ぎっくり腰(急性腰痛)の、予兆を利用した予防法と、早期回復法

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)ぎっくり腰の予防と回復法

 

導入文

ぎっくり腰を起こすと、突然の強烈な痛みから、腰の骨がどうにかなってしまったように感じますが、ほとんどの場合、腰の筋肉や骨の周りの靭帯(じんたい)に急激な負荷がかかって、多数の断裂が起き、それにより神経が強く刺激された筋性の腰痛です。

特に、腰が疲れていたり、加齢や運動不足で腰の筋肉が弱っていたり、姿勢が悪かったりすると、チョッとした事でも、腰の筋肉や靭帯の負荷が大きくなって、ぎっくり腰を起こしてしまいます。

この為、「腰の調子が、何となく悪い」と気付いたら、早めに東洋医療系のマッサージ治療を利用すると、身体の不調箇所を調べて、改善を行っているので、ぎっくり腰の予防や、ぎっくり腰の後の違和感の回復にも、有効な対策になります。

【 ぎっくり腰の、予兆(前ぶれ) 】

≪ 腰の何となく、イヤ~な感じ ≫(図)ぎっくり腰の予兆

ぎっくり腰は『急性腰痛』や『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキッという衝撃と共に、強烈な痛みに襲われる腰痛を言います。
しかし、実際には、腰に何の痛みや違和感も無く、「イキナリ、ぎっくり腰!」という、“青天の霹靂タイプ”は、あまりありません
ぎっくり腰が起きる原因として、運動で疲労していたり、緊張したままジッとした姿勢が続いたりして、腰の筋肉の負荷が大きくなっていた事が影響しているので、ぎっくり腰を起こす前に、「腰が、何となくイヤ~な感じ」とか、「腰がダルク、動かしにくい」など、ぎっくり腰の“予兆(前ぶれ)”を感じているのがほとんどです。

 

例えば、ぎっくり腰の前に、次のような“予兆”が多く感じられています。
①腰部の疲労感   ;腰が張っている感じ、長時間座っていて腰がツライ、腰が重く感じる、腰が抜けそうな感じがする
②背中やお尻の違和感;背中のコワバリ感、脚の疲労感、ふくらはぎがつる(こむら返り)、股関節やお尻の痛みやしびれ、足の冷え
③腰まわりの衰え  ;腰回りのダルサや重い感じ、歩くと疲れを感じて残る、朝起きると腰が痛む、雨の日の腰の鈍痛

 

このような“予兆”が起きるのは、『腰の柔軟性の低下』によって、腰の筋肉の“自然な伸び縮み”ができなくなった為です。
この結果、腰の筋肉の血行が悪化して、必要な酸素料が不足し、老廃物が排出されづらくなるので、「腰に、何となくイヤ~な感じ」といった不快感が起きます。
このような時に、何かの動作や行動などで腰の負荷が増すと、腰の筋肉や靭帯に、微細であっても、多くの断裂を起こしてしまい、それによって神経を強く刺激して、強烈な痛みに襲われる事になります。

≪ 繰り返す、ぎっくり腰 ≫(図)繰り返すぎっくり腰

また、ぎっくり腰は、一度起こすと繰り返すと言われます。
実際、一度ぎっくり腰を起こすと、4分の1の人が1年以内に再発しているという報告もあります。
しかし、ぎっくり腰を繰り返すのは、クセではなく、ぎっくり腰を起こし易くなっている事が、原因になっています

 

例えば、デスクワークを毎日続けていると、背中の筋肉がコワバリ、腰に疲労が溜まってくるので、ぎっくり腰を起こし易くなります。
また、加齢や運動不足は、筋力を弱めるので、年齢が上がるほど、腰痛やぎっくり腰のリスクが高まります。
更に、心理的なストレスが続いていると、身体の血行が低下する上に、運動の意欲を低下させるので、やはり、ぎっくり腰を起こし易くなります。

 

この為、日常生活で、ぎっくり腰を繰り返さないように、工夫する事が大切ですが、それと共に、「腰の何となく、イヤ~な感じ」という、ぎっくり腰の予兆に気付いたら、それを予防に利用する事が大事です。
特に、ぎっくり腰を繰り返し易い人や、不安を感じる人は、腰の異常を伝える神経の働きが敏感になっているので、ぎっくり腰の予防に、有効な判断になります。
腰の異常を伝える、身体からの警告なので、この警告に気付いたら、腰のまわりの筋肉やじん帯の柔軟性を高める事が大切です。

≪ 当院の、ツボ反応を利用した予防治療 ≫(写真)当院の予防治療

ぎっくり腰の予防には、腰と腰周辺の、筋肉のコワバリ箇所の確認と、これらの箇所を解消させる事が必要です。
この為、当院は、身体の不調時に身体に現れるツボ反応を利用して、ぎっくり腰の予防治療を行っています。
ツボは、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです

