季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策

【(症例)身体の不調や、不快感 】

(写真)季節や天気の変わり目の、身体の不調と対策


昔から、季節や天気の変わり目になると、体調に不調が起き易い事を、いろいろな格言で伝えています。

例えば、「雨になると、神経痛や関節が痛む」、「冬になると、気が重くなる」、「天気が悪いと、古傷がうずく」、「秋の入り日と年寄りは、落ち目がはやくなる」、などです。

このように、季節や天気の変わり目に体調不調が起きる事を、『気象病』とか『天気痛』と言い、多くの人が経験する事から、注意を格言で知らせています。

【 気象病、天気痛 】(図)気象病 天気痛

季節や天気の変わり目に身体の不調が起きるのは、身体が、気温・気圧・湿度などの変化に順応できず、自律神経の乱れから、めまい、肩こり、イライラといった、不定愁訴が起きたり、筋肉や関節周辺に血行が滞って、痛みを引き起こす物質が、血液中に分泌されたりする為と、考えられています。
言葉の使い分けとして、『気象病』と言うと、主に、めまい、肩こり、イライラ、倦怠感、うつ気分といった、不定愁訴の症状が、多くなっています。
また、『天気痛』の場合は、頭痛や関節痛、神経痛、ムチウチの後遺症など、痛みを伴う症状が中心になっています。

 

この『気象病』や『天気痛』の原因は、身体を一定の範囲に保っている自律神経の働きが、低下したり、乱れたりして、変化に対応できなくなるからです。
この為、下記のような、自律神経に絡んだ病気や症状があると、天候の変化により、体調の不調が起き易くなります。
中でも片頭痛は、天気痛の代表的な疾患と言われ、『頭の血管の、自律神経失調症』とも言われています。

 

☑ 片頭痛
☑ 緊張性頭痛
☑ 首や肩の痛みや、強い凝り
☑ めまい
☑ 耳鳴り、耳閉感
☑ 喉の気道が過敏
☑ 古傷・神経痛などの慢性痛
☑ 更年期症状
☑ うつ、不安感など、心の不調

【 不調を起こし始めた“サイン” 】(図)不調

言ってみれば、『気象病』や『天気痛』の症状は、自律神経の働きが低下したり、乱れたりして、気温・気圧・湿度などの変化に順応できず、身体が、不調を起こし始めた“サイン”です
中でも、一番大きな影響を与えるのが、気圧の変化です。
これは、耳の奥の内耳が、デリケートな器官で、ストレスに非常に弱いので、気圧が少し変化しただけでも、脳に過剰に情報が伝わるようになるからです。

 

例えば、この事から、「朝から、頭が痛いと思ったら、低気圧が近づいている!」と、天気の変化をピタリと当ててしまう人もいます。
また、疲労やストレスを強く感じていると、耳の奥の内耳のセンサーが敏感になるので、季節や天気の変わり目に時に、体調を保つ自律神経の働きに、支障を起こし易くなります。
これにより、季節や天気の変わり目に、片頭痛や、首や肩の痛み、めまい、耳鳴り、耳閉感などが、起き易くなります。

 

それでも、始めのうちは、一時的で、チョッとした不調のように感じられます。
例えば、『気象病』の場合、少し動いただけで疲れを感じたり、睡眠や休息をとっても解消しづらく感じたりして、“何となく”疲れやダルサを感じます。
また、『天気痛』の場合には、事故やケガと違って、不調を起こしている箇所や程度が、「イマイチ、ハッキリしない」という感じです。

【 慢性痛や不定愁訴があると 】(図)持病

ところが、身体に持病として、もともと慢性痛があったり、不定愁訴を抱えていたりしていると、更に持病を悪化させます。
これは、身体の痛みや不調を繰り返していると、交感神経と副交感神経のバランスを崩し易くなるので、余計に、痛みや不快さを強く感じてしまうからです
この結果、季節や天気の変わり目に、生活に支障が出るほど、腰痛が悪化したり、頭痛が酷くなったり、膝に痛みが出たりします。

 

しかも、「また明日も、身体が辛くなったり、痛んだりするのではないか……」と、不安や心配も増します。
ところが、身内の家族や、親しい友人に、この事を、分かってもらえず、大げさに思われる事が、多くあります。
この為、ますます、イライラや不快感、めまい、片頭痛、関節痛、古傷が痛む、などの症状が増したり、消化器官の異常(便秘や下痢)とか、眠れなくて睡眠不足、なども起きたりします。

 

病院で相談する場合には、『気象病』や『天気痛』を専門に診てくれる所は、極めて限られているので、通常は、自律神経を診てくれる内科や神経内科になります。
『気象病』や『天気痛』の症状は、頭痛やめまい、肩こりなどの症状が多いので、自律神経失調症とよく似ているからです。
特効薬はありませんが、体調管理の指導などを含めて、自律神経の適応力を回復させ、身体が、天候の変化に対応できるようにします。

【 当院の治療 】(写真)当院の治療

当院にも、季節や天気の変わり目や、天気が悪化してくると、「首や肩が痛む」、「頭痛がしてくる」、「背中がガチガチに硬い」、「関節が痛む」、「身体の疲れがとれない」などで、来院する方が多くなります。
来院される多くの人が、PCやスマホで想像以上に“首を酷使”していたり、空調が完備された中でずうっといたり、忙しさで生活リズムが安定していなかったり、あるいは、以前からの持病に悩まされていたり、しています。
この結果、天候の変化に付いて(順応して)いけなくなると、首や肩の筋肉が過度に緊張し、内部で走行している自律神経が圧迫を受けたり、血行が悪化したりして、『気象病』や『天気痛』が起き易くなっています。

 

この為、治療で解消させるには、筋肉・血流・神経…などに、疲労や緊張による影響が絡み合っているだけでなく、自律神経の不調もあるので、『筋肉を緩める』『血流を改善させる』『自律神経のバランスを整える』の3つの要素が必要です
この為、当院では、ツボ刺激を併用したマッサージ治療で、身体の疲労や緊張を解消させるだけでなく、血液の循環をスムーズにさせる治療を、多く取り入れています。
これによって、身体に感じる違和感を減少させ、それと共に、身体全体にリラックス感がハッキリ出てくるようにして、不快な症状を改善していきます。

 

中でも、当院は、首や肩の状態を、特に注意して診ています。
耳の奥にあるリンパ液の微妙な流れの変化で、気圧の変化を感知しているので、首や肩の血液の循環をスムーズにさせると、首や肩の違和感が少なくなって、自律神経の働きが改善が期待できるからです。
自律神経の働きは、自分の意思で、直接コントロールできませんが、マッサージ治療で、首や肩の疲労や緊張を解消させて、身体がリラックスした状態になると、自律神経の切り替えがスムーズになり、痛みや不調を解消させる効果があります。

 

自律神経の働きの乱れに関係する『気象病』や『天気痛』には、慢性痛や不定愁訴を放置しない事が大切です。
当院は、体調管理を目的としたマッサージ治療により、自律神経の不調による疲労や全身の疲労を除き、心身のリラックスを図っています。
マッサージの施術時間は、15分からです。  関連する症状など、ご相談は、[メール]、または[電話]で、お受けしています。

SNSでもご購読できます。