お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

立ったり、座ったりなどをした時に、お尻から太ももにかけて、鋭い痛みを伴ったシビレを発症する事があります。

多くが、身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などで、お尻の奥の筋肉も、気付かないうちに、疲労や緊張でコワバリ、それが何かのキッカケで、内側の坐骨神経を圧迫して刺激した為です。

解消には、お尻の奥の筋肉のコワバリの解消と、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させる事が必要になるので、筋肉治療や身体のバランスを整える事を得意としている東洋医療を利用すると効果があります。

【 お尻の緊張による痛み 】(図)梨状筋症候群

椅子から立ち上がろうとした時や、階段で昇り降りをした時に、突然、お尻の“ほっぺ”中央や、お尻と太もものつなぎ目の“くぼみ”あたりに、痛みとシビレが起きる事があります。
普段でも、お尻から太ももにかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合は、『坐骨神経痛』の可能性があります。
『坐骨神経痛』は、昔からよく知られている症状ですが、治療を積極的に行っている病院はごくわずかです。

 

これは、坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、ほとんど90%以上が、お尻の筋肉の緊張によって引き起こされるからです。
このタイプの坐骨神経痛は、お尻の深部にある『梨状筋(りじょうきん)』と呼ばれる筋肉が、疲労や緊張で硬くなり、これによって、内側の坐骨神経が圧迫されて刺激され、痛みやシビレが起きます。
この為、『梨状筋症候群』と呼ばれ、特徴は、お尻に痛みが出ても、腰にはハッキリとした痛みが無い事と、お尻の筋肉を休めると症状がやわらぐ事です。

 

『梨状筋症候群』の症例で、良くあるのが、休日に、ランニングやハイキングなどで、頑張り過ぎて、お尻が痛くなるケースです。
これと反対に、長時間のデスクワークのように、ジッと同じ姿勢をとり続けた場合も、お尻の緊張から梨状筋がコワバッテ、坐骨神経を圧迫するので、痛みやシビレを引き起こします。
他にも、お腹が大きくなった妊婦さんが、お尻に負荷がかかったり、加齢や疲労などで身体を支える筋力が弱まったりする場合も、この症状が起き易くなっています。

【 梨状筋症候群の確認方法 】(図)脚上げテスト

『梨状筋症候群』を簡単に確認する方法として、脚挙げテストがあります。
確認する脚を、伸ばした状態にして、そのまま、脚をゆっくりと挙げていきます。
途中でお尻や脚に、シビレや痛みを感じたり、脚が30度迄挙がらなかったりした場合は、『梨状筋症候群』が疑われます。

 

また、『梨状筋症候群』の自覚症状として、お尻の痛みやシビレ以外にも、『こむら返り』が起き易くなるので、これも判断材料になります。
坐骨神神経に、誤作動が起き易くなる為と、考えられています。
坐骨神神経の誤作動が起き易くなっていると、確認する側の脚をピンと伸ばしたまま、足を反らせたり、伸ばしたりしても、足裏やふくらはぎに違和感が起きて、「キューン」とつりそうになります。

【 お尻の筋肉が弱ってくると 】(図)お尻の筋肉が弱る

『梨状筋症候群』が起きても、最初は、「歩けないような、たいした痛みではない」とか、」そんなにひどい痛みでもない」と思うのが、一般的です。
これは、原因が、お尻の筋肉の緊張や疲労なので、「チョットした違和感」のように感じられ、ギックリ腰のように、「いきなり、お尻に激痛が走った!」、という事が無いからです。
また、お尻の緊張や疲労が原因なので、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じられるからです。

 

しかし、お尻の筋肉は、身体を支える為に働き続けるので、そのままにしていると、お尻の緊張や疲労が慢性化して、梨状筋がいつも坐骨神経を圧迫するような状態になります
この為、特定の動作や姿勢をすると、坐骨神経を梨状筋が圧迫して、お尻の奥が」ピリッ!」と感じたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだりします。
また、毎日の生活や仕事でストレス、身体の冷えなども、下半身の血行を悪化させ、お尻の筋肉を硬化させるので、痛みやシビレが起き易くなります。