 

このような効果から、当院では、ツボ反応とマッサージ治療を組み合わせて、腰の筋肉や靭帯の緊張を和らげ、血行を改善させて、腰のコワバッタ靭帯や筋肉の緊張を和らげています。
これらによって、腰の柔軟性が回復して、ぎっくり腰を起こす可能性が、グッと低くなります。
しかも、腰のコワバリが強まっていない、ぎっくり腰の“兆候”段階なので、比較的短時間に、硬くなっている腰の筋肉や靭帯を和らげる事ができます。

 

また、当院は、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して治療を行っているので、本人が気付いていない、筋肉内の隠れた緊張やシコリを解消させる事もできます。
これによって、「腰がだるい」、「腰が重い」などの、不快感を取り除き、腰の動きも改善されるようになります。
更に、背中の筋肉や股関節周辺の筋肉など、本人では伸ばす事ができないような筋肉も、マッサージ治療で柔軟性を回復させて、腰周辺の筋肉の柔軟性を高めるようにしています。

【 ぎっくり腰を起こしてしまったら 】

≪ まずは、安静に ≫(図)安静

運悪く、ぎっくり腰を起こしてしまうと、強烈な痛みに襲われ、腰を曲げる事も伸ばす事もできなくなり、声も出せなくなります。
これは、腰の筋肉に大きな負荷を受けた事で、身体を守る為に、反射的に、身体の筋肉が一挙に収縮した為です。
また、急激な筋肉の緊張から『痙攣発作』を起こして、筋肉が“収縮しっぱなし”の状態になるので、身体がコワバッタまま、動かす事ができなくなります。

 

また、腰の筋肉に大きな負荷を受けた事によって、腰の筋肉や靭帯に“肉離れ”に近い状態が起き、細かな傷が発生したり、微細な断裂が起きたりします
このような時に、身体を動かしてしまうと、筋肉の微細な断裂を更に増やしたり、痛みによる筋肉の硬直から血行を悪化させたりするので、余計に痛むようになります。
この為、ぎっくり腰を起こした後は、傷口を広げないように、できるだけ安静にして、痛みが解消してくるのを待つのが、何より大切です。

 

例えば、腰の筋肉に、姿勢や体重の負荷がかからないように、横になって、できるだけ楽な姿勢をとる事です。
また、痛みを起こしている神経は、背中や脚にも繋がっているので、神経への刺激を減らす為に、腰の痛い方を上にして横になって、身体を動かさないようにする事も大切です。
このような姿勢で、安静にして、腰の痛みが引いてくるまで、ジッとしている事が、ぎっくり腰の直後の対処法です。

≪ 当院の、ぎっくり腰の回復治療 ≫(写真)当院の治療

当院では、ぎっくり腰の回復治療を、発症後2~3日ぐらい経って、歩けるぐらいになるのを待ってから、行っています。
これは、いつまでも安静にしていると、筋肉の働きが戻らずに、血行が低下してしまい、回復力が低下してしまう為と、痛みの原因である炎症物質が排出されず、いつまでも痛みが残ってしまうからです
これによって、腰の痛みは良くなっても、「腰がだるい」、「腰が重い」などの不快感が続いたり、腰が伸びづらい状態になったりします。

 

治療の開始の目安は、無理に動かなければ、鋭い痛みが走らなくなり、安静にしていると、我慢できる程度の鈍痛になった頃です。
しかし、この時期は、腰の痛みは、かなり治まっていても、身体を動かそうとすると、「まだ、背中や腰が固まっている」とか、「ぎっくり腰の痛みが戻ってきそう…」、という感じがします。
これは、腰と腰周辺の筋肉が固くなっていたり、腰の関節に微妙なズレやアンバランスがあって動きづらくなっていたり、腰の血行不良から違和感が生じたり、するからです。

 

この為、当院は、患者にとって、身体の負荷が少なくなるように、横向きに寝た姿勢になってもらい、施術もマッサージを中心に回復治療を行っています。
もともと、マッサージ治療が、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、これによって、③神経の興奮を抑制する、などの効果がある上に、その上、患者にとって、身体の負担が少ない治療法で、安心感があるからです。
この為、ぎっくり腰を起こした後、ある程度、痛みが落ち着いた段階で、マッサージ治療を受けると、血行改善、筋肉の柔軟性回復、違和感解消などが進んで、痛みや筋肉の柔軟性の回復を早める効果があります。

 

マッサージ治療は、スポーツや障害を受けた後のように、筋肉が緊張して痛みが残っている場合や、関節の動きが悪くなっている場合などに、安全で、実績ある改善方法です。
当院は、マッサージ治療の特徴を利用して、ぎっくり腰の予防や回復に、患者の症状に合わせて、圧痛・硬結を確認し、血流改善や緊張の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。