パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

【 (症例)疲労や だるさ 】
(写真)腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れ

導入文

パソコンやスマホの操作を続けているうちに、「肩から腕にかけて、重ダルイ感じがとれない」、「腕を挙げると、痛みが起きる」、「腕にジンジンとする痛みが続く」などの、不快な痛みに悩まされている人が多くなっています。

この症状は、『頚肩腕症候群 (けいけんわんしょうこうぐん)』と呼ばれ、気付かないうちに、首から腕にかけて継続的な疲労が蓄積し、それによって、痛みやシビレ・不快感などが生じた為です。

一度起きると治るのに時間がかかるので、痛みや不快感が慢性化してしまう前に、筋肉の疲労解消や血行改善を得意としている東洋医療系のマッサージ治療を利用して、肩から腕の疲労や緊張の解消をさせる事が大切です。

【 頚肩腕症候群  】(図)頚肩腕症候群

『頚肩腕症候群』は、首~肩~腕にかけての、痛み・凝り・シビレ・循環障害・筋力低下などの症状を、総称した呼び名で、多くが、手をよく使うパソコンやスマホなどで発症しています。
これは、人の手が、手先で巧妙な動きができるように、指に続く非常にたくさんの小さな筋肉と、微細に判断する様々な神経が走行しているので、小さくても、毎日の疲労による負荷が積み重なると、痛みや神経障害が発症し易くなるからです
この為、キーボードやマウス操作のように、指先の小さな力の作業でも、長い時間、指先の動作を繰り返していると、腕に疲労が蓄積されて、負荷が大きくなり、痛み・ダルサ・疲れを引き起こします。

 

また、キーボードやマウス操作をしていると、ずうっと脇を絞め、肘を固定させた姿勢になるので、この事も、首から肩の筋肉に、かなりの負担をかける事になります。
肩を固定した状態で、腕を狭い範囲で動かし続けるので、腕が絶えず“力んだ”状態になり、気付かないうちに、腕の疲労が、それだけ大きくなるからです。
この結果、腕の筋肉の疲労や緊張が増すだけでなく、肩から首の血行やリンパ液の流れが悪くなるので、肩から首に疲労が拡がり、凝りや筋肉痛が増すようになります。

 

また、指や手首の関節を曲げ続けて操作をしているので、手や腕の筋肉が、疲労と緊張でコワバッテくると、「手の指が伸びにくく」なったり、「腕の内側の筋肉がコチコチ」になったり、「肘の外側や内側がジーンと痛む」などの症状が、現れます。
ところが、時間に追われながら、次々と判断力や操作が求められるので、画面とキーボードの操作に集中して、腕の疲労に気付きにくくなったり、腕の疲労が、指先を使う“弱い緊張”が続いた事による疲労なので、軽く考えてしまったりします。
しかし、始めは、ダルイとか疲れを感じる程度だったものが、筋肉のコワバリが強まって、それにより、血行が悪化してくると、痛みや疼きとなって苦痛が強まり、悩まされていきます。

【 パソコン腱鞘炎 】(図)パソコン腱鞘炎

『頚肩腕症候群』と言われる症状以外にも、パソコンやスマホなどの疲労で、腕・肘・手首などに、いろいろな症状が起きてきます。
代表的なのが『パソコン腱鞘炎』で、この症状が起きると、指や手首の関節付近がコワバッタリ、手首から肘に不快感やダルサが起きたり、指を伸ばしにくくなったり、物を掴(つか)もうとした時に痛みが走ったり、します
これは、長時間パソコン作業を続けたり、指先や腕先に必要以上に力を入れて操作していたりすると、それらの関節の腱や腱鞘が擦れ合って、炎症(腱鞘炎)が起き、その部分が腫れて動きが悪くなり、痛みを発するようになった為です。

 

この『パソコン腱鞘炎』は、パソコンを使っている人なら、誰でもなる可能性があると言われますが、特に、長時間の悪い姿勢や身体を固定された状態で、マウスやキーボードを使い続けると、指先に力が入り易くなって、この症状が起き易くなります。
また、中高年以上になると、腱や腱鞘の柔軟性が失われて、血行も悪くなってくるので、パソコン作業が一日中ずうっと続いたり、作業量が急に多くなったりすると、腱と腱鞘の摩擦が多くなって炎症が起き易くなり、これによって、腫れたり、しびれが起きたりします。
しかも、腱も腱鞘も硬くなって血流の悪い状態になっているので、そのままパソコンやスマホの操作をしていると、痛みがだんだん酷くなり、手首や親指の付け根の痛みから、手や腕のしびれ、肘や肩の痛み、握力の低下、などを起こして、仕事の能率が落ちたり、生活にも支障が出たり、するようになります。

