疲労や だるさ

マッサージ治療から見た、介護や看護の疲労と対策

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)介護や看護の疲労

導入文

看護や介護は、中腰や前かがみの姿勢になって、腕や手を使って支える事が多いので、腰だけでなく、腕・肩・背中などにも大きな負荷がかかって、身体のいろいろな所に痛みや不快感が起き、悩まされるようになります。

しかも、1日のうち介護にかける時間が長くなると、身体に疲労やストレスが溜まって、血液が身体の隅々まで十分に行き渡らなくなってくるので、身体の回復力が弱まり、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」、といった状態になります。

このような、看護や介護による疲労や緊張などで、慢性化した筋肉由来の痛みは、昔から“筋肉疲労”や“血行悪化”の改善を得意としている、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を利用すると、体調を回復に効果的です。

【 痛みが起き易く 】(図)痛みが起き易く

腰痛は、介護職員の職業病と言っても過言ではないので、介護をしている方にとって、いつも腰痛を起こす不安にかられます。
例えば、オムツ交換、身体の向きを変える、車いすやベッドへの移動、トイレ・入浴の介助などで、前かがみや中腰の姿勢が必要になってくるので、腰に大きな負荷がかかって、腰を痛めてしまう危険があるからです。
また、この事が気になって、腰をかばうような不自然な姿勢をとると、かえって、腰の横などに負荷がかかってしまい、腰の横が痛む事があります。

 

更に、腕や手を使って支えるので、上半身の腕・肩・背中の筋肉が、疲労や緊張の連続でコワバリ、そこから絶えずズキズキとする凝りや痛みが起きるようになります。
介護を受ける人を、抱きかかえる、歩行を支える、着替えや食事を介助する、入浴を介助する、などをする時に、シッカリと肩や背中の筋肉が支える役割をするので、疲労や緊張が増すと、凝りや痛みとなって出てくるからです。
この為、介護者の52.4%から75.0%は、首・肩・背中に凝りや痛みで悩まされ、中でも、家で女性が介護している場合には8割強にもなっていて、そのうち4割は、凝りと痛みに、絶えず悩まされていると報告されています

 

これは、介護する人の身体に、介護の負荷が“直接”かかる事だけでなく、中腰や前かがみの姿勢が“繰り返される”事も、原因になっています
介護をする為に、前かがみ姿勢になったり、支える事が多くなって片側に体重がかかったりしていると、次第に身体の緊張が抜けなくなって、血流やリンパの流れが悪くなったり、神経が刺激されて敏感になったりして、痛みが起き易くなるからです。
しかも、前かがみ姿勢が繰り返されると、肺や腹部が圧迫された状態が続くので、「何だか胸がざわざわする」、「胸からみぞおちあたりに違和感がする」、「胸に重たくののしかかる感じがする」などが起き、違和感や痛みが起き易くなります。

【 痛む箇所が、分からない 】(図)いろいろな箇所の痛み

また、疲労が溜まると、慢性的な痛みを感じるようになるだけでなく、痛む箇所が広範囲に感じられて、「痛む箇所が、どこだかよく分からない?!」、という状態にもなります。
疲労が蓄積されてくると、本人が痛みを感じる箇所以外にも、気付かないうちに、周辺や関連する箇所に、血流の悪化と筋肉のコワバリができて、そこからニブイ痛みを発するようになるからです
しかも、この状態が続くと、筋肉の疲労が溜まった箇所全体に痛みを抑える機能が低下してくるので、通常では痛みを感じない程度の弱い刺激でも、痛みを感じるようになって、いつも痛みや違和感が生じるようになります。

 

このような状態になると、筋肉内部に硬い“シコリ”ができてしまう事が多く、そこから、絶えずジンジンとした不快な痛みが生じ、しかも、チョッとした疲労や緊張にも敏感に反応するので、絶えず痛みや不快感に悩まされます。
そして、硬い“シコリ”によって、毛細血管の血行が遮断されるので、周りの筋肉も血行が悪化して、重く圧迫されたように感じたり、痛みを感じ易くなったりするので、「うっとうしい」感じになってきます。
この為、不快な痛みを発する“シコリ”が首や肩にできると、頭痛が起き易くなったり、腰に“シコリ”ができると、慢性腰痛の原因になったり、腰の筋肉の柔軟性が無くなって、ギックリ腰を起こし易くなったりします。

 

そして、絶えずジンジンとした不快な痛みを発する“シコリ”によって、周りの神経が興奮した状態になるので、身体の安定を保つ自律神経の働きがオーバーワークになって、不調をきたすようになります。
例えば、肉体的・精神的なストレスを感じ易くなるだけでなく、天候が悪くなるだけでも敏感に反応して、身体のリラックス感が失われ、「重くのしかかるような鈍い痛み」、「ズキズキと響く痛み」、「刺すような痛み」、「ヒリヒリするような痛み」、などを感じ易くなります。
しかし、“シコリ”は、筋肉が凝り固まった状態になっているので、“シコリ”解消の為に、湿布薬を貼ったり、お風呂に入ったり、自分でストレッチをしたりしても、痛みや不快感がいつまでも続くようになります。

【 体調を保つ働きの弱まり 】(図)体調を保つ働きの弱まり

本来ならば、痛みは、その不快な感覚を起こす事で、身体の危険を知らせるアラームの役割をしています。
しかし、介護の仕事をしていると、「目の前に助けてくださいというお年寄りがいるのに、身体が痛いから出来ませんというわけにはいかない」ので、身体の疲労や緊張によるアラームを、無視しがちです。
エネルギッシュな若い世代の介護士さんならば、何とか疲労回復ができても、ベテラン介護士さんは、この状態が続くと、身体の痛みや疲労状態が、なかなか解消ができなくなってしまいます。

 

しかも、介護をしていると、「思い通りにいかない」、「人に頼る事ができない」、「自分の時間を持つ事ができない」などがあると、精神的な緊張が強いられます。
これによって、「イライラする」、「あまり動いていなくても疲れる」、「考えがまとまらない」、「なかなか寝られない」、などが起きると、ますます、精神的な疲労が大きくなります。
このような、身体の疲労や精神的なストレスが強まってくると、「身体が重い、ダルイ」などの全身症状、「肩や腰のこり」、「眼がショボショボして見えにくい」、「頭痛」といった肉体的な症状のほか、「やる気が起きない」、「悲観的になる」、「集中力がない」というように、精神面の症状も起きます。

 

このような状態になると、心身をコントロールしている自律神経の働きが弱まって、疲労回復の働きも弱まるので、「疲れがなかなか取れない」、「いつもだるい」といった状態になります
また、内臓の働きや代謝、体温などの体調を保つ働きが弱まるので、動悸、めまい、頭痛、胃痛、腹痛、下痢、吐き気、筋肉痛、息切れ、食欲不振、などが起き、日常生活に支障をきたすようになります。
これらが起きるのは、介護で疲労を感じていても、周囲への配慮をし過ぎたり…、自分の疲労を過小評価したり…、病院へ行く手間を考えたり…、などで、疲労やストレス感が慢性化し、解消が難しくなった事が大きく影響しています。

【 当院の、15分からのマッサージ治療 】(写真)当院の治療

『疲労や痛みは、身体からの警告サイン』と考えて、早めに解消させる事が大切なので、当院は、身体の疲労や、ダルサ・コワバリなどの解消、体調不調の改善などのマッサージ治療を、15分から行っています。
これは、一般的に、マッサージが、時間が長いほうが効果も高いと思われがちですが、15分か30分の施術でも、1週間に1回でも定期的に受けたほうが効果的だからです。
例えば、朝起きた時や、身体を動かした時などに、重ダルサや痛みを感じたり、身体に動きづらさを感じたりした時に、たとえ15分でもマッサージを受けると、身体や精神的の疲労の解消に役立ちます。

 

また、短時間でも、疲労や緊張を感じた直後にマッサージを受けると、血行やリンパの流れが促進されるので、疲労物質が溜まらずに排出され、ダルサや、つらい筋肉痛を、効果的に解消する効果があります
この事は、スポーツで、運動の直後にクールダウンが行われるように、クールダウンをする事によって、翌日に疲れを残さないように疲労の回復を促し、温まった身体を運動モードから通常モードに切り替え、関節の柔軟性・可動域を取り戻して障害を予防するなど、コンディショニングにおいて非常に重要な役割を果たすからです。
介護による起きる痛みも、ほとんどが、疲労や緊張などの慢性化による筋肉由来の痛みなので、血行やリンパの流れを良くして、筋肉の弾力性や柔軟性を維持する事で、神経の興奮を抑制し、痛みを抑える効果が期待できます。

 

当院では、これらの効果を発揮する為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っているので、即効性だけでなく、介護を受けて方の体調の維持にも効果があります。
反応点を利用して、ツボ刺激によって、直接、身体に働きかけるので、身体を休める神経のスイッチが入って、自律神経の働きが回復し易くなる効果があるからです。
この効果によって、筋肉の中を通っている血行が活発化し、それによって栄養や酸素の供給が進み、老廃物を押し流すので、身体の疲労解消の効果だけでなく、気分的にもスッキリします。

 

介護をしていると、肩、背中・腰などに、過度な負荷がかかるだけでなく、負荷が繰り返されるので、『早期発見、早期治療』によって、体調を保つ事が大切です。
当院は、ツボ反応を利用したマッサージ治療によって、慢性的な疲労や緊張による身体を軽減させ、体調を整え、健康状態に戻す治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

ゴルフ疲れの、早期回復

【 (症例)疲労や だるさ 】
(写真)ゴルフ疲れの、早期回復

導入文

ゴルフ練習場の打ちっぱなしでは、何十球打っても、それほど疲れないのに、コースに出ると、走ったり激しく動いたりしないのに、翌日の仕事に支障が出るほど疲れます。

これは、「プレイ中、普段使わない筋肉をフルに使う」、「コースに出た緊張感」、「スコアへの精神的なストレス」、「繰り返すショットへの集中」、「同伴者への気遣い」、「風や日差しなどによる体力消耗」などで、思っている以上に体力が使われる事と、それによる身体のコワバリと血流悪化により、疲労の自然解消を妨げてしまう為と言われます。

このようなゴルフ疲れには、気付かない疲労箇所や疲労状態をチェックして、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて血行やリンパの流れを改善し、神経の興奮を鎮める事が必要なので、これらを専門に行っている東洋医療系のマッサージ治療が、解消に適しています。

【 ゴルフの疲労箇所 】(図)ゴルフの疲労箇所

ゴルフは、激しく動くスポーツではありませんが、日常生活には無い動作を、フルに筋肉を使って繰り返したり、ショットやパット時に緊張が極度に高まったりするので、どうしても、身体のいろいろな箇所の疲労度合が大きくなります
しかし、疲労度合が大きくなっても、コース場に出た緊張感や高揚感が高まったり、お互いに注目しながら競い合ったりするので、疲労感や緊張感が隅に押しやってしまい、無視しがちになります。
この為、プレイが終わった後や、翌日になってから、後から生じた筋肉内の炎症から、ゴルフの特徴的な手首痛、腰痛、膝の痛みなどが起きたり、身体の疲労感に悩まされたりします。

 ≪ 首・肩・背中 ≫

スイング時に、ボールから眼を離さず、頭を残して振り切るので、首・肩・背中への筋肉に極度の緊張と、強い“捻(ひね)り”が生じます。
しかも、「前傾した姿勢から、瞬間的に力を入れる」、「スイングの時に、身体の回転を素早くする」など、筋肉をフルに使う、瞬発力を必要とする動作が繰り返されます。
この結果、首の付け根から肩にかけて、そして肩甲骨の奥の筋肉に、強い負荷がかかり、普段使わないインナーマッスルの疲労が強まります。

 ≪ 腕 ≫

スイング時に、緊張して肩から腕に力が入り過ぎると、過緊張と血行不良が起き、後になって、腕がダルクなったり、痛みが出たり、します。
また、スイング時の衝撃を受けて、肘の内側に炎症が起きると、しばらくして、肘から手首の内側が腫れぼったく感じたり、ズキズキとした痛みが起きたりする、『ゴルフ肘』の状態になります。
更に、『ゴルフ肘』にはならなくても、腕の筋肉は肩や背中に続いているので、肩が凝る、首筋が凝る、背中が痛い、頭痛がする、などの症状が現れます。

 ≪ 腰 ≫

ゴルフのスイング時には、腰に急速な回転が生じるので、急激な負荷が、腰周囲の筋肉や靱帯にかかります。
この結果、腰の急激な痛み(ギックリ腰)や、重ダルサ、慢性的な腰痛、脚のこむら返り、などが起きます。
また、脇腹の筋肉に強い負荷がかかって、肋骨の一番下あたりの『脇腹痛』に悩まされる事があります。

 ≪ 膝 ≫

ゴルフコースは歩く距離が長く、アップダウンも多くあるので、気付かないうちに、膝に負担がかかります。
また、スウィング時には、膝に、体重が大きく“のしかかる”事も影響します。
これらの負荷が膝にかかると、脚の疲労感に悩まされるだけでなく、膝が伸びにくくなったり、膝がガクガクしたり、脚のムクミやダルサ、などが起きてきます。

