中高年以降の、変形性膝関節症の運動療法(リハビリ)には、工夫を!

【 (症例)痛み・しびれ 】
(写真)変形性膝関節症の運動療法

導入文

変形性膝関節症は、初期や中期の治療や、症状の進行防止に、筋力トレーニングを中心にした運動療法が強く勧められています。

これは、膝周りの筋力低下が大きく影響している為ですが、この筋力低下の要因には、加齢、女性が男性に比べて膝関節を支える筋力が弱い、O脚気味、肥満、仕事による足腰の疲労過多、体力低下による足腰の筋力の弱まりなど、多くの事柄が複雑に絡み合っています。

しかも、中高年以降になると、身体の不調も起き易くなっているので、運動療法に『膝の動きを良くする工夫』や『身体のコンディショニング』を加えると、変形性膝関節症の治療効果を高め、体調を改善させる効果にもなります。

【 膝の、筋肉の働きの衰え 】(図)脚・腰の筋力低下

変形性膝関節症の初期や中期の治療として、膝の動きに関係する足腰の筋肉に、筋力トレーニングを中心にした運動療法が勧められるのは、理由があります。
それは、中高年になって、運動不足や加齢・体重増加などで、身体を支える腰や脚の筋肉が衰えてくると、膝関節の負荷が増したり、変則的な負荷がかかり続けたりして、関節の安定性が失われ、関節の内側の軟骨が直接ぶつかり合って、関節の内側の軟骨が、傷ついたり、すり減ったりしてしまうからです
言い換えれば、『最初から、膝の軟骨に異常は起きていない』という事と、『膝の痛みの原因は、必ずしも、膝関節の異常ではない』という事から、膝周りの筋肉を強化する運動療法が取入れられています。

 

例えば、変形性膝関節症の、膝の痛みや違和感に気付くキッカケとして、「階段を降りる時」、「歩き始め」、「いつもより長く歩いた後」、「イスから立ち上がる時」、などの動作がありますが、しかし、これらの痛みや違和感は、しばらく身体を動かしているうちに、次第に無くなってきます。
これは、痛みや違和感が起きる原因が、膝周辺の“筋肉のコワバリ”と“血行の低下”なので、動いているうちに、筋肉の働きが活発化して血行が増してくると、膝周辺の筋肉のコワバリが消えて血行も良くなり、動き始めの痛み(動作痛)が無くなってくるからです。
この結果、一時的な痛みで終わるので、「歳のせい」と見過ごしてしまったり、「まぁ、いいか」と自分で納得してしまったりして、変形性膝関節症の初期症状として、気付かない事もあります。

 

しかし、この膝痛が起きるのは、加齢や、運動不足、肥満などで、膝の筋力の衰えが原因になっているので、次第に一時的な膝の痛みで済まなくなります。
このような痛みが繰り返されると、筋肉内に炎症が起き始め、解消されなくなってくるので、膝が腫れたり、炎症で熱を持ったりして、少し歩くと膝が痛み出したり、チョッとした動作でも膝が痛んだり、してくるからです。
更に、膝に痛みが出るのを避けようとして、歩く機会や距離が少なくなったり、階段の昇り降りをエスカレーターやエレベーターに頼ったりしていると、ますます足腰の筋力が弱ってくるので、膝の関節を守っている筋力も弱って、膝関節の上下の軟骨が接触するようになり、軟骨の表面がすり減ったり、傷ついたりする段階へと移っています。

【 身体全体の筋力低下も 】(図)身体全体の筋力低下も

この為、膝の動きを安定させて、膝に痛みが起こらないようにするには、膝周囲の筋力をつけて、回復させる事が、一番、重要になります。
変形性膝関節症の運動療法は、この事を目的にして行われています。
運動療法によって、太ももに筋力がつくと、膝にかかる負担が減らせるだけでなく、膝の筋肉の炎症を抑える効果も現れるので、初期の段階ならば、運動療法だけで、かなり膝の痛みが減少して、膝の動作が無理なくできるようになります。

 

しかし、実際に運動療法をやってみると、脚を挙げたり、静止させたり、降ろしたりするのに、予想以上に、大きな身体の力が必要とする事に気づかされます。
例えば、太ももや膝周囲の筋力をつけるには、“膝を伸ばした状態で、脚を挙げた状態”を、繰り返して行う事が必要になりますが、この動作をするには、脚の動きを、腰のお腹の筋力でコントロールする事が必要になるからです。
また、運動の姿勢を支える為に、足首・股関節・お尻・背中なども、かなり筋力が必要となります。

 

