背中の疲労と凝り(こり)による、さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音

【 (症例)こり・しこり 】
(写真)さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音

 

導入文

デスクワークが続くと、首や肩の疲労感だけでなく、肩甲骨周りの筋肉がコリ固まり、肩甲骨が背中に張り付いたような『さびつき肩甲骨』の状態になります。

この為、肩を大きく廻すと不快な『ゴリゴリ音』が起きたり、血液やリンパの流れを妨げて、「慢性的な疲労感」、「しつこくて、強い凝り感」、「ズキズキとする痛み」などが起きたりして、不快感の為、毎日の生活に支障をきたしてしまいます。

症状を解消させるには、肩甲骨の周りのコワバリ箇所と、内部から不快な痛みを発するシコリ箇所を確認して、これらを解消させる事が必要なので、反応点(ツボ)を利用して身体の不調を改善する東洋医療系のマッサージ治療が、効果的で安全です。

【 背中の疲労から 】(図)肩甲骨周辺の疲労

デスクワークで、前かがみになって、ずっと同じ姿勢で仕事を続けていると、首や肩だけでなく、背中にジワジワと、「重ダルイ」、「腫れぼったい」、などの『不快感』が起きてきます。
これは、身体を動かす事が無く、ジッと固定した姿勢でいるので、背中の、血液やリンパ液を押し流す筋肉の働きが低下して、皮膚の下に、老廃物や疲労物質が含まれた余分な水分が溜まって、付近の神経を刺激する為です
この結果、背中全体が、「重ダルイ」感じや「疲労感」が生じたり、しつこく不快な感じが続いたりして、更に背中が、「ボテッ」と膨らんだような、「腫れぼったい“むくみ”」を感じるようになります。

 

そして、この状態が何日も続くと、負荷が多くかかった背中の筋肉内に、筋肉が強くコワバッテ、『シコリ』ができてきます。
シコリができると、血行やリンパ液の流れが遮断されてしまい、この結果、老廃物や疲労物質が排出されずに溜まって、神経を刺激し続けるので、ますます筋肉の繊維がピンと紐(ひも)状に強く凝り固まり、上からシコリ部分を触ると、硬く、コリコリと感じられるようになります。
このようなシコリは、筋肉に負荷がかかり続けると、身体のどこでも生じるので、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛などで、筋肉がコワバッテ痛みや不調が続くと、その近くにシコリができてきます。

 

また、シコリができると、何もしていなくても、「ジクジクとした疼き」や、「ズキズキとした痛み」、「チクチクと神経が刺激される感じ」などの、『疼痛(とうつう)』に悩まされます。
これは、本来ならば筋肉の内部を、血液やリンパ液が流れているはずですが、シコリによって血流が遮断されるので、酸素の供給が不足したり、老廃物が排出しづらくなったりして、神経が刺激されるからです。
この結果、シコリができると、神経が過敏になって、チョッとした事でも痛みの信号を出し続けるので、絶えず痛みを発する“痛みの震源地”となったり、痛みの感覚を拡大させる“痛みの増幅器”になったり、そして更に、痛みを慢性化させる“痛みの悪循環装置”になったり、します。

【 肩甲骨周辺の、ズキズキとした痛み 】(図)背中のズキズキ

疲労や緊張が続いて、肩甲骨に痛みが起きると、一ヶ所からの痛みではなく、肩甲骨の周囲に、ズキズキとした痛みを感じるようになります
これは、肩甲骨が、“上半身の中心部分”になって、首や腕・胸などの、たくさんの筋肉とバランスを取っているので、デスクワークなどで、筋肉の負荷が大きくなって耐えられなくなると、肩甲骨の周囲から、痛みが起きてくる為です。
しかも、肩甲骨を支える筋肉は、30歳くらいをピークに、筋肉の柔軟性が失われて、血液の流れが悪くなってくるので、中高年以降になって、日常の動作で肩甲骨まわりの筋肉を動かす機会が少なくなっていると、肩甲骨の周囲から、痛みや違和感が起きてきます。

 

また、デスクワークをしていると、利き手による、片手の作業が多くなるので、これも、一ヶ所からの痛みではなく、肩甲骨の周囲に痛みを起こす因になります。
腕や手の操作を支える為に、肩甲骨が土台となっているので、片手作業をしていると、どうしても、肩甲骨の周囲に負荷がかかり続ける為です。
また、反対側の肩甲骨も、ジッと固定した姿勢が続いて、脇を閉めたような状態が続くと、肩甲骨と背骨の間の筋肉が緊張して、血流が悪化するので、肩甲骨の内側がズキズキと痛み出し、その痛みが肩甲骨周囲に拡がるようになります。

 