【 疲労感無き、疲労 】(図)疲労感無き、疲労

しかも、ゴルフ疲労の特徴は、一時的ではなく、思いのほか、いつまでも疲労が長引く事があります。
一番大きな原因として、スイングをする時に、体幹の身体を支える筋肉を回転軸にして、瞬間的に何度も捻(ひね)って酷使する事と、粘(ねば)り強く、時間をかけて、たくさんの身体の筋肉を使うので、筋肉の“瞬発力”と“持久力”の両方が必要とされるからです。
言ってみれば、下半身を止めておいて、体重を感じながら、上体を捩じる動作を、瞬間的に、フルに、繰り返し行うので、思っている以上に筋肉の疲労度合が大きくなります。

 

更に、いつまでもゴルフ疲労が長引く原因として、疲労が自覚されない『疲労感無き、疲労』があります
プレイ中に、身体に疲労が溜まってきても、ゴルフの楽しさや高揚感があると、脳が“疲労感”を隠してしまうので、『疲労感無き、疲労』となり、疲労の自然解消に時間がかかってしまうからです。
しかも、休日に朝早く起きてゴルフに出かけたり、スコアを競い合う感覚が強まって緊張が連続していたり、日焼けや風などで体力をかなり消耗していたり、スコアに悩んだりして、心身を酷使する状態になるので、『疲労感無き、疲労』が増してしまいします。

 

しかも、ゴルフはプレイ中、考える時間が多く、自分の意思で行うスポーツなので、“精神的な緊張”が何度も繰り返されるようになり、これによって『疲労感無き、疲労』がエスカレートします。
例えば、ショットごとに、「あそこまで、でボールを飛ばそう!」とか、パットごとに、「カップにボールを入れなきゃ!」と、自分で自分を緊張させ、そして、絶えずスコアが気になるので、心身が休まらなくなるからです。
このような、強い緊張、不安、心配が繰り返されると、これが『疲労感無き、疲労』となって、プレイが終了しても“精神的な緊張”がずっと残ってしまうので、身体の“肉体的な緊張”もなかなか解消されなくなります。

【 体力が酷使されると 】(図)体力が酷使

身体が健康な状態であれば、栄養を充分に摂り、入浴などしてぐっすりと睡眠をとれば、翌日には元気な状態に回復しますが、思った以上に体力が使われた場合には、身体のコワバリと血流悪化から、疲労の自然解消を妨げてしまいます
この為、ゴルフコースに出て、『疲労感無き、疲労』が大きくなると、お風呂に入ったり、横になって休んだりしても、身体の中から疲れが取れなくなり、元の元気な状態に戻れなくなります
しかも、身体の疲労に気付いても、「ストレッチは面倒くさい、とりあえずひと休み」と、そのままダラダラと過ごしてしまうと、ますます筋肉の疲労や緊張がなかなか解消されなくなるので、ダルサや倦怠感などの不快感が続いてしまいます。

 

これは、人間の身体が、体内で循環している血液量は一定しているので、ゴルフ疲れで、疲労が大きくなったり、急激に体力を消耗したりしても、必要とされるフレッシュな血液量が、急には増え無いからです。
また、静脈の血行を促す血管のポンプ作用も、疲労で働きが低下するので、疲労物質の排除が進まなくなり、溜まったままになります。
しかも、“精神的な緊張”から脳が疲れた状態になると、体調を保つ自律神経の働きが低下し、体調の回復が遅くなり、疲労感や不快感が続く状態になりします。

 

この為、栄養ドリンクを飲んでも、一時的に疲労感が薄まっても、やはり疲れは無くなりませんし、血行を良くする為に熱いお風呂に入っても、体調の回復機能が働かないので、かえって、汗をかいて身体のエネルギーを使ってしまい、余計に疲れを感じ易くなります。
また、スタミナ料理を食べる人もいますが、心身が疲労している時にスタミナ料理を食べると、脂肪分が多い事もあって、消化する胃腸に負担がかかって、内臓の疲労を増大させてしまいます。
しかも、これらの影響で、身体に緊張状態を作り出したり、解消しづらくなったりするので、「ダルイ」、「気力が出ない」などで、翌日の仕事に支障が出てしまいます。

【 当院の、体調回復治療 】(写真)当院の治療

ゴルフをした後、身体の疲労を解消して、疲れを翌日に持ち越さない為に、やはり、スポーツ界でよく言われる“クールダウン”が必要です。
疲労回復には、血液の循環を促進させて、必要な酸素や栄養を、筋肉の隅々まで行き渡らせる事と、老廃物を押し流して、身体の機能回復を図る事が、重要になるからです。
更に、身体の興奮状態を鎮める為に、リラックスできるように、身体のコワバリ箇所を解消し、血行やリンパの流れを再生させ、副交感神経の働きを回復させる事も大切です。

 

特に、ゴルフ疲労の場合は、ゴルフの楽しさや高揚感によって、疲労が自覚されない『疲労感無き、疲労』が生じるので、疲労箇所や疲労状態をきちんとチェックする事が必要です。
この為、当院では、問診と共に、ツボ反応を利用して疲労箇所のチェックを行い、回復の治療を行っています
ツボが、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる作用があるので、ツボ反応を利用する事で、本人が気付いていないコワバリ部分の解消や、滞っている血行の改善、神経の興奮状態の鎮静などで活用でき、これにより、心身がリラックスしてくるからです。

 

また、当院では、このようなゴルフ後の疲労やダルサの解消や、体調の回復を、来院される方の希望や症状に合わせて、マッサージの施術時間や治療内容を選べるようにしています。
当院は、ワンポイントの15分マッサージ、上半身あるいは下半身の30分マッサージ、全身を行う45分や60分マッサージなど、標準化した治療方法があるからです。
これに、ゴルフの練習やラウンド後の疲労回復、あるいは、試合やコンペなどに向けてのボディコンディショニングなどの要望に合わせて、マッサージ治療を行っています。

 

ゴルフをした後に、疲労がいつまでも残る場合は、身体の疲労の自然解消が難しくなっている事が、多くなっています。
当院は、問診や触診などに、ツボ刺激やマッサージ治療を加え、筋肉のコワバリや国交の悪化を回復させ、スポーツの疲労解消やボディコンディショニングを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

【 (症例)疲労や だるさ 】
(写真)腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

導入文

パソコンやスマホの操作を続けているうちに、「肩から腕にかけて、重ダルイ感じがとれない」、「腕を挙げると、痛みが起きる」、「腕にジンジンとする痛みが続く」などの、不快な痛みに悩まされている人が多くなっています。

この症状は、『頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)』と呼ばれ、気付かないうちに、首から腕にかけて継続的な疲労が蓄積し、それによって、痛みやシビレ・不快感などが生じた為です。

一度起きると治るのに時間がかかるので、痛みや不快感が慢性化してしまう前に、筋肉の疲労解消や血行改善を得意としている東洋医療系のマッサージ治療を利用して、肩から腕の疲労や緊張の解消をさせる事が大切です。

【 頚肩腕症候群  】(図)頚肩腕症候群

『頚肩腕症候群』は、首~肩~腕にかけての、痛み・凝り・シビレ・循環障害・筋力低下などの症状を、総称した呼び名で、多くが、手をよく使うパソコンやスマホなどで発症しています。
これは、人の手が、手先で巧妙な動きができるように、指に続く非常にたくさんの小さな筋肉と、微細に判断する様々な神経が走行しているので、小さくても、毎日の疲労による負荷が積み重なると、痛みや神経障害が発症し易くなるからです
この為、キーボードやマウス操作のように、指先の小さな力の作業でも、長い時間、指先の動作を繰り返していると、腕に疲労が蓄積されて、負荷が大きくなり、痛み・ダルサ・疲れを引き起こします。

 

また、キーボードやマウス操作をしていると、ずうっと脇を絞め、肘を固定させた姿勢になるので、この事も、首から肩の筋肉に、かなりの負担をかける事になります。
肩を固定した状態で、腕を狭い範囲で動かし続けるので、腕が絶えず“力んだ”状態になり、気付かないうちに、腕の疲労が、それだけ大きくなるからです。
この結果、腕の筋肉の疲労や緊張が増すだけでなく、肩から首の血行やリンパ液の流れが悪くなるので、肩から首に疲労が拡がり、凝りや筋肉痛が増すようになります。

 

また、指や手首の関節を曲げ続けて操作をしているので、手や腕の筋肉が、疲労と緊張でコワバッテくると、「手の指が伸びにくく」なったり、「腕の内側の筋肉がコチコチ」になったり、「肘の外側や内側がジーンと痛む」などの症状が、現れます。
ところが、時間に追われながら、次々と判断力や操作が求められるので、画面とキーボードの操作に集中して、腕の疲労に気付きにくくなったり、腕の疲労が、指先を使う“弱い緊張”が続いた事による疲労なので、軽く考えてしまったりします。
しかし、始めは、ダルイとか疲れを感じる程度だったものが、筋肉のコワバリが強まって、それにより、血行が悪化してくると、痛みや疼きとなって苦痛が強まり、悩まされていきます。

【 パソコン腱鞘炎 】(図)パソコン腱鞘炎

『頚肩腕症候群』と言われる症状以外にも、パソコンやスマホなどの疲労で、腕・肘・手首などに、いろいろな症状が起きてきます。
代表的なのが『パソコン腱鞘炎』で、この症状が起きると、指や手首の関節付近がコワバッタリ、手首から肘に不快感やダルサが起きたり、指を伸ばしにくくなったり、物を掴(つか)もうとした時に痛みが走ったり、します
これは、長時間パソコン作業を続けたり、指先や腕先に必要以上に力を入れて操作していたりすると、それらの関節の腱や腱鞘が擦れ合って、炎症(腱鞘炎)が起き、その部分が腫れて動きが悪くなり、痛みを発するようになった為です。

 

この『パソコン腱鞘炎』は、パソコンを使っている人なら、誰でもなる可能性があると言われますが、特に、長時間の悪い姿勢や身体を固定された状態で、マウスやキーボードを使い続けると、指先に力が入り易くなって、この症状が起き易くなります。
また、中高年以上になると、腱や腱鞘の柔軟性が失われて、血行も悪くなってくるので、パソコン作業が一日中ずうっと続いたり、作業量が急に多くなったりすると、腱と腱鞘の摩擦が多くなって炎症が起き易くなり、これによって、腫れたり、しびれが起きたりします。
しかも、腱も腱鞘も硬くなって血流の悪い状態になっているので、そのままパソコンやスマホの操作をしていると、痛みがだんだん酷くなり、手首や親指の付け根の痛みから、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下、などを起こして、仕事の能率が落ちたり、生活にも支障が出たり、するようになります。

 

またパソコンの操作で、「マウス操作をしている手首が重く感じる」とか、「マウスを握っている指の関節が痛む」、などが現れる事があります。
これを『マウス腱鞘炎 』と言い、マウスをずうっと、動かしたり、クリックしたり、スクロールしたりしていると、次第に、マウスを使っている指や手首の筋肉に負担がかかり続けるので、やはり、指や手首に腱鞘炎を引き起こすからです。
このように、『パソコン腱鞘炎』や『マウス腱鞘炎 』は指や手首の使い過ぎによって起きますが、「手を使わないように!」という事はできないので、指や手首にコワバリや違和感をおぼえたら、早めにケアを受け、悪化を予防する事が大切です。

【 背中の疲労や、精神的な疲労にも 】(図)背中の疲労

更に『頚肩腕症候群』は、毎日の疲労の積み重ねで発症するので、毎日の疲労が積み重なってくると、背中にも、痛みや疼(うず)きなどの、様々な症状が現れてきます
肩から腕に伸びる神経や血管が圧迫され続けたり、肩周辺の筋肉の働きが低下したりするので、背中の神経や血管も影響を受けて、筋肉の疲労や血行の障害を起こす為です。
中でも、背中の上半身を支える筋肉(インナーマッスル)に、筋肉の疲労や血行の障害などが起きてくると、自分で解消する事が困難になるので、慢性的な凝りやダルサの原因になります。

 

また、『頚肩腕症候群』によって、精神的な疲労も強まります
指や腕の筋肉は、肩や首につながっているので、指や腕の筋肉が疲労してくると、首の血行が悪化して、ジッとしていても脳が疲れ易くなるからです。
これにより、「頭がずんと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」などの、脳の働きが鈍(にぶ)ったり、集中力が続かなくなったりする症状が現れます。

 

しかも、パソコンやスマホ操作のように、指先の動作を長時間行う作業は、特定の指を細かく反復的に動かす事になるので、特定の脳の一部を酷使する事につながります。
この結果、精神的な緊張が続いて、身体全体のバランスを維持する機能が低下してくるので、精神的にリラックスする事ができなくなったり、疲労感を強めたりします。
この影響で、「イライラ」してきたり、「ちょっとしたことで腹立たしく」なったり、「食欲が無く」なったり、「周囲に無関心」になったり、するようになります。

