疲労や緊張が慢性化し、長引く頭痛、肩こり、腰痛

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)疲労や緊張が慢性化し、長引く頭痛、肩こり、腰痛

 

導入文

毎日の仕事や家事などに追われているうちに、疲労や緊張から、筋肉内に硬いシコリができ、そこから慢性的にズキズキとする痛みが生じ、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になる事があります。

しかも、そのシコリから発する不快な痛みで、「身体の調子が、何となく悪い」という状態も引き起こし、身体がダルク感じられたり、疲労が抜けきらなくなったりしてきます。

このような、疲労や緊張から生じる筋肉のシコリは、その多くが、東洋医学のツボの位置と一致しているので、症状改善には、ツボを「反応点」や「治療点」として活用している東洋医療系のマッサージ治療が、効果的です。

【 血行悪化から、神経過敏に 】(図)血行悪化

仕事や家事でストレスや疲労が溜まり、不快な痛みが起きるようになっても、身体からのアラームと気付かず、「この程度なら…」と思って、そのままにしがちです。
ところが、この状態が続いて、不快な痛みを長引かせると、いつのまにか、筋肉内に硬いシコリができて、ますます不快感が強まったり、一日中ウットウシサに悩まされたりします。
これは、血行不良になると、身体に痛みや不快感となって現れ、更に血管を収縮させるので、これによって“痛みの悪循環”となって、ますます痛みを強めたり、慢性化させたりするからです

 

また、シコリによって血行が悪化すると、滞った老廃物が神経を刺激するので、“神経特有のズキズキとした痛み”を起こします。
血行悪化で、酸素を供給する機能が低下し、疲労が溜まり易くなるので、痛みを抑える力を弱め、反対に、神経を過敏にさせて、痛みや不快さを絶えず強く感じさせるからです。
この結果、何もしていなくても、ズキズキと、疼(うず)くような痛みが起きたり、ちょっと力が入っただけでも敏感に反応し、ジクジクとしたダルサや鈍痛が強まったりします。

 

特に、頭を支える首や肩、腕の動きを支える肩や肩甲骨、身体の軸となる腰などは、どうしても、姿勢を維持しながら動作をするので、疲労や緊張が溜まり易くなります。
更に、これらの箇所に、負荷が大きくなってシコリができてしまうと、なかなか痛みを取り去る事ができなくなり、痛みが痛みを招くといった『悪循環』を起こし、長引く頭痛、肩こり、腰痛の原因になってしまいます。
この結果、「頭が、いつも重い」とか、「肩甲骨の内側が、いつもズキズキと痛む」、「背中がスグ疲れて、痛み出す」、「腰の鈍痛に悩まされる」、「ギックリ腰を起こし易い」、などが起きてきます。

【 シコリによる、骨への影響 】(図)骨の歪み

また、関節付近にシコリができると、痛みや不快感だけでなく、筋肉の強いコワバリから、関節の柔軟な動きを無くします
この例として、よくあるのが、「首が回りづらい」、「腕大きく廻すと、肩甲骨あたりにゴリゴリとこすれる音がする」、「膝や腰を動かすと、ギクシャクした感じがする」、などです。
あるいは、チョッとした動作でも、「ギックリ腰」、「寝違い」、「肩甲骨周辺の痛み」などが、起き易くなります。

 

更に、シコリができた事で、“骨の並びを歪ませる”事があります。
シコリ付近の筋肉がコワバッテ、強く縮まった状態になるので、付着している骨を強く引っ張って、上下に一列に並んでいる骨格を崩してしまう為です。
特に、背骨や骨盤付近は、身体の軸となって、体重や姿勢の負荷が大きいので、それらの疲労や緊張でシコリができると、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』の原因になります。

 

そして『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』の状態になると、姿勢が伸びづらくなり、無理に身体を伸ばすと、ジーンとした違和感や痛みが起きます。
伸びづらくなるのは、シコリができると、周辺の筋肉もコワバリが強まるので、背骨や骨盤の、全体の筋肉の柔軟性が失われる為です。
また、身体を伸ばすと、シコリによって神経が圧迫されて、刺激されるので、『背骨の歪み』や『骨盤の歪み』が続くようになります。

