お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)お尻から、太ももにかけての、痛みやシビレ

導入文

立ったり、座ったりなどをした時に、お尻から太ももにかけて、鋭い痛みを伴ったシビレを発症する事があります。

多くの場合、股関節に負荷がかかる運動をしたり、長時間座っていたり、不自然な姿勢が多くなったりして、お尻の筋肉に大きな負担がかかり、それによって、気付かないうちにお尻の筋肉の柔軟性が無くなってコワバリ、内側の坐骨神経を圧迫して、刺激した為です。

解消には、お尻の奥の筋肉のコワバリの解消と、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させる事が必要なので、筋肉の回復治療や身体のバランスを整える事を得意としている東洋医療系のマッサージ治療が効果的です。

【 お尻の筋肉の疲労や緊張から 】(図)梨状筋症候群

椅子から立ち上がろうとした時や、階段の上り下りで足に体重をかけた時に、突然、お尻の“ほっぺ”中央や、お尻と太もものつなぎ目の“くぼみ”あたりに、鋭い痛みやシビレが起きる事があります。
突然のお尻の痛みやシビレだけでなく、普段も、お尻から太ももにかけて、ツッパリ感がしたり、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたりする場合は、『坐骨神経痛』の可能性があります。
この『坐骨神経痛』を起こす原因は、いろいろあっても、ほとんど9割以上が、日常生活や運動などによる、お尻の筋肉の緊張によって引き起こされています。

 

これは、お尻の奥にあって、股関節を動かす『梨状筋(りじょうきん)』と呼ばれる筋肉が、疲労や緊張が続いて硬くなると、内側にある坐骨神経痛を圧迫するからです
これを『梨状筋症候群』と言い、特徴は、お尻の外側から太ももにかけて痛みやシビレが起きるようになっても、腰にはハッキリとした痛みが無い事と、お尻の筋肉の緊張が無くなると、症状がやわらぐ事です。
『坐骨神経痛』は、昔からよく知られている症状ですが、治療を積極的に行っている病院はごくわずかです。

 

『梨状筋症候群』を引き起こすケースで、良くあるのが、休日などに、普段しないランニングやハイキング、サイクリングなどを行い、股関節の筋肉に、繰り返し負荷をかけた場合です。
これとは反対に、長時間のデスクワークのように、ジッと同じ姿勢をとり続ける場合も、お尻の筋肉が緊張し続けてコワバッテしまうと、やはり坐骨神経を圧迫するので、お尻に痛みやシビレを引き起こします。
他にも、妊婦さんのお腹が大きくなって体重が増えたり、加齢や疲労などで身体を支える筋力が弱まったりする場合も、体重を支えるお尻に大きな負荷がかかってくるので、お尻に痛みやシビレが起き易くなります。

【 梨状筋症候群の確認方法 】(図)Kボンネットテスト

『梨状筋症候群』を簡単に確認する方法として、『脚挙げテスト』があります。
両脚を伸ばした状態で仰向けに寝て、確認する脚を伸ばしたまま、ゆっくりと挙げていきます。
途中でお尻や脚に、シビレや痛みを感じたり、脚が30度迄挙がらなかったりした場合は、坐骨神経痛を刺激する『梨状筋症候群』が疑われます。

 

また、仰向けで、膝と足首を持って股関節と膝関節を曲げさせてから、膝を内側に倒す確認方法もあります。
この時に、お尻や太ももの後ろに、痛みやシビレが生じたら、やはり『梨状筋症候群』が疑われます。
これも、梨状筋を緊張させて、坐骨神経の圧迫状態を調べる方法です。

 

他にも、『梨状筋症候群』の場合には、『こむら返り』が起き易くなるので、これも判断材料になります。
坐骨神神経が圧迫されていると、坐骨神神経が過敏状態になるので、何かのキッカケで坐骨神神経に誤作動が起き易くなる為と、考えられています。
この為、膝から下のふくらはぎをピンと伸ばしたまま、爪先を反らした時に、足裏やふくらはぎに違和感が起き、「キューン」とつりそうになる場合は、『梨状筋症候群』の可能性があります。

【 お尻の筋肉が弱ってくると 】(図)お尻の筋肉が弱る

『梨状筋症候群』は、特に、中高年以降になって、運動量が少なくなり、ジッとしている事が多くなると、お尻の筋力の低下から、起き易くなります
また、それによって、お尻の毛細血管の血流維持が果たせなくなって、お尻が冷えるようになると、梨状筋の緊張に結び付き易くなります。
この為、お尻に冷えを感じるようになると、チョッと歩き廻っても、何とも言えない鈍痛やシビレを感じたり、ジッとしていても、お尻から太ももの裏にかけてツッパリを感じたり、するようになります。