【 当院の、腕・肘・手首の改善治療 】(写真)当院の治療

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れは、肩から指に続く、非常にたくさんの細い筋肉と、微細に判断する様々な神経に、小さな負担が長時間、ずっと続いた為に起きた事が原因になっています。
このような、“筋肉の疲労や緊張”には、触診によって、筋肉のコワバリ状態を判断する技術と、患部の状態に合わせて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて血行やリンパの流れを良くする、東洋医療系のマッサージ治療が、改善に効果的です
当院は、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れに対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ反応を利用して、筋肉のコワバリの解消や、血行の回復を行い、症状の改善を行っています。

 

例えば、痛みを感じている部分が、肩から腕の限られた範囲ならば、当院が行っているクイックマッサージ(15分ぐらいのマッサージ)でも、回復に役立ちます。
短時間でも、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、手首から肩にかけての緊張した筋肉を触診し、その部分を緩めると、血行障害が解消して、痛みがかなり緩和されるからです。
また、ツボが、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる反応点として現れるので、ツボを治療点として利用すると、比較的短時間に、過敏になっている神経を和らげて、違和感や痛みを解消させる効果があります。

 

特に、首や肩の凝りが酷くなっている場合や、背中にも痛みが出ている場合には、当院では、30分ほどの腕を含めた上半身の治療を行っています。
問診と、ツボを使った触診によって診断し、筋肉のコワバリやシコリを解消させていくので、背中の血行の回復も進んで、早ければ1~2回ぐらいの治療でも、痛みが解消できます。
更に、ツボ刺激を利用するので、「気持ちいい!」という快刺激から、気持を落ち着かせ、リラックス効果も得られます。

 

疲労や緊張で、「腕がパンパン、指が硬い」、「手首が痛い」、「腕がだるい、重い」、「腕に力が入ると、痛い」、などがあると、身体や脳の活動にも影響してくるので、“腕”の疲労を解消させておく事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、ツボ反応を利用し、腕や肩の緊張緩和や、肘の可動域の改善などを含め、身体の痛みやダルサ解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

脳(頭)の疲労や思考力低下と、脳の酸素不足

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脳頭の疲労や思考力低下と、脳の酸素不足

導入文

自分では、睡眠不足や疲れなどを、それほど感じていないのに、アクビが何度も出たり、無意識に背伸びを繰り返したりしてしまう場合は、気が付かないうちに、“脳に酸素が不足している”状態になっている可能性があります。

これは、脳が活動するには絶えず大量の酸素を必要としますが、脳には酸素を備蓄する機能や器官が無いので、少しでも酸素が不足してくると、酸素を取り入れようとして、脳がアクビや背伸びを、防衛反応として起こさせるからです。

この為、アクビや背伸びの回数が増えたり、何度も繰り返したりする場合は、自覚が無くても、脳が相当疲れている可能性があるので、首・肩・背中の血行改善や、呼吸筋の緊張緩和などで、体調を回復させ、“脳に酸素が不足している”状態を解消させる事が大切です。

【 パソコン作業による、脳の酸素不足 】(図)デスクワークと脳の酸素不足

朝からずうっと、前のめり姿勢になって、パソコンやスマホを使って仕事をしているうちに、だんだん、「頭がボーッ」としてきたり、「頭がズーンと重く」なったりして、思考力が無くなってしまう経験があると思います。
このような時に、無意識のうちに、身体を伸ばしてアクビが出たり、思い切り腕を上げて背伸びをしたり、したくなります。
仕事をこなしているうちに、脳に酸素が不足するようになった為に、脳が不足した酸素を補おうとして、アクビや背伸びなどの呼吸運動を無意識にさせる事で、多くの酸素を脳に取り入れようとしたからです

 

これは、パソコンやスマホを使って、ジッと固定した姿勢を続けていると、筋肉が締め付けられた状態になるので、身体の血行が悪くなって脳に届けられる血液量が減少したり、精神的な緊張がたかまるので、呼吸が浅くなって脳の必要とする酸素量が少なくなったり、するからです。
特に、ディスプレイを見つめたまま、指先だけを動かす作業をしていると、頭、首、肩の筋肉をギュッと固めた状態が続くので、脳に送る血管を圧迫し続ける事になり、脳の活動に必要な酸素の供給が制限されて、脳の疲労や緊張が大きくなります。
また、精神的な緊張が高まったまま続くので、胸や背中の筋肉がコワバッテ、呼吸運動をする筋肉も緊張するようになり、これによって、鼻先だけの浅い呼吸になってくるので、肺に取り入れられる酸素量が少なくなって、血中の酸素濃度が低下し、脳に送られる酸素が不足するようになります。

 

しかも、パソコン作業をずうっと続けていると、脳のある一部の神経が、ずうっと酷使される事になるので、その箇所の酸素の消耗が激しくなって、脳の酸素不足が強く起きます。
例えば、「仕事のタイムリミットに間に合わせる為に、パソコンに仕組まれている思考方法や作業を、ずうっと続けていたり」、「会社の経理処理などで、間違いのないように神経を使いながら、パソコンに仕組まれている思考方法や作業を、繰り返していたり」、する場合です。
このような状態になると、脳のある一部の神経が、ずうっと酷使される状態になるので、その箇所に極端な酸素不足が起き、それによって脳の活動力が低下して、集中力や持続力が落ちてきたり、注意力や思考力が低下し始めたり、雑念が多くなったりします。

【 脳の活動力低下による症状 】(図)忘れる

また、“脳に酸素が不足している”原因として、脳が、肺から取込んだ全酸素量の約25%を消費する、最も酸素を消費する臓器になっている事も、大きく影響しています。
脳は人間にとって最も重要な臓器の内の一つですが、脳は酸素を備蓄する機能や器官が無く、『血流が命』となっているので、身体の疲労や緊張によって、血液の循環機能が低下してくると、“脳に酸素が不足している”状態になってしまうからです。
しかも、人間の身体の機能が、10代後半をピークにして、それ以降、次第に低下し、50代~60代になるとガクンと落ちるので、これに伴って、脳に酸素を取り入れる能力が低下してしまいます。

 

この為、中高年になってくると、仕事で運動不足になったり、猫背姿勢が続いて背中がガチガチに固まってきたりしてくると、ますます血流が低下してしまうので、脳が必要とする十分な酸素が供給されづらくなります。
これは、身体機能が落ちて血流が低下するだけでなく、身体が硬くなって、胸を拡げる事ができなくなったり、反らす事ができなくなったりしてくるので、肺が充分に膨らなくなったり、呼吸が浅くなったりしてくるからです。
この結果、睡眠不足や疲れなどを、それほど感じていなくても、アクビが何度も出てきたり、無意識に背伸びを繰り返したり、そして更に、知っている名前や数字がすぐに出てこない「アレ、何だっけ?」現象や、「アレを、アレして!」などの現象が、起きてきます。

 

そして、“脳に酸素が不足している”状態が、更に進むと、次のような症状が現れます
 集中力が続かない
 頭が重くなってくる
 目が疲れる
 疲れが、ちょっと休むだけでは、消えなくなってくる
 持久力が落ち、ヤル気が無くなる
 気分が鬱っぽくなってくる
 人と話すのが面倒
 動悸や息切れも感じる
そして、あまりに、脳の酸欠状態が長く続くと、体調不良に状態から、脳梗塞や脳卒中、目の病気などの深刻な疾病のリスクも高まります。

【 脳の酸素不足の自覚 】(図)脳の酸素不足の自覚

ところが、身体に疲れを感じても、毎日を時間に追われて過ごしていると、自分の“脳に酸素が不足している”状態に、なかなか気づきません。
しかも、仕事の問題に気持ちが向けられたままだったり、自分を取り巻く人間関係に細かな注意を払い続けたりしていると、その事に注意が向いてしまい、余計、気付きにくくなります。
しかし、“脳の酸素不足”状態は、脳の活動が低下するので、次第に、日常生活に支障を引き起こしたり、いろいろな症状が現れたりします。

 

例えば、最初は、「頭が回らない」、「何だかダルイ」、「面倒くさくなってくる」、などですが、次第に、記憶力が、フトした瞬間に低下する事が起きるようになります。
それに伴って、「相手の名前が思い浮かばない」、「覚えられなくなる」、「約束していた事を忘れる」、「置き忘れる」、「ひとり言で同じ事を何度も言う」、「今、何をしようとしたのだろう……?」、などが起きてきます。
しかも、脳が酸素不足の状態になるので、「気分の落込み」、「ヤル気の無さ」、「頭がボーッとする」、「イライラする」、「仕事のミスが増える」、「忘れっぽくなる」、「注意力が散漫」、なども起きてきます。

 

この為、「頭が疲れた!」と気付いたら、脳が酸素不足に弱いので、脳に酸素がしっかりと届くように、身体の血行を改善するように、身体のコワバリや痛みを感じる箇所を確認して、体調を回復させる事が大切です
筋肉の緊張を解消させて、圧迫されていた血管が拡がるようになると、脳の細胞に、血液がしっかりと届くようになり、頭がスッキリした感じになります。
しかも、脳に血液を供給している動脈が、目にも続いているので、目の筋肉の伸縮性を回復させ、ピントの調整も改善してきます。

【 当院の、改善治療 】(写真)当院の治療

当院は、胸や背中の筋肉が硬くなって、首も肩もバリバリに凝った状態になると、脳の疲労や思考力の低下を引き起こすので、主に、背中や胸部の緊張を緩和させる事と、上半身の血行を回復させる事によって、脳の疲労や思考力低下の改善を図っています
更に、マッサージ治療にツボ治療を加える事で、身体の不調時に身体に現れる「反応点」を確認し、これを「治療点」として利用し、筋肉内のコワバリやシコリの解消を行っています。
これにより、①呼吸運動の筋肉の弾力性や柔軟性を高め、②神経の緊張を解消させて、③上半身の血行やリンパの流れを改善し、“脳に酸素が不足している”状態を、解消させるようにしています。

 

急ぐ場合には、当院が行っているクイックマッサージで、後頭部・首・肩の筋肉の柔軟性を回復させるだけでも、即効性があります。
例えば、硬くなった背中をほぐし、首の筋肉を緩ませると、気分がリラックスして、呼吸するのが楽なってくるのが感じられます。
自律神経が、首から背骨沿いに通っているので、圧迫されていた自律神経が回復し、体調の改善にもつながります。

 

できれば、下半身の血行も促進させると、体調の改善に、より効果的です。
重力の影響で、人の血液量のうち約70%は、自然と、腰から下に集まってしまうので、下半身の血行を促進させると、全身の血行が良くなって、脳への血流改善になるからです。
脳の酸素不足を回復させるには、身体に溜まった疲労や緊張が影響しているので、下半身の腰やお尻を含めて、血行を改善させると効果的です。

 

長年の疲労や緊張で、胸や背中の筋肉が硬くなって、首も肩も凝った状態になると、脳の疲労や思考力の低下を引き起こすので、脳の疲労を解消させるには、身体の血行を改善し、体調を回復させる事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体のストレスや過緊張を解き、循環機能を整え、心身の調整や脳の働きの改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

パソコン操作(じっとしている姿勢)の緊張や疲労と、その解消

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)パソコン操作

導入文

パソコン操作は、ジッと『同じ姿勢を維持する筋肉』が、休み無く働き続けるので、次第にジワジワと、筋肉内に酸素不足や疲労物質や老廃物の蓄積が起き、身体の様々な不調が起きます。

このタイプの疲労は、活動による疲労ではなく、同じ姿勢をずうっと続けた事による疲労なので、身体全体の筋肉が凝り固まって、疲労箇所が特定しづらくなり、これによって、休養をとってもなかなか回復できなかったり、あるいは、運動やストレッチをしても、かえって疲労が増したりします。

このような『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労の回復には、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、疲労箇所を確認し、それによって身体のコンディション調整をしている東洋医療系のマッサージ治療が効果的で、その上、リラックス効果も得られます。

【 ジッとしている筋肉の疲労 】(図)ジッとしている筋肉

長時間、パソコン操作をしていると、首や肩の凝りや、後頭部の疲労感、背中の肩甲骨あたりのダルサや痛み、腰の鈍痛などで、ジッとしていても、身体が辛くなってきます。
この為、「パソコン操作をしているだけで、身体が疲れてしまう」とか、「何も特別な事をしていないのに、酷く疲れる」、と気になってくると、自分の体力低下も気になってしまいます。
しかし実際には、このタイプの疲労は、パソコン操作の為に身体を固定し続けている為に、『同じ姿勢を維持する筋肉』が休み無く働き続けた為に、筋肉が疲労してしまった事が原因です

 

