背中の疲れによる、痛みと、むくみ

【(症例)疲労や だるさ 】

(写真)背中の痛みとむくみ

背中の痛みの原因として、疲労や緊張による筋肉痛がありますが、更に、筋肉のコワバリから“むくみ”が生じると、それによっても鈍い痛みが続くようになります。

血液やリンパ液の循環悪化で“むくみ”が生じると、筋肉内に老廃物が溜まって、必要な酸素や栄養が不足してくるので、疲れや凝りがどんどん溜まってしまうからです。

運動やストレッチでは、背中のむくみ解消が難しいので、患部をチェックしてもらい、筋肉の柔軟性回復や、血液やリンパ液の循環を改善させる事が必要です。

【 肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛み 】(図)筋肉痛

肩こりや腰痛は、国民病と言われるほど、代表的な筋肉疲労の症状ですが、背中に起きる痛みも、とても身近な辛(つら)い症状の一つです。
例えば、長時間のデスクワークを続けたり、ずっと立ちっぱなしの仕事をしていたりすると、疲労や緊張で、次第に背中の筋肉が凝り固まり、背中の重ダルサが強まる上に、疼(うづ)くようなズキズキとした鈍い痛みや、内側からチクチクとした不快な痛みにも、悩まされてきます。
しかも、このような状態になると、胸の筋肉も張り詰めたようになって、圧迫感から胸苦しくなったり、頭も疲労感が増したりして、持続力や集中力が無くなってきます。

 

この背中の痛みの中で、多くの人が辛い痛みと感じるのが、肩甲骨の背骨沿い(内側)の痛みです。
これは、肩甲骨が、背中のいろいろな筋肉の“接合点”となっているので、そのどこか一か所の筋肉でも、疲労や緊張が起きると、“接合点”の肩甲骨を安定させる為に、背骨と肩甲骨の間の筋肉が、過度に緊張し、固定させようとするからです
この為、姿勢が悪かったり、同じ動作を続けたり、仕事や運動で不自然な動きを続けていたりすると、背骨と肩甲骨の間の筋肉を過度に緊張させてしまい、血流を悪化させ、痛みが出るようになります。

 

更に、肩甲骨が、背中の筋肉の“接合点”になっているので、筋肉どうしの“バランスをとる”為に、どうしても、背骨と肩甲骨の間の筋肉の緊張が強まります。
中でも、腕を上下や前後左右に大きく動かしたり、腕の動作を安定させたりする為には、肩甲骨と腕との密接な協調運動が必要となるので、その負荷が大きくなると、背骨と肩甲骨の間に痛みが起き易くなります。
この為、パソコン操作や、細かい手仕事などを続けていると、背骨と肩甲骨の間に負荷がかかり続けるので、肩甲骨の内側に痛みが起きます。

【 背中のむくみから、痛みに 】(図)背中のむくみ

背中に痛みを起こす原因として、背中の筋肉疲労と共に、それによる、むくみの影響があります。
背中は上半身の血流の重要ポイントですが、疲労や緊張で背中の血行やリンパ液の流れが停滞すると、疲労物質や老廃物を多く含んだむくみが生じて、神経を刺激するからです
この為、“神経特有”の不快感が生じ、ダルイ、ジッとしていても疼く、疲れ易い、重苦しい、ズキズキ感、凝り感、などが現れます。

 

もともと、背中の筋肉は、日常生活で、あまり動かさない部位なので、普段から身体を動かす機会が少ないと、血液やリンパ液の循環も、それに合わせた状態になっています。
この為、長時間デスクワークをしていたり、ずっと立ち仕事をしていたりすると、循環が悪化してしまい、疲れや凝りがどんどん溜まり、筋肉内に酸素の不足や老廃物の蓄積が起きてきます。
この結果、始めの頃は、「運動不足による、背中の張りやダルサ」と思っていたのが、次第に「痛みも加わった」となり、そして「背中の痛みと不快感で、仕事が続けられない」と、症状が悪化します。

 

