仕事の効率化と、健康管理(オフィスマッサージ)

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)仕事の効率化と、健康管理

導入文

疲れは仕事の大敵で、男性も30代になって、身体が疲れ易くなってくると、「20代の頃は、会社の残業は平気だったけれど、最近キツクなった!」と、実感させられる事が多くなります。

今まで、疲労は、老廃物の乳酸菌が身体に溜まって、筋肉や内臓が弱った現象と説明されていましたが、最近は、その影響よりも、むしろ、身体をコントロールしている自律神経がオーバーワーク状態となった為に、身体の機能が弱った現象である事が分かってきました。

この事から、心身をスッキリさせ、集中力を上げて仕事に取組めるように、疲れを感じたら早いうちに、オーバーワークとなった自律神経を回復させられるように、オフィス内にマッサージルーム(オフィスマッサージ)を設けている企業が増えてきました。

【 疲労は、自律神経の疲れから 】(図)自律神経の機能低下

男性の多くが、20代を過ぎて、30代ぐらいになって、身体の新陳代謝が低下してくると、今まであまり感じていなかった疲労や、それに伴う不快感・痛みに、悩まされるようになります。
例えば、肩こりは疲労の代表格で、他にも、PC操作による疲労で、首から肩甲骨にかけての張りや、座り過ぎによる疲労から、腰痛、前傾姿勢による背中の痛み、などが多くなっています。
疲労の原因として、以前は、「筋肉に老廃物の乳酸が溜まる為」と言われましたが、最近では、「自律神経の疲れによるもの」と分かってきました。

 

これは、空調の効いた部屋の中で、机に向かった、筋力をあまり使わない仕事であっても、実際は、人間関係のストレス、目標への義務感、パソコン操作による精神的な緊張、仕事内容の不満やイライラなどで、体調を保つ自律神経に、多くの負担がかかり続ける為です
この結果、自律神経がオーバーワーク状態になって、体調を保つという本来の働きを果たせなくなってくると、身体を休ませようとして、「疲れる」、「飽きる」、「眠くなる」、などの疲労感覚が現れます。
言ってみれば、疲労を感じてくるのは、自律神経が身体の状態を安定させる事が難しくなって、「もうこれ以上は、体調を保つ事がムリ!」と、自律神経からのギブアップのサインです。

 

この『自律神経の疲弊によって、疲労が起きる』事の、分かり易い説明として、「同じ運動をしても、暑いと、疲れ方が全く違う」、という例がよく使われます。
同じように運動をしていても、身体が暑くなってくると、身体の安定を保つ為に、呼吸や心拍、血圧、そして体温などをコントロールしている自律神経が酷使されるからです。
これによって、自律神経の負荷が大きくなると、身体を安定させる事ができなくなって、身体を休ませようとして、身体から『疲労』という警告信号が発せられ、疲労』を強く感じさせられるからです。

【 モチベーションの低下だけでなく、周りに影響も 】(図)イライラ

体調を保つ自律神経は、呼吸や心拍など、ヒトが生きる上で重要な機能の司令塔なので、この体調を保つ機能が保てなくなると、「身体が痛む」、「精神的に落ち込む」など、いろいろな症状が現れます。
他にも、「頭が重い」、「慢性的な疲労」、「だるさ」、「食欲不振」、「身体のダルサ」、などが起きてきます。
しかも、体調が悪化すると、神経の感受性が過敏になって、神経が高ぶった状態になり、「イライラ」したり、「憂鬱や不安な気持」になったり、などの不調感が増します

 

このような心身の不調が生じると、会社でやるべき仕事を、頭の中で理解していても、仕事のモチベーションが低下してしまいます。
「身体がダルイ」、「気が滅入って、何もしたくない」、「頭が重い」、という状態に陥ってしまうと、「何とか、仕事をやりこなそう!」と思っていても、心身の不調からモチベーションが維持できなくなってしまうからです。
しかも、「気が向かなくても、ヤラなければいけない!」と思っていると、この負担感から、心に更に大きなエネルギーの負担を感じさせるので、ますますモチベーションを低下させてしまいます。

 

