猫背の姿勢改善と、骨盤の傾きの関係

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)猫背の姿勢改善と、骨盤の傾きの関係

 

導入文

猫背姿勢が気になって、「立ったときくらいは姿勢を正そう」と、背中を無理に伸ばしたり、反らしたりしても、そのまま保つのが辛くなって、続きません。

これは、座っている時に、腰を曲げて後ろに突き出し、背骨の土台になっている骨盤を後ろに押し出すような状態になっているので、その状態が固定されて、“骨盤の角度が変わる”事が出来なくなっているからです。

猫背は、丸まった背中が気になりますが、猫背の姿勢改善には、硬くなっている腰や骨盤周りの筋肉の柔軟性を回復させてから、上半身のコワバリ解消をする事が必要なので、筋肉や血行の海瀬を得意としている、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果的です。

【 猫背による、骨盤の後傾 】(図)骨盤の後傾

多くの人が、「背筋を伸ばしているよりも、猫背にしている方が楽」と感じていて、反対に、「姿勢を正すと、ものすごく疲れる」と感じています。
これは、人間の身体が、助骨や内臓が身体の前側にあるので、正座のように良い姿勢を保つには、後ろの背中側の筋肉をシッカリと使わないと行けませんが、猫背のような前かがみになっていると、それほど背中側の筋肉をシッカリと使わなくても、楽に姿勢をキープできるからです。
このような座り方をしていると、背スジを伸ばす背筋や腹筋を使う必要が無く、楽に座れるので、癖になります。

 

猫背の座り方を極端にしたのが、背中の丸くなった高齢者に多く見られる『仙骨座り』で、椅子に浅く座って、腰を後ろに突き出し、骨盤を後ろに傾けて、背もたれに身体をあずけた座り方です。
このような姿勢を可能にしているのは、骨盤が後ろ側に押し倒された状態(写真参照)になるからで、これができるのは、その時々の姿勢によって、“骨盤の角度が変わる”からです。
例えば、直立している時には、骨盤が上体を骨盤で支えるように、立ったような状態ですが、座って猫背姿勢になると、腰を後ろに突き出すようになるので、それに合わせて、骨盤が後ろ側に倒される(寝かされる)ように、骨盤の角度が変わります。

 

ところが、毎日、この姿勢をとり続けていると、骨盤を支えている筋肉や靭帯が、骨盤が後ろ側に倒された状態で硬化し、更に、筋肉の不自然なコワバリがコルセット状に固めるので、“骨盤の角度が変わる”事が出来なくなります
この状態になると、立った時に、骨盤が真っすぐの角度に戻らないので、お尻や腰が後ろに突き出したようになり、背中も後方にC字型に湾曲したままになるので、上半身の猫背が目立つようになります。
猫背は、一般的に、背中が丸まっている状態を言いますが、この原因になっているのが、骨盤周りの筋肉や靭帯の“不自然なコワバリ”です。

【 姿勢の悪化や身体の不調が 】(図)猫背による不調

骨盤の後傾で、うつむいた姿勢になると、自信が無くなって、背中を丸めているように思われるだけでなく、姿勢や体型の悪化も現れます。
典型的なのが、『前かがみ姿勢 → 猫背になる → 両肩が前方に突き出る → ゴリラのように腕が前に出る → 顎が前に突き出る』です。
その上、お腹の筋肉に力を入れる事が無く、緩んでくるので、中に脂肪が蓄積されて“ポッコリお腹”になり、体型的に太り易くなります。

 

更に、体型の変化だけでなく、身体が疲れ易くなり、身体の不調も起きてきます
骨盤を支えている筋肉や靭帯の“不自然なコワバリ”が続くので、腰の血行を悪化させて、身体に老廃物が溜まり易くなるからです。
この結果、座り仕事で猫背姿勢が続くと、「腰がダルイ」、「腰が重たい…」、「腰に鈍痛がする」といった、腰の重ダルサや痛みに悩まされるようになり、それが続くと、背中やお尻にも、凝りや痛みが拡がるようになります。

 