 

またパソコンの操作で、「マウス操作をしている手首が重く感じる」とか、「マウスを握っている指の関節が痛む」、などが現れる事があります。
これを『マウス腱鞘炎 』と言い、マウスをずうっと、動かしたり、クリックしたり、スクロールしたりしていると、次第に、マウスを使っている指や手首の筋肉に負担がかかり続けるので、やはり、指や手首に腱鞘炎を引き起こすからです。
このように、『パソコン腱鞘炎』や『マウス腱鞘炎 』は指や手首の使い過ぎによって起きますが、「手を使わないように!」という事はできないので、指や手首にコワバリや違和感をおぼえたら、早めにケアを受け、悪化を予防する事が大切です。

【 背中の疲労や、精神的な疲労にも 】(図)背中の疲労

更に『頚肩腕症候群』は、毎日の疲労の積み重ねで発症するので、毎日の疲労が積み重なってくると、背中にも、痛みや疼(うず)きなどの、様々な症状が現れてきます
肩から腕に伸びる神経や血管が圧迫され続けたり、肩周辺の筋肉の働きが低下したりするので、背中の神経や血管も影響を受けて、筋肉の疲労や血行の障害を起こす為です。
中でも、背中の上半身を支える筋肉(インナーマッスル)に、筋肉の疲労や血行の障害などが起きてくると、自分で解消する事が困難になるので、慢性的な凝りやダルサの原因になります。

 

また、『頚肩腕症候群』によって、精神的な疲労も強まります
指や腕の筋肉は、肩や首につながっているので、指や腕の筋肉が疲労してくると、首の血行が悪化して、ジッとしていても脳が疲れ易くなるからです。
これにより、「頭がずんと重くなる」、「目がショボショボする」、「肩が凝る」、「眠くなる」などの、脳の働きが鈍(にぶ)ったり、集中力が続かなくなったりする症状が現れます。

 

しかも、パソコンやスマホ操作のように、指先の動作を長時間行う作業は、特定の指を細かく反復的に動かす事になるので、特定の脳の一部を酷使する事につながります。
この結果、精神的な緊張が続いて、身体全体のバランスを維持する機能が低下してくるので、精神的にリラックスする事ができなくなったり、疲労感を強めたりします。
この影響で、「イライラ」してきたり、「ちょっとしたことで腹立たしく」なったり、「食欲が無く」なったり、「周囲に無関心」になったり、するようになります。

【 当院の、腕・肘・手首の改善治療 】(写真)当院の治療

パソコンやスマホ操作による、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れは、肩から指に続く、非常にたくさんの細い筋肉と、微細に判断する様々な神経に、小さな負担が長時間、ずっと続いた為に起きた事が原因になっています。
このような、“筋肉の疲労や緊張”には、触診によって、筋肉のコワバリ状態を判断する技術と、患部の状態に合わせて、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて血行やリンパの流れを良くする、東洋医療系のマッサージ治療が、改善に効果的です
当院は、腕・肘・手首などの痛み・ダルサ・疲れに対して、東洋医療をベースにしたマッサージ治療とツボ反応を利用して、筋肉のコワバリの解消や、血行の回復を行い、症状の改善を行っています。

 

例えば、痛みを感じている部分が、肩から腕の限られた範囲ならば、当院が行っているクイックマッサージ(15分ぐらいのマッサージ)でも、回復に役立ちます。
短時間でも、身体の不調時に現れるツボ反応を利用して、手首から肩にかけての緊張した筋肉を触診し、その部分を緩めると、血行障害が解消して、痛みがかなり緩和されるからです。
また、ツボが、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる反応点として現れるので、ツボを治療点として利用すると、比較的短時間に、過敏になっている神経を和らげて、違和感や痛みを解消させる効果があります。

 

特に、首や肩の凝りが酷くなっている場合や、背中にも痛みが出ている場合には、当院では、30分ほどの腕を含めた上半身の治療を行っています。
問診と、ツボを使った触診によって診断し、筋肉のコワバリやシコリを解消させていくので、背中の血行の回復も進んで、早ければ1~2回ぐらいの治療でも、痛みが解消できます。
更に、ツボ刺激を利用するので、「気持ちいい!」という快刺激から、気持を落ち着かせ、リラックス効果も得られます。

 

疲労や緊張で、「腕がパンパン、指が硬い」、「手首が痛い」、「腕がだるい、重い」、「腕に力が入ると、痛い」、などがあると、身体や脳の活動にも影響してくるので、“腕”の疲労を解消させておく事が大切です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、ツボ反応を利用し、腕や肩の緊張緩和や、肘の可動域の改善などを含め、身体の痛みやダルサ解消の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。