女性の更年期の腰痛 と、お尻の冷え

【(症例)身体の不調や、不快感 】

 

腰痛は、女性にとって、肩こりに次いで2番目に多い症状になっていますが、更年期以降になると腰痛で悩まされる女性が増えて、約3割にもなっています。

この原因として、更年期になると、血管の収縮をコントロールしている自律神経の働きが不安定になって、血行が悪くなり、冷えから腰痛が生じ易くなると考えられています。

中でも、腰とつながっているお尻は、毛細血管が多く集まっているので、自律神経の働きが不安定になると、血行が悪くなって冷え易くなるので、更年期以降の腰痛対策には、お尻の血行改善も大切です。

【 更年期の女性の、腰の痛みの特徴 】

女性が更年期を迎えると、腰痛の時に、痛みだけでなく、“独特な痛み”を感じる事が多くなります
例えば、腰付近が、「激しい痛みではないけれど、何だか腰が重たい」とか、「朝から身体が重く、疲れを感じる」など、痛み以外に、強いダルサ感や疲労感を感じるようになります。
あるいは、「“がんこな”こりや痛みを感じる」、という事もあります。

 

また、腰の痛みや不快感だけでなく、肩コリや背中のコワバリ、そして、身体の様々な所の痛みにも、悩まされるようになります。
例えば、「頭が重い日や、頭痛が続く」、「首から肩にかけての筋肉が、張り詰めたように凝る」、「背中に鉄板が入っているように、硬くて重たい」、「立ち上がった時や歩き始めに、膝に痛みを感じる」、などです。
これらの症状がひどくなると、不安や心配から不快感が強まって、家事が憂鬱になったり、立ったり、座ったりなどの日常動作に影響が出てしまいます。

 

これらの、腰痛の“独特な痛み”や、身体の様々な所の不快な痛みは、更年期に多い症状と言われています。
自律神経の働きが不安定になり、身体の血液やリンパ液の循環が悪化して、必要な酸素が不足したり、老廃物が排出されづらくなったりして、神経を刺激して、ジンジン、ズキズキ、チクチクとした痛みが起き易くなるからです。
骨や筋肉の病気ではなく、血管の収縮をコントロールしている自律神経の乱れから、血行が悪くなった事が原因と考えられます。

【 お尻の筋肉が弱ると 】(写真)お尻の筋肉が弱ると

腰痛が起きると、解消法として、肩こりと同じように、気になる腰付近のマッサージやストレッチを、思い浮かべます。
更年期になると、体力の低下や、体重増加、姿勢の悪化などで、腰に違和感が起きたり、毎日の家事や仕事の都合で運動不足になっていると、ちょっとした動作でも、腰に痛みが起きたりするからです。
しかし、腰だけでなく、お尻の筋力も弱まっているので、“お尻の筋肉状態”も、注意が必要です

 

これは、腰とお尻の筋肉が連続しているので、お尻の筋肉が疲労したり弱ったりすると、腰にも、直接影響を与えるからです
特に、お尻の大きな役割として、『身体を安定した状態で、立たせる事』があるので、更年期に入ってお尻の筋肉が衰えると、前かがみ姿勢になって、疲れ易くなったり、腰の筋肉がオーバーワーク状態に陥って、腰痛を起こす原因になったりします。
また、歩いたり走ったりする時の『衝撃吸収』や『ふらつき防止』の役割をしているので、お尻の筋肉が衰えると、歩行速度の低下、歩幅の低下、足が上がりにくくなる、立っていられない、などが起きてきます。

 

更に、腰あたりが、「重い」、「だるい」、「動きづらい」など、強いダルサ感や疲労感に悩まされます。
お尻の筋肉が衰えると、血行やリンパの流れが悪くなるので、腰からお尻にかけて、痛みや張りといった不快な症状が起きてくるからです。
特に、40代半ばから50代半ばの時期になると、運動不足になったり、座る時間が長くなったり、してくるので、お尻の血行が滞って、慢性的な重だるいような症状が起きてきます。

(写真)お尻の血行の重要性【 お尻の血行の重要性 】

本来ならば、お尻は、分厚い筋肉が、何層も重なっているので、その分、血行が充分に保たれる事が必要です。
しかし、お尻は、手足と違って動かす事があまりない事や、毛細血管が多く集まっているので、血行が悪くなりがちです。
その上、女性のお尻は、狭い骨盤内に子宮や卵巣などもあるので、更年期の血行不良が起きると、ますます、お尻の血行が悪くなります。

 

更に、女性のお尻は、脂肪が多い事も、痛みが起き易くなる原因になります。
分厚い脂肪で、骨盤内の子宮を守ってくれますが、血行やリンパの流れが悪化して、脂肪が一度冷えると、温まりにくいので、冷湿布状態となって、冷えから痛みを起こします。
更に、骨盤内の内臓を冷やして、便秘や生理不順、ひいては婦人科系の病気を引き起こす事もあります。

 

この為、腰の痛みや不快感が気になったら、お尻も、チェックと対策が必要です。
特に、「お尻の奥に、何となく痛みを感じる」、「下腹部やお尻のほうへ抜けるような鈍痛がある」、「お尻を触ってみると、冷たい」、などの場合です。
酷くなると、お尻の奥の神経を刺激して、お尻から太ももの後ろにかけて、痛みやシビレ(坐骨神経痛)を起こす事があります。

【 当院の、腰痛治療 】

当院に来院される、更年期の女性の腰痛の箇所を分けると、大きく3つに分けられます。
① 腰のベルトのラインの上下あたりが痛む、重い、だるい、
② 骨盤や仙骨(骨盤の真ん中の骨)のまわりが痛む、重い、だるい、
③ 股関節付近が、痛い、重い、だるい、の3つです。
これは、ギックリ腰のような、特定箇所の筋肉痛と違って、腰とお尻の“血行の悪化”が影響しているので、痛む範囲が漠然としているからです。

 

この為、当院では、患部の範囲や症状を確認する為に、触診にウェイトを起き、それぞれの症状や一人ひとりに適した、ツボを探し出すようにしています
身体に現れたツボは、身体の異常を知らせる『反応点』と共に、症状を改善する『治療点』でもあるからです。
確認後、血液やリンパ液の循環の改善を図る為に、マッサージ治療にツボ刺激を加え、骨盤周囲の靭帯や筋肉の柔軟性を回復させていきます。

 

更に当院では、腰痛改善の為に、骨盤内の関節や、背骨と骨盤の関節、太ももとと骨盤の関節など、関節のチェックもしています。
お尻は、『縁の下の力持ち』として、腰の下側で体重を支えながら、滑らかな動きが必要になるからです。
この為、関節付近のツボ刺激や、筋肉のコンディション調整が、重要になります。
これによって、お尻の筋肉がほぐれると、「腰の重だるさも軽減される」、と言う人がいるくらい、骨盤内の血行も促進され、腰の痛みを減少させる効果があります。

 

お尻は、衝撃を吸収し、腰への障害を防いでくれますが、お尻まわりが硬くなると、腰まわりの筋肉も硬くなるので、腰痛につながり易くなります。
当院は、腰やお尻の血流の改善や、筋緊張やそれに伴う硬結の解消によって、不快感や疲労感などを回復させる治療を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。