猫背の改善には、自分の猫背のタイプと、症状の確認を!

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)猫背の改善

導入文

猫背は、「猫背にならないように…」と気を付けていても、いつのまにか猫背になっている事が多く、その上、猫背が多くなると、背中を伸ばしても伸びなくなって、本来の姿勢に戻るのが苦しくなってしまいます。

猫背の改善には、自分で無理に背中を伸ばすよりも、始めは専門家やトレーナーに、背中をピンと伸ばす事を苦しくさせている問題箇所を確認してもらい、猫背のタイプと症状を確認して、改善を図ってもらったほうが、自分の猫背のタイプが理解でき、自分に合った改善方法が見つかります。

このような姿勢の改善には、東洋医療をベースにしている治療院が、昔から、筋肉や血行の改善や、崩れかけた身体のバランスを整える事を専門に行っているので、納得できる方法で、無理が無く、身体のケアができます。

【 丸まった背中を伸ばしにくい原因 】(図)首猫背

PCやスマホに向かって操作をしていると、背中の力を抜いて猫背にしている方が楽なので、ついつい猫背になってしまい、いつのまにか普段の姿勢も、猫背になっている事が多くなります。
これは、画面を見ながら操作をするので、覗き込む姿勢になりがちな事もありますが、もともと人の身体が、胎内にいた時から“C”の字のように丸まっていたので、成長しても背骨が、緩やかに後ろ側に曲がっている事が、大きく影響しています
この為、背筋を伸ばした姿勢をしているよりも、背中を丸めているほうが、自然で、楽に感じるので、いつの間にか背中が丸くなった姿勢になってしまいます。

 

しかも、背中を丸めた状態が毎日続くと、背中をピンと伸ばし続けるが苦痛になって、背中を伸ばしにくくなります。
背中を丸めた状態が続く為に、背中を曲げる筋肉がそのまま固定されて固まった状態になる事と、それと共に、背中を伸ばす筋肉の働きが弱まってしまい、背中をピンと伸ばすのが苦しくなってしまう事と、背骨を維持する靭帯や筋肉も、湾曲したまま動きづらい状態になるからです。
この結果、猫背を治す為に、背中を伸ばそうとしても、背中を丸めている背中の筋肉や背骨の“防衛反応”が働いてしまい、伸ばしづらくなるだけでなく、何とか背中を伸ばす事ができても、背中を丸めていたリバウンド作用が強まって、再び元の猫背に戻ってしまいます。

 

この為、猫背を元に戻すには、最初から背中をピンと伸ばす『正しい姿勢』に取り掛かるよりも、まずは、自分の『猫背のタイプ』と『気になっている症状』を確認する事が重要です。
猫背と言っても、猫背には、いろいろなタイプがあるので、「丸まっている部分が、主にどこか?」を理解しないで、背中を伸ばしても、問題箇所が十分に伸ばされないからです。
また、猫背のタイプによって、身体に現れる症状に特徴があるので、身体に引き起こされている症状を意識して猫背の改善をしていくと、症状を改善させる事にもなるので、猫背の改善が取り組み易くなります。

【 猫背の3つのタイプと症状 】(図)背中猫背

猫背は、「丸まっている部分が、主にどこか?」によって、おおよそ3タイプに分けられ、この猫背のタイプによって、頭痛、肩こり、背中の痛み、腰痛など、気になる症状の現れ方が違います。
猫背によって、肩、背中、腰などに疲労や緊張が溜まると、それによって、身体の弱まった箇所から、アラームサインが発せられるからです
この為、大まかでも、自分の猫背のタイプと関係する症状を理解しておくと、猫背姿勢と気になる症状を改善させるスタートになります。

《 首猫背タイプ 》

特徴:横から見ると、首が前に出て(ストレートネック状態)、それに伴い肩が前方に出て、肩が丸まった(巻き肩)姿勢になる。
症状:首や肩、そして肩甲骨まわりの筋肉が過緊張し、周辺の血流や神経系にも影響するので、首凝り、肩こり、肩甲骨周辺の痛み、そして、顔のむくみ、手や腕のしびれなどの神経障害が現れる。

《 背中猫背タイプ 》

特徴:背中が前かがみ姿勢になり、背中の中央あたりが猫背の頂点になって、誰が見ても猫背だと分かる。
症状:背中の凝りによる、慢性的な痛みとむくみ感、そして、胃や腸を圧迫するようになるので、胸焼けやむかつき、胃腸のもたれが起き易い。

