首の後や横が、疲労や緊張で、疲れる、痛い、だるい、こわばる、張る

【(症例)こり・しこり 】
(写真)首の後や横が、疲労や緊張で、張る、痛い、こわばる、だるい、疲れる

 

導入文

デスクワークが続いて、首から肩あたりに疲労が増すと、首の後や横に、疼くようなズキズキとする痛みが発生するだけでなく、それに伴って、「肩や背中が痛む」、「身体がだるい」、「圧迫されるような疲れ」、「イライラする」、などの不快感が強まってきます。

これは、首の中を、身体の安定を保っている自律神経が通っているので、首の筋肉のコワバリによって自律神経が圧迫されると、血圧、脈拍、呼吸、消化などに変調が生じ、これによって、全身的に不調を引き起こしてしまうからです。

首は“薄く”“小さな”筋肉で構成されているので、首の疲労や緊張を解消させるには、筋肉の痛む箇所を確認しながらコワバリを解消させる、東洋医療系のマッサージ治療が、効果的で、安全です。

【 首の緊張や疲労 】(図)首の緊張や疲労

PCを使ってデスクワークをしていると、つい、顔を前に突き出してパソコンの画面を見たり、背中や腰を丸めてのぞき込む姿勢が続いたりするので、頭を支えている首の後ろや横に、強いコワバリが起き、疲労や緊張が増すようになります
これによって、首の血行も悪化してくるので、「じっとしていても、首まわりに凝りや痛みを感じる」とか、「首の後や横に、ズキズキと疼くような痛みがする」、などの不快感だけでなく、「首が廻しにくい」、「首を動かすと、ゴリゴリとか、コキッといった音がする」などの、首の異常な動きも起きてきます。
しかも、デスクワークの合間の休憩時間も、スマホを利用する為に、前傾姿勢になって頭を前に出す“スマホ首”が多くなると、本人は休憩しているつもりでも、頭を支えている首の筋肉にとっては、緊張や疲労の連続となるので、首のダルサや痛みがますます強まってしまう事になります。

 

このようなPCやスマホの使用による首の負荷以外にも、首の負荷をジワジワと強めるものとして、「精神的なストレスや緊張」、そして「冷房による影響」、などの影響があります。
例えば、「精神的なストレスや緊張」を感じると、昔から「借金で、首が回らない」という“言い回し”があるように、首の周りの筋肉を緊張させて、コワバラセル特徴があるので、それによって首の血行を悪化させたり、自律神経を圧迫したりして、身体の不快感を増す結果になるからです。
また、冷房の効いた部屋にいると、快適に感じられますが、冷気が首の皮膚に直接当たるので、血行を悪化させてしまい、知らず知らずのうちに、首や肩がダルクなったり、疲れを感じ易くなったりしてしまいます。

 

このような状態になると、しばしば、自覚症状として、「喉に何かつかえている感じ」とか、「喉の圧迫感」、「息苦しさを感じる」、などが生じます。
これは、頭を前に突き出すような状態になるので、これを支える為に、首の筋肉の緊張が強まって、首周りを締め付けられるように感じてくるからです。
特に、前傾姿勢を続けるうちに、首がストレートネック状態になって、首の付け根の、喉の筋肉がコワバッテくると、「噛み締め」や「歯ぎしり」をした時と同じように、喉の筋肉のコワバリから、喉が詰まったような“喉の異物感”や“不快感”が強まります。

【 頭痛、疲労感、顔疲れ 】(図)頭痛、疲労感、顔疲れ

更に、首の疲労や緊張が続くと、首の痛みや違和感から、「頭痛(緊張型頭痛)」や「頭が重い」といった症状(不定愁訴)が、起きてきます。
首の血行の悪化によって、脳に必要な酸素や栄養が不足したり、不要な老廃物が排出しづらくなったりするので、首から後頭部の神経を刺激して、痛みが生じてくるからです。
しかも、それによって、神経が過敏状態になると、少しの疲労や緊張でも神経が反応してしまうので、頭痛や頭重感に悩まされ続ける事になります。

 

また、頭痛や頭重感などが起き易くなると、身体の安定を保っている自律神経がオーバーワーク状態となって、体調が保てなくなるので、身体の不調が起き易くなります。
頭痛や頭重感によって、元々乱れがちだった自律神経が更に乱れてしまい、生体リズムが狂ってしまうという、悪循環に陥ってしまうからです。
この結果、疲労感が増して、「何となくダルイ…」、「身体が疲れ易い」、「休日にゆっくりと休んでも疲れが残る…」などで悩まされたり、精神的に、「集中力が続かない」、「気分がふさぐ」、「イライラ」、などを感じたりします。

 