【 精神的にも 】(図)ストレス

更に、シコリからの不快な痛みは、精神的に、「仕事に専念できない」、「気が滅入る」、「イライラする」、なども引き起こします
これは、絶えず、痛みの信号を送り続けるので、痛みを抑える力が弱くなって、痛みを普通より強く感じるからです。
この結果、支障をきたすほどではなくても、仕事や家事で、集中力や意欲を中断させたり、疲労感やダルサに悩まされたり、精神的に安定が保ちづらくなったりします。

 

また、不快な痛みが、自律神経の働きに影響を与えてしまうと、身体に支障が起き、「内臓の調子が悪い」、「頭がボーっとする」、「手足が冷える」、「微熱がある」、「全身がだるい」、などを引き起こします。
これは、首や背骨の間から、自律神経が出ているので、絶え間ない不快な痛みが続くと、自律神経の正常な働きに、支障を与えてしまうからです。
特に、首や肩にシコリができて、絶え間ない不快感に悩まされていると、首の中を自律神経が通っているので、頭痛、頭重感 気分障害などが、起き易くなります。

 

他にも、天気が崩れてくると、「疲れ易く、ヤル気が起きない」、「興味がわかない」、「鬱(うつ)な気分になる」、などが起き易くなります。
これは、痛みと不快感で、自律神経が不安定気味になっているので、気象(気温、気圧、湿度)の変化によって、自律神経に、更に負荷がかかってしまい、痛みと不快感が強まってしまうからです。
この為、片頭痛や関節痛、肩こりなど、持病が悪化するパターンもあります。

【 当院の、長引く頭痛、肩こり、腰痛の治療 】(写真)当院の治療

長引く頭痛、肩こり、腰痛などは、医院で画像診断や血液検査をしても、確認ができませんし、また、不快な痛みを和らげる為に、皮膚の表面に張る湿布薬や、痛み止めの薬では、効果がありません。
疲労や緊張の慢性化が影響しているので、「血行の悪化」、「筋肉内部のシコリの発生」、「関節の動きの悪化」、「骨の並びの歪み」など、身体全体の状態を確認して、身体のバランスを整える事が必要です
この為、当院では、身体の各箇所に拡がっている不調を確認し、体調の調整を行う為に、マッサージ治療に、ツボ治療を加えて、症状の改善を図っています。

これは、慢性のズキズキとする痛みを発生させているシコリの箇所が、東洋医学のツボと、ほぼ一致しているからです。
しかも、ツボの特徴として、身体に不調が起きた時に、「反応点」として身体の異常を知らせ、更に、「治療点」として症状を改善させる効果があるので、症状改善に適しています。
また、ツボ反応を利用する事により、リハビリ運動やストレッチと違って、患者にとって、無理が無く、負担の少ない治療ができます。

 

このような理由から、当院では、最初に、問診や触診と共にツボ反応を利用し、圧迫するとジーンとした痛みが強まったり、あるいは、「痛いけれども気持良い」といった“神経特有の感覚”を発していたりする箇所を確認しています。
その後、硬化している筋肉を、ツボ刺激で表層の筋肉から深部の筋肉へと回復させて、血流を回復し、シコリを軟化させて、痛みや不快感などの解消を行っています。
ツボを治療に活用しているので、他の治療法と比べて即効性があり、しかも、刺激の仕方や刺激量を患者と確認しながら行っているので、安心して、痛みが少ない治療法になっています。

 

長引く頭痛、肩こり、腰痛のように、筋肉内の硬縮(シコリ)や、神経が過敏になっている症状には、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法が適しています。
当院は、ツボ治療を加えた東洋医療系のマッサージ治療により、血流やリンパの流れの回復、筋肉のコワバリの解消、神経過敏の正常化など、身体全体の調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。