肩から腕の、しびれ や だるさ と、首元の痛み( 胸郭出口症候群 )

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ などの、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

肩から腕の、しびれ や だるさ と、首元の痛み( 胸郭出口症候群 )

首や肩の、強い凝りだけでなく、肩から腕に“しびれ”や“だるさ”も感じてきたら、要注意です。

もしかしたら、『胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群』かもしれません。

胸郭出口症候群は、首スジから胸元(胸郭出口)を走行している神経や血管が、圧迫を受けて、肩から腕に“しびれ”や“だるさ”などが出る症状を言います。

【 首スジから胸元の、凝りや緊張から 】首スジから胸元の、凝りや緊張

この症状の問題になるのは、肩の前方下にある鎖骨と、その下の第一肋骨の間との、7mmぐらいの“すき間”の状態です
すき間には、心臓から腕に向かう動脈や、首から腕に伸びる神経の束、そして腕から心臓に戻る静脈、などが通っています。
この為、過緊や過労などで、このすき間が圧迫されると、これらの神経や血管も圧迫されて、“しびれ”や“だるさ”などの神経症状(=症候群)を引き起こすからです。

 

例えば、長時間のデスクワークが毎日続くと、猫背になりがちな上に、両肩を前方に突き出すような姿勢になります。
しかも、首を一定の角度で長時間固定し続けるので、首スジから胸元にかけて、凝りや緊張が強まったままになります。
この結果、鎖骨とその下の第一肋骨も圧迫されて、押し下げられ、そして、内側の神経や血管が圧迫されるので、“しびれ”や“だるさ”などの、胸郭出口症候群を発症させます。

 

他にも、いつも商品を抱えたり、重い物を持つ事が多かったりする場合も、引き起こし易くなります。
両肩に力を入れて、脇(わき)を絞めたような状態になるので、鎖骨を引き下げ、胸郭出口の“すき間”を狭めるからです。
ギターやバイオリンのように、軽い楽器でも、いつも決まった姿勢で、長期間続けて演奏していると、やはり、同じ状態が起きます。

【 自覚症状 】自覚症状

胸郭出口症候群の特徴的な症状は、『首や肩の強いコリや痛み』+『腕の痛み・しびれ感』です
これは、前にかがみ姿勢になって、両肩を前に突き出した姿勢を続けているので、肩こりの原因になるだけでなく、“首の前側”の筋肉も、緊張させるからです。
この結果、首や胸で、神経が締め付けられて、肩や腕に、痛みやしびれを感じるようになります。

 

また、症状として、肩や腕のダルサが、起きる事もあります。
神経の働きや血行が、障害される為です。
この為、冷感、手の血色の悪さ、むくみなどが、併発されます。

 

ところが、首や肩に、強い凝りや痛みの自覚が無い事もあります。
しかし、“首の前側”の筋肉を圧すると、筋肉の弾力性が無くなっているので、直接、骨を押されたような、不快な痛みを感じます。
また、背伸びをすると、胸側の筋肉が縮んだ状態になっているので、胸苦しさを感じます。

【 胸郭出口症候群のチェック法 】チェック法

胸郭出口症候群の、自分でできるチェック法として、鎖骨の向きを調べる方法があります。
鎖骨の本来の位置は、ツッカエ棒として、胸を横に広げていられるように、中央から斜め上方に、ほぼ横一線に伸びています。
しかし、胸郭出口が狭くなっていると、V字型になり、真ん中がへこんだ状態になります。

 

また、鎖骨の上のくぼみ(胸郭出口)を、指で圧迫する方法もあります。
少し胸を反らして行うと、分かり易くなります。
前胸部がくぼんだ状態になると、神経が過敏になって、圧痛や、ひびく痛みが生じます。

【 病院での治療 】病院での治療

病院での治療は、筋肉の緊張が障害の原因となっているので、よほどの重症例でないかぎり、保存療法が中心です。
例えば、原因となりそうな動作を避け、十分に筋肉のストレッチや軽い運動をする事、などです。
決定的な治療法があるわけではないので、どちらかというと、地味な治療法になります。

 

処方されるものとしては、消炎鎮痛剤、血流改善剤、ビタミンB1などの投薬や、温熱治療などです。
リハビリ用の設備のある病院では、患部に超音波を当てたり、肩を引き上げる装具の着用などを行なったりします。
これによって、首周りの硬くなった筋肉をほぐす事や、姿勢に注意をする事で、神経にかかる負荷を減らしていきます。

 

しかし、病院での治療は、かなり治療期間を要します。
これは、仕事の都合で、長時間のPC作業や下向き姿勢のスマホ操作などがあると、姿勢の影響で、解消させる事が難しくなるからです。
しかも、首の骨や肩甲骨骨の位置がズレテいたり、背骨に歪みやネジレが起きていたりすると、余計に回復が難しくなります。

【 マッサージ治療 】マッサージ治療

この為、短期間に回復させるには、症状の引き金となっている筋肉を見つけ出し、その筋肉の過緊張を解消させる事が必要です。
胸郭出口症候群の場合、首スジから胸元の凝りや緊張が特徴となっているので、①肩甲骨周りの筋肉の柔軟性回復、②喉の過緊張解消、前胸部のリラックス化、が重要になります
しかし、首周辺は、筋肉が薄い上に、痛みを感じ易く、しかも、重要な神経や気管などがあるので、経験と技術のある治療が必要です。

 

このような場合に、長年の経験を活かし、安全で安心感のあるのが、マッサージ治療です。
マッサージの治療は、もともと、筋肉の緊張や、身体のダルサや不調などの解消に、利用されてきました。
胸郭出口症候群にも、この手技療法が活用できます。

 

最初に、首・肩・背中・前胸部などを触診し、シコリや圧痛点、腫れなどを確認します。
この後、ツボ刺激やマッサージ治療で、それぞれの凝りや緊張の解消を図り、圧迫を受けている神経の通り道を、回復させていきます。
原因となっている患部の緊張を、直接、解消させていくので、即効性があり、効果的で、患者も、その場で、緊張が和らいでいくのが実感できます。

 

胸郭出口症候群の大きな原因は、首・肩・背中・前胸部の凝りや過緊張です。
当院は、マッサージ治療をベースに、身体の緊張を解消し、しびれや痛みなどの改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。