お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

椅子から立ち上がろうとした時や、階段の上り下りなどで、お尻の“ほっぺ”中央や、お尻と太もものつなぎ目の“くぼみ”に、痛みを伴ったシビレが走り、驚き、不安になる事があります。

普段でも、お尻から太ももにかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合、『坐骨神経痛』の可能性があります。

立ったり、座ったりなど、日常の全ての動作で起きるので、不安が増し、繰り返されると、今後の身体の状態が心配になってきます。

【 お尻の奥の緊張による痛み 】梨状筋症候群

『坐骨神経痛』は、お尻から足の後ろにかけて現れる、痛みやシビレ、麻痺などの総称です。
病名ではなく、腹痛や頭痛などと同じで、坐骨神経に現れた症状を表現した言葉です。
昔からよく知られている症状ですが、積極的に治療している病院はごくわずかです。

 

これは、坐骨神経痛を起こす原因は、いろいろありますが、ほとんど90%以上が、お尻の筋肉の緊張によって引き起こされているからです。
このタイプは、お尻の最深部にある、『梨状筋』と呼ばれる筋肉が、緊張によって硬くなり、内側の坐骨神経を圧迫して、痛みやシビレを起こします
この為、『梨状筋症候群』と呼ばれ、腰にはハッキリとした痛みが無い事と、お尻の筋肉を休めると症状がやわらぐのが特徴です。

 

よくあるのが、休日に、ランニングやハイキングなどを頑張り過ぎて、お尻が痛くなるケースです。
これとは反対に、長時間のデスクワークのように、ジッと同じ姿勢をとり続けて、お尻の緊張が続いて、梨状筋がコワバリ、坐骨神経を圧迫して、症状を起こす事もよくあります。
また、お腹が大きくなった妊婦さんが、お尻に負荷がかかったり、疲労で身体を支える筋力が弱まったりすると、この症状が起き易くなります。

【 お尻の緊張や疲労、筋力が弱っても 】尻 筋力低下

お尻の緊張や疲労が原因になるので、始めは、チョットした違和感程度で、ギックリ腰のように、「いきなり激痛が走った!」、という事はありません。
また、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じます。
この為、「歩けないような、たいした痛みではない」とか、「そんなにひどい痛みでもない」と思うのが、一般的です。

 

しかし、お尻の筋肉は、身体を支える為に働き続けるので、そのままにしていると、気が付かないうちに、緊張や疲労が蓄積して、坐骨神経を圧迫するようになります。
このような状態になると、特定の姿勢をすると、お尻あたりが、ピリピリと感じてきたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだりします。
また、毎日の生活や仕事でストレス、身体の冷えなども、下半身の血行を悪化させ、筋肉を硬化させるので、『坐骨神経痛』を起こし易くなります。

 

しかも、筋肉量は20代をピークに減少してくるので、中高年になって、お尻の筋肉が減少し、代わりに脂肪が増えてくると、筋力が衰え、『坐骨神経痛』を起こす原因になります。
お尻の筋肉が、坐骨神経の保護や、栄養を供給する血管を守る、冷えから守り血流を維持する、などの役割をしているので、お尻の筋力が弱っていると、この役割が果たせなくなるからです
この結果、チョッと歩き廻っても、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたり、ジッとしていても、お尻から太ももの裏にかけてツッパリを感じたりします。

【 確認方法と、傾向 】足上げテスト

『梨状筋症候群』の、簡単な確認方法として、脚挙げテストがあります。
膝を伸ばした状態で、片脚をゆっくりと挙げていきます。
途中でお尻や脚に、シビレや痛みを感じたり、脚が30度迄挙がらなかったりした場合には、『梨状筋症候群』が疑われます。

 

また、自覚症状として、こむら返りが起き易くなるので、判断材料になります。
坐骨神神経に、誤作動が起こし易くなると考えられています。
例えば、足を反らせたり、伸ばしたりすると、違和感が起きて、キューンとつりそうになります。

 

これらによって、『梨状筋症候群』の可能性がある場合には、お尻の緊張を解消させる事が必要です。
お尻の筋肉だけでなく、お尻の筋肉に影響を与える、腰や太ももの筋肉も、柔軟性を回復させます。
更に、疲労や緊張、冷えなどから、下半身に血行不良を起こしていると、シビレや違和感を起こすので、血行を改善しておく事も必要です。

【 お尻の緊張解消 】尻 緊張緩和

しかし、症状解消の為に、硬くなっているお尻や太ももの筋肉を、自分でストレッチするのは困難です。
痛みを起こしている『梨状筋』は、お尻の、奥深くにある筋肉なので、予備知識がないと梨状筋をイメージする事が困難な事と、触って確認する事ができないからです。
また、他のお尻の筋肉と一緒にストレッチするしかないので、目的の『梨状筋』の緊張解消を充分にできなかったり、別の筋肉のコワバリと勘違いしたりする事があります。

 

更に、身体の体調を回復させる事も大切です。
身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などがあると、お尻の筋肉を緊張させたり、内部の血管を圧迫したり、血行を悪化させたり、するからです。
この為、腰の状態や下半身の疲労だけでなく、身体に溜まった疲労や緊張の解消や、あるいは、身体の血行改善もポイントになります。

 

このような場合に、治療院のマッサージ治療が、即効性があり、解消度合が高い治療法になります。
症状を起こす原因が、身体に溜まった疲労や緊張だったり、あるいは、血行が悪化していたりする場合には、効果を発揮するからです
特に、『坐骨神経痛』のような神経症状は、東洋医療の診断箇所のツボとリンクしているので、ツボ刺激によって神経圧迫を減少させ、改善効果を高めます。

 

『梨状筋症候群』のように、神経から痛みやシビレが発症した場合には、治療が必要です。
当院は、マッサージ治療で、筋肉の緊張緩和や循環改善を行い、神経症状の疼痛解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。