パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

【 (症例)疲労や だるさ 】 

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

通常、肩こりの場合、首スジから肩や背中にかけて、筋肉の緊張や血行の悪化が起き、「張り」、「凝り」、「痛み」などの不快さと共に、身体のダルサや頭痛に悩まされます。

ところが、パソコンやスマホの操作をしているうちに、「首から腕にかけて、ずっしりと重い感じがとれない」、「腕を上に挙げると、痛みが起きる」、「腕にジンジンとする痛みが続く」など、腕の不快感が起きる事があります。

この症状は、『頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)』と呼ばれ、腕~肩~首にかけての、慢性的な疲労が影響している可能性があります。

【 頚肩腕症候群 】頚肩腕症候群

『頚肩腕症候群』は、腕~肩~首にかけての、痛み・凝り・痺れ・循環障害・筋力低下などの症状を、総称した呼び名で、多くの場合、手をよく使うパソコンやスマホなどで発症しています
これは、キーボードやマウス操作のように、小さな力の作業でも、長い時間、指先の動作を繰り返していると、疲労が大きくなり、“腕力”を使ってなくても、腕に疲労が蓄積されるからです。
人間の手が、手先で巧妙な動きができるように、腕から指に続く、非常にたくさんの小さな筋肉と、微細に判断する様々な神経が走行しているので、毎日の疲労の積み重ねで、発症し易くなります。

 

更に、腕を狭い範囲で固定し続けるので、絶えず“力んだ”状態になり、余計に腕の疲労が大きくなります。
しかも、長時間“脇を絞め、肘を固定させた姿勢”は、腕に続く、肩~首の筋肉に、かなり負担になります。
この結果、知らず知らずのうちに、腕の筋肉の疲労や緊張が増すだけでなく、肩~首の循環が悪くなるので、肩~首に疲労が拡がり、凝りや筋肉痛が起きる原因になります。

 

ところが、画面を見つめ続けて、集中力を求められるので、ツイ、気付きにくくなります。
しかも、仕事で、キーボードやマウス操作をしていると、腕が疲労しても、自覚する事が少ないので、余計に見落としがちです。
しかし、実際には、腕の疲労と緊張で、『頚肩腕症候群』の初期症状の、「手の指が伸びにくく」なったり、「腕の内側の筋肉がコチコチ」になったり、「肘の外側や内側がジーンと痛む」などが、現れます。

【 背中の疲労、そして、精神的な疲労に 】精神的な疲労

『頚肩腕症候群』は、毎日の疲労の積み重ねで発症するので、次第に、背中にも、痛みや疼(うず)きなどの、様々な症状が現れます。
肩から腕に伸びる神経や血管が圧迫され続けたり、肩周辺の筋肉の働きが低下したりするので、背中側の神経や血管も影響を受けて、筋肉の疲労や血行の障害を起こす為です
背中の上半身を支える筋肉に影響が及ぶと、慢性的な凝りやダルサとなって、なかなか解消できなくなります。

 

更に、精神的な疲労も強まります。
指や腕の筋肉が、肩につながっているので、それによって首の血行が悪化してくると、脳も疲労し易くなるからです。
これにより、脳の働きが鈍(にぶ)り、集中力が続かなくなって、「頭がずんと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」、などの症状が現れます。

 

特に、指先の動作を長時間行っていると、精神的にリラックスする事ができなくなったり、疲労感を強めたりします。
特定の指を細かく反復的に動かす作業によって、脳の特定の一部を酷使する事になり、脳の全体の機能が抑制されるからです。
この結果、「周囲に無関心」になったり、「イライラ」してきたり、「ちょっとしたことで腹立たしく」なったり、「食欲が無く」なったり、します。

【 スマホ肘、マウス腱鞘(けんしょう)炎 】

スマホ肘

『頚肩腕症候群』以外にも、パソコンやスマホなどの疲労で、腕・肘・手首などに症状が現れる事があります。
例えば、『スマホ肘 』と呼ばれる症状は、肘の手首側(下側)の筋肉の過緊張によって、肘~手首に痛みが起きます。
この為、「物をつかんで持ち上げる」、「ドアノブを回す」、「タオルを絞る」などの動作時に、強い痛みが起きます。

 

スマホ肘 』の原因は、スマホを、親指でずうっと操作をしていると、親指の根本の筋肉だけでなく、そこから肘に伸びる“親指側”の筋肉も、絶えず緊張状態が続く為です。
また、最近のスマホは画面が大きいので、手にスマホを持つ時に、知らず知らずのうちに小指の筋肉に無駄に力が入って、肘の“小指側”の筋肉を緊張させて、痛みを起こす事もあります。
いずれも、肘から手首側(下側)の筋肉が、小さな負担が長い時間、ずっと続く事によって起こります。

 

更に『マウス腱鞘炎 』は、マウスでクリックしたり、タイピングしたりすると、「手首が重く感じる」とか、「指の関節が痛む」、などが現れる症状です。
マウスを長時間使い続けていると、手首の筋肉に、負担がかかり続ける為です。
放っておくと、痛みはどんどん酷くなるので、手首や親指の付け根の痛み、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下、などを起こし、仕事の能率が落ちたり、生活に支障が出たり、します。

【 当院の治療 】腕から肩にかけての緊張緩和

これらの『頚肩腕症候群 』『スマホ肘 』『マウス腱鞘炎 』の原因は、腕から指に続く、非常にたくさんの細い筋肉と、微細に判断する様々な神経に、小さな負担でも長時間、ずっと続いた為に起きた痛みです。
この為、毎日の積み重ねで発症した筋肉のコワバリの解消や、それによって圧迫されている血管を回復させて、血液やリンパ液の循環を元の状態に戻す事が必要です
このような、“筋肉の疲れ”が原因になっている症状には、マッサージ治療が適しています。

 

例えば、痛みを感じている部分が、肩から腕の限られた範囲ならば、当院のクイックマッサージ(15分ぐらいのマッサージ)でも、回復に役立ちます。
短時間でも、手首から肩にかけての緊張した筋肉を触診し、その部分を緩めると、血行障害が解消して、痛みがかなり緩和されます。
また、筋肉内部の炎症を弱める効果から、過敏になっている神経を和らげ、痛みの感覚を低下させます。

 

また、首や肩の凝りが酷くなっている場合や、背中にも痛みが出ている場合には、30分ほどの、腕を含めた上半身の治療が向いています。
問診と触診によって、ピンポイントに、筋肉のコワバリを解消させていくので、血行の回復も進んで、早ければ1~2回ぐらいの治療でも、痛みが解消できます。
更に、ツボ刺激を利用するので、「気持ちいい!」という快刺激から、気持を落ち着かせ、リラックス効果も得られます。

 

「腕がパンパン、指が硬い」、「手首が痛い」、「腕がだるい、重い」、「腕に力が入ると、痛い」、などの場合には、身体や脳をリフレッシュさせる為にも、“腕”の疲労を解消させる事が大切です。
当院は、マッサージ治療で、腕や肩の緊張緩和や、肘の可動域の改善などを含め、身体の痛みやダルサ解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。