季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策

【(症例)身体の不調や、不快感 】
(写真)季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策

 

導入文

季節の変わり目になると身体がダルクなったり、雨が降りそうになると肩こりや腰痛が酷くなったり、また、よく言われるように、梅雨時に古傷が痛んだり、する事があります。

体調を保つ自律神経の働きが不安定になって敏感になると、脳が、天候や気温・気圧・湿度などの変化をストレスと受け止めて、痛みや不快症状を引き起こすからです。

自律神経の働きが影響しているので、天気による自分の体調変化をよく理解しておく事と、天気の変化が大きい日や季節の変わり目には、マッサージ治療で体調を整えておくと、天候や暑さ寒さからくる身体の不調を予防するのに、効果的です。

【 気象病、天気痛 】(図)気象病、天気痛

昔から、季節や天気の変わり目になると、体調に不調が起き易い事を、いろいろな格言で伝えられています。
例えば、「雨になると、神経痛や関節が痛む」、「冬になると、気が重くなる」、「天気が悪いと、古傷がうずく」、「雨が降ると頭痛が起きる」、「秋の入り日と年寄りは、落ち目がはやくなる」、などです。
このように、季節や天気の変わり目に体調の不調が起きる事を、『気象病』とか『天気痛』と言い、多くの人に健康への注意を、格言で戒めています。

 

『気象病』と言う場合は、めまい、肩こり、イライラ、倦怠感、うつ気分などのように、主に不定愁訴の症状を言います。
また、『天気痛』と言う場合は、頭痛や関節痛、神経痛、ムチウチの後遺症などのように、主に痛みを伴う症状が中心になっています。
これらの『気象病』や『天気痛』は、身体を一定の範囲に保っている自律神経の働きが、低下したり、乱れたりして、天候や暑さ寒さからくる変化に、対応できなくなった事が原因になっています

 

この為、下記のような、自律神経に絡んだ病気や症状があると、天候の変化によって、『気象病』や『天気痛』の症状が起き易くなります。
 ・片頭痛
 ・緊張性頭痛
 ・首や肩の痛みや、強い凝り
 ・めまい
 ・耳鳴り、耳閉感
 ・喉の気道が過敏
 ・古傷・神経痛などの慢性痛
 ・更年期症状
 ・うつ、不安感など、心の不調
中でも片頭痛は、『頭の血管の、自律神経失調症』と言われ、それにより、天気痛の中で代表的な疾患になっています。

【 エアコンや、姿勢の悪化からも 】(図)クーラー病

『気象病』や『天気痛』の症状は、自律神経の働きが低下したり、乱れたりして、気温・気圧・湿度などの変化に順応できず、身体が、不調を起こし始めた“サイン”です。
しかも、エアコンの効いた部屋に長くいる事が多くなると、夏は涼しく、冬は温かく過ごす事ができますが、その分、気温・気圧・湿度などの変化に順応する自律神経系の働きを、ますます乱すようになります
『クーラー病』として知られているように、自律神経の働きが低下したり乱れたりすると、『気象病』の、足腰の冷え、だるさ、食欲不振、下痢、不眠などが起き、自律神経の交感神経が活発化して、血流障害や筋肉の過緊張が起きると、『天気痛』の、肩こり、頭痛、神経痛、などが起きるようになります。

 

また、PCを使った日々のデスクワークで、ストレートネックや、骨格のゆがみなどが起きてくると、これも自律神経の働きを乱し、『気象病』や『天気痛』を引き起こします
姿勢が悪化し、身体のバランスが悪くなっていると、身体の軸がしっかりと定まらないので、背中から出ている神経を圧迫したり、呼吸器や心臓に負担がかかったりするので、自律神経の働きを妨げるからです。
この結果、曇りや雨のスッキリしない日が続くと、①低気圧の長期化+気圧の変動、②雨と晴れ間との寒暖差、③長雨による多湿、などの気象リスクが加わって、自律神経の働きが混乱し、普段よりも強く肩こりやダルサを感じたり、普段は自覚がないのに『気象病』や『天気痛』の症状を感じ易くなったり、するようになります。

 

