脚のふくらはぎの“むくみ”と、腰痛・高血圧

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)むくみから、腰痛・高血圧に

導入文

運動不足や加齢などで、ふくらはぎの筋肉が弱まると、脚の“むくみ”だけでなく、脚に「ダルサ」、「疲れ易さ」、「冷え」などの不快感が強まり、そして、腰痛、身体の疲労感、高血圧、なども起きてきます。

これは、心臓から送られた血液が重力に引っぱられて下半身に集まるので、ふくらはぎの筋力低下によって下半身に集まった血液を心臓方向に押し出す力が弱まると、身体全体の血液の流れが悪化して、体調の不調が起きてくるからです。

この為、脚のむくみから体調の悪化を感じる場合は、脚だけでなく身体の状態をチェックして、筋肉のコワバリ箇所や血行の悪化箇所を回復させ、更に、痛みや不快感を解消させる為に神経の興奮を鎮める事が必要です。

【 脚のむくみと、不快感 】(図)むくみと、不快感

脚のふくらはぎに“むくみ”が起き易いのが、仕事中に立っている事が多かったり、座って仕事を行う為に身体を動かす事が少なくなっていたり、するケースです。
これは、人が立ったり座っていたりすると、心臓から送られた血液が、重力に引っぱられて下半身に集まるようになり、しかも心臓に戻りにくくなるからです。
しかし通常は、ふくらはぎの筋肉が収縮と弛緩を繰り返して、脚に集まった血液を心臓に送り返すポンプの働きをしている事と、静脈内の弁によって、血液が重力に引っ張られて下方向に流れるのを防いでいるので、血液が心臓方向に押し出されて、下半身に身体全体の約7割の血液が集まった状態になっています。

 

ところが、脚の筋肉を動かす事が少なくなっていたり、中高年になって脚の筋力が弱ったりしてくると、脚に届いた血液を心臓に押し出すポンプの力が弱くなって血行が悪くなるので、血液中の水分が脚のスネやふくらはぎに溜まり、脚が腫れぼったくなって、脚のむくみが生じます
また女性の場合、男性に比べて筋肉量が少ないので、血液を心臓に押し戻す力が弱くなる上に、女性ホルモンの乱れで血液循環が悪くなったり、空調や服装で身体を冷やしたり、脚を締め付けるような靴を履いたりするので、脚の血行が悪くなり、脚のむくみが起き易くなります。
しかも、デスクワークの為に、座っている時間が多かったり、運動をする機会が少なかったりすると、余計に脚の血流が悪くなって、むくみを起こし易くなるので、「夕方になると、履いてきたブーツがきつくなる」、「脚がむくんでブーツを脱ぐのが大変」、などが起きます。

 

脚がむくむと、脚の表面がパンパンの状態になったように感じられて、圧迫感や張りつめた感覚がしますが、実際は、血流の悪化によって皮下に水分が溜まり、脚の皮膚が膨張してくるので、むくんだ箇所を指で押すと跡が残ったり、皮膚がクレーター状にへこんで、なかなか元に戻らなくなったりします。
そして脚の血行悪化から、栄養や酸素が行き渡らなくなり、溜まった水分の中の老廃物が神経を刺激するので、「脚がダルイ」、「疲れを感じ易い」、「かゆみ」、「ほてり」、「ムズムズ感」などの、不快感も起きてきます。
更に、脚に老廃物を多く含んだ水分が、とどまり続ける為に、かゆみや湿疹などの炎症が起きるので、神経を刺激して不快感を引き起こしたり、うっとうしい感じが増したりします。

【 そして、腰痛、疲労感、高血圧に 】(図)むくみから、腰痛、疲労感、高血圧に

脚がむくんだ状態になると、次第に腰への負担が蓄積されて、腰に痛みやダルサを引き起こすようになります。
ふくらはぎと腰は、位置は離れていても、姿勢を保つ為に互いに影響しあっているので、ふくらはぎの筋肉が弱ってくると、その分、腰部や骨盤の負荷が大きくなるからです。
しかも、血行の悪化から、下半身の血液中に疲労物質が溜まって、必要な酸素が不足してくるので、腰の筋肉にコワバリを引き起こし、痛みや炎症が起き易くなります。

 

また、身体全体の血行悪化につながって、身体がダルクなったり、疲れ易くなったりします。
下半身に身体全体の約7割もの血液が集まっている為に、下半身の血液の流れが悪化すると、身体全体の血行を低下させる事になるので、これによって、身体全体の筋肉に支障を与えたリ、体調を保つ自律神経の働きに負荷をかけたりするからです。
昔の人は経験的に、脚の疲労が全身に影響する事が分かっていたので、一日の農作業が終わった後や、長旅をした後に、『足湯』で脚の血行を促進させて脚の疲労を解消し、疲労が全身に及ぶのを防いでいました。

 

