首の疲労や緊張による、めまい( 頸性めまい )

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)頸性めまい

「寝不足かな~」とか、「ちょっと疲れたかな~」と思っていたら、不意に、めまいが起きて、目の前が“クラクラ~”としたり、頭が“フラフラ~”としたりする事があります。

身体のバランスをとっていた神経が、突然失われて、身体のコントロールが効かなくなったような状態になり、意識も薄れていくので、身体の安定を保っている耳や脳に、「何か、異常が起きたのでは?」と、不安にさせられます。

しかし、実際には、めまいの80~90%は“首周辺の疲労や緊張が原因”になっているので、まずは安静にして、頭重感や肩こり、そして首の筋肉の状態をチェックしてみる事が大切です。

【 首の筋肉の疲労や緊張で 】(図)首の疲労や緊張

一般的に、めまいが起きるのは、中高年以降に多くなっていて、60代以上では2人に1人が経験者と言われ、女性に多く、男性の約3倍にもなっています。
ところが最近では、20~30代の比較的若い男性にも、めまいが起きるようになっています。
原因として指摘されているのが、長時間のパソコンやスマートフォンなどの操作で、首への負担が大きくなっている事です

 

これは、首の筋肉が、疲労や緊張などの負担が大きくなると、首の中を通っている自律神経(交感神経と副交感神経)に影響して、“位置情報の機能”が保てなくなり、障害を与えてしまうからです。
また、首の筋肉の緊張によって、首の血管が圧迫され続けると、脳に送られる血液量が不安定になり、更に頭をひねったり、反らしたりすると、血管が狭まって“貧血”に近い状態となるからです。
このように、首の疲労や緊張によって引き起こされる、めまい症状を『頸性めまい』と呼ばれます。

 

『頸性めまい』の症状は、始めのうちは一過性ですが、首の筋肉の疲労や緊張をそのままにしていると、次第に、何度も繰り返すようになります。
例えば、チョッと首を廻したり、ひねったり、伸ばしたりすると、自律神経や脳に送られる血液量が不安定になっているので、身体がフワフワとした感じになったり、気が遠くなる感じになったりします。
この為、高い所の物を取ろうとしたり、起き上がろうとしたりすると、「意識が無くなるのでは?」と思い、不安にかられるようになります。

【 更に、首凝りがあると 】(図)首こり

特に、普段から首凝りに悩まされていると、『頸性めまい』が起き易くなります。
首に凝りを感じると、首の神経が絶えず刺激されて、首の神経が敏感な状態になるので、それによる不快感から、首の筋肉に疲労感や緊張感が増す為です
この為、首周りに凝りや緊張を感じているうちに、めまいの不安も感じる人が、80~90%にもなっています。

 

また、首凝りが強まると『胸鎖乳突筋』と呼ばれる、首を回したり曲げたりする時に使われる筋肉の凝りが強まるので、これによって、自律神経の働きに支障を与え、『頸性めまい』を起き易くさせます。
この筋肉が、自律神経の働きと深く関係しているので、この筋肉がコワバルと、自律神経の働きに支障を与えるからです。
例えば、この『胸鎖乳突筋』が凝ってコワバルと、この筋肉が耳の下から喉に沿って、胸の前の鎖骨に伸びているので、「喉の詰まり感」や「締め付け感」などが起き、更にこのコワバリが続くと、自律神経に影響を与えて、「呼吸が浅くなる」、「何となく体の調子が悪い」という状態になり、頭痛、めまい、耳鳴り、目の奥の痛み、『頸性めまい』などを引き起こします。

 

更に、耳の中の三半規管はストレスに弱いので、この事も、首凝りで“位置情報の機能”の働きを乱して、『頸性めまい』を起こし易くさせます。
緊張が強まってしまい、耳の中の血流やリンパの流れを乱し、身体のバランスを取る仕組み(三半規管)の働きをダウンさせてしまうからです。
この為、「ストレスで緊張する事が多いか、どうか?」が、『頸性めまい』を診断する重要な項目になっています。

【 頸性めまいと、その特徴 】(図)首凝りの随伴症状

以前は、めまいの分類は、大きく分けて『脳からくるめまい』と『耳からくるめまい』の、2種類でした。
『脳からくるめまい』の場合、脳出血、脳梗塞などが関係しているので、重い神経症状を伴うのが特徴になっています。
『耳からくるめまい』の場合には、吐き気が嘔吐を感じたり、耳鳴や難聴もあったり、風邪にかかっていたりなど、他の症状が伴っている事が多くなっています。

 

これに対して、『頸性めまい』は、首の凝りや緊張以外に、原因となる障害がありません。
但し、首の凝りや緊張があると、首凝りの随伴症状として、肩こり、頭重感、頭痛、腕のしびれ、肩甲骨内縁の痛み、耳鳴り、などが伴います。
首の凝りや緊張が原因になっているので、パソコンやスマートフォンの操作などで、普段から姿勢が悪かったり、枕の高さが合ってなかったり、忙しく仕事をしていたりしていると、『頸性めまい』が起き易くなっています。

 

『頸性めまい』は、首の凝りや緊張が原因になっていますが、その中でも、首の左側に、凝りや違和感を生じている時に、めまいを起こす事が多くなっています。
これは、首の左側のリンパ管の流れが、構造上、悪くなり易い事が影響していると考えられています
このような時に、何気なく頭の向きを変えたり、立ち上がろうとしたり、前を見ようとした時に、急に頭がフラッとしたり、気が遠くなったり、倒れそうになったりします。

【 当院の、頸性めまい治療 】(写真)当院の治療

当院では、このような『頸性めまい』の改善に、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療によって、首の凝りや緊張の解消を行っています。
これは、身体の不調時に、身体の異常を知らせる“反応点”として、ツボ反応が強く現れるので、『頸性めまい』の場合も、ツボ反応を確認する事で、首から肩にかけての疲労や緊張の治療点が、特定し易くなるからです
しかも現れたツボを利用して、直接働きかけるので、『頸性めまい』に影響を及ぼしている患部の、筋肉の柔軟性回復と血行促進が効果的にできます。

 

このようなツボの効用から、当院は、ツボ反応を利用して体調をチェックしながら、体調の改善を行っています。
特に、肩こりがひどかったり、身体が硬かったり、身体に冷えや血行不良があったり、あるいは、精神的なストレスがあったりすると、それが首の緊張につながるので、ツボ反応を利用したマッサージ治療が効果的です。
めまい患者の中で、首凝りによる『頸性めまい』は80~90%を占めているので、めまいに悩まされたら、まず、首の筋肉を疑ってみる事が大切です。

 

更に、『頸性めまい』の改善には、首周囲だけでなく、首に続く、後頭部や背中の筋肉なども合わせて、緊張や疲労を解消する事が必要です。
そして、それらの筋肉の深部に、硬結(しこり)がある場合は、解消させて、めまいの原因を無くす事も必要です。
このような身体の不調を解消するには、血行やリンパの流れを良くしたり、筋肉の弾力性や柔軟性を高めたり、神経の興奮を抑制したりする、東洋医療をベースにしたツボ治療とマッサージ治療が適しています。

 

首は、脳の働きに、直接関係する血管や神経が走行しているので、首周辺の治療には、確かな知識と経験が必要です。
当院は、国家資格による東洋医療系のマッサージ治療で、首周辺の筋肉の緊張を和らげ、更に硬結(シコリ)の解消、血行の改善などで、めまい治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。