いつも腰が、重い、だるい、疲れる、痛い、張る

【(症例)痛み・しびれ 】
(写真)いつも腰が重い

導入文

腰痛は、原因を特定できるものは15%程度と言われ、残りのほとんどが『腰痛症』と言われる、長時間の同じ姿勢、毎日の生活習慣、ストレスや不安、不眠などによる、原因のハッキリしない痛みになっています。

『腰痛症』は、痛みの程度が大きくなくても、絶えず腰の鈍(にぶ)い痛みに悩まされる上に、チョッとした疲労や緊張でも腰の神経が敏感に反応して、腰に疲労感やダルサが強まるので、行動や意欲に支障をきたしてしまいます。

『腰痛症』を改善するには、腰の筋肉の緊張緩和や血流改善をするだけでなく、敏感になっている腰の神経を和らげる事が必要なので、神経の興奮を弱めるツボ反応を利用すると、症状の緩和に効果があります。

【 腰痛症の痛みの特徴 】(図)腰痛症

『腰痛症』の多くが、毎日の、腰に負担が増すような、「姿勢の悪さ」、「長時間の同じ姿勢」、「同じ動作の繰り返し」、などによって引き起こされます。
切り傷・火傷・打撲・骨折などの突き刺さるような痛みと違って、腰の筋肉の負担が大きくなった痛みなので、腰の痛みが、「ズキズキ」、「ジンジン」、「ジーン」といった、「疼くような痛み」や「不快なダルサ」が起きます。
これは、腰に負担が増して、筋肉がコワバッテ、血流が悪化してくると、筋肉が必要とする酸素や栄養分が不足したり、不要な老廃物が排出しづらくなったりするので、それによって神経が刺激され、神経特有の疼くような痛みが起きてくるからです。

 

また、疼くような痛みだけでなく、腰の筋肉がコワバリから、筋肉の柔軟性が失われるので、腰の違和感や痛みも起きてきます。
腰の筋肉のコワバリによって、腰の骨や骨盤に筋肉が張り付いた状態になるので、ジッとしていても腰が張った感覚や重たく感じられる上に、この状態で身体を動かすと動きづらさを感じ、更に、コワバッテいる筋肉が引き延ばされるので、痛みを生じるからです。
しかも、腰の骨や骨盤に筋肉が張り付いてコワバルと、骨盤の位置が微妙にズレたり、腰の骨の並びに歪みが起きたりするので、座っていても違和感が生じ、腰を動かすと、骨盤のズレや腰の骨の歪みの為に、付近の神経が刺激され、違和感や痛みが強まるようになります。

 

更に、ストレスを感じていると痛みや不快感を強めるので、仕事や家庭で身体の疲労や緊張が増したり、精神的にストレスが高まったりすると、余計に、「腰が、重く感じる」、「ダルクなる」、「疲れが増す」、「張りが増す」、「痛む」、などが強まります。
また、これらによって神経が敏感な状態になるので、何かのキッカケで不安や緊張を感じると、腰の痛みや不快感が再発してきたり、痛みを強く意識させられたり、痛みが拡がったりします。
この為『腰痛症』に悩まされると、休んでいても、「腰に、何か異常が起きている…?!」と気掛かりになったり、リフレッシュしようとして身体を動かすと、かえって腰の違和感や痛みが強まったり、不快感が残ったりします。

【 腰の痛みから、体調悪化に 】(図)体調悪化に

痛みは、通常ならば、病気やケガなどで身体に異常やダメージが生じた時に、その事を知らせる“アラームサイン”の役割をしています。
このような時に、腰痛を和らげるために使用する湿布や痛み止めが、かえって、腰の痛みを長引かせる事があります。
湿布や痛み止めは、痛みを和らげる効果はありますが、血流の悪化や筋肉のコワバリを、解消させる働きが無いからです

 

このような状態を繰り返したり、「たいした事ないだろう」と思って痛みを我慢していたり、「様子を見よう」と思ってそのままにしていたりすると、次第に、「腰が重い」、「だるい」、「疲れる」、「痛い」、「張る」、といった状態が続いたり、起き易くなったりします。
筋肉の働きや血行が回復しないで、身体の異常が続いてしまうので、神経が敏感になって、「痛みが痛みを招く」という状態になるからです
この為、始めは、痛みが“アラームサイン”の役割であっても、神経の興奮状態が続いて、次第に、「いつも腰が、重い」、「だるい」、「疲れる」、「痛い」、「張る」という状態になり、痛みが長引いたり、繰り返したりするようになります。

 