『同じ姿勢を維持する為の筋肉』の、最初の頃の疲労の感じ方は、首、肩、腰などが、「ダルク感じる」、あるいは、「身体が動きづらくなって、ドンヨリとする」、といった程度です。
これは、自分では気づかない、姿勢を維持する筋肉が、張り詰めた状態が続くので、身体の疲労箇所がハッキリしなかったり、血行の低下からも疲労やダルサを感じたりするので、「身体全体に、疲れが溜まってきた」と感じます。
しかし、このような日々の疲労がジワジワと増してくると、身体のいろいろな所の筋肉がガチガチに固まってくるので、「朝起きた時に、首が動かしづらい」、「背中がコワバッテ、ダルイ」、「椅子に座っていると、腰が痛む」、などが起きたり、眠ろうとしても神経が高ぶって、眠りづらくなったりします。

 

しかも、この『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労は、ジッとしている事が必要になっているので、精神的なストレスがあると、ますます、身体のダルサや、凝り、痛みなどが、増すようになります。
ストレスを感じていると、身体の筋肉が余計に緊張するので、『同じ姿勢を維持する筋肉』の血管を更に収縮させて、ますます血行を悪くさせてしまうからです。
この結果、対人関係、待遇、仕事内容、目標の高さ、勤務時間などで、精神的なストレスを感じると、緊張や疲労が強まってしまいます。

【 クタクタ解消 or ダルサ解消? 】(図)くたくた疲労

筋肉の働きの中で、運動や動作をする場合には、手足などの『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』が中心になって働きますが、デスクワークでは、腰や背中などの『同じ姿勢を維持する筋肉』が中心となって働き続けます。
他の筋肉も、この2つの働きを、必要に応じて使い分けながら行っているので、どちらの働きが多いかによって、疲労を解消する為のポイントが変わってきます。
『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』の“クタクタ解消”なのか、『同じ姿勢を維持する筋肉』の“ダルサの解消”なのかを区別して、疲労解消の方法を選ぶ事が重要になります

 

例えば、『関節を伸ばしたり縮めたりする筋肉』の疲労解消には、“身体に溜まった疲労物質や老廃物の除去”をメインに考えて、血液を積極的に循環させて、心臓に戻す事が必要です。
この代表例が、運動後のクールダウンで、運動強度を徐々に落としますが、筋肉ポンプによる血行を維持して、身体に溜まった疲労物質や老廃物を除去していきます。
他にも、運動後に、お風呂やシャワーなどで身体を温める事が良いと言われるのも、これにより血管が拡がって血流が促進されて、身体に溜まっている老廃物や疲労物質の排出が促されるからです。

 

それに対して、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労は、“身体の姿勢を保つ筋肉の柔軟性が無くなって硬化”するので、この結果、全身の血行が低下し、身体の酸素不足や、疲労物質や老廃物が排出しにくい状態になります。
パソコン操作による疲労は、このタイプで、身体の姿勢を保つ筋肉が緊張で硬化し、これによって血管が圧迫されて血行不良の状態となるので、この状態を解消させるには、最初に、筋肉の緊張によるコワバリを解消させる事が、何より重要です。
筋肉の緊張によるコワバリを解消しないで、休養するだけでは、これによって血行がいつまでも回復しないで、疲労が残るようになり、また、このような時に、硬くなった筋肉や停滞した血行を回復させようとして、運動したりストレッチをすると、血行が一時的に良くなっても、しばらくすると、運動やストレッチによる負荷が増して、後から筋肉に痛みや不快感が強まったり、更に疲れや体調不良が酷くなったりする事があります。

【 筋肉内の、シコリの発生 】(図)シコリの発生

しかも、『同じ姿勢を維持する筋肉』が疲労すると、筋肉の中にシコリが生じ、このシコリによって、緊張や疲労を強めたり、疲労を慢性化したりします
シコリは、筋肉の緊張が強まったまま、長引くと、筋肉の組織が、複雑に絡み合ったまま、縮こまってしまうので、発生します。
上から触ると、シコリ部分がコリコリと感じられ、筋肉内部が凝り固まった状態になっているので、ストレッチや運動をしてみても、周囲の筋肉は伸ばせても、肝心のシコリ部分が残ったままとなって、解消が困難になります。

 

シコリができると、絶えず不快感に悩まされる状態になるのは、シコリによって毛細血管の血流が途絶えて、付近の神経が過敏状態となるからです。
しかも、この絶えず不快感に悩まされる事によって、体調を保つ自律神経の働きが乱されてくるので、不快感や痛みの感覚が過敏になって、不快感が増したり、痛みが強まったりします。
この結果、首や肩にできたシコリの不快感から、頭痛や頭重感が強まったり、腰の筋肉にできたシコリの不快感から、ズキズキとした腰や脇腹の痛みが増したりして、シコリによって、身体に不調が起きる原因になります。

 

更に、シコリの発生によって、症状を慢性化させたり、更に悪化させたり、します。
痛みや不快感が続いて、筋肉が緊張したままになるので、それによって血行も悪化した状態が続き、不快感や痛みが治りづらくなったり、悪循環となったりする為です。
この結果、『頭痛持ち』『慢性的な腰の痛み』『ギックリ腰』などが、起きてきます。

【 当院の、疲労解消治療 】(写真)当院の治療

疲労の中でも、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労の解消の場合には、身体を支えている筋肉の疲労なので、①筋肉内のコワバリやシコリの確認と解消、それにより、②血行不良部分の回復を、行う事が重要です
東洋医療系のマッサージ治療は、体調の回復や、自律神経に働きかけて精神的なリラックス効果もあるので、このような『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労タイプの、体調の回復に適しています。
特に、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせるツボを利用して、症状を改善しているので、『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労による、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「疲れ易い」、「食欲が無い」、「眠れない」、「イライラする」などの、「何となく身体の調子が悪い」といった症状の改善に適しています。

 

当院は、このような効果から、東洋医療系のマッサージ治療をベースに、現代の手技療法を加えて、身体のコンディショニングを行っています。
特に『同じ姿勢を維持する為の筋肉』の緊張や疲労の解消策として、背骨・肩甲骨・股関節などにウエートを置いて、筋肉の状態と、骨の並びのズレについて、チェックと確認を行っています。
これらの箇所は、身体を支えながら、前後互いに伸び縮みをしながらバランスを取っているので、本人が感じている以上に、身体を支える筋肉がガチガチに凝っていたり、骨の並びがズレテいたり、する事が多いからです。

 

また、シコリができる箇所が、東洋医療のツボの位置とほぼ一致しているので、当院は、ツボ反応を活用して、筋肉の柔軟性を回復や、血行の改善、関節の可動域の回復などを行っています。
ツボ反応を利用する事で、疲労や痛みの解消だけでなく、血行を促進させて老廃物を排出したり、自律神経に働きかけたりして、体調の不調解消に効果があるからです。
特に、肩甲骨に沿った部分や、背中から腰の中心部分、お尻の股関節部分などは、筋肉の強いコワバリやシコリが多くあるので、ツボ反応を利用師ながらマッサージ治療を行うと、効果的に筋肉の弾力性や柔軟性を、回復させる事が出来ます。

 

デスクワークをしていると、どうしても『同じ姿勢を維持する筋肉』の疲労が増しますが、仕事の都合で、解消が難しくなります。
当院は、ツボ反応を併用したマッサージ治療で、身体の疲労で神経や血管などが圧迫され易い、腕・肩・背部などの筋緊張を確認し、不快な症状の解消を図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

疲労と、睡眠の為のコンディション作り(体調管理)

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)疲労と、睡眠の為のコンディション作り

導入文

身体の疲労が、いつまでも続くと、「身体が重い…」、「妙に身体がダルイ」、「身体の調子の不調や悪化」、などが起き、勘違いやウッカリミスが多くなったり、仕事に身が入らなくなったりしてしまいます。

しかも、身体に疲れが蓄積されてくると、身体に老廃物が溜まったり、身体の機能が保てなくなったりしてくるので、ますます疲労が解消しづらい状態になり、「休んでも疲れが取れない」といった状態になってしまいます。

疲労解消で最も効果的なのは、質の良い睡眠をとる事なので、「寝つきがスムーズ」、「ぐっすり眠れる」、「寝起きがスッキリ」などの“眠る為のコンディション作り”に、体調管理で利用されている、ツボ治療を併用したマッサージ治療が勧められます。

【 肉体的疲労と、精神的疲労 】(図)肉体と精神の疲労

疲労を、大きく2つに分類すると、“肉体的”疲労と“精神的”疲労に分けられ、どちらも疲労が蓄積すると、体調が悪化し、思考能力の低下にもつながります。
“肉体的”疲労の場合、筋肉を動かすエネルギーが不足したり、筋肉に疲労物質が溜まったりすると、それが筋肉の疲れやダルサや筋肉の張りとなって、痛みや、圧迫されたような重み、動かしにくい、などを引き起こします。
また、同じ姿勢を続けたり、姿勢が悪かったりすると、動作をしていなくても、一部の筋肉に緊張を続ける事になるので、やはり“肉体的”疲労の原因になります。

 

もう一つが、ダルサや倦怠感などを感じる、“精神的”疲労です。
“精神的”疲労は、パソコンやスマホなどで、多くの情報を一気に判断したり、一つ一つの問題に対して速い判断が求めたりすると、脳を酷使して脳の処理能力を超えてしまうので、体調を保つ脳の働きが低下して、ダルサや倦怠感などが起きます。
また、思考のオーバーワークだけでなく、仕事や人間関係などで、気分的に気が進まなくて、内心「やりたくない!」と思っていたり、苦手意識があったりすると、やはり、脳の疲労が増し、エネルギーを使い果たして、“精神的”な疲労を引き起こします。

 

この2種類の疲労は、互いに影響し合うので、どちらか一方の疲労が大きくなると、身体全体に不調を引き起こします。
例えば、“肉体的”疲労から、疲労感、身体のダルサ、筋肉の張り、頭痛、肩こり、腰の痛み、などが起きると、“精神的”疲労の、イライラ、憂うつ、怒りっぽくなる、などが起き、反対に、“精神的”疲労が大きくなると、“肉体的”疲労が現れてきます。
これは、どちらか一方の疲労が起きても、身体の安定を保っている自律神経の働きに負荷が強まるので、肉体と精神の両方の安定性が失われるからです

【 疲労を知らせるサイン 】(図)疲労のサイン

疲労は日常的な事なので、疲労を感じても、「いつの間にか自然に消えていくもの」と思いがちですが、しかし、疲労は身体の機能が保てなくなった状態なので、毎日の疲れが蓄積されると回復力が低下して、次第に老廃物が身体の中に溜まり、心や身体に様々な症状が現れるようになります。
この為、「これ以上は身体に危険だ、休む事が必要だ!」、という事を自覚させる為に、身体から疲労サインとして、「飽きる」、「眠くなる」、「疲れる」といった3つの状態が起きます
これらの3つの状態が起きてくると、脳の活動がニブッテ、①刺激に対する反応が遅くなったり、②思考力が低下し、注意力が散漫になったり、③動作が緩慢で、行動力が低下したりするので、無意識のうちに、身体が休む状態になります。

 

ところが、これらの疲労サインが現れても、疲労に対して、自覚しづらくなっている事があります。
これは、疲労が、体温計のように客観的に評価する物差しが無いので、疲労サインが現れても、頭の中で考えた事を優先して、疲労感を押さえつけたり、見逃したりするからです。
例えば、「日頃から、仕事が生きがいと考えている」、「目標達成を求められている」、「仕事の意欲が高い」、「デスクワークをしているだけだと思い込んでいる」、あるいは、「慢性的な疲労状態になって疲労に対して鈍感になっている」、などの場合です。

 

この結果、心身の安定を保つ自律神経の働きに負荷がかかり続けると、自律神経の働きがオーバーワーク状態になり、体調が保てなくなります。
これにより、「頭がずんと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩がこる」、「血圧の不安定」、「頭がのぼせる」、「やる気が出ない」、「身体がだるい」、「内臓の不調」、といった不定愁訴が起きてきたり、更に、「疲労感やダルサで、人と会話や食事をするのも面倒」、「いくら寝ても寝足りない」、「頭痛や微熱、不眠が一週間以上続いている」、なども起きてきたりします。
しかも、“精神的”疲労が強まった場合には、“肉体的”疲労と違って、脳が覚醒してしまうので、休む事が必要だと感じていても、脳が過活動な状態になっているので、休まらなくなってしまいます。

【 運動でリフレッシュ? 】(図)運動疲労

特に、立ち仕事やデスクワークのような静的な作業を、毎日、長時間行っていると、姿勢を維持の為に、身体の同じ筋肉だけに負荷がかかったり、同じような思考作業をずうっと繰り返すので、脳の一部だけを酷使したりします。
この結果、身体に過度の疲労が起き易くなって、疲労が蓄積されるだけでなく、同じ筋肉や脳の一部のだけ、過度に、継続的に負担がかかるので、身体を休める力が弱まってしまい、疲労解消のコントロールができなくなってしまいます。
この為、「飽きる」、「眠くなる」、「疲れる」などの、心身の疲労サインに気付いたら、見逃さずに、早めに疲れを解消させて、体調悪化を防ぐ事が必要です。

 

