背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】

背中 むくみ

“むくみ”というと、脚や顔のむくみを思い浮かべますが、実は背中も、むくみ易い部位です。

背中の筋肉は、絶えず上半身を支えているので、それ以上の負荷がかかり続けると、筋肉が凝り固まるだけでなく、『背中周辺の血流が悪く』なるからです。

更に、リンパ液の流れも滞って、老廃物を含んだ余分な水分が体内に溜まるので、背中にむくみが起き、腫れぼったさを感じるようになります。

【 肩甲骨の内側の痛み 】肩甲骨 痛み

身体が疲れてくると、肩こりよりも、背中に、だるさ、不快感、痛み、などを感じ、悩まされる事があります。
酷くなると、前側の胸の筋肉も柔軟性が無くなるので、胸の圧迫感や胸苦しさも起こします。
そして、筋肉が凝り固まってくると、背中にズキズキとした鈍い痛みや、内側からチクチクとした、疼(うず)くような痛みが起きます。

 

一番多いのが、肩甲骨の内側の痛みです。
これは、肩甲骨が、上半身全体の筋肉の“中継地点”となって、とても多くの筋肉と接続しているからです。
この為、姿勢が悪かったり、仕事や運動で不自然な動きをしていたりすると、肩甲骨近辺の筋肉に負荷が連続して、痛みが起き易くなります。

 

また、肩甲骨が、背中のいろいろな筋肉と“中継地点”となっているので、“協調運動”が必要になる事も、痛みを起こし易くさせます。
特に、腕の動作を安定させたり、腕の可動範囲を自由に拡げたりする為には、肩関節と密接な“協調運動”が必要です。
この為、パソコン操作や、細かい手仕事などを続けていると、肩甲骨の内側に負荷がかかり続けるので、痛みの原因になります。

【 背中のむくみから、痛みに 】背中 痛み

この背中の、痛みを起こす原因として、筋肉疲労だけでなく、背中のむくみの影響もあります。
背中の血行やリンパ液の流れが停滞してくると、疲労物質や老廃物を多く含んだむくみが生じ、神経を刺激するからです。
この結果、“神経特有”の、ダルイ、重苦しい、ジッとしていても疼く、疲れ易い、強い凝り感などの、不快感が現れます。

 

しかも、肩甲骨の回りに、血液やリンパ液の循環悪化が、起き易い事が影響しています。
肩甲骨が、肩関節の土台の役割を果たしているので、筋肉の緊張が起き易くなり、これによって、血液やリンパ液の循環悪化が起きるからです。
また、ストレスや精神的な緊張も、首と肩を支えている筋肉や、肩甲骨周りの筋肉を緊張させるので、これも大きな影響になります。

 

もともと、背中の筋肉は、日常生活で、あまり動かさない部位です。
この為、普段から身体を動かす機会が少ないと、余計に筋肉の働きが少なくなって、そのぶん、循環が悪くなりがちです。
始めの頃は、「運動不足による、背中の張りやダルサ」と思っていたのが、「次第に痛みに変わってきた」とか、「気付いたら、痛みを感じていた」と、症状が悪化します。

【 見た目や、体調不調の原因に 】猫背

背中の痛みや不快感を我慢していると、次第に“むくみ”が拡がっていきます。
この結果、背中全体の、筋肉の働きが弱って、肩凝りが酷くなったり、頭の重さの負荷が重く感じられたりして、背中全体に重ダルサが拡がります。
しかも、痛みや不快感によって、自律神経の働きを乱すので、思考力や集中力を低下させたり、気分を滅入らせたりして、意欲の減退や、イライラなどを、起こします。

 

そして、見た目にも影響します。
背中は、身体の中で、一番人目に付く所なので、背中の“むくみ”で、後ろ姿が太って、猫背にも見えるからです。
これによって、印象がシャキッとせず、疲れ気味で、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします

 

ところが、前から見える自分は、変化にすぐ気づきますが、後姿はなかなかチェックが行き届きません。
しかも、中高年以降になると、加齢による筋骨格系の老化と、様々なストレスなどが、増加します。
この結果、筋肉の働きが弱くなって、老廃物も溜まり易くなり、何となくダルサを感じ、体調不調の原因になってしまいます。

【 むくみの解消に 】マッサージ  肩甲骨

ところが、背中に“むくみ”が生じ、腫れぼったさを感じても、解消するのが困難です。
これは、背中の筋肉が、構造的に、大きな筋肉で構成されている為です。
大きな筋肉は、知らず知らずのうちに、循環悪化による老廃物が溜まるので、気付いた時には、解消するのに時間がかかってしまいます。

 

また、老廃物を排出しようとして、運動やトレーニングなどで、負荷を増してしまうと、逆効果になる事があります。
一時的に循環が良くなっても、しばらくすると、元の循環状態に戻ってしまう事と、筋肉疲労から、循環の流れを阻害させてしまうからです。
筋肉に負荷をかけるよりも、背中の血液やリンパ液の循環を促し、筋肉柔軟性を維持する事が大切です。

 

この為、背中の筋肉に、不快感や痛みが起きた場合には、その『発生箇所』を確認してもらい、緊張を緩和させたほうが、効果的です
特に、肩甲骨周辺、肩、背骨沿いなどの、筋肉の柔軟性の回復が重要なので、筋肉治療が得意なマッサージ治療が、効果的で、即効性があります。
原因となっている箇所を確認して行う事で、老廃物が排出され易くなり、必要な酸素も行き渡るようになります。

 

背中がむくむと、痛みがあっても、なかなか、はっきりと「ココ!」と、特定させる事が難しくなります。
当院は、深部の凝りや痛みを取り除き、体調を整え、身体の疲労や過緊張を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。