脚(足)が、むくむ (セルフケアでは困難な方に)

【(症例)身体の不調や、不快感 】

 

(写真)脚(足)が、むくむ

デスクワークや、外回りの営業、接客などの立ち仕事で、脚のむくみから、脚太りや、脚の不快な違和感、腰痛に悩まされている人が多くなっています。

同じ姿勢を続けているうちに、脚の組織液(水分を含む血液、リンパ液など)の循環が悪くなり、細胞のすき間などに水分が停滞するからです。

むくみの解消には、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③関節の可動域を広める、などが必要なので、マッサージにツボ刺激を加えた治療法が効果的です。

【 脚太りから、違和感や腰痛に 】(図)脚が、むずむず

脚がむくむと、足首から余分な水分が溜まってしまうので、身体は太くないのに、足首から“脚太り”が目立つようになります。
“脚太り”になると、脚が“パンパン”に張ったように感じますが、実際は、皮膚の下に過剰な水分が溜って、皮膚表面の張りが無くなって、膨(ふく)らんだ状態になるので、弾力を失い、皮膚が“たるんだ”状態になります。
脚が膨(ふく)らんだ状態になるので、この結果、「靴下を脱いだ後の跡が、いつまでも残る」とか、「指で脚を押すと、凹みが消えにくくなる」、といった状態が起きてきます。

 

また、見た目の問題だけでなく、血液やリンパの流れが悪くなっているので、脚のダルサや疲れが強まって、痒(かゆ)みや、むずむずとした感じ、脚がつる、なども起きてきます。
脚が膨(ふく)らんだ状態になるので、神経を圧迫したり、溜まった老廃物によって、内部の神経を刺激したりして、違和感が生じる為です。
この状態を繰り返していると、脚のむくみや重量感、だるさなどが、朝になっても取れなくなったり、いつまでも違和感が解消できなくなったりします。

 

そして更に、脚だけでなく、腰にも、「だるい」や「痛い」など、不快感や鈍痛などを引き起こします。
脚に、むくみやダルサを起こすと、毎日の脚の動きにも影響を与え、股関節の位置の左右差が大きくなったり、骨盤の高さが違ってきたりして、腰を支える機能にアンバランスが生じるからです。
しかも、腰を下から支えているお尻は、負荷が増しても自覚がほとんど無いので、その分、腰に負荷が増し、これにより、絶えず腰が、「だるい」とか、「痛い」などの不快感が続くようになります。

【 ストレスによるむくみ 】(図)ストレス

このような原因として、座り仕事や立ち仕事などの姿勢の問題だけでなく、ストレスにからの影響も大きくなっています。
ストレスを感じると、心身が緊張状態になり、血管が収縮したままになるので、血行が妨げられるので、リンパ液の流れが悪くなるからです
この結果、人間関係や仕事などでストレスが重なってくると、下半身のリンパ液の流れが悪くなるので、自分でも足取りが、「重くなったり」、「ダルクなったり」と、感じてきます。

 

しかも、女性の場合、ストレスを感じると、むくみが余計に増す傾向があります。
緊張やプレッシャーの影響を受け易い事や、不安を何度もイメージするので、ストレスホルモン(コルチゾール)が増す為です。
このホルモンは、もともと、「飢餓や外敵でも戦える身体」にする為のホルモンと言われ、栄養をエネルギーに変え、血圧を高める働きをします。

 

このホルモンがストレスを受けて増えると、「飢餓や外敵でも戦える身体」にする為に、体内の水分を保持しようとする働きが強まり、水分の排泄が、普段のように行われなくなります。
この結果、体内に水分が滞って、脚のむくみや、顔のむくみ、を引き起こすようになります。
更に、ストレスが一時的ではなく、期間が長くなって老廃物や水分が増えると、女性の女性らしい身体の曲線を作っている皮下脂肪に、溜まった老廃物や水分がくっついてしまい、皮膚の表面がボコボコに見える“セルライト”を作ってしまう事があります。

【 筋肉ポンプの活性化 】(図)筋肉ポンプ

むくみをそのままにしていると、皮膚がたるんだ状態になるだけでなく、老廃物の排出や、酸素や栄養の取り入れが障害され、元の状態に戻せなくなります。
この結果、むくみは、見た目の問題だけでなく、体調にも影響を及ぼします。
よく起きる症状として、身体のだるさ(動くのが億劫になる)、冷え性、頭痛、眠気、食欲不振、腰痛、などがあります。

 

むくみの解消に、マッサージが利用されていますが、マッサージの手法として、次のようなマッサージがあります。
良く知られているのが、リンパマッサージで、リンパの流れを促進し、水分と老廃物を、体外に排泄させる事を目的にしています。
もう一つが、静脈マッサージと呼ばれ、静脈の流れを促して、心臓に血液を戻す血液循環の改善を、目的にしたのもあります。

 

しかし、大事な事は、筋肉の働きを取り戻して、リンパ液や静脈血を送り出す『筋肉のポンプ作用を活性化』させる事です
中でも、ふくらはぎの筋肉を活発化させて、リンパ液や静脈血を排出させる事が大事です。
『上半身の血流は心臓が、下半身の血流はふくらはぎが担っている』と言われるぐらい、余分な水分の排出に効果があります。

【 当院の、むくみ治療 】(写真)当院の治療

このような、『筋肉のポンプ作用を活性化』させる方法として、ツボ刺激を利用した、東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。
脚に、脚に溜まっている水分を流す為に、“コリ”の解消と同じように、筋肉内の硬結部を確認し、筋肉の働きを回復させる事が、必要になる為です。
当院は、セルフケアでは困難な、脚のむくみの解消には、マッサージにツボ刺激を加えて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、筋肉の働きを回復させています。

 

これは、ツボが、体調に変化が起こった時に、ツボが、反応点として顕在化するからです。
しかも、身体の異常を知らせる箇所であるだけでなく、症状を改善させる箇所でもあるので、脚の筋肉の状態を確認しながら、顕在化したツボを刺激すると、ツボ周囲の緊張が緩み、血液やリンパ液の流れを改善する効果があります。
当院では、ツボに刺激を加えた後に、更に、ツボ周辺の筋肉にマッサージ治療を加え、血行やリンパの流れを改善し、促進させています。

 

また、当院では、リンパ液が多く集まる腰や膝の関節付近には、運動療法を加えて、リンパ液の流れを高めています。
腰や膝の関節を曲げている事で、血行が悪化するだけでなく、脚の付け根(鼠径部)や膝裏は、下肢のリンパ管が集まっているので、リンパ液が溜まり易くなっている為です。
しかも、リンパ液の流れ自体が、とてもゆっくりしていて、時として、流れなくなる事があるので、腰や膝の関節付近の循環を、促進させる事が必要になります。
このような、局所の循環改善には、筋肉や血行の改善を得意としている東洋医療系のマッサージ治療に、運動療法を加えると、回復効果が高まります。

 

気になるむくみは、ストレスの影響もあるので、国家資格のあるマッサージ治療院で、一度しっかりと、身体の状態を確認してもらい、治療を受ける事を、お勧めします。
当院は、筋肉や関節部分の診断を通して、筋肉の硬直や血流障害を解消させ、循環の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。