この為、疲労による、気分的に不快な不定愁訴や、慢性的な疲労を一掃しようと、疲れた身体を、「運動でリフレッシュさせよう!」と、“逆張りの疲労解消法”を考える人もいます。
「身体を動かして汗を流せば、身体を鍛えられて、疲れにくくなるし、ストレス発散にもなる」、という発想です。
確かに、運動をすると、血行が盛んになる上に、脳から快感や興奮を与える物質が放出されるので、疲労感がとれたような気になります。

 

しかし、血行が盛んになる事や、脳から快感や興奮を与える物質が放出されるのは、一時的な現象です。
疲労が溜まって、身体を休める力が弱まっているところに、更に、運動をして頑張ってしまうので、体調を整える自律神経の働きがオーバーワークとなってしま、後になって、ますます疲労が増したり、運動による筋肉痛が起きたりします
また、体調を維持する事ができなくなるので、肩こり、腰の痛み、身体のダルサなど、起き易くなったり、夜の睡眠の質を低下させて、疲れが増したりします。

【 当院の、睡眠の為のコンディション作り 】(写真)当院の治療

脳は、身体が活動していると、絶えず活動状態になるので、心身を休める為には、睡眠が最も効果的です。
しかし、中高年以降になると、体内に必要な物質を取り入れたり、必要の無くなった物質を体の外に出したりする新陳代謝が遅くなるので、身体の体調が良くないと、睡眠をとったつもりでも、疲労が残ってしまいます。
また、精神的な疲労が続くと、心身を活発化させる交感神経が高ぶった状態になるので、「なんかなか寝付けない」とか、「熟睡できずに眠りが浅くなる」といった状態になり、脳が休めなくなって、疲労の解消が難しくなります。

 

この為、忙しい人ほど、睡眠の質を高めて体調を保てるように、睡眠の前に“眠る為のコンディション作り”が重要になります
このような“眠る為のコンディション作り”に、当院は、ツボ治療を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点でもあるので、ツボを利用した治療を行う事によって、身体の不快感を減少させ、脳と身体が休める状態ができ、「寝つき易い」、「ぐっすり眠れる」、「寝起きがスッキリ」、などの睡眠改善に効果があるからです。

 

例えば、体調を保つ自律神経の不調から、身体に硬くなっている箇所や、違和感のある箇所があると、神経を過敏にさせ、入眠しづらくなるので、ツボ反応で身体の状態を把握しながら、硬くなった筋肉の緊張を解消し、血液・リンパの循環改善を行うと、眠り易くなります。
また、身体の循環が悪くなっていると、疲労感が増し、ダルサ、頭重感、イライラ感、なども生じ、スムーズな入眠や熟睡を妨げるので、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、身体の循環を促し、不要な老廃物を排出させると、心身がリラックし、睡眠の質を上げる事が期待できます。
特に、疲労が身体に溜まって、「起きにくい」、「作業能率が低下する」、「寝ても疲れが取れない」、「身体のダルサが続く」などの場合は、体調を改善させて、“眠る為のコンディション作り”が大切です。

 

東洋医療は、もともと、「病気になる前に、身体を整えて、健康状態に戻す(未病治)」を得意としているので、疲労の解消にも適しています。
当院は、東洋医学をベースにしたツボ反応を利用したマッサージ治療で、崩れかかった身体のバランスを整え、心身のリラックスを図り、心身の疲労解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)座っているだけで、脚が、だるい、重い、こむら返り、むずむず感

導入文

脚のだるさに、女性の約80%が悩まされていますが、「たいしたこと、無いだろう…」と思っていると、立ったり座ったりする事が億劫になり、そして、痺れを感じ始めたり、こむら返りやむずむず感が起きたりして、次第に、身体に倦怠感も起きてきます。

脚のだるさや疲労感は、脚からの「無理がかかって、これ以上は無理!」という生体アラームなので、血管や皮膚に支障を起こしてしまう前に、脚の筋肉や血行の状態をチェックして、ダルサや疲労感を解消させる事が大切です。

東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療は、崩れかけた身体のバランスを整える事で、健康状態を戻す治療法として今日まで広く利用され、改善効果も認められているので、このような脚のダルサや疲労感の解消にも、適した治療法になっています。

【 脚のダルサの原因 】(図)脚のダルサの原因

椅子に座ってずうっと仕事をしていると、慣れているはずでも、「脚がダルク、重い」と感じたり、中には、「脚がグッタリする程の疲れ」を感じたりする事があります。
しかも、脚の不快感が解消されづらくなってくると「ひどく脚が疲れる」と悩まされたり、それが夜になっても続くと「脚がダルクテ、眠れない」と寝付けなくなったり、脚(足)の疲れが全身に影響して体調が悪くなったり、してきます。
脚にだるさや疲労感が起きてくるのは、脚の筋肉や血管などが十分に働く事ができなくなったサインなので、そのまま脚のだるさや疲労感を繰り返していると、脚を動かす事が億劫になるだけでなく、脚にさまざまな不調を起こし、更に、身体全体に影響を及ぼすからです

 

このように、脚を動かす事を何もしていないのに、脚に「ダルサ」や「疲労感」が起きるのは、脚の血行悪化から、脚の筋肉の柔軟性が失われて、脚に老廃物や疲労物質が溜まった事が考えられます。
脚の筋肉の働きが、低下した状態になるので、脚に溜まった血液を心臓へ押し上げる『筋ポンプ』も十分に働かなくなり、それにより、血中に溜まった老廃物や疲労物質が神経を刺激して、「ダルサ」や「疲労感」を生じさせるからです。
更に、職場のプレッシャーや人間関係の心配事などがあると、精神的な緊張が強まるので、血行が余計に悪化して、腰から下の脚のダルサが増し、腰から下のグッタリ感が増すようになります。

 

脚の「ダルサ」や「疲労感」は、下半身の運動能力の低下が影響しているので、階段を上がると「重くてツライ…」と感じたり、少し歩いただけでも「疲れる…」と感じたりします。
これ以外にも、下半身の運動能力の低下から、チョットした運動をしただけでも、太ももやふくらはぎが、引き伸ばされた感じが強まったり、座っていても、ふくらはぎや太ももの筋肉が、突っ張った感じになったりします。
そして更に、下半身の運動能力の低下によって、足首や膝の動きがニブクなってくるので、いつのまにか、足先が十分に上がらなくなったり、足を引きずったような歩き方になったり、してきます。

【 むくみ、こむら返り、むずむず脚症候群 】(図)こむら返り

脚のダルサを、「たいした事はないだろう…」と思っていても、筋肉の働きや血行にいろいろな影響を与えて、脚の不快症状を引き起こします。
最初に、多くの人が経験するのが、脚の『むくみ』です。
脚の筋肉の働きの低下で、脚の血行が悪くなると、血管内の血液の圧力が高くなってくるので、血液から水分(組織間液)が血管外に外へ押し出されて、皮膚ないし皮膚の下に水分が溜まって『むくみ』になるからです。

 

また、『こむら返り』にも、悩まされるようになります。
脚の血行悪化によって、下半身の老廃物が排出されづらくなると、溜まった老廃物が神経を刺激するようになるので、寝ている間に、筋肉の伸び縮みのバランスを保っていた神経を刺激すると、筋肉が急に収縮してしまうからです。
この為、中年以降になって、『長時間の同じ姿勢』『運動不足』『睡眠不足』『ストレス』『冷え』などで、筋肉の収縮が強まった状態になり、毛細血管が圧迫されていると、脚の血行悪化によって、『こむら返り』が起き易くなります。

 

同じ理由から、脚に、神経伝達物質の異常によって起きる『むずむず脚症候群』に似たような症状が、現れ易くなります。
脚の静脈の流れの低下によって、老廃物を多く含んだ血液が神経を刺激するので、脚が「むずむず」とする不快な感じがしてきて、それにより、脚を“もじもじ”と動かしたくなってくるからです。
「むずむず」する感じ以外にも、「脚がジンジンとしてくる」、「脚がほてる」、「痒(かゆ)いような痛みを感じる」、と感じる事もあります。

【 治療ポイントの足三里 】(図)松尾芭蕉

昔は、疲れた脚の血行や柔軟性の回復に、向こうずねの筋肉(前脛骨筋)にある、足三里のツボが、“治療ポイント”として、よく利用されていました。
これによって、脚の筋肉の伸縮運動を促し、血行を回復させるので、この作用から、足三里のツボを“健脚のツボ”とも言われます。
俳人の『松尾芭蕉』も、奥羽・北陸を経て、美濃・大垣に至る約2,400キロを踏破する道中で、足三里に灸をして、旅の疲れを癒したと言われています。

 

これは、足三里が膝下の筋肉の伸縮運動の、中心的役割(モーターポイント)を果たしているので、足三里のツボを刺激すると、血行の回復や促進の働きをするからです
実際に、『脚の動脈は拡がらないが、刺激すると、血液の循環が良くなり、痛みが少なくなる』と、確認されています。
足三里に、この作用があるので、疲れている脚の足三里のツボを刺激すると、血液が、「ジワーッ」と流れ出す感じがします。 

 

しかも、足三里のツボを刺激すると、身体に感じる疲れやダルサの解消にもなります。
下半身の血行が改善されると、筋肉の働きが活発になって血管の伸縮運動が回復し、静脈血やリンパ液が、心臓方向に押し上げられる為です。
血液は、立っていたり座っていたりすると、重力の影響により、全血液量の70%が下半身に集まるので、下半身の血行が改善されると、全身の血行も促進されるので、リフレッシュ効果になります。

【 当院の、脚のダルサや疲れの解消治療 】(写真)当院の治療

当院は、脚のダルサや疲れの解消に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ治療で、①血行やリンパの流れの改善、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などを行い、体調改善を行っています。
これは、体調の悪化によって生じたツボを刺激すると、ツボがピンポイントな治療点としての効果があるので、時間的に早く、筋肉の柔軟性や血行を回復させ、脚の不快症状を改善できる効果があるからです。
また、もともと東洋医療が、昔から体調回復に利用された実績があり、そして、現代のスポーツや医療関係で幅広く活用されているように、症状の回復効果だけでなく、体調改善も期待できるからです。

 

また当院では、脚の柔軟性の回復や血行の改善に、腰とお尻の筋肉も含めて、診断と治療を行っています。
下半身を「足腰」と言うように、脚の筋肉や血管が、股関節を通して腰に接続し、それによって、「足腰」が一体となって働いているからです。
また、身体を支えている腰とお尻の筋肉の柔軟性が無くなると、重心のバランスが悪くなって、脚に負担が強まり、脚のダルサや疲れの原因になるので、それぞれの筋肉がシッカリと働けるように、関連する「足腰」の筋肉や血流状態も確認して、マッサージ治療を行っています。

 

中でも、股関節とお尻付近は、体重がかかって酷使されるだけでなく、腰から重要な血行や神経が通っているので、重点的にチェックをして、回復治療を行っています
股関節や、お尻の奥の筋肉がコワバッテいると、それによって、血流が悪くなり、神経が圧迫されるので、脚に影響が及んで、疲労が回復しづらくなるからです。
この為、疲労や緊張でコワバッテいる股関節とお尻付近をほぐして、神経や血管の圧迫を解消させると、脚の、「ダルイ」、「重い」、「こむら返りがする」、「むずむず感がする」、などの症状の改善が早められます。

 

疲労の心当たりが無いのに、「脚がダルク、重い」と感じる場合は、「立ったままや座ったままの姿勢が多い」、「脚の筋肉の働きの低下」、「脚の冷え」、などの影響が大きくなっています。
当院は、脚の疲労や緊張解消に、東洋医療系のツボ刺激を併用したマッサージ治療により、圧痛や硬結の解消や血流改善の治療を行い、痛みや不快感の改善を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やダルサなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )が、現れたら

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)頭(脳)の疲労( 飽きる、眠くなる、疲れる )

導入文

頭が疲労してくると、「飽きる」、「眠くなる」、「疲れる」、などの疲労サインが現れますが、それによって、体調を保つ自律神経がオーバーワーク状態になると、体調を保てなくなって、体調の不調も起きてきます。

このような状態になると、休んでみたり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか心身の疲労を解消する事ができなくなるので、脳の疲労解消の為に、脳と密接な関係にある首や首周囲のコワバリや凝りを解消し、脳への血流を回復させる事が大切です。

東洋医療をベースにしたマッサージ治療を利用すると、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「血行やリンパの流れを良くする」、「神経の興奮を抑制する」などの作用によって、脳の疲労回復だけでなく、リラックス効果から、体調の不調解消も期待できます。

【 脳の疲労サイン 】(図)脳の疲労サイン

頭が疲れてくると、「頭がボンヤリしてくる」、「考えがまとまらない」、「頭の中がモヤモヤする」、「人の話についていけなくなる」、などが起きてきます。
これは、脳が疲労してくると、脳内の情報処理や伝達が十分にできなくなって、脳の処理能力が低下してしまい、理解や判断ができなくなってしまう為です。
しかし、いきなり、脳の働きがニブッテしまい、脳の活動が低下するのではなく、脳が疲労してくると、脳から、「そろそろ、休みたい…」という、疲労サインが現れます