《 腰猫背タイプ 》

特徴:上半身の重心が骨盤にかかってくるように、腰から前かがみになって、椅子に浅く腰掛ける人や、腰かけドライバーのように、長く座っている職業の人に多い。
症状:下半身の血行障害による冷え、胃腸の不活発による便秘、腰がダルイ、慢性腰痛、お尻や太もものシビレ感など。

【 最初はチェックしてもらって 】(図)腰猫背

このように、猫背は、おおよそ3タイプに分けられますが、毎日の普段の姿勢が原因になっているので、自分では、なかなか気づきにくい上に、更に、仕事や家事に追われていると、自分で自分の姿勢を見て、チェックするような事がありません。
また、自分の背中の筋肉のコワバリや、背骨の並(なら)びなどを、チェックしたくても、自分で自分の背中を見る事はできませんし、触る事もできません。
この為、最初は専門家やトレーナーに、猫背のタイプと症状を確認してもらい、問題箇所の改善を図ってもらったほうが、猫背の問題点が絞られ、症状の改善方法がハッキリします

 

例えば、《首猫背タイプ》には、首は後ろ側だけでなく横や前側の筋肉、背中は腰あたりまでの筋肉、肩は腕に続く部分までの筋肉の柔軟性回復が必要です。
また、《背中猫背タイプ》には、肩甲骨が自由に動けるようにする事と、猫背による背中のむくみを解消させる事が不可欠です。
そして、《腰猫背タイプ》には、腰だけでなく、腰を下から支えている、お尻や太ももの筋肉の緊張を解消させ、血行を改善させる事が必要です。

 

更に、猫背になると、背中の土台になっている腰とお尻の筋肉に負荷が増して、強くコワバリ、鈍痛や疼くような痛みを感じる事がありますが、腰やお尻の筋肉が分厚く構成され、毛細血管が縦横に張り巡っているので、筋肉のコワバリをハッキリと自覚する事が無くなって、「腰あたりが、何となく重い」、「ダルイ」といった程度になります。
この為、猫背によって、腰とお尻の筋肉のコワバリが強くなっていても、コワバリの自覚がハッキリと無いので、自分で腰やお尻のコワバリ部分をストレッチして伸ばしたり、屈伸や廻旋などで動かしたりする事は困難です。
このような、自分で自覚しづらい筋肉のコワバリや、動かしづらい筋肉、それによる関節の“ロック状態”を解消させるには、専門家やトレーナーに動かしてもらう『他動運動』が必要です。

【 当院の、マッサージ治療+他動運動 】(写真)当院の治療

当院では、猫背とそれに伴う症状の改善に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療に『他動運動』を加えて、改善治療を行っています。
自分で背中の筋肉トレーニングやストレッチをしても、猫背の改善の効果があがらなかったり、背中の不快感に悩まされていたりしている場合でも、これらの治療を組み合わせる事で、普段使わない筋肉を伸ばす事ができ、また、自分でなかなか伸ばせない、背中のインナーマッスルや深層筋を、しっかりと伸ばす事ができるからです
しかも、『他動運動』を加える事で、筋肉や血管の働きがかなり改善されるので、自分で行うセルフストレッチや運動も、行い易くなります。

 

また、当院は、東洋医療のツボ治療を利用して、背中の痛みや不快感などの症状改善も、併せて行っています。
例えば、猫背の為に、背中に張り付いた肩甲骨を、ツボ治療で刺激して、筋肉の柔軟性を回復させると、背中の緊張が無くなり、肩こりや背中の痛みも解消してきます。
更にマッサージ治療を加えて、筋肉の柔軟性や血行を改善させると、血液やリンパの流れの滞りによる、背中の不快な“むくみ状態”が解消され、スッキリします。

 

例えば、猫背によって生じた、気になる筋肉のコワバリやシコリを解消する為に、当院では、最初に、マッサージ治療で背中の柔軟性を回復させています。
この後、『他動運動』によって、患者にとって無理のかからない状態で、動きが悪くなっている背骨や肩・肩甲骨の関節の可動域を動かし、関節の動きを改善し、付近のコワバリを解消させています。
これによって、背中をピンと伸ばす事を苦しくさせている問題箇所が無くなってくると、「自分はこういう型の猫背だから、こういう改善法を試してみよう」と、自分の『猫背のタイプ』がハッキリ自覚され、自分で行う運動やストレッチが行い易くなります。

 

猫背を改善するには、背中を無理して伸ばすよりも、背中をピンと伸ばすのが苦しくさせる問題箇所を探して、そこの柔軟性を回復させる事が大事です。
当院は、東洋医療をベースにした診断とマッサージ治療で、肩凝りや疲労回復などの治療を含めて、猫背や身体の歪みなどの姿勢改善の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する身体の不調や不快感などの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。