“疲れ顔”や“老け顔”と、肩こりの関連

【(症例)こり・しこり 】

“疲れ顔”や“老け顔”と、肩こり

オフィスで1日中働いた後、自分の顔を鏡で見た時に、思わず、「朝と、顔付きが違う!」と、驚く事があります。

顔にドッと疲れが現れ、「顔が、何だか不健康そう…」で、「老けこんでいる!」からです。

いくら頑張って、メイク直しをしても、元通りにはなりません。

【 “疲れ顔”や“老け顔”の原因 】“疲れ顔”や“老け顔”の原因

このような“疲れ顔”や“老け顔”になるのは、疲労やストレスなどで、肌のハリや弾力が無くなったり、皮下組織の圧が弱まって水分や老廃物が溜まったりするからです。
また、オフィスで、人とあまりしゃべらず、パソコンの画面を長時間見続ける事が多くなる事も、顔の筋肉の働きが無くなって、無表情な顔つきになるので、しわやたるみが浮き出るようになります。
更に、下の血流の滞りや、水分停滞を起こすので、顔の血色が悪くなったり、顔がむくんだりして、顔全体がドンヨリとした感じになります。

 

しかも、大きな影響を及ぼしているのが、首や肩の凝りです
顔の筋肉は、首や肩の筋肉とつながっているので、これらが凝ると、顔の血行やリンパ液の流れが悪化する為です。
顔が腫れぼったくなり、顔の筋肉のコワバリ、顔色がすぐれない(くすむ)、肌のかさつき、首のネジレにより顔のバランスに左右差、などが生じます。

 

しかも、凝りの不快感から、自律神経の働きにも影響します。
イライラや倦怠感が起き易くなるので、いつのまにか笑顔が減って、表情の変化が乏しくなるだけでなく、顔の血行やリンパ液の流れが停滞して、顔の活気も失われます。
この結果、顔つきだけでなく、顔全体の雰囲気が、「何だか、顔が疲れている?」、「老けて見える!」となります。

【 鎖骨付近のリンパ節 】鎖骨付近のリンパ節

これらは、首から肩周りの筋肉が固まるので、血行不良やリンパの流れが悪くなり、顔に老廃物が溜まるからです。
顔のリンパ液は一方向に流れ、その出口が、首の付け根の、鎖骨付近です
この為、PCやスマートフォンなどで、前のめりの姿勢を続けていると、約5kgの頭を支えているので、首にも肩にも負担がかかり、鎖骨付近のリンパ節がつまり易くなります。

 

実際、肩こりを訴える人の中には、肩こりが、顔に影響を及ぼして、“疲れ顔”や“老け顔”になる事を、経験的に分かっています。
例えば、肩こりが強まると、「何となく、自分の顔がコワバッテきたり、顔にむくみを感じたりして、顔のサイズが大きくなった感じがする」と、言います。
特に、肩こりで、「首回りにむくみを感じ、太くなった!」と気づいた時には、首周りのリンパの流れが滞り、老廃物が溜まった状態になっているので、“疲れ顔”や“老け顔”となっています。

 

この為、「顔色がくすんだり、顔全体がむくんだり、まぶたが重く垂れ下がってきたりする」と感じてきたら、要注意です。
首や肩の凝りによる、顔からの“SOS”のサインです。
顔の皮下に、水分や老廃物が溜まり、リンパ液の処理能力を超えてしまっている可能性が高くなっています。

【 肩こり 】肩こり

特に、次のような体型をしている人の場合は、首や肩の筋肉が、疲労し易くなります。
骨格が、理想とされる位置からズレテ、肩を形成する特定の筋肉に、疲労が蓄積し易くなるからです。
この結果、鎖骨付近のリンパ節がつまって、顔に、むくみ、肌荒れ、くすみを引き起こし易くなります

1.なで肩
肩先が下がっている体型で、日本の女性に多いと言われています。
首や肩周辺の筋肉が弱い人に多いので、頭や背中、腕を支える筋肉の負担が大きくなり、疲れ易くなります。
この為、腕の上げ下げや、腕を一定に支えている作業が続くと、大きな負荷になります。

2.猫背
猫背は、頭の位置が前に出てしまい、いつも背中が丸まっている姿勢を言います。
この結果、肩の筋肉に、余計な負担が常に掛け続けるので、血流が悪化し、血管や神経が絶えず圧迫される状態になり、凝りが慢性化します。

3.肥満
太った体型は、頭や腕にも脂肪がつき、体重も普通の人より重いので、その分、筋肉に負担がかかります。
特に、筋肉量が少なくて脂肪量が多いタイプは、首に疲労の度合いが大きくなります。

4.やせた人
やせている人は筋肉量が少ない事が多く、疲労し易く、凝り易くなります。
例えば、普通の人なら何でも無い、手や腕を使った作業でも、筋肉が弱いと、筋肉の能力を超えてしまいます。
特に、慣れない作業や、細かい作業のように、緊張が加わるような作業は、疲労し易くなり、凝りを起こし易くなります。 

【 肩甲骨周辺の柔軟性の回復も 】肩甲骨周辺

肩こりに悩まされていると、いくら顔だけ、メイクやマッサージをしても、“疲れ顔”や“老け顔が、改善されません。
むしろ、肩や首周辺の筋肉の柔軟性を回復させて、血液やリンパ液の流れを良くする事が、必要です
更に、猫背や、肩が盛り上がるほど凝る女性は、肩甲骨周辺の筋肉も固くなっているので、この筋肉を緩める事も大切です。

 

そして、顔自体のマッサージは、力を入れすぎず、なでるくらいの優しさで十分です。
顔周辺の皮膚が、薄くて、弱いからです。
やり過ぎたり、強く触り過ぎたりすると、顔が強ばったり、リンパに負担がかかったりしてしまいます。

 

肩から首の血液やリンパの流れがスムーズになると、肌の色がワントーン明るくなります。
肌を健康な状態に戻すので、メイクで直すよりも、何倍もの効果があります。
しかも、上半身の疲れがスッキリ取れる効果があります。

 

肩こりというと、肩だけが凝るように思いがちですが、首や顔にまで影響が及びます。
当院は、凝りや痛みなどの不調から、原因や関連を調べ、マッサージによる解消治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。