 

特に、中高年以降になると、筋肉量が20代をピークに減少してくるので、『梨状筋症候群』が起き易くなります。
お尻の筋力の衰えだけでなく、お尻の筋力が弱ってくると、お尻の筋肉の、栄養を供給する血管を守る、冷えから守って血流を維持するなどの、血流を維持する役割が果たせなくなって、お尻の冷えから、梨状筋の緊張に結び付くからです。
この結果、チョッと歩き廻っても、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたり、ジッとしていても、お尻から太ももの裏にかけてツッパリを感じたり、するようになります。

【 困難なお尻の緊張解消 】(図)ストレッチ、苦しい

この為、『梨状筋症候群』によって、お尻に痛みやシビレを感じている場合には、お尻の疲労や緊張を解消する事です。
また、お尻だけでなく、お尻の筋肉に影響を及ぼす、腰や太ももの筋肉も、柔軟性を回復させる事が必要です。
更に、下半身に血行不良を起こしていると、お尻のシビレや違和感の原因になるので、腰から下の下半身の血行改善も必要です。

 

ところが、症状解消に、自分でストレッチして、硬くなっているお尻や太ももの筋肉の柔軟性を回復させる事は、なかなか困難です
痛みを起こしている『梨状筋』は、お尻の、奥深くにある筋肉なので、予備知識がないと梨状筋をイメージする事が困難な事と、直接触って、確認する事ができないからです。
また、他のお尻の筋肉と一緒にストレッチするしかないので、目的の『梨状筋』の緊張解消を充分にできなかったり、別の筋肉のコワバリと“勘違い”したりする事もあります。

 

更に、身体に溜まった疲労や緊張の解消や、あるいは、身体の血行改善も必要です。
身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などがあると、お尻の筋肉を緊張させたり、内部の血管を圧迫したり、血行を悪化させたり、するからです。
しかし、体調の不調を感じていても、自分でその箇所を確認し、解消させる事は困難です。

【 当院の、痛み解消治療 】(写真)当院の治療

当院は、このような『梨状筋症候群』の改善に、東洋医療をベースにしたツボ刺激を併用し、マッサージ治療を行っています。
これは、東洋医療が、患部だけでなく周辺の筋肉や血行を確認し、身体のバランスを整える治療法なので、『梨状筋症候群』の治療に、効果的な治療法になっているからです
お尻だけでなく、お尻の疲労や緊張に関係する、腰・骨盤・股関節・脚などの筋肉や血行を確認して、それらの疲労や緊張を解消させ、坐骨神経への圧迫を解消しています。

 

当院のツボ刺激を併用したマッサージ治療は、身体に現れたツボを、着衣の上から刺激していくので、抵抗感が無く、解消度合が高い治療法になっています。
『梨状筋症候群』の原因が、身体に溜まった疲労や緊張だったり、血行の悪化だったりするので、痛みやしびれを起こしている箇所が、東洋医療で使われるツボとほぼ一致しているからです。
ツボ刺激で、筋肉の過緊張を解消させて、神経圧迫を減少させ、その後にマッサージ治療を加えると、改善効果が高められます。

 

更に、骨盤を構成している関節や股関節の可動域の改善も必要なので、運動療法を行い、身体のバランスを整えています。
これにより、お尻の深部の、梨状筋などのお尻の筋肉を緩め、梨状筋と坐骨神経の交差部位の筋緊張を改善して、血行を促進させる効果があります。
お尻の奥の筋肉のコワバリの解消と、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させる事によって、痛みやシビレの解消だけでなく、姿勢の改善や身体の体調回復も期待できます。

 

『梨状筋症候群』のように、神経からの、痛みやシビレが発症している場合には、治療が必要です。
当院は、マッサージ治療で、筋肉の緊張緩和や循環改善を行い、神経症状の疼痛解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。