マッサージの 保険治療 と 自費治療

【(症例)身体の硬さや、健康管理 】
(写真)保険マッサージ

 

導入文

マッサージの治療で、保険が効くものを『保険治療』と言い、保険料分を保険者(健康保険組合など)または国が支払ってくれるので、患者の支払う負担額が少なくて済みます。

これに対して、保険が効かないものを『自費治療(自由診療)』と言い、治療費は全て患者の負担になりますが、患者側の希望に沿ったマッサージが受けられるので、「身体のバランスを整えて、身体の不調を和らげる」、「慢性的な痛み不快感の改善」、「精神の安定化」、などの施術も可能になります。

マッサージを受ける時に、『保険治療』の適応確認は大切ですが、治療の対象範囲が限られているので、自分に合った「より快適な治療」や「より良い結果」を選ぶ場合には、『自費治療(自由診療)』を含めて選ぶ事が重要になります。

【 接骨院(整骨院)の保険マッサージ 】(図)接骨院の保険適応

接骨院(整骨院)で、「各種健康保険、使えます」といった看板をかかげて、よくPRしていますが、接骨院(整骨院)で実際に認められている保険適応は、“外傷によるケガ”による“応急処置”の範囲です。
これは、接骨院(整骨院)が、古武術から、日本古来の伝統的な“外傷によるケガ”の応急処置(活法)を受け継いできたので、「柔道整復師」という名称で保険適用が認められ、現在の形となったからです。
但し、“外傷によるケガ”であっても、骨折や脱臼の疑いがある場合には、接骨院(整骨院)での十分な診断や治療が難しいので、整形外科での受診を優先させる事を目的にして、最初の1日の応急処置を除いて、医師の同意が必要になっています。

 

このような制約から、接骨院(整骨院)で、実際に行われているのは、①関節をひねって痛めてしまった捻挫、②身体をぶつけてしまった打撲、③筋違いや肉離れなどの挫傷(筋肉や腱が打撃または無理に伸ばされた事による怪我)、の3種類の治療です
しかも、比較的軽度の“外傷によるケガ”の応急処置の範囲なので、ほとんどが、ホットパックで患部を温めたり、低周波・干渉波などで、電気治療をしたりした後に、5分くらいの簡単なマッサージをして終わりという、一種のルーティンワークのような治療になります。
この為、接骨院(整骨院)で受けられる保険マッサージも、比較的軽度の“外傷によるケガ”ンの為の、“応急処置用”のマッサージになります。

 

この事から、接骨院(整骨院)で、「健康保険が使える」という看板があっても、全ての治療に保険が使えるのではないので、「自分の症状に保険が適応できるのか?」、「接骨院(整骨院)のマッサージが合っているのか?」などを、判断する事が必要です。
例えば、一般的な、肩こりや腰痛、筋肉疲労などのマッサージは、“緊急の外傷性の負傷”ではないので、健康保険は適応されず、自費治療(自由診療)となり、施術料は全額自己負担になります。
また、持病や季節の変わり目の痛みのように、長期の症状で改善が見られない症状の場合や、以前に治癒した箇所が自然に痛み出した症状、慢性の症状なども、“緊急の外傷性の負傷”ではないので、保険対象にはなりません。

【 医師から同意書を得た保険マッサージ 】(図)保険が効くマッサージ

接骨院(整骨院)での“外傷によるケガ”の“応急処置”ではなく、国民健康保険を使って、マッサージ治療を受けられる制度があります。
但し、この場合は、『筋麻痺』や『関節拘縮』などの特定の症状に限られ、また、マッサージ治療を受ける事に対し、事前に医師から同意書をもらう事が条件になります
例えば、「病院で治療を受けても、関節が硬くて動かない、又は動きが悪い」、あるいは、「筋肉が麻痺して自由に動けない」などの場合で、医師が「症状を緩和するのに有効」と認められた場合です。

 

しかし、この場合でも、保険適応できるのは、国が定めた『最低限の治療』の範囲内に限られます。
この為、治療時間は1単位20分と決まっているので、整形外科のマッサージ治療や電気治療を受けても、受けられる治療時間は15分~20分ぐらいです。
また、訪問マッサージの場合も、施術時間は一般的に20分ぐらいで、長くても30分です。

 