更に、「老化は脚から」と言われるように、脚、腰、尻など下半身の筋力・筋量が低下してくると、いろいろな老化現象が現れて、血圧が上昇してくる傾向があります。
静脈は、心臓から押し出された血液が流れる動脈と違って、自分で血液を運ぶ力がほとんど無いので、運動不足や加齢で、下半身から心臓への血液の戻りが悪くなってくると、心臓が“より強い力”で、血圧を上げて、血液を送り出す事が必要になるからです。
しかも、ふくらはぎの筋力が弱った状態になると、下半身に溜まった血液を心臓に押し戻す働きが低下して、血行が悪化(静脈性の循環障害)するので、ますます血圧を高めてしまいます。

【 鍛えるよりも、柔軟性の回復を 】(図)運動よりも、柔軟性回復

ふくらはぎの太い筋肉は、人間だけの独特な器官で、犬や猫などの四つ足動物には無く、人間が直立歩行をしたり、下半身に溜まった血液を心臓に送り返したりする為に、後からできあがった器官です。
しかし、独特な器官であっても、ふくらはぎは筋肉なので、鍛え(使い)続けないと、運動不足や加齢などで筋肉が弱って、身体の安定を保つ働きが弱ったり、身体の血行を悪化させたりします。
そして、ふくらはぎの筋肉が弱ってくると、身体をしっかりと支えられなくなったり、動いていると疲れ易くなったりします。

 

この為、「歩くのが遅い」、「歩幅が狭く、前傾姿勢になる」、「歩き方が変に感じる」、「立っていたり歩いたりするのが、つらい、億劫になる」などの場合は、足腰の筋肉の働きが弱っている可能性があります。
更に、毎日の生活の中で、「夕方になると、靴下の跡が残る」、「脚がむくんでだるい」、「ふくらはぎが硬い」、「内部にシコリがある」、「押すと痛い箇所がある」などがある場合は、心臓に血液を送り返すポンプ活動が低下し、脚の血行が悪くなっている事が考えられます。
脚の筋肉が十分に働かなくなって、血行やリンパ液の流れが、悪化しているサインなので、脚のむくみのチェックをして、下半身の筋肉のコワバリや血流悪化を改善する事が必要です。

 

しかし、下半身のコワバリや血行悪化を改善する為に、そのままの状態で運動を行うと、下半身の運動機能が低下し、血行が悪くなっているので、後になって、下半身に疲労感が増したり、筋肉痛の原因になったりしてしまいます
また、ふくらはぎの筋肉が充分に動かないと、太ももの裏側の筋肉や、お尻の筋肉も硬くなっているので、腰の負担が大きくなって、腰を痛める原因になります。
この為、ふくらはぎの、むくみやダルサを改善したり、予防したりするには、まずは、『血行を促す筋ポンプ活動が活発化する』ように、ふくらはぎの“柔軟性”を回復させる事が重要です。

【 当院の、ふくらはぎ治療 】(写真)当院の、むくみ治療

「脚がだるい、むくんでいる」、「立ち仕事で脚がパンパンになる」「ブーツの跡がくっきり残ってしまう」などの、多くの原因は、疲労や緊張などが慢性化して、身体のバランスが崩れ、身体の自然回復が追いつかなった為です。
当院は、このような疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の症状に対して、ふくらはぎの“むくみ”や腰痛に対して、筋肉の柔軟性回復や血行の改善を効果的に行う為に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調が起きると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れて、異常が起きている事を知らせてくれるだけでなく、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があるからです

 

しかも、脚には、このようなツボが多くあるので、脚の筋肉の働きを回復させたり、血行を促進したり、そして神経の興奮を鎮めたり、するのに適しています。
例えば、脚や腰のツボの中で、下半身の不調で顕在化しているツボを刺激すると、ツボが神経や血管が集まっている箇所なので、その刺激に反応して、脚の筋肉の働きが回復し始めたり、滞っていた血行やリンパ液の流れが改善したりします。
このような効果から、俳人の『松尾芭蕉』は、脚の『足三里』のツボを刺激しながら、全国を旅したと言われています。

 

当院では、このツボ刺激を、マッサージ治療の中に併用する事で、腰や脚の筋肉のコワバリ解消や、血行の改善の効果を高めています。
滞っていた血行を、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で回復させていくと、脚のむくみが減少してくるだけでなく、更に、老廃物が減少して神経の興奮が鎮まってくるので、不快に感じていた、下半身のダルサや疲れが解消されていきます。
また、ふくらはぎが、姿勢を支える大きな働きをしているので、ふくらはぎの不調が解消されてくると、動作が行い易くなり、体調の改善に良い効果が得られます。

 

脚のむくみは、多くの場合、一時的ですが、毎日の疲労や緊張、睡眠不足、冷え、運動不足、などが続いていると、むくみが解消しづらくなり、腰痛や高血圧の原因にもなっていきます。
当院は、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③神経の興奮を抑制する、などを行い、脚のむくみやダルサの解消などを行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や、不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。