四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)四十肩・五十肩の、リハビリ治療とマッサージ治療

 

導入文

四十肩・五十肩の治療で、『慢性期』になって肩の痛みが落ち着いてくると、肩関節の可動域を広げる運動やストレッチ、そして、筋力トレーニングへと、治療内容が変わります。

しかし、痛みが落ち着いてきても、肩を動かす事が出来ない状態が続いた為に、肩や背中に血流の悪化が起き、ズキズキとする痛みやダルサで悩まされたり、フトした動作で鋭い痛みがぶり返したりします。

このような症状改善に、東洋医療系のマッサージ治療を利用すると、昔から筋肉の柔軟性や血行の回復を得意としているので、リハビリが行い易くなるだけでなく、体調の改善にもなり、治療の回復効果を高めます。

【 慢性期になっても 】(図)慢性期になっても

四十肩・五十肩で、激しい痛みが続いた『急性期』が過ぎ、痛みが軽減してくる『慢性期』になると、痛みを抑える治療から、硬くなった肩関節をほぐすリハビリ治療に移行します。
しかし、リハビリ治療によって、肩の痛みがほとんどなくなり、何とか日常生活が行えるようになるまでに、一年以上かかる事もあるので、それ迄、根気強くリハビリ治療を続ける事が必要になります。
この為、リハビリ治療を続けていく中で、改善の効果が感じられないと、「本当に良くなっていくのだろうか?」と、不安にかられたり、意欲を喪失したりしてしまいます。

 

これは、『慢性期』が、肩関節を覆っている関節包が縮んで硬くなっているので、腕を動かす角度によっては負荷が増して、強い痛みが出たり、肩周囲の筋肉の緊張から神経を刺激して、大きな痛みになったりするからです
また、肩や背中の凝り感や痛みで、絶えず悩まされる事や、背中や胸の強いコワバリ感で息苦しくなったり、あるいは、それらのコワバリ感や不快感が強まったりするので、肩の痛みも反応して起きます。
他にも、肩周囲の硬化した筋肉が、腕に伸びる神経を圧迫して、腕や肘にシビレや痛みとなって感じる事もあるので、「常に腕をさすっていないと我慢できない」と、訴える人もいます。

 

更に『慢性期』は、痛みが治りかけては、痛みをぶり返すので、この事も、ハビリ治療に対して、不安にかられたり、意欲を無くしたり、してしまいます。
例えば、荷物をチョッと持ったり、軽いカバン肩に掛けたりしても、痛みをぶりかえす事があるので、ハビリ治療を続けていても、仕事や家事のチョットした動作にも、痛む肩に負担をかけないように、用心して腕を動かさざるをえなくなるからです。
また、仕事や家事で疲れたり、緊張が続いたりすると、これがキッカケとなって、肩の痛みをぶりかえすので、ハビリ治療をずうっと続けていても、仕事や家事を、長く取り組む事ができなくなったり、仕事に集中できなくなったりしてしまいます。

【 身体に不調や不調感も 】(図)身体の不調も

また、『慢性期』は、肩関節を覆っている関節包が縮んで硬くなり、関節が動かしにくくなるので、それによって、身体に不調も起きます
肩の動作制限によって、首や胸の筋肉がコワバルと、首や胸の圧迫感が強まって、「胸苦しさ」や「身体の重苦しさ」に悩まされたり、あるいは、首や肩周辺の筋肉が凝り固まって、頭の血流が低下すると、頭重感や頭痛を引き起こしたりするからです。
更に、身体の動作制限により血行が悪化すると、静脈血やリンパ液が背中の皮下や筋肉内に溜まるので、中に含まれている老廃物が神経を刺激して、背中に「重ダルサ」や「ズキズキ感」が増すようになります。

 

しかも、腰痛も起き易くなります。
肩の痛みを避ける為に、不自然な姿勢が続いたり、背中のコワバリが強まったりするので、上半身の安定を保つ腰の負担が増す為です。
この為、普段、デスクワークが多かったり、運動不足になっていたりすると、「いつも腰にダルイ感じがする」とか、動作をした時に「ギックリ腰を起こすかも?」と、腰の状態に不安になる事が多くなります。

 

