腰が、いつもずっと、重い、だるい、疲れる、痛い、張る

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)腰痛症

腰痛の原因を特定できるものは、15%程度と言われ、残りの多くが、検査をしても原因が特定できないので、腰が痛くなる病気の総称である『腰痛症』と診断されています。

『腰痛症』の特徴として、痛みの程度が大きくなくても、いつも腰に鈍(にぶ)い痛みを感じているので、神経が敏感になり、チョッとした疲労や緊張でも、「疲れたような感じ」や、「不快なダルサ」が強まる傾向があります。

この為、『腰痛症』を改善するには、敏感になっている神経を和らげる事が重要なので、筋肉の緊張緩和や、血流を正常化させ、更に、不快な痛みを発する“シコリ”を解消させる、東洋医療系のマッサージ治療に、関心を寄せる方が増えています。

【 血流の悪化、筋肉のコワバリ、精神的ストレス 】(図)(図)血流の悪化

腰に、「疼くような痛み」とか「不快なダルサ」が起きているのは、筋肉内の血流が悪くなっている事が、大きく影響している事が分かっています。
血流悪化によって、筋肉が必要とする、酸素やエネルギーが不足し、老廃物が排出しづらくなってくるので、腰の神経が、身体の異常を知らせるアラームサインを発生させるからです。
この結果、腰の神経から、「ズキズキ」、「ジンジン」、「ジーン」といった、神経特有の疼くような痛みが起きるので、腰の内部で、「何か異常が起きている…?!」と、気付かされます。

 

また、腰の血流が悪くなっていると、腰に、筋肉のコワバリも生じるので、これも、痛みを起こす原因になります。
腰の筋肉の柔軟性が失われると、筋肉が、腰の骨や骨盤に張り付いたようになるので、腰が重たく感じられてくるだけでなく、更に身体を動かすと、腰の関節付近に痛みが出てくるからです。
しかも、腰の筋肉のコワバリが強まると、骨盤の位置に微妙なズレが起きたり、腰の骨の並びが歪んだりするので、ジッとしていても違和感があったり、動くと痛みを感じたりします。

 

更に、腰の痛みは、精神的ストレスによっても影響を受けるので、毎日同じ程度ではなく、「前より、重く感じたり」、「だるくなったり」、「疲れが増したり」、「痛んだり」、「張ったり」、あるいは、「徐々に強くなったり」、します。
しかも、日によって、身体の疲労や緊張が増したり、精神的なストレスが高まったりするので、これにより、腰の痛みを起き易くさせたり、悪化させたりします。
敏感になっている神経が解消しづらくなると、自分で運動やストレッチをしたり、休息をとったりしても、腰の痛みの解消が困難になっていきます。

【 痛みの悪循環 】(図)痛みの悪循環

痛みが長く続くと、「痛みが痛みを招く」という、“痛みの悪循環”になってしまう事があります。
一時的に起きる痛みならば、身体の異常を知らせてくれる“アラームサイン”ですが、痛みが長引くと、血管の収縮や筋肉の緊張が続いて、血行の悪い状態が解消されなくなるからです
始めは、腰の不調を感じる程度でも、そのままにしていたり、我慢していたりするうちに、痛みを感じ易い状態になり、“痛みの悪循環”に陥って、腰が、いつも、「重い」、「だるい」、「疲れる」、「痛い」、「張る」、という状態になります。

 

しかも、腰の痛みが続くと、腰痛だけでなく、肩こり、頭痛、不眠、手足の冷え、ダルサなど、いろいろな不快な症状(不定愁訴 )も、起き易くなります。
神経が休まる事が無くなるので、身体の緊張を高めて、自律神経の中で身体の緊張を高める神経が異常に興奮し、身体の安定を維持する機能が低下するからです。
自律神経の機能の乱れで、身体に痛みや不調が起きると、これによっても、精神的ストレスを生んでしまうので、腰の“痛みの悪循環”を引き起こす事になります。

 

