四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)、合う? 合わない?

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)五十肩のリハビリ治療

導入文

五十肩の治療で、最初の頃の、「肩を動かすと激痛が走る」、「夜も眠れないほど痛む」などの、非常に強い痛みが和らいでくると、病院の治療方針は、安静を保つ事から、肩関節の動きを取り戻す事と痛みを軽減していく為に、リハビリ治療(運動療法)に移っていきます。

しかし、まだ、痛みによる身体の無意識の防御反応から、肩や背中の筋肉の緊張が続き、それによって血行不良も続くので、神経の過敏状態が解消せず、「治りかけては、再び痛みがぶり返す…」、という繰り返しになります。

この為、過敏になっている神経を和らげて不快な痛みを軽減したり、コワバリ解消によってリハビリ治療を効果的に導いたりする為に、マッサージ治療を利用すると、痛みを起こす原因となっている筋肉の柔軟性回復や、内部の血行を増進させるなどによって、五十肩治療の効果を高められます。

【 四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)の目的 】(図)肩のリハビリ

五十肩治療で、腕を動かそうとすると肩に激痛が走ったり、夜に寝返りを打つだけで肩に痛みが起きたりした時期が過ぎて、肩の痛みが少し和らいでくると、リハビリ(運動療法)が行われるようになります。
リハビリの目的の一つが、痛みや炎症などで、肩の筋肉が引きつって固まってしまうと、肩関節を動かせる範囲が制限されてしまうので、『① 肩関節の動きを取り戻す』事で、これを防いで、改善する事です。
もう一つの目的が、肩関節の動かせる範囲が制限されると、関節内が炎症したまま血行が悪化するので、神経を刺激して痛みがいつまでも続いてしまうので、運動によって『② 痛みを軽減する』事で、血行を促して、痛みを和らげる為です。

 

この、大きな二つの目的以外にも、『③ 肩甲骨の自由な動きを取り戻す』事があります。
肩甲骨が肩関節の多くの筋肉や靭帯とつながっているので、肩甲骨が無理なく動けるようになると、「腕にかかる負荷が減る ⇒ 肩関節の動きの回復 ⇒ 関節内の炎症の低下による痛みの軽減」となって、症状が改善されるからです。
この為、五十肩治療の成否のカギが、「肩甲骨の動きを回復させられるか、どうか?」と言われるほど、『③ 肩甲骨の自由な動き』が、肩関節を動かすのに重要なポイントになっています。

 

更に、『④ 背中の筋肉のコンディショニング』も、可能になります。
肩周囲の痛みによる無意識の防御反応から、肩や背中の筋肉が緊張して血行不良になると、背中にも痛みが起き易くなるだけでなく、肩関節の治りが悪くなってしまうので、リハビリをする事よって血行が改善され、筋肉の働きを回復できます。
この為、リハビリの専門家が、患者の姿勢や関節の動き、筋力などをチェッし、痛みに関連すると思われる問題点を探り、患者の身体の状態に合わせたリハビリを行っていきます。

【 リハビリのやり方や、設定の難しさ 】(図)リハビリの範囲

しかし、肩の激痛が収まってきた慢性期になっても、「何とか我慢出来るぐらい」の状態なので、フトした、何かのキッカケで、急に強い痛みに襲われる事が、よくあります。
例えば、着替えや洗髪をしようと、無意識に腕を上げたり廻したりすると、その途端、鈍い痛みが強まって中断させられたり、痛みが起きるのを油断して動かした時や、急に動いた時に、突然、肩に激しい痛みがぶり返したりなど、いろいろなケースがあります。
この為、五十肩の慢性期は、「油断していると、いきなり腕を“動かせなくなる”苦痛を、強く感じる時期」と、言われています。

 

このような事から、肩関節を動かすリハビリ(運動療法)に移ってくると、リハビリのやり方や、度合いや加減の設定が難しくなってくるので、「四十肩・五十肩のリハビリ(運動療法)の合う? 合わない?」、という問題が出てきます
例えば、肩関節が固まってしまったような感じや、痛みを起こしそうな不安を感じていると、筋肉を余計に緊張させてしまったり、あるいは、他の部分の筋肉を使って動かしたり、などをしがちです。
また反対に、痛みの出ない範囲で無難に済ませていると、形だけのリハビリになってしまうので、「一向に変化がない」結果になったり、あるいは、ある程度動くようになっても、「頭打ち」状態になってしまったりします。

 