 

それでも、最初のうちは、原因が、お尻の筋肉の緊張や疲労なので、「チョットした違和感」程度です。
例えば、「立ち上がる時に脚にピリッとくる」とか、「シビレや痛みが、お尻や太ももの後ろに感じる」、といったぐらいで、そんなにひどい痛みではありません。
また、お尻に痛みが起きても、お尻の緊張や疲労が原因なので、湿布薬を貼る程度でも、症状が軽くなったように感じられるので、あまり気になる事がありません。

 

しかし、お尻の筋肉は、身体を支える働きをずっとしているので、お尻や腰の疲労や緊張をそのままにしていると、お尻の緊張や疲労が慢性化し、梨状筋が坐骨神経を圧迫するようになります。
この結果、何かの拍子に、梨状筋が坐骨神経を圧迫刺激して、お尻の奥が」ピリッ!」と強く感じたり、椅子に座っていると、お尻の骨の尖った部分が痛んだり、するようになります。
また、毎日の生活や仕事でストレス、身体の冷えなども、下半身の血行を悪化させて、お尻の筋肉を硬化させるので、痛みやシビレが起き易くなります。

【 困難なお尻の緊張解消 】(図)ストレッチ、苦しい

『梨状筋症候群』により、お尻に痛みやシビレを感じている場合は、お尻の疲労や緊張を解消する事が必要です。
また、お尻だけでなく、お尻の筋肉に影響を及ぼす、腰や太ももの筋肉も、柔軟性を回復させる事も必要です。
更に、下半身に血行不良を起こしていると、お尻のシビレや違和感の原因になるので、腰から下の下半身の血行改善も必要です。

 

ところが、自分で、硬くなっているお尻や太ももの筋肉をストレッチして、柔軟性を回復させる事は、なかなか困難です
痛みを起こしている『梨状筋』は、お尻の奥深くにある筋肉なので、梨状筋についての知識が無いと、イメージする事が難しいうえに、お尻の奥深くにある筋肉なので、お尻の上から直接触って、確認する事ができないからです。
また、『梨状筋』をストレッチするには、他のお尻の筋肉と一緒にストレッチするしかないので、目的の『梨状筋』の緊張解消を充分にできなかったり、別の筋肉のコワバリと“勘違い”してしまったり、する事もあります。

 

しかも、お尻の痛みやシビレを無くすには、身体に溜まった疲労や緊張の解消や、あるいは、身体の血行改善も必要です。
身体の疲労、不良姿勢、睡眠不足などがあると、お尻の筋肉を緊張させたり、血行を悪化させたり、内部の血管を圧迫したり、するからです。
しかし、体調の不調を感じていても、自分で、その原因になっている箇所を確認し、解消させる事は困難です。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

当院は、『梨状筋症候群』の改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療と、更にツボ治療を加えて、行っています。
『梨状筋症候群』の原因が、身体の疲労や緊張だったり、血行の悪化だったりするので、筋肉の回復治療や身体のバランスを整える事を得意としている東洋医療系のマッサージ治療とツボ治療が、適しているからです
マッサージ治療にツボ治療を加える事によって、効果的に、坐骨神経への圧迫を減少させ、改善効果を高めています。

 

また、もともと東洋医療が、患部だけでなく周辺の筋肉や血行を確認し、身体のバランスを整える治療法なので、この事も、『梨状筋症候群』の改善に適しています。
『梨状筋症候群』の回復には、お尻の部分だけでなく、お尻の疲労や緊張に関係する、腰・骨盤・股関節・脚などの筋肉や血行を確認して、それらの疲労や緊張を解消させ、坐骨神経への圧迫を解消する事が必要になるからです。
当院では、更に、運動療法も利用して、骨盤を構成している関節や、股関節の可動域を改善し、身体のバランスを整えるようにしています。

 

これらにより、お尻の深部の、梨状筋などのお尻の筋肉を緩める事で、血行の回復と共に、お尻の冷え解消にも、効果があります。
更に、お尻の奥の筋肉のコワバリを解消させ、コワバリを引き起こしている足腰の筋肉を安定させるので、姿勢の改善や身体の体調回復も期待できます。
これらの治療を、当院では、着衣の上から行っているので、抵抗感が無く、安心して受けられます。

 

『梨状筋症候群』のように、神経からの、痛みやシビレが発症している場合には、痛みやしびれを起こしている箇所だけでなく、周辺の影響を及ぼしている箇所の治療も必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、筋肉の緊張緩和や循環改善を行って、神経の興奮を抑制し、神経症状の痛みやシビレの解消治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛みやしびれなど症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。