気候の寒さや冷房による、関節の痛みと、動きの低下

~ 本八幡( 市川市 )から、疲労・こり・痛み・しびれ など、『 マッサージ治療 』の御案内 ~

寒さ      関節痛

気候が寒くなってきたり、部屋の冷房が強かったりすると、「膝や腰の関節が痛んで、動かすのが辛くなる」、という方が多くなります。

動作時に痛みだけでなく、膝や腰のダルサや鈍痛に悩まされたり、関節がギクシャクした感じになるので、用心しながら、痛みが起きないように、動くようになったりします。

このように、身体が冷えると、関節に、違和感や痛みの出る症状を、『寒冷痛(かんれいつう)』と言います。

【 冷たく“痛い” 】冷たく痛い

これは、氷水に手を入れ続けると、手にしびれに似た痛みを感じたり、とても冷たい風を顔に受けていると、頬や耳が痛くなったりするのと、同じ現象です。
冷たいという刺激を、度を超して受けると、「冷たく“痛い”」という感覚に変わる為です
また、寒さの感受性が強い人の場合には、度を越えた寒さではなくても、神経が敏感になって、「冷たく“痛い”」という感覚が、起き易くなる事もあります。

 

また、寒冷痛のように、寒さからではなく、気圧が低下し、空気が湿ってくると、痛みが起きてくる事もあります。
身体が湿度に順応する事ができなくなって、不快感が起き、それによって、肩こりや腰痛が現れたり、元々の症状が悪化し易くなったり、するからです。
この為、これらに悩まされていると、身体が敏感になって、体調の変化から、天気をピタリと当ててしまう人もいます。

 

このような寒冷痛は、冬に多く起きますが、寒い北国に住んでいると、寒冷痛が多いとか、反対に、暖かい南国に住んでいると、寒冷痛が少ないという、地域差はありません。
むしろ、寒さの感受性が強まる、季節の変わり目や、冷房の風に、直接さらされた時に、多くなっています。
しかし、外がどんなに寒くなっても、寒さの感受性を刺激しないように、温かく着込んで、部屋を暖かくしていると、症状は起きないので、多くの寒冷痛患者の予防法になっています。

【 筋肉・血行・関節の影響も 】筋肉・血流量

この寒冷痛を起こす原因として、寒さの感受性だけでなく、神経の周囲を保護している、筋肉の影響もあります。
筋肉が、寒さによって緊張すると、神経を圧迫するので、感覚をより敏感にさせるからです
この為、寒冷痛による痛みの感覚と共に、神経が圧迫されて、ジンジンする感じや、シビレ感なども現れるようになります。

 

また、寒さで、体表の血液の流れが少なくなる事も、痛みの感覚に影響します。
寒くなると、体温が奪われないように、身体の外側の血管が縮むので、外側にある筋肉の血流量が少なくなります。
この為、このような時に身体を動かすと、血流量が少ないので、取り込む酸素が不足し、関節部分の筋肉の、瞬発力や持久力が働かず、痛みが起き易くなるからです。

 

更に、絶えず負荷がかかる関節にも、寒冷痛を起こし易い原因があります。
膝や腰のように、絶えず身体を支え続けて、負荷がいつもかかる関節は、筋肉の緊張や疲労が溜まり易いからです。
このような状態の時に、寒さや冷えを感じると、余計に柔軟性が無くなって、小さな動作でも、痛みが起き易くなるからです。

【 身体を動かす事が少なくなると 】運動不足

そして、身体の問題だけでなく、昔と比べて、身体を動かす機会が少なくなっている事も、寒冷痛を起き易くさせています。
筋肉の働きが低下してくるので、心臓から送らてくる暖かい血液の循環が少なくなり、冷えに敏感になるので、寒さを感じると、身体を動かした時に、神経が強く刺激されるからです
この結果、椅子から立ち上がった時や、急に動いた時に、思わず「アイタタッ!」と、痛みが起き易くなります。

 

また、運動不足や加齢などで、血行が低下していると、老廃物が排出されづらくなるので、運動や動作中に、神経を刺激して、痛みが起き易くなります。
老廃物が身体に溜まるようになると、疲労感やダルサだけでなく、寒さで、神経が刺激され易くなるからです。
この為、冬になると、デスクワークの人に、「なんだか腰が痛い…」と、腰痛で苦しむ人が増える傾向にあります。

 

日本の気候は、季節によって気候が大きく変化するので、これがキッカケになって、寒冷痛が起き易くなります。
運動不足・加齢・病気などで、普段、身体を動かす事が少なくなっていたり、冷え性や古傷などで、何らかの不調があったりすると、この温度や気圧の変化によって、刺激されるからです。
「寒くなると、“古傷”が痛む」と言われるように、もともとあった“古傷”が、症状を増幅し、発症したものです。

【 柔軟性の回復 】柔軟性の回復

この為、寒冷痛には、痛む所を温めて、血行を良くするだけでなく、普段から、関節付近の筋肉の、本来の柔軟性を維持させる事が大切です
特に、膝や腰は、体重の負荷がかかる場所なので、関節周囲の筋肉の柔軟性を回復させると、痛みの予防や、解消に効果があります。
これは、関節付近の、筋肉の柔軟性を回復させると、関節の動きがスムーズになって、痛みが起きにくくなるだけでなく、筋肉の硬直による、神経への刺激が減少するからです。

 

このような、運動不足による身体の凝りの解消や、心身の不調の解消に、マッサージ治療が効果的です。
マッサージ治療は、触診で患部を確認し、凝りをほぐし、痛みを解消させて、身体をリラックスさせる働きがあるからです。
また、筋肉の瞬発力や持久力が改善するので、立ち上がりや座る時などが楽になり、日々の動作の不安も無くなります。

 

季節の変わり目に、身体と心のバランスが崩れて、関節の痛みや動きの低下が、起き易くなります。
当院は、マッサージ治療で、血流改善や神経の機能を回復させ、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労感、及び疼痛を、緩和させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。