また、湿布や痛み止めの利用が、“痛みの悪循環”を、補強してしまう事があります。
湿布や痛み止めは、痛みを和らげる効果はありますが、腰痛の原因になっている、血流の悪化や筋肉のコワバリを、解消させる働きが無いからです。
腰痛解消の働きがないので、腰痛状態を長引かせて、慢性化したり、次第に悪化させたり、してしまいます。

【 問診と触診の重要性 】(図)触診

このような『腰痛症』の原因は、姿勢や運動不足などの生活習慣や、ストレスや不安・不眠などが、さまざまに影響していると考えられています。
中でも、最近は、日常生活の姿勢や、身体の使い方(動作)によるものの影響が、大きくなっています。
例えば、調査によると、約8割が、PCやスマホ、車などの、長時間使用から、腰の負荷が強まって『腰痛症』が起きているとされ、そして、残りの約2割が、運動や仕事で、お尻や、ふともも、ふくらはぎなど、下半身の疲労や緊張が続いた事から、『腰痛症』が起きているとされています。

 

しかし、『腰痛症』の原因になっている、筋肉の硬さや柔らかさ、温かみや冷たさなどは、レントゲンやMRIなどの画像検査では、読み取る事が出来ません。
むしろ、『腰痛症』の診断には、問診と、骨盤や腰への触診が、有力な判断材料になります。
痛みを感じていたり、動きづらくなっていたりする筋肉を、問診と触診で確かめていく事で、患部の位置、痛みの特徴、関係する筋肉、動ける範囲などを、具体的に判断できるからです

 

また、触診による確認は、腰痛を治療していく場合にも重要です。
触診で、患部の確認ができていると、治療する時に、アプローチする部位が明確になるので、ピンポイントに、腰周辺の筋肉の緊張を解き、血流を改善させる事ができるからです。
患者も、触診による“ズーン”とした圧痛感が得られるので、自分の患部の治療に納得できたり、意識していなかった患部が意識できたりするので、治療に信頼感をもてるようになります。

【 当院の、ツボ刺激による治療 】(写真)当院の治療

東洋医療系のマッサージ治療は、問診や触診を中心にして、筋肉の状態、骨の位置や並び、関節の動き、などを確認し、治療を行っています。
特に腰痛症の治療の場合、人によって、原因や痛み方もさまざまなので、痛む部分や痛みの度合いを、問診や触診によって確認して、一人ひとりの症状に合った治療を行う事が重要になります。
このような事から、当院は、問診や触診で、「痛みや不快さの原因が、筋肉にあるのか?」、「骨や関節にあるのか?」、あるいは、「神経にあるのか?」、などを確認しながら、東洋医療をベースにしたマッサージ治療を行っています。

 

特に“ツボ”反応を活用して、当院は、痛みや不快感の解消を行っています。
“ツボ”は、身体の不調時に、身体の異常を知らせる反応点であり、症状を改善する治療点でもあるので、腰痛の症状改善に効果があるからです
しかも、多くの“ツボ”が、神経の交わっている場所にあるので、ここを刺激されると、患者は、ズーンとした響きを感じ、その後、神経の興奮を鎮める働きから、腰の緊張がほぐれて、血流が改善されてきます。

 

また、『腰痛症』の場合、不快な痛みを発する“シコリ”ができている事が多いので、“ツボ”反応を活用して、押圧して刺激すると、腰痛解消の効果が大きくなります。
特に、いつも腰の“シコリ”を感じて、そこから、「重だるい」、「ハリを感じる」、「ジーンとした痛みがある」、などがある場合に、効果的です。
“シコリ”を刺激する事で、慢性的な腰痛の原因になっている神経過敏を和らげて、筋肉のコワバリを解消させるので、痛みの震源地を解消していく作用があるからです。

 

『腰痛症』を改善するには、不快感や痛みを発している神経を和らげる事が必要なので、筋肉の緊張を緩和させ、血流を正常化し、更に、不快な痛みを発する“シコリ”を解消させる事が、何より大切です。
当院は、腰痛治療に、“ツボ”治療を併用したマッサージ治療をベースにして、現代の手技療法を取り入れ、血流改善や筋緊張の緩解と共に、姿勢の改善も行い、痛みの解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

SNSでもご購読できます。