首の疲労や緊張による、めまい( 頸性めまい )

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)頸性めまい

 

導入文

「ちょっと疲れたかな~」とか、「寝不足かな~」と思っていたら、不意に、めまいが起きて、目の前が“クラクラ~”としたり、頭が“フラフラ~”としたりする事があります。

しかも、身体のコントロールが効かなくなって、身体のバランスが突然失われてしまい、意識も薄れてくるので、「何か、脳に異常が起きたのでは?」と、不安に襲われてしまいます。

しかし、めまいの80~90%は“首周辺の疲労や緊張が原因”になって起きているので、まずは安静にして、頭重感や肩こり、そして首の筋肉の状態などを、チェックしてみる事が大切です。

【 首の筋肉の疲労や緊張で 】(図)首の筋肉の疲労や緊張

めまいに悩まされるのは、女性に多くなっていて、男女で比較すると1対3と、男性の約3倍にもなり、なかでも60代以上になると、2人に1人の女性がめまいを経験していると言われています。
ところが最近では、20~30代の比較的若い男性にも、めまいが起きるようになっています。
原因として指摘されているのが、仕事で、長時間のパソコンやスマートフォンなどを使い続けていると、自律神経や首への負担が大きくなる事です。

 

これは、パソコンやスマートフォンなどを使い続けているうちに、精神的な緊張から、体調を保つ自律神経(交感神経と副交感神経)がオーバーワークの状態になると、体調を保つ働きの中で、姿勢を保つセンサーが混乱してしまい、姿勢の維持ができなくなってしまうからです。
また、ジッと画面を見続けるので、頭の位置を維持する首の筋肉が、疲労したり緊張したりしてくると、首の中の血管が圧迫されて、脳に送られる血液量が低下したり、不安定になったりして、貧血に近い状態になり、脳が必要とする酸素が不足するようになり、「飽きる」、「疲れを感じる」、「眠たくなる」などの、頭の疲れを感じてきます。
このように、精神的な緊張や、首に疲労や緊張が増してきた時に、思わず、目の前が“クラクラ~”としたり、頭が“フラフラ~”としたりする、めまい症状を『頸性めまい』と言います

 

『頸性めまい』は、始めのうちは一過性ですが、首の筋肉の疲労や緊張をそのままにしていると、次第に、何度も繰り返すようになります。
自律神経の働きが不安定になったり、首や肩の疲労や緊張で脳に送られる血液量が少なくなったりするので、チョッと首を廻したり、ひねったり、伸ばしたりすると、姿勢位置を感じ取るセンサーに混乱が生じてしまうからです。
また、身体の中で、瞬間的に血液量を調整する働きも低下してくるので、脳に流れる血液量も安定性が失われて、高い所の物を取ろうとしたり、起き上がろうとしたりすると、身体がフワフワとした感じになったり、気が遠くなる感じになったり、「意識が無くなるのでは?」と思って、不安にかられる事が多くなったりします。

【 更に、首凝りがあると 】(図)首凝り

特に、普段から、首凝りに悩まされて、首にコワバリや圧迫感などを感じていると、『頸性めまい』が起き易くなります。
首の筋肉が凝った状態になっていると、コワバリ感や圧迫感だけでなく、首の神経が絶えず刺激されて、首の神経が敏感な状態になるので、不快感も起きて、それによって首の筋肉に疲労感や緊張感が増す為です
この為、首周りに凝りや緊張を感じている人の中で、めまいの予感や不安を感じる人の割合が、80~90%にもなっています。

 

また、首凝りが強まると、首を回したり曲げたりする時に使われる『胸鎖乳突筋』と呼ばれる筋肉の凝りが強まるので、これによって、自律神経の働きに支障を与えて、『頸性めまい』を起き易くさせます。
この筋肉が、自律神経の働きと深く関係しているので、この筋肉がコワバルと、自律神経の働きに支障を与えるからです。
例えば、この『胸鎖乳突筋』が凝ってコワバルと、この筋肉が耳の下から喉に沿って、胸の前の鎖骨に伸びているので、「喉の詰まり感」や「締め付け感」などが起き、更にこのコワバリが続くと、自律神経に影響を与えて、「呼吸が浅くなる」、「何となく体の調子が悪い」という状態になり、頭痛、めまい、耳鳴り、目の奥の痛み、『頸性めまい』などを引き起こします。

 

更に、耳の奥で、身体のバランスを保つ役割をしている三半規管も、首凝りによって血液やリンパ液の流れが乱れると、『頸性めまい』が起き易くなります。
三半規管は、耳の中のわずかなリンパ液の流れから、位置情報を得ているので、首凝りで、耳の中の血流やリンパの流れが途絶えたり、乱れたりすると、身体のバランスを取る働きがダウンしてしまうからです。
この為、「ストレスで緊張する事が多いか、どうか?」が、『頸性めまい』を診断する重要な項目になっています。

