頭が重い・・・、

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内。~

頭が重い

仕事をこなすビジネスマンやビジネスウーマンにとって、頭がスッキリ働く事は、仕事をこなす必須条件ですし、“仕事運”を運んでくれるカナメです。

頭がスッキリとしていれば、必要な事と不要な事をキチンと分けられ、「何から、手をつけるべきか!」も、頭の中でクリアーに整理されるので、仕事にムダがなく、ミスや見落としもなく短時間で仕上げられます。

ところが反対に、頭が重いと、仕事の内容や進め方のイメージがなかなか湧かなかったり、頭がモヤモヤしたまま堂々巡りとなったりして、仕事を何とか仕上げても、最初からやり直しという事態にもなりかねません。

【 頭痛の一種 】心身の疲労による頭痛の一種

「頭が重い…」といった症状は、風邪を引いて熱が上がった時や、ひどく疲れた時などに、しばしば経験します。
しかし、これといった心当たりが無いのに、「頭が重い…」と感じる事があります。
例えば、体調はいつも通りなのに、「頭がボーッとした状態になって、何も考えられない」とか、「頭が痛いわけじゃないけれど、スッキリしない」、「頭の奥がジーンとして、働かない」、「頭がぼんやりする」、などです。

 

実は、このタイプの「頭が重い…」といった症状は、頭痛の一種と考えられています。
心身の疲労で、脳の血行が悪くなると、脳の働きが低下して、「頭が重い…」という感じが強まるからです
そして更に脳の血行が悪化すると、今度は頭痛が起きてきます。

 

このような脳の特性から、「頭が重い…」と悩まされるのは、午後以降の、疲れを感じてくる時間帯が、多くなっています。
仕事の疲れを感じ、背中のコワバリや、首スジから肩にかけての疲労感に悩まされたり、無意識のうちに、あくびや溜息が出たり、背伸びをしたりする頃です。
すると、「頭が重い…」という感じがしてきて、頭がボーッとする、集中力が持続しない、イライラする、などの症状が現れます。

【 仕事や家庭への影響 】仕事や家庭への影響

この結果、「頭が重い…」と、とりたてて病気がある訳でもなくても、“うっとうしい”感じが強まって、仕事や家庭で、余計に辛くなってしまいます
これは、脳の働きが弱まるので、集中力がなくなったり、頭が一杯になって物忘れが多くなったり、するからです。
特に、考えながら取り組まなければ行けない仕事が、キツクなります。

 

また、人と会話をする時にも、頭が冴えず、自分らしく行動する事ができなくなります。
更に、脳の自律神経に、影響が及ぶと、めまいや耳鳴りも、してくる事もあります。
こうなると、「今日の自分はダメだな…」と感じて、やる気やモチベーションが下がってしまいます。

 

このような「頭が重い…」状態が起きても、休む事で回復できれば、一時的な症状として済ませられます。
しかし、「休んでも疲れがとれない」、「いつまでも続く」という場合には、対処が必要です。
頭部の血管の収縮したまま、休んでも、解消しづらくなっているからです。

【 どんな薬が…? 】どのような薬を選べば?

この症状が、仕事の場で起きると、「ドンドンと、仕事を済ませたい!」と思っているのに、仕事にならなくなります。
更に困る事は、この状態を解消させる方法が、見当たらない事です。
もし、頭が“痛い”なら、頭痛の症状やタイプをチェックして、痛みに合った薬を選べますが、この「頭が重い…」場合は、重く感じる頭を軽くさせるのに、どのような薬を選べばよいのか、判断がつきません

 

脳の活動には、絶えず“たっぷり”の酸素が、必要です。
仮に、2分でも、脳に酸素が途絶えてしまったら、脳死もしくは、植物人間になる、可能性があるぐらいです。
ところが、首の土台になっている肩や背中などの疲労が増して、首筋や後頭部の筋肉が緊張し、脳へ送られる血行が滞ってしまうと、必要とされる脳の酸素が不足してしまいます。

 

この為、思い切り身体を動かして、「身体中の血を駆け巡らしたら・・・?」と、思う事があります。
しかし、実際には、緊張している神経をますます高めてしまい、しかも、疲労感も増すので、余計に頭がキリキリしてきて、逆効果になってしまいます。
また、運動した後に、ますます、疲労物質や痛みを起こす物質が、血行の悪い部分に停滞し、症状が悪化するようになります。

【 治療ポイント 】治療ポイント

解消させるには、原因となっている、脳への血行不良を、改善させる事が必要です。
特に、頭を支えている首や肩の筋肉を充分にほぐし、血行を良くするだけでなく、過敏になっている神経を、回復させる事が必要です
神経が過敏になっていると、ストレスに反応し易くなるので、脳の血行不良が、いつまでも続いてしまうからです。

 

しかし、中には、肩の筋肉に、不快感や凝った感覚が無い人もいます。
このような場合、「頭が重い…」という症状が強まって、凝りの感覚が薄れていたり、慣れてしまったり、している事が考えられます。
血行の悪化が影響しているので、やはり一度、専門治療院で検査を受けて、身体の状態を確認して下さい。

 

治療のポイントになる箇所は、昔から「ぼんのくぼ」と言われるあたりで、首の後ろの上部です。
筋肉疲労や神経過敏が現れ易い部分で、「頭が重い…」という症状の、“震源地”になっています。
このあたりの、凝りをほぐすと、血流量が増え、緊張感や重圧感が減少し、頭の重さが軽くなり、しかも、症状を解消させる即効性があります。

 

首や肩や背中が、ひどく凝っている場合は、薬物治療やセルフストレッチより、疲労や緊張の解消を得意としている、マッサージ治療がオススメです。
当院は、首や肩の筋の緊張をゆるめ、血管やリンパなどの循環改善、神経機能の回復により、頭重感の改善治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。