中高年以降の、変形性膝関節症の運動療法(リハビリ)には、工夫を!

【 (症例)痛み・しびれ 】
(写真)中高年以降の、変形性膝関節症の運動療法(リハビリ)

中高年以降の膝の痛みで、最も多い症状が『変形性膝関節症』です。

関節の内側の“軟骨のすり減り”が、大きな問題点のように思われていますが、実際は、関節の外側の“筋肉の働きの衰え”が、症状を発症させるキッカケとなって、その後、症状を悪化させる原因になっています。

この為、筋力トレーニングを中心にした運動療法が、治療として積極的に勧められていますが、中高年以降になると体調不調も重なるので、『膝の動きを良くする工夫』や、『身体のコンディショニング』も重要になります。

【 膝の、筋肉の働きの衰え 】(図)脚・腰の筋力低下

変形性膝関節症の治療に、膝の動きに関係する筋肉に対し、筋力トレーニングを中心にした運動療法が勧められるのは、理由があります。
それは、『膝の軟骨に、最初から異常は起きていない』という事と、必ずしも『膝痛 = 膝関節の異常ではない』という事です。
膝の関節の内側の軟骨が、傷ついたり、すり減ったりする原因は、ほとんどが、中高年以降になって、運動不足や加齢・体重増加などで、身体を支える腰や脚の筋肉の働きが衰え、それによって、膝関節に負荷が増し、更に変則的な負荷がかかり続けた為です。

 

例えば、変形性膝関節症の初期に、痛みや違和感が出る動作として、よく言われるのが、「階段を降りる時」、「歩き始め」、「いつもより長く歩いた後」、「イスから立ち上がる時」、などがありますが、これらの痛みや違和感は、しばらく身体を動かしているうちに、次第に痛みや違和感が無くなってきます。
これは、膝周辺の“筋肉のコワバリ”と“血行不良”が大きく影響しているので、動いているうちに血行が増し、筋肉の働きも活発化してくると、膝周辺の筋肉のコワバリが消えて、動き始めの痛み(動作痛)が無くなってくるからです。
一時的な痛みで終わるので、変形性膝関節症の初期症状とは思わずに、「歳のせい」と見過ごしてしまったり、「まぁ、いいか」と自分で納得してしまったりします。

 

しかし、この膝痛が起きるのは、加齢や、運動不足、肥満などで、膝の筋力の働きが衰えた事が影響しているので、この状態のままでいると、膝の筋肉に大きな負荷が加わり続け、一時的な膝の痛みで済まなくなります。
膝の筋肉に傷が付き、それが治らずに、炎症が起きてくるので、膝が腫れたり、炎症で熱を持ったりして、少し歩くと膝が痛んだり、チョッとした動作でも膝が痛んだりします。
膝の痛みで、膝に負荷をかける動作を少なくしていると、更に身体を支える筋力が弱まるので、膝の筋力低下から、膝の上下の軟骨が直接接触するようになり、軟骨の表面がすり減ったり、傷ついたりする『変形性膝関節症』に移っていきます。

【 足腰も、筋肉の働きの衰えが 】(図)足上げ運動

このような事から、症状を改善させ、膝の動きを安定させるには、膝周囲の筋力を回復させる事が、一番、重要になります。
変形性膝関節症の運動療法は、この事を目的にしています。
訓練によって、太ももに筋力がつくと、膝にかかる負担が減らせるだけでなく、炎症を抑える効果も現れるので、初期の段階ならば、運動療法だけでも、かなり痛みを減少させられ、膝の動作が回復するようになります。

 

ところが、患者が、実際に運動療法をやってみると、予想以上に、太ももや腰の筋肉に、大きな力が必要とする事に、気づかされます。
例えば、訓練の為には、“脚を挙げる”事が必要になりますが、それをするには、太ももや腰が脚を支える為に、かなりの筋力が必要と感じます。
また、身体を支えようとして、関連する、足首・股関節・腰・背中などにも、かなり筋力が必要とします。

 

