頭が重い・・・、

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)頭が重い

「頭が重い…」といった状態は、風邪を引いて熱が上がった時などに、よく経験しますが、これといった心当たりが無いのに、「頭が重い…」と感じる事があります。

例えば、体調はいつも通りなのに、「頭がボーッとした状態になって、何も考えられない」とか、「頭が痛いわけじゃないけれど、スッキリしない」、「頭の奥がジーンとして、働かない」、「頭がぼんやりする」、などです。

しかも、だるい、肩がこる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などの症状を伴う事が多いので、ツボ治療を併用した血行の改善や、身体の状態を確認して体調を回復させる事が大切です。

【 頭痛の一種 】(図)頭痛

仕事をこなすビジネスマンやビジネスウーマンにとって、頭がスッキリと働く事は、仕事をこなす必須条件ですし、“仕事運”を運んでくれる重要なカナメです。
例えば、頭がスッキリとしていれば、必要な事と不要な事をキチンと分けられ、「何から、手をつけるべきか!」も、頭の中でクリアーに整理されるので、仕事にムダがなく、ミスや見落としもなく短時間で仕上げられます。
ところが反対に、頭が重い状態だと、仕事の内容や進め方のイメージがなかなか湧かなかったり、頭がモヤモヤしたまま堂々巡りとなったりして、仕事の効率が悪くなり、しかも、何とか仕事を仕上げても、イマイチという結果になりかねません。

 

しかも、“うっとうしい”感じが強まるので、仕事のヤル気やモチベーションが下がるだけでなく、友人や家庭にも、自分らしい行動ができなくなったりしてしまいます。
これは、脳の働きが弱まるので、集中力がなくなったり、頭が一杯になって物忘れが多くなったり、するからです。
更に、脳の自律神経の働きに影響が及ぶと、めまいや耳鳴りも、してくる事もあります。

 

この「頭が重い…」という症状は、“頭痛の一種”と考えられています。
心身が疲労して、背中のコワバリや、首スジから肩にかけての疲労感に悩まされてくると、脳への血行が悪くなり、脳の働きが低下して、脳神経が過度に疲労するので、「頭が重い…」という症状が強まるからです
この為、「頭が重い…」という時には、脳の働きが弱まっているので、深く考えて取り組まなければ行けない仕事があると、「頭が重い…」だけでなく、仕事がキツク感じられます。

【 日常生活での原因として 】(図)憂鬱

「頭が重い…」という症状が、日常生活で起きる代表的な原因として、『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』があります。
この状態になると、身体に疲労感が生じ、首筋や肩の筋肉が緊張し、こりや痛みと共に、首の疲労感が強まり、「頭が重い…」という症状が起き易くなるからです
更に、頭の中の脳の疲労も、回復しきれない状態になるので、感覚的に「頭が重い…」とか、「すっきりしない」といった状態になります。

 

更に、『緊張型頭痛』や『慢性頭痛』の状態になると、尚更です。
肉体的または精神的なストレスによって、頭や首すじの周囲の筋肉が強く収縮するので、頭が締め付けられるようなジワーッとした痛みや、圧迫感を引き起こすからです。
これらの頭痛は一日中続き、しかも慢性化して、何日も続く事も多いので、それに伴って「頭が重い…」という不快症状が、ずうっと続くようになります。

 

また、ストレスや疲労感から『憂鬱感』も、「頭が重い…」という症状を引き起こします。
『憂鬱感』は、これといって特定できない不調として現れるので、頭部の血管も収縮したまま、解消しづらくなり、ぼんやりして頭が冴えないような状態になるからです。
例えば、「朝起きるのがつらい」、「仕事や勉強をやる気がおきない」などの、いわゆる無気力状態にあると、「頭が重い…」と感じてきます。

【 どんな対策が…? 】(図)薬物乱用頭痛

「頭が重い…」状態が起きても、休む事で回復できれば、一時的な症状として済ませられます。
しかし、「休んでも疲れがとれない」、「いつまでも続く」という場合には、対処が必要です。
頭部の血管の収縮したまま、休んでも、解消しづらくなっているからです。

 

しかも、「頭が重い…」という症状で困るのは、この状態を解消させる治療薬が、見当たらない事です。
頭が“痛い”状態ならば、頭痛の症状やタイプをチェックして、痛みに合った鎮痛薬を選べますが、この「頭が重い…」場合は、重く感じる頭を軽くさせるのに、どのような薬を選べばよいのか、判断がつきません。
また、「頭が重い…」という症状が、“頭痛の一種”という事から、頭痛薬を症状が起きるたびに服用すると、薬の副作用で、症状を更に悪化させてしまう危険性があります。

 

この為、特に疾患が無く、日常生活で「頭が重い…」状態が起きている場合には、首や肩の筋肉の疲労や緊張を解消させて、頭への血行を改善させる方法が、勧められています
症状を引き起こす大きな原因が、首の土台になっている肩や背中の疲労から、首筋や後頭部の筋肉が異常に緊張すると、脳へ送られる血行が滞り、必要とされる脳の酸素が不足して、脳神経が過度に疲労するからです。
運動によって、「身体中の血を駆け巡らしたら・・・?」と思いますが、運動をすると、緊張している神経を余計に高めてしまい、その上、血行の悪い部分に疲労物質や痛みを起こす物質が停滞するので、ますます悪化させてしまいます。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

当院では、「頭が重い…」という症状改善に、脳への血行不良を改善させる治療だけでなく、触診にウエイトを置き、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出す治療を行っています
これは、「頭が重い…」と感じる時には、身体のどこかに、だるい、肩がこる、疲れやすい、食欲がない、眠れない、イライラする、などを伴っているからです。
これらがあると、神経が過敏になってストレスに反応し易くなり、いつまでも脳の血行不良が続いてしまうので、身体に現れるツボ(反応点)を確認して、ツボ治療をする事が重要になります。

 

ツボ治療で、ポイントになる箇所は、首の後ろの上部で、昔から『ぼんのくぼ』と言われるあたりです。
「頭が重い…」という症状の“震源地”になっていて、筋肉疲労や神経過敏が現れ易い箇所です。
このあたりの凝りを、ツボ治療でほぐすと、血流量が増え、緊張感や重圧感が減少し、「頭が重い…」と感じていたのが軽くなるだけでなく、症状を解消させる即効性も期待できます。

 

しかし、中には、首や肩の筋肉に、不快感や凝った感覚が無い人もいます。
このような場合、「頭が重い…」という症状が強まって、凝りの感覚が薄れていたり、首や肩の不快感に慣れてしまったり、している事があります。
しかし、体調の変化が起こった時に、身体の異常を知らせる反応点(ツボ)が現れるので、当院の、解剖学と経絡経穴学をベースとした検査を受けて、身体の状態を確認して下さい。

 

首や肩や背中が、ひどく凝っている場合は、薬物治療やセルフストレッチより、疲労や緊張の解消を得意としている、マッサージ治療がオススメです。
当院は、首や肩の筋の緊張をゆるめ、血管やリンパなどの循環改善、神経機能の回復により、頭重感の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。