事故・転倒・つまずきなどによる、むち打ち症と治療法

【(症例)痛み・しびれ 】
事故、転倒・つまずきなどの、むち打ち症と治療

 

導入文

むち打ち症と聞くと、自動車に乗っていて、後ろから追突された事故を、思い浮かびますが、自動車事故以外にも、衝撃を受けて、首をガクンッと後ろに曲げて、むち打ち症を起こす事もあります。

例えば、階段での踏み外し、歩いていてつまずく、不意に後ろから押される、スポーツでの尻もち、自転車からの転倒、などによるむち打ち症です。

むち打ち症は、自覚されない傷害を負っている事があるので、首の痛みが長引いたり、不快な症状に悩まされたりする場合は、スポーツやリハビリで利用されている、ツボ治療を併用したマッサージ治療が勧められます。

【 背中の痛みやギックリ腰も 】(図)背中や腰の痛み

むち打ち症は、身体が外部からの衝撃を受けた時に、首が急激にむちのようにしなって、引き延ばされ、内部の神経や靱帯が損傷した事を言い、自動車事故だけでなく、転倒やつまずいた時も、むち打ち症を引き起こす事があります。
首の筋肉や靭帯が、許容範囲を超えて、無理に引き伸ばされた状態(捻挫)なので、病院では、多くが『頚椎捻挫』と診断されます。
症状は、手や足の捻挫と同じで、筋肉や靭帯が無理に引き延ばされて、支える力が弱まって首の動きが悪くなったり、それ以上に動かすと、炎症や傷が刺激されてビーンと傷んだりします。

 

背中も、むち打ちによる影響で、首のむち打ち症とおなじような症状が現れる事があります。
背中の筋肉が、事故直前に、反射的に身体を守ろうと、背中を固めた瞬間に、強い衝撃を受け、筋肉内部に無数の微細な断裂ができ、炎症が発生した為です。
背中に症状が現れると、「上半身を曲げたり反ったりすると、背中に瞬間的に痛みが走る」とか、「背中全体の慢性的なコワバリ」、「背中を真直ぐする姿勢が辛くて、できない」、などが起きてきます。

 

また『腰椎捻挫』を、外部からの衝撃を受けた時に、起こす事もよくあります。
いわゆる『ギックリ腰』に近い状態になり、「立ったり座ったりすると、痛みが起きる」、「安静にしていても、腰にニブイ痛みを感じる」、「太ももの後ろがしびれる」、「せきやくしゃみをすると、腰に痛みがひびく」、などが起きます。
特に、運動不足や加齢で、腰を支える筋力が低下していたり、血行不良で筋肉が硬くなっていたりすると、首のむち打ち症以上に『腰椎捻挫』が多く起きます。

【 予想もしていなかった症状も 】(図)自律神経失調症

首に、むち打ちを起こした場合、事故にあったその日はほとんど症状が現れず、後になって、予想もしていなかった症状が、現れる事があります
例えば、緊張性の頭痛や、神経が刺激されたようなピリピリした感覚の頻発、身体のダルサ、めまい、吐き気など、事故と関連のないように思われる症状です。
しかも、事故で受けたダメージとは直接関係のない、腕や膝などに、痛みやシビレなどの症状が出たり、これまで無かった身体の不調が起きたりします。

 

これは、むち打ちによる衝撃で、首の中を通っている自律神経に異常を起こさせてしまい、体調を一定に保つ事が出来なくなった為と考えられています。
多くが、事故直後の、首付近の『筋肉の異常な硬直』と、その影響による『毛細血管への強い締め付け』によって、自律神経の働きに障害を与えた為です。
自律神経は、全身の器官が正常に働くようにコントロールしているので、自律神経に障害が起きると、体調不良、精神的な不安定、身体の異変など、全身の機能に、様々な症状が現れるようになります。

 

しかし、むち打ちによる症状は、筋肉や靱帯などの損傷なので、画像による診断が難しく、更に自律神経の診断となると、はっきりした理由や原因がとらえられないので、事故との関連を調べる事が難しくなります。
この為、事故後、少し気になる程度でも、首や肩の痛み、気分が悪い、体調が悪いなどを、医師に伝える事が重要になります。
自覚症状を伝えておかないと、後になって、痛みや不調が出てきても、事故との因果関係をとらえるのが困難になるからです。

