身体がだるくて、だるい…

【(症例)疲労や だるさ 】
(写真)身体がだるくて、だるい…

導入文

「身体が疲れ易い」、「睡眠を取っても疲れが取れない」、「身体が重い」、「体調がすぐれない」、「動くのが億劫」、「やる気が起きない」などの、「身体が、だるい…」といった症状は、疲労やストレスなどが続いたり、我慢できる範囲を超えたりすると、起きてきます。

疲労やストレスなどで、体調を一定に保つ働きがオーバーワークになると、身体の調節機能が崩れて、「病気にはまだなっていないけれども、身体の調子が良くない」、となってしまう為です。

なかなか体調が回復しない場合には、身体の不調箇所を確認し、体調を保つ働きを回復させる事が必要なので、このような状態を『未病と』呼んで、崩れかかった身体のバランスを整える事を専門にしてきた東洋医療が、現代でも効果的な治療法になっています。

【 PCやモバイルなどの、脳疲労 】(図)PCやモバイルなどによる、脳疲労

現在は、以前と違って、「身体が、だるい…」という症状が起き易くなっています。
これは、仕事の効率を上げる為に、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日になっているので、身体を動かす事が極端に少なくなって、ジッとしたままになるので、身体の循環が低下するからです。
しかも、“仕事の効率”や“時間の管理”を強く求められるので、精神的に緊張した状態が続いて、気付かないうちに疲労感が蓄積されてきます。

 

しかも、PCやモバイルなどのインターネットを、一日中使わざるを得ない毎日が続くので、脳にとって、今迄経験した事が無いような、異常な疲労が起き易くなります。
一日中、PCやモバイルなどを使用しているので、いつも同じ脳細胞の部分に繰り返し、疲労の限界まで途切れずに、負荷がかかり続けるからです
これにより、脳全体を使って、ぼんやりと考えたり、深く考えたりする事が無くなり、いつも同じ脳細胞の部分だけで、瞬間的に情報を選択し、判断し続けるので、その部分の脳がヘトヘトに疲れるようになります。

 

更に、PCやモバイルなどを使用していると、PCやモバイルでの作業に集中するあまり、テンションが高まって、疲労を感じづらくなります。
インターネットの世界に没頭し過ぎる事で、「疲れた」という感覚がハッキリと自覚しづらくなって、身体や脳の疲労が、自覚できなくなってくるからです。
この結果、脳の緊張が緩まずに、緊張したままになるので、体調を保っている自律神経がオーバーワークになって、限界近くになり、「身体が、だるい…」と気付いた時には、身体の調節機能が崩れて、様々な体調不調が起き始めた状態になっています。

【 身体からの警告 】(図)身体からの警告

また、身体の新陳代謝が盛んな若い頃と違って、中高年以降になると、身体の回復力が低下してくる上に、精神的にも、仕事や家庭の責任や期待が高まるので、これによって、身体の疲労がいつまでも残ったり、ストレス感が強まったりします。
しかも、以前のように、「疲れは、いつの間にか、自然に消えていくもの…」と思って、日々の疲れをそのままにしていると、ますます、「いつも、身体がだるい…」という状態になってしまいます。
この結果、仕事をしている時や、家事をしている時にも、「少し動いただけでも疲れを感じる」、「身体が重く感じる」、「物事を思い出しにくい」、「ヤル気が起きない」など、いろいろ支障が出てくるようになります。

 

これに伴って、「朝の寝起きが悪い」、「気分がシャキッとしない」、「どことなく身体に違和感がある」、「胃がもたれる」、「食欲がわかない」、なども起きてきます。
これは、疲労に対する回復力が低下し、疲れが身体に蓄積されてくると、体調を保っている自律神経の働きが限度を超えて、体調を保つ事ができなくなるからです。
身体が元気で健康的ならば、多少の疲労やストレスがあっても、身体がそれらを克服して、身体の調子を保てますが、身体の回復力が追い付かなくなり、倦怠感が強くなった症状です。

 

