脚の“ふくらはぎ”の、むくみ、腰痛、高血圧

【(症例)身体の不調や、不快感 】 
(写真)脚の“ふくらはぎ”の、むくみ、腰痛、高血圧

 

導入文

“ふくらはぎ”のむくみは、そのままにしていると、「脚が疲れる」、「ダルイ」、「重い」、「冷え」、「痛み」、などの不快感が次第に強まり、更に、腰痛、疲労感、高血圧などを引き起こす原因にもなります。

これは、運動不足や加齢などで、ふくらはぎの筋肉が弱まると、脚のむくみだけの問題でなく、身体の安定を保つ働きが失われ、下半身の血液を心臓に戻す力を低下させるので、体調の維持に悪影響を与えるからです。

下半身の疲労や血行低下が影響しているので、状態や程度を確認しながら、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などのケアをする事が必要です。

【 脚のむくみと、不快感 】(図)脚の不快感

ふくらはぎのむくみで、発症原因として多いのが、立ち仕事やデスクワークなどで、ずっと同じ姿勢を続けたいた為に、ふくらはぎの筋肉を動かす事が少なくなって、脚の血液の流れが停滞して起きるケースです
女性の場合、男性に比べて筋肉量が少ない事から、血液を心臓に向かって押し戻す力が弱いので、むくみが起き易くなったり、回復に時間がかかったりします。
多くは一時的ですが、しかし、過労や、睡眠不足、冷え、水分不足、塩分摂り過ぎ、運動不足、などが続くと、筋肉の働きが弱って、むくみが解消しづらくなります。

 

また、加齢も大きく影響します。
年をとると、筋力が低下したり、筋肉量が減ったりするので、脚の血液を心臓に押し戻す力が弱くなるからです。
しかも、若い時と違って、ジッと座っている事が多くなったり、運動をする事が少なくなったり、身体に冷え症状が起き易くなったりするので、余計に脚の血流が悪くなり、むくみを起こし易くなります。

 

そして、むくみが起きると、「脚がダルイ」、「疲れ易い」、「ムズムズ感」、「かゆみ」、「ほてり」などの、不快感に悩まされます。
血流の悪化から、栄養や酸素が行き渡らなくなって神経を刺激したり、溜まった老廃物が神経を刺激したりする為です。
また、老廃物を多く含んだ血液が脚にとどまり続けるので、かゆみや湿疹などの炎症が起きるので、これによっても、不快感を引き起こしたり、増したりします。

【 そして、腰痛、疲労感、高血圧にも 】(図)腰痛、疲労感、高血圧にも

脚のむくみや不快症状は、それだけでなく、腰痛や、腰のダルサも引き起こします。
ふくらはぎと腰は、位置は離れていても、姿勢を保つ為に互いに影響し合うので、脚を前方に上げたり、直立したり、後ろや横に動かしたりする時に、ふくらはぎの筋肉が弱っていると、腰部や骨盤の関節への負荷が強まるからです。
また、腰に大きな負担がかかるだけでなく、ふくらはぎの筋肉の働きの低下から、腰にアンバランスが生じるので、それによっても、身体の重心のズレが起き、腰のダルサや痛みが起きてきます。

 

更に、下半身だけでなく、身体全体がダルクなったり、疲れた感じになったりします。
重力の影響で、下半身に、身体全体の7割もの血液が集まるので、下半身の血行が悪化すると、全身の血行も悪化するので、身体全体の筋肉の働きを弱めて、疲れ易くさせる為です。
昔の人が、一日の農作業が終わった後や、長旅をした後などに、『足湯』で脚の血行を促進させていたのは、脚の疲れが全身に及ぶ事を、経験的に分かっていたからです。

 

更に、運動不足や加齢で、ふくらはぎの筋肉が弱ると、血圧が高くなるリスクが指摘されています。
下半身から心臓への、血液の戻りが悪くなるので、心臓が“より強い力”で、絶えず血液を送り出す事が必要になるからです。
しかも、下半身の冷えや、運動不足でふくらはぎの筋肉が弱っていると、ますます血液循環を悪化させて、血圧を高めてしまいます。

