中高年以降の、こむら返り(ふくらはぎの痙攣)の対策

【(症例)身体の不調や、不快感 】

中高年 こむら返り

 

若い頃は、運動中や運動した夜などに起きた“こむら返り”が、中高年になると、チョッとしたキッカケで起きるようになり、慌てさせられます。

急ごうと小走りしかけた時や、棚に物を載せようと爪先立ちをした時、デスクワークをしていて腰に重ダルサを感じた時など、思いがけない時に突然起きます。

また、脚がつりそうになるだけでなく、なかなか解消しなくなったり、痛みや違和感が翌日まで残ったりする事も、あります。

【 筋肉の働きや血液循環の低下 】筋肉の働きや血液循環の低下

これは、年齢が増すと、次第に筋肉の柔軟性を失って、硬くなるので、筋肉の収縮や弛緩の反応が鈍って、『筋肉の異常収縮』が起き易くなるからです
20歳代の筋肉量を100とした場合、定期的に運動をしていないと、目に見えないところで筋肉が弱くなり、以後10歳ごとに、おおよそ約10%ずつ、筋肉量が低下すると、言われます。
筋肉の働きが低下してくると、神経が過敏に反応するようになるので、急にふくらはぎに力が入ると、筋肉の異常収縮が抑えられなくなり、ふくらはぎの痙攣が起きます。

 

更に、中高年以降になって、運動をしなくなったり、機会が無くなったりすると、『筋肉の異常収縮』に拍車をかけてしまいます。
筋肉が、状態に合わせて調整する力がニブッテくると、思わず過剰に、一挙に緊張してしまう事があるから為です。
しかも、毎日の疲れが重なったり、いつもと違う作業をしたりすると、精神的な疲労や緊張によって、余計に『筋肉の異常収縮』が起き易くなります。

 

また、筋肉の働きが低下してくると、下半身の血液を、心臓に戻しているポンプ機能も低下するので、これによっても、『筋肉の異常収縮』が、起き易くさせます。
血液のポンプ機能が低下すると、何気ない運動をしただけでも、“疲労”の度合いが高まるだけでなく、“筋肉や神経の働きを調整”しているミネラルやビタミンなどの栄養分の補給が、うまくいかなくなる為です。
神経のセンサーに異常が起き易くなり、ふくらはぎの痙攣が、突然起きます。

【 チョッとした作業や、少し立ち仕事をしただけでも 】夜 こむら返り

このような事から、中高年以降になると、チョッとした作業や、少し立ち仕事をしただけでも、こむら返りが起き易くなっています。
筋肉の柔軟性を失い、血行が悪化すると、こむら返りが起き易くなるからです。
この事は、多くの時間を座ったり、動かないでいたりすると、こむら返りが起き易くなる事からも、証明されています。

 

特に、腰が“重ダルク”感じている場合に、こむら返りのリスクが高まります
腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなっているので、血行が悪くなっているからです。
しかも、現在は昔と違って、“しゃがむ”という姿勢をとる事が無くなっているので、ふくらはぎの腱や筋肉を伸ばして、血管を伸ばす事が無くなり、血行の悪化を回復させる機会が少なくなっています。

 

このような状態になると、仰向けに姿勢で寝ている時に、こむら返りが起き易くなります。
足先に上から布団の重みが加わると、足先が少し伸ばされた状態になるので、これによって、ふくらはぎの筋肉が縮んだ状態になり、こむら返りの直前の状態になるからです。
就寝中に起きる、こむら返りは、このパターンが多くなっています。

【 身体からの警告の場合も 】 生活習慣病

また、こむら返りが起きるのは、身体からの警告の場合もあります。
比較的多いのが、「血圧が高い」、「血糖値が高い」、「糖尿病予備軍の可能性」などの、生活習慣病との関連です。
それほど身体が疲れていないと思っても、血液を送り出す力が弱まるので、ふくらはぎの筋肉の柔軟性が失われ、常に張った状態になり、こむら返りが起き易くなります。

 

また、持病があると、これも、こむら返りを起き易くさせる原因になります。
体調が変化し易くなるので、神経が過敏になって、『筋肉の異常収縮』が起き易くなるからです。
更に、脚の疲労や緊張が強く残っていたり、寝ている間、脚が冷えたりすると、余計に、神経の異常反応が起き易くなります。

 

この為、中高年以降になって、こむら返りが起き易くなるのは、一時的な疲れや精神的なストレスだけでなく、体調不調による警告と言えます。
脚がつってしまってからの対処よりも、中高年以降は、つらないような体調管理を心掛ける事が大切です。
中高年以降になって、こむら返りを、繰り返したり、痛みが酷くなったりする場合には、体調管理が重要です。

【 体調管理 】体調管理

中高年以降に起きるこむら返りは、人によって体調が異なっているので、自分に合った体調管理が必要です
病院やクリニックに行っても、筋肉の緊張を和らげる漢方薬の処方を受けるのが一般的で、症状によって、筋弛緩薬や湿布薬が処方される程度です。
脚が冷えないように、就寝前に風呂に入る事や、ふくらはぎのマッサージやストレッチなど、日常の体調管理の工夫が大切です。

 

特に、腰や脚に、疲れやダルサを感じる場合には、下半身の筋肉の疲労や緊張を解消させ、血行を改善しておく事が大切です。
腰から足にかけての、血行の改善や、筋肉の柔軟性を回復させ、神経の異常な反応が、起きないようにする事が必要です。
中高年以降になると、腰や骨盤に変形が起きて、神経のセンサーに異常が起き易くなっているからです。

 

このような、筋肉の柔軟性や血行の回復に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療が効果的です。
例えば、腰痛に効くツボを利用して刺激すると、腰から足にかけて、ズーンと重く押されているような感覚や、軽くジーンと響くように感じを伴いながら、脚の緊張を解消させます。
これによって、腰から下が軽くなり、身体に流れる血行やリンパ液の流れが、促進されるのが実感できます。

 

こむら返りが気になる場合には、「中高年になったら、脚は軽く、心臓は強く」と言われるように、体調管理が必要です。
当院は、血流の改善や硬直した筋肉の回復を図り、体調維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。