パソコン操作(じっとしている姿勢)の緊張や疲労と、その解消

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)パソコン操作

 

導入文

パソコン操作は、ジッと『同じ姿勢を維持する筋肉』が、休み無く働き続けるので、次第にジワジワと、筋肉内に酸素不足や疲労物質や老廃物の蓄積が起き、身体の様々な不調が起きます。

このタイプの疲労は、活動による疲労ではなく、同じ姿勢をずうっと続けた事による疲労なので、身体全体の筋肉が凝り固まって、疲労箇所が特定しづらくなり、これによって、休養をとってもなかなか回復できなかったり、あるいは、運動やストレッチをしても、かえって疲労が増したりします。

このような『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労の回復には、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、疲労箇所を確認し、それによって身体のコンディション調整をしている東洋医療系のマッサージ治療が効果的で、その上、リラックス効果も得られます。

【 ジッとしている筋肉の疲労 】(図)ジッとしている筋肉

長時間、パソコン操作をしていると、首や肩の凝りや、後頭部の疲労感、背中の肩甲骨あたりのダルサや痛み、腰の鈍痛などで、ジッとしていても、身体が辛くなってきます。
この為、「パソコン操作をしているだけで、身体が疲れてしまう」とか、「何も特別な事をしていないのに、酷く疲れる」、と気になってくると、自分の体力低下も気になってしまいます。
しかし実際には、このタイプの疲労は、パソコン操作の為に身体を固定し続けている為に、『同じ姿勢を維持する筋肉』が休み無く働き続けた為に、筋肉が疲労してしまった事が原因です

 

『同じ姿勢を維持する為の筋肉』の、最初の頃の疲労の感じ方は、首、肩、腰などが、「ダルク感じる」、あるいは、「身体が動きづらくなって、ドンヨリとする」、といった程度です。
これは、自分では気づかない、姿勢を維持する筋肉が、張り詰めた状態が続くので、身体の疲労箇所がハッキリしなかったり、血行の低下からも疲労やダルサを感じたりするので、「身体全体に、疲れが溜まってきた」と感じます。
しかし、このような日々の疲労がジワジワと増してくると、身体のいろいろな所の筋肉がガチガチに固まってくるので、「朝起きた時に、首が動かしづらい」、「背中がコワバッテ、ダルイ」、「椅子に座っていると、腰が痛む」、などが起きたり、眠ろうとしても神経が高ぶって、眠りづらくなったりします。

 

しかも、この『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労は、ジッとしている事が必要になっているので、精神的なストレスがあると、ますます、身体のダルサや、凝り、痛みなどが、増すようになります。
ストレスを感じていると、身体の筋肉が余計に緊張するので、『同じ姿勢を維持する筋肉』の血管を更に収縮させて、ますます血行を悪くさせてしまうからです。
この結果、対人関係、待遇、仕事内容、目標の高さ、勤務時間などで、精神的なストレスを感じると、緊張や疲労が強まってしまいます。

【 クタクタ解消 or ダルサ解消? 】(図)くたくた疲労

筋肉の働きの中で、運動や動作をする場合には、手足などの『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』が中心になって働きますが、デスクワークでは、腰や背中などの『同じ姿勢を維持する筋肉』が中心となって働き続けます。
他の筋肉も、この2つの働きを、必要に応じて使い分けながら行っているので、どちらの働きが多いかによって、疲労を解消する為のポイントが変わってきます。
『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』の“クタクタ解消”なのか、『同じ姿勢を維持する筋肉』の“ダルサの解消”なのかを区別して、疲労解消の方法を選ぶ事が重要になります

 

例えば、『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』の疲労解消には、“身体に溜まった疲労物質や老廃物の除去”をメインに考えて、血液を積極的に循環させて、心臓に戻す事が必要です。
この代表例が、運動後のクールダウンで、運動強度を徐々に落としますが、筋肉ポンプによる血行を維持して、身体に溜まった疲労物質や老廃物を除去していきます。
他にも、運動後に、お風呂やシャワーなどで身体を温める事が良いと言われるのも、これにより血管が拡がって血流が促進されて、身体に溜まっている老廃物や疲労物質の排出が促されるからです。

 