【 鍛えるよりも、柔軟性の回復を 】(図)ふくらはぎを鍛え(使い)続けないと

ふくらはぎの太い筋肉は、犬や猫などの四つ足動物には無く、直立歩行をしたり、下半身に溜まった血液を心臓に送り返したりする為に、後からできあがった、人間だけの独特な器官です。
しかし、独特な器官であっても、ふくらはぎは筋肉なので、鍛え(使い)続けないと、運動不足や加齢などで筋肉が弱って、身体の安定を保つ働きが失われたり、身体の血行を悪化させたりします。
ふくらはぎの筋肉が弱ると、柔軟性が無くなるので、身体をしっかりと支えられなくなり、ますます、「歩くのが億劫」、「歩いたり立ったりするとつらい」、といた状態になります。

 

ふくらはぎの、むくみやダルサを改善したり、予防したりするには、何よりも、血行を促す筋ポンプ活動が活発化するように、『ふくらはぎの“柔軟性”を回復』させる事が必要です
この事が理解されていないと、よく歩いていると思っていても、いっこうに、むくみやダルサが解消されなかったり、かえって、ふくらはぎや腰を痛めたりします。
例えば、毎日歩いたり、ジョギングをしたりしても、「歩いている時に、姿勢を意識しない」、「膝を伸ばさずに歩いている」、「ノンビリと歩いている」などがあると、ふくらはぎの柔軟性の回復訓練にならなかったり、無理をしてふくらはぎの筋肉を鍛えようとすると、ふくらはぎの血行が悪くなっているので、かえって疲労感が増したり、筋肉痛の原因になったりしてしまいます。

 

この為、毎日の生活の中で、「靴下の跡が残る」、「ふくらはぎが硬い」、「内部にシコリがある」、「押すと痛い箇所がある」、などに気付いた場合は、注意が必要です。
脚の筋肉が正常に働かなくなって、血行やリンパ液の流れが、悪化している可能性があります。
特に、「歩くのが遅い」、「歩き方が変に感じる」、などがあったら、脚の筋肉の働きが低下しているサインかもしれません。

【 当院の、ふくらはぎ治療 】(写真)当院の治療

ふくらはぎなどに、むくみやダルサが気になったら、下半身の疲労や血行低下が影響しているので、それらを解消させる事が、何より先決です
当院は、効率的に、筋肉の脚の筋肉の働きの回復や、血行に関する症状の解消を改善させる為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
脚にはたくさんのツボがあるので、脚の筋肉の働きの回復や、血行の促進、そして疲労物質の排出に、適しているからです。

 

この効果から、俳人の『松尾芭蕉』も、脚の『足三里』のツボを刺激しながら、全国を旅したと言われています。
ツボ刺激で、脚の筋肉の働きが回復し、血液循環が進むので、疲労感や違和感を減少させる効果あるからです。
例えば、「腰が重い、痛む」、「脚がだるい、痛い」、「病院に行くほどではないけど、いつも腰や脚に不快感がある」、「膝や股関節にも痛みが出る事がある」などの場合には、脚や腰のツボ治療が解消に効果的です。

 

また、マッサージ治療は、腰や脚の筋肉のコワバリを解消させたり、血行を改善させたりするのに効果があります。
これよって、滞っていた血流が無くなってくると、脚のむくみを減少させ、それによって、神経の興奮を抑制するので、不快に感じていた、下半身のダルサや疲れが解消されてきます。
更に、ふくらはぎが、姿勢を支える為にとても大切な働きをしているので、ふくらはぎの不調が解消されてくると、体調改善や健康や美容にも、良い効果が得られます。

 

脚のむくみやダルサは、下半身の筋肉の働きの低下と、それによる血行の停滞が原因になっているので、何よりも、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などのケアをする事が必要です。
当院は、脚のむくみやダルサの解消などに、ツボ刺激を併用するマッサージ治療で、血流の改善や筋緊張の緩和などを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。