これは、変形性膝関節症が、中高年以上の人に多くなっているので、身体の、加齢による筋カの低下、体重(体脂肪)の増加による動きづらさ、姿勢を支える力の低下などが、一緒に起きているからです
運動療法で、一番大切なのは、続けていく気力と、本人のヤル気ですが、身体の筋力が低下している事で、「動かしたくても、思うように動けない」となると、ヤル気や気力が低下して、「疲れる」、「面倒くさい」、「痛い」、「動きたくない」、となってしまいます。
特に、自分一人で、運動療法に取り組むとなると、消極的になって「なるべく」程度になったり、または、継続していても自己流になって改善効果が現れなくなったり、あるいは、「効果が出ない…」と思って継続が難しくなったり、してしまいます。

【 運動療法の難点 】(図)運動療法の難点

変形性膝関節症の場合、初期であっても、運動療法で効果が現れるには、長い間、運動を繰り返す事が求められるので、すぐには効果が出ません。
しかも、中高年以上になると、筋肉の衰えから、柔軟性や筋力が失われているので、短期間に、効果が現れづらくなります。
この為、効果を実感として感じられるようになるには、個人差はありますが、早くても、訓練を始めてから2~3ヶ月ほどかかる事が少なくないと言われています。

 

更に、問題になってくるのが、「頭が重い」、「疲れが取れない」、「めまいがする」などの、体調の不調です。
中高年になると、筋肉の減少や運動機能の低下だけでなく、身体を保つ自律神経の乱れから、頭痛、疲労感、倦怠感・眠気、気分が落ち込み、腹痛、めまい・耳鳴り、などが、起き易くなるからです。
体調不調があると、運動療法による膝の機能改善が見込まれても、継続していくのが難しくなってしまいます

 

そして更に、中高年になると、仕事や家庭に追われる事が多くなるので、きちんと行う時間と期間が必要になる運動療法は、継続する事が難しくなってきます。
運動療法の必要性が分かっていても、仕事や家事などが気になっていると、「面倒くさくなってやめてしまった」とか、「いったん中断すると、モチベーションが下がって続かない」と、なりがちだからです。
このように、身体が思うように動かないと思ったり、体調の不調を感じたり、仕事や家事などが気になっていたりすると、今までした事がない運動療法を続けていく事が、難しくなってしまいます。

【 当院の、変形性膝関節の対策 】(写真)当院の治療

この為、中高年以降になって、変形性膝関節症の運動療法を継続していくには、『膝の動きを良くする工夫』と、『身体のコンディショニング』が重要になります
特に、変形性膝関節症の初期や中期は、膝関節周囲の筋肉のコワバリから血行が悪化して、これによって痛みが生じているケースが多いので、この緊張を解いて、「筋肉がゆるんだ状態」 ⇒ 「痛みが出にくい状態」、にしていく事が大切です。
この為、当院では、『膝の動きを良くする工夫』として、マッサージ治療の特徴の、①血行やリンパの流れを良くする、②筋肉の弾力性や柔軟性を高める、③関節の可動域を広める、を利用して、膝の緊張やコワバリの解消を図り、膝の痛みを減少させる事と、また『身体のコンディショニング』として、東洋医療をベースにした体調の改善を行っています。

 

更に、当院は、『膝の動きを良くする工夫』として、脚や腰・背中の、硬くなっている筋肉をほぐす事で、停滞している血行を改善する事で、膝を動かし易い状態にしています。
膝の筋肉がコワバッテいたり、痛みが出ていたりすると、脚や腰・背中の筋肉にも影響を及ぼし、コワバリを起こしたり、筋肉のアンバランスを引き起こしたりするだけでなく、これにより、膝の運動療法に支障をきたす原因になるからです。
脚や腰・背中の筋肉のコワバリを解消させて、コワバリによって発生していた、疼き・ダルサ・曲げ伸ばしの抵抗感、などを和らげると、膝にかかる負担が軽くなったのが実感されるようになり、運動療法が行い易くなります。

 

更に、『身体のコンディショニング』として、ツボ治療によって、身体に現れたコワバリやシコリを解消していくと、筋肉が伸びて、血行が良くなるだけでなく、神経の過敏状態が治まってくるので、痛みや違和感が減少し、体調改善に効果があります。
血行改善によって、痛み物質や疲労物質の排出が促進され、神経の興奮状態が抑制されてくるので、体調を整える作用になるからです。
これによって、「膝周りがダルイ」、「安静にしていても、膝がズキズキうずく…」などの、不調感の減少効果や、「身体が動きづらい」⇒「動かさない」⇒「動けない」、という悪循環の解消になって、治療期間の短縮にも効果があります。

 

変形性膝関節を改善させるには、継続的な運動療法(リハビリ)が必要になりますが、中高年以降になると、身体の不調や体力の低下も起きているので、運動療法を継続させる為には、工夫が必要です。
当院は、東洋医療をベースにしたマッサージ治療により、膝周辺のコワバリを和らげて痛みを改善させ、動きづらくなった機能を回復させると共に、関連する体調調整を行っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する痛み・しびれなどの症状の、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。