パソコン操作(じっとしている姿勢)の緊張や疲労と、その解消

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ などの、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

パソコン操作(じっとしている姿勢)の緊張や疲労

長時間、パソコン操作をしていると、肩の凝りと共に、背中の肩甲骨あたりの強いダルサや痛みや、腰の筋肉の鈍痛などに、悩まされてきます。

そんな時、「パソコン操作だけなのに、身体の全体に疲れを感じてしまう…?」とか、「何も特別な事をしていないのに、何でこんなに疲れる?」と、疑問になります。

これは、身体を固定し続けているので、“ジッとしている為の筋肉”が、休む事なく働き続ける事になり、それによる疲労が許容限度を超えた為です。

【 筋肉の収縮しっぱなし 】筋肉の収縮しっぱなし

筋肉は、大きく分けて『伸びたり縮んだりする運動』と、『同じ長さのまま収縮する』の、2つの働きがあります
最初の、筋肉が『伸びたり縮んだりする運動』は、例えば、バーベルを上げたり下げたりとか、泳ぐ時に、腕や脚の筋肉を伸ばしたり、縮めたりする動きです。
筋肉を動かす運動なので、疲労すると、身体が動かない、息がゼイゼイする、筋肉痛、などが出るので、疲労の状態がハッキリと自覚されます。

 

もう一つのタイプの、筋肉が『同じ長さのまま収縮する』は、例えば、立ち続けたり、物を持ち続けたり、座り続けたり、する場合です。
身体はあまり動かしませんが、筋肉の緊張で、血管が圧迫されて血行不良が起き、酸素不足や、排出されるはずの疲労物質や老廃物が溜まります。
これによって、身体の働きが弱ってくると、背中や腰の重ダルサが強まった感じになります。

 

パソコン操作の疲労は、このタイプです。
身体を動かす筋肉ではなく、姿勢を保っている筋肉が、収縮しっぱなしになって、疲労したので、疲れの場所が特定しづらく、身体がダルイといった感じになります。
しかも、“脳”も、活動に必要な酸素や栄養が不足してくるので、そのまま活動ができなくなり、 身体を休ませるように、集中力や判断力などが低下したり、気力が無くなったりします。

【 クタクタ解消 or ダルサ解消? 】疲れ だるい

毎日の生活の中では、いろいろな筋肉が、この2つの筋肉の働きを、必要に応じて使い分けながら、活動しています。
この為、筋肉が、どのような働きが多いかによって、疲労解消の対策が異なります。
つまり、筋肉を動かして「クタクタ」の解消なのか、じっとしていて「ダルサ」の解消なのかを、使い分けて、疲労解消をする事が大切です。

 

例えば、筋肉が『伸びたり縮んだりする運動』をした疲労には、疲労物質を筋肉から除去する為に、血液を積極的に心臓に戻す事が必要です。
代表例が、クールダウンと呼ばれる手法で、軽く運動を行う事によって、血行を促進し、体調を整えます。
また、お風呂やシャワーで、身体を温めるのも、血液循環の改善に効果的です。

 

それに対して、筋肉が『同じ長さのまま収縮する』疲労の場合には、身体の姿勢を保つ筋肉の柔軟性が無くなり、また、毛細血管の血行が停滞した状態になります。
このような時に、硬くなった筋肉や停滞した血行を回復させようとして、わざと運動したり、ストレッチで負荷をかけたりすると、逆効果となります。
その時は、一時的に血行が良くなりますが、しばらくすると、身体が元の状態に戻り、更に運動による負荷が増すので、痛みや不快感が増したり、後で疲れや体調不良が酷くなったりします。

【 シコリの発生 】シコリ

しかも、長時間、筋肉が硬くなると、筋肉の中に、シコリができている事があります。
筋肉の緊張が強まったまま、長引くと、筋肉の組織が、複雑に絡み合ったまま、縮こまってしまい、ゴリゴリしたような、あるいは、グリグリしたような状態になって、解消されづらくなる為です
ストレッチや運動をしてみても、周囲の筋肉は伸ばせても、肝心のシコリが残ったままとなります。

 

しかも、シコリができると、そこから不快感が発生して、体調不調を起こす原因にもなります。
例えば、首や肩の筋肉にシコリができると、不快感から頭痛や頭重感が強まったり、腰の筋肉にシコリができると、不快感からズキズキと腰や脇腹の痛みが増したり、します。
これは、シコリの中に溜まった老廃物が、神経を刺激するので不快感が増して、痛みの感覚が敏感になる為です。

 

更に、症状を慢性化させたり、悪化させたりします。
痛みや不快感の我慢から、筋肉が緊張するので、それによって、血行を悪化させる事が起き、悪循環となり、痛みが治りづらくなる為です。
頭痛持ちになったり、慢性腰痛やギックリ腰を起こし易くなったりするのも、このようの事が原因になっています。

【 身体の中心部の、疲労解消 】ツボ刺激

じっとしている姿勢は、姿勢を支えている“身体の中心部”が緊張した状態になり、それにより疲労が蓄積してきます。
しかし、“身体の中心部”の疲労は自覚しづらいので、「どんよりとした、ダルイといった感じ」の疲れに感じます。
また、睡眠をとっても、交感神経が高ぶった状態になっているので、睡眠のリズムが作れなくなって、どんどん疲労が溜まるという悪循環になってしまいます。

 

この為、“身体の中心部”にあたる、背骨・肩甲骨・股関節などの疲労部分を確認して、柔軟性を回復させ、血行を改善させる事が、ポイントになります
肩甲骨に沿った部分や、背中から腰の中心部分、お尻の股関節部分などの、疲労をチェックする事が必要です。
そして、①血行不良部分を回復させ、②筋肉内のシコリも確認して解消させる事、が大切です。

 

このような治療に、体調の回復や、自律神経に働きかけてリラックス効果も期待できる、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
一般的に、マッサージと言うと、『血行促進』や『筋肉のほぐし』のイメージがありますが、東洋医療系のマッサージ治療は、疲労や緊張を強める『シコリの解消』にも効果があるからです。
シコリができる箇所は、東洋医療のツボの位置と、ほぼ一致しているので、ツボ刺激によって、疲労や緊張を強める『シコリの解消』が期待できます。
疲労の中でも、“身体の中心部”の疲労には、応急処置的に休むのではなく、①血行不良部分の回復、②筋肉内のシコリを確認して解消し、しっかりと休める身体にする事が大切です。

 

ツボ刺激を併用したマッサージ治療は、疲労や痛みの解消だけでなく、血行促進による老廃物を排出したり、自律神経に働きかけたりするので、体調の不調解消に効果的です。
当院は、神経や血管などが圧迫され易い、腕・肩・背部などの筋緊張を確認し、不快な症状の解消を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。