 

脳の疲労サインで、最初に現れるのが『飽きる』という感情で、「もう、これ以上続けたくない!」とか、「面倒くさい」、「いやになる」、「うんざりする」と感じさせ、途中で休みたくさせます。
しかし、それでも、何とかガンバって続けると、次第に『眠くなる』のサインが現れて、「頭がボーっとする」、「ウツラウツラとしてしまう」、「あくびが出る」などが起き、半ば強制的に、脳が脳の活動を休ませようとします。
それでもなお、ガンバリ続けると、今度は心身の不快感や痛みを伴った『疲れる』のサインが現れて、「頭がズンと重くなる」、「目がショボショボする」、「何もする気が起きない」、などが起き、脳から「疲れて、もうムリ」と、脳の活動低下が起きます。

 

また、脳が疲れてくると、脳の疲労サインだけでなく、身体に不調感も起きてくるので、これによっても、休みをとる事の必要性を感じさせます。
これは、脳の疲れが大きくなってくると、体調を保つ自律神経もオーバーワークの状態になって、身体に不調が起きるので、これによって、「これ以上、身体を酷使しないでくれ」と、疲労を訴えるサインになるからです。
このサインとして、例えば、「病気じゃないけど身体がダルイ」、「ちゃんと眠ったのに朝起きられない」、「気分が落ち込む」、「イライラして、能率が悪くなった」、「頭がボーッとして、物事の判断がつきにくくなった」、などです。

【 脳と首の関係 】(図首と脳の関係

脳が疲れてくると、よく現れてくるのが、後頭部や、頭の付け根、肩、肩甲骨、などの凝りや痛みです。
これは、首や首周辺が、重たい頭を支えている事による影響もありますが、更に、脳の疲労によって体調を保つ自律神経の働きがオーバーワーク状態になると、自律神経の働きが乱れて、自律神経の通り道になっている首や首周囲の筋肉を緊張させたり、血流を悪くさせたりするからです。
しかも、頭部の筋肉も緊張させたり、血流を悪くさせたりするので、「後頭部が詰まった感じ」や「頭痛」、「頭重感」、「吐き気」、なども引き起こすので、頭の疲労による凝り感や痛みを強めます。

 

このように、首が、自律神経の通り道であったり、脳への血流の重要ルートであったりするので、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、脳と首が、互いに影響しあう関係にもなっています
この為、頭が疲れてくると、首や首周辺に凝りや痛みが生じるようになり、反対に、首の筋肉が異常に緊張したり、首の血行が悪化したりすると、それによって脳の活動を低下させて、脳を疲労させるようになります。
言ってみれば、どちらか片方が疲労すると、残りの片方に疲労の影響を与えるようになるので、それが繰り返されると、疲労の悪循環になります。

 

しかも、首と脳の疲労の悪循環は、それにより、周辺の“神経を刺激する”ので、痛みや不快感を強めます。
周辺の“神経を刺激する”ので、神経が過敏になって、チョッとした疲労や緊張でも、筋肉や血管を収縮させて血流が悪くなり、これによって発痛物質が増えて、痛みが増したり、痛みが続いたりするからです。
更に、それらによって自律神経の働きを乱すので、「不快な痛みが気になる」、「気持ちがすっきりしない」、「イライラする」、などの不快感にも悩まされるようにもなります。

【 自覚しづらい脳の疲労 】(図)自覚しづらい脳の疲労

この為、首周囲や後頭部に、筋肉のツッパリ感や、凝りを感じたら、脳と首が互いに影響しあう関係なので、脳の血行促進も合わせて行う事が必要です。
特に、一日中、PCとにらめっこしながら頭を使った作業をしていると、前かがみ姿勢による首の疲労だけでなく、思考作業を続ける結果、脳の特定の箇所に、ずうっと負荷をかけ続ける事になって、思っている以上に脳の血行が悪化して、脳が疲労した状態になるので、首や首周辺の血行やリンパの流れを改善して、促進を図る事が大切です。
そのままにしていると、首の筋肉の緊張や血行の悪化によって、脳の活動を不安定にさせて、精神的に不安定な状態を引き起こしたり、身体の不調感が強まったりして、「イライラする」、「怒りっぽくなる」、「眠れない」、などが起きます。

 

ところが、脳の疲労は、ハッキリと自覚しづらいケースがあります。
責任感に追われていたり、やりがいや使命感などを感じていたりすると、「たいした事はないだろう」と、脳が疲れていても分からなくなっていたり、「疲れているのは、脳ではなく身体」と、疲労についての判断を混乱してしまったりするからです
これは、脳が疲れに気付かされるのが、「判断力の低下」とか、「ダルイ、疲れた感じ」など、漠然とした身体の不調感なので、実際の疲労箇所や、その程度が、曖昧(あいまい)になってしまうからです。

 

この為、脳の疲労の判断に、後頭部や首、背中などの、痛みや凝りを手掛かりとする事が勧められます。
デスクワークやパソコン・スマホなどを使用していると、画面を見入る姿勢が多いので、首や首周辺に凝りや痛みを感じる状態になると、脳への血行障害や自律神経への圧迫が、起きている可能性が高いからです。
特に、後頭部の圧迫感や、頭重感を伴う頭痛は、首コリや肩コリによる影響が大きいので、首周辺に溜まった、疲労や緊張を解消させて、血流を改善させる事が必要です。

【 当院の、頭(脳)疲労解消 】(写真)当院の治療

頭が疲労して、身体に不調感も現れたら、休んだり、栄養を摂ったりするだけでは、なかなか解消されません。
脳の疲労を解消させるには、首と脳が密接な関係があるので、後頭部や首周辺の筋肉の疲労を解消させ、脳に積極的に血流を回復させる事が必要です
この為、当院は、東洋医療をベースとしたツボ刺激とマッサージ治療によって、首を中心に肩や背中などの柔軟性を回復させ、脳への血行を促す事を行っています。

 

例えば、脳の働きを回復させる為に、当院は、昔から利用されている、首の後ろ側にある「天柱」と「風池」と呼ばれる2つのツボを、治療点として積極的に利用しています。
これらのツボの奥には、脳に酸素や栄養を供給している「椎骨動脈(ついこつどうみゃく)」が走行しているので、血行促進が図れるからです。
これによって、疲労した脳に、スムースに脳血流が増加し、脳血流がバランスよく保たれるようになり、脳の血行の回復と共に、体調を整える神経が働くようになるので、リラックス硬化から、ストレスなどの心の不調(プチうつ症状)にも、効果があります。

 

更に、脳に血液が活発に供給されるように、ツボ治療を併用したマッサージ治療によって、肩や背中のシコリやコワバリを解消させ、血行回復を行っています。
肩や背中に現れたシコリやコワバリにあるツボを解消させていくと、脳の疲労解消に効果があるだけでなく、それによって身体のリラックス効果にもなります。
脳の疲労は、自分で対処しづらいので、そのまま自然回復を待つ事が多くなっていますが、自然回復が進まないと、身体の不調の原因になるので、意識的に、首周囲や後頭部の緊張を解消させて、脳を休ませる事が必要です。

 

首には、筋肉と神経が複雑に入り込み、そこに、脳に栄養を送る太い血管が通っているので、脳の疲労のサインが現れたら、首や首周辺の対策も必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、身体の凝りや疲労の解消だけでなく、心身がリラックスできるように、ツボを利用したマッサージ治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)背中の疲れによる、痛みと、むくみ

導入文

背中に起きる不快感として、筋肉の疲労や緊張によるコワバリやコリで生じる痛みがありますが、更に、血液やリンパ液の流れが悪化して“むくみ”ができると、背中の疲労感やダルサに悩まされます。

“むくみ”ができると、老廃物を含んだ余分な水分が体内に溜まり、そして、必要な酸素や栄養が不足してくるので、背中に腫れぼったさと、神経が刺激されて不快感が生じるからです。

疲労や緊張が続くと、更に毛細血管やリンパ管を圧迫して症状を悪化させるので、背中の不快感に気づいたら、早めに背中の状態をチェックして、筋肉の柔軟性回復や血液やリンパ液の循環改善をする事が大切です。

【 肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛み 】(図)肩甲骨の内側の痛み

肩こりや腰痛は、国民病と言われるほど、筋肉疲労の代表的な症状ですが、背中に起きる筋肉疲労による痛みも、多くの人が、とても我慢しづらく、辛(つら)く感じる痛みになっています。
よくあるのが、長くデスクワークを続けていたり、ずうっと立ち仕事をしていたりすると、背中の筋肉が疲労や緊張で凝り固まり、それによって、次第に背中の重ダルサが強まって、疼(うづ)くようなズキズキとした鈍い痛みや、チクチクとした不快な痛みが、起きてくるケースです。
しかも、胸の筋肉も張り詰めたようになってくるので、胸苦しく感じたり、呼吸が浅くなって疲労感が強まったりして、仕事の持続力や集中力が無くなってきます。

 

背中の痛みの中で、特に、痛みや不快さを感じるのが、肩甲骨の背骨沿い(内側)です
これは、肩甲骨に、背中のさまざまな筋肉が付着しているので、動作をするたびに肩甲骨が前後左右に動き、背中のさまざまな筋肉のバランスをとるような役割をしているからです。
しかも、絶えずジッと上半身の安定を保っている背骨と、隣り合わせになっているので、肩甲骨と背骨の間の筋肉に、どうしても緊張が強まるからです。

 

この為、背中のどこか一か所の筋肉でも、疲労したり緊張したりすると、背骨と肩甲骨の間に不調和が生じ、筋肉の緊張が強まって血行を悪化させ、不快な痛みが起きるようになります。
例えば、姿勢が悪かったり、同じ動作を続けたり、仕事や運動で不自然な動きを続けていたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉を過度に緊張させてしまい、肩甲骨の内側に疼くようなズキズキとした痛みが起きてきます。
また、パソコン操作や細かい手作業などのように、肩や背中でジッと腕の動作を安定させていたり、腕を上下方向や前後左右に絶えず動かす作業をしていたりすると、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けるので、負荷が大きくなると、痛みが起きます。

【 背中のむくみによる、不快感 】(図)むくみの不快感

また、疲労や緊張で、背中の筋肉がコワバリ、背中の血行やリンパ液の流れが停滞して“むくみ”が生じると、これも、不快感を引き起こす原因になります。
背中に余分な水分が溜まるので、腫れぼったさを感じ、中の疲労物質や老廃物が神経を刺激するので、背中に疲労感やダルサ、熱感などを感じるようになるからです
更に、これらの不快感から、体調を保つ自律神経が乱れると、血管が収縮して血流が悪くなるので、疲れ感やコリ感が強まり、背中全体に広がります。

 

もともと背中の筋肉は、日常生活で、あまり動かす事が無いので、普段から身体を動かす機会が少ないと、背中の血液やリンパ液の流れが滞りがちになります。
この為、長時間デスクワークをしていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、それによって血液やリンパ液の流れが停滞して、身体に酸素不足や老廃物の蓄積が起きてきます。
この結果、始めの頃は、「運動不足による、背中の張りやダルサ」と思っていたのが、次第に「ダルサや痛みも感じる」となり、そして「背中のダルサや痛みで、仕事が続けられない」と、状態が悪化していきます。

 

特に、肩甲骨の回りは、筋肉のコワバリから、血液やリンパ液の循環悪化が起き易くなるので、不快な重ダルサが起き易くなります。
脇の下には、リンパ管が合流しているので、肩甲骨回りの筋肉がコワバルと、脇周辺のリンパ液や血液の流れが滞って、背中の疲労感やダルサを強めるからです。
この為、肩甲骨の動きが悪くなって、肩を動かすたびにゴリゴリ音が出るようになると、痛みや不快感に悩まされるだけでなく、筋肉がほぐれにくい状態にもなります。

【 背中のむくみが、見た目の悪化にも 】(図)見た目の悪化

背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中に“むくみ”が生じると、見た目に、大きく影響します
特に、背中の肩甲骨あたりがむくんでくると、背中が太った感じに見えたり、猫背姿が目立ったりします。
しかも、疲れ気味に見えるので、シャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします。

 

ところが、鏡に映る、前から見た自分の姿は、変化にすぐ気づきますが、背中は、自分で直接見えないので、なかなかチェックが行き届きません。
また、背中の“むくみ”の箇所が気になっていても、はっきりと「ココ!」と確かめる事が難しかったり、手が届かなかったりします。
この為、背中の“むくみ”に、あまり気付かなかったり、「たいした事は無いだろう」と思ったりして、つい、ケアを怠りがちです。

 