特に、肩甲骨の回りは、血液やリンパ液の循環悪化が起き易くなっているので、不快な鈍い痛みが起き易くなっています。
肩甲骨が、背中の筋肉の“接合点”になっているので、肩甲骨周囲の筋肉が硬くなると、それだけ、血液やリンパ液の循環が制限されて、むくみが起きて、痛みを引き起こすからです。
また、ストレスや精神的な緊張も、首と肩を支えている筋肉や、肩甲骨周りの筋肉を緊張させるので、これも痛みを引き起こす原因になっています。

【 体調不調や、見た目の悪化にも 】(図)体調悪化

背中にむくみが起きると、老廃物を含んだ余分な水分が体内に溜まるので、背中に腫れぼったさを感じ、背中全体に重ダルサが拡がった感じになります。
更に、背中の痛みや不快感によって、自律神経の働きを乱すので、思考力や集中力を低下させたり、気分を滅入らせたりして、意欲の減退や、イライラなどを、引き起こします。
むくみと言うと、脚や顔のむくみを思い浮かべますが、実際は、疲労や緊張などから背中もむくみ易く、その上、自律神経の働きを乱すので、体調不調を起こす原因にもなります。

 

そして、見た目にも影響します。
背中は、身体の中で、一番人目に付く部位なので、背中の肩甲骨あたりがむくんでくると、背中が太った感じになり、猫背に見えるからです
印象が、疲れ気味に見え、シャキッとせず、ヤル気がない感じを与えたり、動作が緩慢な感じや、弱々しい感じになったりします。

 

しかも、デスクワークが長く、パソコン作業で前かがみの姿勢になる事が多いと、背中の上部が丸まった典型的な猫背になりがちです。
しかし、鏡に映る、前から見た自分の姿は、変化にすぐ気づきますが、後姿はなかなかチェックが行き届きません。
そのままケアを怠ってしまうと、背中に老廃物が溜まり、腰痛・肩こり・ダルサなどの体調不調が慢性化し、更に見た目の印象を悪化させてしまいます。

【 当院の、むくみの解消治療 】(写真)当院の治療

背中の腫れぼったさや痛みに悩まされて、「何とかしよう!」と思っても、自分で解消させるのは困難です。
自分で、背中が直接見えないので、はっきりと「ココ!」と、患部を確かめる事が難しいからです。
また、背中の筋肉は、大きな筋肉で構成されていて、それらの筋肉が周辺の筋肉とつながっているので、背中の不快さに悩まされた時には、既に、背中の広範囲にむくみが生じた状態になっているからです。

 

当院は、マッサージ治療とツボ治療を併用して、疲労や緊張による、背中のむくみを解消させ、体調の改善を行っています。
背中のむくみの解消には、①上半身の筋肉の柔軟性を回復させ、②血液やリンパ液の循環を促す事が必要なので、もともと、筋肉治療が得意なマッサージ治療が、効果的で、即効性があるからです
特に、肩甲骨まわりの筋肉が硬くなっていると、循環を悪化させ、背中がむくむ原因になるので、肩甲骨周辺、肩、背骨沿いなどの老廃物の排出と、必要な酸素が行き渡るように、マッサージ治療を行っています。

 

当院では、この為、ツボを利用した治療を行っています。
ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、病状を改善する箇所でもあるので、背中のむくみ改善にも効果があるからです。
しかも、背中のむくみによって、「だるい」、「肩凝り」、「疲れ易い」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などの体調不調を伴うので、ツボ治療によって身体のバランスを整えると、体調不調の解消も期待できます。

 

背中のむくみ解消に、上半身のストレッチやトレーニングなどで負荷をかけると、背中の筋肉は日常生活であまり動かさないので、一時的に循環が良くなっても、後になって、負荷の為に血液やリンパ液の流れを悪くさせ、症状を悪化させる事があります。
当院は、生活環境や加齢などの影響によるコワバリや、深部の凝りや痛みを取り除き、体調を整え、身体の疲労や過緊張を回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。