また、自律神経の乱れは、本人が心身の不調に悩まされるだけでなく、周りの人に影響します。
自律神経の働きが乱れてイライラした状態になると、周囲の人は、態度や言葉からそれを感じて、できれば近寄りたくないと思うだけでなく、雰囲気が悪くなり、重苦しい雰囲気を作ってしまうからです。
この結果、仕事で話したい事があっても後回しにしてしまったり、重要な事を言い出せなかったりして、仕事に影響が出てしまいます。

【 自律神経の働きを保つ対策 】(図)自律神経の疲労解消

現在のデスクワークによる疲労の特長として、パソコンを使った思考方法が中心になるので、いろいろな事を思い浮かべて考えていく事よりも、脳の特定の神経回路を連続して使い続ける事が多くなっているので、脳がオーバーヒートしたような状態になっています。
しかも、脳がオーバーヒートしたような状態になると、それにより、自律神経も酷使されて、心身を休める為に働く神経(副交感神経)の働きが低下してしまいます。
この結果、身体を休ませるだけでは、酷使された脳の疲労がなかなか解消されないので、身体の疲労や緊張の解消だけでなく、脳の疲労を回復させる為に、時間がかかったり、気分を転換させる工夫が必要になったりします。

 

この為、体調を維持し、積極的に仕事に取り組めるように、新しい考え方が出てきました。
自律神経の働きがオーバーワークになる前に、身体の中の不要になった老廃物を排除させ、代わりに、新しい酸素や栄養を全身に送り込む事と、更に、心身がホッとするような“リラックス感”を取り戻して、体調を保てるようにする事です
これによって、身体や心が張り詰めた状態になっても、身体の柔軟性が保たれ、血行が維持されているので、身体の疲労や緊張を緩和させ、また、リラックス感”から脳の血流がキープされているので、脳の疲労感や緊張感を緩和させる効果もあります。

 

このような効果を期待して、企業の中に、身体の疲労解消と共に、自律神経の疲労解消を、支援する込業が増えてきました。
身体や心が張り詰めた状態になってしまうと、従業員が、どんなに高いモチベーションがあっても、どれほど高いビジネススキルがあっても、能力が発揮できないからです。
更に、平成27年12月から、メンタルヘルス対策・過重労働対策の為に、従業員50名以上の会社に、従業員のストレスチェックが義務付けられた事も、大きく影響しています。

【 社内マッサージ(オフィスマッサージ)】(写真)オフィスマッサージ

このようなニーズから、社員のセルフケア意識向上やメンタルケア対策として、出張マッサージを利用して、社内マッサージを取り入れる会社が増えてきました。
『オフィスマッサージ』と呼ばれ、空いている会議室などを利用し、ベッドやタオルなどの備品を用意し、希望する社員にマッサージを行い、福利厚生の一環として、社員の体調管理や健康指導の役割を担当しています。
しかも、脳の疲労感や緊張感を緩和させて、スッキリと仕事ができるようになるので、仕事の効率のUPだけでなく、職場の雰囲気の向上にもなっています

 

『オフィスマッサージ』の具体的なメリットとして、
1、質の高い休養(マッサージ)の機会を設ける事によって、仕事のメリハリをつけ、生産性や作業効率のUP。
2、マッサージを受ける時間を設定する事で、社員の時間管理意識を高め、モチベーションの向上が図れる。
その他、福利厚生制度としての満足度の向上や、会社のブランド力のUP、離職率の低下などにもなっています。

 

しかも、日頃忙しくて、なかなか心身のケアができない社員の方にとって、人気の福利厚生になっています。
デスクワークによる疲れは、“長時間の同一姿勢”が、大きな原因になっているので、身体や心が張り詰めた状態になる前に、気になった段階で、身体の“血行回復”を行うと、解消効果が大きくなるからです。
この為、15分程度のオフィス内のマッサージでも、タイムリーに筋肉の張りやコリを解消すると、心身がリラックスした感じになります。
特に、ストレスやイライラ感は、溜まったエネルギーを放出しようとする感情なので、マッサージによって身体や脳の血流が促進されると、脳の疲労感や緊張感を緩和させるので、ストレスやイライラ感の解消に有効な対策になっています。

 

疲れによって、効率が落ちたり、集中力が無くなったりすると、ミスや長時間労働など『負のスパイラル』に陥るので、疲れは仕事の大敵です。
当院は、患者に合わせたマッサージ治療を行い、心身の健康サポートを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。