この結果、背中の不快感や痛みに悩まされて、「何とかしよう!」と思った時には、自分で解消させる事が困難になっています。
背中は、大きな筋肉で構成されているので、“むくみ”が生じると広範囲になっていたり、背中の疲労だけでなく、腰痛・肩こり・ダルサなどの体調不調が慢性化していたりするからです。
また、背中のむくみ解消の為に、上半身のストレッチやトレーニングなどを行っても、背中の筋肉は日常生活であまり動かさないので、循環改善が一時的な効果であったり、運動で血行が悪化している箇所に負荷をかけた為に、後になって、更に血液やリンパ液の流れを悪くさせて、状態を悪化させてしまったりするからです。

【 当院の、むくみの解消治療 】(写真)当院の治療

このような背中の不快感の解消には、①上半身の筋肉の柔軟性を回復させ、②血液やリンパ液の循環を促す事が必要なので、筋肉や血行の治療を得意とするマッサージ治療が効果的です。
もともと、マッサージ治療が、「血行やリンパの流れを良くする」、「筋肉の弾力性や柔軟性を高める」、「神経の興奮を抑制する」、などの働きを促進させるので、痛みを早く改善させるからです
特に、当院は、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっていると、背中の循環を悪化させ、背中の“むくみ”の原因になるので、肩甲骨周辺を中心に、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るように治療を行っています。

 

また、当院では、身体の疲労や緊張状態をチェックし、身体各部の疲労や緊張を回復させ、背中のむくみを解消させています。
これは、背中の疲れによる痛みやむくみを解消するには、全身的な体調の改善が必要になる事が多くなっているからです。
例えば、「長時間同じ姿勢でいる為に、背中の血流が低下」、「約4~6kgあるといわれる人間の頭部の重さで、首、肩、背中などに負担をかける」、「日々の生活のストレスから、常に背中の血管が圧迫される」、「座ったままの姿勢が多くて、お尻まわりの筋肉の血流が悪くなって、背中の筋肉もコワバル」、などが影響するからです。

 

この為、当院では、マッサージ治療に加えて、ツボ反応を利用した治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、背中のむくみ改善にも効果があるからです。
しかも、背中のむくみによって、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの体調不調を伴うので、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、体調不調の解消も期待できます。

 

痛みや不快感は、身体からの、異常が起きている事の警告です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、仕事や加齢などの影響によるコワバリや、深部の凝りや痛みを取り除き、身体の疲労や過緊張を回復させ、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状のご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

身体がだるくて、だるい…

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)身体がだるくて、だるい…

導入文

「身体が疲れ易い」、「睡眠を取っても疲れが取れない」、「身体が重い」、「体調がすぐれない」、「動くのが億劫」、「やる気が起きない」などの、「身体が、だるい…」といった症状は、疲労やストレスなどが続いたり、我慢できる範囲を超えたりすると、起きてきます。

疲労やストレスなどで、体調を一定に保つ働きがオーバーワークになると、身体の調節機能が崩れて、「病気にはまだなっていないけれども、身体の調子が良くない」、となってしまう為です。

なかなか体調が回復しない場合には、身体の不調箇所を確認し、体調を保つ働きを回復させる事が必要なので、このような状態を『未病と』呼んで、崩れかかった身体のバランスを整える事を専門にしてきた東洋医療が、現代でも効果的な治療法になっています。

【 PCやモバイルなどの、脳疲労 】(図)PCやモバイルなどによる、脳疲労

現在は、以前と違って、「身体が、だるい…」という症状が起き易くなっています。
これは、仕事の効率を上げる為に、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日になっているので、身体を動かす事が極端に少なくなって、ジッとしたままになるので、身体の循環が低下するからです。
しかも、“仕事の効率”や“時間の管理”を強く求められるので、精神的に緊張した状態が続いて、気付かないうちに疲労感が蓄積されてきます。

 

しかも、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日が続くので、脳にとって、今迄経験した事が無いような、異常な疲労が起き易くなります。
一日中、PCやモバイルなどを使用しているので、いつも同じ脳細胞の部分に繰り返し、疲労の限界まで途切れずに、負荷がかかり続けるからです
これにより、脳全体を使って、ぼんやりと考えたり、深く考えたりする事が無くなり、いつも同じ脳細胞の部分だけで、瞬間的に情報を選択し、判断し続けるので、その部分の脳がヘトヘトに疲れるようになります。

 

更に、PCやモバイルなどを使用していると、PCやモバイルでの作業に集中するあまり、テンションが高まって、疲労を感じづらくなります。
インターネットの世界に没頭し過ぎる事で、「疲れた」という感覚がハッキリと自覚しづらくなって、身体や脳の疲労が、自覚できなくなってくるからです。
この結果、脳の緊張が緩まずに、緊張したままになるので、体調を保っている自律神経がオーバーワークになって、限界近くになり、「身体が、だるい…」と気付いた時には、身体の調節機能が崩れて、様々な体調不調が起き始めた状態になっています。

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

また、身体の新陳代謝が盛んな若い頃と違って、中高年以降になると、身体の回復力が低下してくる上に、精神的にも、仕事や家庭の責任や期待が高まるので、これによって、身体の疲労がいつまでも残ったり、ストレス感が強まったりします。
しかも、以前のように、「疲れは、いつの間にか、自然に消えていくもの…」と思って、日々の疲れをそのままにしていると、ますます、「いつも、身体がだるい…」という状態になってしまいます。
この結果、仕事をしている時や、家事をしている時にも、「少し動いただけでも疲れを感じる」、「身体が重く感じる」、「物事を思い出しにくい」、「ヤル気が起きない」など、いろいろ支障が出てくるようになります。

 

これに伴って、「朝の寝起きが悪い」、「気分がシャキッとしない」、「どことなく身体に違和感がある」、「胃がもたれる」、「食欲がわかない」、なども起きてきます。
これは、疲労に対する回復力が低下し、疲れが身体に蓄積されてくると、体調を保っている自律神経の働きが限度を超えて、体調を保つ事ができなくなるからです。
身体が元気で健康的ならば、多少の疲労やストレスがあっても、身体がそれらを克服して、身体の調子を保てますが、身体の回復力が追い付かなくなり、倦怠感が強くなった症状です。

 

このように、「身体が、だるい…」と感じるのは、病気にはなっていなくても、身体のバランスが崩れかかった為に、身体に不調を感じている状態です
あるいは、心身が疲れていたにもかかわらず、それを『我慢したり』『無視したり』した結果、現れた症状です。
言ってみれば、無意識のうちに身体から発した、「身体のバランスが崩れかかっている」という“警告信号”です。

【 強いストレスを受け続けると 】(図)眠れない

疲労の解消には、充分な睡眠(休養)、バランスの良い食事、軽めの運動などが、一般的に勧められています。
しかし、あまりに、疲労による緊張感が続いたり、気持ちがリフレッシュできなくなったりすると、解消が困難になります。
強いストレスを受け続けると、脳の処理が増大してしまい、反対に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われてしまうからです。

 

例えば、疲労や緊張の続いた仕事を続くと、仕事を終えた後になっても、夜になってもリラックスできずに、眠れなくなってしまうのも、疲労や緊張が続いた為に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなった為です。
しかも、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなっているので、休養や睡眠を取ったり、栄養を補給したりしても、身体の疲労や緊張が残ります。
この結果、「充分に休養しても疲れが取れない」、「元の元気な状態に回復しない」、あるいは、「たいした運動もしてないのにすぐ疲れる」、「疲れやすい」など、慢性的に疲れを感じるようになります。

 

このような時に、「運動でリフレッシュしよう!」とすると、かえって、逆効果になってしまいます。
心身をリラックスさせる自律神経の働きが弱っている時に、運動をすると、更に、脳や身体に大きな負担をかけてしまい、ますます不快感が強まったり、「身体が、だるい…」という症状を強めたりするからです。
更に、何とか体調を保っている自律神経に、更に負荷をかけるので、頭痛、肩こり、慢性的な腰の痛み、冷え、眠れない、下痢・便秘など、様々な体調の不調が起き易くなります。

【 当院の、ツボ刺激による体調回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、ツボ反応を利用した触診により、身体に違和感が生じる箇所を確認し、そのツボを『治療点』として、体調回復の治療を行っています。
これは、「身体が、だるい…」といった症状が、傷の痛みと違って、患部がハッキリしないで、漠然とした不快感になっているからです。
このような患部がハッキリしない「身体が、だるい…」といった症状や、本人が自覚されない『隠れ疲労』の場合には、体調の変化が起きた時にツボ反応が現れるので、治療箇所の確認や、回復の促進に、ツボを利用した治療法が極めて効果的です

 

この為、当院は、問診と触診によって、それぞれの症状に合わせて、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
そして、この後に、症状の改善に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われている場合には、ツボ治療で、脳にしっかりと、「緊張感」から「解放感」への変化を、意図的に仕掛けて、その後に、マッサージ治療で、緊張モードからリラックスモードへと、切り替えるような方法が必要になるからです。

 

例えば、ツボに心地よい刺激を身体に受けると、その感覚が脳へ伝わり、脳⇒自律神経⇒内臓・器官へと、身体の調整機能が働いて、緊張している脳を回復させ、体調を回復させる効果があります。
また、手指によるマッサージ治療は、危険性が無く、安心して受けられ、副作用がほとんどありません。
特に、「身体が、だるい…」といった症状が強い場合には、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身をリラックスさせる自律神経の働きを回復させる事も重要になるので、このような治療の納得感が重要な“改善刺激”になります。

 

東洋医療は、『未病』と言われる、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という症状の改善を専門に行ってきたので、身体に疲労感があっても、原因となっている箇所が自覚しにくかったり、疲れを溜め込んで漠然としていたりする場合には、体調の回復に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果があります、
当院は、身体の状況にあわせて、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、刺激量を調節し、身体のバランスを整え、疲労や緊張の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

脚(足)の疲れが、全身に(血行の悪化から、体調不調に)

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)脚(足)の疲れが、全身に

導入文

歩いて疲れるのは普通の事ですが、「ちょっと歩いただけで、脚が疲れる」とか、「後で、脚がダルクなる」、「疲労感やダルサだけでなく、痛みやシビレ感も出る」などがあると、日常の動作や行動に支障が出てしまいます。

しかも、脚の血行が悪くなっていると、下半身には全身の血液の約70%が集まるので、全身の血行も悪くなり、疲労感や倦怠感が全身に生じ、気力や意欲が低下してしまいます。

解消するには、脚を含めて身体の血行を回復させる事が必要ですが、その前に、腰、脚、膝、足首などをチェックして、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善が必要になるので、これらを専門に手がけている東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。

【 老化は、脚(足)から 】(図)老化は、脚(足)から

昔から、『老化は、脚(足)から』と言われるように、脚の健康状態が、身体全体に影響します
これは、脚が丈夫で、思うように歩いたり、走れたりする人は、活動的に身体を動かせるので、全身の血行も促進されて、身体の健康をキープできるからです。
しかも、それによって、脳の活動も活発になるので、脳から筋肉への神経の働きも活発になって、身体の動きを調整する柔軟性や敏捷性も高まり、身体が若々しく保たれるようになります。

 

ところが、年齢の影響で脚の筋力が弱ってきたり、運動量が少なくなったりすると、筋肉や血行の状態が低下するだけでなく、運動神経の働きも鈍(にぶ)くなってくるので、日常動作や行動に影響が出てきます。
例えば、「一緒に歩いていても、遅れ気味になる」、「たいして歩いていないのに、脚がダルクなってくる」、「階段の下りが不安になり、慎重になる」、「チョッとした段差で足が引っかかる」、などが起きてくるからです。
この傾向は、50~60代の中高年以降になると、急激に現れ、脚の衰えを実感するようになります。

 

しかも、運動や動作が鈍くなってくると、血行が悪くなってくるので、脚や腰に不快感が生じ、それがやがて、精神的にも影響が出てくるようになります。
例えば、始めは、立ったり座ったりする事に“面倒臭さ”を感じる程度ですが、次第に、「身体に、疲れを感じ易くなる」とか、「体力的に続かない」といった、疲労感やけん怠感などが現れるようになります。
そして、疲労感やけん怠感などから、体調を保つ自律神経や脳の働きに支障がでてくると、「集中力が続かない」、「気力がわかない」、更に「イライラ感が増えた」など、身体に不調を感じるようになります。

【 下半身には、全身の血液の約70%が 】(図)下半身に、全身の血液の約70%

このような身体の不調を招く血行悪化の原因として、重力の影響によって、全身の血液の約70%が、下半身に集まってしまう事があります
身体が健康状態ならば、下半身に集まった血液を、脚の筋肉が強力なポンプとなって、重力に逆らって、血液を足元から心臓に押し上げる働きをします。
しかし、一日中座り続けていたり、運動不足になったり、身体が弱ったりすると、脚の筋肉の働きが低下し、血液を心臓に押し戻す働きが弱まって、身体の血行を悪化させる原因になります。

 

しかも、人の身体の血管の9割以上は、太さが、髪の毛の10分の1ぐらいの毛細血管で構成されているので、赤血球1つがようやく通れるほどの細い管です。
更に、毛細血管が正常な状態でも、細い血管が長く続いたり、蛇行していたりしているので、血液が順調に流れる為には、筋肉のポンプ作用が安定的に働く事が重要になります。
ところが、座っている時間が長いと、脚や腰の筋肉が疲労したり、コワバッタリ、あるいは、膝や腰を曲げているので関節部分の血管を圧迫したりするので、筋肉のポンプ作用に支障が出たり、細い毛細血管を圧迫したりして、血液の流れを低下させてしまいます。

