ふくらはぎ が つる (こむら返りの 昼型と夜型)

【(症例)身体の不調や、不快感 】(写真)こむら返り

導入文

ふくらはぎや足の裏などが、突然、強く痙攣(けいれん)して、痛みが出る症状を『こむら返り』と言い、時間帯で分類すると、“昼間に起きる”タイプと、“夜間に起きる”タイプ、に分けられます。

この2つのタイプの特徴を持ち合わせて、多いのが『腰周りの、違和感や痛みを原因とするこむら返り』で、「腰がダルイ」、「ぎっくり腰ほどじゃないけど、違和感がある」、「腰が固まっている」などを、こむら返りを起こす前に感じています。

これは、こむら返りが、腰の問題と関係している現れなので、改善するには、脚だけでなく、治療院で行っている触診やツボ反応で“腰周りの違和感や痛み”を確認し、回復させる事が大切です。

【 昼間に起きる、こむら返り 】(図)運動中のこむら返り

“昼間に起きる”こむら返りは、その多くが、運動中に脚の筋肉に『過剰な力が持続的』に加わった事で、筋肉と神経のバランスを保っていた働きが崩れて、起きています
例えば、サッカーやバスケ、ラグビーなどで、試合中に選手の脚がつってしまい、グラウンドにひっくり返っているところを、トレーナーに脚を伸ばしてもらっているのを、目にした事があると思います。
これは、激しく競い合っているうちに、下半身に、「力が入り過ぎた」、「緊張が強まった」、「いつもと違う動きを、急にした」などが起こると、これがキッカケとなって、脚の神経が異常興奮を起こし、筋肉の痙攣(けいれん)を引き起こした為です。

 

通常ならば、筋肉の伸び縮みは、筋肉や腱に備わったセンサーでコントロールされますが、『過剰な力が持続的』に加わった事で、センサーに誤作動が起き、本人の意思とは無関係に、筋肉が勝手に収縮した為です。
しかも、脚の筋肉の『緊張が長く』続いた為に、筋肉の収縮にブレーキをかける働きが弱くなると、ますます神経や筋肉が刺激を受け易い状態になるので、無条件に筋肉を収縮させてしまいます。
この為、下半身の筋力が弱っていると、あまり体力を必要としないジョギングやハイキングでも、運動中や運動後に、脚の筋力が無くなって、「脚に力が入らない」とか、「膝がガクガクする」という状態になると、突然、こむら返りを起こす事がよくあります。

 

また、こむら返りは、暑くて汗を大量にかいた場合や、排尿の量が多くなると、起き易くなります。
多量の発汗や排尿で、体内のミネラル分が一緒に排出されると、運動神経に信号を送るミネラルの働きに異常が起きてしまい、筋肉が異常に収縮し、痙攣を起こしてしまうからです。
この為、「お腹をこわして下痢が続いた」、「飲み会でたくさんお酒を飲んだ」、「心臓病や高血圧の治療薬などの薬の服用中」などの場合も、水分と同時ミネラルも体外に排出してしまうので、このような時に急に脚を伸ばすと、脚が、「痛!」という状態になってしまいます。

【 夜間に起きる、こむら返り 】(図)寝ている時のこむら返り

“夜間に起きる”こむら返りは、寝ている間に、脚がつって、痛くて目が覚めるタイプです。
就寝中は、神経のコントロール力が低下しますが、更に、「運動で疲労」、「血行が悪くなっていた」、「体調が良くなかった」などがあると、更に、神経のコントロール力が低下するからです
このような状態の時に、寝返りをしたり、普段と違う姿勢をとったりすると、それが引き金となって、急激に神経のセンサーの感度が高ぶって、筋肉を急激に縮めてしまうからです。

 

特に、「日中に身体を動かして腰から下が疲れを感じていた」、「デスクワークで血行が低下している」、「冷房のつけっぱなしで脚の筋肉が冷えていた」、「寝ている時に暑くて汗を多くかいた」、などの場合に起き易くなっています。
筋肉のセンサーに誤作動が起き易くなるので、寝ている間の無意識の動作で刺激が加わると、筋肉が必要以上に収縮してしまい、ブレーキのかからない状態となるからです。
特に年齢を重ねると、加齢による筋力の低下、持病、薬の服用、などが多くなるので、これによって神経のセンサーの誤作動が起き、こむら返りが増えるようになります。

 

