くなり、凝りや痛みなどの不調が起き易くなるので、こむら返りも起き易くなります。
この為、中高年以降になって、こむら返りを繰り返したり、痛みが酷くなったりする場合には、こむら返りの応急処置を考えるよりも、体調管理を心掛ける事が大切です。

【 当院の、こむら返りの治療 】(写真)当院の治療

中高年になったら、「脚は軽く、心臓は強く」と言われるように、脚の筋肉の緊張を和らげる事よりも、身体の不調を改善して、筋肉の異常収縮が起こらないようにする事が大切です。
しかし、こむら返りが気になって、病院やクリニックに行っても、筋肉の緊張を和らげる漢方薬の処方を受けるのが一般的で、症状によって、筋弛緩薬や湿布薬が処方される程度です。
このような、体調を改善して、こむら返りを予防する治療として、当院は、ツボ治療を併用したマッサージ治療を行っています。

 

これは、ツボが反応点として身体の異常を知らせる箇所であり、治療点として症状を改善する箇所でもあるので、こむら返りの治療に活用できる為です
例えば、腰痛に効くツボを利用して刺激を与えると、腰から足にかけて、ズーンと重く押されているような感覚や、軽くジーンと響くように感じを伴いながら、腰や脚の筋肉のコワバリ解消や、血行の促進がされる効果があります。
これによって、腰や脚の神経の緊張が解消されると、下半身の疲労感やダルサが無くなり、こむら返りの予防になります。

 

また、中高年以降になると、姿勢の悪化や体形の変化で、腰や骨盤に変形が起きて、神経のセンサーに異常が起き易くなっています。
この為、当院では、神経の異常な反応が起きないように、身体に現れたツボを確認し、腰から足にかけての、血行の改善や筋肉の柔軟性を回復させる治療を行っています。
こむら返りの予防だけでなく、体調管理の為にも、腰や脚に「疲れ」や「ダルサ」を感じている場合は、下半身の筋肉の疲労や緊張を解消させ、血行を改善しておく事が大切です。

 

中高年以降に起きるこむら返りは、人によって体調が異なっているので、自分に合った体調管理が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、血流の改善や硬直した筋肉の回復を図り、患者の状態に合わせて、体調を維持する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。