それでも、一定の範囲で体調が維持されていれば、身体の不調は、一時的で、チョッとした不調の範囲で済みます。
『気象病』が起きても、“何となく”疲れやダルサを感じる程度で、更に疲れが溜まった感じになっても、睡眠や休息をとれば解消できます。
また、『天気痛』の場合でも、身体を動かした時に痛みを感じても、しばらくすると痛みが消えたり、また痛みの程度も、すぐに忘れるぐらいの軽い痛みだったりします。

【 慢性痛や不定愁訴があると 】(図)慢性痛や不定愁訴

しかし、身体に持病として、もともと慢性痛があったり、不定愁訴を抱えていたりしていると、季節や天気の変わり目に、頭痛が酷くなったり、身体のダルサで悩まされたり、肩こりや腰痛が悪化したりします。
持病の為、身体の痛みや不調を繰り返していると、一般の人が感じないような少しの気圧の変化でも、過剰に自律神経が活性化してしまうので、痛みや不快さを強く感じてしまうからです
この結果、季節や天気の変わり目の、天候や暑さ寒さからくる身体の不調で、更に持病を悪化させてしまいます。

 

しかも、体調を保つ自律神経の働きが不安定になって、敏感になっているので、「また明日も、身体が辛くなったり、痛んだりするのではないか……」と、不安や心配も増します。
ところが、身内の家族や、親しい友人に、このような不安や心配を言っても、大げさに思われて、分かってもらえません。
この為、ますます、イライラや不快感、めまい、片頭痛、関節痛、古傷が痛む、などの症状が増したり、消化器官の異常(便秘や下痢)とか、眠れなくて睡眠不足、なども起きたりします。

 

病院で相談する場合、『気象病』や『天気痛』を診てくれる所が極めて少ないので、診療は、自律神経を診てくれる内科や神経内科になります。
『気象病』や『天気痛』の症状は、頭痛やめまい、肩こりなどの症状が多いので、自律神経失調症とよく似ているからです。
特効薬はありませんが、身体が天候の変化に対応できるように、体調管理の指導を含めて、自律神経の適応力が、回復できるようにします。

【 当院の、気象病や天気痛治療 】(写真)当院の治療

当院も、季節や天気の変わり目や、天気が悪化してくると、「首や肩が痛む」、「頭痛がしてくる」、「背中がガチガチに硬い」、「関節が痛む」、「身体の疲れがとれない」などに悩まされて、来院される方が多くなっています。
その多くが、PCやスマホで想像以上に“首を酷使”していたり、空調が完備された中でずうっといたり、忙しさで生活リズムが安定していなかったり、あるいは、以前からの持病に悩まされていたり、しています。
人によって症状や出るタイミングが異なりますが、雨が降りそうになったり、曇り空が続いたりすると、身体の不調が大きくなっています。

 

この為、身体の疲労や緊張だけでなく、自律神経の不調も影響しているので、当院では『筋肉を緩める』『血流を改善させる』『自律神経のバランスを整える』などにウェイトを置いて、体調の回復を行っています
更に、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、神経の興奮を回復させて、肩こりや腰痛などの痛みを改善させるようにしています。
これらによって、身体に感じる違和感を減少させ、それと共に、身体全体にリラックス感がハッキリ出てくるようにして、不快な症状を改善するようにしています。

 

首や肩に関しては、当院は、特に注意して治療を行っています。
耳の奥にあるリンパ液の微妙な流れの変化で、気圧の変化を感知しているので、首や肩の血液の循環をスムーズにさせると、首や肩の違和感が少なくなって、自律神経の働きが改善が期待できるからです。
自律神経の働きは、自分の意思で、直接コントロールできませんが、マッサージ治療で、首や肩の疲労や緊張を解消させて、身体がリラックスした状態になると、自律神経の切り替えがスムーズになり、痛みや不調を解消させる効果があります。

 

自律神経の働きの乱れに関係する『気象病』や『天気痛』には、慢性痛や不定愁訴を放置しない事が大切です。
当院は、体調管理を目的としたマッサージ治療により、自律神経の不調による疲労や全身の疲労を除き、心身のリラックスを図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。本八幡(市川市)マッサージ専門【ファミリー治療院】

 

SNSでもご購読できます。