また、首の疲労や緊張が続くと、体調を現す顔に影響が現れて、顔の活気が無くなったり、顔がむくんだりします。
頭や顔からのリンパ液は、首の前側や鎖骨付近のリンパ管に入るので、首の疲労や緊張が続いて血行やリンパ液の流れが悪くなってくると、リンパ液が顔の皮下に溜まってしまう為です。
この結果、顔が疲れたように見えるだけでなく、リンパ液が顔の皮下に溜まるので、顔の輪郭がぼやけたり、顔がむくんで大きく見えたりします。

【 首のコワバリ解消の注意 】(図)首の痛み

首の筋肉は、触って分かるように、分厚く大きな筋肉ではなく、“薄く”“小さな”筋肉によって、構成されています。
この為、むやみに触ると、腫れたり、痛くなったりするので、首の疲労や緊張を解消させて、血液やリンパの流れを活性化するには、無理に力を入れずに、負荷のかかっている筋肉のコワバリを、周囲からほぐしていく事が必要です
ストレッチをする場合でも、負荷のかかっている筋肉の位置と方向を確認して、丁寧に伸ばす事が必要です。

 

また、首の疲労や緊張で、首に硬いシコリができて、そこからジンジンとした不快な痛みを発する事がありますが、その場合も、デリケートな注意が必要です。
首の筋肉が“薄く”“小さな”筋肉で構成されているので、首の硬いシコリを解消させる時にも、上から何度もこすったり、強く圧迫したりすると、内部で炎症を起こして、かえって痛みが酷くなったり、シコリが大きくなったりするからです。
この為、首のシコリ解消には、無理をせずに、シコリ周りの筋肉との柔軟性と血行の回復を図りながら、少しずつシコリを縮小させ、注意しながら解消させる事が必要です。

 

更に、首の筋肉疲労が慢性化して、強まっている場合には、首の筋肉が肩や背中の筋肉と一体となっているので、肩や背中のコワバリやシコリをチェックして、柔軟性を回復させる事も必要です。
特に、デスクワークで猫背になりがちな人は、肩甲骨の周りに頑固な凝りができている事が多いので、首の疲労や緊張に影響を与えている肩甲骨周囲のチェックが重要です。
他にも、上半身を支えている腰やお尻が、座り続けている事で筋力が弱まると、猫背になって、首に負荷のかかる状態になるので、腰の筋肉の状態や骨盤のズレにも、注意が必要です。

【 当院の、首と首周辺の治療 】(写真)当院の治療

当院は、東洋医療系のマッサージ治療をベースにして、「首の筋肉痛や凝り」、「首の筋(スジ)違い」、「首が回らない」、「後頭部の痛み」、「首や肩のピリッと違和感」、などの治療を行っています。
これは、首と首周辺には、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、血行を促進するツボや、神経の興奮を抑制して、精神的なリラックスをもたらす、有効なツボがあるからです
ツボを利用する事で、筋肉の過緊張を、効果的に回復させる事ができるので、首に頑固なコワバリやシコリができている場合にも、無理をせずに解消する事ができます。

 

特に、「首や肩が酷(ひど)くコル」、「だるい」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」、などにも悩まされる場合には、東洋医療系のマッサージ治療が適しています。
東洋医療は『凝り治療』で知られているように、筋肉の弾力性や柔軟性を高めて、血行やリンパの流れを良くして、疲労や緊張を回復させる事で、神経の興奮を抑制して、コリや痛みなどを改善させるからです。
しかも、身体の不調時に現れる反応点(ツボ)を利用して、身体のバランスを整える効果があるので、西洋医学の治療の対象になりにくいような、体調回復にも改善効果があるので、首や背中の強いコワバリや疲労感の解消に適しています。

 

また、当院では、首の施術を行う場合、首が“薄く”“小さな”筋肉で構成されているので、患者に、不安感や、身の縮む思いをしないように、安心して施術を受けられるように留意して、治療を行っています。
例えば、首の施術を行う前に、最初に、肩や背中の凝りの解消や、肩甲骨の動きの回復を行ったり、実際に首の施術を行う時にも、首の筋肉ごとに、痛む箇所を確認してから行ったりしています。
これらによって、首をボキボキと鳴らすような矯正ではなく、ツボ刺激で、緊張している筋肉を回復させていくので、患者も、安心して、改善効果が期待できます。

 

パソコンやスマホ使用の影響で、首に悩みを抱える人が多くなっていますが、首の皮膚は薄いので、刺激を敏感で、外的刺激に弱い性質があります。
当院は、手や指等によるマッサージ治療で、ゆっくりと圧を加えていくようにしているので、首の治療にも、リラックスした状態で、患者に合った治療が受けられます。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連するこり・しこりなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

 

 

SNSでもご購読できます。