頭が重い・・・、

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)頭が重い

 

導入文

「頭が重い…」といった状態は、風邪を引いて熱が上がった時などに、よく経験しますが、これといった病気でもないのに、「頭が重い…」といった症状に悩まされる事があります。

例えば、体調はそれ程変わりないのに、「頭がボーッとした状態になって、何も考えられない」とか、「頭が痛いわけじゃないけれど、スッキリしない」、「頭の奥がジーンとして、働かない」、「頭がぼんやりする」、などです。

しかし、このような「頭が重い…」という症状は、病気や身体の異常が無くても、身体の血行悪化から、ダルイ、肩がこる、疲れ易い、食欲がない、眠れない、イライラする、などを伴っている事が多いので、ツボ治療による血行改善や、マッサージ治療による体調調整などが、症状の改善に効果があります。

【 頭痛の一種 】(図)頭痛

仕事をこなすビジネスマンやビジネスウーマンにとって、頭がスッキリと働く事が、仕事をこなす必須条件ですし、“仕事運”を運んでくれる重要なカナメです。
頭がスッキリとしていれば、必要な事と不要な事をキチンと分けられ、「何から、手をつけるべきか!」も、頭の中でクリアーに整理されるので、仕事にムダがなく、ミスや見落としもなく短時間で仕上げられるからです。
ところが反対に、「頭が重い…」といった状態になってしまうと、仕事の内容や進め方のイメージがなかなか湧かなかったり、頭がモヤモヤしたまま堂々巡りとなったりして、仕事の効率が悪くなり、しかも、何とか仕事を仕上げる事ができても、内容がイマイチという結果になりかねません。

 

この「頭が重い…」という症状は、“頭痛の一種”と考えられています
心身が疲労して、背中のコワバリや、首スジから肩にかけての疲労感に悩まされてくると、脳への血行が悪くなり、脳の働きが低下するので、脳神経が過度に疲労して、「頭が重い…」という症状が現れるからです。
この為、「頭が重い…」という時は、脳への血行が悪くなって脳の働きが弱まっているので、深く考えて取り組まなければ行けない仕事があると、「頭が重い…」だけでなく、集中力がなくなったり、頭が一杯になって物忘れが多くなったり、仕事がキツク感じられるようになったりします。

 

しかも、脳の血行悪化から、体調を保っている自律神経に影響が及ぶので、いろいろな不快な症状も起きてきます。
例えば、目が疲れる、めまい、目がしょぼつく、頭がふわふわする、耳鳴り、そして、頭痛などです。
このような“うっとうしい”感じが強まってくると、思考力の低下、集中力の低下、記憶力の低下、判断力の低下などで、友人や家庭にも、いつもの自分らしい行動ができなくなってしまいます。

【 日常生活の原因として 】(図)ストレスによる頭痛

この「頭が重い…」という症状の、肉体的な原因として、『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』が多くあります。
『疲れによる血行不良』や『睡眠不足』の状態になると、身体に疲労感が生じ、首筋や肩の筋肉が緊張して、凝りや痛みと共に首の血流が低下し、「頭が重い…」という症状が起き易くなるからです。
更に、首の血流の低下から、脳の疲労も回復しづらくなるので、ますます「頭が重い…」とか、「すっきりしない」といった、不快な感覚が強まります。

 

また、「頭が重い…」という症状の、精神的な原因として多いのが、『ストレス』や『疲労感』です。
例えば、「ハードな仕事が続いて、朝起きるのがつらい」、「職場の人間関係に悩まされている」、「興味の持てない仕事の為に、やる気が起きない」、などの場合です。
このような『ストレス』や『疲労感』によって、頭部の血管が収縮して解消しづらくなると、脳の血流が低下して、思考力が落ちるので、ぼんやりして冴えないような状態になるだけでなく、心配や不安感が強まるので、『憂鬱感』や『無気力感』から、「頭が重い…」と感じてきます。

 

更に、これらによって、頭がズキズキしてくる『緊張型頭痛』や、「頭痛もちの頭痛」と言われている『慢性頭痛』などになると、ますますズーンと頭が重たい感じが増して、「頭が重い…」が悪化してきます。
肉体的または精神的なストレスによって、頭や首すじの周囲の筋肉が強く収縮するので、頭が締め付けられるようなジワーッとした痛みや、圧迫感を引き起こすからです。
これらの頭痛は一日中続き、しかも慢性化して、何日も続く事も多いので、それに伴って「頭が重い…」という不快症状が、ずうっと続くようになります。