しかも自律神経が、首から背骨の脇を通過しているので、痛みによって自律神経が刺激されると、肩甲骨の周りの血管を収縮させる事になり、この結果、肩甲骨周辺の血液やリンパの流れを悪化させて、痛みが増すようになります。
自律神経が肩甲骨の周りの血管を収縮させるので、痛む範囲が拡がったり、痛む箇所が別の箇所に変化したり、するようになり、更に痛み方も、「張った」感じや「突っ張った」感じが強まったり、「ジンジン」とした強い不快感が増したり、するようになります。
そして、体調を保つ自律神経の働きに支障がでてくると、頭痛や頭重、倦怠感、イライラ感、血圧の不安定など、さまざまな症状が出てきます。

 

【 さびつき肩甲骨と、ゴリゴリ音 】(図)さびつき肩甲骨

また、デスクワークをしているうちに、背中の疲労とコリによって、肩甲骨付近の筋肉がコワバッテ、固まってくると、肩甲骨の位置が本来の位置に戻らず、ズレタ状態のままになり、これによっても痛みが増します
前かがみ(猫背)になって、顔と腕を前方に突き出す恰好になるので、肩を前方に突き出すような格好になり、それによって、肩甲骨も肩の方向に引っ張られたまま、固定化されるからです。
この結果、肩甲骨が肩方向に移動したまま固定されるので、肩甲骨を支える筋肉が不自然な状態でコワバリが生じ、この結果、肩の後ろ側の肩甲骨周囲で、ジンジンとした痛みを感じるようになります。

 

このように、肩甲骨の位置が、背中の疲労とコリによって、本来の位置からズレテ、動きづらくなった状態を、『さびつき肩甲骨』と言います。
『さびつき肩甲骨』の状態になると、肩甲骨がズレタまま戻らなくなるので、バンザイをしても、腕が挙がらなかったり、腕を背中に廻そうとしても、廻らなくなったりするので、「背中の上に鉄板が張り付いた」ように感じられます。
そして、肩甲骨周囲の血行が悪くなり、解消しづらくなるので、コリや痛みがいつまでも続き、チョッとした疲労や緊張でも、神経が敏感に反応して痛むようになります。

 

また、背中の疲労とコリによって『さびつき肩甲骨』の状態になると、腕を大きく挙げたり、廻したりすると、背中から“こすれる”ような『ゴリゴリ音』が出ます。
肩甲骨の裏を覆っている筋肉が、接触している肋骨に喰い込んで、凝り固まった状態になるので、これにより、肩甲骨の裏の筋肉が、洗濯板のようにデコボコ状になって、硬まった状態になるからです。
この為、腕を大きく動かすと、肩甲骨の裏のデコボコ状になった筋肉が、肋骨を乗り越える時に、擦れ合って、ゴリゴリと摩擦音を発するようになります。

【 当院の、背中の凝り治療 】(写真)当院の、背中の凝り治療

背中の疲労や凝りは、背部なので、自分で確認できませんし、また、背中のコワバリは、自分で筋肉の伸び縮み運動やストレッチをしても、解消困難です。
しかも、背中の疲労とコリによって、『さびつき肩甲骨』や、『ゴリゴリ音』が出る状態になっていると、肩甲骨を囲む筋肉が凝り固まった状態になっているので、コリ症状だけでなく、自律神経に影響して、慢性的なだるさや倦怠感、「何となくやる気がでない」、などの症状も引き起こします。
この状態を回復させるには、肩甲骨の周りの筋肉のコワバリ状態をチェックして回復させる事と、筋肉内部にできている“シコリ”を解消させる事が必要です。

 

当院は、このような『さびつき肩甲骨』や、『ゴリゴリ音』がする、背中の凝りや疲労に、マッサージ治療にツボ治療を加えて、症状の解消を行っています。
触診やツボ反応で、患部を確認しながら診察や治療を行っているので、背中のように広範囲で、筋肉の種類が多く、筋肉が何層にもなっていても、患部の確認が可能になります。
また、圧迫や刺激を加える時も、触診で患部を確認しながら行っているので、患者の負荷が少なく、患者が納得できる“痛キモ”の範囲で済ませる事ができます。

 

また、当院は、東洋医療の特色であるツボ刺激を利用して、不快な痛みの原因になっている“シコリ”の解消も行っています。
ツボ刺激によって、神経の過敏状態を解消させて、筋肉のコワバリを無くし、シコリ周辺の血行を回復させていくので、“シコリ”を解消させるのに効果があります。
“シコリ”内部の、老廃物が排出され、減少してくると、背中の「張った」感じや、「突っ張った」感じが弱まり、「ジンジン」とした強い不快感も無くなっていき、受難性が回復してくるので、治療効果が実感できます。

 

東洋医療をベースにしたマッサージ治療は、スポーツやリハビリなどで広く利用され、身体の疼痛の緩和や解消、可動域の改善に効果を上げています。
当院も、現代の手技療法を取入れ、肩甲骨の位置ズレを伴った『さびつき肩甲骨』や『ゴリゴリ音』の解消を行い、背中の疲労と凝りの回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。