【 頸性めまいと、その特徴 】(図)頸性めまいの特徴

めまいの種類を、めまいを起こす原因から大きく分けると、『脳の異常からくるめまい』と『耳の異常からくるめまい』の、2種類があります。
『脳の異常からくるめまい』の場合は、脳出血、脳梗塞などが関係しているので、重い神経症状を伴うのが特徴になっています。
『耳の異常からくるめまい』の場合は、吐き気が嘔吐を感じたり、耳鳴や難聴もあったり、風邪にかかっていたりなど、他の症状が伴っている事が多くなっています。

 

これに対して、『頸性めまい』の場合は、首の凝りや緊張以外に、原因となる障害がありません。
首の凝りや緊張があるので、肩こり、頭重感、頭痛、腕のしびれ、肩甲骨内縁の痛み、耳鳴り、などの症状が伴う事が多くなっています
この為、『頸性めまい』が起きるケースとして、パソコンやスマートフォンの操作などで姿勢が悪かったり、ストレスや不安で悩んでいたり、忙しく仕事をしていたりして、首の疲労や緊張が増し、凝り症状を感じている時に、何気なく頭の向きを変えたり、立ち上がろうとしたりした時に、急に、頭がフラッとしたり、気が遠くなったり、倒れそうになったりしています。

 

このように、首の凝りや緊張が強まると『頸性めまい』が起き易くなっていますが、その中でも、“首の左側”に凝りや違和感が強まると、「めまいが起き易くなる!」と、指摘する人が多くいます。
これは、首のリンパ管が、構造上、左右対称ではない事や、首の左側に流れ込むリンパ液が多い事や、また、右利きの人が多い事から、左側の首や肩が凝り易くなる、などが考えられています。
例えば、利き手(右側の手)の反対側の手(左側の手)は、様々な作業の際に物を固定したり、持ち続けたりと、動かないように、筋肉に力が入っている事が多いので、血流が悪くなって疲労が溜まり易くなる事とか、利き手がフルに使えるように、利き手と反対側に重心を置くので、利き手の反対側に負担が大きくなる事、などがあるからです。

【 当院の、頸性めまい治療 】(写真)当院の治療

当院では、めまい症状に対して、ツボ反応を利用して、首の凝りや緊張のチェックを行い、その後、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療により、解消を行っています。
これは、首凝りが生じて『頸性めまい』が起きていても、首凝りは、肩凝りや腰痛と違って、ハッキリとした痛みを感じる事が無く、自分で首の筋肉を触ってみても、筋肉の緊張状態がよく分からない事が多いからです。
あるいは、首凝りによって、肩こり、頭重感、頭痛、腕のしびれ、肩甲骨内縁の痛み、耳鳴り、などを感じていても、これによって『頸性めまい』を起こす事に、気付く人が少ないからです。

 

このような事から、当院では、めまいの治療を行う前に、首凝りの問診や、ツボ反応を利用して首から肩にかけて反応点を確認し、その後、その反応点を利用して、筋肉の柔軟性回復と血行促進を行っています
ツボは、身体に不調が生じると、身体の異常を知らせる“反応点”として、強く現れる性質があり、しかも、この“反応点”に適度な刺激を加えると、効果的な“治療点”になるからです。
しかも、筋肉の深部に硬結(シコリ)ができていると、血流を途絶えさせて、めまい症状が起き易くなるので、このような硬結(シコリ)の解消には、ツボ反応を利用したマッサージ治療が、硬結(シコリ)の柔軟性回復や血行の改善に効果があります。

 

このようなツボの効用から、当院は、首周囲だけでなく、首に続く後頭部や背中の筋肉なども合わせて、緊張や疲労を解消させる為に、ツボ反応を利用して、体調のチェックと改善を行っています。
首だけでなく、背中のコワバリがひどかったり、冷えや血行不良があったり、あるいは、精神的なストレスがあったりすると、それが首の緊張につながって、『頸性めまい』が起き易くなるからです。
東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、昔から、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたり、神経の興奮を抑制したりして、身体の不調解消を行っているので、首の疲労や緊張による『頸性めまい』の解消に、効果的な治療法になっています。

 

首は、脳の働きに、直接関係する血管や神経が通っているので、首や首周辺の血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたりするには、確かな知識と経験が必要です。
当院は、国家資格による東洋医療系のマッサージ治療で、首周辺の筋肉の緊張を和らげ、更に硬結(シコリ)の解消、血行の改善などで、めまい治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。