 

この結果、よく起きるのが、「夕方になると、脚はむくむし、肩は凝るし、疲れが溜まって、気分までどんよりする」、といった状態です。
脚の血流が滞ってくるので、脚のむくみや冷えの原因になるだけでなく、全身の血流が悪くなって、全身の筋肉も凝り固まってくるからです。
このような状態になると、「疲れがとれない」、「肩こりや腰痛」、「イライラする」などが起き、それらが繰り返されると、「血圧が高くなる」、「代謝が落ちるので食べる量は少ないのに体重が増える」など、スッキリしない状態が続くようになります。

【 脚の血行促進 】(図)足湯

昔は、農作業を終えた時や、長く作業をした後などに、脚(足)の疲れをとって、疲労感やダルサが身体に残らないようにする為に、“足湯”が、手軽な回復法として利用されていました。
脚の汚れを洗い落としてサッパリさせるだけでなく、暖かい湯による温熱効果で、脚に溜まった血行を温めて回復させて、疲労を解消し、リラックスした気分になる効果があります
この効果から、現代でも、『フットバス』と呼ばれる道具を使って、オフィスでジッと座り続けて身体に疲れを感じた時に、家に帰ってから、“足湯”で足の血行を回復させて、リフレッシュ気分を味わう人がいます。

 

更に、一部の介護関係の施設では、“足湯”効果を更に高めて、入所者の人達の頭の働きの維持や活性を図る為に、足裏マッサージをする所もあります。
これは、脚の血行改善によって、身体の老廃物の排出をスムーズにさせるだけでなく、『足の指の動きが硬くなってくると、脳が疲れる』と言われるので、脚の筋肉の弾力性や柔軟性を高める為です。
しかも、足裏マッサージで、身体の血行が良くなると、脳に血液をしっかりと届け、“脳の働きを活発にさせる”事にもなります。

 

このように、足裏マッサージは、いろいろな効果がありますが、自分で、自分の脚をマッサージしようとすると、腰から脚にかけての裏側は、見えない事もあって、案外、やりづらいものです。
しかも、脚の疲労や緊張を強く感じている場合には、炎症や鬱血(うっけつ)で硬化している箇所を確認して、解消させないと効果がありません。
このような状態で運動をすると、一時的に血行が良くなっても、その後、再び元の状態に戻ったり、やり過ぎると、筋肉の硬化が増して血行が悪化し、不快感が強まったりします。

【 当院の、疲れた脚の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「脚が疲れる」、「脚がむくむ」、「脚が痛い」、「脚がだるい」などの症状回復に、マッサージ治療とツボ治療を行っています。
脚の筋肉は、絶えず下から身体を支えながら、立つ、歩く、座るなど、いろいろな運動を行っているので、加齢や運動不足などで、脚の筋肉の働きが低下すると、血行も悪くなり、老廃物が排出しづらくなったり、足の爪先まで廻った血流を心臓まで充分に押し戻す事ができなくなったりするからです。
このような時に、マッサージ治療を利用すると、マッサージ治療の特徴として、筋肉のコワバリ解消や血行促進に効果があるので、脚の神経の興奮を鎮めて不快感や痛みを減少させ、脚に溜まった血液を心臓まで押し戻す筋肉のポンプ作用を回復させ、活発化させます

 

更に、当院では、脚の疲れの改善効果を高める為に、触診にウエイトをおき、一人ひとりの症状に合わせたツボ治療を行っています。
体調の変化が起こった時に、ツボが、身体の異常を知らせる『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
『反応点』であるツボを刺激する事で、脚に滞っている血液やリンパ液が押し出されるので、脚のむくみや疲労を解消させるだけでなく、身体全体の疲労の回復を早める効果があります。

 

また、脚の血液の循環が促進されるので、全身の疲れも緩和され、心身のリフレッシュ効果が得られます。
この為、PCの前に1日中座ってデスクワークをしていたり、長時間の立ち仕事をしていたり、加齢や運動不足で脚の働きが弱っていたり、などで、脚に重ダルサを感じている人には、最適です。
脚は、心臓から最も遠く、血管も細いので、老廃物が溜まり易く、それによって全身の疲労や、ダルサを生じさせる原因にもなるので、マッサージ治療とツボ治療によって、脚の血行が良くなると、全身の体調改善になります。

 

脚の疲れを長引かせると、全身にも影響して、日常生活に支障が出てしまうので、血行悪化を起こしている箇所を確認して、解消させる治療が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、下半身の、①筋肉のコワバリ解消、②血行を悪化させている箇所の改善を行い、身体の疲れや緊張の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

デスクワークの疲労感やイライラと、回復法

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)デスクワークの疲労感やイライラと、回復法

導入文

毎日、同じ仕事場の中で、デスクワーク中心の仕事をしていると、考えたり話したりする事が仕事関係に限られ、そして、大きく身体を動かす事も無いので、「身体に疲れが溜まる」、「わけもなく緊張してくる」、「気持ちがイライラする」などを、強く感じるようになります。

これは、デスクワーク中心の仕事をしていると、座りっぱなしで、うつむいたまま同じ姿勢を取り続けるので、首・肩・背中・腰などの、姿勢を維持する筋肉疲労が増し、そして更に、細かい字を長時間見続けるので、脳や視神経がオーバーワークとなって、感情を高ぶらせ、苛立たせてしまうからです。

デスクワークの疲労感やイライラは、自律神経のバランスを乱し、身体に様々な支障を引き起こすので、「何となく身体の調子が悪い」、「とにかくイライラを解消したい」と思った時には、崩れた体調を回復させる為に、東洋医療系のマッサージ治療を試してみる事が勧められます。

【 疲労感と、イライラ 】(図)疲労感とイライラ

イライラは、物事が思う通りにならなかったり、不快な事があったりして、神経が高ぶって、いら立ち、コントロールできなくなった状態と言われています
そして、このような時に、意識的にイライラした態度を見せるのは、自分が追い詰められ、逃げ場のない苦しい状態になっているので、イライラした態度を見せる事で、相手を威嚇し、自分を守ろうとする、自己防衛本能による行動だとも、言われています。
しかし、意識的にイライラした態度をしていると、緊張させる神経が一方的に働き続けるので、調整能力を失って、エスカレートしてしまうので、不注意やトラブルが起き易くなります。

 

イライラ状態は、3パターンに分けられていて、『精神的イライラ』『自律神経やホルモンの影響によるイライラ』『両者の合わさったイライラ』があります。
最初の『精神的イライラ』は、誰でも経験する、「自分の、思い通りにならない」で、「気が焦った」時の、イライラです。
例えば、「上司や同僚と人間関係がうまくいかない」、「仕事が予定通り進まない」、「職場の環境に慣れない」、「同期が先に出世した」、「歩いている目の前でケータイをいじっている」、などで生じるイライラです。

 

また、『自律神経やホルモンの影響によるイライラ』は、過労やストレスなどによって、自律神経が乱れた時のイライラです。
例えば、「なかなか疲れがとれない」、「頭がスッキリしない(頭が重い)」、「仕事をする気が起こらない」、「寝られない」、「背中や腰がいつもダルイ」、などによるイライラです。
女性ならば、生理前になるとホルモンバランスが変わって、自分で自分をコントロールできない事で起きるイライラがあります。

【 意外に疲れるデスクワーク 】(図)デスクワークの疲れ

このように、イライラは3パターンに分けられていますが、どのパターンでも、疲れてくると、心身を緊張させる神経が強く働くので、イライラが起き易くなります。
そして、イライラを感じている時に、その所から離れる事ができなかったり、頭を休憩させる事が難しかったりすると、心身をリラックスさせる神経が働かないので、ますますイライラ感が高まります。
この為、“会社勤め”のように、体調より仕事を優先するような所で、毎日、集団の中で一日の大半を過ごしていると、わけもなくイライラした気持ちが起き易くなります。

 

特に、PC操作が中心のデスクワークをしていると、ずっと座りっぱなしで、うつむいたまま、同じ姿勢を取り続けるので、血行が悪化し、“筋肉疲労”が強まって体調を保てなくなり、イライラが起き易くなります
しかも、PCを使って仕事をしているので、眼の神経の過緊張や、脳の一部だけの酷使が続くので、“神経の疲労”から感情を高ぶらせ、苛立たせてしまいます。
そして“神経的な疲労”が続いて、集中力が欠けたり、根気が続かなくなったりすると、余計に“神経的な疲労”が強まるので、ますます感情の高ぶりや苛立ちが増し、イライラ感も増します。

 

更に、仕事の緊張やプレッシャーなどを感じると、ストレスとなって、“精神的な疲労”が起き、これもイライラ感の原因になります。
例えば、仕事の失敗の不安、現在の仕事への悩み、将来性への疑問、人間関係のストレス、仕事の量や進め方の悩みなどから、“精神的な疲労”が起きてくると、不安定な精神状態になって、イライラ感が起きてきます。
しかも、これらの不安や悩みは長引く事が多いので、精神的な緊張がいつまでも続くので、絶えずイライラを感じるようになります。

【 疲労の患部確認の必要性 】(図)積極的休養法

イライラは、疲労すると起き易くなるので、原因となる疲労を、効率的に回復させ方法として、疲れている時に、あえて身体を軽く動かして、血液循環を促し、疲労回復を早める『積極的休養法』という方法があります。
家でゴロゴロしていたり、ずっと寝ていたりしているだけでは、デスクワークのように、無意識に姿勢を維持する筋肉を酷使している場合には、筋肉の硬化が改善されず、血の循環も良くならないからです。
この為、運動後に身体のケアをするように、全身の血行を良くする事によって、身体の疲労回復を早め、精神的な疲労も取り除く事にも役立つ、と考えられています。

 

ところが、仕事や日常生活の疲れの場合には、運動の疲れと違って、自分で気付かない疲労箇所が多くあるので、一般的な運動やストレッチをしても、身体の柔軟性が回復しにくい欠点があります
例えば、PCを使ってデスクワークをしていると、一番多いのが、「身体全体が、何となくダルイ」、「身体がこわばって石のように重い」、などの心身の疲労の場合には、自分で疲労箇所がわかりません。
本来ならば、身体の疲労やダルサの解消には、身体の疲労箇所をチェックして、コワバリを回復させ、更に、血行を促進させる事で、身体に溜まった老廃物を取り除いて、脳や身体に酸素や栄養が行き渡らせる事が必要ですが、自分で気付かない疲労箇所が多くあるので、運動をしても、一時的に血行が良くなっただけで、身体のコワバリ感が残ってスッキリしなかったり、疲労感や緊張感がすぐにぶり返したりします。

 

更に、身体をリラックスさせるだけでなく、脳の疲労を解消させる為には、積極的に、脳への血流を回復させる事も必要です
特に、長時間のデスクワークで、小さな字を読んだり、細かい作業をしていたりすると、眼の神経や脳が緊張した状態が続いて、脳が疲労した状態になっています。
この為、『首の上半分は、脳の下側の延長』と言われるように、首の状態と脳が密接な関係があるので、首周囲の疲労や緊張を確認して、解消させていく事が重要です。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

デスクワークの疲労感やイライラには、肉体的疲労、精神的疲労、神経的疲労、の疲労3つの要素が互いに絡みあっています。
疲労解消には、デスクワークで硬くなった筋肉や、それに伴う疲労感・緊張感などを確認して、解消させ、心身をリラックスさせる事が必要です。
この為、当院は、このような、体調が崩れかかって生じた不調に、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、解消を行っています

 

これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所である『反応点』であり、病状を改善する『治療点』でもあるからです。
例えば、「何となく、ダルサや疲れがある」とか、「身体が動かしづらい」などのように、身体の疲労は分かっていても、患部がハッキリと分かりづらい場合には、体調の変化時にツボ反応が現れるからです。
この為、当院では、問診や触診にウエイトを置いた治療でツボを使い、神経の緊張や興奮を鎮めるようにしています。

 

しかも、ツボ刺激による治療は、自分では解消しづらい筋肉の硬直をほぐしたり、疲労からの回復力を高めたりするのに、即効性があります。
神経の緊張や興奮を鎮めるので、このリラックス効果から、慢性的な疲労感や、身体に溜まったストレスの軽減が期待できるからです。
そしてマッサージ治療によって、筋肉の疲労回復や痛みを改善させる為に、血行やリンパの流れを良くする、筋肉の弾力性や柔軟性を高める、神経の興奮を抑制する、などを行っています。

 

イライラを引き起こす疲れには、体調の回復の為に、身体に溜まっている疲労物質を早く除去して、身体の分泌を促し、心身をリラックスさせる事が大切です。
当院は、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、筋肉や靭帯などのストレスや過緊張を解き、体調を整える治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】