運動不足の解消の前に、身体の痛みや不快感の解消を

【 (症例)身体の硬さや、健康管理 】 
(写真)運動不足の解消の前に、身体の痛みや不快感の解消を

 

導入文

デスクワークや在宅勤務などで、身体を動かす機会が減り、運動不足になると、肥満や病気などの健康上のリスクが生じるだけでなく、仕事の効率や精神的にも、ダルサ、倦怠感、疲労感、思考力低下などが現れ、支障が出てきます。

しかし、身体に、不調や、不快感、痛みなどがある場合は、無理したり、我慢したりして運動すると、ますます体調を崩したり、健康に悪影響を及ぼしたりするので、運動をする前に、それらを解消させる事が大事です。

このような「病気ではないけれども、何となく身体の調子が悪い」という場合には、筋肉のコワバリの解消や、関節可動域の改善、血行の回復などで、『身体の機能の回復』を行っている東洋医療系のマッサージ治療が、体調管理に適しています。

【 運動不足でいると 】(図)運動不足でいると

運動不足であっても、「元気でいるし、それほど問題ないだろう…」と思って、自分で自分の運動不足状態を認めていると、次第に、身体全体に、倦怠感やダルサ、そして身体に痛みなどが、起きてきます
病気の状態ではないけれども、運動不足によって、血液やリンパ液を流している筋肉のポンプ活動が、次第に低下するので、体内から、身体の中で生成された不要な老廃物が、排出されづらくなるからです。
特に、脳は酸素不足に極めて弱い組織なので、運動不足によって、血行が低下して酸素の流入が不足してくると、それによって脳の働きに支障が起き、疲れや倦怠感、ダルサ、思考力低下、頭痛、などが起き易くなります。

 

また、運動不足が続くと、首・肩・腰・膝などの、関節部分にも痛みが起き易くなります。
関節を動かす、筋肉や靭帯の柔軟性が無くなるので、チョットした動きでも、伸縮範囲を超えてしまい、「アイタタッ!」と痛みが起き易くなるからです。
しかも、気付かないうちに筋力も弱ってくるので、とっさの時の『瞬発力』だけでなく、身体を長時間にわたり動かし続ける『持久力』も低下するので、それによって関節部分の安定性が失われ、痛みを誘発します。

 

更に、運動不足のままでいると、身体の姿勢を維持する筋力も弱ってくるので、姿勢が悪化してきます。
姿勢が悪化してくると、見た目の悪さだけでなく、身体全体の血行悪化を引き起こすので、身体に疲労物質が溜まり易くなり、「すぐに疲れる」、「疲れが取れない」といった、疲労感やダルサを引き起こします。
しかも、身体を動かすたびに、血行悪化によって敏感になっている神経を刺激するので、絶えず“ジクジクと痛みのある生活”となって、不快感や痛みなどに悩まされる毎日になります。

【 運動不足が、更に運動不足を 】(図)更に運動不足を

運動不足は体調の悪化を招くだけでなく、身体を動かさない日にちが経つうちに、ますます運動を避けるようになります。
身体が硬くなってくると、『運動機能の低下』が生じ、「身体が思うように動かない」といった状態になるので、この事から、身体を動かす事に抵抗感が起き、更に運動不足を招くようになるからです。
しかも、筋肉のコワバリや血行の悪化から、身体を動かすと、痛みや不快を感じる神経が刺激されるので、この事も、ますます運動を遠ざける原因になります。

 

更に、運動不足が続くと、運動する事への『気力の低下』も起こします。
運動をしようと思っても、「身体が重い」、「疲労が抜けない」、「凝りを感じて、だるい」、「運動が億劫」、「面倒」、という気持ちが先だって、避けてしまうからです。
しかも、心配事やストレス、忙しさなどで、不安が強まったり、体調が低下したり、身体が緊張気味となったりすると、ますます『運動する事に気力の低下』が強まってしまいます。

 

また、運動不足の人が、「運動をしよう!」と思い立っても、『適度な運動設定の難しさ』があるので、これも運動不足の解消を、難しくさせます。
運動不足の人が運動不足を解消していくには、「何でも運動をすれば良い」のではなく、まずは、『どのような運動が必要かを判断』する事と、しばらくは、その『運動を継続』する事が重要になるからです。
これができていないと、「目的や目標が定まっていない」とか、「日々やる事が決まっていない」となり、そして更に、「日々やる事にメリットを感じない」となって、三日坊主に終わってしまいます。