このような痛みや不快感が続くと、体調を保つ自律神経系の働きが不安定になって、体調の不調感が強まります。
例えば、最初の頃に多い不調感は、「肩が常に重だるく、首や耳の後ろのほうまで重い感じがする」とか、「物を握るのがつらい」、「手がむくむ感じ」、「血圧が上昇ぎみ」、などです。
そして、これらが昼も夜も続くと、首の痛みや頭重感、頭痛、めまい、食欲不振などの胃腸障害などが現れ、精神的にも、イライラ、不安感、落ち込み、やる気が出ない、ゆううつ、疎外感、などが起きてきます。

【 振子(ふりこ)体操、アイロン体操 】(図)巻き肩

病院のリハビリ治療では、『慢性期』になると、肩周囲の筋肉の柔軟性を回復させて、悪化している血行を改善して痛みを和らげる事と、肩関節の拘縮を改善させる事によって、可動域(動かせる範囲)を回復させる事を、中心に行われます。
この目的から、四十肩・五十肩の代表的な治療法として、『振子(ふりこ)体操』『アイロン体操』などが、勧められています。
これらの運動は、肩関節の動きを補っている肩甲骨が、“筋肉によって支えられている割合が大きい”ので、この運動によって、肩甲骨周囲の筋肉をほぐして血行を回復させると、硬くなった筋肉がほぐれて、肩の動く範囲が拡がる効果があるからです。

 

しかし、これらの運動法で、肩甲骨周りの硬くなっている筋肉をほぐして、自分の肩や背中の血行を回復させるには、かなりの治療期間が必要になります
これらの運動法は、腕を垂らして動かす運動なので、ストレッチとして弱い事と、肩甲骨が動く感触を、自分で確認しながら動かしていかないと、肝心の肩甲骨が動かずに、腕だけの動作になってしまうからです。
しかも、肩や背中の筋肉にコワバリが拡がっていたり、痛みを発するシコリができていたりすると、これらの運動で、コワバリやシコリを解消させる事は、困難です。

 

また、四十肩・五十肩になると、肩の痛みによって、背中を丸めて、肩を内に巻くような、いわゆる、肩関節の位置が『巻き肩』になっている事が多いので、この事も、運動の効果を上げづらくさせます。
『巻き肩』になると、それに合わせて、肩甲骨がピッタリと背中にくっついた状態になるので、体操で肩関節を動かしても、肩甲骨が充分に動かなかったり、それにより、肩関節を動かしづらくなったり、するからです。
この為、『振子体操』や『アイロン体操』で肩甲骨を動かすと、骨がゴリゴリと擦れ合うような音がしたり、滑らかに動かずに、不自然な断続的な動きになったりします。

【 当院の、四十肩・五十肩の回復治療 】(写真)当院の治療

当院は、『慢性期』以降の、四十肩・五十肩の回復治療に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、肩や背中の血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、体調の改善を行っています。
筋肉の弾力性や柔軟性の低下によって、肩や背中に血行の悪い状態が続いていると、症状を改善させる血液が行き渡らず、老廃物が溜まり易くなるので、四十肩・五十肩の回復を遅らせるからです。
マッサージ治療による血液循環の改善で、老廃物の排出が促進されて、血液中に酸素が十分に行き渡るようになると、体調回復の効果も期待できます。

 

更に当院は、マッサージ治療にツボ治療を加えて、四十肩・五十肩の回復治療を行っています。
ツボ刺激を利用して、肩甲骨周辺の筋肉の柔軟性を回復させていくと、筋肉の弾力性や柔軟性を高めるので、肩甲骨と肩の動く範囲が拡がるようになり、リハビリ治療が行い易くなるからです。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる箇所であり、症状を改善する箇所でもあるので、四十肩・五十肩の治療のように、筋肉の柔軟性の回復や血行の改善が必要になる治療に、体調改善の治療点として適しているからです。

 

また当院は、『他動運動』を取入れ、肩甲骨周辺のコワバリ解消も行っています。
『他動運動』は、本人は力を抜いた状態で、本人以外の施術者が、関節をコントロールしながら動かす訓練法です。
背中のコワバリの為に、背中張り付いている肩甲骨を、『他動運動』で、上下左右に徐々に動かす事によって、痛みや無理が無く、肩甲骨周辺のコワバリが解消されるので、肩甲骨と肩の動く範囲が拡げる効果があります。

 

東洋医療は、もともと、身体のバランスを整える事が得意としているので、体調の回復だけでなく、身体の運動機能の向上にも適しています。
当院は、東洋医療をベースにしたツボ刺激を併用したマッサージ治療により、循環改善による不快感の解消や、肩関節や肩甲骨の可動域の回復を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛みやしびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。