四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

 

四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

四十肩・五十肩で、激しい痛みが続いた『急性期』が過ぎ、鈍痛に変わる『慢性期』になると、リハビリ治療法に移行していきます。

しかし、リハビリ治療は、根気強く続ける必要がある上に、何とか日常生活が行える程度になるまでに、半年以上もかかる事もあります。

この為、リハビリによる効果がなかなか感じられないと、「本当によくなっていくのだろうか?」と、不安にかられます。

【 肩や背中・腰の、だるさ、こり、痛み 】肩や背中・腰の、だるさ、こり、痛み

これは、肩の痛みが多少減少してきても、腕を動かす角度によっては、強い痛みが出るので、日常生活のチョットした動作にも、すごく不便で、辛い状態が続いているからです。
しかも、この時期になると、腕を自由に動かせない状態が続いているので、筋肉のコワバリが身体のいろいろな所に現れ、痛みや不快感が現れるようになります
この為、肩の痛みだけでなく、体調不調にも悩まされて、夜も眠れなくなる事があります。

 

例えば、肩周囲の硬化した筋肉が、腕に伸びる神経を圧迫してくると、腕や肘にも、シビレや痛みを感じるようになります。
この為、腕のダルサやシビレから、「常に腕をさすっていないと我慢できない」と、訴える人もいます。
また、肩の痛みから、無意識のうちに、背中の筋肉が緊張し続けるので、肩から背中に、「重だるさ」、「コワバリ感」、「こりや痛みによる不快感」などが慢性化し、時には強まり、苦痛になる事があります。

 

更に、腕を伸ばせないので、腰の負担を多くなって、腰痛の原因にもなります。
肩の痛みをかばう為に、目線の高さで作業をする為に、腰をかがめる事が多くなるからです。
普段、デスクワークが多かったり、運動不足になっていたりすると、腰の筋肉が弱まっているのに、負荷が大きくなるので、ギックリ腰を起こす原因になります。

【 身体の不調も 】身体の不調

更に、肩や腕の動作が制限されると、上半身の動きも制限されるので、血行不良が起き、老廃物が溜まり易くなって、身体の不調を招きます
多い症状が、身体の疲労感、ダルサ、鈍い痛み、などです。
本人も、筋肉のコワバリから、「硬くなった首や肩の筋肉が、神経を取り囲んで押さえつけている」と感じられ、首や胸が圧迫される感じがします。

 

そして、この状態が続くと、痛みや不快感から、自律神経系(特に副交感神経)の働きに、異常が現れます。
例えば、最初の頃は、「肩が常に重だるく、首や耳の後ろのほうまで重い感じがする」、「血圧が上昇ぎみ」、「手がむくむ感じ」、「物を握るのがつらい」などが、多くなります。
そして、これらが昼も夜も続くと、首の痛みや頭重感、頭痛、めまい、食欲不振などの胃腸障害なども現れ、精神的に、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつ、疎外感、なども起きてきます。

【 肩や肩甲骨の血行回復の重要性 】肩や肩甲骨の血行回復の重要性

この為、『慢性期』のリハビリ治療は、肩周囲の筋肉の柔軟性を回復させるだけでなく、悪化している身体の血行を、改善させる事も大事です。
特に、肩関節や肩甲骨には、他の関節と異なって、“筋肉によって支えられている割合が大きい”ので、肩甲骨周囲の血行を回復させると、改善効果が大きくなります。
しかも、血行改善によって、栄養と酸素が供給され、老廃物の除去などが促進されるので、硬くなった筋肉がほぐれ、肩の動く範囲が拡がります

 

振子(ふりこ)体操とか、アイロン体操と言われるリハビリ治療も、本来、この意味があります。
しかし、これらの体操で、硬くなっている筋肉をほぐし、自分の肩や背中の血行を回復させる事は、なかなか困難です。
ストレッチング運動としては弱いので、不足気味になる事と、背中の筋肉は、自分の目で見る事ができないので、確認しながらほぐす事が難しいからです。

 

また、四十肩・五十肩の場合、肩関節の位置がいわゆる『巻き肩』になっている事が多い事も、効果が上がらない原因になっています。
『巻き肩』になっていると、肩が、両わきに、前方に突き出たようになり、それに合わせて、肩甲骨が、ピタッと背中にくっついているので、体操で肩関節を動かしても、正常な肩関節の動きが出来なくなっているからです。
この為、リハビリ治療として、腕を振る体操をしても、動きが悪く、ゴリゴリと音がする事があります。

【 他動運動 】マッサージ  他動運動

肩周囲に血行の悪い状態が続くと、不必要な脂肪が着き、老廃物が溜まり易くなるので、四十肩・五十肩の回復を遅らせてしまいます。
この為、四十肩・五十肩の回復治療には、肩関節の動きを改善させるだけでなく、肩や背中の筋肉の柔軟性を回復させる事が、ポイントになります。
このような場合に、マッサージ治療が、有効な治療法になります。

 

マッサージ治療で『血液循環の悪化』を回復させてから、筋肉のコワバリを解消すると、リハビリ治療が行い易くなります
しかも、自分では難しい、背中の柔軟性の回復が可能になります。
これによって、背中のコワバリが、和らげられるだけでなく、血液の循環も改善されるので、老廃物の排出が促進されて、血液中に酸素が十分に行き渡るようになり、リラックス感も得られます。

 

また、マッサージ治療には、『他動運動』も行うので、背中に張り付いている肩甲骨を、上下左右に動かす事が可能になり、それによって、腕を動かす可動範囲が拡がります。
『他動運動』は、本人は力を抜いた状態で、理学療法士などの施術者が、関節をコントロールして動かす訓練法です。
四十肩・五十肩のように、本人の力だけではなかなか改善できない場合には、施術者による外力を加える事で、可動域を拡大させる効果があります。

 

四十肩・五十肩の周辺症状には、マッサージ治療を受ける事で、リハビリ効果を高め、更に、身体の不快感や痛みを減少させる効果があります。
当院は、マッサージ治療により、循環改善による不快感の解消や、肩関節や肩甲骨の可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。