肩から腕の、しびれ や だるさ と、首元の痛み( 胸郭出口症候群 )

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)胸郭出口症候群

 

導入文

デスクワークが毎日続く、なで肩の女性、事故で首を痛めた事がある、美容師、などの人の中に、「腕の、しびれやだるさ」や、「手の動かしにくさ」、「手の冷感」、「首元の痛み」、などの違和感に悩まされる人がいます。

首スジから胸元にかけて、凝りや緊張が強まり易くなっていると、胸元の内側を通っている、腕に続く神経や血管を圧迫するので、それによって、腕や手に“異常な感覚”を起こしてしまうからです。

症状の改善には、凝りや緊張が強まり易くなっている箇所(患部)を確認し、これらを緩めて解消する事が必要なので、筋肉や血行の治療を得意としている東洋医療系のマッサージ治療が、効果的で、治療期間が短くて済みます。

【 首スジから胸元の凝りや緊張から 】(図)胸郭出口

首や肩の痛みや凝りが強まると、「腕の、しびれやだるさ」や、「手の動かしにくさ」、「手の冷感」、「首元の痛み」、などで悩まされる人がいます
悩まされている人の中で、多いのが、パソコン作業やデスクワークを長時間している人、美容師や教師のように腕を顔より上に挙げている事が多い人、猫背姿勢のまま腕や手を酷使する人、交通事故などで首を痛めた人、なで肩の女性の人、などです。
これらの人は、首スジから胸元の凝りや緊張が強まり易くなっているので、首スジから胸元の内部を走行している神経や血管が圧迫されると、首元の痛みと共に、腕に伸びる神経や血管に障害を与えてしまうからです。

 

このような症状を、『胸郭出口(きょうかくでぐち)症候群』と言い、基本的に『首や肩の強い凝りや痛み』+『腕の痛み・しびれ感』が特徴になっています。
胸郭出口症候群の“胸郭出口”とは、首から主要な神経や血管が腕に通じている部分を言い、この通路部分は、狭くなっている上に、いくつもの神経や血管が通っているので、少し混み合った状態になっています。
この為、首スジから胸元の凝りや緊張が強まり易い人は、首や肩に凝りや緊張が起きると、その通路を狭めて、神経や血管を圧迫して、肩から腕の感覚神経や運動神経を麻痺させてしまい、“しびれ”や“だるさ”などが出易くなります。

 

胸郭出口症候群の症状は、他にも、「肘から先の小指側に沿って刺すような痛みや、うずくような痛みがする」、「握力が弱まる」、「細かい作業がしにくくなる」、といった症状も現れます。
また、「手の指のしびれ感」、「腕から手にかけての熱いあるいは冷たい感じ」、「手の脱力感」、「頚部・肩・背部・前胸部のうずく様な痛み」、などに悩まされる人もいます。
このような症状は、午前よりも、疲れが出てくる午後に出てくる事が多く、症状が長く続くと、体調を保っている自律神経系に影響を与えて、頭痛や吐き気などの症状を訴える人もいます。

【 神経や血管が圧迫されて 】(図)神経や血管の圧迫

言ってみれば、胸郭出口症候群は、首スジから胸元の筋肉の強い張りで、神経や血管が締め付けられた事による症状です
この為、デスクワークや、パソコン作業、スマホ操作などで、“前かがみの猫背姿勢”が毎日続くようになると、首スジから胸元の筋肉の張りが慢性化して、胸郭出口症候群が起き易くなります。
しかも、両肩を前方に突き出すような姿勢になって、ストレートネックの状態になると、首スジから胸元にかけての凝りや緊張が、ますます強まるので、胸郭出口症候群が起きる可能性が大きくなります。

 

また、デスクワークや、パソコン作業、スマホ操作以外にも、いつも商品を抱えていたり、重い物を持つ事が多かったりしていると、やはり、胸郭出口症候群を起こし易くなります。
両肩に力を入れて、脇(わき)を絞めたような状態になるので、肩が引き下げられた状態になり、胸郭出口の“すき間”を狭めて、神経や血管を圧迫するからです。
同じ理由から、ギターやバイオリンのように、軽い楽器でも、いつも肩を引き下げた姿勢で、長期間続けて演奏していると、やはり、同じ状態が起きます。

 

胸郭出口症候群は『首や肩の強い凝りや痛み』+『腕の痛み・しびれ感』が、症状の特徴になっていますが、首から胸元の筋肉が縮んだ状態になっているので、それによる“違和感”に気付く事があります。
例えば、上を見上げたり、顔を横に向けたりすると、首から胸元の筋肉が縮んだ状態になっているので、喉元が圧迫されて、胸苦しさを感じるようになります。
また、“首の前側”の、喉元の筋肉の柔軟性が無くなっているので、喉に“凝り”ができたように感じ、圧迫感と共に不快な痛みも感じます。