それに対して、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労は、“身体の姿勢を保つ筋肉の柔軟性が無くなって硬化”するので、この結果、全身の血行が低下し、身体の酸素不足や、疲労物質や老廃物が排出しにくい状態になります。
パソコン操作による疲労は、このタイプで、身体の姿勢を保つ筋肉が緊張で硬化し、これによって血管が圧迫されて血行不良の状態となるので、この状態を解消させるには、最初に、筋肉の緊張によるコワバリを解消させる事が、何より重要です。
筋肉の緊張によるコワバリを解消しないで、休養するだけでは、これによって血行がいつまでも回復しないで、疲労が残るようになり、また、このような時に、硬くなった筋肉や停滞した血行を回復させようとして、運動したりストレッチをすると、血行が一時的に良くなっても、しばらくすると、運動やストレッチによる負荷が増して、後から筋肉に痛みや不快感が強まったり、更に疲れや体調不良が酷くなったりする事があります。

【 筋肉内の、シコリの発生 】(図)シコリの発生

しかも、『同じ姿勢を維持する筋肉』が疲労すると、筋肉の中にシコリが生じ、このシコリによって、緊張や疲労を強めたり、疲労を慢性化したりします
シコリは、筋肉の緊張が強まったまま、長引くと、筋肉の組織が、複雑に絡み合ったまま、縮こまってしまうので、発生します。
上から触ると、シコリ部分がコリコリと感じられ、筋肉内部が凝り固まった状態になっているので、ストレッチや運動をしてみても、周囲の筋肉は伸ばせても、肝心のシコリ部分が残ったままとなって、解消が困難になります。

 

シコリができると、絶えず不快感に悩まされる状態になるのは、シコリによって毛細血管の血流が途絶えて、付近の神経が過敏状態となるからです。
しかも、この絶えず不快感に悩まされる事によって、体調を保つ自律神経の働きが乱されてくるので、不快感や痛みの感覚が過敏になって、不快感が増したり、痛みが強まったりします。
この結果、首や肩にできたシコリの不快感から、頭痛や頭重感が強まったり、腰の筋肉にできたシコリの不快感から、ズキズキとした腰や脇腹の痛みが増したりして、シコリによって、身体に不調が起きる原因になります。

 

更に、シコリの発生によって、症状を慢性化させたり、更に悪化させたり、します。
痛みや不快感が続いて、筋肉が緊張したままになるので、それによって血行も悪化した状態が続き、不快感や痛みが治りづらくなったり、悪循環となったりする為です。
この結果、『頭痛持ち』『慢性的な腰の痛み』『ギックリ腰』などが、起きてきます。

【 当院の、疲労解消治療 】(写真)当院の治療

疲労の中でも、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労の解消の場合には、身体を支えている筋肉の疲労なので、①筋肉内のコワバリやシコリの確認と解消、それにより、②血行不良部分の回復を、行う事が重要です
東洋医療系のマッサージ治療は、体調の回復や、自律神経に働きかけて精神的なリラックス効果もあるので、このような『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労タイプの、体調の回復に適しています。
特に、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせるツボを利用して、症状を改善しているので、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労による、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れ易い」、「食欲が無い」、「眠れない」、「イライラする」などの、「何となく身体の調子が悪い」といった症状の改善に適しています。

 

当院は、このような効果から、東洋医療系のマッサージ治療をベースに、現代の手技療法を加えて、身体のコンディショニングを行っています。
特に『同じ姿勢を維持する為の筋肉』の緊張や疲労の解消策として、背骨・肩甲骨・股関節などにウエートを置いて、筋肉の状態と、骨の並びのズレについて、チェックと確認を行っています。
これらの箇所は、身体を支えながら、前後互いに伸び縮みをしながらバランスを取っているので、本人が感じている以上に、身体を支える筋肉がガチガチに凝っていたり、骨の並びがズレテいたり、する事が多いからです。

 

また、シコリができる箇所が、東洋医療のツボの位置とほぼ一致しているので、当院は、ツボ反応を活用して、筋肉の柔軟性を回復や、血行の改善、関節の可動域の回復などを行っています。
ツボ反応を利用する事で、疲労や痛みの解消だけでなく、血行を促進させて老廃物を排出したり、自律神経に働きかけたりして、体調の不調解消に効果があるからです。
特に、肩甲骨に沿った部分や、背中から腰の中心部分、お尻の股関節部分などは、筋肉の強いコワバリやシコリが多くあるので、ツボ反応を利用師ながらマッサージ治療を行うと、効果的に筋肉の弾力性や柔軟性を、回復させる事が出来ます。

 

デスクワークをしていると、どうしても『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労が増しますが、仕事の都合で、解消が難しくなります。
当院は、ツボ反応を併用したマッサージ治療で、身体の疲労で神経や血管などが圧迫され易い、腕・肩・背部などの筋緊張を確認し、不快な症状の解消を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。