“疲れ顔”や“老け顔”と、肩こりの関連

【(症例)こり・しこり 】

(写真)疲れ顔や老け顔

“疲れ顔”や“老け顔”対策に、いろいろなメイク術や髪型が紹介されていますが、化粧崩れだけでなく、顔の表情筋の疲れも、大きく影響しています。

これは、身体を動かすことがあっても、顔の筋肉はあまり動かす事が無いので、弾力が失われると、むくみやたるみ、目の下のクマ、表情ジワまで、引き起こすからです。

しかも、仕事や家事の疲れで、肩こり状態になっていると、顔の表情筋が疲れ易くなるだけでなく、顔の血行やリンパ液の流れも滞ってしまうので、くすんだようになり、顔全体が重い印象になってしまいます。

【 化粧崩れと、顔の表情筋の疲れ 】(図)表情筋の疲れ

オフィスで1日中働いた後、自分の顔を鏡で見た時に、思わず、「朝と、顔付きが違う!」と、驚く事があります。
顔にドッと疲れが現れ、「顔が、何だか不健康そう…」で、「老けこんで、コワバッテいる!」からです。
“疲れ顔”や“老け顔”に気付かされると、見た目が気になるだけではなく、気持ちまで落ち込んで、暗くなってしまいます。

 

この“疲れ顔”や“老け顔”になる原因として、大きく分けて、『化粧崩れ』の場合と『顔の表情筋の疲れ』の場合の、2つの理由があります
『化粧崩れ』の場合には、朝、バッチリきれいにメイクをしていても、夕方頃になると、顔から分泌された余分な皮脂とファンデーションが混じり合って、シワに入り込み、シワが目立つようになるからです。
また、最近では空調がしっかりときいている場所が多いので、肌表面が乾燥しすぎると、肌が硬くなり、目尻や目の下のシワが寄りやすくなったり、乾燥でほうれい線も浮き出たりします。

 

そして、『顔の表情筋の疲れ』の影響もあります。
表情筋が疲れてしまうと、リンパ液の流れが滞って、老廃物を溜め込んでしまうので、顔全体が暗いトーンになるからです。
特に、PC操作を続けて、眼精疲労の状態になっていると、目の周りの筋肉疲労から、目元にクマやくすみができ易くなり、目元の印象を変えてしまい、一気に疲れ顔が現れるようになります。

【 首や肩の凝りの影響 】(図)肩こり

『化粧崩れ』だけならば、手間がかかってもメイク直しをすれば、メイクしたての顔に復活できますが、『顔の表情筋の疲れ』が生じていると、いくら頑張って、メイク直しをしても、元通りにはなりません。
これは、朝から仕事や家事などで忙しく働いていると、顔にも疲れが出てくるので、夕方近くになると、肌のハリや弾力が無くなったり、皮下組織の圧が弱まって、余分な水分や老廃物が溜まったりするからです。
また、パソコンの画面を長時間見続ける事が多くなっていると、しゃべらなくなったり、ストレスも加わったりするので、顔の筋肉がコワバッタ状態のままになり、緊張が続いて、その状態がずうっと続いてしまうからです。

 

しかも、顔の疲れに、大きな影響を及ぼしているのが、首や肩の凝りです。
顔の筋肉は、首や肩の筋肉とつながっているので、首や肩が凝ると、顔の血行やリンパ液の流れが停滞して、老廃物が溜まったり、不要な水分が排出されにくくなったりするからです
これによって、顔が腫れぼったくなったり、顔の血色が悪くなったり、顔全体がドンヨリとした感じになったり、顔がむくんだり、します。

 

更に、首や肩の凝りによって、不快感に悩まされ続けたり、疲労や緊張が強まったりしていると、いつのまにか笑顔が減って、顔の表情の変化が乏しくなり、顔の活気が失われます。
また、不快感から、イライラや倦怠感が起きてくるので、ますます顔の血行やリンパ液の流れを悪化させて、顔全体が重い印象になったり、不健康な感じになったりします。
この結果、顔つきだけでなく、顔全体の雰囲気が、「何だか、顔が疲れている?」、「実際より、老けて見える!」と、なっていきます。

【 鎖骨付近のリンパ節 】(図)リンパ節

実際、肩こりを訴える人の中には、肩こりが、顔に影響を及ぼして、“疲れ顔”や“老け顔”になる事を、経験的に分かっています。
例えば、肩こりから、「首回りにむくみを感じ、太くなった!」と気になってくると、“疲れ顔”や“老け顔”の一歩手前の状態になっている事を、皮膚感覚でとらえています。
これは、顔のリンパ液は一方向に流れ、その出口が、首の付け根の、鎖骨付近になっているので、首から肩周りの筋肉が固まって、血行やリンパの流れが悪くなってくると、顔に老廃物が溜まり、顔のコンディション状態が悪くなってくるからです

 

そして更に、首や肩の凝りが強まると、「自分の顔がコワバッテきたり、顔にむくみを感じたりして、顔のサイズが大きくなった」と、感じます。
首周りのリンパの流れが滞って、老廃物が溜まった状態になってくると、顔の皮下に、水分や老廃物が溜まり、リンパ液の処理能力を超えてしまうからです。
この為、肩こりの人は、「首や肩の凝りを感じたら、顔からの“SOS”のサイン」である事を、経験上分かっています。

 

特に、体型的に、なで肩、脂肪太り、やせ型の場合、首や肩の筋肉の負担が大きくなるので、肩こりが慢性化し、“疲れ顔”や“老け顔”が起き易くなっています。
肩こりによって、鎖骨付近の筋肉が圧迫されると、リンパ節がつまって、顔に、むくみ、肌荒れ、くすみを引き起こし易くなるからです。
鎖骨付近のリンパ節を含めた肩こり改善で、顔のコンディションを保つ事が大切です。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

肩こりはそのまま放っておくと、肩の不快感や痛さだけではなく、“疲れ顔”や“老け顔”の原因になるので、顔のメイクやマッサージだけでは、解消できなくなります。
当院では、ツボ刺激を併用したマッサージで、肩や首周辺の筋肉の柔軟性を回復させ、血液やリンパ液の流れを良くする治療を行っています。
更に、仕事の都合で猫背姿勢が多い場合や、肩が盛り上がるほど凝るタイプの場合、肩甲骨周辺の筋肉も固くなっている事が多いので、この筋肉を緩め、血行やリンパ液の流れを改善させる治療も行っています。

 

肩こりが改善され、肩から首の血液やリンパの流れがスムーズになると、肌の色がワントーン明るくなります
肌を健康な状態に戻すので、メイクで直すよりも、何倍もの効果があります。
しかも、上半身の疲れがスッキリ取れる効果があります。

 

この為、当院では、それぞれの症状に合ったツボや、一人ひとりに適したツボを確認する為に、問診や触診にウエイトを置いています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる反応点であり、病状を改善する治療点でもあるからです。
これによって、薄くて、弱い、首周辺にも、負担がかからずに、血液やリンパ液の循環改善ができます。
肩こりや姿勢の悪化と共に、“疲れ顔”や“老け顔”に悩んでいる方は、是非、お試し下さい。

 

首がスッとしていて、顔や首スジに弾力とハリがあると、見た目も透明感や血色も良好で、若々しい印象がもてます。
当院は、凝りや痛みなどの不調から、原因や関連を調べ、マッサージによる解消治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。