腰痛の前兆(だるい、重い、疲れ、張る、こわばり、動かしにくい)

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)腰痛の前兆

腰の筋肉に、疲労や緊張が溜まってくると、腰が、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、「こわばり」、「動かしにくい」などの、違和感に気付かされます。

このような時に、立ち上がったり、身体をひねったりするような動作をすると、腰のあたりに痛みを誘発させてしまいそうな感じになり、腰痛の前兆(まえぶれ)を感じます。

腰に負荷が蓄積して、腰の筋肉に余裕がなくなっている状態なので、強烈な痛みに襲われるギックリ腰や、絶えず悩まされる慢性腰痛になる前に、腰の血行を促して、筋肉の柔軟性を回復させておく事が大切です。

【 分厚い筋肉の天然のコルセット 】(図)天然のコルセット

腰に、このような違和感が起きるのは、腰の構造が、大きく影響しています。
腰を後ろ側で支えている骨は、骨盤から5つの骨が積み重なって、一列に続いている、“積み木”状の骨だけだからです。
この“積み木”状の骨で、身体を曲げる、反る、ねじるといった動きをしながら、上半身を支えると同時に、下半身から伝わる衝撃を受け止めています。

 

この為、腰の周囲をシッカリと安定させる役割として、分厚い筋肉が何層にも重なって、“天然のコルセット”をつくりあげています
しかし、この“天然のコルセット”は、筋肉なので、運動不足や加齢などで筋力が弱ると、支える力が弱ります。
特に、腰の土台になっている骨盤近くの筋肉や、支柱になっている腰の骨(腰椎)付近の筋肉に、上半身を支える負荷が多くかかるようになります。

 

この結果、腰の骨から1~2㎝離れた横や、骨盤の少し上側に、腰痛の前兆となる違和感を、多く感じるようになります。
腰の筋肉の疲労や緊張が原因になっているので、「だるい」、「重い」、「疲れ」、「張る」、痛みを誘発させてしまいそうなこわばり」、「動かしにくい」、などを感じます。
また、身体の姿勢によって、腰の筋肉に負荷が増したり、減ったりするので、それによって違和感が、増したり、和らいだりします。

【 ギックリ腰 】(図)ギックリ腰

そして更に、腰に大きな負荷がかかったり、急激な動きをしたりすると、耐えきれなくなって、強烈な痛みとなる事があります。
いわゆる『ギックリ腰』です。
『こむら返り』と同じ現象で、筋肉が突然コントロールを失って過剰に縮むので、激痛と共に動けなくなり、腰の筋肉と共に、お腹の中の横隔膜も急激に縮むと、声も出せなくなります

 

『ギックリ腰』は、言葉から想像すると、突然、痛みがやってくるイメージです。
しかし、ギックリ腰も、痛みを起こす前には、やはり、腰のあたりにニブイ痛みや、懲り、ダルサなど、「痛みが起きそう…」と思わせる前兆があります。
但し、少し痛みがあっても、慣れて感じなくなってくると、意識する事なく、やり過ごしてしまうので、「突然に痛みがやって来た!」ように思われます。

 

この為、腰の違和感に気付いたら、腰痛の前兆として、早目に、筋肉の疲労や緊張を解消させる事が必要です。
腰には、腰には絶えず、上半身の体重や動作の負荷がかかるので、腰痛を起こしてしまうと、安静を保つ状態が何日も必要になったり、治りきるのに時間がかかったり、してしまうからです。
しかも、腰痛を起こしてしまうと、何気ない動作でも、身体を動かすと痛みが増すので、その痛みを耐えながら、しかも、人に分かってもらえない事へのツラサがあります。

【 ストレスによる慢性腰痛 】(図)慢性腰痛

また、ストレスも、気が付きにくいですが、腰痛の大きな原因になります。
ストレスが長引くと、身体を支えている腰の筋肉の柔軟性が失われ、血流が滞って、筋力を低下させる為です
ストレスが影響しているので、痛み方の特徴として、①ストレスが強まると痛みが大きくなる、②ストレスを感じているといつまでも長引く、③痛む場所や強さが一定しない、④姿勢や動作に関連なく痛い、などがあります。

 

しかも、ストレスによる腰痛を、ずうっと抱えていると、ますますストレスに弱くなります。
この結果、以前なら耐えられたストレス状況でも、すぐに腰痛になってはね返って、腰に痛みを感じるようになります。
この為、腰が張っていたり、重かったり、などの違和感が強まり、この状態に毎日悩まされるようになります。

 

このように、ストレスによる慢性腰痛も、腰の筋肉の“天然のコルセット”の力が、弱まった事が影響しています。
ストレスによって、筋肉の“疲労”や“緊張”から、筋肉の働きが低下し、血行が悪くなり、必要な酸素や栄養が不足し、老廃物が溜まってくるので、腰の神経が、異常に刺激されるからです。
しかも、腰の筋肉からの違和感を、そのままにしていると悪循環となって、ツライ腰痛がいつまでも続いてしまいます。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の腰痛治療

当院は、このような、筋肉の緊張、循環障害、関節の動きの悪さから来る痛みに、マッサージによって解消治療を行っています。
これは、筋肉の疲労や緊張を解消させるには、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、④関節の可動域を広める、⑤筋肉の疲労回復、⑥痛みの程度を減少させる、などが必要になるからです
マッサージ治療で、萎縮した筋肉をほぐし、患部の血行を回復させ、疲労物質の排出を高めると、筋肉の疲労や緊張が解消し易くなるので、腰の違和感や痛みが減少し、動き易くなります。

 

また、腰の違和感に気付いた段階で、マッサージ治療を受けると、“ギックリ腰”“慢性腰痛”などの予防治療にもなります。
疲労や緊張が腰に溜まって、腰にダメージが蓄積されている可能性があるからです。
当院では、腰痛予防の為に、腰だけでなく、お尻や背中の筋肉の状態も含めて確認し、筋肉の疲労と緊張を解消させ、体調管理を行っています。

 

腰痛を起こす原因として、『腰椎椎間板ヘルニア』や『腰部脊柱管狭窄』などが有名ですが、全体の中では、あまり多くないのが実態です。
反対に、ギックリ腰やストレスによるによる慢性腰痛のように、原因がハッキリ特定しきれない腰痛は、『その他の腰痛』に分類され、腰痛全体の85%にもなっています。
しかし、『その他の腰痛』は、原因が無いのではなく、病院で検査を受けても、画像検査で映らないだけで、筋肉の活力を取り戻す為には、身体がリラックスした状態で、腰の血行を促し、筋肉の柔軟性を回復させる事が大切です。

 

特に原因が思い当たらないのに、腰に違和感が起きて、腰痛の前兆が感じられる場合には、筋肉のチェックをしてもらう為にも、当院の東洋医療系のマッサージ治療院を、お勧めします。
当院は、痛みや不調の予防に、身体の緊張解消や循環改善など、体調管理の為の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。