これは、保険を使ったマッサージが、神経痛などの慢性病であって、医療機関において治療を行ったものの効果が現れなかった場合や、医師による適当な治療手段が見当たらない場合に、限られているからです。
このような身体の状態ならば、症状の改善の為に、医師による理学療法の代替的な治療手段として、比較的安い費用でマッサージ治療が利用できるようになっています。
また、保険治療の費用は全国一律になっているので、どこでマッサージ治療を受けても、同じ費用でマッサージ治療が受けられます。

【 自費治療(自由診療)のマッサージ 】(図)自費治療

保険治療とは違って、疲労や緊張の解消を目的としたマッサージや、患者が望む十分なマッサージを受けるには、保険が効かないので『自費治療』になります。
患者にとって、経済的負担は大きくなりますが、保険治療では物足りない方に向いています。
『自費治療』のマッサージは、個々のニーズに対応した治療が可能になるので、広範囲に痛みやコリがある方、症状が慢性化している方、早く改善したい方、時間をかけて長くほぐしてもらいたい方などに、適しています

 

施術する側も、『最低限の治療』に制約される事が無いので、時間や施術の幅が広がって、対処し易くなります。
マッサージの費用は、一般的に、料金を10分間で1000円を相場として、症状の範囲や程度、患者側からの要望などから、施術時間や費用を決めています。
調査によると、治療院でのマッサージ費用は、3,000円台が一番多く、そして4,000円台、5,000円台という順になり、これらの料金でほとんどを占めており、一部の治療院で15分ぐらいのクイックマッサージを行っています。

 

但し、国家資格者が施術を行っている治療院の場合には、『医療費控除』の制度があるので、『自費治療』のマッサージであっても、申告をすれば、費用の一部を国が負担してくれます。
国が負担する額は、支払った医療費から、保険金などで補填された額と10万円を引いた額が対象になり、上限が200万円で、総所得が200万円以下の場合は、10万円の代わりに総所得の5%を引いた額となります。
この医療費控除を受けるには、①マッサージを行った施術者が『国家資格』、②施術者が『治療』としてマッサージを施術、③国家資格者が治療を行った旨を領収書に記載、が必要になります。

【 当院のマッサージ治療 】(写真)当院の治療

このように、マッサージの『保険治療』と『自費治療(自由診療)』には、それぞれ制約や特徴があるので、メリットやデメリットがあります。
しかし、マッサージが昔から利用され続けてきたのは、「体調が良くない」と感じられた時に、マッサージを利用する事により、身体のバランスを整え、身体の不調を和らげたり、精神を安定させたり、してきたからでした
この為、費用も大切な判断項目ですが、体調の改善を目的にしている場合には、「より良い結果」や「より快適な治療」を考えて、崩れかけた身体のバランスを整える事が重要になります。

 

特に、疲労や精神的な緊張によって、身体の不調や、不定愁訴などを起こしている場合は、現代医学の治療の対象になりにくいのが現状です。
東洋医療は、患者一人ひとりの体質や身体全体の状態を総合的に判断して、身体全体のバランスを整える事を重視しているので、このような症状の時に、体調改善に役立ちます。
この為、治療院を選ぶ場合は、ホームページやパンフレットなどで、治療院の考え方や症例など、情報をしっかりと提供している所を選び、その上で、「保険が効くのか?」、「保険が効かないのか?」を、確認したり、問い合わせしたりする事が大切です。

 

当院の場合、東洋医療系をベースにして、マッサージ治療を行っているので、ツボ反応を利用し、何が原因で心身の不調が起きているのかを、身体を触診しながら施術を行なっています。
ツボの位置が、全身に張り巡らされた神経が重なり合う箇所に存在しているので、ツボ反応が顕在化した場合には、身体の異常を知らせたり、疾病の治療点として症状を改善させたりして、治療点としての有効な作用を発揮するからです。
そして、身体の不調に現れたツボとマッサージを組み合わせる事で、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」、「関節の可動域を広める」、「筋肉の疲労回復」、「肩こり・腰痛などの痛みを改善させる」、などで身体のバランスを整え、体調改善の治療を行っています。

 

自費治療のマッサージを選ぶ時は、『あん摩マッサージ指圧師』の国家資格者のいる治療院で、患者の症状に合わせて、多くの治療例を公表している所が、重要なポイントになります。
当院は、長年の訓練を積んだマッサージ治療で、患者の方が納得して、安心して受けられる治療を、目指しています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の硬さや健康管理などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。