【 胸郭出口症候群のチェック法 】(図)チェック法

胸郭出口症候群を確かめる為に、自分でできるチェック方法が、いくつかあります
例えば、腕や肩を上げた時に、腕にしびれや脱力感を感じるか、どうかを、確認する方法です。
この動作によって、繰り返し、腕のしびれや脱力感が起きる場合は、胸郭出口症候群の可能性があります。

 

また、胸の上の、横に並んだ2本の鎖骨の向きを調べる方法があります。
鎖骨の本来の位置は、ツッカエ棒として、胸を横に広げていられるように、中央から斜め上方に、ほぼ横一線に伸びています。
しかし、首スジから胸元の筋肉の強い張りで、胸郭出口が狭くなっていると、2本の鎖骨の真ん中がへこんだ、V字型になります。

 

また、鎖骨の上のくぼみ(胸郭出口)を、指で圧迫する方法もあります。
少し胸を反らして行うと、分かり易くなります。
首スジから胸元の筋肉の強い張りで、前胸部がくぼんだ状態になっていると、神経が敏感になって、圧痛や、ひびく痛みが生じます。

【 病院での治療 】(図)首の牽引

病院の治療は、原因が、首スジから胸元の凝りや緊張の強まりなので、よほどの重症例でないかぎり、ほとんど保存療法です。
しかし、保存療法と言っても、決定的な治療法があるわけではないので、どちらかというと、地味な治療法を続ける事になります
例えば、原因となりそうな動作を避け、首や肩の筋肉の十分なストレッチや軽い運動、などです。

 

痛みを軽減させるものとして、消炎鎮痛剤、血流改善剤、ビタミンB1などの投薬や、温熱治療などがあります。
リハビリの設備のある病院では、患部に超音波を当てたり、首を牽引する装具の着用などを行なったりします。
これによって、首周りの硬くなった筋肉を和らげたり、姿勢に注意をする事で、神経にかかる負荷を減らしたりします。

 

この為、病院の治療は、かなり治療期間を要します。
これは、病気と気づかず、症状を長引かせてしまっている事が多いので、首や肩に硬いコワバリやシコリができていたり、肩甲骨骨の位置が本来の位置からズレタまま固定化されたりして、筋肉の緊張を解消させる事が難しくなっている事が多いからです。
また、回復治療を受けても、仕事の都合で、長時間のPC作業や、下向き姿勢のデスクワークなどをしなければならないので、元の状態の戻すのに、日にちがかかってしまうからです。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、直接、首スジから胸元(胸郭出口)の筋肉の過緊張の解消を図り、内部の神経や血管の圧迫を取り除く事を行っています
マッサージ治療が、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などの効果があるので、胸元の筋肉の疲労や緊張の回復にも、効果的な方法になっているからです。
しかも、首とその周辺は、筋肉が薄い上に、痛みを感じ易く、しかも、重要な神経や気管などがあるので、長年の経験を活かし、昔から安全で安心感のあるマッサージ治療が、安全性や安心感から、適しています。

 

当院では、最初に、首・肩・背中・前胸部などのツボ反応を使って、シコリや圧痛点、腫れ、などの患部を確認して、この後、ツボ治療やマッサージ治療を行っています。
ツボ刺激やマッサージ治療で、血行やリンパの流れの改善と、筋肉の弾力性や柔軟性を高める事で、硬いコワバリやシコリの神経の興奮を鎮め、圧迫を受けている神経や血管の通り道を回復させています。
特に、胸郭出口症候群の場合、首スジから胸元の凝りや緊張が強まっているので、ツボ反応のある患部の凝りや緊張を中心に、①喉付近の過緊張解消、②前胸部のリラックス化、③肩甲骨周りの筋肉の柔軟性回復、などの施術を行っています。

 

また、当院では、胸郭出口症候群の改善効果を高める為に、施術者が肩甲骨を動かしながら可動域を拡げる“運動療法”を行って、肩甲骨付近の筋肉を、“伸ばして、緩める”ようにしています。
胸郭出口症候群の場合、猫背だけでなく、肩が内側に丸まって『巻き肩』になり、それによって、胸の筋肉が内側に圧迫されている事が、多くなっているからです。
これによって、肩甲骨周辺の筋肉を“伸ばして、緩める”ようにすると、背中全体の筋肉のコワバリが解消されてくるので、胸元の筋肉も緩んで、患者も身体が和らいでいくのが実感できます。

 

しびれは日常で起こり得る症状ですが、胸郭出口症候群の場合は、一時的ではなく何度も生じる事が特徴で、そのままにしていると、慢性化してしまったり、なかなか症状が改善しなかったりします。
当院は、マッサージ治療をベースに、背中や胸元の筋肉の緊張を解消して、血行を促し、しびれや痛みなどの症状回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

 

 

SNSでもご購読できます。