中でも“夜間に起きる”こむら返りとして、よくあるのが、仰向けになって、“足の甲が伸びきった”状態になって、寝ているうちに、こむら返りが起きるケースです。
これは、仰向けになって、“足の甲が伸びきった”状態になると、ふくらはぎや足の裏側の筋肉が、縮んだ状態になるので、『こむら返りの一歩手前』になる為です。
更に、脚が冷える条件が加わると、筋肉が収縮し易く、血めぐりが悪くなるので、足の甲に布団の重みがかかった時に、一気に、筋肉の異常興奮が起き、いきなり、脚が、「痛!」という状態になります。

【 腰周りの違和感や痛み 】(図)腰周りの違和感や痛み

このように、こむら返りには“昼間に起きる”タイプと“夜間に起きる”タイプに分けられますが、この2つのタイプの特徴を持ち合わせて、しかも、多いのが『腰周りの、違和感や痛みを原因とするこむら返り』です。
例えば、運動や立ち仕事などで、腰が疲労していたり、あるいは、運動不足や同じ姿勢が続いて、血行が悪くなったり、腰がコワバッテいたり、している場合です。
これによって、「何となく腰がダルイ」とか、「腰が固まっている感じ」、「腰に鈍痛(どんつう)がする」、などを感じる状態になると、何かのキッカケで、お尻からふくらはぎに延びる坐骨神経を刺激して、こむら返りを起こしてしまいます

 

この理由から、妊婦さんや、デスクワークの人に、こむら返りが起き易くなっています。
体重の増加や運動不足などで、体重を支える負荷が増したり、ふくらはぎの筋肉が弱ったりするので、腰や脚に疲労が生じ易くなって、神経の誤作動を起こし易くなるからです。
しかも、妊婦さんの場合、身体のバランスを取ろうとして、腰を反らしている事が多い事や、デスクワークの場合には、前かがみ姿勢が続く事から、余計に腰から下の筋肉に過剰な負担がかかるようになります。

 

更に、姿勢の悪化・冷え・肥満などがあると、繰り返して何度も、こむら返りが起きるようになります。
腰やお尻の筋肉を、必要以上に緊張させたり、血行が悪くなっていたりするので、脚の動きをコントロールしている坐骨神経が過敏状態となって、誤作動が起こし易くなるからです。
「腰痛はあるけれど、坐骨神経痛は関係ない」と思っていても、ひんぱんに起こるこむら返りは、坐骨神経痛の典型的な症状と言えるので、腰の症状を解消させる事が大切です。

【 当院の、こむら返りの予防と回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、こむら返りの予防として、腰から下の、下半身の筋肉の柔軟性や血行を回復させる事を、重点的に行っています
仕事や家事などで、腰から下疲れた状態になっていると、これによって、本人は気づいていなくても、腰から下の血行が悪くなって、老廃物が溜まり、こむら返りが起き易くなるからです。
特に、ふくらはぎは、『第二の心臓』と言われるように、下半身に届いた血液を、心臓に戻すポンプの役目をしているので、その機能を活発化させる事で、こむら返りの予防に、効果があります。

 

当院では、こむら返りの予防対策に、お尻から足先に伸びる坐骨神経の反応点(ツボ)を確認し、ツボ治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点でもあるので、坐骨神経の反応点(ツボ)を解消させる事で、こむら返りの予防対策になるからです。
反応点(ツボ)に、しっかりと力が伝わるように、垂直にゆっくりと、そして痛気持ちいいくらいの強さで押して、坐骨神経に刺激を与え、働きを回復させていきます。

 

また当院は、こむら返り起こした後の、回復治療も行っています。
激痛は無くなってもの、こむら返りの“引きつり感”が残っていると、再発させる原因になるだけでなく、不安感から生活に支障が起きてしまいます。
この為、筋肉の違和感を解消させる為に、ふくらはぎの“筋ポンプ”を、活発化させると共に、下半身全体の筋肉の柔軟性や血行の回復や、ツボ治療を行って、坐骨神経の反応点を解消させる治療を行っています。

 

腰痛は、日本人が訴える痛みの中で最も多い症状なので、中高年以降になって、こむら返りを繰り返す場合は、「腰に原因があるのかも?」と、腰の状態を、疑ってみる事をお勧めします。
当院は、下半身全体の、血行の改善や疲労を回復させ、こむら返りの予防や、体調維持の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。