【 どんな対策が…? 】(図)薬物乱用頭痛

このような「頭が重い…」といった状態が起きても、気分転換や、しばらく休む事で回復できれば、一時的な症状として済ませられます。
しかし、「休んでも疲れがとれない」、「いつまでも続く」という場合には、解消させる為の対策が必要です。
「頭が重い…」状態に悩まされ続くのは、頭部の血管の収縮したまま、休んでも、解消しづらくなっている可能性が高いからです

 

ところが、「頭が重い…」という症状には、なかなか治療薬が見当たりません。
頭が“痛い”ならば、頭痛のタイプや症状を確認する事で、痛みに合った鎮痛薬を選べますが、この「頭が重い…」場合は、どのような薬を選べば、重く感じる頭を軽くする事ができるのか、判断がつかないからです。
また、「頭が重い…」という症状が、“頭痛の一種”という事から、「頭が重い…」という症状が起きるたびに薬を服用すると、『薬物乱用頭痛』となって、症状を更に悪化させてしまう危険性があります。

 

この為、「頭が重い…」という症状以外に、特に疾患が無い場合には、首や肩の筋肉の疲労や緊張を解消させて、頭への血行を改善させる方法が、安全で効果的です。
この症状を引き起こす大きな原因は、首の土台になっている肩や背中の疲労から、首筋や後頭部の筋肉が異常に緊張すると、脳へ送られる血行が滞り、必要とされる脳の酸素が不足して、脳神経が過度に疲労して、「頭が重い…」という症状を引き起こすからです。
運動によって、「身体中の血を駆け巡らしたら・・・?」と思いますが、運動をすると、緊張している神経を余計に高めてしまい、その上、血行の悪い部分に疲労物質や痛みを起こす物質が停滞するので、ますます悪化させてしまうので、逆効果となります。

【 当院の治療法 】(写真)当院の治療

当院は、「頭が重い…」という症状の改善に、首や肩の血行不良を改善させるだけでなく、触診にウエイトを置いて、それぞれの症状、一人ひとりに適したツボを探し出し、体調改善を含めた治療を行っています
これは、肉体的に、「ダルサを感じる」、「凝っている」などがあったり、あるいは精神的に、「疲労感」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、などが起きていたりすると、体調を保つ神経がオーバーワーク状態になり、脳の血行不良が続いて、「頭が重い…」という状態になってしまうからです。
このような、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という状態には、崩れかかった身体のバランスを整える、東洋医療をベースにした治療法が効果を発揮します。

 

当院では、特に、『ぼんのくぼ』と、肩や背中に現れるツボ(反応点)を利用して、ツボ治療とマッサージ治療を組み合わせ、体調の改善を行っています。
これは、昔から『ぼんのくぼ』と言われる、首の後ろの上部は、筋肉疲労や神経過敏が現れ易い箇所になっているので、「頭が重い…」という症状の“震源地”になっている事が、多くなっているからです。
この為、『ぼんのくぼ』あたりの凝りや、肩や背中に現れるツボ(反応点)を確認して、ツボ治療でほぐすと、血流量が増え、緊張感や重圧感が減少し、「頭が重い…」と感じていたのが軽くなるだけでなく、症状を解消させる即効性も期待できます。

 

しかし、中には、「頭が重い…」という症状に悩まされていても、首や肩・背中の筋肉に、「凝った感じや不快感が、無い」、と言う人もいます。
このような場合、「頭が重い…」という症状が強まっていると、首や肩・背中の凝りの感覚が薄れたり、不快感に慣れてしまったりして、気付きにくくなっている事がよくあります。
「頭が重い…」という症状は、大きな原因として、首や頭の血行やリンパの流れが悪化したり、筋肉の弾力性や柔軟性が失われたりしている事が関係しているので、当院の身体の解剖学と東洋医療をベースとした検査を受けて、身体の状態を確認して下さい。

 

首や肩や背中が、ひどく凝っている場合は、薬物治療やセルフストレッチより、疲労や緊張の解消を得意としている、ツボ治療とマッサージ治療が効果的です。
当院は、首や肩の筋の緊張をゆるめ、血管やリンパなどの循環改善、神経機能の回復により、頭重感の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感症状などの、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。