座っている時や、立ち上がり時の、お尻から太ももへの、痛みとしびれ

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ などの、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

お尻から太ももへの、痛みとしびれ

 

毎日のデスクワークで、座りっぱなしが続くと、腰の痛みだけでなく、お尻から太ももの付け根あたりに、ジンジンと痺れるような痛みが出てくる事があります。

何とも例えようがない痛みですが、キズを負った痛みと違って、鈍くジワジワ続く、シビレを伴った痛みです。

また、トイレの座りかけや、立ち上がり時、また、靴や靴下を履く時などの、中腰姿勢になった時にも、お尻の下のほうが、急にピリピリとしてきたり、チクチクと痛んだりしてきます。

【 お尻の筋肉の、疲労や緊張 】梨状筋症候群

普段、生活をしている中で、お尻が、「痛い!」とか、「疲れた!」、「ダルイ!」、などを感じる事は、滅多にありません。
これは、多少の疲労や緊張があっても、お尻は、身体を支える為に、分厚い筋肉が何層にも重なって丈夫にできている事と、脂肪が多く付いているので、クッション役となって、衝撃を防いでいるからです。
これらによって、我慢強い(=鈍感な)状態を保っていられるので、お尻に、痛みや違和感が起きる事が、ほとんどありません。

 

ところが、身体のバランスが崩れた状態が続いたり、足腰の筋力が低下したり、下半身が過度に緊張したりすると、お尻に、過度の負荷がかかります。
この負荷によって、お尻の筋肉の柔軟性が無くなって、凝り固まってくると、内部を通っている坐骨神経を圧迫し、痛みやシビレを引き起こす原因になります
一般に『坐骨神経痛』と呼ばれる中でも、骨盤の下の出口付近にある『梨状筋(りじょうきん)』が、坐骨神経を圧迫する事が多いので、診断名を『梨状筋症候群』と言います。

 

『梨状筋症候群』は、日常生活の動作や習慣・癖などによって起きるので、『坐骨神経痛』のうち、9割を占めると言われています。
特徴として、お尻の過緊張で起きるので、“腰には痛みが出ない”事です。
また、お尻の筋肉は、“太く”“大きい”筋肉なので、一旦、硬くなると、元の状態に戻りにくいので、シビレを伴った痛みが何度も起きます。

【 神経特有な痛み方 】神経痛

梨状筋症候群の最初の頃は、お尻の下の方に、軽い痛みやうずきを感じる程度です。
この段階は、湿布薬を貼る程度で、治ってしまう事が多いので、軽く考えて、「たいした事は、無いだろう…」と、思ってしまいます。
ところが、次第に、お尻の中央に圧力がかかると、痛みがよく起きるようになり、座っているのが長かったり、立ち上がろうと力を入れたり、階段の上り下りなどで、必ず痛みが起きるようになります。

 

痛み方は、神経特有な痛み方で、シビレ感を伴ったり、怪我をしたわけでもないのに、ふとした瞬間痛みが走ったりします
例えば、「ビリビリする」、「奥の方からズキズキする」、あるいは、「ジンジンする」とか、突き刺されるような痛みが起きて、「ビビーッとする」、などです。
他にも、「お尻の張りが強くなって、つっぱった感じがする」、「熱く、ヒリヒリするような痛み」と、感じる人もいます。

 

しかし、整形外科を受診しても、なかなか診断がつきづらい事があります。
梨状筋症候群が、レントゲンやMRIなどの映像検査では、筋肉の緊張が映らない為です。
この為、映像検査よりも、毎日の疲労やストレスによる自覚症状への問診、お尻の筋肉のハリの状態を調べる触診、股関節を動かして可動範囲の検査、などが有力な判断材料になっています。

【 梨状筋症候群になり易い人 】猫背

梨状筋症候群は、お尻の奥の坐骨神経が圧迫される病気なので、梨状筋症候群になり易い人には、特徴があります。
それは、①姿勢が悪い(猫背)、②股関節が硬い、③腰痛持ち、の3つです。
梨状筋は、もともと柔らかい筋肉ですが、これらの負荷がかかって、硬くなると、骨盤の出口付近の坐骨神経を圧迫して、痛みを起こします。

 

例えば、座り仕事で、猫背になっていると、腰やお尻の筋肉で、前に倒れかけた上半身を支えることになるので、必要以上に、腰やお尻の筋肉に負荷がかかるようになります。
また、長距離の歩行や登山、中腰姿勢や荷物の挙げ下ろしなどを繰り返していると、股関節だけでなく、お尻の筋肉も過緊張状態になります。
他にも、お尻のけが(尻もちなど)で痛む、慢性の腰痛、骨盤の歪み、などがあると、股関節が硬くなって、やはり、お尻の緊張が抜けなくなります。

 

発症するキッカケとして、ストレスや睡眠不足などが重なっていると、起こし易くなっています。
これらによって、血行が悪化し、梨状筋の状態も悪化するからです。
例えば、生活のリズムが乱れて睡眠不足になっている時、仕事や人間関係などによる心理的な圧迫感が強まった時、気持ちの切り替えができないでいる時、妊娠して緊張感が続いた時、などです。

【 お尻の筋肉の柔軟性の回復 】尻の治療

治療法は、硬くなっているお尻の筋肉の柔軟性を回復させて、股関節を支えている梨状筋の緊張を解消させる事です。
しかし、お尻の筋肉は、分厚く何重にもなっている上に、伸ばす事がしづらいので、自分でストレッチをするだけでは、なかなか回復しません。
このような場合、ストレッチの仕方を教わって行うより、血行悪化の解消や、筋肉の柔軟性の回復を得意としているマッサージ治療を受けたほうが、無理をする事が無く、早く解消できます。

 

特に、梨状筋症候群の治療ポイントは、深部の筋肉の硬いシコリを見つける事と、その解消です
この為、東洋医療系のマッサージ治療では、触診で筋肉の硬結を確認し、そこに持続圧やツボ刺激を加えます。
これにより、硬結部の緊張を和らげていくと、血行も回復し、蓄積した疲労物質が排出され、筋肉全体の柔軟性が回復してきます。

 

また、梨状筋症候群は、お尻の筋肉だけでなく、下半身全体の筋肉に、疲労や緊張が強く残っています。
この為、腰や太ももの、筋肉の柔軟性や、血行を回復させると、疲労物質の排出が促進され、シビレ感や痛みの解消が早まります。
更に、股関節にストレッチ運動を行って、関節付近の緊張を緩め、可動域を回復させていきます。
治療途中でも、坐骨痛神経への圧迫が減少してくると、患者自身が、お尻の痛みや不快感が解消されてくるのが分かります。

 

坐骨神経痛の中でも、梨状筋症候群は、お尻の筋肉の硬直によって引き起こされるので、マッサージ治療が効果的です。
当院は、臀部や下肢の反応点を中心に、柔軟性の回復や循環改善によって、可動域の回復や疼痛の解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。