しかも、このような状態が続くと、背中の凝りや痛み・不快なダルサなどが強まったり、いつまでも続いたりするので、背中の不快な痛みに悩まされるようになります。
これは、筋肉のコワバリや血行の悪化が続くと、肩や首に、自律神経や、筋肉を動かす神経、脳に血液を送る太い血管、老廃物を運ぶリンパ管、などが通っているので、これらが障害されて、痛みが起きてくるからです。
更に、それらの影響で、身体の不調感が増してくると、頭痛、集中力の低下、不眠、イライラ感、めまい、なども起きてきます。

【 コワバリやシコリができると 】(図)背中のコワバリやシコリ

このような問題を少しでも解消する為に、肩周囲の筋肉の状態をチェックし、コワバッテいる筋肉の柔軟性を回復させ、内部の血行を促して、血流を増進させる事が重要になります。
これは、肩関節が、肩の深部の筋肉によって支えられている構造になっているので、肩関節をとりまく深部の筋肉の柔軟性を改善させると、痛みが和らぐだけでなく、リハビリへの抵抗感が少なくなり、治療がスムーズに進められるようになるからです。
中でも、肩を動かす際に使われる深部の筋肉(インナーマッスル)をチェックして、コワバリ状態を緩める事が重要になります。

 

また、肩関節のコワバリを緩める為に、肩関節の土台となっている肩甲骨を囲んでいる筋肉の働きを回復させる事が必要なので、背中の筋肉のコワバリやシコリを解消させて、滞っている血液の流れを改善させる事も大切です。
病院では、このような目的で、肩関節をとりまく深部の筋肉を緩める為に、ホットパックや湿布薬、超短波治療器、超音波治療器、などがよく用いられています。
リハビリ(運動療法)の、腕の重みを利用して左右に振る『振り子運動』や、痛みのない方の手で患側を誘導する『棒体操』も、同じ目的で勧められています。

 

しかし、実際には、痛みや炎症などで、肩や背中に、いったん深部の筋肉にコワバリやシコリができてしまうと、肩や背中の深部筋肉の回復を長引かせてしまい、痛みや不快感がいつまでも続いてしまいます
特に、肩甲骨の近くに、ズキズキとした痛みを発するシコリができると、神経が過敏な状態になるので、チョッとした動作や、軽くても持続した動作を行うと、シコリ付近から肩や背中全体に、痛みが拡がったり、増したりします。
この為、リハビリ治療だけでなく、毎日の生活をする為にも、背中の取りづらい深部の筋肉のコワバリやシコリを解消させる事や、それらによって滞っている血液の流れを改善させたりする事が、必要になります。

【 当院の、五十肩のマッサージ治療+運動療法 】(写真)当院の治療

五十肩による肩や背中の回復に、当院は、マッサージ治療に運動療法を加えて、深部の筋肉の柔軟性を高めたり、内部の血行を回復させたりする施術を行っています。
当院が行う運動療法の方法は、患者は横になったままの姿勢で、施術者が患者に無理が無いように、肩や肩甲骨を動かす事で行う『他動運動』なので、自分ではなかなか動かしづらい部分を、動かす事が出来ます
例えば、五十肩治療で重要な『肩甲骨の動きの回復』も、患者に負担が少なく、腱の癒着などを取り除き、コワバッテいる肩関節周囲の筋肉の弾力性や柔軟性を回復させ、肩甲骨の可動範囲を拡げられます。

 

また、マッサージ治療の特徴である、血行改善や筋肉の柔軟性の回復を行う事によって、不快な痛みを軽減する効果があります。
マッサージ治療が『筋肉の柔軟性回復』と『血行改善』の2点に、特化した治療方法なので、気になる肩関節や背中などの筋肉のコワバリを解消すると、それによって、神経の過敏が和らぐ効果があるからです。
更に、背中の筋肉のコワバリやシコリが解消されて、柔軟性が増すと、肩関節にかかっている負荷が少なくなって、肩関節に余裕が生まれるので、これによっても、不快な痛みが軽減します。

 

更に当院は、身体の不調を知らせる箇所(ツボ)を利用して、体調の改善を行っています。
特に、身体の硬い人、疲労感や緊張感が身体の残る人、運動不足の人、姿勢の悪い人の場合、ツボ治療にマッサージ治療を組み合わせて、身体のバランスを整えると、肩の負荷を減らす事ができます。
自分で自分の身体を動かすストレッチとは異なり、身体の力を抜いて、リラックスした状態で、治療のツボ刺激が受けられるので、治療を効果的に導き、完治までの期間を早める事が、期待できます。

 

慢性期の五十肩治療は、リハビリが中心になりますが、背中の深部の緊張を解消させる事で、背中全体の不快な痛みが和らぎ、リハビリが行い易くなります。
当院は、マッサージ治療に運動療法を加えて、血液の循環の改善や筋肉のコワバリ解消を行い、これによって、五十肩の痛み軽減や関節可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。