【 運動前の、体調管理の重要性 】(図)体調管理

特に中高年になると、既に、身体の硬化や老化が始まっているので、「身体がだるい」、「頭痛やめまいがする」、「過労気味で体調が悪い」、「眠れない」、「食欲がない」、「足腰が時々痛む」、「眠れない」、「下痢や便秘」、「少し動いただけで息切れや動悸がする」、などが起きてきます。
また、人間は丸くなろうとする力が強いので、丸くなった姿勢のほうが楽に感じる人も多いかもしれませんが、中高年になって丸まって姿勢が悪化すると、せっかく、「運動を、ヤルゾ!」と決めても、途中で、「ヤル気を無くしてしまう」、「良い習慣として続けたいと思っていたけど、やっぱり続けられない」、となってしまいます。
問題を解消させるには、まずは、身体に、不調や、不快感、痛みなどがある場合は、運動をする前に、それらを先だって解消させる事が必要です。

 

この為、固まっている身体をゆるめ、ほぐし、快適な身体で、気持ち良く運動できるようにする事が大切です。
しかも、運動は『身体に負荷をかける事』なので、毎日の生活の疲労や緊張などによる体調不調を、運動をする前に解消させておく事が、何より重要です
これよって、気になる体調不調を少なくしておくと、気持ちのゆとりができ、精神的なヤル気も安定してきます。

 

また、気になる体調不調を少なくしておく事は、本来の目的である、「凝りや痛みの解消」といった、『身体の機能の回復』になります。
ジッとしていても、重力や身体の重さなどの負荷がかかり続けるので、運動不足で姿勢の悪化や循環の低下が起きると、身体を支える一部に負荷が増し、身体の機能を低下させ、痛みや不快感の原因になるからです。
この為、『身体の機能の回復』には、何より、身体の“軸”になっている『姿勢保持筋肉』 のコワバリを解消させて、身体の柔軟性を回復させ、バランスを整える事が重要です。

【 当院の、体調調整 】(写真)当院の治療

運動不足や身体の不調を感じて、運動したいと思っても、やはり一度は、身体の不調を感じる箇所を、個々にチェックする事が必要です。
特に、身体の筋肉のコワバリや血行不良箇所があると、「足腰に痛みがある」、「身体がだるい」、「頭痛やめまいがする」、「疲れ易い」、「眠れない」、「下痢や便秘をして腹痛がする」、「少し動いただけで息切れや動悸がする」、などが起きるので、事前に解消しておく事が大切です。
当院は、人それぞれの、体力・性別・年齢・運動経験・健康状態などによって、身体の状態や調子が違うので、身体の状態を診断しながら、マッサージ治療とツボ刺激で体調の改善を行っています

 

例えば、運動不足で、体調不調に悩まされている人も、マッサージ治療で身体の運動機能を回復させておくと、運動の準備や運動後の回復だけでなく、毎日の生活も大きく役立ちます。
身体のダルサや疲労感の解消だけでなく、精神的なリフレッシュ効果も期待できるからです。
他にも、長時間のデスクワークで、筋肉の柔軟性を失っていたり、加齢で、身体の歪みや関節の硬直が起きていたりしている場合も、同じように体調調整を行っています。

 

また、当院は、姿勢や滑らかな身体の動きなどをサポートする姿勢維持筋(インナーマッスル)の、治療も行っています。
姿勢維持筋は、運動不足になっていると、知らず知らずのうちに硬くなりがちなので、運動で鍛えて更に『固める』よりも、『緩める事』が大事です。
姿勢維持筋にコワバリがあると、外から見ても分かりませんが、触診で確認し、押圧やツボ刺激を使って、コワバリの解消治療を行っています。

 

体調の不調を感じている時には、筋肉のコワバリの解消や、関節可動域の改善、血行の回復などをすると、不調解消に効果があります。
当院では、姿勢維持筋も、ツボ刺激を用いたマッサージ治療で、血流改善と神経機能の回復を促し、筋緊張やそれに伴う硬結、不快感、疲労を除去する治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。