これは、変形性膝関節症が、中高年以上の方が多くなっているので、「加齢による筋カの低下」や、「体重(体脂肪)の増加による動きづらさ」、「姿勢を支える力が弱った」事などが、同時に起きている為です
この結果、関節や軟骨、筋肉などが衰えて、柔軟性や筋力が失われた為です。
運動療法で、一番大切なのは、本人のヤル気と、続けていく気力ですが、「動かしたくても、思うように動けない」となると、「疲れる」、「面倒くさい」、「痛い」、「動きたくない」となって、ヤル気や気力を低下させてしまいます。

【 時間の制約、改善効果の実感が無い、体調不調 】(図)体調不調

また、中高年になると、仕事や家庭に追われる事が多くなるので、きちんと行う時間と期間が必要になる運動療法は、継続するのが難しくなります。
特に、自分一人で、運動療法に取り組むとなると、継続が難しくなったり、自己流になって改善効果が現れなくなったりします。
必要性は分かっていても、「効果が出ない」と思って中止したり、消極的になって「なるべく」程度になったりしてしまう為です。

 

しかも、運動療法は、一生懸命に努力していても、すぐに効果が出ません
効果を実感として感じられるようになるには、個人差はありますが、訓練を始めてから2~3ヶ月ほどかかる事が少なくないと言われています。
身体が思うように動かないと思いながら、今までほとんどした事がない運動を続けていくとなると、誰にとっても、続けていく事が難しくなってしまいます。

 

更に、問題になってくるのが、「頭が重い」、「疲れが取れない」、「めまいがする」などの、体調の不調です。
中高年になると、筋肉の減少や運動機能の低下だけでなく、身体を保つ自律神経の乱れから、頭痛、疲労感、倦怠感・眠気、気分が落ち込み、腹痛、めまい・耳鳴り、などが、起きてくるからです。
運動療法によって、膝の機能改善のチャンスがあっても、体調不調があると、治療を継続していくのが難しくなってします。

【 当院の、変形性膝関節の改善治療 】(写真)身体のコンディショニング

この為、中高年以降の変形性膝関節症を改善していくには、『膝の動きを良くする工夫』と、『身体のコンディショニング』が必要です。
特に、変形性膝関節症の初期は、膝関節周囲の筋肉のコワバリから血行が悪化して、これによって痛みが生じているケースが多いので、この緊張を解いて、「筋肉がゆるんだ状態」 ⇒ 「痛みが出にくい状態」、にしていく事が大切です。
このような事から当院は、マッサージ治療の、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③関節の可動域を広める、等を利用して、膝の緊張やコワバリの解消から、膝の痛みを減少させる事と、東洋医療をベースにした体調の改善を行っています

 

例えば、『膝の動きを良くする工夫』として、当院ではマッサージ治療で、下半身の、自分で気づかない、硬くなっている筋肉をほぐし、停滞している血行を改善して、膝を動かし易い状態にしていきます。
膝や腰の筋肉の柔軟性が失われていると、『筋緊張』と呼ばれる筋肉の短縮を引き起こしたり、『不均等』と呼ばれる筋肉のアンバランスを起こしたりして、関節への負担を高め、膝痛を引き起こすからです。
これによって、膝のコワバリ・疼き・ダルサ・曲げ伸ばしの抵抗感、などを和らげていくと、患者も膝の関節にかかる負担が軽くなったのが実感され、運動療法も行い易くなります。

 

また、『身体のコンディショニング』として、東洋医療をベースにしたツボ治療で、身体に現れた反応点を解消していくと、筋肉が伸び、血行が良くなるだけでなく、神経の過敏が治まり、体調改善に効果があります。
血行改善によって、痛み物質や疲労物質の排出が促進され、神経の興奮が抑制されてくるので、体調を整える作用になるからです。
これにより、「膝周りがダルイ」、「安静にしていても、膝がズキズキうずく…」などの、不調感の減少効果や、「身体が動きづらい」⇒「動かさない」⇒「動けない」、という悪循環を弱め、解消していく効果があります。

 

変形性膝関節を改善させるには、継続的な運動療法(リハビリ)が必要になりますが、中高年以降になると、身体の不調や体力の低下も起きているので、運動療法を継続させる為には、工夫が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療で、膝周辺のコワバリを和らげて痛みを改善させ、動きづらくなった機能を回復させると共に、関連する体調調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。