このように、「身体が、だるい…」と感じるのは、病気にはなっていなくても、身体のバランスが崩れかかった為に、身体に不調を感じている状態です
あるいは、心身が疲れていたにもかかわらず、それを『我慢したり』『無視したり』した結果、現れた症状です。
言ってみれば、無意識のうちに身体から発した、「身体のバランスが崩れかかっている」という“警告信号”です。

【 強いストレスを受け続けると 】(図)眠れない

疲労の解消には、充分な睡眠(休養)、バランスの良い食事、軽めの運動などが、一般的に勧められています。
しかし、あまりに、疲労による緊張感が続いたり、気持ちがリフレッシュできなくなったりすると、解消が困難になります。
強いストレスを受け続けると、脳の処理が増大してしまい、反対に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われてしまうからです。

 

例えば、疲労や緊張の続いた仕事を続くと、仕事を終えた後になっても、夜になってもリラックスできずに、眠れなくなってしまうのも、疲労や緊張が続いた為に、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなった為です。
しかも、心身をリラックスさせる自律神経の働きが回復しづらくなっているので、休養や睡眠を取ったり、栄養を補給したりしても、身体の疲労や緊張が残ります。
この結果、「充分に休養しても疲れが取れない」、「元の元気な状態に回復しない」、あるいは、「たいした運動もしてないのにすぐ疲れる」、「疲れやすい」など、慢性的に疲れを感じるようになります。

 

このような時に、「運動でリフレッシュしよう!」とすると、かえって、逆効果になってしまいます。
心身をリラックスさせる自律神経の働きが弱っている時に、運動をすると、更に、脳や身体に大きな負担をかけてしまい、ますます不快感が強まったり、「身体が、だるい…」という症状を強めたりするからです。
更に、何とか体調を保っている自律神経に、更に負荷をかけるので、頭痛、肩こり、慢性的な腰の痛み、冷え、眠れない、下痢・便秘など、様々な体調の不調が起き易くなります。

【 当院の、ツボ刺激による体調回復治療 】(写真)当院の治療

この為、当院では、ツボ反応を利用した触診により、身体に違和感が生じる箇所を確認し、そのツボを『治療点』として、体調回復の治療を行っています。
これは、「身体が、だるい…」といった症状が、傷の痛みと違って、患部がハッキリしないで、漠然とした不快感になっているからです。
このような患部がハッキリしない「身体が、だるい…」といった症状や、本人が自覚されない『隠れ疲労』の場合には、体調の変化が起きた時にツボ反応が現れるので、治療箇所の確認や、回復の促進に、ツボを利用した治療法が極めて効果的です

 

この為、当院は、問診と触診によって、それぞれの症状に合わせて、一人ひとりに適したツボを探し出すようにしています。
そして、この後に、症状の改善に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療を行っています。
これは、心身をリラックスさせる自律神経の働きが失われている場合には、ツボ治療で、脳にしっかりと、「緊張感」から「解放感」への変化を、意図的に仕掛けて、その後に、マッサージ治療で、緊張モードからリラックスモードへと、切り替えるような方法が必要になるからです。

 

例えば、ツボに心地よい刺激を身体に受けると、その感覚が脳へ伝わり、脳⇒自律神経⇒内臓・器官へと、身体の調整機能が働いて、緊張している脳を回復させ、体調を回復させる効果があります。
また、手指によるマッサージ治療は、危険性が無く、安心して受けられ、副作用がほとんどありません。
特に、「身体が、だるい…」といった症状が強い場合には、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、心身をリラックスさせる自律神経の働きを回復させる事も重要になるので、このような治療の納得感が重要な“改善刺激”になります。

 

東洋医療は、『未病』と言われる、「病気にはなっていないけれども、何となく身体の調子が悪い」という症状の改善を専門に行ってきたので、身体に疲労感があっても、原因となっている箇所が自覚しにくかったり、疲れを溜め込んで漠然としていたりする場合には、体調の回復に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療が効果があります、
当院は、身体の状況にあわせて、ツボ刺激を併用したマッサージ治療によって、刺激量を調節し、身体のバランスを整え、疲労や緊張の治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する疲労やだるさなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。