【 症状悪化や、長引かせる原因 】(図)長引く症状

病院で、むち打ちによる『頚椎捻挫』と判断されると、痛みを和らげる為に痛み止めの服用や、首の負担を少なくして、安定させる為に、頸椎カラーによる首の安定が行われます。
そして、痛みがある程度治まったら、症状を改善に、固まった首の筋肉をほぐし、機能を回復させるためのリハビリやストレッチが始まります。
むち打ち症の治療はウィルス性の病気の治療などとは違うので、基本的に、自然治癒を助ける治療になります。

 

ところが、病院で、むち打ちの治療を続けたにもかかわらず、首まわりの不快な痛みが、なかなか解消されなかったり、増したりする事があります。
これは、筋肉や靭帯など“炎症”による痛みが落ち着いてきても、筋肉の緊張がなかなか解消されないと、身体の調節機能がしっかりと働かずに、慢性的な疼痛に移行してしまう事が考えられています
筋肉が硬くギューッと縮んだ状態なので、筋肉が伸びたり縮んだりする能力が低下して、『極度の血行の悪化』が起き、筋肉の本来の力を発揮する事が出来なくなるからです。

 

この結果、『極度の血行の悪化』が起きると、筋肉内に酸素が供給されづらくなり、老廃物が溜まるので、神経を刺激し続けて、症状を悪化させたり、症状を長引かせたりします。
例えば、「寝ていても、起きていても、どんな姿勢をしても、首付近に、絶えず、鈍く、疼くような痛み」がしてきたり、「首の深部から、前には無かったズーンとする痛み」がしてきたり、などです。
この為、身体に感じる違和感を確認しながら、身体の調節機能がしっかりと働くように、身体のバランスを整える事が重要になります。

【 当院の、むち打ち症の改善治療 】 (写真)当院の治療

このような、『筋肉の異常な緊張』や『極度の血行の悪化』の改善には、東洋医療を利用したマッサージ治療が効果的です。
むち打ち症の治療には、筋肉の損傷や血行の極度の悪化が大きく影響しているので、炎症や痛みが強い急性期を過ぎた後には、患部の柔軟性や血行を回復させて、身体を整え、健康状態に戻す事が必要になるからです
当院は、むち打ち症の改善治療に、東洋医療をベースにしたマッサージ治療によって、筋肉の柔軟性の回復や、血行の改善、神経の過敏解消などで、身体の働きを回復させ、身体の体調を整える治療を行っています。

 

特に当院では、身体の不調時に現れるツボを利用し、むち打ち症の改善治療を行っています。
これは、ツボが、身体の異常を知らせる反応点になっているので、その箇所に刺激を与える事により、血行やリンパの流れを改善し、筋肉の弾力性や柔軟性を回復させ、神経の興奮を抑制し、痛みや不快症状を改善させる働きがあるからです。
これにより、「だるい」、「肩がこる」、「冷える」、「のぼせる」、「疲れやすい」、「食欲がない」、「眠れない」、「イライラする」、「元気がない」などの不快症状にも、改善効果があります。

 

この効果によって、病院の整形外科の治療だけでは不安がある方や、通院の頻度が減ったものの、まだ痛みが残る方などが、広く利用されています。
しかも現在、車両事故の場合には、賠償保険によるマッサージ治療が適用されるようになり、マッサージ治療を後押ししています。
むち打ち症は、自覚されない傷害を負っている事があるので、ツボ治療を併用したマッサージ治療で、身体の異常を知らせる反応点を利用し、身体のバランスを整える事が大切です。

 

現在、マッサージ治療にツボ治療を加えた治療法は、血液やリンパ液の循環の改善、神経障害の緩和、緊張の解消、痛みや運動制限の回復などで、スポーツやリハビリにも利用されています。
当院は、国家資格を取得し、安心・安全に、良質な治療を受けていただくように、心掛けています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

SNSでもご購読できます。