また、猫背姿勢による前かがみから、胃腸付近が押しつぶされた状態になるので、食欲不振、便秘、下痢などの、内臓の不調を引き起こします。
更に、前かがみになっていると、無意識に背中の筋肉に力が入って、背骨の隙間から出ている自律神経を圧迫するので、内臓の不調と共に、「肩に重圧がのしかかる」とか、「重荷を背負う」といった、精神的な疲労感が増すようになります。
これによって、自律神経の不調を引き起こして、ますます内臓に不調を起こすだけでなく、ストレスに弱くなったり、元気が無くなったり、不安感が強まったり、気分的に暗くなったりします。

【 自力回復の困難 】(図)自力回復の困難

もともと人間は、日常生活において、自分が1番楽な姿勢を無意識に取ってしまうので、自分が正しい姿勢を取れているかは気が付きにくいものです。
これは、母親の胎内にいた時に、腰を丸めて、丸まった姿勢でいたので、伸ばす筋力より丸まろうとする筋力が強く、猫背姿勢になると楽に感じるからです。
しかも、中高年以降になって、日常動作の影響で前かがみ姿勢が多くなったり、運動不足で筋肉の働きの低下が起きたりすると、姿勢を真っすぐにしている筋力が弱まるので、猫背姿勢が自然に感じられるようになります。

 

中でも、姿勢を保つ為に重要な役割を果たしている、お尻や腰の筋肉が弱くなると、姿勢を維持できなくなって、前かがみになったり、筋肉が疲労し易くなる事から、姿勢を維持できずに、猫背になったりします。
このような状態になると、猫背に誘導する筋肉に逆らって、正常な姿勢を取ろうとしても出来なくなってきます。
出来たとしても、無理やり真っすぐにしていると、次第に首、背中、腰、脚等の筋肉が固まって痛みを発します。

 

これは、柔軟性が残っている一部の筋肉は伸ばせても、肝心の、硬くなっている筋肉は困難な状態になっているので、一般的なストレッチや、型通りの運動では、解消困難になっているからです
更に、背骨の土台になっている骨盤が後ろに傾き、コルセット状に固まっているので、それを自力で元に戻すには、本人が思っている以上に、エネルギー(体力)と時間が必要になります。
この結果、本人が気になって、お腹にグッと力を入れて、背スジを伸ばすようにしても、すぐに辛くなってしまい、いつの間にか元の猫背に戻ってしまいます。

【 当院の、猫背の姿勢改善治療 】(写真)当院の治療

当院では、回復しにくくなった猫背を改善する為に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、まず、お尻と腰の筋肉の、柔軟性を回復させ、それにより、元の位置に戻すようにしています。
これは、コルセット状に固められた、お尻と腰の筋肉のコワバリが回復してくると、それに伴って、自然と、骨盤の傾きが、本来の角度に戻ってくるからです
これによって、後ろ側に湾曲している腰や背中の骨の並びが、元の状態に回復してくると、背中を反らせたり、曲げたりする動作の抵抗感が無くなってくるので、背スジを伸ばし易くなります。

 

また、お尻と腰の筋肉の柔軟性を回復させると、腰痛が改善されるだけでなく、以前より、疲れにくく、身体を動かしたり、支えたりする事ができるようになります。
身体全体の循環が改善されるので、血行やリンパの流れを良くする、筋肉の弾力性や柔軟性を高める、関節の可動域を広める、などの効果があるからです。
これにより、背中の筋肉を、マッサージ治療で伸ばしたり、肩関節の柔軟性を回復させたりすると、丸まってしまった背中や、肩の巻き込みが、元に戻り易くなります。

 

このように、当院では、猫背姿勢の改善は、最初に、お尻と腰の筋肉の柔軟性を回復させて、栄養素や酸素を運んでいる血行を、円滑にしておく事を最優先にしています。
骨盤の不自然な後傾が解消されると、そこを土台にしている背骨沿いの歪みが解除されて、筋肉の柔らかも回復してきます。
特に、本人の力だけでは、猫背がなかなか改善できないような場合にも、コワバッタ筋緊張を解消していき、可動域を大きくさせていく、メリットがあります。

 

猫背のままでいると、腰痛、ストレートネックや肩こり、首の痛み、そして、膝が曲がり易くなって膝の痛み、などの原因になります。
当院では、筋緊張の軽減・可動域の回復・疼痛の解消などによって、解消しづらい姿勢の改善も行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。