四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

【(症例)痛み・しびれ 】

(写真)四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

四十肩・五十肩の治療で、痛みが落ち着いてくると、徐々に関節可動域を広げる運動やストレッチ、筋力トレーニングに、治療が移っていきます。

しかし、痛みが落ち着いてきても、肩の動きが不自由なので、肩や背中に血流の悪化が起き、ズキズキとする痛みやダルサで悩まされたり、フトした動作で鋭い痛みがぶり返したりします。

このような体調の不調改善に、筋肉の柔軟性や血行の回復を得意としている東洋医療を利用すると、体調の改善だけでなく、リハビリが行い易くなり、治療の回復効果を高めます。

【 慢性期になっても 】(図)肩の痛み

四十肩・五十肩で、激しい痛みが続いた『急性期』が過ぎ、痛みが軽減してくる『慢性期』になると、痛みを抑える治療から、硬くなった肩関節をほぐすリハビリ治療に移行します。
しかし、リハビリ治療は、何とか日常生活が行えるようになるまでに、半年から一年近くかかる事があるので、それ迄、根気強くリハビリを続ける事が必要になります。
この為、リハビリを続ける間に、リハビリ効果が感じられないと、「本当に良くなっていくのだろうか?」と、不安にかられたり、疑問を感じたりしてしまいます。

 

これは、肩の痛みが多少減少してくる『慢性期』になっても、腕を動かす角度によっては、強い痛みが出るからです
また、無意識のうちに、背中の筋肉が緊張し続けるので、肩から背中のコワバリ感に悩まされたり、凝り・痛みなどで不快感が続いたり、時にはそれらが強まるので、苦痛になったりする事もあります。
しかも、肩周囲の硬化した筋肉が、腕に伸びる神経を圧迫してくると、腕や肘にシビレや痛みを感じるので、「常に腕をさすっていないと我慢できない」と、訴える人もいます。

 

肩や腕の動作の制限は、身体の不調も引き起こします。
血行が悪化するので、静脈やリンパ液がスムーズに流れずに、皮下や筋肉内に溜まってしまい、「背中が重ダルク」なったり、「背中がズキズキ」と痛んだり、するからです。
また、首や肩の筋肉が硬くなって、圧迫される感じが強まると、「胸苦しさ」や「身体の重苦しさ」に悩まされたり、あるいは、首や肩周辺の筋肉が凝り固まり、頭への血流が低下してくると、頭重感が増して、頭痛の原因にもなったりします。

【 自律神経の不調も 】(図)自律神経の不調

また、治りかけてはぶり返す四十肩・五十肩は、仕事や家事に支障を与え続けます。
日常のチョットした動作にも、用心して腕を動かさざるをえない事が続いて、荷物をチョッと持ったり、カバンを肩に掛けたりする時にも、痛む肩に負担をかけないように、気を付ける毎日が続くからです。
また、首から背骨近くに血管や神経が多く通っているので、四十肩・五十肩で、首すじから背中にかけての柔軟性が無くなると、循環障害やシビレなどの感覚障害も起き易くなって、仕事や家事に支障をきたす事も出てくるからです。

 

しかも、腕の動きが自由にならないと、腰に不安を抱える原因になります。
肩の痛みをかばう為に、目線の高さで作業をする為に、かがめる姿勢が多くなり、腰の負担が多くなるからです。
特に、普段、デスクワークが多かったり、運動不足になっていたりすると、普段の筋肉にとって負荷が大きくなるので、「いつも腰にダルイ感じがする」とか、動作をする時に「ギックリ腰を起こすかも?」と、不安になります。

 

このような痛みや不快感が、長く続くと、自律神経系(特に副交感神経)の働きを乱して、身体に不調が起きてきます
例えば、「肩が常に重だるく、首や耳の後ろのほうまで重い感じがする」とか、「物を握るのがつらい」、「手がむくむ感じ」、「血圧が上昇ぎみ」などが、最初の頃に多くなってきます。
そして、これらが昼も夜も続くと、首の痛みや頭重感、頭痛、めまい、食欲不振などの胃腸障害なども現れ、精神的に、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつ、疎外感、なども起きてきます。

【 肩や肩甲骨の血行回復の重要性 】(図)巻き肩

病院のリハビリ治療では、肩周囲の筋肉の柔軟性を回復させて、悪化している血行を改善して痛みを和らげる事と、肩関節の拘縮を改善させる事によって、可動域(動かせる範囲)を回復させる事を、目的にして行われています。
四十肩・五十肩の代表的な治療法と言われる『振子(ふりこ)体操』『アイロン体操』は、この目的から勧められています。
これは、肩関節の動きを補っている肩甲骨が、“筋肉によって支えられている割合が大きい”ので、この運動で肩甲骨周囲の筋肉をほぐして血行を回復させると、硬くなった筋肉がほぐれて、肩の動く範囲が拡がる効果があるからです

 

しかし、これらの体操で、硬くなっている筋肉をほぐし、自分の肩や背中の血行を回復させる事は、なかなか困難です。
これらの運動は、ストレッチング運動としては弱いので、肩甲骨が動く感触を確認しながら、肩甲骨を動かしていかないと、肝心の肩甲骨が動かずに、腕だけの動作になってしまうからです。
しかも、背中の筋肉にコワバリが拡がっていたり、痛みを発するシコリができていたりすると、自分で解消させる事が困難です。

 

また、四十肩・五十肩の場合、肩関節の位置がいわゆる『巻き肩』になっている事が多い事も、効果が上がらない原因になっています。
『巻き肩』になっていると、肩が、両わきに、前方に突き出たようになり、それに合わせて、肩甲骨が、ピタッと背中にくっついているので、体操で肩関節を動かしても、正常な肩関節の動きが出来なくなっているからです。
この為、リハビリ治療として肩甲骨を動かそうとしても、動かす事ができなかったり、骨がゴリゴリと擦れ合うような音がして、不自然な動きになったりします。

【 当院の治療 (他動運動) 】(写真)当院の治療

当院は、マッサージ治療に、東洋医療をベースにしたツボ刺激を加えて、四十肩・五十肩の回復治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、四十肩・五十肩の治療のように、筋肉の柔軟性の回復や血行の改善が必要になる治療に適しているからです。
これにより、肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を回復させていくと、肩の動く範囲が拡がってきます

 

また当院は、肩甲骨周辺のコワバリ解消に、『他動運動』も行っています。
『他動運動』は、本人は力を抜いた状態で、理学療法士などの施術者が、関節をコントロールして動かす訓練法です。
マッサージ治療で肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を回復させた後に、背中に張り付いている肩甲骨を、徐々に上下左右に動かす事により、肩甲骨周辺のコワバリが解消されて、肩を動かす可動範囲が拡がります。

 

更に、体調回復のマッサージ治療も行っています。
肩周囲に血行の悪い状態が続くと、症状を改善させる血液が行き渡らず、老廃物が溜まり易くなるので、四十肩・五十肩の回復を遅らせてしまうからです。
マッサージ治療で、血液の循環が改善されるので、老廃物の排出が促進されて、血液中に酸素が十分に行き渡るようになると、体調回復効果や筋肉のコワバリ解消で、リハビリ治療が行い易くなります。

 

東洋医療は、もともと、身体のバランスを整える事が得意としているので、体調の回復だけでなく、身体の運動機能の向上に適しています。
当院は、東洋医療をベースにしたツボ刺激を併用したマッサージ治療により、循環改善による不快感の解消や、肩関節や肩甲骨の可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。