そして、腰痛の痛みが長引いたり、繰り返したりすると、腰の痛みだけでなく、肩こり、頭痛、不眠、手足の冷え、ダルサなど、いろいろな不快な症状(不定愁訴)に悩まされてきます。
腰の痛みが続くと、体調を保つ自律神経の中で、身体をリラックスさせる働きが低下し、身体の緊張を高める働きが高まるので、血管が圧迫されて身体の血行が悪化し、不調感や不快感が強まってくるからです。
更に、身体の不調や不快感が起きてくると、ますます体調を保つ自律神経の働きを狂わせてしまうので、「頭が重い」、「イライラする」、「身体がだるい」、「よく眠れない」、などが起きるようになります。

【 腰痛症の触診の重要性 】(図)触診の重要性

『腰痛症』を起こす原因として、日常生活の姿勢や、身体の使い方(動作)による影響が、大多数の85%近くになっています。
これは、腰が、立っている姿勢や座っている姿勢を維持する為に、腰の筋肉に絶えず負担がかかり続けるので、身体をあまり動かさなくても、知らない間に、腰の筋肉に体重を支える負担がかかり続ける為です。
痛みの程度が大きくなくても、
調査によると、約8割が、PCやスマホ、車などの、長時間使用から、腰の負荷が強まって『腰痛症』が起きているとされ、残りの約2割が、運動や仕事で、お尻や、ふともも、ふくらはぎなど、下半身の疲労や緊張が続いた事から、『腰痛症』が起きていると、されています。

 

しかし、『腰痛症』の大きな原因になっている、腰の筋肉の硬さや柔らかさや、血行状態による温かみや冷たさなどは、レントゲンやMRIなどの画像検査では、読み取る事が出来ません。
この為、診断には問診による調査と伴に、痛みの箇所と状態を確認する為に、骨盤や腰への触診が有力な判断方法になります。
コワバッテいたり、違和感や痛みがあったりする筋肉を、触診で確かめる事で、患部の位置や、痛みの特徴、関係する筋肉、動ける範囲などを、直接、確認する事ができるからです。

 

また、最初の診断だけでなく、腰痛を治療していく時にも、触診による確認が重要です。
触診によって、患部の場所や程度が確認できると、治療する時にも、治療箇所がハッキリするので、ピンポイントに、腰周辺の筋肉の緊張を解いて、血流を改善させる事ができるからです。
患者も、患部の場所や程度が的確に確認されていると、“ズーン”とした圧痛感が得られるので、治療内容に納得でき、更に、気が付かなかった患部も、触診によって確認してくれるので、治療に信頼感をもてるようになります。

【 当院の、腰痛治療 】(写真)当院の腰痛治療

当院は始めに、問診や触診と共に“ツボ”反応を利用して患部を確認し、その後、ツボ治療とマッサージ治療によって、痛みや不快感の解消を行っています。
ツボが、神経や血管が集まっている箇所なので、身体に不調があると、関係する特定のツボに痛みや硬さとなって現れ、身体に異常が起きている事を知らせてくれるからです。
更に、反応が現れたツボに適切な刺激を与えると、その刺激に順応して、痛みや違和感が減少したり、筋肉内の血流が改善したりする効果があります。

 

しかも、もともと『腰痛症』の痛みや違和感が、身体の許容範囲を超えて、疲労や緊張が蓄積した為なので、体調の悪化が起き時に顕在化したツボと、その位置や特徴などが重なり合っています
この為、当院では、最初に、痛みや不快さの原因になっている筋肉や、関節の可動範囲、あるいは神経症状などを、問診や触診で確認し、その後にツボ反応を利用して、痛みの箇所を具体的に確認しています。
そして、ツボ反応のある箇所を中心に、ツボ治療とマッサージ治療によって、血行やリンパの流れの改善や、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、神経の興奮を鎮め、腰の不快感や痛みの改善を行っています。

 

更に、『腰痛症』の場合、腰の筋肉の負荷から、不快な痛みを発するシコリができている事が多いので、シコリを解消して、違和感と痛みの緩和を図っています。
シコリがあると、付近の毛細血管を遮断して、神経の異常興奮の原因になるので、ツボ治療とマッサージ治療で筋肉のコワバリを無くし、シコリを解消させていくと、慢性的な腰痛の原因になっている神経の過敏が和ぎ、腰の違和感と痛みが減少してきます。
特に、いつも腰の“シコリ”を感じて、そこから、「重だるい」、「ハリを感じる」、「ジーンとした痛みがある」、などがある場合に、“ツボ”反応を利用すると、“シコリ”解消に効果的です。

 

『腰痛症』を改善するには、長時間の同じ姿勢、毎日の生活習慣、ストレスや不安、不眠などが原因になっているので、一人ひとりの症状に合わせて、不快感や痛みを発している神経を和らげる事が必要です。
当院は、反応点を利用したツボ治療とマッサージ治療で、筋肉の緊張を緩和させて、血行を改善し、疲労や緊張などの慢性化による、筋肉由来の痛みの解消を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。